グループホームは、認知症の高齢者が入居する小さな施設です。

そんなグループホームの給料や、その決まり方について、一つずつ解説していきます。

グループホームの給料の相場はどのくらい?

無資格で正職員の場合

グループホームで介護職として働く場合、無資格であっても問題ありません。

資格が必要な求人もありますが、問わない所も多いです。

認知症の人ばかりではありますが、重度の介護業務が必要な方というのはグループホームの場合は少ないので、無資格者や未経験者でも働きやすくなっています。

各手当を除き、無資格者の場合は15万円~18万円程度が大体の給料の相場です。

有資格者の正職員の場合

ここでいう資格とは、介護福祉士や実務者研修、認知症介護実践者研修を指します。

大体の相場は17万円~20万円程度、上記も同じですが、ここにどれだけの手当てが付与されるかでトータルの給料は決まります。

パート

最低時給より少し高め~1000円弱が相場です。

パートでも夜勤をしたり、フルタイムで働いている場合には、手当て等が加味される事が多いです。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

グループホームは、社会福祉・医療法人が経営する所のほか、民間企業の参入も多く有りますが、賞与が高いのは前者の法人の方が多いです。

月給が高くても賞与が無い、もしくは少ない場合は総合的にみて年収が少なくなりますので、必ず何か月分出るか確認しましょう。

昇給

こちらも定期的に昇給する所、全くしない所様々あり、一概には言えませんので、確認しておく事をお勧めします。

定期的な昇給は無くても、必要な資格を取った時に昇給する事は多いですので、働く以上は取れる資格は全て取得される方が給料は高くなります。

各種手当

資格手当の他、給料を大きく左右するのが夜勤手当やその他勤務体系に応じた手当です。

施設によっては、遅出や早出、休日出勤にも手当てが付く所があります。

あまり数としては多くないので、もし比較検討される中でそういった施設があればかなり恵まれており、付かない施設も多い事を頭に入れて置いて下さい。

給与が高い人は何が違うの?

では実際グループホームで働いて高い給料を得ている人は何が違うのでしょうか?

資格

初任者研修やヘルパー2級でも資格手当の付く所はありますが、数としては少ない印象です。

ここでいう資格とは、介護福祉士や実務者研修、グループホーム独特の資格である認知症介護実践者研修を指します。

この辺りの上級資格を持っていれば、手当てが5000円~10000円程度付く事が多いです。

役職

グループホームの役職は、管理者、ユニットリーダー、計画作成担当者(ケアマネージャー)があります。

役職に就いていればその分の役職手当が付く事が多いので、その分給料も高くなります。

勤続年数

やはり長く勤めていれば昇給も有り得ますし、経験分給料が高くなる事もあります。

勤続年数が長くなれば、資格が増えて役職に付く事も多いので、そういった意味でも給料は高くなります。

夜勤の有無

グループホームのみならず、施設系で働いている場合、必ず手当てが発生する夜勤の回数が給料の額を左右します。

この夜勤手当、2000円程度から6000円程度とかなり幅広く、施設によって大きく違いがあります。

月に五回夜勤をするとして、総額でかなりの違いが出ますから、夜勤をされる方は必ずこの手当の額を調べておきましょう。

グループホームの給料の決まり方

資格の有り無し

介護福祉士、実務者研修、認知症介護実践者研修があるかどうかで給料が変わります。

ケアマネージャーの資格手当が付く所もあります。

役職付きか一般職員か

勿論役職が付いた方が給料が高く、一般職員ですとなかなか高い給料・・・というのは難しいのが正直な所です。

フルタイムで働けるかどうか

パートの場合、意外と大切なのが、不規則勤務に対応できるかどうか。

日勤のみしか働けません、土日は無理ですという人よりも、年中いつでも24時間働く事ができる職員の方が時給の面でも優遇されますし、交渉で強気に出る事も可能です。

グループホームで給料をあげるためにやるべき6個のこと

では、どうすればグループホームで給料が上がるのか考えてみましょう。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

自分の仕事量と給料が見合わないと思ったら、まずはきちんと今の職場に交渉する事が大切です。

スキルアップを図る

述べました様に、給料に反映する資格はいくつもあるので、その辺りを頑張って取得しましょう。

夜勤をする

一番手っ取り早いのはこの夜勤かもしれません。

やればやるだけ夜勤手当が付きますので、効率よく稼ぐ事ができます。

思い切って転職する

上記が上手くいかない場合は転職するのも一つの方法です。

以下の点を押さえて仕事を探しましょう。

賞与、夜勤手当の額を調べる

この二つに関しては、施設によって大きく差がありますし、きちんと明記されていない事もありますが、年収に大きく関わりますのでしっかり調べておきましょう。

定期的に昇給するかどうか確認する

昇給を全くしない施設も少なくないのが現状です。

年に一回でもきちんと昇給するのか聞いてみる事をお勧めします。

夜勤その他の手当の額を確認する

夜勤手当や遅出、早出、休日出勤の際の手当の額は月々の給料に大きく響きます。

特に夜勤手当の額はあまり安い所は避けた方が無難です。

給料をアップさせるための求人の選び方

では実際の求人の探し方をまとめてみました。

給与相場が今よりも高いところを探そう

これは最低条件です。

きちんと比較して調べましょう。

賞与や昇給制度をチェック

あまり求人に書かれていない事も多いですが、必ず確認しておくべき事柄です。

残業代はちゃんと出る?

不慮の事態でどうしても残業しなくてはならない事は多々あります。

サービス残業になるのかきちんと保障されるのか、ちゃんと聞いておきましょう。

交通費や福利厚生は?

法人の場合はしっかりと保障されている事が多いのですが、民間企業の場合はこの辺りは様々です。

交通費は上限を設けている所もありますので、確認しておきましょう。

夜勤手当の額は?

夜勤をされる方は、これが一番大切なポイントです。

必ずこの手当の額は聞いておかれる事をお勧めします。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

役職が付いた時

私の場合は元々計画作成担当者で働き出したのですが、はじめは一般職員として試用期間がありました。

正式に役職に就いた時に、月5000円の手当が付き、給料がアップしています。

認知症介護実践者研修を修了した時

もともと介護福祉士やケアマネージャーの資格は持っていたのですが、グループホームで働き出してから、必要にかられて上記研修を修了しています。

資格手当が3000円増えました。

また、この研修費用はグループホーム持ち、研修分の時給も保障されました。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

月給・年収額は、役職付き正職員 > 一般正職員 > パートの順番になっています。

給料以外における良い点と悪い点

一般の正職員

フルタイムで働き、仕事に専念する事ができますので、介護の仕事が好きな人にはぴったりです。

ただ、役職とパートの間に挟まれて苦労する事も多いです。

役職ありの職員

責任ある仕事ができ、采配をふるう事ができるので、やりがいは大きいです。

ただ、現場の仕事の間に役職の仕事をこなさなくてはならない事も多いので、大変です。

パート

グループホームの場合、のんびりと働く事ができますし、扶養内で働くパートも多いので、割と働きやすい職場です。

ただ、面白みのある仕事に参加できない事もあり、深くまで仕事をしたい人には物足りないかもしれません。

まとめ

グループホームは、未経験でも働きやすいですし、役職についてもやりがいのある面白い施設です。

比較的のんびりとした時間が流れている施設ですので、時間に追われたくない方にはお勧めです。


関連キーワード

グループホーム年収