美容院でカットやパーマなどをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。

美容師は、技術とセンスを活かしてお客様を美しくすることで笑顔になってもらう職業です。

手に職をつける職人的な仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビで取り上げられるなど華やかなイメージもあります。

その一方でカットの練習などで拘束時間が長く、給料が安いというイメージもあるかだと思います。

今回は、実際に正社員として働く美容師のリアルな姿を交えながら、求人情報を解説します。

美容師ってどんな仕事?

美容師は国家資格が必要で、その仕事内容は美容師法で定められています。

美容師法(第二条第一項)には美容師とはパーマ、ヘアセット、メイクアップにより容姿を美しくすることと書かれています。

そして、よく間違えられやすいのが理容師です。

理容師と美容師は異なる資格で、理容師の仕事内容は理容師法(第一条の二第一項)でシェービングなどにより容姿を整えることと定められています。

美容師は容姿を美しくするのが目的で、理容師は容姿を整えるのが目的なのです。

この法律が各々の仕事の範囲を分けています。

例えば、パーマやヘアセットは美容師の仕事です。

対して顔剃りは美容師には認められておらず、理容師の仕事です。

そのため、国家試験の実技試験の内容が二科目程違います。

もちろん両方の資格取得も可能なので、美容師でありながら理容師免許を持つ人も多くいます。

美容師の正社員求人でよくある募集内容とは? 

職種

多くのサロンがランク制を導入しており、正社員求人でも技術レベルの目安として用いられています。

アシスタントは、美容師になりたてで技術的にまだ一人前とみなされません。

多くのサロンでは下積みが必要なレベルとされています。

任せられる仕事も清掃、シャンプー、ドライなどが中心です。

スタイリストは、実際にハサミを持ち顧客のカットなどを担当します。

トップスタイリストは、スタイリストの中でも経験豊富で技術が秀でている美容師です。

トップスタイリストクラスになると、常連客も付き指名料などが発生するケースも多いです。

更に売れっ子になり、店を代表する美容師はサロンディレクターです。

またオーナークラスのスタイリストになると、アートディレクターと言われます。

求人情報では職種別で募集され、給与や任される仕事内容が大きく異なります。

給与相場

美容師の平均年収は260万円程と言われています。

一般企業のサラリーマンなどの平均年収が400万円程であることを考えると、給与相場は低いと言えるでしょう。

前述の職種で解説したようにランクにより給与が異なることから、求人では月給13万円~30万円程と幅があるのが実態です。

アシスタントであれば月給13万円~17万円程でしょう。

スタイリストで月給20万円~30万円程という求人が多いようです。

そして、給与は勤めるサロンや地域によっても異なります。

例えば青山などの一流サロンではアシスタント時代は見習いの立場とされることから、月給が10万円と一層少ないサロンもあります。

対して地方のサロンでは美容師が少ないため、アシスタントで月給16万円という求人もありました。

給与を見るときは、いくつかのサロンを比較するのが良いでしょう。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は約10時間~12時間と長めです。

また美容師の仕事には技術の習得向上が必須のため勤務後に残って練習をしたり講習を受けることもあり、早出や残業が多いと言えます。

そして休日は月6日程というサロンが一般的です。

お客様の来店が集中する土日祝日に休みを取れることは少なく、平日に休むことがほとんどです。

最近は、少し遅い時期にまとめて夏休みを取得させてもらえるサロンや完全週休2日制を導入するサロンも出てきています。

美容師を辞める原因として、給与の割に拘束時間が長くて辛いという声がよく聞かれます。

就職・転職活動時は求人先のサロンの休日制度をチェックしておくと、長く働けるサロンを見つけやすいかもしれません。

福利厚生

厚生年金、健康保険などの社会保険に加入していないサロンの求人が多くありました。

自分が勤めるサロンの社会保険の加入状況は必ず押さえましょう。

住宅手当や家賃補助などの福利厚生、交通費などについては、支給状況や条件がサロンによって異なります。

他に、美容師独特の福利厚生として独立支援という言葉が見られました。

特に大型チェーン店、大型サロンで多く用意されている福利厚生です。

経験を積み将来的に独立を考える人は、独立支援制度があるサロンの方がノウハウを知ることができ、またリスクも少なくなりますね。

求められる人物像

サロンにより異なりますが、一般的に美容師に求められる人物像は次の三つの要素です。

まず、身だしなみやセンスです。

美容師はお客様を美しくする仕事です。

やはり、自身の容姿にある程度気を遣い、美を追求する姿勢を持っていることが大切です。

更に、サロンによって顧客の層が違うので、雰囲気を壊さない服装や髪形なども大切ですね。

あとは、向上心がある人という求人も多くありました。

技術職の側面が強いため、自分の技術を上げていこうとする姿勢が求められます。

最後は、コミュニケーション力がありお客様との会話を楽しめる人です。

他にチームワークを大切にする人というのも、大型サロンの求人でよく見かけられました。

美容師の正社員求人のおすすめのポイント

ここでは、美容師の正社員求人のおすすめポイントを二点ご紹介します。

イメージで選ばない

サロンの求人を見るとき、青山などの一等地にあるサロンの給与にはなんとなく高いイメージがあるかもしれません。

確かに顧客の単価も高く、テレビで活躍するカリスマ美容師などもおり、高い報酬を得ている美容師もいます。

しかしアシスタントやスタイリストになりたての時期の給与は、他のサロンと比較して低いかもしれません。

なぜなら、その知名度や憧れから、これらのサロンには給料に関係なく多くの美容師が集まるからです。

逆に地方や個人の美容院は美容師を集める必要があるため、これらの有名サロンより給与が高い求人も多いです。

このように自らのイメージだけで決めつけないようにしましょう。

最近増加している1,000円カットは、回転率が良く店の売上と利益率が他のサロンより高いとされています。

1,000円カットは指名制度がないため歩合給がなく、給与は低いイメージがあるかと思います。

実はそのようなことはなく、大手1,000円カットサロンの求人を見ると募集給与は月25万円~30万円以上となっています。

他のサロンの給与では月25万円以下の所が多いので、1,000円カットの給与が業界的には高いことが分かるでしょう。

1,000円カットの大手チェーン店では、社会保険を完備し福利厚生が充実している所もあります。

講習なども少なく拘束時間が短いことや、顧客との会話が最低限で良いことなどから働く環境的にも恵まれているかもしれません。

将来的な年収を確認する

技術職なのでアシスタント時代に給与が少ない点は、どこのサロンもある程度共通しています。

そのため、実際にお客様のカットを担当するスタイリストになった時の年収や昇給、そしてランクによる手当や歩合が売上に対してどのくらいかも確認しましょう。

更に、求人は実際の給与より高めに設定してあることが多いので、実態を確認してみましょう。

ただ求人の段階で給与や待遇などばかりに着目して質問すると、オーナーや経営者に良い印象を与えないかもしれません。

技術の向上をメインに、モチベーションの一つとして質問を上手に交ぜて質問しましょう。

美容師の正社員求人についてよくある疑問

では、ここで美容師の求人を見ながら感じる疑問をまとめてみます。

何故美容師の給与は全体的に低いのか

求人を見ていくと、全体的に美容師の給与が低いということに気が付き「国家資格が必要な仕事なのに何故給与がこんなに低いのだろうか」と疑問を持つ方も多いと思います。

これは美容師業界の6割以上が若手だという構造に原因があります。

美容師は拘束時間も長く、立ち仕事で、薬品や水で手荒れをするなど体力的にも厳しい面があります。

それに加えて福利厚生がなく、経験を積んだスタイリストクラスでも他の企業より低い年収ということも多いです。

そのため、家族を養う30代になると他の業界に転職をしてしまう男性もいます。

また経験を積んだ女性美容師も、30代になると出産や育児との兼ね合いで時短勤務やパートなどと給与が下がる働き方を選択する人が増えます。

このようなことから、美容師の年収は低くなっています。

委託(フリーランス)とは何か

求人を見ていると、委託で自由に働けるという文言がいくつかありました。

「委託って何だろう?」という疑問を持つ方もいるでしょう。

美容師業界での働き方には正社員、契約社員、派遣社員、パートなどがあります。

その一つに委託という働き方もあるのです。

委託には業務委託と面貸しという二つの形態があり、どちらも個人事業主としてサロンと契約を結びます。

違いは売上の扱いです。

業務委託は売上はサロンのもので、そこから美容師に報酬が支払われます。

面貸しは売上は美容師のもので、そこからサロンに場所代などを支払います。

他には、業務委託ではサロンの看板で集客するのに対して面貸しは美容師自身の腕で集客する違いもあります。

これらの方法で働くのは、技術や経験を持ったスタイリストクラス以上の美容師です。

責任は個人に生じるので安易な気持ちでは取り組めませんが、近く独立する美容師や副業として働きたい美容師、時間の制約を受けたくない美容師などにおすすめの働き方です。

残業代の支払いはあるのか

若手美容師と言えば、夜遅くにカットモデルやカットウィッグを前に練習している姿を見かけたこともあるはずです。

基本的には、ヘアサロンの清掃なども終業後や始業前に自ら行います。

「残業が多そうだけど、残業代の支払いはあるのかな?」と、求人を見ながら不安に思う方もいるかもしれません。

残念ながら、残業代を支払うヘアサロンはまだ全体的には少ないのが実態です。

本来は昇給技術習得のための残業などは会社命令の側面もあるため、残業代を支払わなくてはならないはずです。

しかし美容師は技術職なので、技術を高める練習はある程度必要なのです。

当然それらを経験してきた店長クラスの美容師やオーナーは「練習は自分のためなのだから、残業代なんてとんでもない!」というような考えを持つ人も多いです。

しかしこの業界の体質は問題となっていて、最近は改善に取り組むサロンも多いです。

例えば業務命令としての練習は営業時間中に行われ、残業そのものをさせないサロンもあります。

また、残業手当を導入し厳格に管理した上で支払うサロンも出てきています。

年収アップの秘訣はあるのか

上記を読み「美容師として働く以上、年収は低いままなのか」と疑問に思う方も多いでしょう。

確かに美容師のスタート年収や平均年収は低いですが、トップスタイリストクラスになると50万円以上の月給の人もいます。

店長クラスになると、年収1000万円を超える人もいます。

どのサロンに勤めるにしても、アシスタントや若手スタイリストは技術を習得しランクを上げていくことが年収アップに繋がります。

ランクが上がれば歩合による給与アップも期待されるほか、役職手当がつくこともあります。

私の周りでは、技術を身につけた美容師のもとにヘッドハンティングがきて有利な条件で転職した例もありました。

身につけた技術は一生ものというところが美容師の強みです。

給料を上げるためには、こちらの記事を参考に!

まとめ

いかがでしたか。

美容師の平均年収は日本の平均年収を下回ります。

更に福利厚生や休日、残業時間などの職場環境が決して恵まれているとは言えないサロンも多くあります。

特に若手であれば給与は少ないでしょう。

しかし、技術を習得していくにつれ年収アップも期待できるやりがいのある仕事とも言えるでしょう。

サロンによって、求人条件は大きく異なります。

福利厚生を充実させ残業代の支払いを厳格に行うなど、今までのサロンの問題点を改善することで離職率を下げようとするサロンも出てきています。

求人を見る時は大手、個人、都市部、地方、客層などいくつかのカテゴリーごとに比較してみることでそのサロンの持つ特徴がより鮮明になるので、おすすめです。



関連キーワード

美容師求人

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師免許を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

国家資格の一つである美容師免許。免許を持っていることで美容師として仕事ができますが、逆に「美容師しかできないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、美容師免許を持っているからこそ活躍できる仕事、美容師免許を活かせる仕事が、美容師以外にもあるのです。その中でもおすすめの仕事を八つ厳選しましたので、ご紹介します。美容師免許についておさらいしておこう美容師免許は厚生労働省が指定する美容師養成施設を卒業し、国家試験に合格することで取得できる国家資格です。美容師免許を持つことで、カット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクなどの一般的に美容室で行われる施術の全てができるようになります。美

美容師になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を基に解説します!

憧れの職業として人気の高い美容師。その美容師になるためにはどのような資格や勉強が必要なのかご存知でしょうか。企業への就職とは違い、美容師になるために必要な勉強は少々特殊です。また美容師の仕事は細かい作業が多く不器用だから向いていないと思われがちですが、それ以上に大切な適性もあります。美容師を経験したからこそ分かる美容師になるまでに知ってもらいたいこと、そして自分に合った働き先の見つけ方をご紹介します。美容師になるために必要な資格は?美容師として働くためには美容師免許を取得していることが絶対条件ですが、それ以外には特に必要な資格はありません。この美容師免許は国家資格の一つで、厚生労働省に認可され

美容師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

美容師の仕事には、おしゃれな美容院におしゃれな人達が集うイメージがあります。憧れを持って美容師を目指す人も少なくありません。美容師になるためには美容師や理容師の専門学校へ通い知識とスキルを習得し、美容師国家試験に合格しなければなりません。また合格したからと言って美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に就職し、技術を磨き下積みをしながらカットすることができて初めて一人前の美容師として活動することができます。そのような時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ですが、華やかで憧れる人も多い反面激務で離職率が高いことでも有名です。ここでは、美容師を辞めてどうしたら良いのか、次に何をすれ

美容師をおすすめする6個の理由。こんな方には美容師がオススメです!

この記事では、美容師をおすすめする理由についてお話させていただきます。昔から常に一定の人気を保っており、知らない人はいないだろう美容師という職業。おしゃれで格好良いことはもちろん、実はその業務内容にもおすすめできる理由が沢山あるのです。それでは、その理由とは一体何なのか、どのような人が美容師に向いているのかを詳しく解説していきます。美容師という職業についておさらいしよう美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。カットやパーマなどでヘアスタイルをつくりヘアケアのアドバイスをしたり、更にはまつ毛パーマなども行います。これらは全て美容師資格を持っているか

美容師として働くメリット5選。私が感じた良いところをまとめました

美容師には、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。しかし、「職業としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人は少ないと思います。今回は、誰もが身近な存在である美容師のメリットについて、私の経験を基にご紹介させていただきます。反対に美容師のデメリットについても触れていきますので、将来なりたい職業が「美容師」の方は必見です。経験者が語る!私はこのような美容室で美容師をしていました私が勤めていた美容室は、市内に2店舗を構える小規模のお店でした。どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフの総数8名程で平均年齢は約27歳です。スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来す

美容師アシスタントの仕事内容をご紹介!ヘルプはどんなことをするの?経験者が教えます!

美容師アシスタントの仕事内容をここでは詳しくご紹介させていただきます。技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントの職務内容とはどんなことをしていると思いますか?今回は私の美容師経験をもとに、美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる美容師アシスタントの仕事は多岐にわたり、店舗によって様々です。しかしどの店舗でも共通しているものがあり、それが基

転職して美容師の仕事をするには?違う職種から転職する際に知っておきたいこと

転職して美容師になりたいという方は、ぜひこの記事を読んでやるべきことを把握していただけたらと思います。そもそも全く別の仕事から美容師に転職することは可能なのでしょうか。またその場合にはどのようなことを知っておくべきなのかなど、気になることが沢山あると思います。ここでは、一般的な転職と違い情報を得にくい美容師への転職について私の経験を基に解説します。転職して美容師の仕事をするには?転職して美容師の仕事をするにあたってはどのようなことが必要なのでしょうか。まずは美容師になるための基本を押さえましょう。美容師になるにはどのような資格・経験が必要?美容師になるためにはどのような資格や経験があった方が良

美容師の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

美容師は自分自身が技術を習得することで人生を切り拓いていける職業です。雇用されている美容師と自身で店を構え経営を行う美容師がおり、ご来店されたお客様を美しく、また笑顔にできることにやりがいを感じられます。カリスマ美容師がメディアで取り上げられたり、お洒落なイメージがありますよね。美容師として働きたい!と憧れを抱いている方もいらっしゃると思います。しかし、仕事に就いたばかりの頃は単に「働く」というより「働かせてもらいながら修行をする」というイメージに近く、キツいことや辛いことも多くあり、夢だった美容師を諦め転職する方もいます。この記事では、美容師の仕事は何が辛いのかを解説します。私はこんなヘアー

美容師のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

美容師の仕事では、どんなことがやりがいに繋がると思いますか?美容師は技術職なので、スタイリストになるまではやりがいを感じられないのではないか?と感じるかもしれません。しかし、そればかりではありません。実際に美容師として働いてやりがいを感じたこと、そしてそのやりがいに繋げるためにどんなことをしてきたのか、私の経験を基にお話します。美容師の大まかな仕事内容について理解しておこう美容師の仕事は、基本的なカットやパーマ、そしてカラーリングの他にも、接客、商品や薬剤等の備品管理、予約管理、そして技術向上のため練習と多岐にわたります。また、アシスタントやスタイリストなどの役職に分けると、更に仕事内容は増え

美容師が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

美容師に向いてない人の特徴についてここで詳しくお話しさせていただきます。働く上で、自分がこの職業に「向いていないのではないか」と悩むことがありますよね。失敗や思うようにいかない事ことが続くと、このような悩みを持ちやすくなります。今回は美容師に向いてない人というのは、どういった人なのか?具体的な例と、壁にぶつかってしまった時の対処法も併せてご紹介します。美容師の仕事についておさらいしておこう美容師は国家資格の一つで、資格を得て初めて美容師として仕事をすることができます。主な仕事はカットやパーマ、そしてカラーリングですが、シャンプーやへアセットなども美容師の仕事です。その他、美容室内の雑務や備品管

美容師になるには?必要な資格や美容師になれるルート、中卒・高卒・大学に行きながらでも目指せるか?

美容師になるためにはどのようなことをすれば良いのかご存知でしょうか?憧れの職業として変わらぬ人気を誇る美容師。ここでは、美容師に必要な資格や取得のためのルートと種類、そして美容師になるための条件や美容師の道に進む際に知っておくべき知識などを詳しくご説明します。興味がある方はぜひご一読いただき、自分に合う方法で美容師を目指してみてはいかがでしょうか?美容師になるには?まずはじめに、美容師になるためにはどのような資格が必要で受験資格はあるのか、そしてどのような経路を辿り美容師の資格を得ることができるのかなど、美容師になる方法についてご紹介します。美容師とはどんな資格?美容師の仕事は「美容師免許」が

美容師を辞めた後は何の仕事をすればいい?元美容師が経験を元に解説

美容師を辞めた後の仕事って何がおすすめだと思いますか?夢や希望を持って就いた美容師でも、様々な理由から現場を去るといった選択をすることもあるでしょう。美容師を離職後、美容師として働いて身に付いたスキルはどのように、そしてどんな仕事で活かすことができるでしょうか。この記事では、実際に美容師として働いていた筆者が、他業種へ転職した経験も踏まえて解説します。美容師を辞めて転職しようかと悩んでいる人の参考にしていただければと思います。美容師の仕事を辞める人はどのくらいいるの?美容師の離職率は、実は非常に高いです。統計では美容師になり1年目で50%、3年目では80%ほどの人達が離職していると出ています。

美容師が給料を上げるためにやりたい5個のこと

自分が就きたい職業について考えるとき、何を重視して選択するかは人それぞれだと思います。ある人は社会的地位を求めて、またある人はやりがいを重視して職業を選択するでしょう。有職者への実態調査によると、1位が自分が就きたい職業であること、次点に給料が高いことを理由に挙げた人が多いそうです。確かに、仕事は毎日のことなので業務内容が自分に合うかどうかは重要ですよね。そして、生活していく上では収入も重要でしょう。転職を考える人の中にも「この収入で家族を養えるのかな」「もっと待遇の良い所に移りたい」というような不安が背景にあることが多いのです。この記事を読まれている皆さんの多くは、美容師という職業に興味があ

美容師を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

現在、美容師を辞めたいとお悩みの方はぜひこの記事をご覧ください。おしゃれで男女共に人気がある職業ですが、実は美容師は離職率が高いとも言われています。その原因は一体何だと思いますか?この記事では、美容師が辛いので辞めたいと思う理由とその対策、辛いことがあっても頑張れるのは何故かという点について詳しくお話します。美容師を辞める理由を考える前に、まずは乗り越える方法を考えましょう。美容師のおおまかな仕事内容とは?美容師のおおまかな仕事は、カット、カラー、パーマなどでお客様の容姿を美しくすることです。スタイリストやアシスタントという立場の違いにより携わる内容は変わりますが、美容師の仕事内容の基本はこの

美容師の仕事内容をご紹介!理容師との違いは?向いてる人の特徴もお話しします!

美容師の仕事内容というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。オシャレなサロンで自分の希望する髪型にしてくれる美容師という職業に、人生で一度は憧れた方も多いと思います。実はそんな美容師の仕事の中には、カットやシャンプーなど技術的なもの以外にも数多くの業務があるのです。この記事では、美容師をしていた筆者が自身の経験を基に、基本的な美容師の仕事内容やメリット、美容師に向いている人の特徴、その後のキャリアについてお話します。美容師はどんな仕事?美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な技術職です。カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーなど技術職の要となる技術を磨き提供する