介護の仕事をしている人でも、「こんなに働いているのに・・・。割に合わないな〜」と介護福祉士の仕事は好きであっても収入についての不満がある人は多いのではないでしょうか。

介護士の賃金を改善するために、処遇改善手当なども給付されていますが。

実際の介護現場で働く人の給与は決して多いとは言えないのが現状ですよね。

近年、介護の離職率と介護福祉士になる人が年々減少していってしまっているのは、この給与の面が影響しているのではないでしょうか。

男性であれば、介護の仕事をして家族を養って行くのは難しいと感じている人も多いようで、結婚を機に転職をする人も少なくありません。

では、介護の仕事での給与のアップは本当にできないものなのでしょうか。

今回は実際に介護の仕事に就いている人の収入はどのくらいなのか。

本当に少ないのか。

実際の介護福祉士の収入について解説していきたいと思います。

介護の仕事を続けることで、給与のアップは望めないものなのか、できるのであれば、どんな方法で給与をアップさせることができるのかも紹介していきたいと思います。

介護福祉士として働いている皆さんは、今の給与に対して、不満はありますか?

それとも満足していますか?

介護福祉士の収入と働き方、また転職をすることで給与をアップさせるための方法をご紹介します。

介護福祉士の給料の相場はどのくらい?

介護福祉士は給与が安いと言ったイメージを持っている方も多いでしょう。

実際に働いている人も、給与については満足をしていない方がほとんどだと思います。

まずは、介護福祉士の給与の相場は一体どのくらいになっているのでしょうか。

それぞれの場合に分けて解説したいと思います。

正社員で新卒入職した場合

専門学校を卒業して、介護福祉士の資格を取得して施設に入職した場合は、基本給は相場では13万円〜14万円といったところでしょう。

これはあくまでも介護福祉士の資格を持っている状態での基本給となります。

新卒であっても試用期間は必ずあります。

ですから、試用期間を経てからの正社員での採用となるので、試用期間中の給与についても確認は必要ですね。

これに、介護福祉士の資格手当が支給される場合があります。

これは就職先によって違いがありますので、きちんと確認をしましょう。

事業所によっては3000〜10000円と大きく差があります。

また基本給も事業所によって違いがあります。

正社員で転職した場合

転職の場合ですと、これまでの経験や勤務年数などを加味して基本給を設定してくれる場合があります。

ですが、基本給とすれば、求人に出ている募集内容にもよるので注意が必要です。

親切なところですと、経験年数を考慮するなどと書いてありますが、そうでないところはあまり期待はできないでしょう。

平均的なところでは14万〜16万程度となることでしょう。

また転職であっても試用期間は設けられていることがほとんどです。

そうなると、試用期間中は、あくまでも新卒者と同じような給与になってしまうこともあるので、きちんと確認をとるようにしましょう。

パート・アルバイト

パート・アルバイトでは、時給ですので相場としては800〜1100円です。

これは、勤務する時間帯や資格や経験などが大きく影響するでしょう。

遅番などの対応もできるとなると、事業所でも重宝されますので、時給が上がる可能性はありますね。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

毎月の給与の他に賞与も気になるところですよね。

これは大きな収入にもなり、年収の違いは賞与で大きく違いますからね。

介護保険制度が適用される前には、賞与が倍率が4.0倍といったところもあったでしょうが、今はほとんどが、2.5倍程度のところが大きでしょう。

多いところで3.0倍といったところですね。

基本給が高ければ、賞与も大きくなってきますので、やはり基本給が高いところを選びたいものですね。

昇給

長く勤務するのであれば、やはり昇給制度があったほうがやりがいを感じて働くことができますよね。

何年働いても同じ給与ではモチベーションも上がらないですね。

どのくらいのペースでの昇給があるのか、年齢によって違うものなのか、1年間での昇給率はどのくらいなのかを確認する必要がありますね。

介護業界では、あまり大きく昇給しないところが多いでしょう。

1000円〜3000円程度のところが多いでしょう。

これも事業所によって大きく違いがあるので、3000円〜5000円となると昇給率は比較的いいところと言えるでしょう。

各種手当

上記以外のところで介護の仕事で最も大きい手当が夜勤手当です。

介護の仕事をしている人はこの夜勤手当がなければ給与の違いが大きいですよね。

夜勤手当はこれも事業所によって違いはありますが、1500円〜5000円と大きく違います。

これは本当に大きいですね。

多いところでは月に4回は夜勤をしますので、収入が大きく違いますよね。

役職手当や家族手当や住居手当など、各種ありますが、これも事業所によって違いがありますので、しっかりと確認しましょう。

給与が高い人は何が違うの?

同じ介護福祉士でも年収が300万円以下の人もいれば、年収が400万円以上という人もいますよね。

これってただ単に給与がいい施設で働いているからなのでしょうか。

給与が高い人は何が違うのかを比べてみましょう。

スキル

スキルと一言で言っても何のスキル?と感じる人もいるでしょう。

介護福祉士に必要なスキルをまずは説明したいと思います。

身体介護のスキル、コミュニケーションスキル、判断能力スキル、指導力スキル、介護全般知識スキルです。

これらが備わっている介護福祉士は、スキルが高いと評価されますし、役職につくことも多いでしょう。

経験だけではなく、自分自身のスキルをアップさせるための努力はやはり必要となってきます。

スキルが備わってくることで、会社にも評価をされて給与アップへと繋がっていきますね。

役職

介護施設では、施設長の他に、主任や副主任、ユニットリーダーや相談員などの役職やあります。

これらは、施設全体を統一していくことに必要な役職です。

ですから、責任とともにやるべき仕事も増えますが、その分だけ給与面でのアップは可能なのです。

基本給のアップや、役職手当などの支給があります。

勤続年数

勤続年数が長くなってくると、もちろん昇給もそれと同じだけありますね。

ですから必然的に、昇給にて基本給はアップしていきますね。

言い方は悪いですが、よほど勤務態度が悪いということがない限り、昇給がある事業所ですと毎年の昇給はありますから役職につかなくても少しずつでも基本給のアップは望めるのです。

地域

基本給は地域によって違いは大きいです。

まずもって基本給が全く違います。

東北では基本給が15万程度であっても、関東や関西では基本給は20万円というところがほとんどです。

それだけ、関東や関西での介護福祉士の人で不足が深刻なのでしょうが、同じ仕事をしてここまで違いがあるとちょっと考えてしまいますよね。

地元にこだわらないのであれば、県外に行くことも給与アップの大きな近道になりますよ。

介護福祉士で給料をあげるためにやるべきこと

これから介護福祉士と働いていくにあたって、給料をアップさせたいと誰もが思っていますよね。

でもどうしたら、今の職場で給与をアップさせることができるのか?と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

こちらでは、給与をアップさせるために今やるべきことを紹介します。

今からでも実践してみてください。

今できることをして給与アップを目指しましょうね。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

これは勤続年数が長い人にはおすすめです。

しかし、しっかりと決められたことをしている人のみには限定されます。

勤務態度がよくない人がやってしまうと逆効果ですので自分に厳しくなって考えてくださいね。

これからもこのまま勤務をしたい意向を示した上で、これから自分がどのように貢献できるかを明確に示して、はっきりとしたビジョンを持って交渉しましょう。

その上で、給与のアップを交渉しましょう。

長年勤務した、スキルのある職員の離職は避けたいはずです。

会社はきちんとした人事考課ができていない会社は成長はしないので、これで会社の見極めにもなりますよね。

スキルアップを図る

介護の職に携わっていく上で、これから必要となる知識やスキルを身につけることは給与面だけではなく自分自身の成長にも繋がっていきます。

ですから、ケアマネであったり、社会福祉士などの資格を取得することも良いでしょう。

それによっては役職がついて給与のアップへと繋がっていくことになるでしょう。

介護の仕事をしながら資格を取得することができるのもですので、金銭面的にも問題ないくスキルアップをすることができますね。

率先して、仕事を引き受ける、挑戦する

謙虚になって働いている皆さん。

皆さんは自信を持って仕事をするべきです。

介護職員はたくさんいますよね。

そんな中で、やはり率先して働いている人や人が面倒だと感じることをやっている人は、評価も上がってくるでしょう。

輪を乱すのではなく、協調性を持ってリーダーシップをとって頑張っていきましょう。

今はリーダーとなる人材が不足しているので、あなたのリーダーシップを発揮することで高く評価をされる可能性も高いですよ。

思い切って転職する

今の職場での給与のアップが望めないのであれば、転職も一つの方法です。

今の職場に未来を感じないのであれば、ここは思い切って転職も視野に入れていきましょう。

昇給や正しい評価をしてくれないところであれば、あなたを正しく評価してくれるところを選びましょう。

介護の仕事をしていると転職は難しいと考えてしまってる人も多いと思います。

しかし、そんなことはないのですよ。

人と話す。

人と関わるといったところでは活かせる職業もあるのです。

これかで介護の仕事で「いいところがないかな」とずっと迷っていた方、少し視野を広く持って転職を考えてみてはどうでしょうか。

転職先の選び方1:事務職への転職

介護の職を離れた人で、もっとも多いのが、医療事務や介護事務などへの転職です。

今は介護施設でのパソコンを使った業務は多くありますので、パソコンの操作はできる人も多いでしょう。

また、医療系や介護系の施設での事務であれば、これまでの経験を生かすこともできるでしょう。

転職先の選び方2:営業職への転職

これまでの介護経験で培った、サービス精神やコミュニーション能力や忍耐力を活かすことができるでしょう。

全くの未経験であっても、営業職も人で不足なので比較的転職はしやすいのではないでしょうか。

男性は営業へ転職する人が多いようですね。

ヒアリング力を生かして営業をするのもいいかもしれませんね。

転職先の選び方3:販売やサービス業への転職

こちらもコミュニケーション能力をハキハキとした明るい印象を与えなくてはなりません。

ですから、日頃から笑顔で働いている介護福祉士にはいい転職になるかもしれませんよ。

人と関わることが好きな方は向いているでしょうね。

販売もコミュニケーション能力は求められるので、介護をしていた人は細かな部分に気づきを発見することができるので、お客様のニーズにあった接客ができるでしょう。

給料をアップさせるための求人の選び方

給与をアップさせるためには、求人の選び方も重要となってきます。

求人を見る際にはどんなところに注意して見ていますか。

基本給だけを見て決める。

賞与のあるなしを見て決める。

休日の有無を見て決める。

など、自分の譲れない部分を重視して見ることが多いでしょう。

しかし、それだけにこだわってしまていると給与のアップは難しくなってしまうかもしれません。

ですから、求人選びをするにあたって、あくまで給与をアップさせるため!!

というところに重点を置いて、見るべきポイントを紹介したいと思います。

給与相場が今よりも高いところを探そう

給与をアップさせるためですから、ここは重要になってきます。

まずは、給与の相場を知りましょう。

地域性や、事業内容によって相場は必ずあります。

相場を理解していないと、自己判断で「ここは高い!!」と思っていても、実は同じような職種でも、相場はもっと高いということがあります。

今の職の相場ではなく、今から就こうとする職の相場を知ることが大事です。

そしてその中でも、高いところを選んでいきましょう。

賞与や昇給制度をチェック

給与以外にも、毎年の昇給や賞与がなければ年収はアップすることはありませんよね。

ですから、ここは必ずチェックしましょう。

賞与の倍率や昇給率など、求人に記載されているかどうかを確認しましょう。

給与の他の賞与は大切です。

年収に大きく反映されるので、ここは逃すことができないところですね。

また長く勤務をしていても全く昇給がないのでは長く勤務する意味を感じなくなってしまいますよね。

記載されていないところは大抵そういった制度はないところがほとんどです。

残業代はちゃんと出る?

働き方改革をしている会社も多いですから、昔のように残業は減ってきている企業は多いですが、仕事は必ずしも時間内にできることだけではないですよね。

残業をして頑張っているのに、全く残業代が出ないといのではモチベーションも上がりません。

ですから、残業代がしっかり出るか、または残業の有無の確認をしっかりとしましょうね。

実際に介護業界でも、サービス残業は深刻な問題です。

休日の日数

ここは大事です。

介護の仕事はシフト制で、3交代などの不規則勤務です。

ブラックな企業では、夜勤があって次の日にも出勤といった無謀な勤務をしているところもあります。

これは本当に深刻です。

体を壊してしまっては、もう働くことができませんので、夜勤をやっているのに、月の休日が6回とかではおかしいですからね。

この休日についてもしっかりとチェックしましょう。

有給もあり、消化率がいいところがおすすめです。

「全く有給を使ったことがない」なんてところもあるので職場選びの際は、注意してください。

交通費や福利厚生は?

毎日、職場まで通勤するわけですから、交通費も安いものではないですよね。

交通費の支給は大事です。

距離の制限があるなどの場合ですと、自宅からあまり遠くの会社を選んでしまうと、交通費だけがかかってしまいます。

どこまで交通費が支給になるのか、上限はどのくらいなのかの確認は必要です。

その他、住居手当は支給されるのか、扶養手当の支給など、細かい部分でもしっかりとチェックは必要になります。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

契約社員から正社員に

初めは契約社員での入社でしたが、正社員になった時に基本給はさほど変わらない施設でしたが、賞与が2倍になりました。

やはり契約社員だった時は賞与は正社員よりも少ない額の支給でした。

その後、正社員になってからは毎年昇給があり、毎年3000円ずつ昇給していきました。

やはり正社員と契約社員では大きな違いを感じました。

ですので、最初は契約社員でも、正社員になることを視野に入れて働くことをおすすめします。

役職についた時

役職手当はもちろんですが、基本給のアップが著しかったです。

これまでにないアップ率でした。

金額にて約10000円ほど上がりました。

この時は役職に就いたのはもちろん、施設で構築させたい体制があったのですが、なかなか構築できずにいました。

それを研修などを開催して体制を作ったことで大きく評価をしてもらいました。

やはり施設に対しての貢献度が大きく成果が出た時に給与はアップしました。

施設も研修体制や新人教育などを行なっていく上で、研修は多く開催していますので、外部研修などで知識を身につけるだけでも、スキルアップへとつながっていきます。

スキルアップができた時に、それに見合った役職をつけてくれたので給与のアップへともつながっていきました。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

雇用形態によって月給や年収は大きく違いが出てくるものです。

今は準社員ではボーナス(賞与)が支給されないといったケースも少なくありません。

また基本給の設定も違いがありますので、毎月の月収の違いはもちろん出てきますよね。

各種手当も、正社員には支給されていても、準社員には支給がないといった場合もありますので、ここは雇用形態ごとにしっかりと把握しておくべきですね。

福利厚生なども、正社員の方が充実していますので、正社員でなければ退職金が出ないなどのケースも多いです。

賞与が年収に大きな影響が出てくるので、働くのではあれば正社員の方が待遇はいいでしょうね。

給料以外における良い点と悪い点

雇用形態ごとに、給与の違いがあることはわかりましたが、給与以外にも雇用形態によって違いはあるのでしょうか。

良い点と悪い点についてそれぞれにみていきましょう。

正社員

良い点

正社員は研修体制が整っていることですね。

これからスキルアップするために、外部の研修への参加をさせてもらえたり、場合によってはスキルアップのために資金援助をしてくれる会社もあるでしょう。

施設にとって必要な人材となればなおさらバックアップをしてくれることでしょう。

また、役職やなどについて責任ある役職に就くことでモチベーションがアップするでしょうね。

悪い点

やならなければならないことが多いことですね。

数多くの記録物や提出物などは介護業界でも増えています。

これが今の介護現場でも大きな負担となっていることでもありますね。

ですからサービス残業となってしまうことも多いです。

正社員ですので土日はパートさんが休みを取るので、正社員は土日や祝日の休みが取りづらい傾向にもあります。

派遣

良い点

人間関係に悩むことなく、働くことができるのが派遣のいいところですね。

嫌であれば、違うところを気軽に紹介してもらうことができるのです。

派遣先での勤務の条件などは派遣会社から勤務する施設へ提示されるので、決められた条件の中で働くことができます。

その条件に見合っていないのであれば、派遣先を変更してもらえるので、転職や退職といったような手続きが不要なのです。

ある程度は自分の条件を汲んでくれるところを探すことができるでしょう。

サービス残業もなく決まった時間で勤務ができますね。

悪い点

派遣はあくまでも任期までの契約です。

ですから、任期が満了になってしまうと契約が切れるなどの不安要因もあります。

契約社員

良い点

現時点で資格がなくても、働きながら資格を取得することができます。

専門的知識と介護技術を同時に学んで働くことができるのでこれから介護の仕事を始めたいと考えている人は契約社員から初めて見るのもいいでしょうね。

悪い点

ずっと契約社員でいいと思っている人はいないですよね。

できることなら、長く働いていくのであれば正社員を目指したいですよね。

契約社員で入社してそのまま正社員になれないなんてケースもあります。

また、契約社員も契約更新がありますので、契約を切られてしまうといった不安はありますね。

アルバイト

良い点

こちらも資格がない状態でも働くことができます。

介護の現場の現実を自分自身で体験することができるので、自分が介護の仕事をするにあたってできるかどうかの見極めができるのではないでしょうか。

悪い点

介護といって、資格がなくてもできることとできないことがあるので、資格がない人が行う場合は決められたできる範囲のみの業務となるので具体的な介護スキルを習得といった部分で携わることは難しいかもしれません。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

交代制への対応が可能で、バリバリと働いてスキルアップをする!!と考えている人は正社員がいいですね。

給与は基本給のアップも望めますし、賞与もあります。

各種手当も支給されるので、収入は安定しますね。

有給などもありますので、しっかりと休みを取ることができます。

毎年の昇給を狙っていくのであれば正社員がいいでしょう。

夜勤や早番などの勤務にも対応できるのであれば、正社員で働くことが一番いいです。

時間の自由がきき、3交代にも対応できる人は、夜勤もした方が給与も上がりますよ。

契約社員

契約社員は日給月給での給与体制となる場合があり、賞与が出ないこともあります。

ですが、いつかは正社員への昇格もあります。

今はまだ、介護の仕事を続けるかどうか悩んでいる人は、契約社員で働いみることもいいのではないでしょうか。

契約ですので、期間で更新となるので1年間や半年など介護の仕事を見極めることができると思います。

また資格がない人は、正社員での採用が難しい場合があります、契約社員で入社をして働きながら資格を取って行く方法がいいでしょうね。

アルバイト

アルバイトやパートは長時間の勤務や交代制の勤務が難しい方におすすめです。

子育てや家庭の事情などで、交代制に対応できない方も多いでしょう。

そんな時はパートで勤務することがいいですね。

シフトの融通もききます。

時間給ですので、しっかりと働いて時給をもらう。

働いた分だけ給与がもらえるのでシンプルな働き方ですね。

今はまだ、家庭の時間を優先したい方には、この方法がいいでしょう。

派遣

介護専門で派遣業を行っている大きな派遣会社では、同じ施設でも派遣の方が基本給が高く設定されていることがあります。

派遣ですので、派遣先で勤務条件の確認やその人のスキルを施設側と交渉をしてくれるので、あなたの望む条件が見つかる可能性は高いです。

また介護業界でもサービス残業が多いのも事実です。

ですが、派遣はしっかりと就業時間が決まっていますので、提示条件と違うことを強要されることはないでしょう。

ですから、時間でしっかと働きたい人は向いているでしょう。

まとめ

これまで介護の収入についてお話しさせていただきましたが、介護の仕事で給与をアップさせるためにはやはり給与体制が整っているところで長く働くことが最も重要になってくると思います。

給与体制が整っているところでは、きちんとした勤務態度やスキルなどの合わせた、給与のための評価制度がしっかりとしているところが多いでしょう。

給与をあげるためには自分自身のスキルのアップはもちろんですが、それをきちんと評価してくれる事業所であるかどうかです。

私の知っている介護福祉士もとても優秀で勤務態度も良くしっかりと働いている人は多いです。

しかし、それを評価するだけの、管理の知識やスキルが備わっていない施設では、全く給与に反映されることはないのです。

介護福祉士が介護を離れてしまうのはこの理由がもっとも多いとは思います。

介護は営業のように数字には出せない部分が多いですが、きちんと介護しているからこそ、利用者が笑顔であったり、事故が少ない、収益が上がるなどのきちんとした結果は出ていると思います。

その結果から介護福祉士の給与に反映してくれる事業所はどれだけあるでしょうか。

ほんのひとにぎりかもしれません。

悲しいですがこれが現状ではあります。

今の事業所の給与に不満がある方は多いでしょう。

「もう少し上がってくれたら・・・」と思っている介護福祉士も多いと思います。

ですが、転職の前に今の給与を他事業所へ行ってもらえるかどうか、勤務年数やスキルを正しく評価してくれるかどうかをきちんと見極めて転職を考えましょうね。

介護業界では、この給与の問題によって離職をしてく人が多いのが現実です。

介護という仕事はこれからも需要は多くなってくることでしょう。

需要が多いのに、働く人がいないといった状況では介護業界やどうなってしまうのか不安はあります。

民間企業が参入をしていくことで、施設は増えるけれども長続きしない、人がいないなどの現状があります。

介護の質が低くなってしまっているのも事実です。

介護福祉士の給与の改善をすることで、介護の仕事を続けてきたベテランをしっかりと確保できるのではないかと思います。

皆さんが少しでもいい環境で働くことができる介護事業所が増えることを願っています。

まずはあなた自身が間違った選択をしてしまわないように、しっかりと今の介護施設の現状と給与や雇用形態についての知識を持って求人を探して欲しいと思います。

また、介護の仕事に辛さや不満を感じているのであれば、一度離れて見て冷静になって見ることもいいかもしれませんよ。

決して介護の仕事しかできないと思ってしまってはいけませんよ。

介護で培ったコミュニケーション能力やヒアリング力は必ず役に立つと思います!


関連キーワード

介護福祉士年収