新しく仕事を始めた時、誰もがすぐに内容を理解でき、かつやるべきことが覚えられればよいのですが、必ずしもそうではありません。

多かれ少なかれ壁にぶつかってしまう…ということがあります。

絶対的に向いていない仕事という可能性もないわけではないですが、せっかく入った職場です。

なんとか仕事を覚えて、できるようになりたいですよね。

仕事が覚えられないし向いていないからやめてしまおう、とすぐに諦めてしまうのではなく、少しのコツと努力でなんとかすることができればいいと思いませんか。

そこで、今までにいくつかの仕事をしてきた経験などから、仕事が覚えられないときの対処法とコツを厳選して紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

仕事が覚えられない時ってどんなとき?

新卒で入った職場や、未経験職種への転職など、まったく経験のない分野での仕事に就いた場合に、いきなり即戦力たり得る存在として活躍するのはどだい無理な話です。

他にも、入社の時期や、その職場の人的環境などで、仕事の覚えやすさは変わってくるはずです。

どのようなときに仕事を覚えるのが難しいと感じてしまうのでしょうか?

そのパターンを挙げて、見ていきましょう。

未経験職種

新卒での入社を含め、初めて経験する仕事であれば、なかなかこつがつかめず覚えられないと思うのも無理からぬことです。

類似の経験がある場合には、その職種では未経験とはいえ、過去の経験を活かすこともできるかもしれません。

また、例えば販売の仕事をしたことはなくても客として類似の店舗でレジを利用したことがある、というような、その仕事を別の角度から見たことがある、その仕事に触れたことがある場合にも仕事の内容がイメージしやすいかもしれません。

しかし全くの未経験で、触れたこともない、という仕事では、仕事を覚えるのが難しいかもしれません。

繁忙期の入社

指導係がついて、逐一ゆっくり教えてもらうことができる環境であれば申し分ないのですが、そういったことが容易ではない時期がある会社も少なくありません。

新人の指導に人員を割くことができないくらいの繁忙期であれば、そばについて教えてもらう訳にはいかないのは無論のこと、声をかけて教えてもらうのも悪いような気がしてしまうことも…

時期外れの中途採用などでしばしばこのような事態が起こります。

人手不足の状態

前項「繁忙期の入社」ともいくらか重なる面もありますが、余剰な人員のいない、中小企業や零細企業などでは、それぞれがこなさなくてはならない仕事も多く、忙しさを極めているというようなこともあります。

切り詰めた人員配置になっていることも多く、声をかけづらくて気兼ねしてしまい、結果、なかなか仕事が覚えられないということになる方も多いようです。

こういった忙しい職場では、誰がどんな仕事をしていて、それぞれの進捗状況や手すき具合も当然わからないため、誰に声をかけていいのかわからず戸惑ってしまうこともあります。

仕事の量が多い

会社からの期待値が高いときなどに陥りがちな状態です。

あれもこれもと詰め込むように、多すぎる業務内容が出現します。

能力の高さを見込まれてのことではあるのでしょうが、消化しきれずに覚えられない、ということになるようです。

なまじ能力があるために、本人も快い返事をしてしまいがち。

未経験職種などでは特に、優先順位がわかっていないなどの理由から、断っていい仕事がわからず、キャパオーバーになることもあります。

指導できる人がいない

業務内容を説明してもらえたり、やり方進め方を、理由やこつも含めて教えてもらえたら、仕事を覚える上では有用そうです。

しかし、同職種に従事する人がいない職場環境で働かなくてはならないということがあります。

同職種に従事していた人がすでに退職済みであるとか、新規に立ち上げた部署(事業)であるとか、その理由は様々です。

また、職種を同じくする人がいても、その人が「教える」ということに長けているとは限りません。

自分が「できる」ということと、「人に教える」ということは必ずしも比例しないのです。

その仕事に関して、有能な人であればあるほど、教えることが不得手ということも往々にしてあります。

覚えるための行動が不足している

職場の環境や、指導する側の都合ではなく、本人の考え方や仕事への望み方に問題がある場合もあります。

せっかくの指導も、漫然と聞き流してしまっていては、当然覚えられるはずがありません。

覚えようとする姿勢と、仕事が覚えられるように行動をすることをセットにしなくてはなりません。

指導をしてくれている人の話をしっかり聞く、わかっていないことをそのままにせず質問するなどして理解しようと努めるといったことが必要です。

そのためには、詳しく述べるのはこの後の章に譲りますが、メモをとることが有効です。

他に気がかりなことがある

気持ちが職場や仕事に向いていないときには、仕事を覚えることもままならないのではないでしょうか。

集中力を欠き、仕事の内容もなかなか覚えられません。

気持ちの切り替えをうまくするよう心がけて、仕事中には仕事のことに集中するということを徹底させます。

仕事を覚える必要のある一時期に限った話ではなく、職業人生を歩む限りずっと、こうした気持ちの切り替えや集中力のコントロールをしていかなくてはなりません。

気がかりなことがあったとしても、一時的にシャットアウトするようにします。

プライベートではまた逆に仕事を必要以上に持ち込まず、分けて考えるようにすることで、ワークライフバランスを整えます。

切り替えをうまくすることで、仕事もいいバランスを保って長続きさせることにつながります。

自分のタイプを把握していない

仕事をする姿勢や、仕事を覚えるに当たって、どのようにすれば覚えられるのかといった、自分自身のタイプやパターンを把握していないときに、やはり仕事は覚えにくくなります。

単純作業であれば、習ったとおりの手順をなぞることで特に問題なくこなせると思います。

そういった作業ばかりではなく、到着点に至る道筋がいくつもあって、その道筋を自分で設計して作らなくてはならないような仕事もあります。

自分に向いているやり方で仕事を進めるためには、そもそも自分自身のことを知らなくてはなりません。

そして仕事の内容を把握し、上手にすりあわせなくてはならないのです。

誰かのまねをしたり、既存のマニュアルからはみ出さないようにしていては成り立たない仕事もあるのです。

営業や、企画の仕事などで特にその傾向が強いのではないでしょうか。

ある程度の創造性や、他者相手の折衝が必要になる仕事です。

仕事を覚えると同時に、自分のやり方を設計し創造していかなくてはならないのです。

おすすめの対処法とは?

では、前章でいくつか挙げてきた、仕事が覚えられない状況に対処するにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

仕事が覚えられない理由と、それに合わせた対処法を見ていきましょう。

どのような状況に当てはまっているのかを考えてみること自体にも意味があります。

自分自身と、職場の環境などを分析することにもつながり、仕事を覚えるという目的に活かすことができます。

メモをとる

仕事を覚えるための対処法としては基本中の基本ではないでしょうか。

メモをとるためには、内容に欠けがないように、常にスタンバイ状態を保つことが望ましいでしょう。

メモをしたいことができてからメモ帳を取り出すというのではなく、ペンとメモ帳にすぐ手が届く状態にしておきます。

胸ポケットに入れておく、デスクの上に出しておく、といった形で準備しておきましょう。

質問の仕方

わからないことがあるときに、上司や先輩、指導係として付いてくれている人などに質問をすることになるかと思います。

その際、質問の仕方もいくらかは考えておかないと、肝心のことが聞けなかったりします。

相手には、自分がどの程度わからないかが伝わっていないことも多く、理解の度合いの前提にずれが生じることもあります。

その前提、つまりどこまで理解していて何がわかっていないのかということを示せるような質問をができるよう、表現などに工夫をしてみましょう。

確認をする

前項の「質問の仕方」とうまく絡めながら使いたい対処法になります。

自分の理解が正しいかどうかの確認を必ずしてください。

「~~については、こういった理解でいいか」というような形です。

そうすることで、指導を受けた内容と、自分が理解していると思っていることの間にズレや間違いがないかの確認ができ、もし間違っていた場合には訂正をしてもらえるはずです。

見せてもらう、見てもらう

仕事の内容にもよりますが、同じ職種に就いている人に教えてもらえるのであれば、ぜひその人の仕事のやり方を見せてもらってください。

もちろん、そのやり方をそっくり踏襲すべきでそのために見せてもらおうということではありません。

その仕事の到達すべき目的と、その課程を見せてもらうことで、仕事そのものへの理解が深まります。

そして、習ったことなどを、自分でもやってみて、見てもらうようにします。

手順に問題がないか、目的を正しく理解しているか、といったことについて、評価してもらえるはずです。

前項「確認をする」では口頭での確認について触れましたが、実技などでも確認をしていくことはとても重要です。

この際にも間違いがないかどうか、もし間違いがあるのであれば、適切な訂正を仰ぎましょう。

焦らない

忙しい職場であればあるほど、気持ちも急いてしまいます。

仕事を覚えて、早く戦力になりたいという思いが強いほど、この焦る気持ちは大きくなるかもしれません。

しかし焦っていては、覚えられるものも覚えられません。

周囲からの期待値や、職場の人員数の程度によっては、どうしても焦らざるを得ない、となる向きもあるかと思います。

それでも、落ち着いて、深呼吸をしたり周りを見渡したりしながら臨んでほしいと思います。

必要以上にスローペースを心がけよということではなく、ゆっくりした落ち着いた気持ちで聞けば、先輩たちの指導がはっきり伝わり、かつ、自分の中の問題点も明確にすることができます。

焦って指示や指導を聞き漏らすということが格段に減るはずです。

立ち位置を知る

経験によっては、即戦力になることを期待されることもあるかもしれません。

同職種を経験している、類似の職種に関する経験があるといった場合に顕著です。

職種としては経験があっても、会社が変われば「同じ」とはいいがたいというような場合が多々あります。

期待をなんとなく感じながら黙っているより、自分のスキルや経験の程度などを伝えることができれば、どこまでできてどこからできないのかがわかってもらえて、過度の期待からは逃れることができそうです。

そうすれば落ち着いて教えてもらったり、気兼ねなく質問をしたりできそうですね。

また、仕事ができる・覚えたとは言いがたい状態にある場合には、そのことを自分で意識をするという意味でも、求められているレベルと、実際の自分の立ち位置を把握しておくと、目標設定などもしやすくなります。

なんとなくできるような気がして確認を怠ったり、逆になんとなく難しそうだから手を出さずにいたりすれば、自分自身も周りも、「なんとなくできる」という認識になってしまうことが少なくありません。

いざ仕事を任されてみて、できるつもりでいたことができない・覚えていないのでは話になりません。

コミュニケーションをとる

職場の先輩や同僚たちと、積極的にコミュニケーションをとるようにします。

友だちのような親しさを目指す必要はありませんが、ある程度コミュニケーションが円滑にとれるようになっていれば、質問などもしやすくなりますし、失敗に対するフォローもしてもらいやすくなります。

そのような状態のなかでは、余裕を持って仕事に臨むことができます。

そうなると「覚えられない!」と焦ることも少なくなるのではないでしょうか。

頼るところは頼って、最終的に仕事を覚えてできる!というところに持って行きたいものです。

先輩や同僚たちも、積極的に仕事を覚えようと質問などをしてもらって、結果として早く仕事を覚えて「できる」ようになってもらった方がいいに決まっているからです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

仕事を覚えるためのメモの取り方、活用の仕方

メモをとることは、仕事を覚えるためにする基本的な行動であるとすでに述べました。

では、実際にメモをとる際にどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

仕事を覚えるのに有効なメモの取り方とその活用の仕方を詳しく紹介します。

メモ帳の準備

前章で簡単に述べていますが、いつでもすぐにメモをとることができるようにしておきます。

ポケットや手元に置いてお筆記用具としては、鉛筆やシャープペンシルより、ペンの方が便利です。

鉛筆などでは、それなりの筆圧で書いていかないと紙に記すことができません。

芯が折れることもないので、インクのつきがよく書きやすいペンを用意してみましょう。

水性ペンなどではほとんど力を入れずに書けます。

ボールペンは、ペン先を紙に押しつけるようにして書く必要があり、油性ペン(マジック)では、インクが手についたり、蓋の開け閉めが必要だったりと、メモをとるという目的で使用するにはその扱いに難があります。

おすすめはノック式の水性ペン。

特に色ペンなどは必要ではありません。

後で見返す際に、赤ペンや青ペン、蛍光マーカーなどでチェックをしてある方が見やすいということであれば使ってももちろん支障ありません。

ただし、すぐに取り出して使えるように持っておくという点で、ペンが複数になると少し手間取るかもしれず、推奨はしません。

また、都度ペンを持ち替えて書き込んだりしていては、肝心な部分を書き漏らすリスクも生じてきます。

メモはとりっぱなしにしない

しっかりメモをとるようにしているという人も少なくないことでしょう。

指導内容を書きつけたメモ、どうしていますか?

メモをとるだけとって、デスクに置きっぱなし…という風にしていては、せっかくのメモが活用し切れていません。

とったメモは、ぜひ持ち帰って、じっくり見返すようにしてください。

もちろん、機密情報などを含み、社会持ち出しができないと言った場合は例外です。

個人情報や機密情報には十分注意して、取り扱うようにしてください。

メモを見返す方法ですが、具体的には清書をすることをおすすめします。

仕事中、あるいは指導を受けているときに使っているメモ帳だけではなく、もう一冊別にノートなどを用意します。

書いたものを丁寧に書き写す中で、単に聞いたままを書いてはあるが理解が及んでいない部分や、書き抜かっている部分などがあるのに気づくでしょう。

情報を整理し、質問や確認をする内容をまとめておきましょう。

ノートに書き写す際には、好みに応じて色ペンなども使ってわかりやすくまとめるとよいかと思います。

困ったときに開いて、すぐに情報が取り出せるように書いていきましょう。

そして、改めてもう一度書くことで、覚えるべきことがしっかり覚えられる点も、この自宅での清書をおすすめする理由です。

特に、わかりやすく書こうとすることで、より理解は深くなるので、ぜひ試してもらいたい方法になっています。

このとき、疑問に思うことや、理解に不安があることが出てくれば、改めて質問をするなどして解消しておきます。

そしてまたこのノートにフィードバックしていきます。

ノートを活用する

前項「メモはとりっぱなしにしない」で作った清書ノートは、仕事のマニュアルの覚え書きとして大変優秀なものになっているはずです。

部分部分で教わって覚えていった仕事の内容を、体系的に見ることができます。

すぐに書きつけるために手元に置くメモ帳とは別に、こちらのノートも仕事中はそばに置いて、すぐに該当箇所が見られるようにしておきます。

インデックスなどをつけておくとよいでしょう。

そういった一工夫で、使いやすさが増します。

仕事中にとったメモを元にして、このノートには随時書き足していきます。

そうすることで、オリジナルのマニュアルができていくのです。

メモができない場合は…

メモ→ノート作りという過程は、基本的にはどのような職種でも有効なはずです。

もし、メモ帳をなど持ち込めないような職場であれば、メモをとるところを飛ばして、ノートを作ってみましょう。

その日にした作業、教えてもらったことを思い出して、書き出します。

メモに頼らず覚えておかなくてはならないので大変ではありますが、思い出そうとすること、覚えておこうとすることで、確実に身についていきます。

思い出せないことがあれば、早いうちに質問するなどして空白を埋めておくようにします。

きちんと振り返りをすることで、その時点で理解していることと理解していないこと、覚えていること覚えていないことが把握できます。

それがわかれば、理解していないことや覚えていないことを理解し覚えられるようなアクションがとれますね。

仕事を覚えられる人になるコツ

できるだけスムーズに仕事を覚えたいものですが、なかなか簡単にはいかないのが現状です。

どうすれば仕事を覚えられるのでしょうか。

「仕事が覚えられない時ってどんなとき?」の章において挙げた状況に対処する方法を、「おすすめの対処法とは?」の章で心構えや大まかなスタンスとして解説しました。

ここでは、実際に役に立つ形で小さなコツとテクニックを紹介していきます。

視点1(相手の視点)

人は皆「自分の視点」で生活しています。

それは当然のことですね。

仕事をするに当たっては、相手の視点に立ってみるということをしてみましょう。

何をどんな風にしてほしいのか、逆にしてほしくないのかといったことを想像してみることで、求められている仕事がわかってくるのではないでしょうか。

同じ職場の、チームを組んでいる人に対しても、社外の取引相手やお客さんに対しても同じです。

相手の立場、相手の視点ということを意識してみると、自分の仕事そのものもまた違った角度で見えてくるはずです。

視点2(上から下から)

俯瞰で見るということと、またその逆で近視眼的に見てみるということ。

あるいはマクロの視点、ミクロの視点という表現をしてもいいかもしれません。

自分自身や自分の仕事、また職場の様子などを、全体的に見渡してみたり、細かいところを見てみたりします。

固定的な視点で物事を見ていると、最初に見逃したものはずっと見逃したままになりがちですし、多面的に物事を捉えることができません。

仕事の内容に関してもそうですが、職場の人間関係などにも適用できます。

人間も多面的・多角的な存在です。

そういった視点で人とも接することで、職場のコミュニケーションもより円滑にとれるようになり、一石二鳥です。

進んでやろう

入社したてで右も左もわからない…となると、指示を待って、ただそれをこなすだけの仕事の仕方になりがちですね。

ある程度忙しい職場であれば、指示や指導は後回しにされ時間をとってもらえないこともあります。

単純なルーチンワークなどをあてがわれて放っておかれるなんていうことも…

それでは、仕事を覚えることは到底できません。

また、なんとなく難しそうな、あるいはめんどくさそうな仕事があることに気がついたら、ぜひ手を出してみましょう。

もちろん手に余る内容であれば、かえって職場で迷惑をかけてしまうことにもなりかねないので、教えてもらったり、そもそもその仕事に手をつけていいかを確認してから進めます。

単純作業の積み重ねも仕事を覚えるのに必要なことではあるのですが、そればかりでは進歩がありません。

少し難しいことや複雑なことができるようになるということは、その手前にある作業ができるということに他なりません。

積極的に取り組みましょう。

すぐにやろう

指示があったときや、その仕事ができそうなチャンスがあったときには、すぐに取りかかりましょう。

まだ習っていない、覚えていない、という場合にはことさらにそうすべきです。

指示をしてくれた人がそばにいることも多く、わからないことなども気軽に聞きやすくなっているかと思います。

この場合、また習っていない、覚えていない内容の時には、指示をしてくれた人がそういう認識を共有してくれているかどうかは確認しておいた方がいいでしょう。

「教えたつもりだった」「できると思っていた」という認識で指示をしていることもあります。

寝かせてみよう

すぐにやるのとは逆に、訳もわからず片づけてしまうのではなくあえて仕事を寝かしてみます。

もちろん急いでこなさなくてはならない仕事ですべきことではなく、時間の制約のない仕事に限られます。

他の仕事を覚えてからの方が理解が深くなることもあります。

時間をかけた方が、仕上がりがよくなる仕事もあります。

その仕事が、すぐにやるべきことなのか、時間をかけて、深い理解を持って↓法外い仕事なのかの判断ができるようになることも、仕事を覚えるということの一環になってくるはずです。

不慣れなうちは、自分で判断してしまわず、上司や先輩などに判断を仰ぐようにしましょう。

疑問を押さえ込む

「とにかくやってくれ」「ただ手順さえ覚えてくれればいい」

こういった指示の元でする仕事があります。

なぜするのか、どんな目的でするのかといった疑問がわくこともありますが、仕事によってはそれを押さえ込んで「とにかく」「ただ手順を覚えて」こなしていくべき場面もあります。

全部が全部そういう仕事であることはなく、たまたまそんなタイミングだったということがほとんどではないかとは思います。

全体を見たときに、疑問を差し挟まずに、ただ急いでやった方がいい仕事、そうすべき場面があるということを理解しましょう。

余裕があるときに、内容に踏み込んだ質問をしたり、他の仕事との関連を推し量ったりということが可能になるはずです。

疑問を持つ

前項とは逆のことになりますが、自分がしていること、指示されたことがどんな仕事なのか疑問を持つことはとても大事です。

かねてから漫然と仕事をしていては覚えられるものも覚えられないと述べてきましたが、自分が担った仕事の工程が、全体のどの部分に当たるのか、どういった目的で行われるものなのかといった疑問を持ち、それを解決することで理解は断然深まります。

ただし、前項で述べたように、疑問を差し挟むべきでない場面もあります。

そんなときには、教えてもらった手順などと共に、疑問をメモしておきましょう。

メモを残しておけば、改めて尋ねることが可能です、

気負いすぎない

バランスということがとても大切です。

社会人としてバランス感覚に優れていると、仕事はスムーズに行くことが多いでしょう。

仕事を完璧に覚えよう、指示されたことを完遂したい、と思うこと自体はもちろん悪いことではありません。

モチベーションを高く保って、仕事をどんどん覚えて行ければ言うことなしです。

ただ、気負いすぎていると、疲れてしまいます。

テンション高く張ったままの糸は、切れやすさというリスクを高めていってしまいます。

できて当たり前と思っていると「できない」「覚えられない」という状態に陥ったときに疲れてしまいますから、今はできなくても時間をかけてできるようになろうと考えてみるとか、上司や先輩など気軽に相談できる相手を作っておくとかして、一人で抱え込まないようにします。

付箋活用

メモ+ノートに、さらにもう一つ、付箋を活用して、仕事を整理します。

短いスパンで片づけていくべき仕事などは付箋紙にメモをして目につくところに貼ります。

また、付箋紙は色とりどりカラーがついていますから、これをメモ帳やノートに貼ることで仕事の内容がより整理されて見やすくすることもできます。

たくさんの指示をされる職場でも、付箋を活用してTo Do リストを管理すれば、忘れてた!という事態を免れます。

ぜひ活用してみてください。

まとめ

まずなぜ仕事が覚えられないのかを挙げてみました。

本人の適性や性格と、どのような職場で、どのような状態で仕事をしているのかといった観点から見てみると、その問題点が見えてきます。

仕事が覚えられないのは、無能だから、というようなことではもちろんありません。

間違った覚え方をしようとしていたり、仕事を覚えるために活用すべき道具を有効に使えていなかったりするからです。

しっかり仕事を覚えられる、メモの取り方と、まとめノートの活用の仕方を解説しましたので、参考にしてみてください。

焦らずに自分の立ち位置なども明確にしながら、コミュニケーションをしっかりとっていくという考え方を身につけます。

一つ一つ着実に仕事が覚えていけるようなコツを押さえて、仕事ができる人を目指しましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

事務の休み事情ってご存知でしょうか?今回は、そんな事務職の方が休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方はぜひご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めが

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じる一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いんです!今回はそんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話しします。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したも

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職