昔から一定の人気を常に保っているだけではなく、知らない人はいないだろう美容師の仕事。

おしゃれでかっこいいことはもちろんのこと、職業としてオススメする理由がたくさんあります。

その理由とは一体何なのか、また、どんな人に美容師の仕事をオススメできるのかを、詳しく解説していきます。

美容師という職業についておさらいしよう

美容師とは、国家資格を持つ「髪を中心に容姿を美しくするために仕事をする人達」を指します。

カットやパーマなどでヘアスタイルをつくったり、ヘアケアのアドバイス、そしてまつ毛パーマなども行います。

これらは全て美容師資格を持っているからこそ、仕事として行う事ができるのです。

私たちにとって、一番身近な美のエキスパートでもあります。

美容師をオススメする6個の理由

このように、人を美しくする事が仕事である美容師。

なぜこの仕事をオススメするのかという理由を、6つのシーンからご説明します。

「手に職」なので、転職・復職がしやすい

美容師の仕事は、技術職という側面を持っています。

一度身に付けた技術の多くは「手」と「感覚」に記憶されます。

その経験値が、転職や復職に非常に効果的になるのです。

企業に勤めた場合、全く同じ仕事を探すというのは難しいことですが、美容師の仕事は土台は同じです。

なので「ここまでやってきた」という内容が、面接時にストレートに伝えられるメリットもあります。

第一線から離れていても、手と感覚がすぐに記憶を呼び戻すので、復職もしやすい仕事でもあるのです。

人に喜んでもらえる

美容師は技術職ですが、サービス業という側面も持っています。

お客様の要望や悩みを聞き、ヘアスタイルという商品をお渡しします。

それによってお客様を笑顔にすることができるのです。

日々人に喜ばれる事ができる、人の喜んだ顔を見る事ができる、美容師はとてもハッピーな仕事でもあります。

職業的に、独立しやすい

美容師は、技術職の中でも独立をする率が高い職業です。

美容室に足を運んだ時に、スタッフが若いと感じることがあるかもしれませんが、経験を積んだ美容師が独立をし、若い世代にバトンタッチしているからなのです。

そして、美容師が独立する平均年齢は30代です。

若くして独立をすることは、美容師の世界では珍しい事ではありません。

AIに取って代わられない

近年、「AIに取って代わられる職業」というのが話題になっています。

美容師の仕事においてAIに任せられる仕事は、おそらく「予約・受付」「会計」「シャンプー」の3つではないでしょうか。

技術だけで考えるとシャンプーだけです。

10年以上昔に無人の自動シャンプー機が開発されましたが、ほとんど普及しませんでした。

直接肌に触れるものは、極限までこなければ、機械化の採用はされにくいかもしれません。

また、ヘアスタイルをつくる事に関しても、スタイルをつくる事は可能でも、似合わせを可能にすることは非常に難しいのではないでしょうか。

美容師の仕事場の選択肢が増えている

これまでは、美容師は美容室で働く、というのが基本でした。

そういう意味では閉鎖的な世界だったのかもしれませんが、この10数年で、美容業界もいわゆる働き方改革が進んできています。

美容室に留まるのではなく、介護施設や老人ホームの入居者様など、美容室に通うのが困難な方達のために、出張美容室を行うといった福祉への参加も積極的になりました。

また、独立のカタチも「店舗」にこだわらない時代になっており、ひとつの場所を複数のスタイリストがシェアする美容室や、店舗の一部をフリーランスの美容師に貸す「面貸し」といったものもあります。

これまで美容室の中で育てられてきた美容師の仕事は、新たな活躍の場を広げる可能性を多いに秘めています。

好きな事に打ち込む事ができる

一般企業では「人事異動」という避けて通れない道があります。

もちろんそれは、様々な職種を経験することで大いに成長する事ができますが、職種を変えるという不安もつきまとうことでしょう。

一方美容師には、店舗移動はあっても、職種が変わることはありません。

好きで始めた美容師の仕事に打ち込む事ができます。

全員が目指すのはただひとつ、スタイリストです。

そのスタイリストへの道、さらにその先のトップスタイリストに向けて、日々経験を積むのみなのです。

こんな方には美容師になることをおススメします!

美容師の仕事は、はじめは一つの道を進むのみですが、その先には様々な選択肢が待っている仕事です。

そんな美容師の仕事を是非ともオススメしたい人、とはどういった人なのかをご紹介します。

人を美しくすることが好き!

美容師の仕事は、お客様を美しくすることです。

なので、人を美しくする・かっこよくするのが好き!という人には本当にオススメです。

アパレルの仕事と似ているように感じますが、「素材を活かす」ことが腕の見せ所なアパレルに対し、美容師は「素材をどう変化させるか」が腕の見せ所です。

そういった、人の美しくする課程を考えたり楽しめる人は、美容師に向いているでしょう。

コツコツ努力することが好き!

ここまで美容師の華やかな部分をお話ししてきましたが、美容師には「修行期間」という地道な部分もあります。

技術職ですので、美容師である以上は一生学びが続きますが、スタイリストになる前のアシスタント時代は、美容師の基礎を学ぶ大切な期間です。

その間は毎日練習をコツコツと続け、技術を習得するために努力が必要となるので、そういったコツコツと努力をする事や納得できるまで練習する事が好き!という人にも、美容師はオススメです。

また、自分自身で目標を立てて実行する事が好き!という人にもオススメです。

体力・足腰に自信あり!

美容師は終日立ち仕事です。

アシスタントの頃は店内を走り回る事もありますし、施術の時には長時間中腰になる事もあります。

地味に体力勝負な美容師は、足腰が強くないと続きません。

運動部や吹奏楽部のような筋トレを要するわけではありませんが、体力に自信がある、動く事は苦にならない、足腰に問題はない!という人が向いていますし、オフィスワークをするよりもオススメです。

おしゃれが好き!

みなさんが美容室を選ぶ際に、技術や料金のほかに「おしゃれな店」というのも基準に入るのではないでしょうか。

美容師は自分自身がヘアスタイルを含め、おしゃれを楽しむ心があった方が、お客様からの評価も高くなります。

美しくなるというのはおしゃれをするということなので、やはり自分自身がおしゃれが好き!という人にはとてもオススメな仕事です。

お客様とも情報交換もできますし、お互いに取ってとても有益になるでしょう。

経験者が語る!私が見たカリスマ美容師はこんな人!

私はいくつかの美容室で働いてきましたが、そこにはやはり美容師として憧れる先輩、お客様から予約が絶えないカリスマ美容師という存在がいました。

それはどんな人達だったのかをご紹介します。

特定の技術に特化している

美容師はカット・パーマ・カラーリングと、全般的に技術を取得しなければなりませんが、やはり何か抜きん出た技術を持っている美容師は顧客を掴みます。

そういった人はお客様の要望の飲み込みも非常に早く、カウンセリングから施術までのスピードも非常に早いものでした。

また、リピーターだけではなくお客様からのご紹介も非常に多く、常に予約がつまっている状態でした。

私は運良くその方のアシスタントに付く事が多かったのですが、まだ施術に参加できないレベルの私にも、たくさんの知識を伝授して下さいました。

美容師としてだけではなく、先輩としても素晴らしい方でした。

世界観を表現するアーティスト

美容室というのは、そのオーナーの個性や世界観が表現されていますが、そのオーナースタイリストの表現力は立ち振る舞い、空間、道具、備品全てに表れていました。

入った瞬間に息をのむ美しさの美容室は、まるで一つの国であるかのような統一感がありました。

撮影なども頻繁に行っている美容室だったのですが、オーナーがつくるスタイルはその世界観に溶け込んでおり、まさに「作品」と呼べるものでした。

流行に流されることなく、自分の個性を貫きたいという想いが、それと同じ気持ちを抱くお客様が引き寄せるのだろうと思います。

美容師哲学を貫く職人

美容師というと明るく活発なイメージがあると思いますが、その方は美容師の仕事全てにおいて、考え抜かれた先に見つけた哲学を持つ職人のような方でした。

レッスンでも細かいアドバイスなどはなく「自分で考える」事も勉強のひとつ、という考えを持っている方でした。

お客様との会話でも、周りにいる別のお客様に聞こえていても不快な気持ちにさせない配慮、全ての仕事に「なぜ」という気持ちを持つ事、他人と比べず自分を見つめる事、技術の他にも背中で指導する、といった方でした。

その哲学は、20年以上顧客として通って下さる方や、親子で顧客になってくださっている方など、幅広い世代から支持されていました。

知っているようで案外知らない美容師の世界、実はこんなこともあるんです!

美容師の活動の場所は美容室だけなのではないだろうか、と感じると思います。

しかし、美容師の世界では、普段みなさんからは見えないようなところで活躍しているのです。

知っているようで知らない「美容師の別の世界」をご紹介します。

日本一・世界一を決める大会がある!

美容師の世界では、様々なコンテストが行われており、このコンテストで競うものはもちろん技術です。

中でも一番大きいコンテストが「世界理美容技術選手権大会」という世界大会で、まさに美容師のオリンピックです。

この世界大会は、60カ国から国内予選を勝ち抜いた美容師が集結し、それぞれの国の代表としていくつかの種目(ヘアスタイル)の技術を競うのです。

美容室という枠を飛び越え、一人の美容師として、自分の持つ技術ひとつで世界に挑むのです。

日本国内では厚生労働省後援で行われる「全日本美容技術選手権大会」が最大のコンテストとなります。

世界大会へ進む選手は、この大会の受賞者から選ばれる事が多いです。

他には、美容メーカー主催の大会なども行われています。

こちらは技術に加え、デザイン性や表現力なども審査の基準になるので、大会ではありますが、イベントに近い盛り上がりを見せます。

ファッション雑誌のヘアメイクはほとんどが美容師

ファション雑誌でモデルさんのヘアメイクを施しているのは、実はほとんどが美容師なのです。

芸能人の専属ヘアメイクを担当する美容師もいます。

なぜ美容師なのかというと、海外では「ヘアスタイリスト」と「メークアップアーティスト」は全く別の仕事で、それぞれがその道のプロとして認識されています。

日本でもメークアップアーティストがテレビや雑誌で活躍し始めてきましたが、まだまだ「ヘアセットとメイクの両方ができる」という事を求められています。

ヘアメイク事務所でも、美容師免許を持っていると就職に非常に有利です。

それによって、美容師がファッション雑誌などで活躍しているのです。

ご存知の方もいるかと思いますが、ファッション雑誌の特集の最後に、カメラマンやスタイリストのクレジットが載っているのですが、もちろんヘアメイクも載っています。

名前の後ろにカッコで美容室名が記載されているのですが、こういったところからも「カリスマ美容師」として名前が広がっていくのです。

日本髪の伝統を守っているのは美容師

京都祇園といえば舞妓さんです。

この舞妓さんの髪(日本髪)を結い、日本髪の伝統を守り続けているのも、実は美容師なのです。

正式には「髪結師」と呼ばれるのですが、とても歴史の古い仕事です。

西洋の華やかなアップスタイルや、シックな夜会巻きも素敵ですが、この日本髪も負けず劣らすの美しさがあります。

日本髪は日本の伝統文化であり、非常に高度な技術を要するヘアスタイルです。

美容師はこういった歴史や伝統を守りつつ、新たな歴史を開いていく仕事なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美容師の仕事は専門職なので、自分にできるのか不安になってしまい、憧れで終わらせてしまう人も多いかと思います。

しかし、美容師免許は国家資格の中でも合格率の高い資格ですし、たとえ不器用だったとしても、練習を重ねれば上達します。

また、働き方も以前と変わってきているところもあり、まだまだ成長と変化を繰り返すおもしろい職業です。

好きな事を一生続ける事のできる美容師、世界一を目指す事ができる美容師、この世界に飛び込んだら、ここにご紹介しきれなかった事が見えてくるはずです。


関連キーワード

美容師求人

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

美容師の仕事は、おしゃれな美容院でおしゃれな人達が集うイメージがあります。美容師にあこがれて美容師を目指す人も少なくありません。美容師になるためには美容師や理容師用の専門学校へ通い、知識とスキルを習得し、美容師国家資格に合格しなければなりません。また、美容師国家資格に合格したから美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に入り、技術を磨き、下積みをしながらカット担当にまでのぼりつめ、初めて美容師として活動することができます。そんな時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ははなやかで憧れる人も多い反面、激務で離職率が高いことでも有名です。美容師を辞めたらどうしたらいいのか、美容師を辞

美容師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

手に職をつけられるお仕事で、お洒落な職業といえば、美容師を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お客様の要望にこなえ、カットをしたり、パーマをしたりし、その人の魅力を引き出す仕事です。他にもヘアーセットといい、結婚式などのイベントの時などに美しく髪を整えることも、美容師の仕事です。このというのが、美容師のポイントです。美容師は、国家資格が必要な仕事で、美容師法(第2条第1項)にパーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと定められています。美容師と似た職業で混同されやすいのが、理容師です。理容師は美容師とは、違う国家資格なんですよ。理容師の仕事は理容師法(第1条の

美容師正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ

美容師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

おしゃれに敏感な人達に人気の「美容師」。キビキビとそして楽しそうに働く姿に、憧れる方も多いと思います。今回はそんな美容師の仕事について、ご説明いたします。美容師はどんな仕事?美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。そこにサービス業の要となるお客様対応と、技術職の要となる技術を磨き提供する、という2つの要素が加わります。言ってしまえば、美容室という空間のすべてが美容師の仕事になります。美容師の大まかな仕事内容先にもお話ししたように、美容師は技術職です。国家試験に合格し技術を取得して


美容師求人に関するコラム

美容師免許を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

国家資格の一つである美容師免許。これを持っている事で美容師として仕事ができますが、逆を言うと「美容師しかできないのではないか」と思っている方も多いでしょう。しかし、美容師免許を持っているからこそ活躍できる仕事、美容師免許を活かせる仕事が、美容師以外にもあるのです。その中でもおすすめの仕事を8つ厳選しましたので、ご紹介します。美容師免許についておさらいしておこう美容師免許は厚生労働省の認可を得た専門の機関で学び、国家試験に合格すると取得する事ができる国家資格です。美容師免許を持つ事でできる仕事は、カット、パーマ、カラーリング、ヘアセット、メイクなどの一般的に美容室で受けられる施術の全てになります

美容師になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

憧れる職業として人気の高い美容師。その美容師になるには、どのような資格や勉強が必要になるのかご存知でしょうか。企業への就職とは違い、美容師になるために必要な勉強は少々特殊です。また、美容師の仕事は細かい作業が多いので、不器用だから向いていないと思われがちですが、それ以上に大切な適性もあります。美容師を経験したからこそわかる、美容師になるまでに知ってもらいたい事、そして自分に合った働き先の見つけ方をご紹介します。美容師になるために必要な資格は?美容師として働くには美容師免許を取得している事が絶対条件ですが、それ以外は特に必要な資格はありません。この美容師免許は国家資格の一つで、厚生労働省に認可さ

美容師として働くメリット5選。私が感じた良いところをまとめました

美容師というと、おしゃれでかっこいいというイメージがあると思います。しかし、「仕事としての美容師のメリット」というと、すぐに思い浮かぶ人というのは少ないと思います。非常に身近な存在ではあるけれど仕事という側面は見えにくい、そんな美容師として働くメリットを経験を基にお話しします。経験者が語る!私はこんな美容室で美容師をしていました私が勤めていた美容室は、市内に2店舗構える小規模のお店でした。どちらの店舗も駅の近くにあり、スタッフは総人数8名ほどで、平均年齢は27歳くらいです。スタイリストは固定店舗で働き、アシスタントは両方を行き来するといったシステムです。レッスンは各店舗で設けられていますが、月

美容師アシスタントの仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

技術職の中でも男女問わず活躍できる職業として人気の美容師。一人前の美容師になるために、必ず通らねばならないのが「美容師アシスタント」です。この美容師アシスタントは、一般的に3年間と言われているのですが、その3年間で美容師アシスタントはどのような仕事をこなしているのでしょうか。美容師経験をもとに美容師アシスタントの仕事内容について解説していきます。美容師アシスタントの仕事は大きく4個の役割に分けられる美容師アシスタントの仕事は多岐に渡りますし、店舗によっても様々です。しかし、どこの店舗でも共通している仕事というものがあり、それが基本的な美容師アシスタントの仕事となります。その内容を4つに分類して

転職して美容師の仕事をするには?違う職種から転職する際に知っておきたいこと

全く別の仕事から美容師に転職する事は可能なのでしょうか。また、そのような場合にはどのような事をしておいた方がいいのか、どんな事を知っておくべきなのか、気になることがたくさんあると思います。一般的な転職と違って情報が得にくい美容師への転職を、美容師経験をもとに解説します。転職して美容師の仕事をするには?転職して美容師の仕事をするにあたり、どんな事が必要となってくるのでしょうか。まずは美容師になるための基本をおさえましょう。美容師になるにはどんな資格・経験が必要?美容師になるためには、どんな資格や経験があった方がいいのでしょうか。資格や経験については面接時に必ず話題になるので、ぜひ参考にして下さい