リゾートバイトで最近注目されているのが、農業住み込みバイトの求人です。

いろんな求人が出ていますが、住み込みのバイトがどのようなものか不安に感じたりする人も多いと思います。

今回は住み込みの農業の仕事がどのようなものかを説明します。

皆さんが感じる不安などの解消に、少しでも役立てるとうれしいです。

では住み込み農業について紹介していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

農業のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

簡単に農業を説明すると、皆さんが口にする野菜や肉、果物など食物全般を生産販売する仕事になります。

食材全般の生産販売に加えて、最近では農家が自社製品としてその生産物を加工したりして販売する第6次産業も活発になってきています。

第6次産業では農家が農家レストランを経営して有名になっているところもあります。

このように最近の農業は生産販売するだけでなく、加工したり、新鮮なまま食事として提供するなど、どんどん新しいことに挑戦出来る時代になってきています。

住み込みはどういう役割を求められる?

ではこのような農業の風潮の中で、住み込みの農業の仕事はどのような役割を求められているのでしょうか。

私は実際に住み込みの農業の仕事を2年間経験しました。

私は作りたい作物を生産している農家が近くになくて、県外で就農のための二年間の研修を受けました。

栽培したい作物がある場合、本場で学ぶのが一番勉強になると思います。

他にはリゾート気分を味わいながらお金も稼ぐことが出来るので、気軽に農業経験を出来る役割も担っています。

住み込み農業にはどんな種類があるの?

住み込み農業は全国で募集されています。

北は北海道から、南は沖縄まで様々な募集があります。

業種も様々で特色のある募集がされています。

ここでは住み込み農業に、どのような種類があるのか紹介します。

住み込み農業の募集でよくある分野や事業形態のパターン

野菜類

最も募集数が多いのが野菜類です。

野菜と言っても様々な野菜があります。

それぞれの野菜にそれぞれの栽培方法があります。

全国の地域によって様々な気候がある中で、その気候に合った野菜を栽培しています。

数ある野菜の中で、募集の数だけ自分が育ててみたい野菜の選択機会があります。

また全国各地での募集があるので、行ってみたい地域で仕事を探すのもいいかもしれませんね。

野菜の住み込みの仕事の募集しているのは個人農家から、農業法人まで様々です。

一般的に宿舎の費用は無料~数万円で、格安で借りることが出来ます。

酪農

酪農の住み込み仕事は主に北海道での募集が多いです。

北海道は酪農大国です。

牛の頭数が人間の人口を上回る街もあるんですよ。

そのため自然がいっぱいの環境で、おいしい空気を吸って健康に過ごすことが出来ますよ。

酪農の良い点は、何といっても牛乳などの乳製品がおいしいことです。

鮮度の良い乳製品のおいしさは群を抜いています。

果樹類

果樹の住み込みの募集も全国で募集があります。

日本各地の果物の特産地で、住み込むことになります。

いろんな果樹が日本各地で栽培されていて、各地で自然環境が違います。

その自然環境に適した果樹が各地で栽培されているんです。

自分が好きな果樹を選択するのも良いですし、住んでみたい場所で決めるのも良いです。

果物は野菜などと比べて木の剪定など、特殊な技術を学ばないといけないので、しっかりと学ぶためにも、長いスパンで住み込み仕事をすることをお勧めします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

住み込み農業でよくある募集内容とは?

さてここまではごく一般的な住み込みの農業の仕事について簡単に紹介してきましたが、これからはちょっと具体的に紹介していきます。

雇用形態

雇用形態に関してはアルバイトが多いかと思います。

住み込みの仕事は引越しを伴う場合がほとんどなので、最初はアルバイトから経験を積む場合が一般的です。

なぜなら実際に住んでみて、その地域になじむことが出来るかどうかも重要だからです。

地域になれて生活できると確信できると、正社員の道も開けます。

また特に住み込みのアルバイトの野菜に関しては、期間が限定されている場合がほとんどです。

それは、収穫時期や播種時期などの忙しい時期に短期間の募集をかける場合が多いからなんです。

一か月から三か月ほどの期間の求人が多いです。

給与相場

給与相場は一般他業種の求人と比べると低いです。

最初のアルバイトの期間は800円~が一般的です。

野菜、果樹などの期間が限られた短期の求人の場合は、少し相場が高い場合が多いです。

その期間は、忙しい期間なので仕事も忙しいですが、給与もアップします。

酪農などの求人では月給で提示されている場合が多いです。

相場としては15万円~が相場と言えます。

しかし相場は経験によって変わってきます。

例えば短期の求人でも、前回も参加していた場合は給与アップします。

一般的に経験があると給与はアップしますので安心してください。

勤務時間や休日、残業

栽培する作物や飼育する生き物によって、休日や勤務時間は変わってきます。

一概にいうことは難しいですが、野菜農家や果樹農家の場合は、朝7時~17時が一般的かと思います。

酪農農家の場合は朝が早く4時から仕事が始まる場合もあります。

搾乳などの作業があるので、どうしても朝が早くなるんです。

また収穫時期は朝早くなったり、年間栽培スケジュールによって時間が変更することもあるので、臨機応変に対応できると良いです。

福利厚生

社会保険などの保険関係は一般的に就業先で入れてもらえます。

農作業は自然相手の作業なので、危険を伴う場合が時にはあります。

そのために傷害保険などに就業先で加入する場合もあります。

また収穫したもので、規格外の物に関して、就業先によって頂ける場合もあります。

規格外といえど、新鮮な野菜や生産物をその日に頂ける。

農業特有の福利厚生と言えるでしょう。

勤務場所

住み込みの農業の仕事は、基本的に現場での仕事です。

あまり事務などの仕事はなく、どちらかというと繁忙期の即戦力としての募集が多いです。

そのため勤務場所としては畑やハウス内での作業が中心になります。

屋外での作業が中心なので、寒いときは防寒具を、暑いときは水分の準備など環境に合わせて対応しましょう。

求められる人物像

住み込みの仕事は、個室が用意されることもありますが、一軒家をシェアしたりする場合が多いようです。

もちろんプライベートな空間はありますが、お風呂やトイレが共同でも平気な人が向いています。

また仕事に関しては、一般的に住み込み期間は繁忙期という場合が多いので、私の経験上、休み以外は疲れて外出できないと思います。

仕事の日と休みの日とのオンとオフの切り替えができると良いです。

また住み込む場所は田舎が多いです。

車がないと町まで遠かったり、移動できない場合もあります。

もちろん勤務先の車を使うこともできますが、がっつり遊びのために会社の車を使うのも気が引けます。

あまりが外出しなくても、自分でストレス解消法を準備できると良いですね。

必要なスキルや資格、経験

住み込みの農業仕事に参加するにあたり、前もって準備するスキル、資格はありません。

健康な体とやる気があれば何も問題ありません。

最初のうちは簡単な作業を任せられるので、少しずつ慣れていってくださいね。

慣れてくると新しい仕事もどんどん任せてもらえるので、その過程で必要な資格などの挑戦してみると良いですよ。

住み込み農業のおすすめ求人のポイント

普段とは違った街で、自然いっぱいの環境でリゾート気分でお金も稼ぐことが出来る住み込み農業!

ここではどこに注目して、住み込み先を決めると良いのかを簡単に説明します。

好きな分野に勤めるのが一番!

皆さんは好きな野菜や果物はありますか?

私は、果物が好きで、その中でも特にいちごが好きだったので、いちご農家への住み込みを決めました。

住み込みの期間には、規格外のいちごをいただき、たくさん大好きないちごを食べることが出来ました。

その期間仕事では大変なことがいっぱいで、何度も帰りたくなることがありました。

しかし、私にはいちご農家として就農する強い目標があったので、無事に期間を終了することが出来ました。

このように好きなことは、どんなに大変でも乗り越える事が出来るんです。

目標があったり、好きな食べ物がある場合はぜひその分野での求人に応募することをお勧めします。

労働条件がしっかりしている求人

労働条件はしっかりと確認して契約書の形で残すことをお勧めします。

住み込みの場合、近所での仕事ではないので、完全にアウェイでの仕事になります。

そのため、実際に勤務地に赴任してから、「こんなんじゃなかった。」とならないように、慎重に労働条件は確認しましょう。

契約時にはしっかりと書面で契約を交わすことで、後々トラブルがあっても対処できますよ。

住み込み農業の求人はどう探す?

いろんな媒体で求人は募集されていますが、住み込みの農業の仕事の場合どのように探すといいのでしょうか?

ここでは住み込みの農業の仕事の探し方を何点か紹介します。

農政課や農協

農政課や農協の情報はどちらかと言うと、新規就農の研修受け入れの情報が多いです。

また求人は全国ではなく、農政課がある県や市町村が中心の募集になります。

実際に栽培したい野菜や果樹が決まっていて将来的に独立を考えている場合は、農政課や農協に情報を聞くのがお勧めです。

しかし、その場合、受け入れ農家に住み込みの施設が無い場合もあるので確認は必要です。

私は茨城県の農家に県外から研修に行きました。

運よく私の場合は受け入れ農家に住み込みの施設がありましたが、宿舎が無い場合は自分でアパートを探すことになります。

インターネットの求人情報

インターネットでの求人は全国から募集を探すことが出来ます。

さらに大手の仕事情報サイトなどでは、細かな検索条件を設定して検索する事も可能です。

自分が求める条件を細かく入力できる点では、インターネットが一番便利です。

自分にあった住み込み農業の求人の選び方

住み込みの仕事にもいろいろな形態やいろんな栽培作物があります。

自分が住み込みの仕事で何をしたいかはっきりとしている場合は、具体的に探すことが出来ますが、そうではない場合はどのように仕事を選ぶと良いのでしょうか?

ここでは何を基準に住み込みの仕事を探すと良いかを具体的に紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

前述しましたが、住み込みの農業の仕事の場合はアルバイトからのスタートが一般的です。

もしくは正社員雇用を前提とした数か月の試用期間を設けている場合もあります。

さらにもうちょっと気楽に農業の仕事をしてみたいという方には、バラバイトというボランティアとバイトを合わせたような雇用形態もあります。

この場合は多少給与は安くなりますが、基本的に宿舎は無料です。

また、私の友達は、有機農業で有名な県外の農業法人で働きたくて直接アポをとって雇用されました。

彼は住み込みのアルバイトからスタートして、現在は立派に社員として働いています。

【選び方②】農作物の種類から探す

自分に好きな農作物や、栽培してみたい作物がある場合はぜひその作物で住み込みの仕事を検索してみてください。

好きなものに囲まれての仕事はきっと楽しいですよ!

【選び方③】給与や雇用条件から考える

住み込みの仕事は相場が決まっているわけではないです。

各農家や法人で相場が違っていますが、アルバイトの場合は最低で800円を切ることはないです。

基本的には住み込みの農業の仕事の方が、給与相場は若干高いです。

また実際に雇用条件を面接などで確認できると良いのですが、住み込みの仕事の場合はなかなかそうもいきません。

ネットや仕事情報誌で雇用条件を確認して、電話やスカイプなどでの面接が一般的です。

そのためはっきりと雇用条件を詰める作業が必要です。

情報だけはわからない部分を、スカイプなどの面接でしっかりと確認しましょう。

【選び方④】勤務地から考える

勤務地は重要な選択要素です。

北は北海道から、南は沖縄まで募集があります。

冬の北海道の寒さに耐えるには、それ相応の防寒対策が必要になります。

沖縄などの夏は水分補給をこまめにする必要があります。

住み込む場所によって心構えが変ってくるんです。

また農業を仕事にしたい人には、作物によって栽培適地があるので、その自然環境を学ぶこともできます。

さらに自宅から近い宿舎の場合は週末に帰ることが出来ますが、遠い場合は帰ることは困難になります。

勤務地から考える際は気候や、自分のライフスタイルと相談して決めると良いかと思います。

まとめ

さて今回は住み込みの農業の仕事についての募集内容、おすすめポイント、疑問点について説明してきました。

住み込みの仕事は一般の仕事と異なりかなり特殊な雇用形態になります。

そのため不安や、疑問がいっぱいあると思います。

この記事がそんな疑問や不安を持った人に解決になると幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

農業求人

農業求人についてもっと深堀りした情報を見る

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

農業は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

世の中にあるたくさんの仕事の中には、専門的な知識を学んでいないと就けない仕事があります。大学や専門学校、あるいは実務経験や資格取得が必須となる仕事もありますよね。では、農業はどうでしょう?まったくの未経験でも始められるのでしょうか?その疑問を、この記事で解消していきましょう。農業は未経験でもできるの?筆者は農業を3年経験したことがあります。しかも、親は農家ではない、いわゆる非農家出身です。結論から言えば、未経験でもできます。なぜ未経験でもできるのか。それを簡単に解説していきます。誰でもできる農業は誰でもできます。これといった資格はいらないし、実務経験がゼロでも全然構いません。知識を持っていなく

農業で独立するには?やるべき12個のこととは?

農業で独立をしたいと検討中の方は必見です。農家を始めるにあたって必要なやるべきことをご存じでしょうか?独立するということは一筋縄ではいきません。そもそも農家をするには知っておくべきことや、注意点、準備することが多くあります。そこでこの記事では、農業で独立を目指す方に向けて筆者の経験をもとに紹介します。ぜひ参考までに最後までご覧ください。農業で独立するのは大変?簡単??農業は、農地を所有または賃借していれば誰でも始められます。書面などの手続き上は簡単で、農地を取得したら完了です。任意ではありますが、自治体に申し出たり、税務署に開業届を出しても構いません。ですが、農業を生業として生活していくのは金

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

農業のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

皆さんはどんなときにやりがいを感じるでしょうか。「やりがい」というと一見わかっているようでわからない言葉かもしれません。やりがいを感じると仕事がもっと好きになるかもしれません。明日への意欲が湧いてくるかもしれません。結果が出るとさらに新たなやりがいにつながることもあります。ここでは、農業に実際に接した私がやりがいを感じた場面を紹介していきたいと思います。農業の大まかな仕事内容について理解しておこう大まかに農業の仕事を説明すると、まずは作物を育てるための土壌を作ります。主には肥料をまいて畑を耕します。そして耕した畑に種をまいたり、苗を植え付けます。その後は成長して出荷を迎えるまでは草刈りと行った

農業って稼げない?収入についての話を中心に紹介します

農業はどれくらい稼げるのかご存知でしょうか?目標とする農家の年収は、就農5年目で年収300~500万円と言われています。では、実際の収入事情はどうなのか。筆者は野菜農家歴3年で、依然経営が軌道には乗っていません。それを前提として、農業は稼げるのか、稼げないのかを経験をもとに農家の収入事情について紹介します。農業のおおまかな仕事内容田畑を耕す・畝を立てるなどの、耕地。種まきから収穫までを行う、栽培。収穫した農作物を出荷して売る、販売。耕地や栽培の計画、販路開拓の営業、収入と支出を管理するなどの、経営。以上4つの仕事がメインになります。農業って稼げない?経験者が語る、農業の給与事情冒頭でも説明した

農業がおすすめな理由をご紹介!自分のペースで働ける?!働いて感じたことをお話しします

農業は魅力ある仕事である。農業大学校で2年間勉強して、野菜農家として就農してから3年が経った今、筆者はそう感じています。農業することになったきっかけは、両親の「故郷で農業をするから手伝って欲しい」と言われたから。農業大学校に入学するまではと言うと、農業をしたことがなかったし、それほど魅力を感じていませんでした。それが今や、農業に強い魅力を感じています。農業への興味関心を持つ人がまだまだ多くはない世の中において、農業はおすすめしたい仕事。そのおすすめポイント9個を、筆者の視点で紹介していきます。農業のおおまかな仕事内容とは?野菜農家の仕事内容としては、耕地・栽培・販売・経営があります。耕地は、ト

転職なら農業がおすすめな9個の理由。現役農家が全力で推薦!

この記事を見ている人は転職を考えている人、もしくは農業に興味がある人だと思います。私は現役の農家として働いていますが、農業は長くやるほど面白さが増していく職業です。毎年毎年天候によって生産物の生育も違ってきますし、土の出来で思いがけず豊作になったりと、予想できないことが起こることが農業の醍醐味とも言えます。安定感がないと言われるとそれまでですが、それでも日本の食を支える一人として安定して生産できる技術を身に着けるために毎年努力しています。今回はそんな農業について、お勧めな点を農家の視点から紹介していきたいと思います。農業のおおまかな仕事内容農業を大きく分別すると作物を生産する分野と、生産に付随

農業で働く5個のメリットややりがい。これから就職や転職を考えたい人に向けて!

さて今回は農業とはどんな仕事かを説明します。皆さんは農業と聞いてどんな仕事を想像しますか?泥だらけだったり、なんだか古臭いイメージがあるかもしれません。でも実際はそんなことはありません!今回は転職を考えている人に、最近の農業事情やメリットについて説明していきます。農業とはどんな仕事?私たちは毎日食事を欠かさず口にします。その食事の食材を生産する仕事が農業です。ここでは農業がどんな内容の仕事か簡単に説明します。農業の仕事簡単に説明すると、農業の仕事は食材を生産して、販売する仕事です。他にも最近では、生産物を加工して農家レストランや加工品として販売する仕事も農家の仕事です。このように食に深く関連す

農業の転職でおすすめな農家の2個の特徴とおすすめの農作物の種類

農業の仕事は他業種からの転職や、農業従事者などの同業者からの転職が多いです。どんな仕事でも転職となると勇気がいりますね。給与が下がる可能性もあります。今の会社の地位が無くなって、また一からのスタートになります。しかし色々悩んでいても答えが分からなくなると思います。農業は他業種と比べると、天候に左右されやすいなど特殊な業種ですが、お勧めのポイントも沢山あります。今回は農業の転職でお勧めの農家の特徴、おすすめの農作物について紹介します。農業はどんな仕事?食事は素材があって初めて料理として食卓に並びます。材料が新鮮であると食事もおいしいものになります。そんな材料、食材を栽培や飼育して、食材として生産

農業がブラックだなと感じた8個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う6個の理由

皆さんは農業と言われるとどのような印象を持たれますか?この記事を読んでいる人は、きっと農業に興味がある人だと思います。どんな仕事にもブラックだなーと感じる瞬間はあると思いますが、農業の場合はどのような時にそう感じるのでしょうか。そんな瞬間を今回は紹介します。さらにブラックと感じても、それに勝る面白さが農業の世界にはあります。そんな点も今回は紹介したいと思います。農業はどんな仕事?普段何気なく口にしている食材を、生産する仕事が農業です。日本の場合は、食に関して輸入に頼る部分が多いですが、スーパーに並ぶ野菜や果物などの生産地を見てみると、必ず国内で生産された物があるはずです。そんな国産の作物の生産

農業のアルバイトの時給ややりがいは?現役自営業農家が、農家でのバイトをおすすめしたい理由も解説

皆さんは農業のアルバイトをしたことがありますか?ネット社会の中で農業アルバイトと聞いてピンと来ない人が大半だと思います。しかしこの記事を見ている人は多少でも農業に興味がある人だと思います。今回は農業アルバイトの時給やお勧めの点について説明します。実際に知られていない農業アルバイトの本音について具体的に紹介したいと思います。農業アルバイトの時給は?農業アルバイトは初心者のスタートで時給800円前後が一般的です。経験年数や資格・免許の所持状況で時給は変動します。また繁忙期は時給が少しアップすることがあります。農業アルバイトでやりがいを感じたこと私は農業を始めた頃に、米とネギなどの野菜を生産する農家

農業の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

農業の年収ってどれくらいあるの?農業を仕事にしたいと考えている方は今はまだ少ないかもしれません。しかし近年、遺伝子組み換え作物やゲノム編集食品など、安心安全なのかと疑問を抱くような食べ物も多い中で、近い将来安心安全な作物を自分の手で育てることが当たり前になる日も近いかもしれませんよね。私たちが生きていく上で欠かせない農業の仕事が人気になる時が来るのではないでしょうか?人々に安心安全な農作物を届けるためにも、やはり仕事としてお給料は大事ですよね!今回は農業の仕事をしてみたい!そんな人のために、経験談も交えて年収、給与アップのためにするべき事をお教えいたします。農業の給料の相場はどのくらい?農業を

農業に転職するためにやるべき3個のことや注意点、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

農業に転職するための注意点や詳しい方法などを今回は説明していきます。私自身、他業種から農業の仕事に転職した経験を活かして、この記事で具体例を出してご紹介させていただければと思います。転職への心構えや、年収アップを狙う方法、自分に合う農家の求人の選び方など、とにかく興味のある方には必見な内容ばかりです。ぜひ農業への転職を成功させて、よりあなたの日々の暮らしが少しでも前進しますと幸いです。農業への転職で注意したほうが良い4個のこと農業は自然に囲まれた余裕のある生活というイメージはありませんか?田舎暮らしやアウトドアブームがあると必ずと言っていいほど農業ブームも起こります。確かに田舎暮らしやアウトド

農業バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の5個の特徴を自営農家の私が教えます!

農業の世界で働きたい人。バイトで農業体験してみたい人。農業に興味がある人。今回はそんな様々な人に農業とはどんな仕事かを理解してもらうためにざっくりとわかりやすく、農業バイト求人について説明します。ただ作物や生き物を育てるだけじゃない、農業の本音の部分を今回は説明します。農業はどんな仕事?農業は衣食住の食全般を担う大切な仕事です。食全般と一言で言ってしまうとわかりやすいですが、実際の内容は多岐にわたり、とても一言で言い表すことができないのがこの仕事の特徴でもあります。例えば機械の簡易修理(トラクターの爪交換、オイル交換など)やビニールハウスのビニール交換など作物を栽培するだけが農業ではありません

農業の仕事内容とは?13個の作業内容や向き不向き、メリットについて解説します

農業の仕事内容って具体的にどのようなことをしているのでしょうか?農業は重労働で体を動かさないと成り立たない職業ですが、一言で表すことができないくらい多岐に渡る分野の業務が満載なんです。今回はそんな農業の作物の生産に関わる詳しい業務内容を簡単に説明したいと思います。日照時間や、気象条件によって作業内容が異なってくる為、あくまで一般的な説明になりますが、少しでも農業で働くということを知っていただく機会になればと思います。大変な職業ですが、農業は楽しいんです!農業はどんな仕事なのでしょうか?天候に左右されますが、自分の持っている知識や経営能力を問われる仕事です。農業の大まかな仕事内容とは?ハウス野菜