編集者の仕事とはどんなお仕事なのでしょうか。

どんな人や仕事と関わりながらどんな風に仕事を進めて行くのか。

どんなキャリアを積めるのか。

ここではそんな編集者の仕事や関わる仕事や人について紹介します。

「編集者の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

編集者はどんな仕事?

集めて編むと書く編集。

文字通り、素材を集めてそれぞれを編んで形にして行く仕事です。

扱う題材によって必要になってくる知識は変わると思いますが、仕事内容そのものは変わりません。

ただ、媒体が異なると多少仕事内容が変わってきます。

主な違いは、紙媒体は雑誌や新聞、フリーペーパーなどの形にして行く仕事。

Web媒体の場合はサイトに上げて行くのが仕事になるところです。

編集者はこういった人と連携して仕事をします

編集者の仕事は一人では完結しない事がほとんどです。

ネットを個人運営している場合などは別ですが、商業誌・商業サイトで編集者として仕事をする場合には、色々な仕事をする人と連携して仕事を進める事になります。

では、その連携する仕事にはどんな仕事があるのでしょうか。

デスク

雑誌でもWebの場合でも、掲載する内容をチェックする役目の仕事です。

自分の書いた原稿や、ライターさんに書いてもらった原稿をチェックした後に、デスクに最終チェックをしてもらいます。

編集アシスタント

原稿や制作物などの受け渡しをお願いしたり、書いてある内容などの確認作業などをお願いしたりする場合があります。

また、撮影した写真の切り出しをお願いしたりなど、編集作業のサポートをしてもらいます。

校正・校閲

紙媒体でもWebでも、それぞれの媒体ごとに文章の書き方や表記方法に決まりがある場合、書かれている内容がそのルールに則っているかどうかをチェックしてもらいます。

また、そもそも日本語の表記にミスはないか、日本語の使い方として正しいのか、などのチェックもしてもらいます。

ライター

編集者が自分で取材をして自分で全ての原稿を書くというスタイルの場合は関わる事がないかもしれませんが、編集者は企画を担当し、原稿を書く部分をライターにお願いするという編集部は多いと思います。

取材をしてその内容を文章にまとめる仕事をお願いするのがライターです。

カメラマン

小規模な記事の場合は取材者が自分で撮影も行うケースもありますが、大概の場合はカメラマンが同行し、撮影を行うケースが多いです。

どんなイメージの写真が撮りたいのかなどは、事前にきちんと打ち合わせをして撮影を行います。

また、編集者が取材そのものに同行できないといったケースもあるかと思いますので、その場合にはカメラマンに撮影を任せる事になります。

撮影して欲しい物のイメージはきちんと事前に伝える必要があります。

モデル

撮影によってはモデルをお願いする撮影もあるため、撮影したいもののイメージに合うモデルの選定から、撮影のディレクションまでを行います。

事前にモデルのオーディションを行って撮影モデルを決める場合もあります。

地図作成

お店の情報などを掲載する場合に必要になります。

Webの場合はGoogleMAPなどを利用する事もありますが、紙媒体の場合はアクセスMAPをMAP会社にお願いして作成してもらう必要があります。

わかりやすいMAPを作ってくれる会社を普段から探しておくなどのアンテナが必要です。

イラストレーター

紙媒体の場合の挿し絵や、Webで使う動画など、扱うものが多少変わると思いますが、写真ではない物を使用する場合などにお願いする事があります。

CGのイラストや、立体、版画、水彩、パステルなど、使う手法や画材によっても風合いが違いますし、立体のイラストの場合はイラストを納品してもらった後に、作品を写真撮影する必要があるため、イラストの納期も他の場合よりも早めに設定する必要が出てきます。

記事に合う挿し絵を書いてくれるイラストレーターは日頃から探すようにしておくといいでしょう。

デザイナー

紙媒体の場合はレイアウトを引いてもらいます。

Webの場合も画面の配置などを決め、コーディングしてもらう事になります。

どんなデザインにして欲しいのかを決めるのは編集者ですので、打ち合わせの際にラフを書いたり、説明用の資料を作って、イメージを伝えます。

慣れたデザイナーの場合はよりよくするための提案もしてくれるので、打ち合わせの際にきちんと話を聞き、より読みやすく人目を引けるデザインを作り上げて行きます。

進行担当

進行担当はそれぞれの記事や広告などの入稿から色校を戻すまでや、Webサイトに記事として公開されるまでのスケジュール管理をしてくれます。

入稿遅れや、ゲラ戻し、色校戻しなどの遅れなどをチェックしてくれたり、印刷会社との折衝などをやってくれる場合もあります。

印刷会社(紙媒体の場合のみ)

原稿を校正に回して修正を済ませ、写真を揃え、デザインが出来たらデザインにそれぞれの写真と原稿の合番を振って印刷会社に渡します。

ゲラ(初稿)が上がってきたらチェックをし、修正を入れてまた印刷会社に戻します。

最後の色校を戻す際には印刷会社の人と修正の点数などの打合せをする場合もあります。

色校の修正には版下を作り直す必要があるため、ゲラで修正するよりもはるかに費用がかかります。

そのため、修正箇所を双方で確認する事があるためです。

その後印刷された物が製本され、流通に回されます。

取材先

記事の内容によっては取材が必要になります。

取材のアポイント取ったり、実際の取材を編集者が行うケースと、ライターにお願いするケースがありますので、ライターに取材をお願いする場合は、事前に聞く内容を打ち合わせしておく必要があります。

実際の取材後に原稿が上がってきてから、内容の確認を取材先にお願いする場合などに連絡を取る事になりますので、いただいた名刺や連絡先などをきちんと管理しておくのは必須事項です。

取材をライターさんにお願いした場合も、実際に取材を受けていただいた方の連絡先の確認はしておきましょう。

Webの場合は公開したページのURLを先方に伝えたり、紙媒体の場合は発行された見本誌を送付するなどの作業もありますので、連絡先は最後まできちんと管理しておきましょう。

記者

ライターと編集者を合わせたような役割を担うのが記者という役割になります。

新聞社などの場合は自分で取材をした内容を自分で書き起こして記事にし、書いた人物の名前も掲載され、文章の責任の所在がより明確化されます。

編集者の仕事上の役割とは?

編集者の一番大きな役割は「つなぐ」事です。

出版社や新聞社など、媒体やその企業の形態によっても大きく変わりますが、基本的に編集者の仕事は決して自分一人でできるものではありません。

ライティングと撮影は編集者が自分で行うという事はよくありますが、取材先だったり印刷会社であったりと、必ず関わる人がいます。

ライターやカメラマン、デザイナー、イラストレーター、校正者、印刷会社など、多くの人が関わるような仕事であればあるほど、関わる人に企画意図を正しく伝え、それぞれの相手にどれだけ気持ちよく仕事をしてもらうかが記事の出来上がりを左右します。

円滑にそれぞれの仕事をしてもらう事こそが、一番大きな編集者の仕事と言えます。

それができなければ、結果的に自分の企画意図通りの記事を仕上げる事はできません。

そのためにはそれぞれの立場や役割の人に何をどう伝えればいいのか、今相手にとって必要なものは何なのかをきちんと自分の中で整理する必要があります。

また、それぞれの人が円滑に作業を進められるようなスケジューリングも大切な仕事です。

「編集者の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

編集者の仕事の流れ

次に実際の編集者の仕事内容とその流れについて見てみましょう。

1.企画のアイディア出しをする

媒体の扱う内容から外れない範囲で企画を考えます。

流行り物や注目を集めている話題から探すもよし、自分の面白いと思う物を掘り下げるもよし。

普段からアンテナを立て、企画を考える習慣をつけておくのがおすすめです。

いざ考えるとなると中々いいと思う物は出て来てくれないので、日頃から面白い企画を思いついたらメモしておきましょう。

2.どの企画を記事にするのか会議で決め、自分の担当記事を決める

編集部によって決め方は違うと思いますが、会議などでどの企画を記事にするかなどを決め、担当を振ります。

企画会議などで実際の記事の企画書を出し、編集部のメンバーで揉んで企画の骨格を決めて行きます。

厳しい編集部の場合は1回で企画が通らず、何度も企画書を出し直さなければいけないケースもあります。

3.企画によって得意なスタッフをキャスティングし、依頼する

決まった骨格に沿って企画を組み立てて行きます。

ライター・カメラマン・イラストレーター・モデルなどのスタッフを決め、依頼をします。

特にライターとは綿密に打合せが必要になります。

4.記事の内容に沿った取材先の選定を行い、取材のアポイントを取る

取材の必要な題材の場合は取材先を決めて取材のアポイントを取ります。

記事の入稿日から逆算し、ライターの締切がギリギリにならないスケジュールを立ててアポイントを入れるようにします。

どうしてもそのスケジュール内でアポイントが取れない場合、他の取材先を考えるなどの対策が必要になるので、早めに日程を決めるようにします。

5.実際に取材に行き、カメラワークなどのディレクションを行う

取材のアポイントに沿って取材に行きます。

どうしても行けない場合はライターさんにお任せする場合もあるかと思いますが、できるだけ自分でも参加して撮影のディレクションを行ったり、取材の聞き漏れがないかなどのチェックを行います。

6.それぞれのスタッフから納品してもらう

写真や原稿の納品をしてもらいます。

説明に必要なイラスト、挿し絵が必要な場合はイラストレーターからの納品、地図などが必要な場合は地図会社からの納品など、抜け漏れがないようにチェックします。

7.納品された物のチェックや校正チェック

納品された原稿のチェック、写真の切出し(基本的に写真は似たようなアングルの写真を何点も撮ってもらっていますので、その中から使う物を決めてデータを取り出したり、ポジフィルムの場合は切出します)、イラストや地図のある場合は各々の納品物のチェックを行います。

8.文字量や写真の点数を合わせてデザイナーにレイアウトを依頼

大体の文字量と、使いたい写真を持ってデザイナーと打合せをします。

どんなテイストのデザインにしたいのか、参考にしたいデザインなどを持って行く、自分でラフを描くなどして、デザイナーにイメージを伝えます。

9.レイアウトに合わせて入稿用の原稿を揃え、印刷会社に渡す(紙媒体の場合)

デザイナーが上げてくれたデザイン(修正が必要な場合はデザイナーに修正を依頼)と、原稿・写真などを揃えて印刷会社に入稿します。

それぞれの原稿や写真がどこに入るのかなどもきちんと指示を出します。

10.印刷会社から上がってきた初稿(ゲラ)をチェック(紙媒体の場合)

印刷会社が初稿(ゲラ)を出してくれますので、ゲラをチェックします。

指定通りの場所に指定通りの原稿がきちんと入っているか、文字がはみ出したり足りな過ぎたりしていないか、日本語は正しく使われているかなど、原稿の段階で見落としがないかきちんとチェックします。

デスクや編集長のチェックが必要な場合も見てもらいます。

11.取材先などに原稿の確認を行い、校正を通す場合は校正に出す

取材先に原稿確認が必要な場合はここで確認してもらいます。

校正に出す場合や原稿でも校正をかけている場合は、チェックしてもらった元の原稿も一緒に出し、チェックしてもらった箇所の修正漏れがないかなども見てもらいます。

これはWebでも必要な作業です。

12.印刷会社から上がってきた初稿(ゲラ)に修正を入れて戻す(紙媒体の場合)

全てのチェック(校正・校閲・デスク・編集長・取材先・自分など)が戻ってきたら、その修正を全て1枚のゲラに集約します。

全て集約したものを印刷会社に戻します。

13.印刷会社から上がってきた色校のチェックをして戻す(紙媒体の場合)

ゲラと同じようにチェックの必要な所(校正・校閲・デスク・編集長・取材先など)に渡してチェックしてもらい、自分でも修正箇所がきちんと修正されているかなどをチェックします。

ゲラとの違いは写真やデザインの色味などのチェックもここでするという点です。

色校での修正はゲラに比べて修正費用が高いので、文字などの修正はできるだけゲラで吸収できるようにしましょう。

ここでは、写真の色味や発色などを主にチェックします。

必要な場合は印刷会社の人とも直接打合せを行い、どこまでの色味の修正が可能なのかなどを話しましょう。

場合によっては印刷会社の方で修正を行ってくれるケースもあるので、制作費がタイトな場合などは特に大切な作業になります。

14.完成した雑誌などが納品されたら、それぞれのスタッフや取材先に送付する

色校を戻すと最終的な印刷に入り、それを製本したものが流通に回り、編集部に雑誌などの完成品が納品されます。

納品された本を、取材先やライター・カメラマン・モデル・イラストレーターなどのスタッフに送付します。

Webの場合はURLを関係各位に送付するなどの作業を必要に応じて行います。

15.ページを公開する(Webの場合)

Webの場合は公開するだけで人が見られるようになります。

万が一ミスが見つかってもすぐに修正が可能ですが、原稿の管理をきちんとしておかないと、一度修正したはずなのに、修正前の原稿をあげてしまったために修正がされていないなどの「先祖返り現象」が起きるので、修正管理は紙媒体よりもタイトにする必要があります。

編集者の仕事はどんな人に向いている?

ざっと見るとやること満載の編集者の仕事ですが、どんな人に向いている仕事なのでしょうか?

これから流行りそうなものやことに敏感な人

これは紙媒体でもWebでも言えることだと思います。

色々な所にアンテナを張り、これから流行りそうなものやこと、今密かに流行っていることやものを敏感にキャッチ出来る人には天職と言えます。

文章を読んだり文章を書いたりするのが好きな人

文字を扱う仕事ですので、本を読むのが好きだったり、文章を書くのが好きという人には向いている仕事だと言えるでしょう。

他の人の書いた文章を読んでいて、「こんな書き方をしたらもっと読みやすくなるのに」といったことを考えた経験のある人には、楽しんで出来るやりがいのある仕事です。

また、人の書いた文章を読むのが大好きという人も楽しんで出来る仕事だと言えます。

色々な情報を発信するのが好きな人

最近はSNSなどで自分の周辺の情報を発信する人が多くいますが、そういう情報の発信をすることの好きな人は、たくさんの人に読んでもらえるような工夫をしたり、見せ方を考えるのが好きな人が多く、そういった工夫を思いつける人は編集者の仕事の要素のいくつかを満たしています。

より客観的な視野を持って人に紹介するというスタンスが取れれば、より一層編集者の仕事に近づけるでしょう。

色々なことに興味の持てる人

1つのことに打ち込めるというのも1つの要素だと思いますが、こだわりなく色々なものやことに興味を持てる人、好奇心旺盛な人は編集者にとって大切な素質を持っていると言えます。

つまらないと思っていたものがやって見たら実はとても面白かった!というような経験は、今は興味のない人に対してこれから興味を持ってもらうためのきっかけを作れるかもしれません。

実体験は何よりも説得力のある記事を書かせてくれます。

色々な経験が出来ることは編集者にとってとても大切な要素です。

細かい作業が苦にならない人

今までに書いた仕事の流れをざっと見るだけでも、細かい作業がたくさん出てきたのでご理解いただけると思いますが、編集者の仕事は細かい仕事が多いのです。

一見して華やかなイメージを持たれる人も多いと思いますが、そんな華やかな作業だけでは記事は作れないため、地味なデスクワークもとても多い仕事です。

そういった作業が苦手な人にはあまり向かない仕事と言えます。

「編集者の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

編集者の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

ある意味で編集者の仕事には不要な経験は無いと言えます。

どんな題材を扱うメディアなのかによっても違いは出てくると思いますが、パーツを集めて新しく記事を作り出したり、新しい価値を提案したりという作業には、無駄な経験など無いのです。

逆に言えば、自分のしてきた経験の1つ1つを引き出しとして有効活用出来る人に向いている仕事と言えます。

そんな中でも特にこの経験は編集者に必要だと言えるのはどんな経験でしょうか。

多くの読書経験

たくさんの本を読むことによって、文章力が養われます。

やはり文章を扱う仕事ですので、文章力はどうしても必要になります。

編集者で文字が苦手、活字を読むのが嫌いというようでは、仕事が辛くて仕方ないことでしょう。

今までたくさんの本を読んできた人にとっては、毎日たくさんの本を読むことによって培われた文章力や読解力が目一杯活かせる仕事と言えます。

人をまとめる経験

コミニュケーション能力の問われる仕事でもありますから、色々な人との関わりが出てきます。

サークルで代表をしていたとか、学校で部活の部長をしていた、コミュニティで人のお世話をしていたなど、人をまとめた経験のある人はそれを役立てることができると思います。

編集者で働くメリットとは?

知識量が増える

1つ1つの記事を書くにあたり、それ相応の量の下調べが必要になります。

毎回新しく記事を作るたびに新しい情報を調べていく訳ですから、長く仕事を続ければ続けるほど、その知識量は増えていきます。

自分に蓄積されていく知識は、それだけで自分自身の財産になります。

人脈が作れる

媒体の扱う題材にもよると思いますが、取材先だったり、ライター、カメラマンだったりといった人と関わることが多い仕事ですので、仕事で知り合う人の数も多く、自分の人脈を広げていける仕事です。

名刺を交換する機会も多いので、きちんと整理して自分の今後に繋げていける人脈を作りたい人には非常に有益な仕事だと言えます。

聞く力がつく

取材することの多い媒体の場合に特に言える事だと思いますが、色々な人の意見やお話を聞くことのできる仕事です。

また、自分の聞きたいことを聞き出すために、どのような話の展開が望ましいのかなどを考えることが求められ、必然的に取材力・聞く力がつきます。

その後のキャリアについて

デスク、編集長

それぞれの記事を作る編集者からステップアップして、媒体そのものを見る立場になっていくと、デスクや編集長という立場になります。

各編集者の作った記事の内容や文章そのものをチェックしたり、媒体全体のバランスを見て記事の内容を決めていったりする仕事です。

ライター

企画を立てたり構成を考えたりといった編集者ならではの仕事よりも、ひたすら文章を書きたいというような場合には、編集者からライターになって独立するという人も少なくありません。

書籍の執筆や作家

編集者から書籍の執筆をしたり、作家になるというような人もいます。

1つのものをじっくりを腰を据えて書き続けたいというような場合にはこういった仕事へと進むと良いでしょう。

まとめ

扱う題材によっても多少の違いは出てくると思いますが、文章を扱う仕事であることは変わらないため、文章を読むのが好きだったり書くのが好きという人にはとてもやりがいもあり、楽しんで続けられる仕事です。

また文章を読んだり書いたりというのはさほど得意でもないけれど、新しいことが大好きで、自分の興味を持ったことを人に紹介するのが好き!というような人にも、楽しんで続けられる仕事でしょう。

入り口は一つではないと思います。

ただ色々な人との関わりが必要な仕事ですので、人との関わりが嫌いという人には向かない仕事と言えます。


関連キーワード

編集者仕事