美容師の仕事というと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。

カットやシャンプーなど技術的なもの以外にも、たくさんの業務があります。

この記事では、美容師をしていた筆者が自身の経験を基に、基本的な美容師の仕事内容などをお話します。

美容師の仕事は大きく3個の役割に分けられる

スタイリスト

スタイリストとは、お客様目線で言いますと「担当者」に当たります。

カウンセリングをして、どのようなスタイルにしていくかお客様と決めていったり、スタイルの提案や髪についての相談などにも乗ります。

そしてカットなどの施術を行いますので、一般的に美容師の仕事と思われるものは、このスタイリストが担っているものになります。

アシスタント

アシスタントはスタイリストをアシストする役割なのですが、雑務なども行います。

後ほど細かく説明いたしますが、アシスタントには段階がありそれによって仕事内容が変わります。

全体としてはサポート業務になりますが、スタイリストだけでなくお客様にとってもなくてはならない存在です。

レセプション

レセプションに関しては、スタイリストアシスタント共に担う役割です。

若手のスタイリストが活躍する店舗では、オーナー自らがレセプションに立っている事があります。

また、レセプション業務のみのスタッフが存在する店舗もあります。

この場合は美容師資格がなくても働けます。

スタイリストの9個の業務

スタイリストの具体的な業務内容を見ていきましょう。

オープン前

店内清掃・朝礼

美容室は一般的に10時オープンの店舗が多いです。

大抵1時間前が出社時間になり、まずは店舗清掃から始まります。

1時間の清掃というと長く感じるかもしれませんが、美容室は清潔であることがとても重要なので、スタッフ全員で行なっても時間が足りないくらいなのです。

やはりスタイリストとなると、「セット面」と呼ばれるお客様が座る場所を、入念にチェックするようになります。

特にお客様が腰掛ける椅子には細かい毛が残っていたりしますので、色んな角度から掃除残しがないか確認します。

その後朝礼を行います。

予約確認

スタイリストにとって、朝の予約確認はとても重要です。

どなたが何時に来られるか、ということもとても重要ですが、再来店や複数回来て下さっている方について「カルテ」と呼ばれるものを見て、前回のスタイルであったり、使った薬剤の確認等を行います。

この情報が頭に入ることにより、時間短縮になり、お客様をスムーズに仕上げる事ができます。

また、混雑時には店舗の回転を早めることにも役立ちます。

道具のチェック

美容師の商売道具はハサミです。

そしてこのハサミは非常に高価な物で、メンテナンスが必要になります。

切れ味が悪くなることで、思うようなスタイルに仕上がらなくなったり、お客様の髪を痛める原因にもなるからです。

開店前の道具のチェックは、1日が始まる合図のような作業です。

オープン中

カウンセリング

お客様が来られたら、まずはセット面にてカウンセリングです。

どのようなスタイルにしたいのか、現状の髪を見てお客様と話しながら決めていきます。

持参された切り抜きや、店舗にある雑誌からイメージをしていき、髪質や生え癖などを確認し、希望に近づけていけるように考えていきます。

また、決定したスタイルによって施術が長引きそうな場合は、予約状況に合わせて施術順番を判断し、アシスタントに指示を出していきます。

カット

どの施術もそうですが、特にカットはごまかしもやり直しも効かない作業になります。

そして、カット技術は美容師とって、お客様の信頼度に繋がります。

髪というのは人によりとても様々で、くせ毛や乾燥毛、太さや毛量そして生え方を見ていかなければなりません。

また、意外に思うかもしれませんが、頭の形もとても重要です。

そういった事を踏まえて作業を行います。

カラー

現在はカラーリングの種類がたくさん増え、色のバリエーションも多数あります。

その中からお客様の希望に沿った色を混合していきます。

また、髪質によって色が抜けにくかったり、逆に入りにくかったりもしますので、事前に髪質のチェックを入念に行います。

根元を染める場合は、地肌すれすれまでカラー剤を塗布する事になるので、肌質の確認が非常に重要になります。

カットと違い「薬剤」を使う作業であること、放置時間が生じる為施術時間の案内など、お客様への確認事項が増えます。

パーマ

パーマもカラーリングと同じように薬剤を使う作業になります。

また、同じように放置時間が生じます。

パーマはスタイルによっては、薬剤を直接地肌に塗布する場合がありますので、カウンセリング時の確認がとても重要です。

その他、著しく傷んでいる場合などは髪が切れてしまう可能性もあるので、気をつけなければなりません。

施術方法によっては3時間以上かかる事もあるので、時間確認も必ず行う必要があります。

クローズ後

閉店作業

営業が終わると閉店作業になります。

先にお話しした「カルテ」というお客様情報の記入や入力、道具の手入れ等を行います。

ハサミのメンテナンスが必要な際は、専門の業者に依頼をします。

終礼がある店舗もありますが、ミーティングや個人で業務の振り返りなどをしたりしますので、残業という程のものではありませんが、店舗に残っている時間は長いです。

練習・指導

店舗全体としての練習はだいたい週1~2回です。

スタイリストも若手時代は自身の練習を行うことが多いです。

スタッフの髪を切る事もありますし、モデルハンティングをして、閉店後に店舗に来てもらうこともあります。

これは様々なスタイルの練習と同時に、様々な髪質に対応していく技術を磨く練習になります。

そして、ある程度経験を積んだスタイリストは、指導側に立つことになります。

若手スタイリストやアシスタントの技術指導です。

この場合自身がモデルとなり、技術はもちろん、施術時間や薬剤の選定、お客様対応など一連の流れを指導していきます。

アシスタントの10個の業務

次にアシスタントの業務について書いていきます。

オープン前

店舗や個人にもよりますが、オープン準備前に朝練を行う事もありますが、美容師は比較的帰宅時間が遅くなりがちなので、行なっているところは少ないと思います。

出社時間は、アシスタントもスタイリストも同じであるところがほとんどです。

タオルたたみ

美容室では、使用するタオルを各店舗で洗濯するところがほとんどです。

前日の終業後に干したタオルをまずはたたむ作業から、朝が始まります。

店内清掃

晴れて美容室で働くことになったとしましょう。

そこで一番最初に教えられる仕事は掃除です。

掃除をする場所を教えられるのではなく、掃除のやり方です。

はじめのうちは、掃除が終わった後に先輩にチェックをしてもらう程に、美容室の掃除は厳しいものです。

決められたところ、目についたところを掃除するのではなく、掃除するところを探すということで視野が広くなります。

一見美容師の仕事とは関係ないように感じますが、この視野が広いことはとても必要になります。

また、細かい毛や目立たない汚れ、指紋などを見逃さないことで、注意力も磨かれます。

そのことに気づかず掃除をしているアシスタントがほとんどでしょうが、実はしっかりレッスンしているんですね。

予約確認

アシスタントも予約確認が必要です。

アシスタントが担当をすることはありませんが、時計を見ながら仕事をする練習にもなりますし、お客様が来店された時に気持ちよくご案内も出来ます。

また店舗の状況によっては、スタイリストではなくアシスタントが店舗を回すことがあります。

予約状況と現場状況全体は、スタイリストよりアシスタントの方が把握しやすいのです。

店舗を回すアシスタントがいるとスタイリストは仕事がし易くなります。

またスタイリストに、次の予約状況など聞かれることもあるので、頭にしっかりと叩き込んでおくのです。

備品の補充・在庫管理

営業に使用するシャンプー剤やスタイリング剤、店舗販売の商品などの補充は営業前に行います。

備品の発注などはアシスタントが行うこともありますので、在庫管理は朝に行なってしまいます。

オープン中

受付

レセプション担当が店舗にいない場合、お客様を最初にお迎えするのはアシスタントの仕事です。

荷物を預かり、待合やセット面にご案内し、スタイリストに声かけをします。

必要に応じて雑誌等をお渡しします。

シャンプー

アシスタントが一番最初に得る技術はシャンプーです。

美容学校でもシャンプーのやり方は教わりますが、現在は各店舗様々なシャンプー台を設置していたり、店舗ごとやり方が違うので、学校で教わったことはあまり役に立たないことがほとんどです。

そしてこのシャンプーというのは、スタイリストより先にお客様に触れる作業になります。

また、シャンプーでお店の良さが解ると言われます。

たかがシャンプー、されどシャンプーです。

技術アシスタント

パーマやカラーリングの技術テストで合格したアシスタントは、スタイリストと一緒に施術をします。

ある程度経験を積んだアシスタントであれば、自身でチェックを行なったりもします。

まだ技術のないアシスタントでも、薬剤の準備などを行います。

会計

受付時と同じようにレセプションがいない場合は、荷物のお渡しや会計などはアシスタントが行います。

また、商品を購入される方がいらっしゃれば商品の準備をし、購入いただいたものをスタイリストに報告します。

クローズ後

閉店作業

閉店する少し前から洗濯を始め、お客様が帰られた後の店内に、洗濯したタオルを干します。

店舗によっては、営業後にも掃除を行う店舗もあるでしょう。

他に、使用した道具の片付けやクロス(お客様に使用するケープ)などをたたみ直したりします。

自主練習

終礼が終わってから自主練習を始めます。

オーナーや先輩は帰宅して、アシスタントしか残らないような場合は、事前に許可を取らなければいけないこともあります。

全体練習は終了時間を決めて行いますが、自主練習も同じように終了時間を設定してから行います。

だいたい1~2時間が自主練習の平均時間です。

レセプションの7個の業務

レセプションの業務について説明します。

オープン前

清掃

レセプションが存在する店舗の場合、待合や玄関周りの清掃はレセプションが行います。

店内に花や観葉植物を置いている場合は植物の世話、古い雑誌の撤去や新しいものの用意などもします。

予約確認

レセプションにおいて、予約確認は一番重要になります。

稀に予約なしで来店される方もいらっしゃるので、その場合対応が可能かどうかの判断をする為にも、予約確認は必須です。

オープン中

電話対応

レセプションは来客対応の他に、電話対応が主な仕事になります。

予約受付に関しては、前後のお客様の状況に応じて、スムーズに対応ができるかどうか判断をします。

必要があれば、担当スタイリストに確認を取ります。

業者さんへの対応

また、美容室にはお客様以外にも訪問者があります。

美容材料メーカーの営業の方や、運送業者などです。

そういった方の対応もレセプションが行います。

受付・ご案内

お客様が来られたら、荷物のお預かりをして待合にご案内します。

スタイリストに来店の旨を伝え、セット面にご案内することもあります。

複数のお客様がいらっしゃる場合などは、お客様の名前と顔が一致していないと、ご案内に支障がでることになるので気をつけなければなりません。

また、美容師室の顔となりますので、笑顔や言葉遣いなどのマナーも必要になります。

クローズ後

閉店作業

レセプションは自分の持ち場の片付けや、看板を下げるなどの玄関周りの片付けをします。

また、待合に忘れ物や落し物がないか等の確認をします。

売上確認

店舗によって種類は様々ですが、レジ締めを行います。

売上を終礼時に報告する場合があるので、クローズして一番最初にこのレジ締めを行うことになるでしょう。

理容師との仕事内容の違い

理容師と美容師はとても似ている職業ですが、法律によって厳密に区別されています。

それにより資格も「美容師免許」「理容師免許」と別々に存在します。

美容師法では「美容とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法によって、容姿を美しくすることを言う」とされています。

一方の理容師法では「理容とは、頭髪の刈り込み、顔そりなどの方法によって、容姿を整えることを言う」とされています。

簡単に言いますと、美容師はパーマができるが顔そりはできない、理容師は顔そりはできるがパーマはできないのです。

着付けやメイク等も、容姿を「美しく」する分野になるので、美容師の資格範囲になります。

床屋では顔そりをして「整えて」くれるので理容師の資格となります。

最近は理容室が減少していることもあり、資格取得者は圧倒的に美容師が多くなっています。

しかし、理容室で顔の産毛剃りをする女性も増えていることから、理容師もまだまだ需要があります。

それにより、2016年に厚生労働省がダブル資格取得者を増やす目的で、資格取得緩和をしています。

美容師の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

美容師の仕事においてやりがいを感じることはたくさんあります。

一番はやはりお客様に喜んで頂いた時ですが、自分自身が嬉しいと感じることもあります。

技術職でありサービス業である美容師は、やりがいも2倍です。

いくつか紹介します。

お客様がヘアスタイルを気に入ってくださり、喜んでいただけたとき

なんと言っても、お客様が喜んでくださる顔を見られることです。

髪型が変わることにより、表情が明るくなる方もいらっしゃいますし、今までとは違うファッションに挑戦されて、雰囲気がガラリと変わる方もいらっしゃいます。

そういった変化を見た時に、そのお手伝いができたのかと嬉しくなります。

また、頑固なくせ毛等髪の悩みを抱えた方が、その悩みから解放された笑顔など、日常生活においての手助けができるということもやりがいの一つです。

お客さまの人生の特別な場面に関われること

結婚式や成人式、七五三など、人生において特別な時に美容室を利用される方がいらっしゃいます。

そのような大切な日のお手伝いができるというのは、とてもプレッシャーはありますが、やりがいはそれ以上です。

ご家族など周囲の方の思い出にも繋がりますし、その方の一生の思い出の一部に自分が携わっていると考えると、選んで頂いたことに感謝の気持ちしかありません。

人として、社会人として成長ができる

頭は人間にとって一番の弱点なので、本能的に守るようになっています。

しかし、美容師はその頭を触らせて頂く仕事です。

何度も足を運んで下さるというのは、技術面は当然のことですが、そういったところでも信頼して頂いているということになりますので、人としての成長を実感できます。

日々練習を重ねていてもつまづくことが多い仕事ですが、その成果が出た時の喜びはとても大きく、自己の自信になります。

ある意味実力主義の世界なので、頑張れば頑張っただけしっかり評価されるところは、一般の会社と比べると、やりがいを感じやすいでしょう。

美容師のやりがいは、こちらの記事も参考に!

面白いポイント

次に、美容師の仕事の面白いポイントをいくつか挙げてみます。

実験的な部分もある

美容師の国家試験には、化学と物理があります。

これは薬剤を使うことや、ハサミやコテ・カーラーを使うからなのですが、こういったところから少々実験的なところもあるので、辛い練習も見方を変えると、とても面白いものになります。

ヘアスタイルの流行やデザインを作り出せる

カットやパーマというのは、切り方や巻き方をちょっと変えるだけで、全く違うものになったりします。

基本からアレンジ次第で無限大のスタイルを作り出すことが可能なので、自分が流行を生み出すことも不可能ではありません。

さすがにお客様にいきなりはできませんが、日々の練習や営業からアイデアが浮かぶこともあるので、それを形にする為に試行錯誤する作業はとても面白いです。

色の奥深さに気づく

パーソナルカラーが一般的になり、色んな分野で使用されています。

美容師においての色は、そういったものとは少々違いますが、同じ色を用いても、お客様が違えば発色が違うというところに面白さがあります。

髪の色にも個性があり、それを考慮して薬剤を調合していきます。

今、美容師でもカラーリストの勉強をしている方がたくさんいらっしゃいます。

カラーリングの需要も含め、色の奥深さに魅了されたということではないでしょうか。

まとめ

美容師は任される立場によって、仕事内容が全く異なります。

スタイリスト、アシスタント、レセプションと立場は違えど、担う責任は同じです。

そして、その連携がお客様の満足度に繋がります。

やっていることは日々同じではありますが、毎日違う方が来られるので、同じことをしているような気持ちにはならないでしょう。

小さなことかもしれませんが、日々反省と成長を感じられる美容師の仕事は、とても楽しく充実しています。

そして何より、同じ目的を持った仲間と仕事ができる、素晴らしい環境でもあります。

また、美容師は仕事をしながら学校に通うことも可能です。

この仕事に就こうか迷われている方は、思い切って飛び込んでしまうのもいいかもしれません。

美容師の道を歩もうとされている方の、明るい未来を期待しています。


関連キーワード

美容師仕事

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

美容師の仕事は、おしゃれな美容院でおしゃれな人達が集うイメージがあります。美容師にあこがれて美容師を目指す人も少なくありません。美容師になるためには美容師や理容師用の専門学校へ通い、知識とスキルを習得し、美容師国家資格に合格しなければなりません。また、美容師国家資格に合格したから美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に入り、技術を磨き、下積みをしながらカット担当にまでのぼりつめ、初めて美容師として活動することができます。そんな時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ははなやかで憧れる人も多い反面、激務で離職率が高いことでも有名です。美容師を辞めたらどうしたらいいのか、美容師を辞

美容師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

手に職をつけられるお仕事で、お洒落な職業といえば、美容師を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お客様の要望にこなえ、カットをしたり、パーマをしたりし、その人の魅力を引き出す仕事です。他にもヘアーセットといい、結婚式などのイベントの時などに美しく髪を整えることも、美容師の仕事です。このというのが、美容師のポイントです。美容師は、国家資格が必要な仕事で、美容師法(第2条第1項)にパーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと定められています。美容師と似た職業で混同されやすいのが、理容師です。理容師は美容師とは、違う国家資格なんですよ。理容師の仕事は理容師法(第1条の

美容師正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ