自分のなりたい職業について考えるとき、なにを重視して、選択するかは人それぞれだと思います。

人によっては社会的地位を求めて、またある人はやりがい重視で職業を選択するでしょう。

有職者の実態調査によると、1位が自分のやりたい仕事であることの次点に給料が高いことという理由をあげた人が多いそうです。

確かに仕事は毎日のことなので、業務内容が自分に合うかどうかは重要ですよね。

そして、給料も生活していく上で重要でしょう。

転職を考える人も、「この給料で家族を養えるのかな」「もっと待遇のいいところにうつりたい」という不安が背景にあることも多いのですよ。

これを読まれている皆さんは、美容師という職業に興味がある人が多いでしょう。

美容師は、手に職をつけることができ、はさみ1本で勝負できる魅力的な仕事ですよね。

一般企業に就職した場合、事務を希望しても営業になるなど、自分のやりたい仕事ができるとは限りません。

しかし、その点、美容師は、資格を取得し、サロンに就職すれば、美容師として働くことが出来ます。

では、美容師の給与の傾向はどうなっているのでしょうか。

今日は、美容師の給料について解説し、給料アップの秘訣を解説します。

美容師の給料は高い?安い?

理美容師の平均年収は約260万円、日本の平均年収が約400万円といわれているので、理美容師業界の年収相場は低いといえます。

年代別で平均給与をみてみましょう。

美容師の年代別年収は賃金構造基本統計調査から推測すると、20代が210万円~250万円前後、30代が290万円~395万円前後、40代が395万円~495万円程度となっています。

構造として、就職したての20代は給与が安く、30代後半でようやく平均年収と同等になるという傾向にあるこことが分かります。

美容師は国家資格を取得する必要がある職業なにに、随分低いなという印象を受ける方も多いでしょう。

なぜ美容師の平均年収は、低い傾向にあるのでしょうか。

これは美容師業界が20代の若手美容師に支えられていることに起因します。

美容師という仕事は拘束時間も長く、立ちっぱなしの仕事でもあります。

また給与も年代があがるにつれ高くなるとはいえ、福利厚生や退職金が十分でないサロンも多く、家族を養う30代以降の男性美容師は、肉体的、経済的な不安から、他業界に転職をする人が多いのです。

また女性美容師も30代過ぎになると、出産や育児で第一線を離れ、時短や非正規で働く人が増え、年収が落ちる傾向にあります。

20代の若手美容師は、まだ見習いとしての位置づけで、給与も低く設定されています。

その20代が6割を占める業界のため、平均年収が低くなるのです。

勿論、店長クラスの技術をもつ美容師などは、1,000万円を超える年収の人もいます。

また美容師は、自分の店をもち、独立開業することも可能です。

独立オーナーのなかには、年収2,000万円を稼ぐ人もいます。

新卒の場合

前述の通り、美容師になるには、美容師免許が必要です。

厚生労働省が指定する美容学校を修了し、国家試験に合格することが必要です。

これらの学校を卒業した多くの美容師が、ヘアサロンに就職します。

一部にヘアメイクアーティストとして結婚式場や事務所に就職する人もいますが、狭き門です。

ヘアサロンの求人は豊富で、就職先に困るということは少なそうです。

新卒の給与は就職するサロンによりますが、正社員求人で13万円~17万円というところが多いようです。

青山などの一流サロンでは、給与が低くても、就職希望者が殺到すうることから、給与相場はより低く10万円~12万円というところも多いです。

反対に地方や個人のサロンでは、都会ほど美容師が集まらないため、給与を17万円に設定するなど、他に比較して高い傾向にあるようです。

中途の場合

他業界から美容師へ転職した場合の給与は、新卒と同じく見習いの立場なので、上記の新卒の場合と同水準です。

経験者の場合の正社員求人の給与は、20万円~35万円前後と幅があります。

美容師は技術職のため、実際のカットやパーマ技術により、給与が異なってきます。

サロンによって、ランクの呼び方や位置づけは微妙に異なりますが、スタイリストがどの程度の給与をもらってるか知ることで、そのサロンの平均給与相場を知ることができるでしょう。

ヘアサロンは、全国に24万件あるとされています。

一部のヘアサロンを除くと、慢性的な人材不足にサロン側は苦慮しており、高い技術力のある経験者は今より有利な条件で採用されることも多いです。

最近は、優秀な美容師の引き抜きも多くなっています。

引き抜きの場合、当然今の職場の給与や福利厚生より、よい条件を交渉できます。

このように経験者が同業に転職する場合、自分のもつ技術力を生かすことで、よりよい給与を手にするチャンスがあります。

美容師の給料の決まり方

まず美容師の働き方には、正社員、非正規社員、フリーランス、独立という形態があります。

ここでは各々の給料や年収の決まり方を解説します。

まず雇用が最も安定している正社員について解説します。

正社員の給与の決まり方は、ランクによって決まります。

ランクはサロンによって呼称などが違いますが、アシスタント、スタイリスト、トップスタイリスト、アートディレクター、サロンディレクターなどにわけられます。

アシスタントは美容師になりたてで、経験が浅く、見習いとしての位置づけです。

多くのサロンでは、まだお客様の髪を実際にカットすることはなく、清掃、シャンプー、ドライヤーなどが業務の中心です。

給与は13万円~17万円のスタートになります。

スタイリストは、実際に顧客の施術を担当するようになった美容師で、給与は20万円~30万円前後になります。

その中で特にスキルが高いと認められているのがトップスタイリストで、月収50万円程度稼ぐ人もいます。

店の看板美容師や店長クラスの美容師になると、アートディレクター、サロンディレクターといわれ、年収は1,000万円を超す人もいます。

多くの美容院が賞与制度はないのが実態です。

そのかわり歩合制を導入し、個々の努力や勤務実績を評価するところが多いです。

歩合制はスタイリスト以上に、固定給+歩合給として毎月の給与が支払われます。

歩合給の部分は、売上に対して、10%~20%の歩合率を乗じて計算します。

この歩合率はサロンにより異なり、なかには指名売上については30%を乗ずるサロンもあります。

次に非正規社員として働く場合は、契約社員、派遣社員、パートがあります。

契約社員の場合は、雇用の安定や福利厚生は正社員に比べて劣るものの、時j分の技術経験により、20万円~30万円程度の給与水準が望めます。

派遣社員、パートの場合は時給制で、時給は1,000円~1,200円の求人が多くなります。

また美容師の働き方にフリーランスという形態があります。

委託には業務委託と面貸しがあります。

どちらも個人事業主ですが、売上の帰属に違いがあります。

業務委託は、売上はサロンに帰属し、美容師はそこから報酬を受け取ります。

報酬額は、サロンと交渉になりますが、正社員以上に稼げる人もいます。

面貸しは、売上は美容師に帰属し、美容師はそこからサロンに場所代を支払います。

顧客へのカット代などは自分で価格設定できるため、集客する技術力や人気があれば、効率よく稼げるでしょう。

独立開業の場合も、開業資金の確保、資金繰り、集客、美容師確保など、経営者としての重圧はありますが、軌道にのれば年収は2,000万円に達することもあります。

以上のように美容師の給料の決まり方は、まず自分がどの程度の技術をもっていて、お客さんからどれくらい指名されるかに左右されます。

また同じ正社員でもサロンによって給与の設定幅が異なります。

一般的に規模が大きいサロンのほうが、給与が高い傾向になります。

また最近では、1,000円カットが業界のなかで成長していて、他と比較し、求人の給与相場が高いようです。

美容師の給料を上げるためにやりたい5個のこと

給与が低いため、美容師のなかには、異業種への転職をする人もいます。

しかし、美容師の仕事が気に入っていて、将来的にも美容師として働きたい場合、どうやったら年収をあげることができるのでしょうか。

ここではタイプ別に給料をあげるためのポイントを解説します。

技術を磨く

アシスタントや若手スタイリストであれば、差異はありますが、給与はどこのサロンも低いです。

美容師が技術職である以上、技術を習得しない限り、給与のアップはありません。

練習して、技術を磨きましょう。

アシスタントを卒業し、実際にお客様の施術をしだしたスタイリストも、技術を常に磨いていくことが、さらなる給与アップに繋がります。

指名を増やす

実際にお客様の施術を担当するようになったスタイリストは、指名客を増やすことで、指名料や歩合給の部分を増やしていきましょう。

技術はあるのに、指名客が伸びないと悩む方は、接客に問題がないか見直しましょう。

カウンセリング力に問題がないか、お客様に会話で無理をさせてないか、シャンプーなどの販売ノルマを達成するために押し売り営業をしていないか確認しましょう。

働き方を変える

契約社員や派遣社員で働いている場合、正社員に登用されるチャンスがあれば、チャレンジしてみましょう。

またトップスタイリストクラスで、自分の技術に自信がある人は、フリーランスとして働くのも給与がアップする可能性があります。

勿論、働き方を変えることは、勤務時間や責任の大きさなど、デメリットもあるので、その部分については慎重に検討しましょう。

理容師免許をとる

混同されやすいのですが、理容師と美容師は別の国家資格です。

美容師が容姿を美しくすることを目的にしているのに対し、理容師は容姿を整えることが目的です。

例えばパーマやヘアセットは美容師の仕事ですが、シェービングや髭剃りは理容師の仕事とされています。

美容師としてヘアサロンで働くには、理容師免許は必要ありません。

しかし、理容師免許を取得し、ダブルライセンス保有者を優遇するサロンも多いです。

特に大手は、トータルビューティをテーマにサロン運営をしているところが多く、シェービングの出来るダブルライセンス保有者は就職、転職の際の他の美容師との差別化につながります。

最近は美容師と理容師の垣根も低くなってきています。

法律改正で2つの資格をとりやすくなったことも、それを示しているでしょう。

私の先輩は、パートで働いていますが、理容師免許を持ち、シェービングができるということで、時給が+200円で採用されたそうです。

勤務サロンを替える(転職)

サロンによって、給与相場は異なります。

残業代が支給されないサロンが多い一方、最近は残業代を支給するサロンも増加しています。

また歩合制度のため、賞与がないサロンが多いですが、大手サロンなどでは、5万円~10万円程度の賞与を支給するところもあります。

ほかにも、福利厚生で社会保険や住宅手当も要チェックです。

福利厚生が充実している場合、表面的な給与相場は同じでも、実質的な給与は高くなりますよ。

私はこれで給料が上がりました。給料アップの体験談。

美容師の私が給料があがった体験を2点ご紹介します。

昇給ポイントをクリア

サロン内の昇給テストをうけ、昇給ポイントをクリアすることで、給与があがることがありました。

例えばカラーシャンプー習得で、ランクはアシスタントのままでしたが、+5,000円の月給与のアップにつながりました。

役にたつ資格を取得し、接客に役立てる

パーソナルカラリスト検定やヘアケアマイスター認定検定資格を取得しました。

これらは取得したから、直接的に給与があがるわけではありません。

しかし、お客様と会話をするなかで、アドバイスをするときに、関連する知識があるとカウンセリングに深みがでます。

それがリピート客につながりました。

また毛髪についてのアドバイスを行うことで、押し付けるような物販セールスではなく、提案型の営業ができるようになりました。

まとめ

いかがでしたか。

給料は生きていく上で大切なものです。

美容師が給与が低いと知り、落ち込むのは早いです。

美容師は自分の努力が給料に反映される仕事です。

自分のやり方次第では、やりがいも給料も満足したものになるでしょう。


関連キーワード

美容師求人

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

美容師の仕事は、おしゃれな美容院でおしゃれな人達が集うイメージがあります。美容師にあこがれて美容師を目指す人も少なくありません。美容師になるためには美容師や理容師用の専門学校へ通い、知識とスキルを習得し、美容師国家資格に合格しなければなりません。また、美容師国家資格に合格したから美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に入り、技術を磨き、下積みをしながらカット担当にまでのぼりつめ、初めて美容師として活動することができます。そんな時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ははなやかで憧れる人も多い反面、激務で離職率が高いことでも有名です。美容師を辞めたらどうしたらいいのか、美容師を辞

美容師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

手に職をつけられるお仕事で、お洒落な職業といえば、美容師を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お客様の要望にこなえ、カットをしたり、パーマをしたりし、その人の魅力を引き出す仕事です。他にもヘアーセットといい、結婚式などのイベントの時などに美しく髪を整えることも、美容師の仕事です。このというのが、美容師のポイントです。美容師は、国家資格が必要な仕事で、美容師法(第2条第1項)にパーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと定められています。美容師と似た職業で混同されやすいのが、理容師です。理容師は美容師とは、違う国家資格なんですよ。理容師の仕事は理容師法(第1条の

美容師正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ

美容師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

おしゃれに敏感な人達に人気の「美容師」。キビキビとそして楽しそうに働く姿に、憧れる方も多いと思います。今回はそんな美容師の仕事について、ご説明いたします。「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →美容師はどんな仕事?美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。そこにサービス業の要となるお客様対応と、技術職の要となる技術を磨き提供する、という2つの要素が加わります。言ってしまえば、美容室という空間のすべてが美容師の仕事になります。美容師の大まかな仕事内容先にもお話ししたように


美容師求人に関するコラム

美容師免許を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

国家資格の一つである美容師免許。これを持っている事で美容師として仕事ができますが、逆を言うと「美容師しかできないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、美容師免許を持っているからこそ活躍できる仕事、美容師免許を活かせる仕事が、美容師以外にもあるのです。その中でもおすすめの仕事を8つ厳選しましたので、ご紹介します。美容師免許についておさらいしておこう美容師免許は厚生労働省の認可を得た専門の機関で学び、国家試験に合格すると取得する事ができる国家資格です。美容師免許を持つ事でできる仕事は、カット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクなどの一般的に美容室で受けられる施術の全てになります

美容師になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

憧れる職業として人気の高い美容師。その美容師になるには、どのような資格や勉強が必要になるのかご存知でしょうか。企業への就職とは違い、美容師になるために必要な勉強は少々特殊です。また、美容師の仕事は細かい作業が多いので、不器用だから向いていないと思われがちですが、それ以上に大切な適性もあります。美容師を経験したからこそわかる、美容師になるまでに知ってもらいたい事、そして自分に合った働き先の見つけ方をご紹介します。美容師になるために必要な資格は?美容師として働くには美容師免許を取得している事が絶対条件ですが、それ以外は特に必要な資格はありません。この美容師免許は国家資格の一つで、厚生労働省に認可さ

美容師をおすすめする6個の理由。こんな方には美容師がオススメです!

昔から一定の人気を常に保っているだけではなく、知らない人はいないだろう美容師の仕事。おしゃれでかっこいいことはもちろんのこと、職業としてオススメする理由がたくさんあります。その理由とは一体何なのか、また、どんな人に美容師の仕事をオススメできるのかを、詳しく解説していきます。美容師という職業についておさらいしよう美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。カットやパーマなどでヘアスタイルをつくったり、ヘアケアのアドバイス、そしてまつ毛パーマなども行います。これらは全て美容師資格を持っているからこそ、仕事として行う事ができるのです。私たちにとって、一番身

美容師として働くメリット5選。私が感じた良いところをまとめました

美容師というと、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。しかし、「仕事としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人というのは少ないと思います。非常に身近な存在ではあるけれど仕事という側面は見えにくい、そんな美容師として働くメリットを経験を基にお話しします。経験者が語る!私はこんな美容室で美容師をしていました私が勤めていた美容室は、市内に2店舗構える小規模のお店でした。どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフは総人数8名ほどで、平均年齢は27歳くらいです。スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来するといったシステムです。レッスンは各店舗で設けられていますが、月

美容師アシスタントの仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントはどのような仕事をこなしているのでしょうか。美容師経験をもとに美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる美容師アシスタントの仕事は多岐に渡りますし、店舗によっても様々です。しかし、どこの店舗でも共通している仕事というものがあり、それが基本的な美容師アシスタントの仕事となります。その内容を4つに分類して