技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。

一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。

この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントはどのような仕事をこなしているのでしょうか。

美容師経験をもとに美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。

美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる

美容師アシスタントの仕事は多岐に渡りますし、店舗によっても様々です。

しかし、どこの店舗でも共通している仕事というものがあり、それが基本的な美容師アシスタントの仕事となります。

その内容を4つに分類してご紹介します。

接客

美容師の仕事において接客は基本中の基本であり、主軸でもあります。

どのような接客が好まれるかは店舗によっても変わってきますし、お客様によっても変わってきます。

マニュアルを元にどこまで広げる事ができるのか、毎日の接客を通して学んでいくのです。

正直な所、美容師は人気商売なので、技術はもちろんですが顧客は美容師の人間性に付くと言っていいでしょう。

幅広い顧客を付けるためには、多様な引き出しを作らなければならないのです。

掃除、整理整頓

一昔前の美容室では、先輩やオーナーが厳しくアシスタントの掃除をチェックしたものです。

指先で埃の有無を確認したり、セット面に汚れや曇りがないかを色んな角度から見てチェックされる事もありました。

もちろん出来ていなければやり直しです。

タオルやクロスのたたみ方、道具の片付け方なども厳しくチェックされていました。

現在ではそこまで厳しくされる事もありませんが、一般的な感覚よりは厳しい事には違いありません。

これは、清潔な印象をお客様に与える事、細部まで配慮ができる事、道具を大事に扱う事、この3つを学ぶ目的があるからです。

不潔な店舗、気配りのない店舗、がさつな店舗に期待を寄せる人はいませんので、そう考えると納得できます。

施術補助

アシスタントが唯一単独で行える施術はシャンプーです。

カットを除くその他の施術については、必ずスタイリストの指示に従う必要があります。

この補助については、技術を近くで見る事や施術時間の短縮、そしてお客様対応なども目的となっています。

この補助に関しては、必ずしも入らなければならないというわけではありません。

店舗やスタイリストの意向によって変わる事もありますが、技術を間近で見れるというのはアシスタントにとっては大きなメリットです。

スキルアップのための練習

スキルアップは、美容師である以上辞めるその日まで続くものではありますが、アシスタント時代のスキルアップは美容師としての土台作りの様なものです。

美容学校で習う事は、あくまで国家試験を合格するためのものです。

全く役に立たないというわけではありませんが、実践には使えない事の方が多いのです。

また、技術というのは経験あってこそ身に付くものです。

これはまた後に解説します。

接客の3個の業務

受付とご案内

店舗によってはレセプションがある事もありますが、中小規模の店舗であれば受付はほぼアシスタントの仕事です。

お客様にとっての第一印象を良くするための大事な仕事です。

事前に何時にどなたが来店するのか、頭にいれておくとより気持ちよいお出迎えができます。

スタイリストに指示を受けてからご案内をし、必要があればアクセサリー類のお預かりもします。

上着や荷物などは貴重品扱いとして丁寧に扱い、誰が見てもすぐにお返しができるように配慮もします。

美容師の仕事としては、まずはここからスタートと言っていいでしょう。

お客様との会話

美容室での会話は、何気ない日常会話であったり個人的な話であったりと様々です。

そして、話をしたい人や聞きたい人、放っておいて欲しい人など、お客様も十人十色です。

このさじ加減をいかに短い時間で見極めていくか、スタイリスト同様アシスタントも気配りをしなくてはなりません。

また、接客業では「タブーの話」というものがあり、政治・宗教・野球の3つは話を振られても濁せ、と言われています。

それは、個人的な偏りがある事ともめ事になる可能性があるからです。

会話は一人としかしていなくても、他の誰かが聞いているかもしれないという事を肝に銘じておかなければなりません。

そういった事を踏まえつつお客様と楽しく会話をする、それも一流の美容師と言えるのではないでしょうか。

細かい気配り

シャンプーをするようになると、施術としてはスタイリストより先にお客様に入る事になります。

その時に気づいた事があれば配慮をする、スタイリストに報告するといった気配りが必要になります。

例えば、妊娠している方なら膝掛けを用意する、皮膚にトラブルを抱えている方ならアレルギーがないか等です。

こういった事は必ずスタイリストと共有しなければなりません。

押し付けたり決めつけるのではなく、あくまで自然に尋ねる。

難しく感じるかもしれませんが、これも経験を積むしかありません。

女性を相手にする機会の多い美容室では、気配りは信用に繋がるのです。

掃除、整理整頓の3個の業務

開店前の掃除

基本的に掃除はスタッフ総出で行いますが、先にもお話ししたように、特に新入のアシスタントは掃除のチェックをされる場合があります。

私がよく先輩から言われた「お客様は意外な所を見ている」という言葉のままで、中途半端な掃除はお客様に分かってしまうのです。

それが「汚い店」という印象を与えてしまい、口コミで広がってしまったらどうでしょう。

口コミは、今も昔も広告よりも効果があるので、誰から見ても綺麗だと胸を張れる掃除を心がけなくてはならないのです。

私が勤めていた店舗はとても掃除が厳しく、鏡拭きを何度注意されたでしょうか。

短時間でいかに綺麗にするか、掃除を何のために誰のためにしているのか、この考える力もまた修行なのです。

床掃き

お客様が席を立った時に床に落ちた髪の毛を掃く。

美容師アシスタントの仕事としては、誰もが知っているものではないでしょうか。

私が勤めていた店舗では、お客様がシャンプーブースまたは受付に移動されたら床を掃くというルールがありました。

これは、切り落ちた髪が一つのエンターテイメントになるという考えからと、できるだけ掃除をしているというのをお客様に見せないようにするためです。

このように、仕事としては地味なものであってもちゃんとオーナーの思いや気配りがあるのです。

また、短時間で効率よく仕事をこなしていく練習にもなっています。

道具の準備・片付け

パーマやカラーリングの場合、必ず道具を準備しなくてはなりません。

パーマであれば、薬剤、ロッド、ラバー、ペーパー、専用のクロスとタオルです。

特殊パーマであれば更に道具が必要となります。

カラーリングであれば、薬剤、刷毛、グローブ、イヤーキャップ、専用のタオルやクロスです。

指示されたものを素早く準備するには、道具をきちんと片付けておく必要がありますし、誰でもすぐに用意ができるように整えておかなければなりません。

足りないものはないか、使用不可のものはないかを準備や片付けをしながらチェックするのです。

そして、消耗品以外の美容室にある道具は、どれも高価なものばかりなので大切に扱わなくてはなりません。

この道具を大切に扱うという事も気配りに繋がります。

施術補助の3個の業務

施術のための準備

パーマは施術前に必ずカットが入り、その後クロスを専用のものに変えなくてはなりません。

そして、施術者が作業しやすいように床に落ちた髪の毛を掃きます。

もうすでに使用する薬剤やロッドが決まっているようであれば、事前に用意をしておきます。

カラーリングの場合は、カットなしで施術に入る事があります。

しかし、スタイリング剤などを落とすためにまずシャンプーをしてドライをする必要があります。

カラーリングの薬剤はパーマ材よりも複雑で、薬剤を混合して作ります。

そして、必要分しか作ってはいけないので、ある程度経験を積むまでは作らせてもらえない場合もあります。

スタイリストは大抵1回しか言ってくれませんので、正確に聞き取らなければなりません。

施術補助(ヘルプ)

店舗によって呼び方が変わりますが、私の勤めていた店舗では施術の補助をする「ヘルプ」と呼ばれるものには二種類ありました。

一つは施術者を補助するヘルプ、もう一つはスタイリストともに一緒に施術に入るヘルプです。

前者の場合、パーマの施術が始まった時に施術者にロットやラバーを渡します。

このヘルプは店舗によっては行わない事もありますが、私は二人の施術者に対し一人でヘルプをしていました。

両手を使い二人に道具を渡すので、反射神経と先を読む力が鍛えられます。

カラーリングの場合は、基本的に薬剤の入ったカップを持つだけになりますが、万が一、薬剤がお客様の皮膚についてしまった場合すぐに拭き取る事ができたり、スピードが命となるカラーリングでは施術者が施術に集中できるように、お客様との会話のクッションになる事ができます。

後者の場合は、スタイリストから指示を受けその通りに施術を行います。

スタイリストと違う事をしてしまうと、目指しているものと全く違うスタイルになってしまうので、「丁寧さ・的確さ・早さ」の3つを強く求められます。

タイムを計る・チェックする

実際にヘルプとして施術に入った場合、仕上がりまで見ておく必要があります。

これは、自分が施術したものがどのような過程を経て仕上がるのかを学ぶ事と、最終的にどのようなスタイルになるのかを見るためです。

アシスタントもいずれはスタイリストになりますので、こうやって経験値を増やしていくのです。

スキルアップのための練習の業務

アシスタント時代は、様々なテストがあります。

シャンプーに始まり、ブロー、カラーリング、パーマ、カットです。

シャンプー以外のものは、数種類のスタイルが課題となります。

レッスン時の練習も大事なのですが、営業中に先輩が課題の施術を行っているのであれば、作業しながらでも観察する事も大切です。

特に思うように上達しない時は、人のやっている姿を見て真似をする事が近道となる場合があるからです。

実はアシスタントとは、仕事をしながらでも常にスキルアップのために練習をしているのです。

美容師アシスタントの仕事の良いところ

アシスタントというと、「修行」「辛い」といったネガティブなイメージの方が強いかと思います。

しかし、そんな事はありません。

私はむしろアシスタント時代が一番楽しかったと感じる事さえあります。

そんなアシスタントの仕事の良い所をお伝えします。

毎日が刺激的

勉強もそうですが、新しい事を学ぶというのはとても楽しい事だと思います。

アシスタント時代は学ぶ事が山のようにあり、派手に怒られる事もしょっちゅうですが、毎日何かを覚えそれを明日に活かす事ができます。

今日怒られても、明日には褒められるかもしれません。

そこで自分自身の成長を実感できますし、認めてもらえるようにもなります。

何もなかった日というのが無いアシスタントは、毎日が刺激的です。

学ぶ場が用意されている

美容室には必ずレッスン日が設けられています。

ここで、与えられた課題を練習しアドバイスをもらいます。

一見珍しい事ではないように感じますが、似た様な技術職ではどうでしょうか。

身近である料理人の場合、レッスン日などありません。

「見て習え」が基本ですし、賄いなどで技術の向上を見てもらうのが通常です。

そう考えると、同じ見習いという立場であっても、美容師アシスタントは非常に恵まれた環境ではないかと思います。

先輩との距離も近く、毎週必ず学ぶ日を用意してもらえている。

一般企業と比べても待遇が良いのではないでしょうか。

応援してくれる人がたくさんいる

忙しい営業に、厳しいレッスン。

心が折れてしまいそうになる事もあるでしょう。

時には孤独を感じてしまう事もあるかもしれません。

しかし、美容師アシスタントには応援してくれる人が周りにたくさんいるのです。

同じ苦しみを味わってきたオーナーや先輩、そして定期的に通ってくれるお客様。

実はたくさんの人に見守られているのです。

人を笑顔にするのは、スタイリストだけではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美容師アシスタントの仕事は非常に多く、怒られる事が理解できない事もあるでしょう。

しかし、掃除のように小さいことであっても、一人前の美容師になるには必要な事なのです。

それは、自分が先輩になった時や自分がオーナーになった時に必ず役に立つ事なのです。

美容室に入社したその瞬間から、そのプログラムはスタートしているのです。

辛い仕事と思われがちな美容師アシスタントですが、辛い事も全て明るい未来へと繋がっているのです。


関連キーワード

美容師求人

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

手に職をつけられるお仕事で、お洒落な職業といえば、美容師を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お客様の要望にこなえ、カットをしたり、パーマをしたりし、その人の魅力を引き出す仕事です。他にもヘアーセットといい、結婚式などのイベントの時などに美しく髪を整えることも、美容師の仕事です。このというのが、美容師のポイントです。美容師は、国家資格が必要な仕事で、美容師法(第2条第1項)にパーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと定められています。美容師と似た職業で混同されやすいのが、理容師です。理容師は美容師とは、違う国家資格なんですよ。理容師の仕事は理容師法(第1条の

美容師正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ

美容師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

おしゃれに敏感な人達に人気の「美容師」。キビキビとそして楽しそうに働く姿に、憧れる方も多いと思います。今回はそんな美容師の仕事について、ご説明いたします。「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →美容師はどんな仕事?美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。そこにサービス業の要となるお客様対応と、技術職の要となる技術を磨き提供する、という2つの要素が加わります。言ってしまえば、美容室という空間のすべてが美容師の仕事になります。美容師の大まかな仕事内容先にもお話ししたように


美容師求人に関するコラム

美容師をおすすめする6個の理由。こんな方には美容師がオススメです!

昔から一定の人気を常に保っているだけではなく、知らない人はいないだろう美容師の仕事。おしゃれでかっこいいことはもちろんのこと、職業としてオススメする理由がたくさんあります。その理由とは一体何なのか、また、どんな人に美容師の仕事をオススメできるのかを、詳しく解説していきます。美容師という職業についておさらいしよう美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。カットやパーマなどでヘアスタイルをつくったり、ヘアケアのアドバイス、そしてまつ毛パーマなども行います。これらは全て美容師資格を持っているからこそ、仕事として行う事ができるのです。私たちにとって、一番身

美容師として働くメリット5選。私が感じた良いところをまとめました

美容師というと、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。しかし、「仕事としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人というのは少ないと思います。非常に身近な存在ではあるけれど仕事という側面は見えにくい、そんな美容師として働くメリットを経験を基にお話しします。経験者が語る!私はこんな美容室で美容師をしていました私が勤めていた美容室は、市内に2店舗構える小規模のお店でした。どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフは総人数8名ほどで、平均年齢は27歳くらいです。スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来するといったシステムです。レッスンは各店舗で設けられていますが、月

転職して美容師の仕事をするには?違う職種から転職する際に知っておきたいこと

全く別の仕事から美容師に転職する事は可能なのでしょうか。また、そのような場合にはどのような事をしておいた方がいいのか、どんな事を知っておくべきなのか、気になることがたくさんあると思います。一般的な転職と違って情報が得にくい美容師への転職を、美容師経験をもとに解説します。転職して美容師の仕事をするには?転職して美容師の仕事をするにあたり、どんな事が必要となってくるのでしょうか。まずは美容師になるための基本をおさえましょう。美容師になるにはどんな資格・経験が必要?美容師になるためには、どんな資格や経験があった方がいいのでしょうか。資格や経験については面接時に必ず話題になるので、ぜひ参考にして下さい

美容師の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

美容師の仕事は手に職をつけ、自分の力で人生を切り開いていけるのが強みです。お店に所属して働く美容師もいれば、自分の店をもつ美容師もいます。またお客様を綺麗にすることで、お客様が笑顔になることができる仕事でもありやりがいもあります。時にテレビでカリスマ美容師が取り上げられ、お洒落なイメージもありますよね。美容師に憧れる、美容師として働いたいという方も多いと思います。しかし、美容師の仕事は、若い頃は単に<働く>というより、<働かせてもらいながら修行をする>とうイメージに近いのです。当然、きついこと、辛いことも多くあり、夢だった美容師を辞め、転職する人も多くいます。美容師の仕事は何がきついのかを今日

美容師のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

美容師の仕事では、どんな事がやりがいに繋がると思いますか?美容師は技術職なので、スタイリストになるまではやりがいを感じられないのではないか、と感じるかもしれません。でも、そればかりではありません。実際に美容師として働いてやりがいを感じた事、そしてそのやりがいに繋げるためにどんな事をしてきたのか、私の経験を元にお話しします。美容師の大まかな仕事内容について理解しておこう美容師の仕事は、基本的なカットやパーマ、そしてカラーリングの他にも、接客、商品や薬剤等の備品管理、予約管理、そして技術向上のため練習と多岐に渡ります。また、アシスタントやスタイリストなどの役職に分けると、更に仕事内容は増えてきます