年齢を問わず人気のある仕事としてコールセンターでの仕事があります。

座ってできる仕事のため体力面ではそこまでハードではなく、比較的給料も高いという点が魅力といえるでしょう。

そんな人気のコールセンターの仕事ですが、今回はコールセンターに向いてる人と向かない人について考えてみたいと思います。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コールセンターの仕事はどんな仕事?

一口にコールセンターと言っても様々な種類がありますが、大きく分けると、お客様からの問い合わせ等に対応する「インバウンド」と、こちらからお客様に架電する「アウトバウンド」があります。

いずれにしても電話を介してお客様とのコミュニケーションを図ることがコールセンターでの仕事と言えるでしょう。

コールセンターの大まかな仕事内容

上記に挙げたようにコールセンターは2種類に分類されるますが、それぞれ具体的にはどんな仕事を行うのでしょうか。

「インバウンド」のコールセンターの場合には、例えばカスタマーサポート、通販の受注オペレーター、テクニカルサポートセンターなどがあります。

また、「アウトバウンド」での業務の場合、販促の営業、訪問のアポイントを取る、アンケートや市場調査などの業務があります。

仕事上の役割とは?

カスタマーセンターやテクニカルサポートなどの仕事は、企業の顔としてお客様のニーズに応えるという大事な役割があります。

この部署の対応の仕方で企業の印象が変わると言っても過言ではありません。

また、市場調査やアンケートなどの場合にはお客様の声を聴くことにより、企業側が顧客のニーズにあった商品やサービスの提供を行えるようにするという目的があります。

コールセンターの仕事は向いている人と向いていない人

コールセンターの業務も様々ですが、向いている人または向いていない人はどんな人でしょうか。

具体的に考えてみましょう。

向いている人

テキパキ話す人

企業の顔として対応するにあたり間延びした話し方では、信頼を得ることが難しくなってしまうでしょう。

冷たい対応になってしまわないように注意することが必要ですが、お客様が不安にならない対応をすることが大切です。

柔軟な人

業務を開始する前には研修が行われます。

もちろん、基本的なことは研修で教わることをもとに話しますが、相手は人間ですからスクリプト通りに話が進むことはほぼありません。

ですので、基本を踏まえて柔軟な対応をすることが大切です。

また、研修時など、例えば自分の話し方のクセなどを指摘されることがあるかもしれません。

その際にそれを受け入れる余裕がある人の方がその後の業務がスムーズにできるでしょう。

想像力が豊かな人

相手の顔が見えない仕事で、すべてのお客様が自分の考えや気持ちを上手に言えるとは限りません。

その際に、相手の言わんとしていることは何だろうかと想像して、「~例えばこういうことでしょうか」などくみ取って話しを進められるなら、お客様が話しやすいと感じるでしょう。

向いていない人

自分を持ちすぎる人

特にコールセンターでの経験がある方に見受けられますが、自分の経験などで勝手に判断してしまったり、独自に自分のやり方で進めてしまう方は向いていないと言えるかもしれません。

確かに経験が役立つことはありますが、職場ごとに業務の進め方が異なることは多いので、その都度合わせていくことが求められるからです。

また、自分を持ちすぎていると改善点を指摘された場合に素直に受け入れることができずに、スキルを向上させることが難しいかもしれません。

引きずってしまって立ち直るのに時間がかかる

コールセンターでの仕事は顔が見えないお客様とのやり取りになります。

ですので、いろいろな方がいて、時にはクレームになってしまったり怒られることもあります。

または担当の上司から間違いを指摘されたり、改善点を伝えられることがあります。

もちろん、クレーム対応など気持ちが良いものではありませんし、落ち込むこともあるでしょう。

休憩を取って一呼吸置くことが大事な時もあります。

しかし、あまりにそれを引きずりすぎると、次の業務ができないということも生じてしまうので、コールセンターでの業務は難しいかもしれません。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コールセンターの仕事に活かせる経験やスキル

仕事を探す時に、いままでの自分の経験を活かせたら良いと思うのではないでしょうか。

実は、コールセンターでの業務にも役立つスキルや経験があります。

そのなかから、こんな3つの経験やスキルを紹介します。

事務経験

コールセンターでの仕事はPCを使った基本的な入力業務が付随したものがほとんどです。

ですので、事務経験がありPC入力のスキルのある方は有利と言えます。

また、事務の仕事で電話対応を行っておられた方なら経験を活かすことができるでしょう。

接客業

実際、コールセンターの仕事を行う前に就業していた仕事で接客をしていた方は多いです。

電話とはいえお客様の対応という接客ですから、接客経験が有利であることは言うまでもありません。

接客の仕事は、実際にお客様を目の前にして人との距離の取り方を学んでいるので、会話の間合いなどの技術を身につけることができます。

それがコールセンターでも活かされるのでしょう。

語学

最近は日本に住んでいる外国人の方も多いので、カスタマーセンターなどでは外国語対応の部署もあります。

英語や中国語、韓国語スペイン語などがありますが、少数言語での対応ができると高時給という場合もあります。

語学スキルがあって他の人の役に立ちたいと思う方でしたらぜひ検討してみてください。

コールセンターで働くメリットとは?

きれいな言葉遣いや電話応対のスキルが身につく

普段何気なく使っている言葉でも意味が違っていたり使い方が違っているということがあるものです。

コールセンターでの仕事を通して正しい敬語の使い方などを学べます。

また、電話の取次ぎ、受け答えなどの対応スキルも身につけることができます。

業務に関連した専門知識が身につく

例えばテクニカルサポートなどの部署の場合には、商品の使い方や特徴または技術的な問題を解決するスキルなどを学びます。

これらはお客様に伝えるためだけでなく、自分の知識を増やすことにも役立つでしょう。

コールセンターで働くメリットは、こちらの記事も参考に!

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

最初は派遣やパートとして仕事を始めるかもしれませんが、慣れていくうちにコールセンターのSVとして部署内の業務の監督や指示出し、または新人の教育係などの仕事をおこなえるようになるかもしれません。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

お客様とのやり取り、クレーム対応を通して培ったコミュニケーション力は対面の営業や窓口、または受付の仕事にとって有利になるに違いありません。

多くの企業でもコミュニケーションスキルを重視していますので、自分のアピールポイントにできるでしょう。

まとめ

今回はコールセンターでの仕事に向きな人不向きな人をまとめてみました。

自分の性格を考えて仕事を選ぶ上での助けになりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コールセンターの転職を考えている方は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

コールセンター求人