世間的に体力勝負の仕事とイメージされている「引っ越しバイト」。

バイトすると実際どんな仕事の内容なのか?

ぼんやりとイメージはできるが、どのような仕事内容なのかを詳細に知っている方は少ないと思います。

今回は経験者の目線で、仕事の内容、おすすめの求人、やりがい、どのような方に向いているのか、などについて詳しく紹介したいと思います。

引っ越しのバイトはどんな仕事?

まず最初に、引っ越しのバイトってどのような仕事なのか?についてです。

引っ越しのバイトは多くの方がイメージされている通り、体力と、ある程度の力が必要なバイトであると言えます。

体力、腕力に多少の自信があったとしても慣れるまでは体はしんどく、筋肉痛などになると思います。

しかし、少し過剰なイメージを抱いている方も多いのではないかと思いますが、体力も腕力もごくごく普通の水準で大丈夫です。

今は女性の作業員の方もたくさん活躍しています。

引っ越し会社で作業員として働いている作業員全てが筋肉隆々の力持ちというわけではありません。

重いモノの持ち方や、運び方などコツがあり、徐々に慣れていけば問題のないレベルです。

引っ越し会社や、地域によっても異なりますが、慢性的に人手不足の業界ですので、一年中アルバイトの募集がされています。

その為、バイトの募集に応募して落とされること自体が非常に少ないバイトと言えます。

一年の中でも最も求人ニーズが高いのは世の中的に引っ越しが集中する春、具体的には2月、3月です。

この引っ越し業界の最繁忙期は通常よりも更に高額な時給が設定され、集中的にバイトすることで普通のバイトでは稼げない金額の収入を得ることも可能です。

引っ越しの大まかな仕事内容引っ越しバイトの仕事の種類です。

大きく分けてアルバイトの募集がされているのは次の三つの職種です。

作業員

家財が入れられたダンボールや荷物、家具などをトラックに積み込み、引っ越し先まで運んで降ろす仕事です。

いわゆる引っ越しのバイトでイメージされているのはこの仕事です。

最近は女性作業員を積極的に募集している引っ越し会社もあります。

ドライバー

通常引っ越し作業員と兼務です。

作業員としても経験が豊富なかたが、チームリーダー兼、作業員兼、ドライバーとなっていることが多いです。

作業員を何人か連れトラックを運転し、荷物の積み下ろしを行います。

ドライバー手当がつきますので作業員より多くの収入を得ることが可能です。

現在、引っ越し業界ではこのドライバーが本当に不足しており、トラックの運転が出来る方は非常に重宝されます。

4トントラックや軽トラは普通免許で運転ができますので、トラック運転経験有の方はその経験を収入アップにつなげることができます。

梱包要員

この仕事は実質女性がメインで募集されていることが多いです。

引っ越しにおいて、細かい荷物などをダンボール詰めし、転居先ではダンボールを開け、元々しまってあった収納場所に戻すのが主な仕事です。

引っ越しの仕事は大きく4つの役割に分けられる

引っ越しの仕事は大きく分けると4つの役割で構成されています。

それぞれの主な役割をご紹介します。

ドライバーの役割

一般的に引っ越しの仕事は2名~5名程度のチーム単位で1日1件~3件程度の引っ越しをこなしていきます。

世帯用の荷物が多い引っ越しであれば1日1件、単身者などの荷物量が少ない引っ越しであれば1日最大3件程の対応をすることもあります。

トラックを運転する人は社員の方であったり、バイト経験の長いリーダーであることが殆どです。

梱包要員の役割

細かな家財を梱包するという役割があります。

通常は洋服や雑貨、本や食器などはお客様自身が引っ越し日までにダンボールに詰めて、すぐに運べる状況で作業を開始することが前提です。

しかし、お客様に小さなお子さんがいたり、怪我をされたりしていて家財のダンボール詰めが難しい場合、有料でダンボール詰めから全ての業務を引っ越し会社で引き受けるケースがあり、引っ越し日の前日などに梱包作業のみを行うケースなどもあります。

開梱要員の役割

梱包する場合、セットで開梱する、つまり、転居先でダンボールを開け、食器や衣服など指定の場所に戻すところまで行うケースが多いです。

荷物・家具を運ぶ人の役割

いわゆる引っ越しのバイトのイメージはこれだと思います。

ダンボールや大きな家具をトラックに積み込み、転居先では積み込んだダンボールや家具を降ろします。

ドライバーの3個の業務

トラックの運転

トラックの運転です。

現在引っ越し業界全体でドライバー不足が問題となっており、トラックの運転ができると非常に重宝されます。

また、ドライバー手当が付くので作業員だけの場合と比べ遥かに大きな稼ぎが得られます。

4トントラックは普通免許で運転できますので、トラックの運転ができると引っ越しのバイトはかなり高給なバイトとなります。

リーダー

リーダーとしてお客様との連絡、現場でのやりとり、お金の受領などを行い、何か問題があった場合や作業の開始・終了の連絡を会社に行う役割を担います。

殆どのケースでトラックのドライバーとリーダーは同じ人が担います。

作業員

ドライバーは必ず作業員の役割も兼務します。

リーダーでもある場合は、お客様とのやりとりを行いながら、他のアルバイトの方にも指示を出しつつ、自らも荷物を詰めたり、運んだりする作業を行います。

梱包要員の3個の業務

家財の梱包

梱包要員は食器や、本など細かい家財を傷ついたり、割れたりしないようにダンボールに詰めていくことが主な業務です。

詰めたものはもともとしまってあった場所に戻すことが求められるので、どのダンボールに何を入れたかなどを分かりやすくダンボールに記載しながら箱詰めを行います。

掃除

梱包作業などを行う中で発生するゴミなどを掃除するのも梱包要員の重要な仕事です。

引っ越し元、引っ越し先どちらの家もゴミ一つない状態にすることが求められます。

養生

梱包と引っ越し作業が同日に行われるような場合は、たんすなどがあたったりしてキズついたりしないように、壁やドアなどに専用のシートを貼ったりして養生を行います。

マンションなどの共有部やエレベーターなどは管理人さんから厳しい注文をうけることも多いので、厳重に梱包を行います。

開梱要員の2個の業務

開梱

転居先に運ばれたダンボールを空け、中にしまってあった家財を元にあった場所に収納してきます。

いい加減な戻し方をするとクレームになりますので気を遣う仕事です。

掃除

引っ越しが完了し、作業で発生したゴミやホコリなどは全て片付けて帰ります。

荷物・家具を運ぶ人の3個の業務

家具梱包

細かな家財などの梱包はお客様や、梱包スタッフが行いますが、大きな箪笥やテーブルなどは、運ぶ際に傷がつかないように、専用資材で梱包します。

こういった大きな家具の梱包も荷物・家具を運ぶ人の業務です。

荷物・家財のトラック積み込み

ダンボール詰めされた荷物、家具などをトラックに積み込みます。

搬出と言われる作業です。

トラックでの運送中に倒れたり、積み上げたダンボールが崩れて落ちたりしないように、段取りよく、考えながら積み込みすることが必要です。

荷物・家財の搬入

ダンボール詰めされた荷物、家具などをトラックから転居先の家に積みおろします。

これは搬入といわれる作業です。

家具やダンボールなどお客様に確認しながら運んでいきます。

引っ越しバイトの良いところ

お客様から直接感謝される

トラブルなく、テキパキと予定通りに作業を完了することができれば、お客様が非常に喜んでくれます。

直接感謝の言葉を貰えたりするのでやりがいや充実感を味わいやすいバイトです。

場合によっては、お客様から気持ちとしてご祝儀などを頂ける事もあります。

働いた分だけお金が貯まる

引っ越しのバイトは基本的に長時間拘束になります。

終日仕事になるケースが殆どですので、毎日出勤していればあまりお金も使わず、ドンドンお金を貯められます。

海外旅行の資金や、車などの高額商品を購入する為の資金など、目的を達成しやすく、お金を貯めやすい点は良いところです。

働いている実感を得やすい

引っ越しバイトは世間一般のイメージ通り肉体労働です。

体を動かし、汗をかいた分が稼ぎとなる、働いている実感を得やすくやりがいを感じやすい仕事です。

体力、筋トレ

引っ越しバイトの作業が体をつかう内容なので、体力が自然とつき、意識せずとも筋トレを行っている状態になります。

仕事しながら体を鍛えたいと思っている肩には一石二鳥のバイトと言えます。

引っ越しバイトで辛いなと思う4個のこと

普段使わないような力をつかう必要がある

普通の生活をしている中では、持ち上げたりすることがないような重いものを運ばなければなりません。

大型の冷蔵庫や、分解できない桐箪笥などは本当に重いです。

日常生活では使用しない筋肉を使う為、引っ越しバイトを始めた初期の頃は間違いなく筋肉痛になります。

エレベーターがない団地の引っ越し

5階建てまではエレベーターがない団地などもたくさんあります。

5階の家の引っ越しなどはただでさえ重いダンボールや家具を階段を使い運ばなければならない為、本当にキツイです。

エレベーターのない団地の5階から団地の5階への引っ越しが最もキツイ現場と言えます。

お客様からのクレーム

忙しい繁忙期などは午前中に1件の引っ越しを終わらせ、午後にもう1件の引っ越しを行うことは普通にあります。

まれにですが事前にダンボール詰めなどの事前作業を一切行わないお客様がいらっしゃり、それが現場について初めて発覚するので予定の時刻を大幅に超過するケースなどがあります。

そうすると午後の引っ越しの開始時間もうしろに大幅にずらすことになり、お客様からお叱りを受けることもあります。

致し方ない状況であってもお客様には関係のない話なので当然ですが、お客様を怒らせた状態で作業を行うのは辛いものがあります。

大量の汗をかく

冬の作業でも作業中は汗をかきます。

夏の暑い日の作業は言うまでもなく大量の汗をかきます。

最近は引っ越し会社の作業着も機能的に改善されてきていますが、安全面を考慮して長袖、長ズボンという作業着が多く、しっかりした生地の為、作業着を着てるだけで暑い中、重いものを運びますのでものすごい暑さを感じることになります。

この点は辛い点としてある程度想定しておくと良い点です。

引っ越しバイトでより多く稼ぐコツ

一般的なバイトより高めの給与設定がされている引っ越しバイトですが、さらにより多く稼ぐコツを2つご紹介します。

トラックの運転ができる

引っ越しバイトでより多く稼ぐコツは、4トントラックの運転ができるようになることです。

引っ越し会社も事故などは絶対に避けたいので、ドライバーとして働くにも引っ越し会社によって基準などはありますが、普通免許で運転可能な4トントラックの運転ができると格段に給与が引きあがります。

作業員とドライバーの兼務が可能であれば1万6千円以上の日給が可能です。

日にち、曜日に関係なく勤務可能

引っ越し業界は慢性的人手不足です。

最繁忙期の2月、3月は特にその傾向が顕著になります。

より多く稼ごうと思うならば、引っ越し会社の都合に合わせて、日にち、曜日に関係なく勤務できると伝えることです。

引っ越し会社もそういう方は1名でも多く欲しいと考えていますし、長距離移動を伴う現場や長時間拘束となる現場に配属されやすく、より多く稼ぐことが可能になります。

まとめ

以上、引っ越しのバイトについてです。

どのような仕事内容となっているのか、詳細なイメージをお持ち頂くことができましたでしょうか?

一般的なイメージ通り重いものを運んだりしますので、辛い、キツイと感じる部分はありますが、なんといっても引っ越しバイトは稼げるバイトです。

特に短期間でたくさん稼ぎたい方には最高のバイトと言えます。

今は業界全体で人手不足が深刻な状況である為、引っ越し業界繁忙期である2月、3月の求人の条件はどんどん良い条件になっています。

時給1500円以上の求人も珍しくないですし、少しでも人手を掻き集めたい為、引っ越し業界繁忙期には、日払い可などの求人も増え、短期で集中して稼ぎたい方には最適です。

引っ越しのバイトは、ずっと重いものを運び続けているわけではありません。

遠方への引っ越しなどは移動でトラックに乗っているだけの時間も長いですし、移動中も勿論時給が発生します。

勤務中ずっとしんどいわけでもなく以外にメリハリのある仕事です。

その点はあまり知られていない点であり、1週間程度仕事をするとだいたいのコツもわかってきますので疲れにくくなり、世間一般のイメージほど重労働なバイトではありません。

体をつかって汗をかき、荷物を積み込み、トラックで運び、荷物を降ろすというメリハリのある作業を行う仕事です。

働いている実感を得やすく、お金も貯め易いので大変やりがいのあるバイトです。

是非チャレンジしてみてください。


関連キーワード

引っ越し求人

引っ越し求人についてもっと深堀りした情報を見る

引っ越しの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

年末や年度末になると忙しくなってくるお仕事といえば何を思い浮かべますか?色々あるとは思いますが引っ越し業者さんはその代表格ですよね。やはり転勤や転校もしくは新入学などに伴って引っ越しをする人が増えますので、それと同時にアルバイトの募集も多く目にするようになります。引っ越しの仕事といえば、お客様の荷物の梱包から荷物の搬出、新しい家での搬入など生活の移動を丸ごと引き受けるお仕事で、短期的にがっつり稼ぎたい学生さんなどには人気です。今回はそんな引っ越しのお仕事を体験談を交えながらご紹介いたします。引っ越しの大まかな仕事内容仕事内容はお客様の荷物を運び出したり新しい家に荷物を運び入れたりする力仕事と、

引っ越し時給の相場は?給料を上げるためにやるべき3個のことも紹介します

体力勝負の仕事としてイメージされている引っ越し業界。給与水準などはどの程度なのでしょうか?時給や給与の相場を中心に、給料を上げるためにやるべき3個のことも紹介していきます。引っ越しの仕事の給料相場はどのくらい?引っ越しの仕事の給料相場は、地域や会社、年齢などによっても異なりますが、大まかな相場観としては300万円~520万円くらいの水準です。正社員で新卒入社した場合正社員で新卒入社した場合、大手の引っ越し会社で21万円前後の給与水準です。一般的な新卒給与水準と言えます。大手以外の引っ越し会社や、地方の引っ越し会社だと16万円~19万円程の水準で設定されていることが多いです。大学院卒で引っ越し会

引っ越しバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します

引っ越しバイトの時給はどのくらい?正社員や派遣社員など他の職種も踏まえて、私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します。引っ越しのアルバイトに興味を持たれた方の参考にしてみてください。引っ越しバイトの時給の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合私が働いていた会社では、いくつかのケースがありました。引っ越し業務をする方だと、基本給が13万程度でプラス引っ越しの物件数による歩合でした。他には、営業職があり、25万ぐらいだったようです。ただ営業職に関しては内訳は、よく分かりませんでした。正社員で転職した場合転職してきた方も、新卒入社と変わらないようでした、ただ、経験者だと大分優遇されていたようです

引っ越しバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

世間的に体力勝負の仕事とイメージされている「引越しバイト」。実際に行われている引越しバイトとはどんな仕事なのか?よくある求人内容(シフトや時給相場)や、向き不向きについて書いていきたいと思います。引っ越しのバイトはどんな仕事?まずは、引越しのバイトってどんな仕事なのか?についてまとめてみました。普通の体力と慣れがあれば誰でもできる特別な能力、資格が必要ない人手不足の為、通年で採用されやすい(特に春)高額な収入を稼ぐことができるバイト引越しのバイトはイメージ通り、体力とある程度の力が必要なバイトです。体力、腕力に多少の自信があったとしても慣れるまではしんどく、筋肉痛などになると思います。しかしな