美容師の仕事内容というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。

オシャレなサロンで自分のなりたい髪型にしてくれる美容師という職業は、人生で一度は憧れた方も多いと思います。

実はそんな美容師の仕事はカットやシャンプーなど技術的なもの以外にも、数多くの業務があるんです。

この記事では、美容師をしていた筆者が、自身の経験を基に、基本的な美容師の仕事内容や、美容師向いている人の特徴やメリット、その後のキャリアについてお話します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「美容師」の仕事例をチェック

美容師はどんな仕事?

美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。

おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。

そこにサービス業の要となるお客様対応と、技術職の要となる技術を磨き提供する、という2つの要素が加わります。

言ってしまえば、美容室という空間のすべてが美容師の仕事になります。

美容師の仕事は大きく3個の役割に分けられる

スタイリスト

スタイリストとは、お客様目線で言いますと「担当者」にあたります。

カウンセリングをして、どのようなスタイルにしていくかお客様と決めていったり、スタイルの提案や髪についての相談などにも乗ります。

そしてカットなどの施術を行いますので、一般的に美容師の仕事と思われるものは、このスタイリストが担っているものになります。

アシスタント

アシスタントはスタイリストをアシストする役割なのですが、雑務なども行います。

後ほど細かく説明いたしますが、アシスタントには段階がありそれによって仕事内容が変わります。

全体としてはサポート業務になりますが、スタイリストだけでなくお客様にとってもなくてはならない存在です。

レセプション

レセプションに関しては、スタイリストアシスタント共に担う役割です。

若手のスタイリストが活躍する店舗では、オーナー自らがレセプションに立っていることもあります。

また、レセプション業務のみのスタッフが存在する店舗もあります。

この場合は美容師資格がなくても働けます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

スタイリストの9個の業務

スタイリストの具体的な業務内容を見ていきましょう。

オープン前

店内清掃・朝礼

美容室は一般的に10時オープンの店舗が多いです。

大抵1時間前が出社時間となり、まずは店舗清掃から始まります。

1時間の清掃というと長く感じるかもしれませんが、美容室は清潔であることがとても重要なので、スタッフ全員で行っても時間が足りないくらいなのです。

やはりスタイリストとなると、「セット面」と呼ばれるお客様が座る場所を入念にチェックするようになります。

特にお客様が腰掛ける椅子には細かい毛が残っていたりしますので、様々な角度から掃除残しがないか確認します。

その後朝礼を行います。

予約確認

スタイリストにとって、朝の予約確認はとても重要です。

どなたが何時に来られるか、ということもとても重要ですが、再来店や複数回来て下さっている方について「カルテ」と呼ばれるものを見て、前回のスタイルや使った薬剤の確認等を行います。

この情報が頭に入ることにより、時間短縮にもなり、お客様をスムーズにご案内・施術することができます。

また、混雑時には店舗の回転を速めることにも役立ちます。

道具のチェック

美容師の商売道具はハサミです。

そしてこのハサミは非常に高価な物で、メンテナンスが必要になります。

切れ味が悪くなることで思うようなスタイルに仕上がらなくなったり、お客様の髪を痛める原因にもなるからです。

開店前の道具のチェックは、1日が始まる合図のような作業です。

オープン中

カウンセリング

お客様が来られたら、まずはセット面にてカウンセリングです。

どのようなスタイルにしたいのか、現状の髪を見てお客様と話しながら決めていきます。

持参された切り抜きや店舗にある雑誌からイメージをしていき、髪質や生え癖などを確認し、希望に近づけるように考えていきます。

また、決定したスタイルによって施術が長引きそうな場合は、予約状況に合わせて施術順番を判断し、アシスタントに指示を出していきます。

カット

どの施術もそうですが、特にカットはごまかしもやり直しもきかない作業になります。

そして、カット技術はお客様の信頼度に繋がります。

髪というのは人によりとても様々で、くせ毛や乾燥毛、太さや毛量そして生え方を見ていかなければなりません。

また、意外に思うかもしれませんが、頭の形もとても重要です。

そのようなことをを踏まえた上で作業を行います。

カラー

現在はカラーリングの種類が沢山増え、色のバリエーションも多数あります。

その中からお客様のご希望に沿った色を混合していきます。

また、髪質によって色が抜けにくかったり、逆に入りにくかったりもしますので、事前に髪質のチェックを入念に行います。

根元を染める場合は、地肌すれすれまでカラー剤を塗布する事になるので、肌質の確認が非常に重要になります。

カットと違い「薬剤」を使う作業であること、放置時間が生じる為施術時間の案内など、お客様への確認事項が増えます。

パーマ

パーマもカラーリングと同様、薬剤を使う作業になります。

また、同じように放置時間が生じます。

パーマはスタイルによっては薬剤を直接地肌に塗布する場合がありますので、カウンセリング時の確認がとても重要です。

その他、著しく傷んでいる場合などは髪が切れてしまう可能性もあるので、気をつけなければなりません。

施術方法によっては3時間以上かかることもあるので、時間確認も必ず行う必要があります。

クローズ後

閉店作業

営業が終わると閉店作業になります。

先にお話しした「カルテ」というお客様情報の記入や入力、道具の手入れ等を行います。

ハサミのメンテナンスが必要な際は、専門の業者に依頼をします。

終礼がある店舗もありますが、そうでなくてもミーティングや個人で業務の振り返りなどをしたりしますので、残業という程ではないものの店舗に残っている時間は長いです。

練習・指導

店舗全体としての練習はだいたい週1回~2回です。

スタイリストも、若手時代は自身の練習を行うことが多いです。

スタッフの髪を切ることもありますし、モデルハンティングをして、閉店後に店舗に来てもらうこともあります。

これは様々なスタイルの練習と同時に、様々な髪質に対応できる技術を磨く練習になります。

そして、ある程度経験を積んだスタイリストは、指導側に立つことになります。

若手スタイリストやアシスタントの技術指導です。

この場合自身がモデルとなり、技術はもちろん施術時間や薬剤の選定、お客様対応など一連の流れを指導していきます。

アシスタントの10個の業務

次にアシスタントの業務について述べていきます。

オープン前

店舗や個人にもよってはオープン準備前に朝練を行うこともありますが、美容師は比較的帰宅時間が遅くなりがちなので、行っているところは少ないと思います。

出社時間は、アシスタントもスタイリストも同じであるところがほとんどです。

タオルたたみ

美容室では、使用するタオルを各店舗で洗濯するところがほとんどです。

前日の終業後に干したタオルをまずはたたむ作業から、朝が始まります。

店内清掃

晴れて美容室で働くことになったとしましょう。

そこで一番最初に教えられる仕事は掃除です。

掃除をする場所を教えられるのではなく、掃除のやり方です。

はじめの内は、掃除が終わった後に先輩にチェックをしてもらわなければいけない程美容室の掃除は厳しいものです。

決められたところや目についたところを掃除するのではなく、掃除するところを探すということで視野が広くなります。

一見美容師の仕事とは関係ないように感じますが、この視野が広いことはとても必要になります。

また、細かい毛や目立たない汚れ、指紋などを見逃さないことで注意力も磨かれます。

そのことに気づかず掃除をしているアシスタントがほとんどでしょうが、実はしっかりレッスンしているんですね。

予約確認

アシスタントも予約確認が必要です。

アシスタントが担当をすることはありませんが、時計を見ながら仕事をする練習にもなりますし、お客様が来店された時のご案内も気持ち良くできます。

また店舗の状況によっては、スタイリストではなくアシスタントが店舗を回すことがあります。

予約状況と現場状況全体は、スタイリストよりアシスタントの方が把握しやすいのです。

店舗を回すアシスタントがいるとスタイリストは仕事がしやすくなります。

また、スタイリストに次の予約状況などを聞かれることもあるので、頭にしっかりと叩き込んでおくのです。

備品の補充・在庫管理

営業に使用するシャンプー剤やスタイリング剤、店舗販売の商品などの補充は営業前に行います。

備品の発注などはアシスタントが行うこともあり、在庫管理は朝の内の仕事です。

オープン中

受付

レセプション担当が店舗にいない場合、お客様を最初にお迎えするのはアシスタントの仕事です。

荷物を預かり、待合やセット面にご案内し、スタイリストに声かけをします。

必要に応じて雑誌等をお渡しします。

シャンプー

アシスタントが一番最初に得る技術はシャンプーです。

美容学校でもシャンプーのやり方は教わりますが、現在は各店舗様々なシャンプー台を設置していたり、店舗ごとにやり方が違うので、学校で教わったことはあまり役に立たないことがほとんどです。

そしてこのシャンプーというのは、スタイリストより先にお客様に触れる作業になります。

また、シャンプーでお店の良さが分かると言われます。

たかがシャンプー、されどシャンプーです。

技術アシスタント

パーマやカラーリングの技術テストで合格したアシスタントは、スタイリストと一緒に施術をします。

ある程度経験を積んだアシスタントであれば、自身でチェックを行ったりもします。

まだ技術のないアシスタントでも、薬剤の準備などを行います。

会計

受付時と同じようにレセプションがいない場合は、荷物のお渡しや会計などはアシスタントが行います。

また、商品を購入される方がいれば商品の準備をし、購入いただいたものをスタイリストに報告します。

クローズ後

閉店作業

閉店する少し前から洗濯を始め、お客様が帰られた後の店内に洗濯したタオルを干します。

店舗によっては、営業後にも掃除を行うところもあるでしょう。

他に、使用した道具の片付けやクロス(お客様に使用するケープ)などをたたみ直したりします。

自主練習

終礼が終わってから自主練習を始めます。

オーナーや先輩は帰宅してアシスタントしか残らないような場合は、事前に許可を取らなければいけないこともあります。

全体練習は終了時間を決めて行いますが、自主練習も同じように終了時間を設定してから行います。

だいたい1~2時間が自主練習の平均時間です。

レセプションの7個の業務

レセプションの業務について説明します。

オープン前

清掃

レセプションが存在する店舗の場合、待合や玄関周りの清掃はレセプションが行います。

店内に花や観葉植物を置いている場合は植物の世話、古い雑誌の撤去や新しいものの用意などもします。

予約確認

レセプションにおいて、予約確認は一番重要です。

稀に予約なしで来店される方もいらっしゃるので、その場合対応が可能かどうかの判断をする為にも予約確認は必須です。

オープン中

電話対応

レセプションは来客対応の他に、電話対応が主な仕事になります。

予約受付に関しては、前後のお客様の状況に応じてスムーズに対応ができるかどうか判断をします。

必要があれば、担当スタイリストに確認を取ります。

業者さんへの対応

また、美容室にはお客様以外にも訪問者があります。

美容材料メーカーの営業の方や運送業者などです。

そういった方の対応もレセプションが行います。

受付・ご案内

お客様が来られたら、荷物のお預かりをして待合にご案内します。

スタイリストに来店の旨を伝え、セット面にご案内することもあります。

複数のお客様がいらっしゃる場合などは、お客様の名前と顔が一致していないとご案内に支障がでることになるので、気をつけなければなりません。

また、美容師室の顔となりますので、笑顔や言葉遣いなどのマナーも必要になります。

クローズ後

閉店作業

レセプションは自分の持ち場の片付けや、看板を下げるなどの玄関周りの片付けをします。

また、待合に忘れ物や落し物がないか等の確認をします。

売上確認

店舗によって種類は様々ですが、レジ締めを行います。

終礼時に売上を報告する場合があるので、クローズして一番最初にこのレジ締めを行うことになるでしょう。

美容師の仕事はどんな人に向いている?

ここでは一番気になる「どんな人に向いているか」という事をお話ししていきたいと思います。

手先が器用な人

技術職ですので、やはり不器用よりも器用な方が向いていると思います。

しかし技術は後からついてくるものなので、不器用だから向いていないとは言い切れません。

活躍されている技術者の方も練習に練習を重ねて今がありますし、不器用だと思っていたけど美容師の仕事は別だった!という事もあります。

美意識の高い人

少々難しいお話になりますが、美容国家試験科目に「衛生管理」というものがあります。

開業をするにあたっても、保健所の条件をクリアしなければなりません。

美容師という職業上「美意識が高い」というのは絶対条件になりますが、その「美意識」は幅広く求められることになります。

どうしても「おしゃれ」というところに着目されがちですが、掃除や道具の管理、細かくはタオルやクロス(施術時にするケープのようなもの)のたたみ方など、整理整頓の「美意識」も高く持つ必要があります。

自己の美意識はお客様への期待値に繋がり、他者への美意識はお客様の満足度に繋がります。

そして店内への美意識は信頼へと繋がりますので、美意識への向上心は必要不可欠でしょう。

コミュニケーション能力が高い人

美容師はサービス業という事を最初の方でお話ししましたが、美容師はお客様に触れるお仕事です。

会話が上手という事も必要な場面が多いですが、不快な箇所の有無を尋ねたりするような、気配りのコミュニケーション能力が必要かと思います。

また、技術者はアシスタントへの指示を的確に伝えなければなりませんし、アシスタントは技術者からの指示を的確に把握しなければなりません。

この技術者とアシスタントの伝達は、施術を行う上でとても重要になるので、コミュニケーションスキルは常に磨く必要があります。

相手の要望を汲み取るのが上手な人

美容室に行った時に、イメージをうまく伝えられないと思ったことがある方は、たくさんいらっしゃると思います。

お客様からすると、美容師に一番求めるのは、イメージを汲み取ってもらえるかどうか、ではないでしょうか。

このイメージを汲み取るというのは、技術者だけでなくアシスタントにも求められる機会が多くあります。

対お客様だけではなく、従業員同士でもイメージを汲み取ることにより、作業スピードが随分と変わってくるのです。

コミュケーション能力と並行して、要望を汲み取る力が美容師には必要になってきます。

時間を惜しまず努力できる人

美容の技術を習得するのは容易な事ではありません。

朝練習をしてから営業に入り、終わったらまた練習ということも、珍しくはありません。

長い時間をかけて練習を続けるのは、時に悔しく時に辛いものです。

しかし、それを乗り越えて習得できた時の喜びは、とてつもなく大きいものです。

どの仕事もそうですが、美容師も同じ様に努力し続ける事が大切です。

逆に美容師の仕事に向いていない人の特徴は?

向上心のない人

社会人として、向上心はどんな職業でも必要になると思います。

美容師も例外ではありません。

技術職は、努力の結果が自分にも他人にも見えやすいことが特徴でもあるので、向上心がない人は置いていかれてしまうでしょう。

結果、美容師を辞めるということに繋がる場合もあります。

思うようにいかない時も、諦めず自分を信じて進んでいくことが大事です。

指示されないと動けない人

アシスタントが多い店舗によくあることですが、仕事は与えられるものではなく、見つけることが大切です。

対お客様でもそうですが、先に気づいて行動することが美容師の仕事では必要になるので、指示を待ち行動するというスタンスでいると、何もしないまま一日が終わることになりかねません。

相手の立場に立って物事を考えられない人

アシスタントの仕事の項目で、待ち時間の雑誌の事をお話ししました。

これはその方のファッションやメイクを基に、興味がありそうなものを選んでお渡しするのですが、当たりはずれはあるにしても、相手の立場になり考えなければできない作業です。

技術者になれば、髪質の悩みなどを共感し提案する作業が必要となるので、より相手に寄り添うことが求められます。

理容師との仕事内容の違い

理容師と美容師はとても似ている職業ですが、法律によって厳密に区別されています。

それにより資格も「美容師免許」「理容師免許」と別々に存在します。

美容師法では「美容とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法によって、容姿を美しくすることを言う」とされています。

一方の理容師法では「理容とは、頭髪の刈り込み、顔そりなどの方法によって、容姿を整えることを言う」とされています。

簡単に言いますと、美容師はパーマができるが顔そりはできない、理容師は顔そりはできるがパーマはできないのです。

着付けやメイク等も、容姿を「美しく」する分野になるので、美容師の資格範囲になります。

床屋では顔そりをして「整えて」くれるので理容師の資格となります。

最近は理容室が減少していることもあり、資格取得者は圧倒的に美容師が多くなっています。

しかし、理容室で顔の産毛剃りをする女性も増えていることから、理容師もまだまだ需要があります。

それにより、2016年に厚生労働省がダブル資格取得者を増やす目的で、資格取得緩和をしています。

美容師の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

美容師の仕事においてやりがいを感じることはたくさんあります。

一番はやはりお客様に喜んでいただいた時ですが、自分自身が嬉しいと感じることもあります。

技術職でありサービス業である美容師は、やりがいも2倍です。

では、いくつか紹介します。

お客様がヘアスタイルを気に入ってくださり、喜んでいただけたとき

なんと言っても、お客様が喜んでくださる顔を見られることです。

髪型が変わることにより表情が明るくなる方もいらっしゃいますし、今までとは違うファッションに挑戦されて雰囲気がガラリと変わる方もいらっしゃいます。

そういった変化を見た時に、そのお手伝いができたのかと嬉しくなります。

また、頑固なくせ毛等髪の悩みを抱えた方がその悩みから解放された笑顔など、日常生活においての手助けができるということもやりがいの一つです。

お客様の人生の特別な場面に関われること

結婚式や成人式、七五三など、人生において特別な時に美容室を利用される方がいらっしゃいます。

そのような大切な日のお手伝いができるというのは、とてもプレッシャーはありますが、やりがいはそれ以上です。

ご家族など周囲の方の思い出にも繋がりますし、その方の一生の思い出の一部に自分が携わっていると考えると、選んでいただいたことに感謝の気持ちしかありません。

人として、社会人として成長ができる

頭は人間にとって一番の弱点なので、本能的に守るようになっています。

しかし、美容師はその頭を触らせていただく仕事です。

何度も足を運んで下さるというのは、技術面は当然のことですが、そういった部分でも信頼していただいているということになりますので、人としての成長を実感できます。

日々練習を重ねていてもつまづくことの多い仕事ですが、その成果が出た時の喜びはとても大きく、自己の自信になります。

ある意味実力主義の世界なので、頑張れば頑張っただけしっかり評価されるところは、一般の会社と比べるとやりがいを感じやすいでしょう。

美容師のやりがいは、こちらの記事も参考に!

面白いポイント

次に、美容師の仕事の面白いポイントをいくつか挙げてみます。

実験的な部分もある

美容師の国家試験には、化学と物理があります。

これは薬剤を使うことやハサミ・コテ・カーラーを使うからなのですが、こういったところから少々実験的なところもあるので、辛い練習も見方を変えるととても面白いものになります。

ヘアスタイルの流行やデザインを作り出せる

カットやパーマというのは、切り方や巻き方をちょっと変えるだけで、全く違うものになったりします。

基本からアレンジ次第で無限大のスタイルを作り出すことが可能なので、自分が流行を生み出すことも不可能ではありません。

さすがにお客様にいきなり試したりはできませんが、日々の練習や営業からアイデアが浮かぶこともあるので、それを形にする為に試行錯誤する作業はとても面白いです。

色の奥深さに気づく

パーソナルカラーが一般的になり、様々な分野で活用されています。

美容師においての色は、そういったものとは少々違いますが、同じ色を用いてもお客様が違えば発色が違うというところに面白さがあります。

髪の色にも個性があり、それを考慮して薬剤を調合していきます。

今、美容師でもカラーリストの勉強をしている方がたくさんいらっしゃいます。

カラーリングの需要も含め、色の奥深さに魅了されたということではないでしょうか。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

美容室内でのキャリアアップ

美容師はアシスタントから始まり、鍛錬を経て技術者となります。

大抵の店舗では定期的に技術テストが行われ、合格することによりお客様への施術が可能となります。

はじめは技術者や先輩と共に施術をし、徐々に一人で施術するようになります。

その後ジュニアスタイリストを経て、技術者となります。

ここまでのスピードは個人差がありますし、店舗によっても変わってきますが、平均すると3年程かかります。

技術者になってからは施術の技術向上をし、顧客を増やす事によりトップスタイリストへキャリアアップしていきます。

他店舗への転職

美容師は比較的転職率の高い職業です。

自分の求める技術を得る為に転職を選ぶことは珍しいことではありません。

考え方によっては、転職のスキルアップの一つになるかと思います。

また、都心などの有名店であれば、雑誌やテレビ等のメディアの仕事を請け負っている店舗もありますので、店舗以外の活動をすることも可能になります。

その為には、まずは店舗で顧客獲得・技術の向上が必要不可欠になりますが、そういった店舗に行けば、活躍の場は一気に広がる事でしょう。

独立

そして多くの美容師が目標としているのが「独立」です。

今やコンビニエンスストアや歯医者と並ぶ程、店舗数が増えたと言われる美容室。

その反面閉業を余儀なくされる店舗も多くあるのが現状です。

美容師である前に経営者となるので、働きながらオーナー学を学ぶ必要があります。

出張美容師

女性美容師は結婚や出産を機に第一線から離れることが多々あります。

もちろん復帰される方も多くいらっしゃいますが、拘束時間の長い職業ですので、生活環境によっては難しい場合もあるでしょう。

そういう方達の中に、福祉施設等で出張美容師をされている方がいらっしゃいます。

設備の整った店舗とは違い、臨機応変に動けることが必要となる出張美容師もまた、キャリアアップの一つと言えるでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

細かいところへの配慮が必要な美容師の経験は、様々な分野で活かせるでしょう。

常にお客様とスタッフの動きに目を配る美容師は、とても視野が広いです。

一度に受け持つ仕事が多いため、業務をこなすための時間配分も自然と身についていきます。

また、美容師は何かと音で判断することが多いので、目で見えていなくても音を聞いただけで瞬間的に動くことができるようになるので、とっさの判断能力は素晴らしく早くなります。

以上のような経験値は、サービス業はもちろん、オフィスワークでも存分に活かせると思います。

まとめ

美容師は任される立場によって、仕事内容が全く異なります。

スタイリスト、アシスタント、レセプションと、立場は違えど担う責任は同じです。

そして、その連携がお客様の満足度に繋がります。

やっていることは日々同じではありますが、毎日違う方が来られるので同じことの繰り返し…という気持ちにはならないでしょう。

小さなことかもしれませんが、日々反省と成長を感じられる美容師の仕事はとても楽しく充実しています。

そして何より、同じ目的を持った仲間と仕事ができる素晴らしい環境でもあります。

また、美容師は仕事をしながら学校に通うことも可能です。

この仕事に就こうか迷われている方は、思い切って飛び込んでしまうのも良いかもしれません。

美容師の道を歩もうとされている方の明るい未来を期待しています。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師免許を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

国家資格の一つである美容師免許。これを持っている事で美容師として仕事ができますが、逆を言うと「美容師しかできないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、美容師免許を持っているからこそ活躍できる仕事、美容師免許を活かせる仕事が、美容師以外にもあるのです。その中でもおすすめの仕事を8つ厳選しましたので、ご紹介します。美容師免許についておさらいしておこう美容師免許は厚生労働省の認可を得た専門の機関で学び、国家試験に合格すると取得する事ができる国家資格です。美容師免許を持つ事でできる仕事は、カット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクなどの一般的に美容室で受けられる施術の全てになります

美容師になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

憧れる職業として人気の高い美容師。その美容師になるには、どのような資格や勉強が必要になるのかご存知でしょうか。企業への就職とは違い、美容師になるために必要な勉強は少々特殊です。また、美容師の仕事は細かい作業が多いので、不器用だから向いていないと思われがちですが、それ以上に大切な適性もあります。美容師を経験したからこそわかる、美容師になるまでに知ってもらいたい事、そして自分に合った働き先の見つけ方をご紹介します。美容師になるために必要な資格は?美容師として働くには美容師免許を取得している事が絶対条件ですが、それ以外は特に必要な資格はありません。この美容師免許は国家資格の一つで、厚生労働省に認可さ

美容師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

美容師の仕事は、おしゃれな美容院でおしゃれな人達が集うイメージがあります。美容師にあこがれて美容師を目指す人も少なくありません。美容師になるためには美容師や理容師用の専門学校へ通い、知識とスキルを習得し、美容師国家資格に合格しなければなりません。また、美容師国家資格に合格したから美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に入り、技術を磨き、下積みをしながらカット担当にまでのぼりつめ、初めて美容師として活動することができます。そんな時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ははなやかで憧れる人も多い反面、激務で離職率が高いことでも有名です。美容師を辞めたらどうしたらいいのか、美容師を辞

美容師をおすすめする6個の理由。こんな方には美容師がオススメです!

昔から一定の人気を常に保っているだけではなく、知らない人はいないだろう美容師の仕事。おしゃれでかっこいいことはもちろんのこと、職業としてオススメする理由がたくさんあります。その理由とは一体何なのか、また、どんな人に美容師の仕事をオススメできるのかを、詳しく解説していきます。美容師という職業についておさらいしよう美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。カットやパーマなどでヘアスタイルをつくったり、ヘアケアのアドバイス、そしてまつ毛パーマなども行います。これらは全て美容師資格を持っているからこそ、仕事として行う事ができるのです。私たちにとって、一番身

美容師として働くメリット5選。私が感じた良いところをまとめました

美容師というと、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。しかし、「仕事としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人というのは少ないと思います。非常に身近な存在ではあるけれど仕事という側面は見えにくい、そんな美容師として働くメリットを経験を基にお話しします。経験者が語る!私はこんな美容室で美容師をしていました私が勤めていた美容室は、市内に2店舗構える小規模のお店でした。どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフは総人数8名ほどで、平均年齢は27歳くらいです。スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来するといったシステムです。レッスンは各店舗で設けられていますが、月

美容師アシスタントの仕事内容をご紹介!ヘルプはどんなことをするの?経験者が教えます!

技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントはどのような仕事をこなしているのでしょうか。美容師経験をもとに美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる美容師アシスタントの仕事は多岐に渡りますし、店舗によっても様々です。しかし、どこの店舗でも共通している仕事というものがあり、それが基本的な美容師アシスタントの仕事となります。その内容を4つに分類して

転職して美容師の仕事をするには?違う職種から転職する際に知っておきたいこと

全く別の仕事から美容師に転職する事は可能なのでしょうか。また、そのような場合にはどのような事をしておいた方がいいのか、どんな事を知っておくべきなのか、気になることがたくさんあると思います。一般的な転職と違って情報が得にくい美容師への転職を、美容師経験をもとに解説します。転職して美容師の仕事をするには?転職して美容師の仕事をするにあたり、どんな事が必要となってくるのでしょうか。まずは美容師になるための基本をおさえましょう。美容師になるにはどんな資格・経験が必要?美容師になるためには、どんな資格や経験があった方がいいのでしょうか。資格や経験については面接時に必ず話題になるので、ぜひ参考にして下さい

美容師の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

美容師の仕事は手に職をつけ、自分の力で人生を切り開いていけるのが強みです。お店に所属して働く美容師もいれば、自分の店をもつ美容師もいます。またお客様を綺麗にすることで、お客様が笑顔になることができる仕事でもありやりがいもあります。時にテレビでカリスマ美容師が取り上げられ、お洒落なイメージもありますよね。美容師に憧れる、美容師として働いたいという方も多いと思います。しかし、美容師の仕事は、若い頃は単に<働く>というより、<働かせてもらいながら修行をする>とうイメージに近いのです。当然、きついこと、辛いことも多くあり、夢だった美容師を辞め、転職する人も多くいます。美容師の仕事は何がきついのかを今日

美容師のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

美容師の仕事では、どんな事がやりがいに繋がると思いますか?美容師は技術職なので、スタイリストになるまではやりがいを感じられないのではないか、と感じるかもしれません。でも、そればかりではありません。実際に美容師として働いてやりがいを感じた事、そしてそのやりがいに繋げるためにどんな事をしてきたのか、私の経験を元にお話しします。美容師の大まかな仕事内容について理解しておこう美容師の仕事は、基本的なカットやパーマ、そしてカラーリングの他にも、接客、商品や薬剤等の備品管理、予約管理、そして技術向上のため練習と多岐に渡ります。また、アシスタントやスタイリストなどの役職に分けると、更に仕事内容は増えてきます

美容師が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

働く上で、自分がこの仕事に「向いていないのではないか」と悩むことがあります。失敗や思うようにいかない事ことが続くと、このような悩みを持ちやすくなります。人気の仕事である美容師でも同じような悩みを抱えることがありますが、実際に美容師に向いていない人というのは、どういった特徴があるのでしょうか。壁にぶつかってしまった時の対処法と併せてご紹介します。美容師の仕事についておさらいしておこう美容師は国家資格の一つで、資格を得て初めて美容師として仕事をすることができます。主な仕事はカットやパーマ、そしてカラーリングですが、シャンプーやへアセットなども美容師の仕事です。その他、美容室内の雑務や備品管理、そし

美容師になるには?必要な資格や美容師になれるルート、中卒・高卒・大学に行きながらでも目指せるか?

美容師になるにはどのような事をすればいいのかご存知でしょうか?憧れる職業として、変わらぬ人気を誇る美容師。ここでは、美容師に必要な資格やそのためのルートと種類、そして美容師になるための条件、美容師の道に進む時に知っておくべき知識などを詳しくご説明します。興味のある方はぜひご一読いただき、自分に合う方法で美容師を目指してみてはいかがでしょうか?美容師になるには?まずはじめに、美容師になるためにはどのような資格が必要なのか、受験資格があるのか、そしてどのような経路を辿り美容師の資格を取る事ができるのかなど、美容師になる方法をご紹介します。美容師とはどんな資格?美容師の仕事は「美容師免許」がなければ

美容師を辞めた後は何の仕事をすればいい?元美容師が経験を元に解説

夢や希望を持って就いた美容師の仕事。様々な理由から、現場を去るといった選択をすることもあるでしょう。美容師を辞めた後、美容師として働いて身に付いたスキルはどのように、そしてどんな仕事で活かすことができるでしょうか。この記事では、実際に美容師として働いていた筆者が、他業種へ転職した経験も踏まえて解説します。美容師の仕事を辞める人はどのくらいいるの?美容師の離職率は、実は非常に高いです。統計では美容師になり1年目で50%、3年目では80%ほどの人達が離職していると出ています。この統計は、「美容師は続けるが現在の店舗を辞める」という人達も含まれているので全員が美容師を辞めているわけではありませんが、

美容師が給料を上げるためにやりたい5個のこと

自分のなりたい職業について考えるとき、なにを重視して、選択するかは人それぞれだと思います。人によっては社会的地位を求めて、またある人はやりがい重視で職業を選択するでしょう。有職者の実態調査によると、1位が自分のやりたい仕事であることの次点に給料が高いことという理由をあげた人が多いそうです。確かに仕事は毎日のことなので、業務内容が自分に合うかどうかは重要ですよね。そして、給料も生活していく上で重要でしょう。転職を考える人も、「この給料で家族を養えるのかな」「もっと待遇のいいところにうつりたい」という不安が背景にあることも多いのですよ。これを読まれている皆さんは、美容師という職業に興味がある人が多

美容師正社員求人でよくある募集内容をご紹介!フリーランスについてもお話しします!

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ

美容師を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

美容師を辞めたいとお悩みの方はぜひご覧ください。おしゃれな職業なので男女共に人気がありますが、実は美容師は離職率も高いと言われています。その原因はいったい何だと思いますか?この記事では、美容師は辛いので辞めたいと思う理由とその対策、辛いことがあっても頑張れるのはなぜかという点について詳しくお話しさせていただきます。美容師を辞める理由を考える前に、まずは乗り越える方法を考えましょう。美容師のおおまかな仕事内容とは?美容師の大まかな仕事は、カット、カラー、パーマなどで人の容姿を美しくすることです。スタイリストやアシスタントという立場の違いにより、携わる仕事内容は変わってきますが、美容師の仕事内容の