保健室の先生として、小学校・中学校・高等学校の保健室を運営する養護教諭というお仕事。

漫画やドラマにもよく登場しますよね。

他の先生に比べると、なんだかのんびりしていて暇そうに見えるお仕事ですが、現実はどうなのでしょうか。

ここでは、養護教諭の悩みとその解決方法についてまとめました。

養護教諭の悩みで多い6個の事とその解決法とは?

新卒の場合・・・仕事が山積みで、何から手を付けていいか分からない!

850人以上の大規模校でなければ、一人で勤務することが多い養護教諭。

新卒であっても、未経験であっても、採用されたからには一人の養護教諭としての働きが期待されます。

新卒の場合に多い悩みとしては、とにかく仕事が分からないということです。

年度初めは、健康診断の準備や新学期の配付物の準備、保健室の整備など、仕事が山積みです。

さらに、会議や打ち合わせが多く、自由に使える時間は余りありません。

4月1日の着任から、実際に児童生徒が登校するまで4日間くらいしかないため、ものすごいスピードで仕事をさばかなければなります。

しかし、校内に保健室の仕事を熟知している教職員はいないため、相談相手がおらず悩んでしまう新卒養護教諭が多いようです。

その解決方法とは?

まずは、仕事の優先順位を明確にします。

前任者との引継ぎの際に、各仕事のデッドラインを聞いておくといいでしょう。

例えば、健康診断の準備の中には、学校医や協力医療機関との連携が必要なため、期日が厳格に設けられている物もあります。

また、児童生徒への配付物は、全校で「始業式に配付する」などの約束事がある場合もあります。

配付物は校閲を受ける必要があるので、余裕をもって仕上げなくてはなりません。

もし前任者と十分に引継ぎができなかった場合には、地域の学校の養護教諭に聞いてみてもいいですね。

困ったことが相談できる関係ができているといいのではないでしょうか。

臨時採用の場合・・・採用試験に合格することが難しい

養護教諭として勤務する場合、勤務先は公立学校か私立学校に大別されます。

公立学校での勤務を希望している場合は、正規採用になるには採用試験に合格しなければなりません。

この採用試験、どこの自治体でも9倍~30倍程度となかなかの狭き門なのです。

私立学校の場合は、東京都のように適性試験が設けられているものもありますが、基本的にはその学校に対してエントリーするため、募集や採用があるかはタイミングと縁が重要になってきます。

そのため、多くの養護教諭が、臨時採用として働きながら、正規採用を目指している現状があります。

その解決法とは?

公立学校の教員採用試験は、多くの自治体で5月に願書提出、7月に一次試験、8月に二次試験が行われます。

合格の場合は9~10月に結果が分かり、翌年度の4月から勤務開始となります。

講師をしながら採用試験を受けている養護教諭にとっては、1学期の忙しい時期に並行して試験対策や準備を行わなければならないことがネックになります。

まずは、学科試験にパスするために早め早めに勉強を開始しましょう。

また、養護教諭の専門科目の内容は、日々の職務に直結するものですので、業務をこなす中で関連法規などを意識するようにしましょう。

また、現場で働いている利点を生かし、管理職や地域の養護教諭の先生に頼ることも手です。

例えば、願書の志望理由を添削してもらったり、採用面接や模擬授業の練習をしていただいたり、力になってくれると思います。

正規採用の場合・・・勤務先が遠くて大変!

晴れて合格となっても、それですべてがうまくいくわけではありません。

着任するまでの最大の悩みとして、勤務地の問題があります。

公立学校に勤務する場合に、赴任する学校を自分で指定することはできず、教育委員会の人事にゆだねられます。

多くの自治体では、都道府県単位の採用を行っているため、全県下で着任や異動の可能性があるのです。(横浜市やさいたま市、千葉市などでは独自の採用を行っているため、範囲は市内に限定されます。)

また、自治体によっては、異動に様々な制約を設けているところもあります。

例えば、同一市町村内に10年以上勤務できない、新卒から10年以内にへき地勤務(山岳地や豪雪地、離島など)経験しなければならない、県内を3つのエリアに分けたうちの全てのエリアでの勤務を経験しなければならないなどなど・・・。

働く身としてはなかなかシビアな内容です。

勤務地によっては、引っ越しをしたり新幹線通勤をしたりする場合もあります。

その解決法とは?

もし、勤務地にこだわりたいのであれば、私立学校での採用を目指すという手があります。

私立学校は基本的には異動がありませんので、希望の地域の学校に募集があればラッキーです。

また、公立学校の講師として働く場合も、勤務地をある程度選ぶことができます。

正規採用の採用や異動は全県下で行われているのに対して、講師の登録は市区町村単位で行われている場合が多いからです。

公立学校で正規採用を目指したい!でも勤務地にもこだわりたい!という場合には、採用面接の際に希望を伝えましょう。

結婚して住居を構えた、実家から通わなければならない理由があるなど、のっぴきならない場合は考慮されることもあります。

また、自治体によって制約なども異なるため、よく情報収集をしてからエントリーすることが大切です。

働き出してから・・・救急処置がうまくいかない

養護教諭の仕事の中で、もっとも重要度が高いものは、救急処置でしょう。

救急処置は、ケガや体調不良をきたした児童生徒の対応を行うことを指します。

保健室での手当てや休養のほか、医療機関受診や救急車要請の判断をする場合もあります。

養護教諭が各校に必ず配置されている理由は、児童生徒が安全に学校生活を送れるよう、この救急処置を万全に行う必要があるためです。

普段は平和な学校でも、時に思いがけない大きなケガが発生することがあります。

例えば、体育の授業で鉄棒から落下した際に開放性骨折(皮膚から骨が突き出している)をしてしまう、転倒した際に顔をついて永久歯が根元から折れて出血してしまう、教室でふざけていて後頭部をぶつけて意識消失してしまうなどなど・・・。

これらは全て、医療機関の受診が必要な事例です。

しかし、ただ病院に頼ればいいわけではありません。

ケガをしてすぐの処置が正しく行われているか否かで、予後は大きく変わってしまいます。

ショック症状を起こさないように体位を変えたり、止血をしたり、バイタルを取ったり、養護教諭がやるべきことはたくさんあるのです。

その解決法とは?

経験を積んだとしても、救急処置の対応は非常に悩むものです。

第一に、日頃から十分に最新の医療知識を勉強しておくことです。

機会があれば実技研修などを受けるのもいいでしょう。

第二に、大きなケガや原因不明の体調不良の場合は、記録をしっかり残すようにしましょう。

バイタルや症状の変化、学校で行った対応を記録することで、医療機関にかかった時の貴重な資料になります。

また、万が一児童生徒にもしものことがあり、裁判などに発展した際も、学校の対応を示すことができます。

第三に、迷った場合には、より丁寧な方の対応を選ぶことです。

例えば捻挫か骨折かの判断は、病院でレントゲンを撮らなければ分かりません。

どうせ捻挫だろうと甘く見るよりも、骨折かもしれない、と丁寧な対応をする方が、保護者や児童生徒本人も安心できるでしょう。

自動車の運転でよくいわれるような「かもしれない」対応を心がけましょう。

働き出してから・・・体調管理が難しい

保健室では常に体調を崩した児童生徒と関わる事になります。

感染症が流行る時期には、インフルエンザやマイコプラズマ肺炎、感染胃腸炎や溶連菌感染症などの診断がつく前の子どもたちが、保健室で休養をしたり家族のお迎えを待っていたりします。

換気をしたり消毒をしたりと、どんなに気を付けていても感染症に自分もかかってしまうことがあり、体調管理の難しさを感じます。

その解決方法とは?

地道なことですが、感染予防の三原則を実践するしかありません。

感染予防の三原則とは、

  • ①感染源の排除
  • ②感染経路の遮断
  • ③宿主の抵抗力の向上

のことを指します。

具体的には、児童生徒の鼻水や痰、嘔吐物などが付着したものは、感染が広がらないように消毒してから捨てたり、うがいや手洗いをこまめに行ったり、十分な栄養や休養を取って抵抗力を高めたり、予防接種などを忘れずに打ったりすることです。

自分のメンタルヘルスの安定

保健室には様々な児童生徒が来室します。

中には、精神的に不安定で養護教諭に八つ当たりをする子どもや、明らかに身体所見がないのに教室に帰りたがらない子など、心の問題を抱えている事例も多くあります。

また、保護者や担任の先生と児童生徒の間で、養護教諭が板挟みになってしまうことも珍しくありません。

自分の心が健康なときは、余裕をもってそういった対応を行うことができますが、ストレスがたまりメンタルが弱っている時は、大変つらく感じてしまいます。

その解決法とは?

何よりも、よく休みよく遊ぶことです。

真面目で一生懸命な人ほど、残業や持ち帰り仕事をしたり、一日中仕事のことを考えてしまったりしがちです。

心も体も休息できるように、木曜日は絶対に残業しない、持ち帰り仕事はしない、〇時になったら帰宅する、など自分なりのルールを作りましょう。

また、何か趣味がある人は、それに没頭するのもいいですね。

しっかり心と体を休めたあとは、仕事でも良いパフォーマンスができるはずです。

筆者の経験ですが、新卒のころ、寝る直前に仕事のことを考えてしまう癖が付き、不眠気味になってしまったことがありました。

友人の勧めで、退勤後に軽いジョギングを始めたところ、程よく疲れてぐっすり眠れるようになりました。

そのうちに走ること自体が楽しくなり、マラソン大会に出場するなど、趣味の一つとなりました。

悩みも尽きないけど、養護教諭のやりがいや楽しさもいっぱいあります

どんなに悩みがたくさんあったとしても、仕事を続けられるのはきっとやりがいや楽しさがあるからです。

ここでは、養護教諭のお仕事の良い面を紹介します。

子どもがかわいい!

どんな年齢であっても、子ども達は本当にかわいいものです。

成長段階によって、面白さも変わってきます。

体も小さく無邪気な小学校低学年の子ども達は、きっと素直に養護教諭を慕ってくれると思います。

小学校高学年になって、生意気になってきた子どもたちも、保健室では本音を漏らすことが多いでしょう。

思春期真っただ中で不安定な中学生のことは、こちらもつい親身になってしまいます。

高校生とは、ある意味大人同士として本音の会話ができるでしょう。

教職員との仲が深まる

子ども達のために一緒に働いているうちに、教職員同士の仲は深まることが多いです。

職種は違えど、「子どものために何ができるのか」を命題として働いている者同士、通じ合うものがあるのでしょう。

学校によっては職員のクラブチームがあったり、飲み会が盛んだったりするところもあります。

特に年齢が近い職員が多い場合には、支えあいながら楽しく過ごせるでしょう。

自分の判断が尊重される

養護教諭は、学校に一人(もしくは二人)の専門職なので、その発言には責任が伴います。

それと同時に、自分自身の学んできたことや専門性をしっかり発揮することのできる仕事と言えます。

例えば、AEDの設置場所について職員間で検討しているときやケガをした児童生徒の対応を考えているときなど、「養護教諭としてはこう思います」と発言することができます。

養護教諭は学校保健に関してはスペシャリストですので、若手であっても管理職が発言を尊重してくれることが多いのです。

民間企業や、他の教科の教職員として働いている場合はどうでしょうか。

新卒から2~3年は、先輩や上司の意向に沿って仕事をすることがほとんどなのではないでしょうか。

養護教諭の仕事は責任が重く、大変な時もありますが、その分やりがいが大きいのです。

養護教諭のやりがいは、こちらの記事も参考に!

まとめ

悩みも尽きないけれど、やりがいの大きな養護教諭のお仕事について紹介しました。

どんな仕事であっても、頼りにされるというのは嬉しいことですよね。


関連キーワード

養護教諭求人


養護教諭求人に関するコラム

養護教諭として働くメリットとは?経験者が9個のメリットを紹介します

小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の保健室に勤務する、養護教諭。時には幼稚園や大学に配されることもあります。学生時代に、保健室のお世話になったという人も多いのではないでしょうか。養護教諭はどのようなお仕事をしているのか、またその仕事にはどのようなメリットがあるのか詳しくまとめてみました。養護教諭の仕事の概要とは?養護教諭の仕事は、大きく5つの類型に分けられます。第一は、保健管理です。これは、児童生徒が心身ともに健康的な学校生活が送れるように、様々な管理を行うことを指します。具体的には、日常的に健康観察を行いその結果を集約すること、感染症の流行を防ぐための情報収集や予防措置を講じること、年に

養護教諭を辞めたい…と感じる人の5個の理由と乗り越え方とは?

小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の保健室に勤務する、養護教諭。養護教諭は、医師や看護師ではなく、れっきとした教員です。おだやかに仕事をこなしている人が多いような印象がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。ここでは、養護教諭が仕事を辞めたいと感じてしまういくつかの理由について紹介していきます。養護教諭を辞めたいと感じる人の5個の理由とは?一口に養護教諭と言っても、勤務先や雇用形態は様々です。正規採用の教諭もいれば、非常勤講師、臨時的任用講師もいます。養護教諭の教員免許を取得すれば、小・中・高校・特別支援学校のどこでも勤務することができるため、学校種が変わると仕事が全く違って戸惑うと

養護教諭の仕事と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

保健室の先生である養護教諭。養護教諭に相談をしていた、仮病を使って保健室で休ませてもらっていたなど、学生時代に養護教諭との関わりがあった人は多いでしょう。ここでは、養護教諭と子育てに着目し、両立のためのアイディアをご紹介します。養護教諭ってどんな仕事?養護教諭は、小学校・中学校・高等学校・特別支援学校に一人以上配置することが定められている職業です。仕事内容は、学校教育法には「児童生徒の養護をつかさどる」職務とされています。具体的には何をしているのでしょうか。保健管理児童生徒の健康診断や身体測定、視力・聴力検査などを実施します。また、日常的には体調不良やケガをしてしまった児童生徒の対応に当たりま

養護教諭のやりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

保健室の先生のことを、正式には養護教諭と呼びます。学生時代にはよく保健室にお世話になっていたという方もいれば、保健室の先生なんていたっけ?というくらい縁遠い方もいるでしょう。養護教諭は、最近子どもたちの色々な問題がクローズアップされるなかで、重要性を増しているお仕事です。養護教諭のやりがいについてまとめました。私はこんなところで養護教諭の仕事をしていました私は今まで、公立の高等学校、中学校、小学校で養護教諭として勤めた経験があります。一番勤務年数が長いのは小学校です。養護教諭経験者として、お仕事のやりがいや子どもとの関わりについて解説したいと思います。ただ、養護教諭の仕事は、子どもたちや保護者

養護教諭になるには?資格や勉強しておくべきこと、仕事の見つけ方まで経験者が解説!

学校の保健室の先生である「養護教諭」。学生時代には身近な存在でしたが、養護教諭になるにはどうすればいいのか、どこで資格が取れるのか、採用は多いのかなどなど、詳しくご存知の方は少ないと思います。ここでは、養護教諭の目指し方を徹底的に解説します。養護教諭になるには?養護教諭になるためには、教員免許を持っていることが必須になります。教員免許には3種類あり、短期大学を卒業した者や他の資格と付随する形で取得できる2種免許状、4年制大学卒業者の1種免許状、大学院卒業者の専修免許状に分かれています。養護教諭養成課程がある教育学部や看護学部などで取得することができます。また、すでに他の種類の教員免許を持ってい