一般事務に転職をしようかお悩みの方はここでお話しさせていただく注意点をぜひご一読ください。

スキルアップしたい・人間関係に悩んでいる・新しい地域で仕事を探したい・・・転職の理由は様々ですが、転職とは、必ずしも今の職場以上の良い条件になるわけではありません。

今回は、転職を一般事務で成功させるために知っておくべき内容をまとめましたので、ご紹介させていただきます。

ぜひあなたの参考にしていただけましたら幸いです。

「一般事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「一般事務」の仕事例をチェック

一般事務の転職で注意したほうが良い3個のこと

一般事務の業務範囲や内容は企業によって違う

一般事務のお仕事は多岐に渡ります。

経営職や営業職、技術職は企画書などの専門職以外の会社の仕事はほとんどが事務のお仕事です。

その業務内容は、会社のお金の管理を行う経理(経理・会計・財務)の仕事、人材の管理を行う人事(人事・労務)の仕事、経営職の仕事をサポートする秘書の仕事、営業職の仕事のサポートを行う営業事務の仕事、社内環境や社内設備を整える総務の仕事、法務のお仕事、その他、会社の運営を円滑に行うための事務などを行う庶務の仕事に分かれています。

これらの業務のうち、どこまでの業務範囲を受け持つのかは会社によって変わります。

全てを行うこともあれば、それぞれの業務内容によって部署として独立している会社もあります。

それぞれの業務を極めて専門的に知識やキャリアを深めたい場合は部署として独立している会社を、全ての業務を広く理解して活かしたい場合は一括して行うことができる会社を選ぶのが良いと思います。

求人は多いけど競争率も高い

事務の仕事は求人も多いですが、1番競争率の高い仕事でもあります。

事務の仕事は内勤で体力があまり必要ではなく、募集年齢の範囲も比較的幅広いため、未経験者から経験者まで応募が可能なことが多いからです。

給与は他の部署よりは低めの設定のところが多いですが、残業や休日出勤も少なめで有給休暇も比較的取得しやすいため、仕事とプライベートを分けてメリハリの利いた働き方ができることも応募者の多い要因です。

退職のタイミングはしっかり見極めよう

たくさんの業務を行う事務の仕事ですので、次の人への引継ぎがスムーズに行くように自分の頭の中にある手順やノウハウを分かりやすく書類やデータにして残しておきます。

退職日は会社の繁忙期を避けて、早めに会社に届けましょう。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職の目的を明確に持とう

「より深く業務を行うためのスキルアップ・ステップアップのため」「給与アップのため」「プライベートをもっと充実させたいため」転職の目的はそれぞれだと思いますが、それを明確にし、その転職の目的にあった会社選びを行うことが、転職を成功させるためには大切です。

希望条件に優先順位をつけよう

転職の目的を明確にしたら、希望条件に優先順位をつけて、転職先を探します。

「給与」「勤務場所」「勤務時間」「年間休日数」「昇給・賞与」「仕事の専門性」など希望条件の優先順位の高いところから転職先を絞り込んでいくと、自身にあった転職先が見つかると思います。

求人情報をたくさん集めよう

求人情報は多くの媒体を使って出来るだけたくさん集めて比較しましょう。

また、求人広告に掲載されている情報だけでなく、気になった会社はホームページを確認したり、評価・評判などをインターネットで検索し、より多くの情報を集めてその会社を知っておくと、応募の際にも面接の際にも役に立つと思います。

一つに絞らず、様々な企業を検討してみよう

希望条件の優先順位の高い会社から応募をしていきますが、その際に1社や2社と少ない会社に応募するのではなく、応募はたくさんしておいた方が、効率が良いです。

求人情報の情報収集や履歴書・職経歴書の作成から面接日の日程調整などをまとめて行うことができますし、たくさん応募しておいた方が受かる確率が高くなり、受かった中で比較をして会社を選ぶことができます。

応募後の面接で実際に会社を訪問して、会社の雰囲気や面接担当者の方の会話で、希望条件などの諸条件は一番高いけれども、自分とは合いそうにない、また、イメージと違ったなどということもあります。

逆に、応募した中で希望条件の優先順位はそう高くなかったけれど、働いてみたいと思える会社だった・・・ということもあります。

会社との出会いも相性が良いかどうかも、人との出会いや相性と同じです。

納得のいく転職とするためにも、たくさんの会社に応募することをおすすめします。

「一般事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職するにあたっての必要な心構え

実力・経験値と希望条件のバランスを考えよう

実際の自分の実力や経験値と希望条件とのバランスは必要です。

いくら、好条件であっても、会社の希望するレベルでなければ、採用してもらえる確率は低くなります。

その会社が求人で一番求めていることはなにか、自分のレベルはどのくらいなのかを正しく見極めることも、転職には大切なことです。

スキルアップやステップアップを目指して転職活動を行う上で、経験や実力が不足している場合にも、自分の実力や経験値を知っていればどの部分が弱いのか、それを転職先の会社でどう克服しどういう風に成長していくのかをアピールすることはできます。

冷静に客観的に自分自身の実力や経験値を今一度、見直してみましょう。

根気よく探そう

事務の仕事は人気の職種です。

条件の良いところはそれだけ競争率も高くなります。

採用になかなか結び付かずに結果が出ないと焦ったり落ち込んだりしますが、譲れない条件を崩してしまっては、何のために転職をするのかが不確かになってしまいますし、転職後の方が条件が悪くなってしまってはせっかくの能力を活かすことができなくなってしまいます。

マッチングする会社が見つかり採用をもらえるまで、根気よく探しましょう。

事務の転職をする時は、こちらの記事を参考に!




一般事務求人についてもっと深堀りした情報を見る

一般事務は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

一般事務は、プライベートと仕事が両立できて人気の仕事です。しかし、一般事務の仕事は未経験者には仕事内容が分かりにくく、未経験者にとって一般事務の仕事への応募はハードルが高く感じられます。そこで、今回は3社での一般事務を経験した筆者が、一般事務の仕事を志望または検討している方に向けて、未経験で一般事務の仕事はできるのかという点や未経験でもスムーズに仕事に就ける方法を紹介していきます。一般事務は未経験でもできるの?一般事務の仕事は、未経験者でもできます。求人条件に経験の有無の指定がなければ、未経験者でも採用してもらえる可能性は大いにあります。一般事務の仕事は経験の有無よりも仕事をできるようにする意

一般事務のやりがいとは?経験者の私が感じる8個の「やりがいを感じる瞬間」を紹介します

一般事務というと、誰でもできそうな仕事だと思っていませんか?一般事務の仕事内容を、理解しているつもりになっていませんか?しかし、一般事務というのは境が難しく多岐にわたるため、この仕事をする人がいないと、現場が混乱して回らなくなるくらい重要な仕事です。まさに「縁の下の力持ち」という言葉がぴったりくる仕事です。そんな一般事務のやりがいについて、探っていきましょう。一般事務の仕事の大まかな仕事内容について理解しておこう一般事務というと、電話対応をして、お茶を淹れて、書類を作って終わり。という感じのイメージでしょうか?もちろんこれらも大事な仕事なのですが、給料計算をしたり、役所に各種手続きに行ったり、

一般事務派遣求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

一般事務の派遣や契約社員、正社員経験者としての目線で説明させていただきます。求人の募集要項のみでは、実際に働いてみないと分からないこともいっぱいです。こんなの聞いていなかったというようなことも多々ありました。募集要項というのは、多くの場合、派遣会社や派遣先の企業にとって都合の良い部分しか書かれていないことも多いです。「聞いていなかった」などと思うことのないようにしっかり調べてみるのがおすすめです。一般事務派遣はどんな仕事?一般事務派遣は、基本的には、正社員の事務員の人の補佐的な業務です。データ入力や電話対応が主な仕事です。データ入力の業務が多いので、パソコンの操作は必須です。人員が足らないとこ

一般事務とはどういう仕事?良い面・悪い面についてもご紹介!気になる方はチェック!

私が、一般事務の仕事をしようと思ったのは、学生時代から飲食店やスポーツジム・ポスティング等のアルバイトしかしたことがなかったので、社会勉強のつもりでやってみようと思ったのがきっかけでした。パソコンは苦手だし、特別なスキルは何も持っていなかったので、正直働き始めた当初は毎日大変でした。それでも、先輩たちがパソコンの使い方や仕事を早く片付けるコツなどを教えてくれたおかげで、徐々に仕事が楽しくなっていきました。ワードやエクセル・パワーポイントがどんどん使えるようになっていったので、進歩を感じてとても嬉しかったです。中には、50代で未経験で入ったのに、高校生の子供にエクセルの使い方を教えてあげられるよ

一般事務の仕事内容3個の役割と業務、向いている人の特徴

一般事務の仕事内容って具体的にどんなことをするのかご存知でしょうか?一般事務とは、未経験の方にとってデスクワークや接客というイメージはあるかもしれませんが、詳しい内容や範囲は分かりづらいですよね。そこで今回は、事務の役割を3個に分けて詳しく経験者がご紹介していきたいと思います。一般事務のやりがいやメリットを知って自分に向いてるかどうかをこの記事で見極めてみてください。一般事務の仕事は大きく3個の役割に分けられる一般事務の役割1:社内補助事務の仕事は幅広く、上司や他の部署、職種のサポート業務もその一つです。一般事務の役割2:接客会社へいらっしゃったお客様の対応や電話での問い合わせへの対応も大切な

一般事務の正社員求人の募集内容にはどういったものがある?派遣・バイトとの違いや正社員になるために必要なこと

一般事務の正社員求人の募集内容にはどういったものがあるのでしょうか。今回は、一般事務の正社員のメリット・デメリットや、派遣社員・アルバイトとの違い、正社員になるために必要なことなどを詳しくご紹介します。一般事務といえば、比較的安定して働くことが出来る職種なので、ぜひこの機会にこの職業の理解を深めて、仕事探しに役立てていただければと思います。自分のスタイルに合う職種かをぜひ見極めてみてくださいね!一般事務の正社員で働くメリット一般事務の正社員での勤務は、勤務時間も決まっていて、残業も比較的少なく休日や有給休暇も取得しやすいので、安定して働くことができます。そのため、仕事とプライベートの区別がつけ