おしゃれに敏感な人達に人気の「美容師」。

キビキビとそして楽しそうに働く姿に、憧れる方も多いと思います。

今回はそんな美容師の仕事について、ご説明いたします。

「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容師はどんな仕事?

美容師は一見華やかなサービス業に見えますが、国家資格が必要な立派な技術職です。

おおまかな仕事内容は、カットやパーマ、カラーリングそしてシャンプーとなります。

そこにサービス業の要となるお客様対応と、技術職の要となる技術を磨き提供する、という2つの要素が加わります。

言ってしまえば、美容室という空間のすべてが美容師の仕事になります。

美容師の大まかな仕事内容

先にもお話ししたように、美容師は技術職です。

国家試験に合格し技術を取得して、初めてお客様に提供することができます。

具体的には、「技術者(スタイリスト)」と「アシスタント」と大きく二つに分かれます。

技術者の仕事内容

技術者はその名の通り、技術を提供します。

カットはもちろんの事、パーマやカラーリングの薬剤調合や、それに必要となる道具などの選定をします。

個性的なドレッドやエクステンションを施したり、ヘアセットも行います。

そこに加えて着付けやメイク、ネイルなども行う人が増えてきていますし、雑誌等の撮影や美容コラムなどを執筆する方もいます。

アシスタントの仕事内容

アシスタントは技術者をサポートする傍ら、技術を学ぶことも仕事となります。

段階により仕事量が変わってきますが、シャンプーやブローを中心に、店内清掃や予約管理、電話対応、お客様案内など細かな業務があります。

少しマニアックなところですと、待ち時間に渡される雑誌を選ぶのも、アシスタントの仕事(勉強)です。

サービス業の裏方とも呼べそうな部分を、アシスタントが担っています。

美容師の仕事内容は、こちらの記事も参考に!

仕事上の役割とは?

技術者、アシスタント共に担っている役割は、お客様対応です。

混雑時でもお客様に気持ちよく過ごして頂ける様に、常に気を配る必要があります。

また、店内を綺麗に保つことも両者が協力して行います。

これなくして美容師とは言えないといっても過言ではないでしょう。

技術者の役割

技術者は、技術を提供する以外に、後輩の教育という役割があります。

営業が終わった美容室で、美容師が練習をしている光景を見たことがある方もいらっしゃると思います。

技術者ももちろん練習をしますが、基本的には後輩の指導にあたります。

自分が培ってきた技術を伝えることも1つですが、セミナーなどに参加をし、新しい技術を学び、それを後輩に伝えます。

また技術とは別に、接客の分野でも指導を行います。

技術や気配りに終わりはありませんから、教育というより先導という方が確かかもしれません。

アシスタントの役割

アシスタントの役割は一言にいうとサポートです。

言葉だけですと少々物足りなく感じるかもしれませんが、小さな仕事がお客様や技術者をサポートし、それが己の力となります。

大抵一つの店舗に数人のアシスタントがいますが、会話が得意、細かい所に気配りができる、予約管理が得意…と長けている部分がはっきりと見えて来るのが、アシスタント時代です。

これが技術者の手の届かない部分をサポートし、お客様の満足度に繋がります。

また、お客様と最初に接触するのはアシスタントなので、ある意味お店の顔であり、そして技術者を支える縁の下の力持ちなのです。

「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容師の仕事はどんな人に向いている?

ここでは一番気になる「どんな人に向いているか」という事をお話ししていきたいと思います。

手先が器用な人

技術職ですので、やはり不器用よりも器用な方が向いていると思います。

しかし技術は後からついてくるものなので、不器用だから向いていないとは言い切れません。

活躍されている技術者の方も練習に練習を重ねて今がありますし、不器用だと思っていたけど美容師の仕事は別だった!という事もあります。

美意識の高い人

少々難しいお話になりますが、美容国家試験科目に「衛生管理」というものがあります。

開業をするにあたっても、保健所の条件をクリアしなければなりません。

美容師という職業上「美意識が高い」というのは絶対条件になりますが、その「美意識」は幅広く求められることになります。

どうしても「おしゃれ」というところに着目されがちですが、掃除や道具の管理、細かくはタオルやクロス(施術時にするケープのようなもの)のたたみ方など、整理整頓の「美意識」も高く持つ必要があります。

自己の美意識はお客様への期待値に繋がり、他者への美意識はお客様の満足度に繋がります。

そして店内への美意識は信頼へと繋がりますので、美意識への向上心は必要不可欠でしょう。

コミュニケーション能力が高い人

美容師はサービス業という事を最初の方でお話ししましたが、美容師はお客様に触れるお仕事です。

会話が上手という事も必要な場面が多いですが、不快な箇所の有無を尋ねたりするような、気配りのコミュニケーション能力が必要かと思います。

また、技術者はアシスタントへの指示を的確に伝えなければなりませんし、アシスタントは技術者からの指示を的確に把握しなければなりません。

この技術者とアシスタントの伝達は、施術を行う上でとても重要になるので、コミュニケーションスキルは常に磨く必要があります。

相手の要望を汲み取るのが上手な人

美容室に行った時に、イメージをうまく伝えられないと思ったことがある方は、たくさんいらっしゃると思います。

お客様からすると、美容師に一番求めるのは、イメージを汲み取ってもらえるかどうか、ではないでしょうか。

このイメージを汲み取るというのは、技術者だけでなくアシスタントにも求められる機会が多くあります。

対お客様だけではなく、従業員同士でもイメージを汲み取ることにより、作業スピードが随分と変わってくるのです。

コミュケーション能力と並行して、要望を汲み取る力が美容師には必要になってきます。

時間を惜しまず努力できる人

美容の技術を習得するのは容易な事ではありません。

朝練習をしてから営業に入り、終わったらまた練習ということも、珍しくはありません。

長い時間をかけて練習を続けるのは、時に悔しく時に辛いものです。

しかし、それを乗り越えて習得できた時の喜びは、とてつもなく大きいものです。

どの仕事もそうですが、美容師も同じ様に努力し続ける事が大切です。

逆に美容師の仕事に向いていない人の特徴は?

次は反対に、どんな人が向いてないのかお話しいたします。

向上心のない人

社会人として、向上心はどんな職業でも必要になると思います。

美容師も例外ではありません。

技術職は、努力の結果が自分にも他人にも見えやすいことが特徴でもあるので、向上心がない人は置いていかれてしまうでしょう。

結果、美容師を辞めるということに繋がる場合もあります。

思うようにいかない時も、諦めず自分を信じて進んでいくことが大事です。

指示されないと動けない人

アシスタントが多い店舗によくあることですが、仕事は与えられるものではなく、見つけることが大切です。

対お客様でもそうですが、先に気づいて行動することが美容師の仕事では必要になるので、指示を待ち行動するというスタンスでいると、何もしないまま一日が終わることになりかねません。

相手の立場に立って物事を考えられない人

アシスタントの仕事の項目で、待ち時間の雑誌の事をお話ししました。

これはその方のファッションやメイクを基に、興味がありそうなものを選んでお渡しするのですが、当たりはずれはあるにしても、相手の立場になり考えなければできない作業です。

技術者になれば、髪質の悩みなどを共感し提案する作業が必要となるので、より相手に寄り添うことが求められます。

「美容師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

美容室内でのキャリアアップ

美容師はアシスタントから始まり、鍛錬を経て技術者となります。

大抵の店舗では定期的に技術テストが行われ、合格することによりお客様への施術が可能となります。

はじめは技術者や先輩と共に施術をし、徐々に一人で施術するようになります。

その後ジュニアスタイリストを経て、技術者となります。

ここまでのスピードは個人差がありますし、店舗によっても変わってきますが、平均すると3年程かかります。

技術者になってからは施術の技術向上をし、顧客を増やす事によりトップスタイリストへキャリアアップしていきます。

多店舗への転職

美容師は比較的転職率の高い職業です。

自分の求める技術を得る為に転職を選ぶことは珍しいことではありません。

考え方によっては、転職のスキルアップの一つになるかと思います。

また、都心などの有名店であれば、雑誌やテレビ等のメディアの仕事を請け負っている店舗もありますので、店舗以外の活動をすることも可能になります。

その為には、まずは店舗で顧客獲得・技術の向上が必要不可欠になりますが、そういった店舗に行けば、活躍の場は一気に広がる事でしょう。

転職をする時は、こちらの記事を参考に!

独立

そして多くの美容師が目標としているのが「独立」です。

今やコンビニエンスストアや歯医者と並ぶ程、店舗数が増えたと言われる美容室。

その反面閉業を余儀なくされる店舗も多くあるのが現状です。

美容師である前に経営者となるので、働きながらオーナー学を学ぶ必要があります。

出張美容師

女性美容師は結婚や出産を機に第一線から離れることが多々あります。

もちろん復帰される方も多くいらっしゃいますが、拘束時間の長い職業ですので、生活環境によっては難しい場合もあるでしょう。

そういう方達の中に、福祉施設等で出張美容師をされている方がいらっしゃいます。

設備の整った店舗とは違い、臨機応変に動けることが必要となる出張美容師もまた、キャリアアップの一つと言えるでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

細かいところへの配慮が必要な美容師の経験は、様々な分野で活かせるでしょう。

常にお客様とスタッフの動きに目を配る美容師は、とても視野が広いです。

一度に受け持つ仕事が多いため、業務をこなすための時間配分も自然と身についていきます。

また、美容師は何かと音で判断することが多いので、目で見えていなくても音を聞いただけで瞬間的に動くことができるようになるので、とっさの判断能力は素晴らしく早くなります。

以上のような経験値は、サービス業はもちろん、オフィスワークでも存分に活かせると思います。

自分にあった美容師の求人の選び方や注意点

さて、コンビニエンスストア並にたくさんある美容室の中から、どのように求人を選んだらいいのでしょう。

【選び方①】雇用形態から探す

美容師の求人は9割が正社員募集です。

アルバイトであれば美容学校の学生のみ、パートであれば技術者のみと、時短勤務の募集は非常に稀です。

美容師は、働き方においては選択肢がほぼ無い、といってもいいでしょう。

【選び方②】会社の業態から考える

美容室には個人経営とチェーン店とありますが、多くは個人経営になるでしょう。

個人経営のメリットは、スタッフ同士の仲間意識が高く、技術向上を店舗規模で取り組める点です。

またオーナーとも密に接することができるので、オーナー学も学び易いです。

チェーン店のメリットは、教育体制が整っていることでしょう。

勉強会なども、個人経営店に比べると参加がしやすいです。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

先ほど、個人経営店とチェーン店のメリットについてお話ししました。

美容師は初任給が低い業種の一つです。

そのため給与や雇用条件に関しては、少々デメリットが見えてきてしまいます。

エリアにもよりますが、アシスタントの平均初任給は150,000円程前後です。

技術者は250,000円前後から技術に応じて変わります。

また、個人経営には福利厚生がない店舗が殆どです。

交通費の支給がないところも多く見られます。

チェーン店は規模にもよりますが、福利厚生があり、交通費は全額といかなくても、支給はされるところが多いでしょう。

昇級に関しては、個人・チェーン共に技術取得に応じてとなるでしょう。

【選び方④】エリアから考える

美容師は朝が早く夜が遅いです。

都心等の公共交通機関網が充実しているエリアなら、さほど問題にはならないかもしれませんが、体力面から考えても、通勤時間は30分以内が望ましいと思います。

【選び方⑤】コンテストやセミナーに積極的かどうか、で考える

美容師の世界では、コンテストやセミナーが沢山開催されています。

これに参加することにより、技術の向上や自己の自信に繋がり、キャリアアップへも近づくことでしょう。

また、美容薬剤も日々進化しています。

メーカーが開催する新しい薬剤の講習会や、有名店が行うカット、カラー講習等セミナーも数多くあります。

技術と知識の両方を得る為には、このセミナー参加は不可欠です。

そして、コンテスト・セミナー参加に積極的な店舗は、情報収集と発信が早くスタッフ成長が早いという特徴があります。

まとめ

以上、美容師という職業についてご説明しました。

華やかではありますが、実は地道な職業でもあります。

国家資格であり手に職がつくという点と、日々自己の成長を感じられ、それを喜んでいただけるという点において、とてもやり甲斐のある職業です。

また、男女が平等であるところも魅力の一つではないでしょうか。

美容師を目指していらっしゃる方が夢を掴み、活躍される事を心より願っております。

実際に美容師の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

美容師求人

美容師求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容師の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

美容師の仕事は、おしゃれな美容院でおしゃれな人達が集うイメージがあります。美容師にあこがれて美容師を目指す人も少なくありません。美容師になるためには美容師や理容師用の専門学校へ通い、知識とスキルを習得し、美容師国家資格に合格しなければなりません。また、美容師国家資格に合格したから美容師になれるわけではなく、一般的にはまずどこかの美容院に入り、技術を磨き、下積みをしながらカット担当にまでのぼりつめ、初めて美容師として活動することができます。そんな時間をかけてようやくなれる美容師の仕事ははなやかで憧れる人も多い反面、激務で離職率が高いことでも有名です。美容師を辞めたらどうしたらいいのか、美容師を辞

美容師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

手に職をつけられるお仕事で、お洒落な職業といえば、美容師を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お客様の要望にこなえ、カットをしたり、パーマをしたりし、その人の魅力を引き出す仕事です。他にもヘアーセットといい、結婚式などのイベントの時などに美しく髪を整えることも、美容師の仕事です。このというのが、美容師のポイントです。美容師は、国家資格が必要な仕事で、美容師法(第2条第1項)にパーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすることと定められています。美容師と似た職業で混同されやすいのが、理容師です。理容師は美容師とは、違う国家資格なんですよ。理容師の仕事は理容師法(第1条の

美容師正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

美容院で髪をカットやパーマをしてもらうと、とてもすっきりしますよね。美容師の技術とセンスがいかされ、美しくなることでお客さんを笑顔にする職業です。手に職の職人的仕事でありながら、カリスマ美容師がテレビでとりあげられるなど華やかなイメージもある仕事です。その一方でカットの練習など拘束時間が長い、給料が安いというイメージもある仕事だと思います。今日は、求人情報を実際の美容師正社員のリアルな姿をまじえながら、解説していきます。美容師ってどんな仕事?美容師は国家資格が必要な資格で、その仕事内容は美容師法で定められています。美容師法(第2条第1項)には美容師の仕事内容は、パーマ、ヘアセット、メイクアップ