仕事でミスをしてしまうことは避けたいですけど、どうしても起こってしまいます。

気をつけているつもりでも、細心の注意を払っているつもりでもミスは避けられません。

ただ、その後のリカバリーをどうするかが大切です。

仕事のミスをしても反省して対策を立てて再発防止をしないとまた同じことを繰り返してしまいます。

ミスばかりしていたら職場の周りの同僚や上司に迷惑をかけてしまいます。

それでも職場にはミスをしてもまた同じミスをしてしまう人がいます。

周りから注意されても反省しているのかどうかわからず、同じミスして再発防止の対策を立てている様子もない人も中にはいます。

どうして同じことを繰り返しているのか不思議に思うことがあります。

今回は、仕事ができない人の特徴や改善するための方法を紹介します。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事ができない人の8個の特徴とは?

仕事を頑張っているのにミスしている、決してサボっている訳ではないのになぜかよく怒られているなんて人を職場で見かけた経験があるかもしれません。

仕事ができない=仕事をサボっているという訳ではないのですが、うまく立ち回れなかったり、仕事が遅かったりと頑張っているのに仕事ができないレッテルを貼られてしまう人がいます。

仕事ができない人の特徴はどういったものか紹介していきます。

指示通りに仕事ができない

上司や先輩などからお願いされた仕事を指示通りにできない人がいます。

言われた指示通りにやればいいのですがなぜか指示通りにできない人は、仕事内容を十分に理解していなかったり、言われた指示を勘違いしていたり、指示された仕事の作業を細かく確認していなかったりするため、本来の指示通りでないことが多いです。

そのため、言われたことができない人というレッテルを貼られてしまいます。

メモを取らない

何度やっても同じミスをする人は、メモを取らないことが多いです。

人の話を聞くときに、はいはい言うだけでは人間は忘れてしまいます。

相当の記憶力がよくない限り人の話を全て覚えておくのは無理なので人から何か教えてもらったり、アドバイスもらったり、何か質問などをする際は、内容や要点をメモする必要があるのですが、仕事ができないと言われている人は、高い確率でメモを取らない、取りたがらないことが多いです。

知ったふりをして周りに確認しない

知らないことを依頼されてもなぜか素直に知らないと言わずに仕事を続けてミスしたり、間違ったりします。

知ったふりをして周りに確認しないのは、プライドが高い人ゆえ、聞くことができない、聞くことが恥だと思っていることが多いからです。

スケジュール管理ができていない

スケジュール管理ができない、スケジュールを整理できていないのも仕事ができない人の特徴です。

遅刻したり、日程を間違えたりが多くスケジュール帳など何も記載していないことで勘違いも発生しています。

整理整頓ができていない

机の整理整頓ができていない人は、仕事ができないと言われている人が多いです。

書類や資料がどこにあるかわからないとかどこに何を置いたかわかりづらいため、必要なときに必要なものを取り出せたり、確認したりすることがなかなかできないので整理整頓ができない人は仕事ができないと言われる所以です。

素直さが足りない

仕事ができない人にはプライドが高いため、素直に周りに聞くことができません。

周りに質問することで自分が仕事を知らない、できないとレッテルを貼られることを嫌い、知ったかぶりで仕事を進めてしまう傾向があります。

ただ、この行動は余計に仕事の効率を下げたりミスや事故につながったりすることがあるため、仕事への信頼感をなくす原因になってしまいます。

自分のミスを反省しない

ミスしてしまうことは仕方ないですが、ミスしてしまった場合は、ミスを素直に認めて反省し、次に再発しないように気をつけるのですことが大切です。

仕事ができないと言われる人は、自分のミスを認めなかったり、仕事のミスを反省せずに人のせいや外部要因だけのせいにして片付けてしまいます。

妙な自信を持っている

仕事ができないと言われる人は、なぜか根拠のない自信、自分は仕事ができるんだと強く信じています。

そのためプライドが高く、周りとの調和ができていなかったり、ミスをしたり、迷惑をかけているのですが、妙な自信を持っているため、人の話には耳を傾けることがありません。

仕事でミスが起きやすいポイントとは?

最新の注意を払って仕事でミスのないように滞りなく終わればパーフェクトですし、誰もがそうなろうと頑張っています。

ただ、どんなに優秀な人でもどこかで仕事のミスは起こしてしまいます。

なぜ仕事のミスが起きてしまうのか、仕事のミスが起きやすいポイントはどこなのか、ここで紹介していきます。

うっかりミス

仕事でのミスによくある理由の一つがうっかりミスです。

うっかりミスはほとんど誰でも経験してしまうことですが、なぜ仕事でのうっかりミスが起きてしまうのか、うっかりミスが起きてしまうポイントとは、多いもので3つ考えられます。

  • 1.体調管理がいい加減な人
  • 2.仕事に慣れてきた人
  • 3.せっかちな性格の人

です。

体調管理がいい加減な人

体調管理がいい加減な人は、プライベートで徹夜をしていたり、お酒が好きで夜遅くまで飲み歩いていたり、十分な睡眠時間を日々確保していない人、確保できていな人です。

仕事で徹夜が続いたり、飲み遊びすぎて十分な休息が取れていなかったりすると、知らず知らずのうちに体に疲れが溜まっていきます。

疲れが溜まってくると、注意力が散漫したり、判断力が鈍ってきたりします。

そのため、普段ならしないようなうっかりミスををしてしまうことが増えてきます。

仕事に慣れてきた人

仕事に慣れてきた人は、なんでもそうですが、仕事など慣れきた時が一番危なく、ある程度要領がわかってきているため、自分の力を過信してしまいがちです。

慣れてきたいるのでこれなら大丈夫とか自分ならできると信じ切ってしまい、本来のプロセスを知らず知らずに飛ばしていたり、時間短縮のためなどの理由で本来踏むべきプロセスをわざと飛ばしたりと我流の方法を編み出して仕事をしてしまいます。

そのため、うっかりミスが発生してしまいます。

せっかちな性格の人

せっかちな性格の人は、何でもかんでも急いで終わらせてしまいたい、急いで終わらせないといけないという気持ちが強く、急いでやろう急いでやろうとなぜか焦っています。

自らにプレッシャーを課して迅速に仕事をこなすのはいいのですが、必要以上に急ぎすぎると視野が狭くなりますし、細かなところまでチェックする余裕がなくなります。

それに、迅速にではなくせかせかして仕事に取り組むことで、仕事が雑になるため、仕事のクオリティが下がってしまいます。

確認を怠る

仕事でミスがおきるポイントの一つとして確認を怠ることがあります。

ミスの少ない人は、仕事が終わった後、必ず一つ一つ仕事こなした仕事に対しての確認作業を行い、ミスや漏れがなかったかをチェックします。

しかしミスが多い人は、時間だけを気にしすぎてしまい終わらすだけで終わりなので確認作業を怠っていることがほとんどです。

仕事を期限内に終わらすことや仕事を迅速にこなすことは大切ですが、仕事や作業が終わった後の確認作業も仕事のミスを防ぐ上で大切なプロセスになります。

確認作業を怠ってしまう理由は、忙しいから確認作業は後回しであったり、単に仕事が終わったから確認作業が面倒くさいと思ってサボってしまうことです。

ほんの少しの時間で見直す、確認するだけでいいのですが、その作業を怠るために仕事でのミスが発生してしまいます。

指示内容の理解が不十分

仕事の指示内容を十分理解していないことも仕事でミスが起こる原因の一つです。

例えば、上司の指示内容を聞き違いや勘違い、きちんと理解してなかったりしている場合、どこかでミスが発生します、また、上司からの指示内容をメモしていたとしても、内容の理解が不十分な場合もミスが発生する原因になります。

したがって、上司からの指示内容をしっかり聞くと共にきちんとメモを取るだけでは仕事のミスを発生してしまいます。

上司からの指示内容をしっかり聞いてきちんとメモしたのなら最後に確認作業として上司の指示内容をきちんと理解しているかどうか上司から聞いた内容を復唱したり要約して上司に伝え正しいかどうかチェックが必要です。

指示内容の理解が不十分なまま仕事を進めてしまうとミスは発生してしまいますし、わかったつもり、やったつもりではミスが必然的に増えてしまいます。

時間がなく焦っている

時間をうまく調整したり、管理できると心に余裕を持つことができ、仕事も楽しくできたり、充実してきます。

仕事をする上では時間に追いかけられるより時間を調整できるに越したことはありません。

しかし、仕事でミスが発生してしまったり、仕事でミスが多い人は、常に時間に追われて忙しくしていたり、時間を上手く調整することができません。

しかも時間に一度時間に追われてしまうと視野が狭くなり、周りを見たり気遣う余裕がないのでやっつけ作業で仕事をしてしまいがちです。

そのため、確認作業を怠っていたり、指示内容を誤解したりとミスが起きてしまいます。

段取りができていない

仕事を上手くこなす上で段取りは重要です。

よく仕事の段取り8割、現場2割と言われるくらい段取りができることは仕事を効率よくこなすためには最重要項目になります。

段取りがきちんとできていると仕事は円滑に進みますし、段取りができていることで仕事上の不測の事態にも迅速に対応することもできます。

仕事でのミスが起きるポイントとして、段取りがきちんとできていない、もしくは段取りが不十分であったことが考えられます。

段取りができいないとミスが起きるのは、仕事の内容や流れをしっかりと把握できていないことになります。

そのため、うっかりミスやケアレスミスは発生してしまいます。

メモマニア化している

仕事をする上でメモをとることは大切です。

人は色々なことを聞くと次々と忘れていきます。

そのため、メモを取ることで大切なことを忘れないようにしたり、優先順位の高いものを着実にこなすことができるため、仕事の効率を上げたり、作業の漏れがないかを確認する上でも必要です。

しかし、メモを取ることだけがゴールになってしまい、せっかく取ったメモも見返さずに結局ミスしてしまうケースがあります。

また、メモを取ることだけがゴールなため、後日自分が書いたメモを見返しても理解できないなんてことがミスにつながります。

メモを取ることは大切ですが、取ったメモをしっかり見返したり確認して作業をしないとミスを起こしたりミスを繰り返してしまいます。

前のミスをいつまでも悔いてしまう

ミスをしてしまった場合、どうしてこんなミスをしてしまったのだろうか、なんでこんな簡単なことができなかったのだろうかと自分を責めて自己嫌悪になってしまう人がいます。

後々考えて防げたはずの簡単なミスであればあるほど、後悔や自己嫌悪でなかなか気持ちを切り替えることができません。

そのため、悪循環に陥り、また同じミスをしたり、他のケアレスミスをしてしまったりしてしまいます。

この悪循環のループに入ると後悔と自己嫌悪から集中力を欠いたり、注意力が散漫してしまい、いつまでたっても解決しません。

精神的に疲れている

仕事でのミスは、精神的に疲れていることがあります。

多忙を極めて精神的にも身体的にも疲れていたり、残業残業でなかなか疲れがとれない、疲労が蓄積されていくことで体だけでなく心も悲鳴を上げ始めてしまいます。

そうすると普段しないようなミスしたり、ミスが増えたりします。

仕事の効率も下がりますし、周りにも迷惑をかけてしまいかねません。

そうなると悪循環でますます精神的に疲れてしまいます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事でミスをしないために。改善するための方法とは?

仕事のミスを減らして作業効率を改善することで円滑に仕事ができるようになります。

仕事が円滑に進めば、気持ちの余裕も生まれますし、仕事も楽しく、充実したものになります。

ミスを100%なくせたらベストですが、100%は難しいのでいかに工夫して仕事をすることでミスを100%なくすことにしていくか改善する方法を紹介していきます。

整理整頓

整理整頓は、めんどくさいと後回しにしてしまいがちですが、整理整頓をしておくことで仕事への集中力も高まりますし、作業効率も上がります。

ただ、整理整頓といっても何から始めていいかわからないかと思います。

ここでは4つのプロセスを紹介します。

  • 1.全てのもを取り出す
  • 2.掃除して綺麗にする
  • 3.いらないものをまとめる
  • 4.資料や文房具などのポジションを決める

です。

全てのもを取り出す

全てのものを取り出すは、引き出しや棚、キャビネットなどどこからはじめるかを決めたら思い切って全部しまっているものを取り出します。

全部を一気にやってもいいですが、ごちゃごちゃになるので、たとえば引き出しの1段目からはじめるなら、1段目の引き出しの中にある資料や文房具などを出して引き出しを空にします。

中途半端に出して作業をしていると違うことを見つけてそっちをしたり、作業に戻したりと集中力があっちやこっちにいってしまってなかなか作業が終わらないのでまずは決めたところを一気に片付けます。

掃除して綺麗にする

次に空にしたところを掃除して綺麗にしていきます。

この際に隅々のホコリや汚れもしっかりと落とすようにしましょう。

ジンクス的なものになりますが、掃除で妥協せずに隅々まですることで仕事に対しても妥協せずにきっちりすることができるようになります。

いらないものをまとめる

いらないものを分けるのは、意外と机や棚にある資料が古くてもう使わないとか引き出しの文房具で壊れてもう使えないものがあるからです。

不要なものを捨てていくだけでも机の中や棚の中は綺麗になっていきます。

資料や文房具などのポジションを決める

資料や文房具などのポジションを決めてしまうことです。

ポジションを決めてきっちりとそこに仕舞うようにすれば取り出しも便利ですし、探す手間も省けます。

忙しいとちょっと大変ですが習慣化してしまえば効率は上がるので作業が捗ります。

思い込み防止

仕事に慣れてくると我流で仕事のプロセスを省いたり、自分の力を過信して思い込みで仕事を進めてうっかりミスや大きな失敗をしたりします。

特に入社して半年や1年ほど経つと仕事にも慣れて余裕が出てくるのでその時期は注意が必要です。

たまたま我流がはまってしまうとそれが正しい作業となってしまい、小さなミス程度では気づかなくなってしまいます。

もちろん仕事に対して自信を持つことは大切ですし、自分の能力に自信を持つことも悪いわけではありません。

ただ、過信から思い込みで本来の作業手順とは違う手順で作業をしたり、「これなら前やったから大丈夫とか」「これはこっちの方が良さそうだからこれでいいや」などといった気持ちで仕事を進めていくとうっかりミスをしたり、重大なミスを犯してしまったりします。

「これなら大丈夫」とか「この作業ならこれくらいでオッケーだろう」という自分が正しいという思い込みや過信はミスへの大きなリスクになりますので自分のやり方や解釈が間違っていないかどうか、常々意識してしっかりと確認する必要があります。

どんだけ経験を積んでも、仕事に慣れてきてもどこかで「これで大丈夫なのかな」とか「これであってるのかな」と自分への過信を疑って確認を怠らないようにする必要があります。

過信からくる思い込みを防ぐことでうっかりミスや大きな失敗のきっかけを防ぐことにつながります。

チェックリストを作る

仕事をする上でミスなく仕事ができたらいいですが、ミスなく仕事をこなすことはほぼ不可能に近いと言えます。

誰でもミスはしてしまいますので仕方ないですが、だからといってミスすることに慣れてしまってはいけません。

ミスすることで周りやお客様にも迷惑になるので改善しないといけません。

同じミスを繰り返さないために有効な方法はチェックリストを作ることです。

特に忙しい時、時間に迫られている時、精神的に余裕のないような時こそチェックリストを作って確認する必要があります。

例えば、会議資料を準備している際に、会議資料の内容について重要項目に漏れがないかどうかや資料を印刷して出席者に渡すのであれば出席者は何人いるかや誤字脱字がないかどうかなど項目を予め作っておいて、資料作成した際にチェックしていきます。

他にも印刷した資料でページが不足していないか、印刷がしっかりされているか、資料の閉じ方はきちんとしているかどうかなど気になるところ、以前指摘されたところなどを含めてチェックリストをチェックすることでミスを防ぐことができます。

また、チェックリストを作ることでいちいち考えず、機械的に作業ができるため、忙しかったり精神的に余裕のない視野が狭い時でも有効です。

予め作ったチェックリストを次も使用すれば新たに作る必要もないですし、万が一ミスした場合は、ミスした内容や見逃していた箇所をチェックリストに付け加えることで次回の再発防止につながります。

チェックリストを活用して機械的にでもチェックしていけばミスを防止するだけでなく、作業効率も上がり、仕事に好循環をもたらすきっかけにもなります。

上司や先輩などに確認してもらう

仕事でのミスを一人で改善できたらいいのですが、自分一人だけで全てのミスを減らしていくことは限界がありますし、ミスしたことへの良い改善策が思いつかない時があります。

その時は、ミスの再発防止として、上司や職場の先輩に確認してもらったり、アドバイスをもらうことが大切です。

自分以外の人に確認してもらうことで自分ではわからなかったところに気づかせてもらえたり、自分では大丈夫と思っていてもミスが見つかったりします。

また、自分でチェックする際も終わってすぐ確認するよりは、小休止を挟んで改めてチェックした方がミスを防ぐことができます。

上司や先輩に確認を依頼し、相談したりすることで上司や先輩などとのコミュニケーションにもつながり、ミス防止だけでなく、人間関係も改善のきっかけになります。

ミスしたことを記録する

ミスをしてしまうと精神的に良くないので落ち込んでしまい、視野が狭くなってしまいますが、ミスしてしまったことを真摯に受け止めたら、何をミスしたのか、何が原因でミスしてしまったのか、どうしてミスにつながったのかなどミスした原因、ミスにつながったきっかけを記録にするようにしましょう。

ミスしてすぐにこの作業はなかなか気分がいいものではありませんが、ミスして周りに迷惑がかかっているのならなおさらミスしてあまり時間が経たないうちに記録することで再発防止につながりますし、仕事に対しての集中力や注意力も向上していきます。

また、ミスをしたことを記録する際に後から読み返してわかるようにまとめまることが大切です。

うっかりミスだったらなぜうっかりしていたのか、どうしてうっかりミスを発生させたか、その際どういう影響を周りに及ぼしたかを感情的にならず記載し、後から読み返す自分にアドバイスする気持ちで書き留めておきましょう。

ミスが小さいとちょっとくらいならいいかとケアも疎かになりがちですが、小さいミスも積み上がると大きなミスにつながるため、小さいミスでもきちんと記録に残して再発防止に努めることで仕事のミスは減っていきます。

しっかりとした段取り

仕事は段取り8割、現場2割と言われているくらい段取りが大切です。

うっかりミスをしてしまう人は、段取りができてなかったりします。

そのため、大きな仕事や翌日の作業がわかっている場合、仕事に取り組みやすいように前日に事前の準備と段取りを整えておくことでうっかりミスやケアレスミスを防ぐことができます。

事前に準備しておくことで前日は気づいていなかった忘れていた箇所や事前準備では気づかなかった不足点などに当日気づくことができますし、事前に準備をしておくことで時間にも余裕を持つことができます。

しっかりと段取りすることでミスも防げるだけでなく、上司や職場の先輩・同僚、取引先などの信頼も集めることができます。

上記にも記載していますがしっかりとした段取りにチェックリストを組み合わせておくことでさらにケアレスミスやうっかりミスを防止し仕事の作業効率向上や作業効率改善にもつながり仕事がますますスムーズになります。

注意力を高める

仕事でミスする原因の中には注意力が散漫していることが考えられます。

注意力が散漫する理由は、精神的に疲れていたり、前のミスをいつまでもひきづっていたり、時間がなく焦っていたりと色々と考えられます。

仕事でミスをおかさないために、まずは意識改革を行うことが大切ですし、意識改革をしないと改善しません。

そのためには注意力を高めることが必要ですし、注意力を身につけるよう努力することです。

注意力を身につける、注意力を高めるためには、まず何が重要であるのか、何から優先順位を高くして取り組まなければならないかを考えながら仕事を進める必要があります。

上司や先輩、お客様などの話を右から左に聞き流しているのではなく、疑問に思ったことはその場で質問・確認してみたり、メモを取ったりと習慣化していくことがキーポイントになります。

他にも、話の聴き方やメモの取り方を工夫してみたり、アラート機能を使って締切日を再認識したりと注意力を高めるよう努力することです。

例えば、大切な打ち合わせの資料の締め切りや重要な会議の際は、スマートフォンのスケジュール帳のアラート機能に注意書きとしてチェックポイントや確認ポイントを入力し、事前にアラートがなるようにセットし、内容を確認することでその仕事や会議に対しての注意力を上げることができます。

声出し確認

ミスがないかどうかを確認するとき、ほとんどの人は目視に頼ります。

目視が有効というわけではないのですが、目視だけではミスを発見することができない場合があります。

例えば、集中して資料を作成した後に目視でチェックして問題ないと思って資料を提出したけど、誤字脱字や資料内容に漏れがあったということはよく聞きます。

自分で仕事のミスをチェックする場合は、目視だけでなく声に出して一つ一つの内容を確認することでさらにケアレスミスを防止することができます。

オフィスが静かな環境だとなかなか声出し確認することに抵抗があるかもしれませんが、工場や駅などでは声出し指差し確認は日常的に行われています。

これはダブルチェックの効果もありますし、改めて自分に間違いがないかどうかを意識づける行動でもあります。

あまりにも大きな声で確認する必要はありませんが、仕事内容を確認する上で声出し確認はミス防止に有効と言えます。

チェックリストで目視チェックしながら声出しでさらに確認することで小さなミスも発生率をグッと下げることができます。

まとめ

仕事をする上でミスはどうしても発生してしまいます。

ミスをしないことは一番いいことですし、今後の作業をする上でミスがないことでスムーズにできます。

ただ、どんだけ注意してもミスは発生してしまうため、ミス防止に努めるとともにミスをしてしまったら次にミスしないように対策をしっかり立てることも大切です。

ミスしてしまうと精神的に落ち込んでしまったり、イライラしてしまう人もいますが、その場で精神的にまいってもイライラしてしまってもますます周りに迷惑をかけるだけなのでプロフェッショナルとしてまずは深呼吸などをして気持ちを落ち着かせなぜこのようなミスをしたかしっかり検証して下さい。

検証のやり方はこの記事にも記載しているので参考にしてもらえると嬉しいです。

仕事ができない人は、決してダメなわけではありません。

仕事ができないなりの原因があります。

自分が仕事できないとネガティブにばかり考えず、まずはなぜ仕事ができないのかどうやったら改善できるかを考えてみるようにして下さい。

この記事では仕事ができない人の特徴をあげています。

当てはまるようでしたら、仕事の環境、生活の環境などを変えて改善するように努めてみてください。

大切なことは、ミスをした後の対応です。

ミスした後の対応策をしっかり立てて、ミスしたことを改善する経験を積み重ねることで長期的なスキル向上や自分自身の成長へとつながっていきます。

ミスすることはよくないことですがミスすることはある意味新たなことを学んだり、今の自分の間違いを再認識するチャンスでもあります。

これを機に自分のできないところ、ミスしてしまったところをしっかりと認識して改善策、対応策を練って仕事に取り組んでみて下さい。


関連キーワード

仕事


今がチャンス!限定求人あります
リクナビNEXTで確認 >