働きたくない人のよくある理由についての写真

働きたくないと感じる人はたくさんいます。

その中でも口では働きたくないと言いながらも働ける人と、本当に働きたくないと思っている人とがいます。

今回は働きたくないと心底感じている人がなぜそのように考えてしまうのか、その理由とそれでも働いた方がいい理由について説明します。

更にやる気がでない人に向けて、やる気が出るための方法もお伝えします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

働きたくない人のよくある7個の理由

潜在的に人は働きたくないと考えています。

しかしその中でも本当に「働きたくない」と強く心の中で思っている人はほんの一部です。

働きたくないと思う人達には様々な理由があります。

ただダラダラしたいから、なまけたいから働きたくないわけではありません。

働きたくない人がよく出てくる理由を7つ見ていきましょう。

仕事が思い通りに行かない

仕事が自分の思い通りに進まないと働く意欲をなくしてしまいます。

仕事を始める前や始めたてにあった自分のビジョンが叶わない、叶えられないんだと感じた瞬間に絶望的になってしまいます。

仕事が思い通りに行かないことにも2通りあり、1つは自分が計画してやっていたにも関わらずそこに実力が伴わずにできないケースです。

その場合は努力をしつくして、それでも叶わない時にもうダメだと感じてしまいます。

人から見たらちょっとしたことでも、当人からすればやりたかったことができないわけですから大問題です。

完璧主義の人に多い傾向があります。

もう1つは上司や先輩などが反対するために、自分の思い通りの仕事をさせてもらえないパターンです。

こちらは理不尽な状況に置かれていたり、自分がどれだけ声をあげてもさせてもらえない現状に絶望してしまいます。

この場合は職場全体が完全に敵に回ってしまうので、孤立して余計に気力をなくしてしまいます。

上司や先輩に阻まれてしまうと、会社組織では太刀打ちできないのが歯がゆいところですね。

取り返しのつかないミスをした

取り返しのつかないミスをして落ち込む男性

それまで仕事をがんばっていた人や、仕事に対して強い責任感がある人に多いものです。

それまで自分が評価されていたり、絶対にミスをしない自信があった場合に、たった1回取り返しのつかないミスをしただけでもう立ち直ることができなくなります。

ミスをした時は勿論上司に怒られますし、責任を取らされます。

しかしそれはそのミスに対することであって、自分自身が否定されたわけではありません。

しかし責任感が強いとミスをしてしまった、指摘されたことだけで「自分はダメだ」と思い込んでしまいます。

ミスを犯して周りは挽回できるよ、今回は仕方がなかったと言ってくれていても、自分の中での傷は消えません。

ミスをしたらもうダメだと思いこんでしまう人は、それだけで「今まで積み上げてきたものはなんだったんだ」と迷子になってしまいます。

働く意義がわからない

そもそも働くこと自体に意義を見いだせない人もいます。

なぜ人は働くのか?

働かない方が楽なのに、と考えながら嫌々働く人もいます。

そのような人は「働く意味がわからない」と心の中で思いながらも、周りを見て「働くのが当たり前なのだ」と自分の中で言い聞かせ、心の中でもやもやさせていきます。

しかし心の中でふつふつと考えていると、余計にその気持ちが大きくなっていきます。

自分は働きたくないし、働くことを疑問に思っているのにどうしてこんなことをしないといけないんだろう?と考えてしまいます。

そう考えていると、何か自分の中で嫌なことや会社の中で許せないことがあった時に一気に爆発してしまいます。

働く意義がわからない人は、こちらの記事を参考に!

やりがいを感じられない

仕事そのものにやりがいを感じられないと、働きたくないと感じてしまいます。

日本人は特に「仕事は楽しくないのが当たり前。それでもみんな我慢して働いているんだ」と考えるのが常識となっています。

だからこそ楽しくないことにそこまで頑張れない、どうして我慢しないといけないの?と疑問を感じている人が声を上げづらくなっています。

本来仕事は楽しんで行うものです。

自分がずっとやっている同じ仕事でも、その中でいかに楽しさを見出してそこにやりがいを作っていくかが重要になっていきます。

やりがいを感じられない人は、そのようなやりがいを作る方法を知らないのです。

知らないからこそやりがいを感じることができません。

仕事にやりがいなんてないけれど、言われたから働いているという機械的な人たちに紛れられない、素直な人です。

お金を稼ぐ気持ちが薄い

仕事をする人の中には8時間で残業なく土日休みがいい、最低限働けて給料がもらえればいいと思う人もいれば、お金をどんどん稼ぎたいから寝る時間も惜しんで仕事をする人がいます。

そのどちらが良い悪いはありません。

ただ働きたくない人は寝る時間を惜しんでという人に比べて、かなりお金を稼ぎたいという気持ちが薄い傾向にあります。

これは実際自分が色んな体験をしておらず、それほど物欲がない人に多い傾向があります。

支出をしないからこそ収入を必要としないのです。

欲しいものややりたいことがないために、お金がなくても暮らせると考えるのです。

実家暮らしであれば生活はできますし、自分が特に何もしなければそこまでお金を必要としません。

そうなればなぜ自分が嫌な思いまでして働いているんだろう?という疑問が出てきます。

組織に馴染めない

働きたくない一番の理由は人間関係が問題となってきます。

人間関係が悪ければいくらやりたい仕事ができていて、給料が良くても人はそこに行たくなくなります。

人間関係でもこの先輩が嫌だ、と特定の人一人であれば問題は解決しやすいです。

しかし会社自体、組織自体に馴染めなければ仕事している時間全てが苦痛に感じられます。

心の休まる時や、頼れる人がいない状態なので誰かに助けを求めることもできません。

友達などの外部の人間に助けは求められても、それでは本質的な解決をすることはできません。

そうしていくうちに友達に愚痴を吐いている時間が一番楽、会社の時間は苦痛という気持ちがより自分の中に染み付いていきます。

その結果余計に会社に行くのが嫌になり、働きたくない気持ちが強くなっていきます。

楽しくない

働いている時間が全て楽しくないと感じてしまえば、仕事をするのが嫌になってしまいます。

人は楽しくない時間を過ごすのは嫌ですからね。

働いていてもこの仕事は嫌だけど、この仕事をしている時は楽しい、仕事は苦痛だけれどお客さんに喜んでもらえる瞬間は楽しい、というように楽しい時間があれば人はその時間のために頑張ることができます。

しかし楽しい時間が1つもなければ、人は続けることができません。

職場の人と話すのも楽しくない、仕事をしている時間は全て楽しくない状況だと誰でもすぐに逃げ出したくなりますよね。

働く意欲を作るには楽しみを作るのが大切です。

在宅可な仕事をすれば解決しそうな人は

生きていくためには働いてお金を稼がなければいけません。これはみんな共通認識だと思います。

「働かなければいけない」のは分かっているけど、単純に会社に行きたくないという人もいるでしょう。

そういった人におすすめなのは、安定して在宅でもできる仕事に就くことです。

以前は「内職」のイメージがあり、細々とした低単価な仕事しかない印象を持っている人も多いですが、現在では、正社員や契約社員として在宅で働ける仕事もあるのです。

もし興味がある人はこちらから在宅仕事を出して貰うと良いでしょう。

働きたくないと感じる人の共通項10個

働きたくないと感じる人には共通している部分があります。

どのような特徴があるのかわかることで、それを対処することができますね。

それぞれ見ていきましょう。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

目標が立てられない

仕事をする上で目標が立てられないと働いている意味を見失います。

人は何かのために頑張れる生き物です。

例えばお金を貯める時でも家を買うために、結婚資金として、というように目標があると人はお金を貯めることができます。

それと同じように働く上でも目標が大切になります。

例えば出世するためにであったり、この地位を獲得するために、この仕事でこういうことができるようになるまで頑張ろう。

と1つ区切りとなる目標を立てることによって、人はそのために走り続けることができます。

それが目標が立てられないとそもそもの頑張る理由がなくなってしまいます。

目標が立てられない人は、そもそも目標を立てる方法を知らない人や、会社の中で目標を立てる必要性を感じていません。

「どうせ自分は~」と考え込む

働きたくないと考える人はネガティブ思考な人が多いです。

どうせ自分が出世できるわけがない、どうせ自分がいくら頑張ってもそこまでお金を稼ぐことはできない、というように色んなことに諦めた考えをしてしまいます。

そのためどうせ自分はすごいことができないと考えるがあまり、そんな自分は一体なんのために働いているんだる?

自分が働いても意味がないのに、と考えてしまいます。

ネガティブ思考の人は前向きな考えをすることが苦手です。

そのため自分の将来を明るく見ることができません。

失敗したら改善策を考えない

働きたくないと感じる人は、自分が仕事で失敗した時に失敗したことに落ち込み続けます。

「自分はどうしてこんな仕事1つできないんだ?なんであの時ああしてしまったんだろう」と1つの失敗を後悔し続けます。

後悔しても何もいいことはありません。

次に発展することなく、ネガティブになって終わってしまいます。

ポジティブな人は失敗をしても、次はその失敗をしないためにどうすればいいのか?失敗から学んだことは何か?をしっかりと考えます。

だからこそ失敗も1つの経験だと考えられ、次に進むことができます。

改善策を考えずにいると、失敗をした数をリストのように数え上げていき、小さな失敗1つとっても自分のダメな材料に追加していきます。

自分のダメな点や、自分の失敗を見つけて責めるのが上手いのです。

コミュニケーションが苦手

働きたくないと感じる人は総じてコミュニケーションが苦手です。

なぜなら仕事が楽しいか楽しくないかのほとんどは人間関係で決まるからです。

仕事が難しかったり、仕事が楽しくないと感じていても人間関係が良ければ人は続けられるものです。

コミュニケーションが苦手だと会社の中で仲の良い人を見つけられていなかったり、何かあった時に相談できる人をもっていません。

会社での相談事は勿論友達など外側の人にするのもいいですが、結局は内部の人に相談しなければ問題は解決しません。

コミュニケーションが上手であればちょっとした不満も上手く吐き出すことができますし、本当に自分がやりたくないことがあれば交渉することもできます。

しかし苦手な人は押し付けられたと感じていても、自分がやらなければならないと感じてしまいます。

そしてその裏で愚痴を吐いては、結局現実どうにもならないと感じてどんどん働いている時間が嫌になってしまいます。

周りの人間も仕事をしているその人を見て、嫌々引き受けて我慢していると把握し辛いです。

なぜならその人のことを周りがほとんどわからず、何も言わないから納得していると勘違いしてしまうからです。

その結果自分が考えていることと、周りが感じていることが一致しなくなっていき、フラストレーションが溜まっていきます。

人間関係を築くのが面倒だと感じる

そもそも人間関係を築くこと自体が面倒に感じている場合があります。

会社の中で働くということは、必ず人間関係を育まなければなりません。

そのこと自体が苦手、億劫に感じる人はそもそも働きに行こうと思いません。

自分がトップにならない限りは人間関係にもまれながら仕事をしなければならないからです。

今の世の中人間関係を全く作らずに仕事をすることは難しいです。

そのため、ストレスを感じるくらいなら働きたくないと考えるようになります。

気分転換するのが下手

仕事をしている上で嫌なことがあったり、働き過ぎてしんどくなることは誰にでもあります。

ポジティブな人は嫌なことがあってもすぐ友達に愚痴をぶちまけたり、自分の好きなことをして気分転換します。

しかし気分転換をするのが下手な人もいます。

その人は嫌なことやしんどいことをプライベートまで引きずり、常にそのことを頭の中に考えて心を休めるタイミングをつかめずにいます。

常に嫌なことを考え続けているため、心も体も壊れていきます。

メンタルがやられると体力も奪われますし、体がしんどいとメンタルもやられていきます。

その悪循環に陥り何もしたくない現象に陥ってしまいます。

最初は気分転換下手で、常に考えちゃうんだーと笑い飛ばせてもその日々が続くごとに自分の中にしんどさが溜まっていきます。

自分のためのご褒美や、自分のためだけの時間が作れない人は気分転換で何をすればいいのかわからなくなってしまいます。

休日も家にこもっている

休日に家に引きこもっている男性

気分転換するのが苦手というところにも付随してきますが、家にこもっていると人はネガティブな思考になりがちです。

一人でふさぎ込んでしまうと自分の世界が逃げ道になってしまうため、余計に社会と関わりたくなくなってしまいます。

また、家にこもるということはお金を使わないことにも繋がってきます。

そのためお金を稼ぐことに意識が向かなくなり、ずっと家で過ごしていたい、家で過ごしている時間が一番楽だと思うようになります。

家にこもってしまうと外的な刺激もないため、どんどん内側にこもってしまいます。

そうすればするほど自分の中のいらない感情やもやもやが膨らんでいきます。

全て自分の責任と考えてしまう

ちょっとのミスがあっても全部自分が悪いんだ、と思い周りが考えている以上に自分の中で大変なこととしてしまうと落ち込んでしまいます。

周りはそこまで気にしていないのに、いつまでもそのことを過剰に考えてしまいます。

その結果自分が悪者のように感じてしまい、働くことが嫌なものに感じられるようになっていきます。

自分の責任と考えてしまうと一見すると責任感がある人と思われますが、反対に言えば人に頼るのが下手な人でもあります。

自分のことばかりせめてしまったり、自分が悪いと考える人は人に頼るのが苦手なのです。

頼るのが苦手だからこそ、自分が被ればなんとかなると考えてしまいがちになります。

睡眠がとれていない

ネガティブ思考な人、自分が悪いと責めてしまう人、仕事とプライベートの区別ができない人、それらの人たちは考えすぎてしまうため良い睡眠が取れません。

その結果寝ているのに寝ている感じがせず、常に寝不足になり頭がまともに働きません。

頭が働かないとどんどん脳が疲れていき体力もですが、思考がよりネガティブな方向にいってしまいます。

一説によると、必要な睡眠時間はストレスの量を表しているとも言われています。

ストレスが溜まっていると脳が疲れているため睡眠時間を長く必要とします。

そのため8時間も寝ているから大丈夫、と時間だけで計ることはできません。

いつも6時間寝れば十分でも、8時間寝てもすっきりしない時はストレスが溜まっている可能性があります。

その事に気づかずに短い時間で起きてしまうと、いつまでも疲れは取れずにどんどん自分が衰退していきます。

一人で考え込んでしまう

仕事で悩むことがあったり、何か私生活で悩むことがあっても一人で考える傾向にあります。

一人で考え込んでしまう人は悩みを話すことは迷惑をかけてしまうと感じていたり、悩んでいること自体が知られるのが嫌と考えてしまいます。

自分一人で考えても答えは出てきません。

自分一人で考えられることなんてほんの小さなことだからです。

そのため一人で考え込んでしまう人は、勝手に最悪な方向へと持っていく傾向にあります。

そのためよりネガティブな気持ちになり、周りのみんなはいつも通りに接しているにも関わらず、自分自身が沈んでいるからこそ「嫌われている、みんな自分のことを責めている」と思い込むようになってしまいます。

一人で考え込んでしまう人は会社での嫌なことも一人で考えてしまうため、どんどんどんどん働きたくない、会社に行きたくない気持ちが自分の中で強くなってしまいます。

それでも前向きに仕事をしてみたほうが良い理由

働きたくない理由と、働きたくない人が共通して考えることについてはわかりました。

それでも働くのが嫌に感じても、前向きに仕事をした方がいいのです。

それは前向きに仕事をすることで、たくさんのいいことが起こるからです。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

余計に落ち込んでしまう

働きたくない時に「なら働くのを辞めたらいいよ」と仕事をしないことを勧めるのは逆効果です。

なぜなら、仕事をしない、会社に行かないことで「自分はダメな人間だ」と余計に落ち込んでしまうからです。

日本人は集団行動をする生き物です。

そのため集団と違うことをしている、まして仕事をしていないことは負け組だと言われている中で辞めてしまうと、余計に自分のことを責める日々が続いてしまいます。

働きたくないと思う時こそ、前向きに仕事ができるようにとにかく仕事をすることだけは辞めないでいると、行動をしていることだけでも自信に繋がります。

行動をしていると、人は次第に気持ちが明るくなっていきます。

復帰できなくなる

心が病んでしまった場合など限界を迎えた場合は離れた方がいいです。

しかし、働きたくないと考えている時の場合は辞めると逆効果です。

「自分はやっぱり向いていなかったんだ。働くのは間違っているんだ」という気持ちになってしまいます。

そうなってしまうと社会に復帰するのが難しくなってしまいます。

復帰できなくなると、自分自身が後からしんどくなってしまいます。

働きたくないと感じているのは働いているからで、働かなくなると働いていない自分は悪いと思うようになります。

そうなっても、働きたくない気持ちがあるからこそもう一度面接をして仕事を始めることに恐怖心が芽生えてしまいます。

金銭的不安に陥る

働かなくてもいいと考えニートになったり、少し休んでからフリーターとなった場合、今度はお金の不安がつきまとってきます。

働いている時はお金は安定的に入ってくるからこそ考えていなかったことも、働かなくなると不安に感じるようになります。

それは将来の不安であったり、数ヶ月後自分は生きていけるのかと考えるようになります。

そうなるとお金のことが頭から離れなくなってしまい、しかし働きたくないからこそ正社員に戻る道は考えられずに自分が苦悩することになってしまいます。

だからこそ、働きたくなくても今頂いている給料に感謝をして、前向きに働き続けることが大切になります。

動くことで気持ちが和らぐ

働きたくないと考えながらも、日々忙しく働くことで働きたくないという気持ちは消えていきます。

働きたくないという気持ちが芽生えている時は、いいことですがネガティブなことを考える余裕があるからです。

仕事を忙しくしてみたり、1つのことを達成しようと集中することによって気持ちがどんどん和らいでいきます。

働きたくないと思いながらも人は実際に動くことで気持ちがなくなっていきます。

勉強したくないという学生が勉強をしていくうちに成績を上げて勉強を続けるのと同じです。

解決するきっかけが掴める

働きたくないと考えている時は、自分の中で何かしら理由があるはずです。

最初は色んなことが混ざり合ってなぜ自分が働きたくないのかわかりません。

だからこそ理由もわからず、ただなんとなく働きたくないと考えるからこそ余計にしんどくなってしまいます。

しかし時が経てば人はどんどん自分の中で整理がついていき、1つの答えが見つけられるようになっていきます。

例えばそれは仕事でミスをしたことかもしれませんし、人間関係に馴染めていないこともかもしれません。

そのように自分の中で問題が見つかると、今度は解決策を考えるようになっていきます。

勿論一人で考えるには中々答えはでてきません。

しかし考えているうちに、誰かと話しているうちに解決の糸口を見つけることができます。

そうなれば解決する道が見えていき、後はそれに向かって動くだけで悩みは解消されていきます。

動くからこそ見ていくこともたくさんあります。

働きたくない人がやる気になるための6個の方法

働きたくないと思っている状態でも、やる気を出して働きたいと思っているあなた、一度肩の力を抜いてみましょう。

外出して大自然の空気を堪能する

家にこもりっきりになると、余計に自分がふさぎ込んでしまいます。

自分の気持ちが落ち込んでいる時は、いっそのこと外の空気を吸うのがおすすめです。

特に都会にいると忙しなく時間が過ぎ去っていき、ゆっくりできないこともあります。

外に出ることによって、自分の頭の中がすっきりしたり体にも栄養を行き渡らせることができます。

働きたくないと感じている時こそ森林浴という言葉もあるように、自然の力を感じに行くのが最適ですよ。

自然の空気を感じることで、悩んでいる時は自分の心が現れるような気持ちになり、今自分が持っているものがいかにありがたいことかを認識できるようになります。

思い切ってフリーランスに転身

働きたくないと感じる人は人間関係で悩んでいたり、仕事が楽しくないと感じていることがほとんどです。

そういう方にはフリーランスになって、やったらやった分だけ報酬としてもらえる仕事をしてみるのも1つです。

フリーランスで仕事をすることで、今までいかに会社員で過ごせていたことがありがたいかということがわかります。

なぜならフリーランスは会社が部署をわけて行っていることを全て一人で行わなければならないからです。

営業活動をするのも自分、実際に制作をするのも交渉をするのも自分です。

ただしフリーランスのいいところは自分が稼ぎたい金額だけ稼げば、それ以上仕事をしなくてもいいという利点もあります。

好きな時に仕事をできますし、自分が仕事をする中身を選ぶこともできます。

自分のやりたいことだけを基本的にはすることができるので、やりがいを感じやすくなります。

自分の得意なことで今ではフリーランスも簡単になれる時代になっています。

一度やってみて違うと感じたらまた会社員に戻るのもありです。

挑戦してみて、今までと違う働き方を体感するのもいいですよ。

小さな楽しみを見つける

働きたくないと感じている時は全てのことがマイナスに見えてしまいます。

しかし、世の中には様々なところに楽しさが転がっています。

自分の日常の中にも楽しいことは転がっています。

朝通勤する間の楽しさを見つけたり、朝出勤するまでの時間に楽しさを見つけると会社に行くのが楽しみになりますよ。

例えば朝食をどれだけ早く作れるか実験してみたり、通勤電車の中で共に乗っている人たちに物語をつけてみたり、通勤電車だからこそできることをやってみると毎日通うのが待ち遠しくなりますね。

仕事の中でも自分で勝手に目標を作ってみるといいですよ。

例えばいつもは1つの書類を作るのに2時間かかっているとしたら、正確性はそのままにどれだけ時間を短くできるかというように競うと「よしできた!」と自分の中で自信になり、仕事が楽しくなっていきます。

一度距離を置いてリフレッシュする

やる気がでないときは一度会社から距離を置くのも1つです。

本当に精神的に疲れてしまっている時は、どれだけ自分ががんばろうとしてもこれ以上は頑張れません。

頑張ろうと強いるほどに、体は嫌がります。

本当にダメだと思った時は有給を取って旅行に行ったり、自分の好きなことを思う存分楽しむ時間にしてみるといいですよ。

がんばれない時は体が休んでほしいと告げているサインでもあります。

リフレッシュをすることで、またがんばれる時がやってきます。

やる気がなくなって、もう何もしたくないと思った時はリフレッシュをしてみましょう。

集中できる職場環境に変える

やる気が出ないのは、もしかしたら今の職場の環境自体が悪いのかもしれません。

自分は仕事をやりたいのに周りが邪魔をしてきたり、職場の中に嫌な人がいたりするとやる気もなくなってしまいます。

職場環境を変えてみると案外やる気がすぐに出てくることもあります。

職場環境が悪いなと感じたら、部署異動をお願いしたり、転職を考えるのも1つです。

アルバイトをしてみる

やる気がなくなっているときは仕事自体が嫌になっている可能性があります。

会社で働き続けると自分が本来やりたかったことができなかったり、当初自分が考えていた思いを失っていることもあります。

自分がなぜ働きたかったのか、なぜこの会社で働くことを決めたのかを確認するためにも、一度その仕事から離れることをおすすめします。

しかしただ仕事を辞めるだけでは金銭的にも不安になりますし、働かない期間を作ることで復帰するのが難しくなります。

自分がやってみたい、楽しそうと思うアルバイトをすることで、自分が働くことに何を求めているのかがわかるようになります。

それを見つけることで、自分が本当に働きたかった答えが出てくるので、働くのがまた楽しくなります。

次はそれが叶う働き場所をアルバイトをしながらゆっくりと探せばいいからです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

働きたくないと感じることは人間誰しもあります。

新卒の人であれば学生に戻りたい、どうして自分は働かなければならないのだろう?と考えてしまいがちです。

働きたくないと考えること自体は悪いことではありません。

自分がなぜ働きたくないと感じているのか知ることが大切です。

その原因を知って対処をすることで、楽しく仕事をすることができます。

社会人になれば働いている時間が人生のほとんどの時間を占めます。

その働く時間が嫌な時間になってしまうと、プライベートも楽しくないです。

やる気の出る方法を自分が一番しっくりくる方法を試して、またやる気が出る時を気長に待ちましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →