働く上で、自分がこの仕事に「向いていないのではないか」と悩むことがあります。

失敗や思うようにいかない事ことが続くと、このような悩みを持ちやすくなります。

人気の仕事である美容師でも同じような悩みを抱えることがありますが、実際に美容師に向いていない人というのは、どういった特徴があるのでしょうか。

壁にぶつかってしまった時の対処法と併せてご紹介します。

美容師の仕事についておさらいしておこう

美容師は国家資格の一つで、資格を得て初めて美容師として仕事をすることができます。

主な仕事はカットやパーマ、そしてカラーリングですが、シャンプーやへアセットなども美容師の仕事です。

その他、美容室内の雑務や備品管理、そして顧客管理なども行います。

また、美容室以外でもヘアメイクやアイリストなど、美容師免許を活用して活躍することもできます。

美容師の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

美容師が向いていない人の4個の特徴

美容師はサービス業ですが、それと同時に技術職でもあります。

数年の下積みを経て「スタイリスト」になることができるのですが、どのような人が美容師に向いていないのか、その特徴をご紹介します。

努力ができない人

先に美容師は数年の下積みを経るということをお話しました。

美容師の下積み、いわゆるアシスタントの期間は平均3年と言われています。

その間は、資格を取得した美容師であってもお客様のカットをすることはできません。

というのも、美容学校はあくまで資格を取るための学校であり、実践向けではないのです。

また、店舗によって独自の技術や基準を設けているので、その基準に達しなければ先に進むことができません。

そのため美容師は日々練習を重ね、技術に磨きをかけるのです。

その地道な作業を受け入れられない人は、美容師には向いていないでしょう。

座って仕事がしたい人

スタイリストは「ディレクターチェア」という椅子に座ってカットをしますが、美容師の仕事の90%以上は立ち仕事です。

椅子は水平を保つものなので、椅子とは言えど道具の一つなのです。

また、美容師は一般的な仕事に比べて拘束時間が長く、その間ずっと立ちっぱなしで動き回ることも多いです。

立ち仕事は嫌だ、たまには座りたいという人は、美容師には向いていないでしょう。

上下関係が苦手な人

美容師の仕事は実力で評価されます。

しかし、美容師の世界は技術職特有の上下関係が色濃く残っているところがほとんどです。

チームワークが大事な美容室ではスタッフ同士の絆は強い傾向にありますが、それは自分の立場をわきまえて信頼関係を築いているからなのです。

先輩の注意を聞かない、反発するといった行動を衝動的に行ってしまう、歳が近いからと先輩に馴れ馴れしく接する、という人は美容師には向いていないでしょう。

協調性がない人

美容室は、チームワークを必要とします。

スタイリストとアシスタント、アシスタントとアシスタント、この連携が上手く行くことでスムーズな施術ができるのです。

ワンマンなプレイや指示通りに動かないなど、個人の利益を優先する人がチーム内にいるとそのチームワークは乱れてしまいます。

そのため、協調性がない人は美容師に向いてないでしょう。

向いていない場合の乗り越える方法4個

もし、自分が美容師に向いていないと思ったら、美容師の夢を諦めた方が良いのでしょうか。

しかし、向いていないと思うのは自分だけが感じることかもしれません。

そのような場合の乗り越える方法をご紹介します。

できない事に焦らない

できない=向いていないということではありません。

人は誰でも得意不得意があります。

1度教えてもらうだけで即座にできる人もいますし、幾度も練習を重ねなければできない人も同じようにいます。

日本は皆が足並みを揃えてできるように、という教育をしますが、年齢を重ねていけば得意教科と苦手教科がどんな人でも出てくるものです。

美容師の仕事もそれと全く同じで、活躍するスタイリストも同じ様な経験をして今があるので、焦らずじっくり向き合いましょう。

教わっているという自覚を持つ

美容師の仕事は、経験がものをいう所があります。

場数を踏んでいるだけ経験値があるのです。

なので、先輩や上司は自分にはない経験値があり、技術以外にもその経験を教えてもらっているのです。

厳しい指導は、その経験からきていることがほとんどですし、フレンドリーに接するのは過去に嫌な思いをしたからかもしれません。

美容師においての先輩や上司は、ある意味師匠となりうる人達です。

「教えてもらっているのだ」と感謝と敬意を持って接しましょう。

目標を見失わない

美容師になるという夢は、大袈裟に言うと国家試験に合格した時点で叶っています。

自分がどんな美容師になりたいのか、どんな事をしたいのか、目先の目標と共ににもっと先の大きな目標を持つことで、その先の頑張り方が変わってきます。

たとえ目の前になかなか超えられない壁があったとしても、それは今だけのことかもしれません。

その目標は「向いていないから」で諦められるものなのか、一度立ち止まって考えてみましょう。

人の話を聞く癖をつける

基本的に美容師はお客様の話を聞く側です。

もちろん、美容師の話を聞きたいというお客様もいらっしゃいますが、どちらかというと少数でしょう。

チームワークが苦手な人というのは、人の話を聞けない傾向にあります。

しかし、発言力や行動力があるという長所もあるので、「意見を聞く」という武器が加わればリーダーシップを取れるという特性になるかもしれません。

そして、先輩の発言はアドバイスや注意喚起です。

また、自分が先輩になった時にうまく連携を取るためには、後輩の意見も取り入れなければならないこともあるでしょう。

その時に備え、自分の意見は一旦抑えて人の話を聞くという訓練をしてみましょう。

どうしても乗り越えられない場合の裏技

気を取り直して考えてみても、現実が変わらないこともあるでしょう。

しかし、本当にもう打つ手はないのでしょうか。

どうしても乗り越えない時に使える裏技をご紹介します。

できない理由を分析する

一心不乱に練習することは、場合によっては時間の無駄遣いになることもあります。

ただ「できない」のではなく「なぜできないのか」にフォーカスをあててみましょう。

技術に関しては、人の癖や手の大きさ、そして身長や姿勢など、個人によってコツは様々です。

自分自身何を苦手と感じているのか、どこにつまずいているのか、この際とことん掘り下げてみましょう。

それによって練習が効率的になりますし、新たな発見も出てくるでしょう。

また、第三者の目から冷静に見てもらう事も良いでしょう。

練習は「質より量」の場合もありますが、つまずいた時は「量」より「質」です。

あえて自分を見ない

これは決して自分を棚に上げるということではありません。

自分の問題ばかりに焦点を合わせていると、考え方が閉鎖的になります。

いつもより深く、周りを見てみましょう。

お気楽に仕事をしている人はいないはずです。

皆、何かにつまずき悩みながら前に進もうとしています。

そんな周りを見ているときっと気づくことがあるはずですし、それが何よりのアドバイスだったりすることもあります。

いったん自分の問題をないものとして、人はどうやっているのだろう?というところに焦点を合わせてみると、想像以上の収穫があるものです。

思い切ってプライドを捨ててみる

美容師は総じてプライドが高い人が多いです。

国家試験を通り苦しい練習に耐え結果を出してきているので、美容師という仕事とそこに辿りついた自分に誇りを持って当然です。

若い内はプライドが邪魔して人のアドバイスを自分なりに解釈してしまうといったこともありますが、そのプライドはそんなに必要性はありません。

思い切ってプライドを捨て、言われた通りに人と全く同じようにやってみると、いかに自分が凝り固まった考え方をしていたのかということに気づきます。

プライドを捨てることは弱さではありません。

弱さを見せられる人が実は本当に強い人だったりするのです。

働く場所を変えてみる

働く環境によって、今まで顔を見せなかった才能が芽を出すことがあります。

ただ、気をつけなければならないのが「理由」です。

その場や人から逃げたいというのが真の理由であれば、きっと同じことを繰り返すでしょう。

なぜ変わるのか、なぜそこなのか、環境が変わることによって生じるリスクを背負えるのか、自分も上司も納得できる理由があるのであればそういった選択もあるでしょう。

経験者が語る!私はココが向いていなかったけれど、こうやって工夫(克服)して美容師をしていました

美容師に向いていない人の特徴や、乗り越えるための方法をいくつかご紹介してきました。

私自身、美容師として働いていた時は「自分は美容師には向いていないのではないだろうか」と考えたこともありました。

それをどう克服していったのか、実体験をお話しします。

マイペースで競争心がない

初めて勤めた美容室には同期が3人いました。

私は通信教育で美容学校に通っていましたが、同期はすでに美容師資格を持っていました。

美容師のいろはを全く知らない私と学校で学んできた同期との差は日に日に増していきました。

「同期は仲間であると同時にライバルだ」という店の方針に私のマイペースさは全くかみ合っておらず、上司から見ると危機感がなく見えていたようです。

自分の問題に向き合っていると思っていましたが、激励の煽りから「向いていないのかもしれない」と思うようになりました。

工夫(克服)したこと

私の場合は、少々思い切った行動かもしれませんが、上司と相談し店舗を離れる決断をしました。

アシスタントが自分だけしかいない店舗に移ったのです。

学生時代に飲食店のアルバイトで培った「全体を見て即座に動ける長所」と「比べられる事が苦手な短所」を活かすことにしたのです。

アシスタントが一人ということは、私自身が成長しなければ店を回すリズムがいつまでも向上しませんし、アシスタントは自分だけという責任感が今まで以上に出てきます。

自分で自分を追い込む事で、頑張れるタイプだったのです。

それ以降、問題が生じた時は冷静に分析するということをしています。

私は自分自身を深く知る事で克服することができました。

そしてこれは、自分自身が指導をする立場になった時にも非常に役立てることができました。

なかなか技術が上達しなかった

頭では分かっている、言われた通りにやっている、でもできない。

そんな日々が続いていました。

分からないことやできないことはその都度聞き、アドバイス通りにやっているにも関わらず結果が出ないのです。

毎日朝と夜に練習をしてもなかなか上達せず、ここが限界なのだろうかと感じたことがありました。

工夫(克服)したこと

それまでのレッスンは、先輩の手本を見た後に個人で練習をする、そして出来上がったものを評価してもらう、といったものでした。

しかし、美容学校のスクーリングで先生に姿勢が悪い事を指摘され、姿勢を正しただけでよりやり易くなったので、学校の課題と店舗での課題は全く違うものでしたが、先輩に私のフォームを見てもらいました。

私が上手くできないのは、その時も姿勢が悪いことが原因だったのです。

技術もそうですが、視野が狭いといい仕事ができません。

レッスン方法を変えてもらったので、工夫とは言い難いかもしれませんが、出来上がったものだけでなく課程も見てもらうことで効率よくレッスンできるようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

はじめの方にもお話しましたが、向き不向きは自分が思い込んでいるだけということの方が多いです。

今回お話しした「美容師に向いていない特徴」を持った人は、向いていないというよりは思い切り美容師の仕事を楽しめない人と言った方が良いかもしれません。

努力が辛くても、それを見守ってくれる仲間がいます。

協調性がないと、アイコンタクトで意思疎通ができるスマートな仕事ができません。

しかし、ちょっと見方を変えてみたり違う発想をすることで、不向きだと思っていたことが嘘の様に晴れることもあるのです。

そういった壁や難関を突破することで、美容師としてだけでなく人間としても輝けるようになるでしょう。

克服する方法が見つからなかった時は、ご紹介した方法を「物は試し」だと思って是非実践してみて下さい。


関連キーワード

美容師求人

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

美容師の仕事は、おしゃれな美容院でおしゃれな人達が集うイメージがあります。美容師にあこがれて美容師を目指す人も少なくありません。美容師になるためには美容師や理容師用の専門学校へ通い、知識とスキルを習得し、美容師国家資格に合格しなければなりません。また、美容師国家資格に合格したから美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に入り、技術を磨き、下積みをしながらカット担当にまでのぼりつめ、初めて美容師として活動することができます。そんな時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ははなやかで憧れる人も多い反面、激務で離職率が高いことでも有名です。美容師を辞めたらどうしたらいいのか、美容師を辞

美容師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

手に職をつけられるお仕事で、お洒落な職業といえば、美容師を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お客様の要望にこなえ、カットをしたり、パーマをしたりし、その人の魅力を引き出す仕事です。他にもヘアーセットといい、結婚式などのイベントの時などに美しく髪を整えることも、美容師の仕事です。このというのが、美容師のポイントです。美容師は、国家資格が必要な仕事で、美容師法(第2条第1項)にパーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと定められています。美容師と似た職業で混同されやすいのが、理容師です。理容師は美容師とは、違う国家資格なんですよ。理容師の仕事は理容師法(第1条の

美容師正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ

美容師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

おしゃれに敏感な人達に人気の「美容師」。キビキビとそして楽しそうに働く姿に、憧れる方も多いと思います。今回はそんな美容師の仕事について、ご説明いたします。美容師はどんな仕事?美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。そこにサービス業の要となるお客様対応と、技術職の要となる技術を磨き提供する、という2つの要素が加わります。言ってしまえば、美容室という空間のすべてが美容師の仕事になります。美容師の大まかな仕事内容先にもお話ししたように、美容師は技術職です。国家試験に合格し技術を取得して


美容師求人に関するコラム

美容師免許を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

国家資格の一つである美容師免許。これを持っている事で美容師として仕事ができますが、逆を言うと「美容師しかできないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、美容師免許を持っているからこそ活躍できる仕事、美容師免許を活かせる仕事が、美容師以外にもあるのです。その中でもおすすめの仕事を8つ厳選しましたので、ご紹介します。美容師免許についておさらいしておこう美容師免許は厚生労働省の認可を得た専門の機関で学び、国家試験に合格すると取得する事ができる国家資格です。美容師免許を持つ事でできる仕事は、カット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクなどの一般的に美容室で受けられる施術の全てになります

美容師になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

憧れる職業として人気の高い美容師。その美容師になるには、どのような資格や勉強が必要になるのかご存知でしょうか。企業への就職とは違い、美容師になるために必要な勉強は少々特殊です。また、美容師の仕事は細かい作業が多いので、不器用だから向いていないと思われがちですが、それ以上に大切な適性もあります。美容師を経験したからこそわかる、美容師になるまでに知ってもらいたい事、そして自分に合った働き先の見つけ方をご紹介します。美容師になるために必要な資格は?美容師として働くには美容師免許を取得している事が絶対条件ですが、それ以外は特に必要な資格はありません。この美容師免許は国家資格の一つで、厚生労働省に認可さ

美容師をおすすめする6個の理由。こんな方には美容師がオススメです!

昔から一定の人気を常に保っているだけではなく、知らない人はいないだろう美容師の仕事。おしゃれでかっこいいことはもちろんのこと、職業としてオススメする理由がたくさんあります。その理由とは一体何なのか、また、どんな人に美容師の仕事をオススメできるのかを、詳しく解説していきます。美容師という職業についておさらいしよう美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。カットやパーマなどでヘアスタイルをつくったり、ヘアケアのアドバイス、そしてまつ毛パーマなども行います。これらは全て美容師資格を持っているからこそ、仕事として行う事ができるのです。私たちにとって、一番身

美容師として働くメリット5選。私が感じた良いところをまとめました

美容師というと、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。しかし、「仕事としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人というのは少ないと思います。非常に身近な存在ではあるけれど仕事という側面は見えにくい、そんな美容師として働くメリットを経験を基にお話しします。経験者が語る!私はこんな美容室で美容師をしていました私が勤めていた美容室は、市内に2店舗構える小規模のお店でした。どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフは総人数8名ほどで、平均年齢は27歳くらいです。スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来するといったシステムです。レッスンは各店舗で設けられていますが、月

美容師アシスタントの仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントはどのような仕事をこなしているのでしょうか。美容師経験をもとに美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる美容師アシスタントの仕事は多岐に渡りますし、店舗によっても様々です。しかし、どこの店舗でも共通している仕事というものがあり、それが基本的な美容師アシスタントの仕事となります。その内容を4つに分類して