リゾートバイトで最近注目されているのが、農業住み込みバイトの求人です。

いろんな求人が出ていますが、住み込みのバイトがどのようなものか不安に感じたりする人も多いと思います。

今回は住み込みの農業の仕事がどのようなものかを説明します。

皆さんが感じる不安などの解消に、少しでも役立てるとうれしいです。

では住み込み農業について紹介していきます。

農業のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

簡単に農業を説明すると、皆さんが口にする野菜や肉、果物など食物全般を生産販売する仕事になります。

食材全般の生産販売に加えて、最近では農家が自社製品としてその生産物を加工したりして販売する第6次産業も活発になってきています。

第6次産業では農家が農家レストランを経営して有名になっているところもあります。

このように最近の農業は生産販売するだけでなく、加工したり、新鮮なまま食事として提供するなど、どんどん新しいことに挑戦出来る時代になってきています。

住み込みはどういう役割を求められる?

ではこのような農業の風潮の中で、住み込みの農業の仕事はどのような役割を求められているのでしょうか。

私は実際に住み込みの農業の仕事を2年間経験しました。

私は作りたい作物を生産している農家が近くになくて、県外で就農のための二年間の研修を受けました。

栽培したい作物がある場合、本場で学ぶのが一番勉強になると思います。

他にはリゾート気分を味わいながらお金も稼ぐことが出来るので、気軽に農業経験を出来る役割も担っています。

住み込み農業にはどんな種類があるの?

住み込み農業は全国で募集されています。

北は北海道から、南は沖縄まで様々な募集があります。

業種も様々で特色のある募集がされています。

ここでは住み込み農業に、どのような種類があるのか紹介します。

住み込み農業の募集でよくある分野や事業形態のパターン

野菜類

最も募集数が多いのが野菜類です。

野菜と言っても様々な野菜があります。

それぞれの野菜にそれぞれの栽培方法があります。

全国の地域によって様々な気候がある中で、その気候に合った野菜を栽培しています。

数ある野菜の中で、募集の数だけ自分が育ててみたい野菜の選択機会があります。

また全国各地での募集があるので、行ってみたい地域で仕事を探すのもいいかもしれませんね。

野菜の住み込みの仕事の募集しているのは個人農家から、農業法人まで様々です。

一般的に宿舎の費用は無料~数万円で、格安で借りることが出来ます。

酪農

酪農の住み込み仕事は主に北海道での募集が多いです。

北海道は酪農大国です。

牛の頭数が人間の人口を上回る街もあるんですよ。

そのため自然がいっぱいの環境で、おいしい空気を吸って健康に過ごすことが出来ますよ。

酪農の良い点は、何といっても牛乳などの乳製品がおいしいことです。

鮮度の良い乳製品のおいしさは群を抜いています。

果樹類

果樹の住み込みの募集も全国で募集があります。

日本各地の果物の特産地で、住み込むことになります。

いろんな果樹が日本各地で栽培されていて、各地で自然環境が違います。

その自然環境に適した果樹が各地で栽培されているんです。

自分が好きな果樹を選択するのも良いですし、住んでみたい場所で決めるのも良いです。

果物は野菜などと比べて木の剪定など、特殊な技術を学ばないといけないので、しっかりと学ぶためにも、長いスパンで住み込み仕事をすることをお勧めします。

住み込み農業でよくある募集内容とは?

さてここまではごく一般的な住み込みの農業の仕事について簡単に紹介してきましたが、これからはちょっと具体的に紹介していきます。

雇用形態

雇用形態に関してはアルバイトが多いかと思います。

住み込みの仕事は引越しを伴う場合がほとんどなので、最初はアルバイトから経験を積む場合が一般的です。

なぜなら実際に住んでみて、その地域になじむことが出来るかどうかも重要だからです。

地域になれて生活できると確信できると、正社員の道も開けます。

また特に住み込みのアルバイトの野菜に関しては、期間が限定されている場合がほとんどです。

それは、収穫時期や播種時期などの忙しい時期に短期間の募集をかける場合が多いからなんです。

一か月から三か月ほどの期間の求人が多いです。

給与相場

給与相場は一般他業種の求人と比べると低いです。

最初のアルバイトの期間は800円~が一般的です。

野菜、果樹などの期間が限られた短期の求人の場合は、少し相場が高い場合が多いです。

その期間は、忙しい期間なので仕事も忙しいですが、給与もアップします。

酪農などの求人では月給で提示されている場合が多いです。

相場としては15万円~が相場と言えます。

しかし相場は経験によって変わってきます。

例えば短期の求人でも、前回も参加していた場合は給与アップします。

一般的に経験があると給与はアップしますので安心してください。

勤務時間や休日、残業

栽培する作物や飼育する生き物によって、休日や勤務時間は変わってきます。

一概にいうことは難しいですが、野菜農家や果樹農家の場合は、朝7時~17時が一般的かと思います。

酪農農家の場合は朝が早く4時から仕事が始まる場合もあります。

搾乳などの作業があるので、どうしても朝が早くなるんです。

また収穫時期は朝早くなったり、年間栽培スケジュールによって時間が変更することもあるので、臨機応変に対応できると良いです。

福利厚生

社会保険などの保険関係は一般的に就業先で入れてもらえます。

農作業は自然相手の作業なので、危険を伴う場合が時にはあります。

そのために傷害保険などに就業先で加入する場合もあります。

また収穫したもので、規格外の物に関して、就業先によって頂ける場合もあります。

規格外といえど、新鮮な野菜や生産物をその日に頂ける。

農業特有の福利厚生と言えるでしょう。

勤務場所

住み込みの農業の仕事は、基本的に現場での仕事です。

あまり事務などの仕事はなく、どちらかというと繁忙期の即戦力としての募集が多いです。

そのため勤務場所としては畑やハウス内での作業が中心になります。

屋外での作業が中心なので、寒いときは防寒具を、暑いときは水分の準備など環境に合わせて対応しましょう。

求められる人物像

住み込みの仕事は、個室が用意されることもありますが、一軒家をシェアしたりする場合が多いようです。

もちろんプライベートな空間はありますが、お風呂やトイレが共同でも平気な人が向いています。

また仕事に関しては、一般的に住み込み期間は繁忙期という場合が多いので、私の経験上、休み以外は疲れて外出できないと思います。

仕事の日と休みの日とのオンとオフの切り替えができると良いです。

また住み込む場所は田舎が多いです。

車がないと町まで遠かったり、移動できない場合もあります。

もちろん勤務先の車を使うこともできますが、がっつり遊びのために会社の車を使うのも気が引けます。

あまりが外出しなくても、自分でストレス解消法を準備できると良いですね。

必要なスキルや資格、経験

住み込みの農業仕事に参加するにあたり、前もって準備するスキル、資格はありません。

健康な体とやる気があれば何も問題ありません。

最初のうちは簡単な作業を任せられるので、少しずつ慣れていってくださいね。

慣れてくると新しい仕事もどんどん任せてもらえるので、その過程で必要な資格などの挑戦してみると良いですよ。

住み込み農業のおすすめ求人のポイント

普段とは違った街で、自然いっぱいの環境でリゾート気分でお金も稼ぐことが出来る住み込み農業!

ここではどこに注目して、住み込み先を決めると良いのかを簡単に説明します。

好きな分野に勤めるのが一番!

皆さんは好きな野菜や果物はありますか?

私は、果物が好きで、その中でも特にいちごが好きだったので、いちご農家への住み込みを決めました。

住み込みの期間には、規格外のいちごをいただき、たくさん大好きないちごを食べることが出来ました。

その期間仕事では大変なことがいっぱいで、何度も帰りたくなることがありました。

しかし、私にはいちご農家として就農する強い目標があったので、無事に期間を終了することが出来ました。

このように好きなことは、どんなに大変でも乗り越える事が出来るんです。

目標があったり、好きな食べ物がある場合はぜひその分野での求人に応募することをお勧めします。

労働条件がしっかりしている求人

労働条件はしっかりと確認して契約書の形で残すことをお勧めします。

住み込みの場合、近所での仕事ではないので、完全にアウェイでの仕事になります。

そのため、実際に勤務地に赴任してから、「こんなんじゃなかった。」とならないように、慎重に労働条件は確認しましょう。

契約時にはしっかりと書面で契約を交わすことで、後々トラブルがあっても対処できますよ。

住み込み農業の求人はどう探す?

いろんな媒体で求人は募集されていますが、住み込みの農業の仕事の場合どのように探すといいのでしょうか?

ここでは住み込みの農業の仕事の探し方を何点か紹介します。

農政課や農協

農政課や農協の情報はどちらかと言うと、新規就農の研修受け入れの情報が多いです。

また求人は全国ではなく、農政課がある県や市町村が中心の募集になります。

実際に栽培したい野菜や果樹が決まっていて将来的に独立を考えている場合は、農政課や農協に情報を聞くのがお勧めです。

しかし、その場合、受け入れ農家に住み込みの施設が無い場合もあるので確認は必要です。

私は茨城県の農家に県外から研修に行きました。

運よく私の場合は受け入れ農家に住み込みの施設がありましたが、宿舎が無い場合は自分でアパートを探すことになります。

インターネットの求人情報

インターネットでの求人は全国から募集を探すことが出来ます。

さらに大手の仕事情報サイトなどでは、細かな検索条件を設定して検索する事も可能です。

自分が求める条件を細かく入力できる点では、インターネットが一番便利です。

自分にあった住み込み農業の求人の選び方

住み込みの仕事にもいろいろな形態やいろんな栽培作物があります。

自分が住み込みの仕事で何をしたいかはっきりとしている場合は、具体的に探すことが出来ますが、そうではない場合はどのように仕事を選ぶと良いのでしょうか?

ここでは何を基準に住み込みの仕事を探すと良いかを具体的に紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

前述しましたが、住み込みの農業の仕事の場合はアルバイトからのスタートが一般的です。

もしくは正社員雇用を前提とした数か月の試用期間を設けている場合もあります。

さらにもうちょっと気楽に農業の仕事をしてみたいという方には、バラバイトというボランティアとバイトを合わせたような雇用形態もあります。

この場合は多少給与は安くなりますが、基本的に宿舎は無料です。

また、私の友達は、有機農業で有名な県外の農業法人で働きたくて直接アポをとって雇用されました。

彼は住み込みのアルバイトからスタートして、現在は立派に社員として働いています。

【選び方②】農作物の種類から探す

自分に好きな農作物や、栽培してみたい作物がある場合はぜひその作物で住み込みの仕事を検索してみてください。

好きなものに囲まれての仕事はきっと楽しいですよ!

【選び方③】給与や雇用条件から考える

住み込みの仕事は相場が決まっているわけではないです。

各農家や法人で相場が違っていますが、アルバイトの場合は最低で800円を切ることはないです。

基本的には住み込みの農業の仕事の方が、給与相場は若干高いです。

また実際に雇用条件を面接などで確認できると良いのですが、住み込みの仕事の場合はなかなかそうもいきません。

ネットや仕事情報誌で雇用条件を確認して、電話やスカイプなどでの面接が一般的です。

そのためはっきりと雇用条件を詰める作業が必要です。

情報だけはわからない部分を、スカイプなどの面接でしっかりと確認しましょう。

【選び方④】勤務地から考える

勤務地は重要な選択要素です。

北は北海道から、南は沖縄まで募集があります。

冬の北海道の寒さに耐えるには、それ相応の防寒対策が必要になります。

沖縄などの夏は水分補給をこまめにする必要があります。

住み込む場所によって心構えが変ってくるんです。

また農業を仕事にしたい人には、作物によって栽培適地があるので、その自然環境を学ぶこともできます。

さらに自宅から近い宿舎の場合は週末に帰ることが出来ますが、遠い場合は帰ることは困難になります。

勤務地から考える際は気候や、自分のライフスタイルと相談して決めると良いかと思います。

まとめ

さて今回は住み込みの農業の仕事についての募集内容、おすすめポイント、疑問点について説明してきました。

住み込みの仕事は一般の仕事と異なりかなり特殊な雇用形態になります。

そのため不安や、疑問がいっぱいあると思います。

この記事がそんな疑問や不安を持った人に解決になると幸いです。


関連キーワード

農業求人