美容師は男女共に人気の高い職業の一つです。

しかし、離職率も高い職業ということをご存知でしょうか。

なぜ人気はあるのに離職率が高いのか、辞めたいと思う理由と対策、辛いことがあっても美容師の仕事をおすすめする理由をお話しします。

美容師のおおまかな仕事内容とは?

美容師の大まかな仕事は、カット、カラー、パーマなどで人の容姿を美しくすることです。

スタイリストやアシスタントという立場の違いにより、携わる仕事内容は変わってきますが、美容師の仕事内容の基本はこの3つを中心に行われています。

他にはシャンプーやブローやセット、アイリスト(まつ毛ケアのプロ)なども美容師の仕事です。

美容師の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

美容師を辞めたいと思う6個の理由とは?

美容室で働いている美容師はとても華やかでキラキラして見えます。

しかし、その裏側では辞めたいと思っている美容師がいるのです。

いったいどんな理由からそのように感じはじめるのでしょうか。

6個の代表的な理由とそれに対する対処法をお伝えします。

給料が低い

美容師は技量によって給与が変わってきます。

1年目のアシスタントであれば13万円〜17万円です。

スタイリストであっても20万円〜というのが一般的です。

これは手取給ではなく、額面給です。

大卒の初任給の平均が約20万円ですので、それと比べると決して高い給与とは言えません。

高校から美容学校に入り、同級生が大学を卒業し初任給をもらう時で美容師2年目。

社会人としては2年も先輩なのに、給与面で大幅な差を目の当たりにしてしまいます。

生活費に洋服代、そして練習代のウィッグ代と手元に残るお金が少なくて、給料日なのに憂鬱になってしまい、辞めようかと感じてしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

やはり練習を重ね、昇級していく他ないでしょう。

アシスタントの間もこの給与がずっと続くわけではありません。

結果を出せば給与にも反映されるはずです。

また、アシスタント期間というのは、働いてはいるものの美容師としては「見習い」という立場です。

勉強をしながらお給料がもらえているという意識があると、気持ちも楽になるかもしれません。

また、実家から通えるようであれば一人暮らしを辞めるなど、生活費を抑えるという方法もあります。

一人暮らしの場合、家にいる時間が少ない美容師は光熱費はさほどかからないでしょう。

無駄使いはないか、給料に対して家賃が高くないかなど、一度自分のお金の使い方を見直してみるのもいいでしょう。

スタイリストであれば、給与面の待遇がいい店舗に転職するという方法もありますが、最低でも2年以上のスタイリスト経験がなければ、転職先でアシスタントからやり直しになる可能性があるので、やはり練習と技術の向上は欠かせないでしょう。

厳しい先輩がいる

美容師は技術職でもあります。

それゆえ従弟思想が残っていることも多く、縦社会の世界です。

美容師業界の先輩というのは後輩を指導するという役割がありますので、厳しくなってしまう場面も多々あるのです。

特に最近では学校教育でも生徒への指導方法が変わってきていることもあり、怒られる、注意されるということに慣れていない人も増えています。

そのため先輩の厳しい口調や態度に対し、理不尽だ、いじめられているのではないかと思い、辞めてしまおうと感じてしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

まず冷静に、その先輩が指導として厳しく言っているのか、理不尽なことを言っているのかを見極めることが大切です。

前者だった場合は、美容師業界では当たり前のことなので、辞めて別の店舗へ行っても、同じ思いをすることになるでしょう。

また、この厳しさとは「早く成長して欲しい」「もっとできるはずだ」という先輩の愛情であり、期待が込められています。

それであれば、先輩の期待に応えるためにも続けていきましょう。

その時は分からなくても、自分が後輩を指導する立場になった時、厳しく指導してくれた先輩の気持ちが痛い程理解できるはずです。

後者の場合は、いわゆるパワハラに当てはまる可能性があります。

気持ちに余裕がある場合は、オーナーや信頼できる先輩がいるのであれば相談を、精神的に追い込まれている場合は退職を考えるべきでしょう。

体を壊してしまったら元も子もありません。

向いていないと感じる

与えられた課題が乗り越えられない時、同じ失敗を繰り返してしまう時、このように感じることがあります。

このまま続けても成長しないんじゃないだろうか、周りはできているのに自分はできないなど、美容師を続けていく自信や自分自身に期待ができなくなり、向いていないから辞めてしまおうと感じてしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

この場合、100%自分が本気で挑んだかということを振り返ってみましょう。

同じやり方ばかりしていたら、どれだけやってもそれ以上進まない場合があります。

視点を変えてみる、たくさんの人にコツを聞いてみるなど、自分とは違う見方ややり方を取り入れてみましょう。

もしかしたら視野が狭くなっているだけかもしれません。

また、自分のことは意外と理解できていないものです。

先輩や上司から本気で向いていないと言われれば別ですが、向いていないと自分が思い込んでしまっているだけなのかもしれません。

もし、100%で挑まないまま仕事を変えても、きっと同じ様な気持ちで足止めを食らうことになります。

ぶち当たる壁には必ず突破口があります。

千手尽くしたと感じるまで、諦めずに挑みましょう。

同じ仕事ばかりでつまらない

アシスタントの頃は、毎日シャンプーと床掃きしかしていないという日々が続きます。

いつまでこんな日が続くのだろう、いつになったらハサミが持てるんだろうと、見えない未来に「思ってたのと違った」という気持ちになり、仕事自体が楽しいと思えなくなってしまうのです。

それを乗り越えるための方法とは?

どんな仕事でも下積みというものがあります。

スポーツ選手も幼少期から練習に練習を重ねて結果を出していますし、敏腕営業マンであっても、全く契約の取れない新入社員の時代はあるのです。

よく「3年働いたら一人前」と言われます。

美容師もおなじようなものです。

下積みがあるからこそ先があるのです。

また、自分が担っている仕事は「スタッフ全員の中で一番うまい」と言い切る自信があるかも考えてみましょう。

シャンプーや床掃きは決して無駄な仕事ではありません。

むしろ立派な仕事です。

全ての仕事において、「100%の実力をつけて次のステップに進んでやろう」という気持ちで臨んでみましょう。

拘束時間が長い

美容師の平均勤務時間は10時間です。

残業も多いし、レッスンがある日は帰って寝るだけになってしまう。

友達と遊ぶ時間もない。

20代の美容師に多くある、退職を考える理由です。

それを乗り越えるための方法とは?

まず「なぜ美容師になったのか」を考えてみましょう。

遊ぶ時間を確保したいのであれば、別の仕事を選ぶしか方法はありません。

しかし、遊んでいる間に同期は技術を磨いていきますし、美容学校の同期とも差がついていきます。

美容師という職業を諦めきれない場合は、今が踏ん張り時、美容師とはこういうものだと割り切って仕事に集中するのみでしょう。

何をしていいか分からない

まだ自分が担当できる仕事が少ない時、予約があまり入っておらずお客様がいないという時、立っているだけだと先輩の目が気になる、でも何をしていいか分からない。

閑散期などにこの「何をしていいか分からない」期間が長く続くことで憂鬱になってしまい、辞めようかと感じてしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

仕事というのは与えられるものではありません。

探すものです。

この考えは美容師の世界では当たり前となっています。

また普段は仕事をしながらなので、先輩の技術をじっくり見ることができません。

こういった、店がゆっくりしている時は、アシスタントという立場を大いに活かすチャンスでもあるのです。

どのような流れで作業しているのか、次に必要なものは何か、先輩の動きを見ながら頭の中でシミュレーションします。

先輩に言われる前に用意する、私はしっかり見ていますということをアピールする、絶好のチャンスなのです。

先輩からもやる気があるな、と思ってもらえるので、仕事を振ってもらえるチャンスも得やすいでしょう。

どうしても仕事が見つけられない時は、積極的に、自分にできることはあるか先輩に聞いていきましょう。

何をしていのか「分からない」のではなく「知らなかった」だけなのかもしれません。

辞めたい時もあるけど、美容師がおすすめの理由

お客様が喜んでくれる

1年目のシャンプーしかしていない時であっても、「気持ちよかった」「ありがとう」と言ってもらえます。

頑張って練習をして得た技術に対し、お客様からそう言ってもらえることはとても嬉しいものです。

そしてこれはスタイリストになってもずっといただける言葉であり、努力を重ねた分だけお客様の喜びは比例していきます。

そしてお客様の中には、こういった美容師の成長を温かく見守って下さる方もいます。

親や友人、スタッフ以外にも自分を応援し、成長を喜んでくれる人がいるのです。

どれだけ辛い時でも、お客様からの喜びの声をいただくと元気とパワーがみなぎってくるのです。

テストに合格したときの達成感

達成感を何回も味わえる職業というのは、意外と少ないものではないでしょうか。

美容師はいくつものテストがあり、それをクリアすることで仕事を得ることができます。

そのために、何日も何週間も練習を続けていきます。

うまくできなくて泣いてしまったり、やる気がなくなる程に落ち込むこともありますが、必死に練習をして合格をもらった時や、できた!

と自分自身が実感できたときの達成感はとてつもなく大きく、失いかけた自信さえも瞬時に取り戻すことができます。

「諦めなくてよかった」「日々自分が成長できている」と感じられるのは、美容師の醍醐味ではないでしょうか。

指名をもらえる

美容師は技術だけでは指名をもらえない時代になってきました。

何かの賞を取ったとしても、お客様が満足しなければ、その賞は意味のないものになってしまいます。

そして長時間一対一で対応をする美容師というのは、お客様からその人となりを常に見られています。

所作であったり会話であったり理解力などです。

そんな中、お客様から指名をいただけるというのは、技術だけでなく、一人の美容師・一人の人間として信頼していただいたということになります。

特にスタイリストになってからは、いかに顧客をつけられるかが勝負になります。

技術者としてはもちろんのこと、人間力がなければ顧客をつけることはできません。

美容師は、テストや日々の業務でスタッフから認めてもらうこともありますが、お客様から認めてもらうということほどありがたく、自信に繋がるものはないでしょう。

仲間がたくさんいる

少々青臭い言い方ですが、拘束時間が長く美容室という限られた空間で働く美容師は、仲間意識が高い傾向にあります。

暑苦しいと思うこともありますが、落ち込んだり悩んだ時は状況を理解している同期がいますし、技術が向上しない時は同じ苦しみを経験し乗り越えた先輩がいます。

特殊な仕事である美容師の仕事を、他業種の人はなかなか理解ができなかったり、休みが合わず相談や愚痴をこぼすこともできなかったりしますが、同じ店舗で仕事をするスタッフは、愚痴であっても前向きな愚痴に変換をしてくれます。

そうやって苦楽を共にしてきたスタッフとは、仲間以上の存在にさえなり得ます。

苦しいのは自分だけじゃない。

頑張っている仲間を見ると、自分も頑張ろうと素直に思えるものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美容師は見た目のイメージとは違い、実はとても地道な職業です。

また縦社会が残る、現代では珍しい仕事でもあります。

それによってイメージとのギャップから離職を考えることがありますが、大抵のことは「美容師の世界での考え方を知らなかった」「視点を変えれば問題にするようなことではなかった」というものばかりです。

もちろん、心身ともに無理だと判断した時は、無理に続けることはありませんが、行動に移す前に一度冷静になって客観的に考えてみて下さい。

客観的に考えるというのは、美容師の仕事をする上でも重要なことです。

悩み立ち止まることも成長の一環として前向きに捉えていきましょう。

そして、その苦労の裏側には「あの時辞めなくてよかった」と、心から思える出来事がたくさんあることも忘れないで下さい。


関連キーワード

美容師求人