いつの時代でも、若い人に人気のアルバイトであるファミレスバイト。

一見、華やかで楽しそうなアルバイトに見えますが、休日やランチタイムなどは来店客が多く、とても大変そうに見えます。

実際のところはどうなのでしょうか。

しかし、きれいな制服を来て、テキパキとたくさんの業務をこなす姿はとても魅力的です。

大変だとはわかりつつもとても気になりますよね。

とはいえ、たくさんお客様が来店してもテキパキと笑顔で対応する店員の方の仕事ぶりに憧れて、ファミレスバイトをやってみたいという方は多いのではないでしょうか。

また、パートタイムで働ける気軽さから、子育ての合間で働きたい主婦の方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、笑顔の裏で様々な苦労もきっとあるでしょう。

今回は、ファミレスバイトがきついと思う10個の瞬間をご案内します。

ファミレスバイトのおおまかな仕事内容とは?

ファミレスバイトのおおまかな仕事内容をご紹介します。

まず、ファミレスの職種は大きく「ホール」と「キッチン」に分かれます。

ホールスタッフの仕事内容は、レストランホールでの接客、注文取り、料理のサーブ、テーブルの片付け、ナイフやフォーク類の補充、レジ打ちなどです。

キッチンスタッフの仕事は、調理、食器洗い、食材管理などですが、調理というのはかなりの技術が伴う作業ですので、入店したてのアルバイトがいきなり、難しい料理を任されることはもちろんありません。

洗い場や野菜などの盛り付けといった簡単な作業から始まり、徐々に難しい作業に移行していくというのが一般的です。

ファミレスバイトがつらいと感じる10個の瞬間とは?

ファミレスバイトがつらいと感じる10個の瞬間をご紹介します。

人間関係

ファミレスは実にたくさんのスタッフによって成り立っています。

実に色々なタイプの人が集まってきます。

中にはどうしても自分と気が合わない人がいます。

この人間関係がつらいと言えます。

人見知りが激しく、内気なタイプの方には、この人間関係が苦痛に感じる人が多いのではないでしょうか。

どんな仕事でもこの問題はついてまわるので、自分で何とか折り合いをつけていかねばなりませんね。

人づきあいが苦手な方は、いっぺんに全ての人と仲良くしようとはせずに、まずは自分に一番近いタイプの人から仲良くなり、徐々に増やしてみるのもいいのではないでしょうか。

不思議なもので仕事に慣れてくると、ある日突然、まわりの人が逆に自分に近づいてくる時が来るのです。

仕事の人間関係は、仕事でしか築けませんので、まずは仕事を覚えるというところから始めてみましょう。

勤務時間が不規則

9時から17時までといった定時の仕事ではなく、変則的な勤務時間なのがツライところです。

ですので、友達や家族と予定を合わせて何かの計画を立てたりするのが大変だったりします。

ファミレスは他人が遊んでいる時間が忙しい時なので、そこがつらいところですね。

働く側としては、なるべく土日は休みたいところなのでしょうが、雇う側にしてみれば、なるべく忙しい土日に働いてもらいたいのです。

シフト制の場合、土日休みを希望を出すことは可能でしょうが、逆に勤務日数を減らされてしまう場合もあります。

当然のことながら、忙しい時間に協力してくれる人を優先的に勤務に入れたりするのは、どんな職種でも同じです。

また、昇給であったり、上のポジションに昇格の査定にも大きく響きます。

思わぬ怪我

キッチンですと、包丁で指を切ったり、熱いフライパンを触って火傷をしたりなど、思わぬ怪我をしてしまうのがツライところです。

また、ホールスタッフでも、誤ってお客様の洋服に飲み物をこぼしてしまったりというような、粗相をしてしまうといったこともあります。

チェーン店の場合は、従業員の怪我は労災の対象として、治療日や給与保障をしてくれますし、お客様に対する不手際もお店が対応してくれることがほとんどですので、安心して働けるのですが、やはり、「自分の身は自分で守る」ではありませんが、常日頃から、用心して仕事に取り掛かることこそが大事なのは言うまでもありません。

ランチタイムや休日の混雑時

当然のことですが、ランチタイムや休日などの混雑時の作業は体力的にも精神的にもつらい作業です。

ファミレスバイトに限らず、飲食店全般に言えます。

また、忙しい時間帯を如何にスムーズに回転させていくかが鍵であります。

経験を積むごとにツラさが充実感に繋がっていきます。

最もつらい時間帯ですが、最もやり甲斐を感じる時間帯でもあります。

最初のうちは、他の人のスピードについていくのがやっとでしょうが、徐々に自分のペースで出来るようになるでしょう。

注文間違いや作り間違いなどのミス

ファミレスバイトは個人作業ではなく、共同作業なので、お客様からの注文間違いや料理の作り間違いは自分だけではなく、他の人にも迷惑が掛かるので、精神的につらいと感じます。

責任感の強い人ほど、その度合いは強いでしょう。

そういう痛い失敗を経験し、同じ失敗を繰り返さないように慎重に行なうことで、間違いのない正確な仕事ぶりに繋がっていくのです。

開店前準備

開店前準備はファミレスバイトの一日の作業の中で一、二を争うほどに重要な作業です。

ここを怠ると、ランチタイムやディナータイムといったピークタイムに大きな支障をきたしますし、お客様が二度とお店に来店しないような事態になってしまうかもしれません。

開店前は、従業員全員がピリピリしており、正に時間との戦いなので、限られた時間でテキパキと全ての準備をこなさなければなりません。

とても精神的にも体力的にもツライ作業ではありますが、とても大事な作業なので慎重に正確に行いましょう。

後片付け

お客様がお帰りになられた後、間髪いれずに後片付けが待っています。

準備をして、もてなして、片付けをしてと地味にこの繰り返しです。

地味な作業ながらも自分で目的意識を持ち、より早く丁寧にやるよう心がけましょう。

一見、単調な仕事に見えても実に奥深い作業です。

単純作業を効率的にこなせる人は優秀な人というのは定説となっており、マネージャーなどの責任者の人も、そのように判断しますので、どんな仕事も手を抜かずに一生懸命やりましょう。

立ち仕事であること

ファミレスの作業に座り作業は一つもありません。

例外なくほとんどの仕事が立ち作業です。

ですから、体力的にも大変な仕事ですので、体力のない方にはつらい仕事なのは間違いないでしょう。

立ち居振る舞いもお客様から見られますから、いつ何時でも気を抜けません。

神経も使いますから、ファミレスバイトは決してラクではありません。

日頃から足腰を鍛えておくといいでしょう。

覚えることがたくさんあること

自分の担当部署はもちろんのこと、他の担当部署のことも覚えなければ仕事になりません。

点と点ではなく、線として理解しないと、この仕事はうまく回っていかないのです。

しっかりと色々なことを教わり、身につけていきましょう。

全体的な動きを把握してこそ、良い仕事が出来るのです。

習うより慣れろ、です。

ファミレスの場合、新しいメニューや季節限定メニューなど頻繁にメニューが変わるので、その都度変更内容を理解しなければなりません。

守るべき決まりごとが多い

衛生管理や食品管理など、守らなければならない決まりごとがとても多いです。

外食産業では、食品衛生のトラブルは即命取りとなりかねないトラブルですから、アルバイトと言えどもそこの部分は強く認識しましょう。

お客様の立場で考えると、不衛生なレストランでお金を払って食事をしたいとは思いませんよね。

食べ物を扱う仕事ですから、慎重にならなければならないのです。

一辺に色々なことを覚えるのは大変ですが、ひとつずつ確実に覚えていきましょう。

つらい時もあるけど、ファミレスバイトがおすすめの理由

つらい時もあるけど、ファミレスバイトがおすすめの理由をご紹介します。

技術が身につく

ファミレスバイトがおすすめな理由で最も大きいのは、技術が身につくことではないでしょうか。

仮にファミレスバイトを辞めて他の仕事についても何かしら役立つことでしょう。

それはキッチンでもホールでも同じです。

大変な思いをして覚えたことですから、その技術は確かな経験となり、次の職場でもきっと高く評価されることでしょう。

しっかりとした技術を身につけたことを認められれば、今度は、人に教えるポジションにたつことになるでしょう。

仲間や友達が増える

学校の仲間や友達以外に新しい仲間や友達ができることもおすすめの理由です。

学校では同級生か少し上の先輩、少し下の後輩しか交際範囲がありませんが、バイトですともっと幅広い年代の人が集まってきます。

自分の両親よりも上の世代の人達だっているわけで、当然のことながら同じ仕事を同じ条件でやる訳ですから、そこに上下関係はなく、同じ仲間なのです。

たくさんの方と接することで、幅広い価値観を共有することになり、自分自身の視野が更に広がっていくのです。

お客様に感謝される

ホールスタッフの1番嬉しいところです。

クレームを直接受けるのもホールスタッフですが、お客様から直接感謝されるのもホールスタッフなのです。

仕事でつらいことが続いても、お客様から感謝されることを言われたら嬉しくてそれが大きな支えとなって続けていけますよね。

当然のことながら、そのお客様からの感謝やお礼はお店の店員全員に向けてのことでしょうから、お客様から感謝やお礼を言われた場合は、店長やマネージャーなど責任者の方に伝えましょう。

改めて、責任者からそのお客様にお礼を言われるでしょうし、スタッフ全員に向けてシェアしてくれるでしょう。

ファミレスの人気メニューが割引価格で食べられる

ファミレスの人気メニューを従業員価格で食べられるのもファミレスバイトの良い面です。

出来れば、一通り食べてみることをお勧めします。

そうすれば、お客様に自信を持ってお勧めメニューをご案内出来るようになりますからね。

ですから、折角、ファミレスのメニューを安く食べられるのですから、しっかりと味わいながらも、気になったところは遠慮なくお店に意見を言うようにしましょう。

ファミレス好きな方にはとても魅力的な特典なのではないでしょうか。

仲のいい友達や家族にも勧めることができますね。

頑張れば稼げる

ファミレスバイトは割とシフトに融通が効くところがあり、学校や家庭が忙しい時は、シフトを少な目に調整出来ます。

お金を稼ぎたい時にはその旨伝えて大目にシフトを入れてもらうことが出来ます。

稼ぎたい人には嬉しいですよね。

特に深夜や早朝は、時給が割増となりますから、その分多く稼ぐことが出来ます。

特に今は、レストランは深刻な人出不足なので、やる気があって稼ぎたい人は、たくさんシフトを入れてもらえるでしょう。

社員登用制度がある

ファミレスは経営母体がしっかりしていることもあり、アルバイトから契約社員、更には正社員登用を積極的に行っております。

責任や業務量は増しますが、生活を安定させたい方は是非、契約社員や正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

また、将来的にご自分でお店を持たれたい方などは、店舗運営のノウハウや従業員マネージメントを学ぶ絶好の機会ですから、やはり社員という立場で色々な経験を積むことは今後に大きな違いを作るでしょう。

まとめ

今回は、ファミレスバイトがきついと感じる10個の瞬間を経験者が解説しました。

如何でしたでしょうか。

最後になりますが、やはり、ファミレスバイトはラクな仕事ではありません。

人間関係も大変ですし、覚えることも多いです。

短期間だけの勤務希望ですと、まず採用されませんし、最低でも半年は勤務をしないと一連の作業を完ぺきにマスターは出来ないでしょう。

ツライこともたくさんありますし、他にラクな仕事はたくさんありますので、腰掛け程度の軽い気持ちの場合は、ファミレスバイトはやらないほうがいいでしょう。

どんな仕事でも真面目に一生懸命にやらなければ、他のスタッフからの信頼は得られません。

しかしながら、接客業を極めたい、プロの料理人になりたいという希望が強くある方は是非、始めてみて下さい。

最初は大変なことが多いですが、すぐにその壁を乗り越えられるでしょう。


関連キーワード

ファミレスバイト求人