人気でオシャレなカフェバイト。

「憧れるけど、仕事内容がいまいち分からない」「時給は高いの?」など、悩む人も多いのではないでしょうか。

給料に関しては店舗にもよりますが、ファストフード等に比べるとやっぱり高めです。

今回は、カフェバイトの仕事内容や時給について、経験を元にご紹介していきます!

カフェバイトの大まかな仕事内容

ホール

カフェの顔とも言うべきホール。

セルフ形式のカフェなどでは「キャッシャー」と呼ばれる事もありますね。

お客様の注文を取ったり、ドリンクや軽食を運んだり、レジでのお会計をしたりします。

何といっても笑顔と愛想が大事なポジションです。

ポジション別の募集でない場合、基本的には入ってすぐに任せられる所です。

また、食器を下げたり、トイレ掃除をしたりというのも兼任する場合もあります。

セルフ形式のカフェでは、ドリンクの準備をしたりもするので、周りに気を配る忙しいポジションです。

キッチン

私がバイトしていた店舗では、「ベイカー」とも呼ばれていました。

その名の通り、ホールスタッフが取ってきた注文通りにドリンクや軽食を作るポジションです。

お客様と接する事は少ないですが、素早く提供出来れば、それだけお客様を待たせないので、テキパキと物事を確実に処理出来るというのが重要なポイントになってきます。

ホールスタッフの手が回らない時には、自分でホールに出て、料理を運んだりする事もあります。

また、調理だけでなく翌日の仕込みや資材の発注などをする事も多いですね。

常に食材や資材がどのような状況でどれくらい減っているか、的確に判断して発注する必要があります。

ウォッシャー

その名の通り「洗い物係」です。

セルフでも、フルサービスでも、基本はキッチンやキャッシャーが兼任する事が多いです。

しかし、混雑時にはやはり専任で常に食器を洗い続ける必要があります。

ひっきりなしにお客様が来ていると、必ず食器は足りなくなりますからね。

今は食洗器があるカフェがほとんどですが、食べ残しなどが残ってしまっている場合には、サっと流して食洗器に入れるなどします。

女性には手が荒れるので、アフターケアが必要です。

カフェバイトの給料の相場はどのくらい?

パート・アルバイト

カフェバイトをするに当たって、やはり気になるのは給料の相場ですよね。

もちろん、店舗や地域により違いはあります。

しかし、基本的に関東圏であれば900円前後~1000円位が平均相場です。

アルバイトで時給1000円だったら、なかなか良いですよね。

私が働いていた時も時給は950円程でした。

スタートがそもそもファストフード等と比べて高いので、それなりの年数や、仕事ぶりによっては1000円も夢ではありません。

基本給以外のものは、どうなっているの?

昇給

昇給はあるカフェも多いです。

少なくとも、私が働いていたカフェではありました。

しかし、昇給の為に試験みたいな何かがあるというわけではなく、店長の采配によるものでした。

「長年勤めているから」「よくシフトに入ってくれてるから」「仕事が出来るから」などと言った部分で昇給していました。

更に、特別昇給した時に知らせがあるわけでもないので、明細を見て初めて気づくというパターンもありました。

スタートは850円前後でしたが、辞める時には950円になっていたので約2年で100円のアップですね。

店舗による所も大きいとは思いますが、「昇給はあるけど額は大きくない」と言ったところでしょうか。

バイトの平均昇給額は50円~100円というのが相場のようです。

各種手当

交通費は出る所と出ない所があります。

というのも、チェーン展開しているカフェなどでは店舗数が多い為、自分の家の近くなら交通費は掛からないからですね。

そこは自己申告になると思いますが、私は自宅から近い場所だった為に交通費は出ていませんでした。

「自宅から近いと、知り合いに会いそうで嫌」という方は少し遠い所を選ぶ場合もありますからね。

そこは、事前に受けようと思っている所が交通費が出るのかどうか、しっかり確認しておいた方が良いと思います。

他にも、最近ではバイトでも住宅手当や寮があるカフェもあります。

「カフェバイト 手当」等で探してみると、意外と見つかりますよ。

それから、早朝手当、深夜手当等も店舗によりますね。

私が働いていたところは、早朝手当はありませんでしたが閉店シフトに入ると深夜手当は少ないですが出ていました。

給与が高い人は何が違うの?

同じ時期に入ったのに、あの人の方が給料が高い事を知ってしまった。

なんて事も、カフェバイトあるあるです。

「何が違うんだろう」と疑問に思う事もしばしばあります。

しかし、よくよく考えてみるとやはり分かりやすい違いというのは存在します。

スキル

カフェバイトでは、対人スキルやチームスキルなど、様々なスキルが必要とされます。

これも、店長による采配が大きい部分を占める事となりますが、やはりスキルが高い人は仕事も出来るという人が多いです。

その為、給料が高く設定される事がありますね。

ただし、最初から持っている必要はありません。

どちらにしても、給料が上がるのはある程度勤めてからの話なので、働きながらスキルを磨いていく形が良いでしょう。

役職

バイトでは、ほとんどの場合「役職」というものは存在しません。

カフェによって、あっても「バイトリーダー」くらいでしょうか。

当然、バイトリーダーになれば、バイトの中でも店長の補佐的なポジションとなるので、給料はそれなりに上がります。

ただ、少なくとも私が勤めていたカフェでは、バイトの中での役職というのは存在しませんでした。

これは、完全に経験上ですが、店長の補佐になる人は「店長のお気に入り」の人でした。

店長との相性も、役職がつくかつかないかに関わっていました。

勤続年数

カフェバイトに限らずですが、飲食店のバイトというのは入れ替わりが激しいです。

学生等も多いので、学校を卒業するのと同時に辞めてしまう人も多いからですね。

しかし、当然長く勤めていて、店舗に貢献しているとなれば給料には差が出てきます。

入ったばかりの新人と、4~5年勤めているベテランとでは差が生まれるのも納得出来ますよね。

「バイトでそんなに長く居る必要ある?」と思うかもしれませんが、フリーターや主婦の方等は同じ所で長く勤めて、損はないのではないかと思います。

地域

同じチェーン店のカフェでも、地域によって給料の差があったりもします。

首都圏では900円~1000円程でも、地方に行くとそこから100円~150円程下がります。

1日の来客数による違いなのかもしれませんが、同じチェーン店の場合、少々不公平な印象がありますね。

ただ、カフェバイトをしていると時給よりも重要なのは、人間関係や職場の雰囲気重視という人が多いです。

時給が高くても、店舗の中でギスギスした雰囲気は嫌ですよね。

カフェバイトの給料の決まり方

経験によって時給は変わらない

私が働いていたカフェでは、基本的にバイトは経験によって給料が変わるという事はありませんでした。

スタートはみんな一緒です。

もちろん、店によっては「経験者優遇」という所もあると思います。

その辺は、恐らく募集時の備考に記載があると思いますので、もし経験者で考慮して欲しいと思うのであれば、要チェックですね。

時間帯や平日・休日によって変わる所もある

これは結構変わる所も多いのではないでしょうか。

時間帯は、夜遅くまで営業しているカフェであれば、「深夜時給」になるでしょうし、土日祝の出勤は「+50円」という場合もあるようです。

私が働いていたカフェでは、閉店時間が23時と遅かったので、閉店までのシフトに入ると時給がちょっと上がっていました。

土日祝は変わらなかったですが、こちらに関しても、募集時に記載がある所がほとんどだと思います。

土日祝にシフトに入って、稼ぎたい!と思う方はチェックしておくべきポイントです。

面接の時にさりげなく聞いてみるのも手かもしれませんね。

給料をアップさせるための求人の選び方

いくら人間関係や職場の雰囲気が良くても、やはり給料が上がればさらに嬉しいものですよね。

ここでは、これからカフェバイトを始めようと思っている方へ、将来的に給料アップに繋がる求人情報の選び方をご紹介します。

給与相場が今よりも高いところを探そう

現在バイトしている所の時給が低くて、もう少し時給が高い所を選びたい。

そう思っている方は結構居ると思います。

方法としては様々な物がありますが、一番分かりやすい点を見ていきましょう。

都心に出る

先程も言ったように、首都圏(特に都心)では日本全国を見ても一番平均時給が高いです。

都心に住んでいない場合でも、チャンスはあります。

仮に関東圏内に住んでいて、都心にも出られる足があるのであれば、都心でバイトを探すのもアリです。

知り合いに会うリスクも減りますしね。

ただ、その際に一番気を付けておきたいのが交通費。

交通費が出ないのに、自腹でわざわざ自宅から遠い場所へバイトに行っていたんでは、結局時給と交通費でプラマイゼロになってしまう可能性もあります。

交通費が出るかどうかは、募集要項や面接時にしっかり確認しておきましょう。

手当があるところを選ぶ

最近では、バイトでも手当が出るという店が多いです。

しかし「多い」というだけで出ない所ももちろんまだまだあります。

基本的には募集要項に記載があるとは思いますので、少しでも給料を高くしたいのであれば、手当の部分はよく確認しましょう。

昇給制度をチェック

「バイトだから、昇給制度なんかないんでしょ?」と思われる方も多いかもしれません。

しかし、実はそんな事もありません。

会社の体制によっては、社員もバイトもきちんと定期昇給制度を導入しているという店舗もあるんですね。

もちろん、定期ではなく店長やオーナーが「よく頑張ってくれてるから」と思ってくれれば時給が上がる、という仕組みもあったりします。

確実に給料が上がる制度なので、一番見ておきたい部分です。

残業代はちゃんと出る?

バイトで残業は多くの場合、ほとんどありません。

ただ、かなり人気の店舗では「ちょっと残ってくれる?」なんて事もあるでしょう。

そういう時に、バイトだからと言って残業代を諦める必要はありません。

店舗にもよりますが、ちゃんと申請をすれば残業代が出るという場合もあります。

募集要項に記載されている場合もありますし、分からなければ面接時に確認してみましょう。

最近では「ブラックバイト」という言葉も横行し、バイトにサービス残業をさせる所もあるので、気を付けておきたい部分ですね。

交通費や福利厚生は?

交通費や福利厚生もある所とない所があります。

ただし、多くのカフェでは社割が適用される事があります。

休憩中に店舗の物を食べたいと言った場合に、通常の価格から何%か引かれる制度です。

お得に食べられるので、そこは良いポイントです。

他にも、長い時間働いたり、年間一定以上の給与受給を超えたりする場合は、保険が適用されます。

また、交通費に関しては全国展開しているチェーン店等では出ない場合も多いかもしれません。

実際、私が働いていたカフェでは出ませんでした。

家から近かったというのも理由だとおもいます。

しかし、都心に出てバイトする、家の近くだと知り合いに会うから嫌だと、自宅から少し遠い場所の場合は出る事もあるので、確認が必要です。

そもそもスタートの時給が高い所を選ぶ

言わずもがなですが、やはりスタートの時給が高ければ、それだけ昇給した時の時給も高くなります。

900円前後からスタートするのと、1000円前後からスタートするのでは、月や年単位で見ると意外と差が出てきますよね。

もちろん、スタートの時給が高くなればなる程、仕事内容は大変だったりする事もあります。

基本的にはやはりスタート時給を軸に考えてみるのが、良いかと思います。

まとめ

カフェバイトの給料事情についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

一口に「時給」と言っても、様々な方法によって決められていて、昇給を目指せるものなんです。

基本的には募集要項に書いてある事が多いので、応募の際にはくまなくチェックしておきましょう。

分からない部分は、面接時に確認をして、自分でも時給や福利厚生、交通費等、把握しておく事が重要です。

カフェバイト求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

カフェバイト求人