美容師の仕事は、おしゃれな美容院でおしゃれな人達が集うイメージがあります。

美容師にあこがれて美容師を目指す人も少なくありません。

美容師になるためには美容師や理容師用の専門学校へ通い、知識とスキルを習得し、美容師国家資格に合格しなければなりません。

また、美容師国家資格に合格したから美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に入り、技術を磨き、下積みをしながらカット担当にまでのぼりつめ、初めて美容師として活動することができます。

そんな時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ははなやかで憧れる人も多い反面、激務で離職率が高いことでも有名です。

美容師を辞めたらどうしたらいいのか、美容師を辞めて次何をやればいいのだろうかと考えている人に今回は美容師の転職事情や美容師から転職するにあたりやるべきことなどをまとめてみましたので参考にして下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「美容師」の仕事例をチェック

美容師の転職事情とは?!

美容師を辞めて転職する場合、ほとんどは同じ業界ではなく違う業界を選択するようです。

美容師を目指す多くは年齢層が低く、転職するにしても家族がいるからとか未経験の仕事は年齢的にちょっとといった制限はありません。

ただ、傾向として美容師を経験した人は、ファッション業界や美容業界への転職が身近なようです。

中には全く違う飲食業界や営業職に就く人もいます。

美容師の転職で成功するためにやるべき3個のこと

美容師が転職をしようと考えたら、どうすれば転職を成功させることができるでしょうか?

美容師から別の仕事もしくは別の職場に転職し成功する方法は誰もが知りたいところです。

ただ、美容師から他の業種へ転職したり、他の職場に移ったり、転職をする前にやるべきことがあります。

ここでは美容師の転職で成功するためにやるべきことについてふれていきます。

今一度転職理由をよく考える

美容師から転職する際にまずなぜ転職したいのかなぜ今の職場を辞めなければならないのかについて今一度よく考えてみましょう。

例えば、手荒れがひどくこのまま仕事を続けると健康に関わり仕事ができなくなってしまうや今の職場よりもっと大きな職場で働きたいなどの理由であれば問題ないのですが、職場の人間関係が上手くいかないからとか職場がつまらないからなどという理由で転職を考えるなら転職先で同じ出来事を繰り返す可能性があるためあまりおすすめしません。

美容師から転職する前に今一度転職理由を見直しましょう。

次の仕事でキャリアパスや将来設計がイメージできるか

美容師から転職したいと思う会社や業界があるのなら、そこで働くにあたりどういう風になっていきたいのかどういうキャリアパスを描きたいのかイメージできるかどうかよく考えてみましょう。

転職を希望する先のことはよくわからないけどなんとなくよさそうだからとかとにかく仕事を辞めたいからという理由であるなら転職活動に移る前に自己分析をよくしてみましょう。

辞める理由を面接で聞かれたときに答えれるようにする

転職活動をする上で面接の機会をもらえたら面接官から高い確率でなぜこの美容師の仕事を辞めてこの会社に入りたいのかを聞かれます。

その際、ちゃんとした前向きの答えを用意していなければ面接の合否に関わってきます。

職場が嫌だったからとか人間関係に疲れたなどのストレートな表現は面接官に悪い印象を与えてしまいます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

美容師の転職を成功させるための注意点とは

スタイリストになってからの転職ではダメなのか

美容師を目指していて転職したいと考えるタイミングは、アシスタントの時期に集中していることがあります。

まだ駆け出しの見習いである立場から雑用ばかりで手が荒れたり、腰痛が発症したりと華やかな世界とのギャップに苦しみ仕事を辞めたい、仕事を変えたいと思う人が多いようです。

しかし、スタイリストに昇格するとカットを担当させてもらえるのでアシスタント時代とは違うやりがいや楽しさを見い出せます。

美容師の転職を成功させるための注意点としてアシスタントの仕事がきついから逃げ出したいだけではないのかどうかをよく考えてみましょう。

接客経験の活かせる仕事に注目する

美容師の仕事は接客することも含まれています。

アシスタントであれスタイリストであれ美容院に来店するお客様に対しておもてなしをしなければならないため、接客スキルは身についています。

美容師から別業界へ転職する際、全く何も知らない業界へ行くよりは今までの経験が少しでも活かせる業界の方が仕事が覚えやすいので接客経験を活かせるファッション業界や飲食業界に注目することは転職を成功させるためのポイントになります。

仕事が決まってから退職までの流れはしっかりと対応する

美容師の転職を成功させるために注意すべきことは引継ぎを含めた仕事を辞める際にしっかりと引継ぎや残っている仕事を片付けておくことです。

転職先が決まったからと言って浮かれて手を抜いたら何かのきっかけで新しい職場に悪影響を及ぼす結果になりかねません。

例えば、転職先が決まったので手を抜いて仕事をきちんとしなければ次の職場が現職場に仕事への取り組む姿勢やパーソナリティーを確認する電話を入れた際に悪い評価を伝えられてしまう可能性があります。

悪い評価が伝わると新しい職場では働き辛いだけでなく、最悪の場合は内定の取り消しにつながることもあります。

美容師の転職するに当たっての必要な心構え

転職する目的は何かをはっきりさせる

転職すると決めたら転職する目的をはっきりとさせておきましょう。

ただ辞めたいからなんとなく転職したいという漠然とした目標で転職活動をすると行き詰ったり、中途半端な状態で仕事が忙しくなったら転職活動を辞めてしまうというようなことになりかねません。

美容師になったのになぜ転職したいのか、なぜ美容師を辞めなければいけないのかをしっかりと考えて転職する目的をはっきりさせましょう。

仕事を辞めてから転職活動するのではなく仕事をしながら転職活動をする

美容院の仕事は一人前のスタイリストになってお客様から指名が入ったり、固定客をたくさん抱えなければ給料はそんなに期待できません。

言い換えるともともと安い給料の中でやりくりしていたので仕事を辞めてから転職活動をすると転職活動費用に対して不安が残ります。

忙しくて大変ですが仕事をしながら転職活動をし、転職先が決まってから今の仕事を辞めるようにしましょう。

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

転職するにあたり、美容師という限られた業界でしか活躍していない仕事から他に転職するためには自己分析をしっかりして転職活動の面接や履歴書などにきちんと強みをアピールして弱みをどう克服するかを話すことが大切です。

転職サイトや転職エージェントを利用する際に質問に答えることで自分の性格をSWOT分析できツールがあるので試してみましょう。

美容師で転職する人は多い?

美容師で転職する人は、結論から言うと多いです。

少なくはありません。

もちろん美容師を辞めて美容師とは全く関係ない仕事をする人もいれば、今のサロンよりさらに条件のいいサロンで働きたいと思い転職する人もいますし、美容師としてまだまだ活動したいけど、何らかの理由で美容師として働くことができなくなったため転職したいなど理由は様々です。

美容師のよくある転職理由

美容師の離職率は低くはありません。

ただ、憧れる人が多く、コンビニや歯医者に次いで数が多いと言われている美容院の数があり、雇用されるチャンスはいくらでもあるように思える美容師がなぜ離職してしまうのでしょうか?

ここでは美容師のよくある転職理由についてまとめてみました。

職場環境を変えたい

美容院は全国どこにでもあるのではないかと思うくらい店舗があります。

ただ、フランチャイズ展開しているところもありますが、ほとんどは個人経営のお店であるため、お店により労働環境が異なってきます。

快適に働ける環境の美容院もあれば、劣悪な環境で働かなければならない美容院もあります。

美容師が転職したいと思うのは後者の劣悪な環境で働かなければならないと思った時に職場環境を変えてやり直したいと思うようになります。

拘束時間の長さに対して労働対価が見合わない

美容師から転職する際によく聞く理由の中で頻度が多いのは労働時間が長いのに給料が安いということです。

美容院の営業時間は朝から夜までですが、美容師見習いや駆け出しの美容師だと夜にカットやブロー、シャンプーの練習をします。

通常業務とは別で練習もしながら、場合によってはウィックなどを自腹で購入しなければなりません。

拘束時間は実質朝から晩までびっしりなのに給料は手取りにして見習いの場合、10万円を切ることがあります。

新人と言えど生計が苦しくなる給料で長時間労働のため、転職を考える人が後を絶ちません。

手荒れがひどい

女性に特に多い理由ですが、カラーリングやシャンプーなどで手が荒れてしまいぼろぼろになったから転職したい、美容師を辞めたいと思うようです。

最近は手袋をしてカラーリングやパーマ液に触れますがそれでも何回も水で手を洗ったり、新人の場合は特に雑用をこなすため、常に手が荒れた状態になってしまい、美容師の仕事を辞めて別の仕事へ転職したいと考えるようです。

長時間立ち仕事で腰痛がひどい

美容師が転職を考える理由でこれも多いのですが、長時間立ち仕事であるため、腰痛がひどいもしくは腰痛が悪化するケースです。

この場合は、仕事を続けたくても痛くて立っていられないや腰痛がひどくて仕事に集中できないような状態になると別の仕事をしようかと考えます。

美容師の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

アシスタントからスタイリストに昇格を目指す

美容師をしていて転職したい人の多くは、駆け出しのアシスタントであることです。

アシスタントは一番下っ端になるので仕事がきつく、給料が安いと悪い環境下で働いています。

しかし、一度スタイリストに昇格すると仕事はカットを担当させてもらえるようになりますし、仕事の幅が広がります。

何よりメインの仕事なのでアシスタントとは違うやりがいを感じることができます。

加えて、アシスタントからスタイリストに昇格すると給料もあがりますので年収アップを目指す方法の一つとして今の職場でまずスタイリストに昇格することです。

転職エージェントを活用する

美容師の仕事は忙しく、日々の業務後に転職先を探すのは時間を作るののが難しくなかなかスムーズにはいきません。

費用を削除するために自分ですべてできればいいのですが現実問題そうはいきません。

そんな時はおもいきって転職エージェントを活用することです。

美容師として身につけた経験を元に適した仕事を紹介してもらえるので年収アップも望めます。

美容師で人気な職種や業界(会社)とその理由

美容師がいざ転職するとなった時にどのような業界が人気なのか知りたい人がいることでしょう。

ここでは美容師に人気の職種や業界などに付いてふれていきます。

アパレル業界

美容師を目指す人や美容師をしている人はファッションにも敏感だったり、ファッションが元々好きだったりします。

そのため、ファッションを好きな知識を活かしてアパレル業界で働きたいと考えている人も多くいます。

人気な理由

アパレル業界が美容師の転職先として人気なのは、接客経験を活かして仕事ができるとともともとファッション興味がある人やファッションが好きな人が多いため、他の業界に比べると比較的仕事に馴染みやすく仕事がしやすいと考えるためです。

化粧品関連

美容師から転職をするのに同じような業界に残りたいと考えている人も少なくありません。

もう美容師はしたくないけど、せっかく美容師を通じて学んだ知識や経験を活かして転職したいと考えた時に化粧品関連の仕事を探す美容師も少なくありません。

人気な理由

化粧品関連の仕事の場合、化粧品や化粧品関連は美容師にとっては身近なものであり、勉強会や研修会などで化粧品関連の人とは接する機会もあり、コネクションを作りやすいことと美容師の経験や知識を活かすことができるからです。

まとめ

今回は美容師の転職事情についてまとめてみました。

美容師は離職率が高い仕事と言われていますが、憧れを持って美容師を目指す人も多くいます。

将来は美容師として独立して自分のサロンを開くと夢を抱く人が多いのですが現実はほんの一握りの美容師だけが夢を実現させています。

言い換えると美容師を目指している人の多くはどこかのタイミングで仕事を変えているのです。

ただ、美容師を目指していたもしくは美容師をしていたから他業種に転職できない、他業種では務まらないわけではなく、転職先によっては美容師の経験や知識を活かすことができる業界もあります。

美容師をしていて仕事を辞めたいなと思ったらまずは辞めたい理由や転職理由をよく考えて行動してみて下さい。

美容師で転職したいと考えている人が次の職場でうまくいくことを心から願っています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師免許を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

国家資格の一つである美容師免許。これを持っている事で美容師として仕事ができますが、逆を言うと「美容師しかできないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、美容師免許を持っているからこそ活躍できる仕事、美容師免許を活かせる仕事が、美容師以外にもあるのです。その中でもおすすめの仕事を8つ厳選しましたので、ご紹介します。美容師免許についておさらいしておこう美容師免許は厚生労働省の認可を得た専門の機関で学び、国家試験に合格すると取得する事ができる国家資格です。美容師免許を持つ事でできる仕事は、カット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクなどの一般的に美容室で受けられる施術の全てになります

美容師になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

憧れる職業として人気の高い美容師。その美容師になるには、どのような資格や勉強が必要になるのかご存知でしょうか。企業への就職とは違い、美容師になるために必要な勉強は少々特殊です。また、美容師の仕事は細かい作業が多いので、不器用だから向いていないと思われがちですが、それ以上に大切な適性もあります。美容師を経験したからこそわかる、美容師になるまでに知ってもらいたい事、そして自分に合った働き先の見つけ方をご紹介します。美容師になるために必要な資格は?美容師として働くには美容師免許を取得している事が絶対条件ですが、それ以外は特に必要な資格はありません。この美容師免許は国家資格の一つで、厚生労働省に認可さ

美容師をおすすめする6個の理由。こんな方には美容師がオススメです!

昔から一定の人気を常に保っているだけではなく、知らない人はいないだろう美容師の仕事。おしゃれでかっこいいことはもちろんのこと、職業としてオススメする理由がたくさんあります。その理由とは一体何なのか、また、どんな人に美容師の仕事をオススメできるのかを、詳しく解説していきます。美容師という職業についておさらいしよう美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。カットやパーマなどでヘアスタイルをつくったり、ヘアケアのアドバイス、そしてまつ毛パーマなども行います。これらは全て美容師資格を持っているからこそ、仕事として行う事ができるのです。私たちにとって、一番身

美容師として働くメリット5選。私が感じた良いところをまとめました

美容師というと、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。しかし、「仕事としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人というのは少ないと思います。非常に身近な存在ではあるけれど仕事という側面は見えにくい、そんな美容師として働くメリットを経験を基にお話しします。経験者が語る!私はこんな美容室で美容師をしていました私が勤めていた美容室は、市内に2店舗構える小規模のお店でした。どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフは総人数8名ほどで、平均年齢は27歳くらいです。スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来するといったシステムです。レッスンは各店舗で設けられていますが、月

美容師アシスタントの仕事内容をご紹介!ヘルプはどんなことをするの?経験者が教えます!

技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントはどのような仕事をこなしているのでしょうか。美容師経験をもとに美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる美容師アシスタントの仕事は多岐に渡りますし、店舗によっても様々です。しかし、どこの店舗でも共通している仕事というものがあり、それが基本的な美容師アシスタントの仕事となります。その内容を4つに分類して

転職して美容師の仕事をするには?違う職種から転職する際に知っておきたいこと

全く別の仕事から美容師に転職する事は可能なのでしょうか。また、そのような場合にはどのような事をしておいた方がいいのか、どんな事を知っておくべきなのか、気になることがたくさんあると思います。一般的な転職と違って情報が得にくい美容師への転職を、美容師経験をもとに解説します。転職して美容師の仕事をするには?転職して美容師の仕事をするにあたり、どんな事が必要となってくるのでしょうか。まずは美容師になるための基本をおさえましょう。美容師になるにはどんな資格・経験が必要?美容師になるためには、どんな資格や経験があった方がいいのでしょうか。資格や経験については面接時に必ず話題になるので、ぜひ参考にして下さい

美容師の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

美容師の仕事は手に職をつけ、自分の力で人生を切り開いていけるのが強みです。お店に所属して働く美容師もいれば、自分の店をもつ美容師もいます。またお客様を綺麗にすることで、お客様が笑顔になることができる仕事でもありやりがいもあります。時にテレビでカリスマ美容師が取り上げられ、お洒落なイメージもありますよね。美容師に憧れる、美容師として働いたいという方も多いと思います。しかし、美容師の仕事は、若い頃は単に<働く>というより、<働かせてもらいながら修行をする>とうイメージに近いのです。当然、きついこと、辛いことも多くあり、夢だった美容師を辞め、転職する人も多くいます。美容師の仕事は何がきついのかを今日

美容師のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

美容師の仕事では、どんな事がやりがいに繋がると思いますか?美容師は技術職なので、スタイリストになるまではやりがいを感じられないのではないか、と感じるかもしれません。でも、そればかりではありません。実際に美容師として働いてやりがいを感じた事、そしてそのやりがいに繋げるためにどんな事をしてきたのか、私の経験を元にお話しします。美容師の大まかな仕事内容について理解しておこう美容師の仕事は、基本的なカットやパーマ、そしてカラーリングの他にも、接客、商品や薬剤等の備品管理、予約管理、そして技術向上のため練習と多岐に渡ります。また、アシスタントやスタイリストなどの役職に分けると、更に仕事内容は増えてきます

美容師が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

働く上で、自分がこの仕事に「向いていないのではないか」と悩むことがあります。失敗や思うようにいかない事ことが続くと、このような悩みを持ちやすくなります。人気の仕事である美容師でも同じような悩みを抱えることがありますが、実際に美容師に向いていない人というのは、どういった特徴があるのでしょうか。壁にぶつかってしまった時の対処法と併せてご紹介します。美容師の仕事についておさらいしておこう美容師は国家資格の一つで、資格を得て初めて美容師として仕事をすることができます。主な仕事はカットやパーマ、そしてカラーリングですが、シャンプーやへアセットなども美容師の仕事です。その他、美容室内の雑務や備品管理、そし

美容師になるには?必要な資格や美容師になれるルート、中卒・高卒・大学に行きながらでも目指せるか?

美容師になるにはどのような事をすればいいのかご存知でしょうか?憧れる職業として、変わらぬ人気を誇る美容師。ここでは、美容師に必要な資格やそのためのルートと種類、そして美容師になるための条件、美容師の道に進む時に知っておくべき知識などを詳しくご説明します。興味のある方はぜひご一読いただき、自分に合う方法で美容師を目指してみてはいかがでしょうか?美容師になるには?まずはじめに、美容師になるためにはどのような資格が必要なのか、受験資格があるのか、そしてどのような経路を辿り美容師の資格を取る事ができるのかなど、美容師になる方法をご紹介します。美容師とはどんな資格?美容師の仕事は「美容師免許」がなければ

美容師を辞めた後は何の仕事をすればいい?元美容師が経験を元に解説

夢や希望を持って就いた美容師の仕事。様々な理由から、現場を去るといった選択をすることもあるでしょう。美容師を辞めた後、美容師として働いて身に付いたスキルはどのように、そしてどんな仕事で活かすことができるでしょうか。この記事では、実際に美容師として働いていた筆者が、他業種へ転職した経験も踏まえて解説します。美容師の仕事を辞める人はどのくらいいるの?美容師の離職率は、実は非常に高いです。統計では美容師になり1年目で50%、3年目では80%ほどの人達が離職していると出ています。この統計は、「美容師は続けるが現在の店舗を辞める」という人達も含まれているので全員が美容師を辞めているわけではありませんが、

美容師が給料を上げるためにやりたい5個のこと

自分のなりたい職業について考えるとき、なにを重視して、選択するかは人それぞれだと思います。人によっては社会的地位を求めて、またある人はやりがい重視で職業を選択するでしょう。有職者の実態調査によると、1位が自分のやりたい仕事であることの次点に給料が高いことという理由をあげた人が多いそうです。確かに仕事は毎日のことなので、業務内容が自分に合うかどうかは重要ですよね。そして、給料も生活していく上で重要でしょう。転職を考える人も、「この給料で家族を養えるのかな」「もっと待遇のいいところにうつりたい」という不安が背景にあることも多いのですよ。これを読まれている皆さんは、美容師という職業に興味がある人が多

美容師正社員求人でよくある募集内容をご紹介!フリーランスについてもお話しします!

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ

美容師を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

美容師を辞めたいとお悩みの方はぜひご覧ください。おしゃれな職業なので男女共に人気がありますが、実は美容師は離職率も高いと言われています。その原因はいったい何だと思いますか?この記事では、美容師は辛いので辞めたいと思う理由とその対策、辛いことがあっても頑張れるのはなぜかという点について詳しくお話しさせていただきます。美容師を辞める理由を考える前に、まずは乗り越える方法を考えましょう。美容師のおおまかな仕事内容とは?美容師の大まかな仕事は、カット、カラー、パーマなどで人の容姿を美しくすることです。スタイリストやアシスタントという立場の違いにより、携わる仕事内容は変わってきますが、美容師の仕事内容の

美容師の仕事内容をご紹介!理容師との違いは?向いてる人の特徴もお話しします!

美容師の仕事内容というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。オシャレなサロンで自分のなりたい髪型にしてくれる美容師という職業は、人生で一度は憧れた方も多いと思います。実はそんな美容師の仕事はカットやシャンプーなど技術的なもの以外にも、数多くの業務があるんです。この記事では、美容師をしていた筆者が、自身の経験を基に、基本的な美容師の仕事内容や、美容師向いている人の特徴やメリット、その後のキャリアについてお話します。美容師はどんな仕事?美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。そ