美容師というと、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。

しかし、「仕事としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人というのは少ないと思います。

非常に身近な存在ではあるけれど仕事という側面は見えにくい、そんな美容師として働くメリットを経験を基にお話しします。

経験者が語る!私はこんな美容室で美容師をしていました

私が勤めていた美容室は、市内に2店舗構える小規模のお店でした。

どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフは総人数8名ほどで、平均年齢は27歳くらいです。

スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来するといったシステムです。

レッスンは各店舗で設けられていますが、月に1回合同レッスン日もありました。

オーナーは美容師世界の非常に厳しい時代に修行を積まれた方だったので、指導はとても厳しいものでした。

テスト課題もとても細かく大変でしたが、スタッフ同士はとても仲が良く先輩も熱心に指導にあたっていました。

変わらず持ち続けるものと平行して新しいものを追いかけていく、そういった考えのある美容室でした。

美容師として働くメリット5選

一生ものの資格を手にできる

やはり美容師の一番のメリットは、資格が一生ものだという事ではないでしょうか。

美容師の資格は医者や教員と同じ国家資格です。

有効期限などはありませんので、自ら登録抹消をしない限り資格は一生ものとなります。

国から認められた資格と考えると、改めて凄いものを手にしているのだなと感じる事でしょう。

国家資格の中でも合格率が高くハードルが低いのも魅力ではないでしょうか。

定年がない

2013年から日本の定年は65歳となりました。

その後働くとしても、その会社からは定年退職をしなければなりません。

美容師の場合、定年を設けている店舗は非常に少ないと思います。

それは、ある程度の年齢や実績を積んだら独立する人がほとんどだからです。

つまり、自分で店を経営しているので定年退職という概念がないのです。

テレビなどで、白髪のおじいさんやおばあさんが自営の美容室で働いているシーンを見た事があるかと思います。

自分自身で働けないと感じた時が定年となるので、70歳であっても現役という事だってあるのです。

流行に敏感になれる

美容師は流行をキャッチすることと発信することが必要となります。

まだ携帯電話が普及していなかった時代は、芸能人のヘアスタイルから流行が生まれましたが、読者モデルやinstagram、Twitterの登場により、個人発信の流行が当たり前になってきました。

移りの早い流行に常にアンテナを張り、そこから個人のセンスやアレンジによって流行が生まれるかもしれない、そんな楽しみが美容師にはあります。

人を笑顔にできる

髪の毛に対する悩みというのは老若男女誰しもが持っているもので、美容師はその悩みをできるだけ和らげる事も仕事のひとつです。

また、それができるのは美容師だけとも言えます。

スタイルが決まらない事で出かける気分が半減してしまうのは、誰でも経験した事があると思います。

スタイリングが楽になった、似合うと褒めてもらった、イメチェンできた等個人で感じる事はバラバラですが、それまで悩みのタネだったものが解決され、笑顔で帰られる姿を見るのは、美容師冥利に尽きるというものです。

個人の感性が活かせる

美容師の仕事は美容師の感性や個性を活かせる仕事です。

働く店舗を探す際にも、自分の感性に合っている店舗の方が刺激も多く、意欲も湧いてきます。

美容師におしゃれな人が多いというのはこういった理由からで、ファッションを感性や個性の表現のツールとして使っているからです。

社会人である以上、基本的なルールは守らなくてはなりませんが、感性や個性が武器となる事は間違いありません。

美容師として働くデメリットも抑えておこう

メリットがあればデメリットもあるものです。

では、美容師として働くデメリットとはどんなものがあるでしょうか。

実際に私が経験した事も踏まえてお話しします。

手が荒れる

美容師はとにかく手が荒れます。

特にアシスタント時代は、スタイリストよりも手荒れが激しいです。

美容師目線だとカサカサしている程度であれば手荒れと思わないでしょう。

指の線という線が切れ、指が曲げられなくなるという事も珍しい事ではありません。

これは、お湯やドライヤー、シャンプーや薬剤などが原因です。

仕事中にハンドクリームなど塗る事もできませんし、痛くても我慢しなければなりません。

まさに、手を酷使する仕事です。

土日は休みが取りにくい

美容室はサービス業ですので、一般企業が休日となる土日祝日は稼ぎ時となります。

そのため休みはほぼ取れないといっていいでしょう。

もちろんそれなりの理由があれば休む事も可能ですが、基本的には法事などでなければ難しいです。

また、個人的な理由で休むスタッフがほとんどいないので、実に休みにくい環境でもありますし、美容室は店舗スタッフが多いわけではないので、休んだ理由をほぼ全員に知られてしまいます。

よほどの事でない限り、気まずくなってしまう可能性もあります。

休憩時間が不規則になりがち

美容師の世界では、休憩時間というものが設けられていない所が多いです。

基本的には手が空いた時に休憩を取ります。

休憩といっても10分15分でお昼ご飯をかき込む程度です。

忙しい時などは、その10分のお昼ご飯すら食べる事ができない事もあります。

空き時間を見つける・作る事も仕事のうちだと先輩に言われた事がありました。

表では華やかな美容師ですが、休憩に関しては非常にサバイバルといってもいいでしょう。

仕事服が髪の毛だらけになる

スタイリストはもちろんの事、アシスタントであっても気づけば服が毛だらけだった、という事がよくあります。

目の粗いニットやパンツの折り返しなどに毛が溜まっている事もあります。

男性の顧客が多いスタッフだと、靴の中にまで毛が入っている事もあります。

バックヤードには服の毛を取るための粘着テープを常備している美容室が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どんな仕事でもメリットとデメリットがありますが、美容師においてはどちらも独特のものだったと思います。

デメリットを見ると美容師の仕事は体を張っているように感じるかもしれませんが、それを超える充実感という大きなメリットがある事も事実です。

ぜひ参考にしてみて下さい。


関連キーワード

美容師求人

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

手に職をつけられるお仕事で、お洒落な職業といえば、美容師を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お客様の要望にこなえ、カットをしたり、パーマをしたりし、その人の魅力を引き出す仕事です。他にもヘアーセットといい、結婚式などのイベントの時などに美しく髪を整えることも、美容師の仕事です。このというのが、美容師のポイントです。美容師は、国家資格が必要な仕事で、美容師法(第2条第1項)にパーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと定められています。美容師と似た職業で混同されやすいのが、理容師です。理容師は美容師とは、違う国家資格なんですよ。理容師の仕事は理容師法(第1条の

美容師正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ

美容師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

おしゃれに敏感な人達に人気の「美容師」。キビキビとそして楽しそうに働く姿に、憧れる方も多いと思います。今回はそんな美容師の仕事について、ご説明いたします。「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →美容師はどんな仕事?美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。そこにサービス業の要となるお客様対応と、技術職の要となる技術を磨き提供する、という2つの要素が加わります。言ってしまえば、美容室という空間のすべてが美容師の仕事になります。美容師の大まかな仕事内容先にもお話ししたように


美容師求人に関するコラム

美容師をおすすめする6個の理由。こんな方には美容師がオススメです!

昔から一定の人気を常に保っているだけではなく、知らない人はいないだろう美容師の仕事。おしゃれでかっこいいことはもちろんのこと、職業としてオススメする理由がたくさんあります。その理由とは一体何なのか、また、どんな人に美容師の仕事をオススメできるのかを、詳しく解説していきます。美容師という職業についておさらいしよう美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。カットやパーマなどでヘアスタイルをつくったり、ヘアケアのアドバイス、そしてまつ毛パーマなども行います。これらは全て美容師資格を持っているからこそ、仕事として行う事ができるのです。私たちにとって、一番身

美容師アシスタントの仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントはどのような仕事をこなしているのでしょうか。美容師経験をもとに美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる美容師アシスタントの仕事は多岐に渡りますし、店舗によっても様々です。しかし、どこの店舗でも共通している仕事というものがあり、それが基本的な美容師アシスタントの仕事となります。その内容を4つに分類して

転職して美容師の仕事をするには?違う職種から転職する際に知っておきたいこと

全く別の仕事から美容師に転職する事は可能なのでしょうか。また、そのような場合にはどのような事をしておいた方がいいのか、どんな事を知っておくべきなのか、気になることがたくさんあると思います。一般的な転職と違って情報が得にくい美容師への転職を、美容師経験をもとに解説します。転職して美容師の仕事をするには?転職して美容師の仕事をするにあたり、どんな事が必要となってくるのでしょうか。まずは美容師になるための基本をおさえましょう。美容師になるにはどんな資格・経験が必要?美容師になるためには、どんな資格や経験があった方がいいのでしょうか。資格や経験については面接時に必ず話題になるので、ぜひ参考にして下さい

美容師の仕事が辛い…と感じる6個の瞬間とその乗り越え方

美容師の仕事は手に職をつけ、自分の力で人生を切り開いていけるのが強みです。お店に所属して働く美容師もいれば、自分の店をもつ美容師もいます。またお客様を綺麗にすることで、お客様が笑顔になることができる仕事でもありやりがいもあります。時にテレビでカリスマ美容師が取り上げられ、お洒落なイメージもありますよね。美容師に憧れる、美容師として働いたいという方も多いと思います。しかし、美容師の仕事は、若い頃は単に<働く>というより、<働かせてもらいながら修行をする>とうイメージに近いのです。当然、きついこと、辛いことも多くあり、夢だった美容師を辞め、転職する人も多くいます。美容師の仕事は何がきついのかを今日

美容師のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

美容師の仕事では、どんな事がやりがいに繋がると思いますか?美容師は技術職なので、スタイリストになるまではやりがいを感じられないのではないか、と感じるかもしれません。でも、そればかりではありません。実際に美容師として働いてやりがいを感じた事、そしてそのやりがいに繋げるためにどんな事をしてきたのか、私の経験を元にお話しします。美容師の大まかな仕事内容について理解しておこう美容師の仕事は、基本的なカットやパーマ、そしてカラーリングの他にも、接客、商品や薬剤等の備品管理、予約管理、そして技術向上のため練習と多岐に渡ります。また、アシスタントやスタイリストなどの役職に分けると、更に仕事内容は増えてきます