憧れる職業として人気の高い美容師。

その美容師になるには、どのような資格や勉強が必要になるのかご存知でしょうか。

企業への就職とは違い、美容師になるために必要な勉強は少々特殊です。

また、美容師の仕事は細かい作業が多いので、不器用だから向いていないと思われがちですが、それ以上に大切な適性もあります。

美容師を経験したからこそわかる、美容師になるまでに知ってもらいたい事、そして自分に合った働き先の見つけ方をご紹介します。

美容師になるために必要な資格は?

美容師として働くには美容師免許を取得している事が絶対条件ですが、それ以外は特に必要な資格はありません。

この美容師免許は国家資格の一つで、厚生労働省に認可されている美容学校で、全日制で2年間、通信科と夜間はそれぞれ3年間、国家試験のための学科や実技を学ばなければ、受験資格を得る事ができません。

そして国家試験に合格して、ようやく美容師免許を取得する事ができるのです。

また、美容学校に入学するにあたって年齢の上限はありませんが、高等学校卒業課程があるという条件があります。

美容師になるために必要な勉強にはどんなものがあるの?

美容師になるための勉強は美容学校で学ぶ事ができますが、それ以外に学んでおいた方がいい事もあります。

それは学校では学べない事であり、この先美容師として働く上でいつか役に立つことばかりです。

絶対に知っておいて損はない勉強内容と、どのようにして勉強すればいいのかを併せてご紹介します。

最低限の接客マナー

美容師はサービス業なので、接客については厳しく指導されます。

お客様への接し方や敬語、お客様の持ち物の取り扱い方など、サービス業の初歩的な事は、美容師になる前に勉強しておいた方がいいでしょう。

お客様と話す機会の多い美容師は、敬語をきちんと話す事を求められます。

美容師としてだけでなく、社会人としても信頼度が高くなるので、尊敬語や謙譲語、丁寧語などはネットや本で勉強し、最低限使い分けられるようにしておきましょう。

また、声かけや気遣いなどを勉強するために、接客業のアルバイトをするというのも、実践経験が積めるのでおすすめです。

言葉遣いという点では、コールセンターもおすすめです。

ファッション分野

ヘアースタイルはファッションの一部なので、お客様の好みのファッションを理解する事も必要です。

例えば、流行しているヘアスタイルに仕上げても、それが普段のファッションに不似合いだったらどうでしょうか。

おそらくおしゃれを楽しむ気分が半減してしまうのではないでしょうか。

美容師は、お客様の顔や髪だけを見て仕事をしていると顧客はつきません。

着ている洋服も含めたその人に合うヘアスタイルを提案し、創り上げてこそお客様が喜びリピートしてくれるのです。

髪を見る仕事ではありますが、実際に見るのはお客様その人なのです。

これについては、ジャンルを問わずファッション誌に毎月目を通したり、繁華街に出向いて街を歩く人達を見る事で勉強できます。

ファッション誌で取り上げられているものと実際に街を歩く人々にはいくつかの違いがあり、学びが非常に多いです。

ファッション誌がオーバーグラウンドなら、街の人々はアンダーグラウンドです。

雑誌には取り上げられていないものが街には溢れています。

感性を磨く

美容師はイメージを形にしていく仕事なので、感性を磨いて損はありません。

美術館や写真展などに足を運んで、自身の感性を磨きましょう。

そして、自分自身を知るという意味で雑誌の切り抜きをスクラップする事もおすすめです。

自分がどんなものに惹かれるのか、興味があるのかという事が分かるので、感性を研ぎすます事ができるでしょう。

また、これをしていく事で、将来自分がどんなスタイルを提案する美容師になりたいのか、どんなスタイルを創っていきたいのかという指針にもなりますし、働きたいと思う店舗も絞る事ができます。

お客様のオーダーには「◯◯のような感じ」というものが多いです。

この少ないワードから多様なイメージと的を射たイメージの両方を瞬時に想像するには、感性を磨くほかありません。

自分は本当に美容師に向いている?美容師の適性の見分け方

美容師というと、おしゃれでコミニュケーションスキルがあって明るい人達、というイメージがあるかと思います。

そうでなかったら美容師になれないという事は全くありませんが、それでもやはり美容師にも適性はあります。

自分は美容師に向いているのか、自分自身と照らし合わせてみて下さい。

すぐにはあきらめない心を持っている

美容師はどの立場であっても常に勉強の日々です。

たくさんの失敗を経験して成長していきます。

特に技術においては何度もつまずく事があり、何度練習をしてもなかなか上達しないという事はしょっちゅうです。

それでもくじけずに前を向いて歩き続ける心を持っている、その心を鍛えられるという人が美容師に向いています。

反対に、1度や2度の失敗であきらめてしまう、投げやりになってしまうという人は、美容師には向いていません。

人の立場になって考えられる

先にもお話ししましたが、美容師はサービス業です。

なので、お客様の立場になって考えられる人でなければなりません。

コームで髪をとかすという作業であっても、痛くないだろうかと考えながらコームを使う必要がありますし、こんな話をしたら喜んでくれるのではないだろうか、と考えながら会話をする必要があります。

また、美容室には髪の悩みを抱えて来られる方がほとんどなので、その悩みに対し共感して改善に努める姿勢が求められます。

それがお客様との信頼に繋がるからです。

また、アシスタントの頃はスタイリストをフォローするので、何をしたら手助けになるか考えながら仕事をする必要もあります。

言われた事や教えられて事だけをするのでは、美容師の仕事は務まりません。

向上心がある

美容師は勤務時間も長く休みも少ない仕事ですが、それでも続けられるのは目標があるからです。

技術を習得したい、顧客をつけたい、自分の店を持ちたいなど、様々な夢や目標を持っているからこそ頑張れるのです。

そこにたどり着くには努力と向上心が必要で、一つを覚えて満足してしまったらそれ以上に進む事はありません。

アシスタントであってもスタイリストであっても、常に向上心を持って臨める人が美容師には向いています。

また、新しいものを創りたいという意欲がある人も美容師に向いています。

疑問を持てる

美容師の世界では「見て習え」という風習があり、新人であっても手取り足取り教えるという事がありません。

なので、美容師としての成長に差をつけるのは、この「疑問」を持てるかどうかです。

例えば、パーマを巻く時の道具が学校で使っていたものと違うとしましょう。

ここで「なぜこの道具を使うのか」と考えられる人と、道具の違いに意識がいかない人では、やはり前者が美容師として向いていますし、成長します。

長く美容師をしていると、それぞれに理論や信念ができあがっていきます。

例えに出したパーマの道具の違いは、その美容師が自分の経験上それを使うと美しく仕上がるからだとしたら、道具の違いに気づけた事で「道具が違えば仕上がりが変わる」という事を学ぶ事ができるのです。

どんな小さな作業であっても、美容室での仕事には必ず理由があります。

しかし、その理由を教えてもらえる事はないでしょう。

なので、自分から疑問を持ち考え、そして尋ねる事ができる人が美容師には向いているのです。

自分に合った働き先の見つけ方

充実した仕事をするには、やはり自分に合った働き先を見つける事が大切です。

美容室はその店舗のオーナーの思いやカラーが色濃く出ます。

それによって、同じ美容室であってもやり方が様々なので、自分に合っていると感じられる店舗をじっくり探しましょう。

探す際のいくつかの基準の例をご紹介します。

客層のターゲット

大抵の美容室はターゲット層を設けています。

20代から40代の働く女性をメインとした店、ユニセックスで個性を求める層をメインとした店、ストリートカジュアルをメインとした店などです。

このターゲットにしている客層が違う事で、得意な技術が変わってきます。

女性をメインとした店舗は、流行のスタイル作りが得意でパーマやカットの技術に長けています。

ユニセックスな店舗はメンズカットや個性的なスタイルを得意とし、カラー技術が高いです。

ストリート系の店舗はドレッドやスパイラルパーマ、ハイブリーチなどの特殊技術に長けています。

自分がどのような技術を学んでいきたいのか、まずはここから振り分けていくといいでしょう。

店舗規模

チェーン店などの大型店は、従業員数も多く実力主義社会です。

なので、同じ店舗内でも競争が激しく、レッスンなども厳しい事もあり、人間関係が比較的ドライです。

仕事上でのチームプレイは必要ですが、個人の実力やアピール力なども同じように必要とされ、中にはアピール力がないとやる気がないと見なされる場合もあります。

努力次第で結果が早く出せる世界です。

反対に個人経営の場合は、セット面が限られているので、スタイリストを抱える人数にも限りがあります。

なので、なかなか昇進ができない事もありますが、その代わりじっくりと学ぶ事ができます。

従業員数が少ないのでスタッフ同士の絆も深く、全員で技術を向上をさせるという思いが強いので、技術に対する悩みや質問なども気軽に相談できる環境です。

スタッフの働き方

これは最終判断になりますが、実際に働いているスタッフの姿は将来の自分の姿です。

外から中を見たり、お客様として足を運んでみるのもいいでしょう。

この雰囲気の中で自分が働いているイメージに違和感があるかどうかというのは、頭で考えても分からないものです。

また、こんな店で働きたい!と感じる事は非常に大切ですし、店舗側としてもスタッフには店を愛してほしいと願っています。

店舗の雰囲気や人気や知名度があったとしても、スタッフの働き方にどこか違和感を感じるようであれば、今は向いていない店舗かもしれません。

しかし、「自分には恐れ多い」というような気持ちなのであれば、挑戦する価値はあります。

誰でもはじめは初心者です。

大切なのはそこでやっていく覚悟を持てるかどうかです。

経験者が語る!私はこうやって働き先を見つけました

私は美容師になる前に、ヘアメイクの学校に通っていました。

先にもお話ししたスクラップを学生の頃から作っていたので、自分の好みや理想というのが出来上がっていました。

当時はインターネットがそこまで普及していない時代だったので、紙面で個人経営店をメインに募集を探して、お店の写真が載っているものから振り分けていきました。

そして実際に店舗へ向かい、外から店舗を見て「いいな」と感じた店舗に応募をしました。

そして、2年間学んだヘアメイクを活かせる店舗という事も応募の条件の一つにしました。

それが私のアピールポイントでもあったからです。

しかし、私の場合は働きながら美容学校に通いたいという事情を抱えていましたので、自分自身が働きたいと思っても願い叶わずという事もありました。

私の働き先の見つけ方をまとめると、店舗の雰囲気が好みであること、個人経営店であること、美容学校に通う事を許可してくれる店舗であることです。

自分にとって譲れないものをしっかりと持つ事で、自分に合った働き先を見つけられたと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美容師の基礎は美容学校で学ぶ事ができますが、学校で教わるのはあくまで美容師試験に合格するためのものであって、実際に現場で役立つ事はほとんどないのが現状です。

そして、美容学校を卒業すればすぐに美容師として仕事が始まりますので、学校で学べない事を先に勉強しておく事は非常に有益です。

また、美容師は「感じる」という事が大切な仕事でもあるので、人付き合いや芸術などに触れて、たくさんの事を感じ吸収して成長に繋げて下さい。

最終的に自分自身のアンテナがしっかり立つことで、自分に合った働き先も見つけやすくなりますし、チャンスも掴めます。

美容師はなってからが大変な仕事ではありますが、自分の感性と腕で勝負できる楽しい仕事なので、ぜひ美容師の世界へ飛び込んでみて下さい。


関連キーワード

美容師求人

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

美容師の仕事は、おしゃれな美容院でおしゃれな人達が集うイメージがあります。美容師にあこがれて美容師を目指す人も少なくありません。美容師になるためには美容師や理容師用の専門学校へ通い、知識とスキルを習得し、美容師国家資格に合格しなければなりません。また、美容師国家資格に合格したから美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に入り、技術を磨き、下積みをしながらカット担当にまでのぼりつめ、初めて美容師として活動することができます。そんな時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ははなやかで憧れる人も多い反面、激務で離職率が高いことでも有名です。美容師を辞めたらどうしたらいいのか、美容師を辞

美容師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

手に職をつけられるお仕事で、お洒落な職業といえば、美容師を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お客様の要望にこなえ、カットをしたり、パーマをしたりし、その人の魅力を引き出す仕事です。他にもヘアーセットといい、結婚式などのイベントの時などに美しく髪を整えることも、美容師の仕事です。このというのが、美容師のポイントです。美容師は、国家資格が必要な仕事で、美容師法(第2条第1項)にパーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと定められています。美容師と似た職業で混同されやすいのが、理容師です。理容師は美容師とは、違う国家資格なんですよ。理容師の仕事は理容師法(第1条の

美容師正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ

美容師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

おしゃれに敏感な人達に人気の「美容師」。キビキビとそして楽しそうに働く姿に、憧れる方も多いと思います。今回はそんな美容師の仕事について、ご説明いたします。「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →美容師はどんな仕事?美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。そこにサービス業の要となるお客様対応と、技術職の要となる技術を磨き提供する、という2つの要素が加わります。言ってしまえば、美容室という空間のすべてが美容師の仕事になります。美容師の大まかな仕事内容先にもお話ししたように


美容師求人に関するコラム

美容師免許を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

国家資格の一つである美容師免許。これを持っている事で美容師として仕事ができますが、逆を言うと「美容師しかできないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、美容師免許を持っているからこそ活躍できる仕事、美容師免許を活かせる仕事が、美容師以外にもあるのです。その中でもおすすめの仕事を8つ厳選しましたので、ご紹介します。美容師免許についておさらいしておこう美容師免許は厚生労働省の認可を得た専門の機関で学び、国家試験に合格すると取得する事ができる国家資格です。美容師免許を持つ事でできる仕事は、カット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクなどの一般的に美容室で受けられる施術の全てになります

美容師をおすすめする6個の理由。こんな方には美容師がオススメです!

昔から一定の人気を常に保っているだけではなく、知らない人はいないだろう美容師の仕事。おしゃれでかっこいいことはもちろんのこと、職業としてオススメする理由がたくさんあります。その理由とは一体何なのか、また、どんな人に美容師の仕事をオススメできるのかを、詳しく解説していきます。美容師という職業についておさらいしよう美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。カットやパーマなどでヘアスタイルをつくったり、ヘアケアのアドバイス、そしてまつ毛パーマなども行います。これらは全て美容師資格を持っているからこそ、仕事として行う事ができるのです。私たちにとって、一番身

美容師として働くメリット5選。私が感じた良いところをまとめました

美容師というと、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。しかし、「仕事としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人というのは少ないと思います。非常に身近な存在ではあるけれど仕事という側面は見えにくい、そんな美容師として働くメリットを経験を基にお話しします。経験者が語る!私はこんな美容室で美容師をしていました私が勤めていた美容室は、市内に2店舗構える小規模のお店でした。どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフは総人数8名ほどで、平均年齢は27歳くらいです。スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来するといったシステムです。レッスンは各店舗で設けられていますが、月

美容師アシスタントの仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントはどのような仕事をこなしているのでしょうか。美容師経験をもとに美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる美容師アシスタントの仕事は多岐に渡りますし、店舗によっても様々です。しかし、どこの店舗でも共通している仕事というものがあり、それが基本的な美容師アシスタントの仕事となります。その内容を4つに分類して

転職して美容師の仕事をするには?違う職種から転職する際に知っておきたいこと

全く別の仕事から美容師に転職する事は可能なのでしょうか。また、そのような場合にはどのような事をしておいた方がいいのか、どんな事を知っておくべきなのか、気になることがたくさんあると思います。一般的な転職と違って情報が得にくい美容師への転職を、美容師経験をもとに解説します。転職して美容師の仕事をするには?転職して美容師の仕事をするにあたり、どんな事が必要となってくるのでしょうか。まずは美容師になるための基本をおさえましょう。美容師になるにはどんな資格・経験が必要?美容師になるためには、どんな資格や経験があった方がいいのでしょうか。資格や経験については面接時に必ず話題になるので、ぜひ参考にして下さい