農家になるために必要なやるべきことをご存じでしょうか?

農家になる、つまり農業で独立するということは一筋縄ではいきません。

前もって知っておくべきこと、注意点、準備することが多くあります。

そこでこの記事では、農業で独立するためにやるべきことを筆者の経験をもとに紹介します。

農業で独立するのは大変?簡単??

農業は、農地を所有または賃借していれば誰でも始められます。

書面などの手続き上は簡単で、農地を取得したら完了です。

任意ではありますが、自治体に申し出たり、税務署に開業届を出しても構いません。

ですが、農業を生業として生活していくのは金銭面や知識面で大変です。

特に大変なのが、日々の生活費をまかなえるほどの経営を成り立たせること。

何を栽培するのか、どこに出荷・販売するのか、販売するものの価値はどれくらいなのか、経営をどうすすめていけばいいのか。

就農する前からこれらの情報を収集して、入念な計画を立ててから農業を始めるべきだと思います。

農業で独立するためにやるべき12個のステップとは?

では、独立するためには具体的に何をしたらいいのでしょうか。

筆者の経験と知り得た情報から、前もってやっておいた方が良いことを12個紹介します。

就農地域の選定

「どこでもいいから農業したい」という甘い考えは、のちに後悔することになるので避けるべき。

自分が求める気候風土や環境の条件がどんなものかを定めましょう。

水のきれいな所、川のそば、山間部、平野部、都会の近郊、特産品の有無、温暖な気候、災害の少ない地域、故郷など。

挙げればたくさん出てくるので、その中で自分が理想とする項目をピックアップしていき、それらをもとにして就農する場所を選んだ方が良いと思います。

全部当てはまるようにしなくても、優先順位を決めてそれに見合う土地を探すことが大切です。

栽培品目の選定

地域ごとで気候風土や土壌の質が異なり、それに伴って栽培できる農産物も変わります。

なので、就農する地域にある自治体などの農業関連機関で、何が風土に合うのかを相談してみましょう。

また、それぞれの地域では地域振興の主力となる特産品があります。

「なにを栽培したいか決められない」という人にとって、この特産品は導入しやすいでしょう。

同時に、地域でも特産品の担い手や後継者を探しているので、受け入れてもらえやすいというメリットがあります。

もし自分が何を栽培したいのか根拠を持って決めているのであれば、それを主力として計画を進めれば良いです。

農業関連の機関を把握

農業を始めるにあたって大きな助けになるのが、行政や自治体など農業に関連する機関の存在。

まずは、どの地域にどんな農業関連機関や団体があるのかを調べてみましょう。

農業を始めるにあたっての開業のしかたや、経営や資金面、農業研修に関する情報など、色々と相談に乗ってもらえます。

開始資金を調査

農業を始めるにあたって、どれくらいの資金が必要なのかを大まかに把握しましょう。

自治体の農林課や農業改良普及センターなど、農業に詳しい行政や機関に相談してみると良いです。

恐らく、各都道府県ごとに農産物の栽培にかかる経費や売上額の指標があるので、それを見せてもらえるはず。

何を栽培するかによって細かい数字は変動しますが、大まかな初期投資額を把握することができると思います。

また、その地域の農地や住居の大まかな購入・賃借金額も教えてもらえるかもしれません。

農業の実態を知る

農業に対するイメージだけが先行して、覚悟なくモチベーションが上がることは要注意。

実際の農業は厳しいものであることを、始める前に知っておくべきです。

さきほど紹介したような自治体などの機関に、農業の実態を詳しく聞くことをおすすめします。

そうすれば、農業経営における課題や気をつけるべきことを知ることができ、「農業は厳しいものである」という覚悟が固められます。

まず農業の実態を知った上で、覚悟を持てるか否かを見極めた方が良く、そうすれば経営失敗・離農という事態を避けられると思います。

覚悟できるなら農業の道に進み、できなければ諦める、あるいは時期を待つという選択肢を持つと良いでしょう。

経営資金の貯蓄

大まかな農業の開始資金が把握できたら、自身の貯蓄額と照らし合わせてみましょう。

一番ネックなのはお金の問題。

なぜなら、農業を始めてから3~5年間は試行錯誤が続いて安定収入が得られないからです。

開始時の初期投資に加えて、日々の生活費を工面する必要があるのでそこを重々考慮する必要があります。

もし初期投資をする資金が足りないようであれば、行政の給付金や自治体の助成金制度、または金融機関からの融資を頼れば良いと思います。

ただし、そのためには入念な経営計画が必須。

そして、時期尚早は禁物です。

初期投資のお金を持ち合わせていなければ、就農の機会を何年か先に見送る勇気も持つと良いでしょう。

知識の習得

知識とは、農産物の栽培知識と、農家経営の知識のことを言います。

農家出身者ならある程度の経験によるベースができているでしょうが、非農家出身者は知識が皆無。

今の時代は書籍やインターネットで栽培や経営について勉強できますが、こと栽培に関しては実習をした方が良いと思います。

なぜなら、季節ごとの農作業を前もって自身で体験した方が、就農に向けた心の準備ができ、就農した後に感じるイメージとのギャップが少なくて済むからです。

なので、農業研修を受けることをおすすめします。

研修期間は場所によって様々で、短ければ数ヵ月、長ければ数年。

自治体が研修受け入れ先の斡旋をしてくれるでしょうし、各都道府県には県立農業大学校があるのでそこに学生として入学するか、あるいは社会人研修制度を受講することができます。

4年制大学の農学部や、一般企業や農業関係の法人の研修制度を受けることも選択肢として挙げられます。

農地・住居の取得

就農する場所を決めたら、農地や住居を探しましょう。

就農する地域に住んでいる人と面識がない場合、いきなり「空き農地の紹介をしてくれませんか?」とお願いしても、よっぽどの伝手がないかぎり紹介してもらえません。

なので、自治体の農林課に相談するのが手っ取り早いでしょう。

そうすれば、農地の貸し借りなどを扱う機関である農地中間管理機構を紹介してくれます。

ただし、農地中間管理機構でも取り扱っていない農地もあるので、そこは地域住民との交流を深めていけば空き農地の情報を教えてくれるようになります。

また、就農場所が故郷であるなら親戚や知人を頼る方法も有効です。

農業用機械や資材の取得

就農場所を定め、栽培品目を決め、農地を取得したら、必要な農業用機械や農機具、資材を購入します。

はじめは何をどれだけ揃えればいいか分からないので、自治体に相談して指標を見せてもらったり、地域の農家に聞いてみると良いでしょう。

また、もし農業研修を受けていたならここでその経験が活きて、何の品目には・どんなものが・いくつくらい必要なのかが大まかに分かるようになります。

販路開拓

最後に必要なのが、出荷物の販売ルート。

この販売ルートは、様々なものがあります。

農協は手数料を取られますが、市場への出荷を代行してくれるので、自ら市場まで持って行く必要はありません。

まずは農協に出荷するところから始めるのが無難です。

また、地域ごとに農産物直売所があるので、そこに出荷する方法もハードルが低くありません。

それ以外の方法は、自ら営業に行ったり、コネで紹介してもらったり、情報収集して見つけていくことになるでしょう。

例えば、スーパーには地場野菜コーナーを設けているところがあるので、売り場担当者に申し入れすると出荷取引ができるはずです。

また、営業力と時間的余裕があれば、飲食店などに自分の所の農産物を売り込みに行くという方法もあります。

コミュニティとのつながり

近隣住民との交流は、地域特性や地元ならではの情報が得られます。

それに加え、農協や農業機械メーカー、農業資材メーカーなどの農業関連業者とのつながりを持つことも有益です。

そして、他の農家や自治体とのつながりを持っていれば、新たな販売ルートを紹介してくれることがあります。

なので、地域行事には積極的に参加し、知り合った人たちに相談をするなど交流を増やしコミュニティを広げた方が、後々に大きな助けとなるはず。

情報収集

農業を始める前はもちろんのこと、始めた後も情報収集をしていきましょう。

前述したような機関に加え、農業大学校や試験場といったバックアップをしてくれる存在の把握。

給付金や助成金制度、融資といった農業経営の支援制度。

栽培や経営に関する勉強会やセミナー。

産地視察会や交流会などの催し物。

探せば1年間で色々なイベントがあるので、積極的に参加すると今後の農業経営に活かされます。

独立する上での注意点とは?

ここまで紹介したやるべきステップに加えて、独立する上での注意すべきこともあります。

最後に、独立する上での注意点を紹介します。

イメージと現実とのギャップ

農業に対するイメージと現実とのギャップを埋めないまま農業を始めるのは、危険であると思います。

「こんなはずでは…」と、厳しい現実に直面した時のショックが大きくなってしまうからです。

では、そのギャップを埋める方法はと言うと、情報収集と体験です。

自治体や関連機関はもちろん、農家としての経験が長い方々から生の情報を受け取ることをおすすめします。

地域の農家でも良いですし、自治体などに紹介してもらったり、インターネットの体験記ブログなどからそれらの情報を集められます。

また、農業研修などで農業を体験しておくと、体力面・精神面で準備をすることができます。

農業、そして農家の現実を知ることは、農業で食べていくことが大変なのだと知ることです。

それを知った上で、農業の道に進むか否かの覚悟を固められます。

資金不足

農業を始める上での初期投資はもちろん、それだけでなく、しばらく生活していけるだけの費用を確保しておかなければ生活が困窮してしまいます。

まず、就農を開始してから数年間はある程度食べて行ける貯蓄を確保するべき。

あるいは、貯蓄を初期投資にあてず、助成金や融資から得たお金を初期投資にあてる方法もあります。

そして何に投資するのか、本当に必要な物かどうかや現状に見合ったものなのかを見極めて購入するよう心掛けることです。

農協や関連機関が行っているリース事業を活用するのもあり。

または、新品ではなく中古のものを揃えたり、地域の人と仲良くなって機会を借りるという方法もあります。

このように、お金を使う方法や使わずにおさめる方法があるので、ケースバイケースでやってみると良いでしょう。

それに収入が多くないのであれば、兼業や副業(アルバイト、クラウドソーシングなど)を組み合わせるという手段も念頭に置いておいておきましょう。

コミュニティとの交流

主に地域住民との交流不足に注意が必要です。

これを怠ると、いわゆる村八分になりかねず、最悪農業を続けられなくなることも考えられます。

次に、自治体など農業関連機関との交流です。

自発的にそれらとのコミュニケーションを図ることは、自身の農業経営にプラスになります。

以上のコミュニティを広げないと、栽培や経営における大小の様々な困りごとや悩み事を相談できず、いざという時に困ることになると考えられます。

自身に見合った栽培計画

野菜栽培においては、1人で管理できる面積は1反が限界であると言われています。

これは大まかな目安ですが、このように管理する限界の面積というものがあります。

栽培する品目や、その人それぞれの作業ペースや要領によって、管理できる面積が異なります。

つまり、自身の能力や栽培品目に見合わない面積を管理することは、管理の不行き届きが生じ、投資はしたけど収入が無いという事態に陥りかねません。

ここにつながるのが、情報収集と体験。

栽培するものがどのような作業をすることになり、その作業に対して自分はどれほどの要領で進めることができるのかをある程度でも把握できるでしょう。

知識ゼロでのスタート

失敗は成功のもとと言います。

農業研修を受けようが受けまいが、すべてにおいて当てはまる言葉です。

ただ一点注意が必要なのは、農業は生き物を相手としており、一度失敗したら短くて数ヵ月、長くて一年後にならないとその失敗を成功へとつなげられません。

失敗を取り戻すまでの時間、失敗を活かすまでの時間がかなりかかることを念頭に置くべきです。

なので、農業研修や先進農家への視察などで、前もって自身の目で見て、手で触れることはとても意味のあることだと思います。

知識を学んだ状態から始めると、作業の進め方や事態の対処法に幅が広がります。

まとめ

以上、農業で独立するためにやるべきこと、そして注意点を紹介しました。

こうして見ると、それぞれの項目が関連し合っているようにも見えますね。

農業で独立するということは、言い換えれば会社や事業を立ち上げることと同じです。

だからこそ、「経営する」という意識を強く持ち、入念な就農計画を練ることが肝心。

そのためにも、様々なつながりを広げ、情報を見聞きしていく必要があります。

そして、急がず焦らず、時期を待つことを心掛けるべきだと思います。


関連キーワード

農業求人

農業求人についてもっと深堀りした情報を見る

住み込み農業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

リゾートバイトで最近注目されているのが、農業住み込みバイトの求人です。いろんな求人が出ていますが、住み込みのバイトがどのようなものか不安に感じたりする人も多いと思います。今回は住み込みの農業の仕事がどのようなものかを説明します。皆さんが感じる不安などの解消に、少しでも役立てるとうれしいです。では住み込み農業について紹介していきます。農業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容簡単に農業を説明すると、皆さんが口にする野菜や肉、果物など食物全般を生産販売する仕事になります。食材全般の生産販売に加えて、最近では農家が自社製品としてその生産物を加工したりして販売する第6次産業も活発になってきています。第

農業の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

農業に転職しようと考えた方は、その時からいろんな情報を集めておられると思います。今回はそんな人のため経験談も交えて年収、給与アップのためにすると良いことについて説明していきます。農業の給料の相場はどのくらい?農業を仕事の報酬はいくらもらえるのでしょうか?ここでは各雇用体系別でおおよその給与を紹介します。正社員で新卒入社した場合実際の農業従事者としての新卒の希望者は現状では残念ながらすごく少人数です。やはり農業というときつくて、あまり儲からないというイメージが先行しているのだと思います。また最近の自然災害の被害をまともに受けている農業界の現状に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。実際に私の

農業に転職するためにやるべき3個のことや注意点、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

今回は農業に転職するための注意点、転職方法などを説明していきます。私自身、他業種から農業の仕事に転職しました。私の経験も含めできるだけ具体例を出していきます。この記事を読んで農業への転職活動が少しでも前進すると幸いです。農業への転職で注意したほうが良い4個のこと農業は自然に囲まれた余裕のある生活というイメージはありませんか?田舎暮らしやアウトドアブームがあると必ずと言っていいほど農業ブームも起こります。確かに田舎暮らしやアウトドアを突き詰めると、自給自足もしてみたいという思いに行き着く気持ちもわかる気がします。しかし田舎暮らしで生活の基盤ができたからと言って、何も考えずに農業を仕事とするのは危

農業バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の5個の特徴を自営農家の私が教えます!

農業の世界で働きたい人。バイトで農業体験してみたい人。農業に興味がある人。今回はそんな様々な人に農業とはどんな仕事かを理解してもらうためにざっくりとわかりやすく、農業バイト求人について説明します。ただ作物や生き物を育てるだけじゃない、農業の本音の部分を今回は説明します。農業はどんな仕事?農業は衣食住の食全般を担う大切な仕事です。食全般と一言で言ってしまうとわかりやすいですが、実際の内容は多岐にわたり、とても一言で言い表すことができないのがこの仕事の特徴でもあります。例えば機械の簡易修理(トラクターの爪交換、オイル交換など)やビニールハウスのビニール交換など作物を栽培するだけが農業ではありません

農業の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや農業の楽しさについて解説します

農業は、「重労働で少ない収入」との印象が強いようですが、私はこんなに素晴らしい仕事はないと思っています。私たち家族は脱サラして、北海道で農業を始めました。私たちが経験したり、聞いたりした中から、どのようにしたら農業につくことができるのか。農業の仕事について説明したいと思います。農業はどんな仕事なのでしょうか?天候に左右されますが、自分の持っている知識や経営能力を問われる仕事です。農業の大まかな仕事内容とは?ハウス野菜を例に挙げると、春先にハウス周囲の除雪、ハウスのビニール張り、種まき、鉢上げ(双葉になった苗を、1本ずつポットに移す)、育苗と続きます。土壌分析のデータをもとに畑に肥料をまき、定植


農業求人に関するコラム

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

農業は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

世の中にあるたくさんの仕事の中には、専門的な知識を学んでいないと就けない仕事があります。大学や専門学校、あるいは実務経験や資格取得が必須となる仕事もありますよね。では、農業はどうでしょう?まったくの未経験でも始められるのでしょうか?その疑問を、この記事で解消していきましょう。農業は未経験でもできるの?筆者は農業を3年経験したことがあります。しかも、親は農家ではない、いわゆる非農家出身です。結論から言えば、未経験でもできます。なぜ未経験でもできるのか。それを簡単に解説していきます。誰でもできる農業は誰でもできます。これといった資格はいらないし、実務経験がゼロでも全然構いません。知識を持っていなく

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農業を営んでいた際に「辞めたい」という気持ち湧いた瞬間。徐々に辞める方向へと傾倒していく場面を紹介していきます。農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人間的に成長できる場面も多く、多少のことでは動じなくなってきます。良い条件の畑を借りることができないさあ農業を始めよう!と思っても、耕す土地

農業のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

皆さんはどんなときにやりがいを感じるでしょうか。「やりがい」というと一見わかっているようでわからない言葉かもしれません。やりがいを感じると仕事がもっと好きになるかもしれません。明日への意欲が湧いてくるかもしれません。結果が出るとさらに新たなやりがいにつながることもあります。ここでは、農業に実際に接した私がやりがいを感じた場面を紹介していきたいと思います。農業の大まかな仕事内容について理解しておこう大まかに農業の仕事を説明すると、まずは作物を育てるための土壌を作ります。主には肥料をまいて畑を耕します。そして耕した畑に種をまいたり、苗を植え付けます。その後は成長して出荷を迎えるまでは草刈りと行った

農業って稼げない?収入についての話を中心に紹介します

農業はどれくらい稼げるのかご存知でしょうか?目標とする農家の年収は、就農5年目で年収300~500万円と言われています。では、実際の収入事情はどうなのか。筆者は野菜農家歴3年で、依然経営が軌道には乗っていません。それを前提として、農業は稼げるのか、稼げないのかを経験をもとに農家の収入事情について紹介します。農業のおおまかな仕事内容田畑を耕す・畝を立てるなどの、耕地。種まきから収穫までを行う、栽培。収穫した農作物を出荷して売る、販売。耕地や栽培の計画、販路開拓の営業、収入と支出を管理するなどの、経営。以上4つの仕事がメインになります。農業って稼げない?経験者が語る、農業の給与事情冒頭でも説明した