みなさんは「働きたくない」と思ったことはありませんか?

おそらく多くの人がそう感じた経験があると思います。

私の周りでも、8~9割ほどのとても高い確率で「働きたくない」と感じている人がいます。

「働きたくない」という気持ちにもいくつか種類があり、一時的なものや長期に渡るもの、気付いたら解決しているものや、ずっとそのことで悩み続けているものなどがあると思います。

今回はそういった「働きたくない」という気持ち、「働きたくない病」の特徴や原因、復活するための方法などを紹介します!

「自分もそうかな?」と思っている人は、是非参考にしていただけたらと思います。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

働きたくない病になっているときの6個の特徴とは?

前述の通り、「働きたくない病」にもいくつかの種類があると思います。

程度も様々なものだと思うので、これといった判断基準や定義というものが難しいものではないでしょうか。

そこで私の経験や周りの意見、一般的な意見などをまとめて、いくつかの特徴を紹介します!

とにかくやる気が起きない

本当にやりたいことや好きなことをしている時は楽しめるけれど、仕事のことを考えるととにかくやる気が起きないということはありませんか?

その影響から、仕事とは関係のないことであっても、自分が少しでもやりたくないと感じたことは連鎖してやる気が起きないという場合もあります。

この状態が続くと、やりたいことや好きなことでさえ意欲が薄れてしまい、生活のほとんどをやる気のない状態で過ごすことも少なくありません。

ギリギリまで動き出せない

仕事の日に余裕を持って起きることができず、ギリギリまで寝ていたりボーっと寝転んで時間を使ってしまうことがあります。

「動き出さないと」と頭ではわかっていてもなかなか体がいうことを聞かず、ギリギリになって焦ることでようやく動き出すことができます。

「働きたくない」という気持ちが強いので、自分の意思で仕事に向かう準備をすることが難しく、焦ることであれこれ考える余地がなくなってからようやく、流れに身を任せる形で動き出せるケースが多いのではないでしょうか。

出勤準備にも気合が入らず適当になる

仕事だけでなく、仕事に関係することはとにかくやる気が起きないというケースも多く、仕事のための出勤準備にも気合が入らないということがあります。

性格的に元々適当であった人はあまり比較にならないと思いますが、以前は身だしなみにもしっかりと気を使っていたという人は、明らかに身だしなみが適当になっていたり、最低限だけで済ませていたりという自分に気付きやすいのではないでしょうか。

以前と比べてあきらかに適当になっていると感じる場合は、働きたくない病の特徴の表れかもしれません。

仕事にやりがいを感じない

「仕事が楽しくない」「目標も向上心もなくやりがいを感じない」という場合は、働きたくない病の特徴のひとつとして考えることもできます。

むしろ上記のような気持ちが強い状態で「働きたい!」と思う方が無理があり、こういった状態では「働きたくない」と考えてしまうことがごく自然であるとも言えるでしょう。

仕事というのは楽なものではないので、やりがいを感じない状態が続けば、いずれは「働きたくない」に繋がるものなのかもしれません。

そんな時は、自分がやりがいを感じる仕事は何なのか、どうしたらやりがいを感じるのかこちらで一度相談してみてはいかがでしょうか。

疲れがとれない

1~2日休息をとっても、なかなか疲れがとれないということがあります。

ゆっくり過ごしてしっかり寝ていれば、おそらく体の疲れはとれることが多いと思いますが、気疲れや精神的な疲れというのはなかなかとるのが難しいこともあります。

働きたくない病になっている状態というのは、おそらく自分でも気付かないうちに、長い期間無理をしていたというケースが多いと思います。

「働きたくない病かな?」と気付いた頃にはかなり精神的に疲れが溜まっている状態だと思うので、1~2日休んだだけでは回復しないということが多いのではないでしょうか。

出勤前などに体調不良が起こる

出勤前になるとお腹が痛くなったり、吐き気がするという人がいます。

これは珍しいケースではなく、実はよくあることですし、実際に私もこういった話はよく耳にします。

例えば「さっきまでは何ともなかったのに30分前になると決まってお腹が痛くなる」「さあ仕事に行こうと思うと吐き気がして、なかなか動き出せずにギリギリになってしまう」などのケースがあります。

本人は「仕事に行きたくないから仮病を使っている」と思われる可能性を懸念して、なかなか人には言い出せず、無理をしてでも出勤するという日々を繰り返しているといったことも多いのではないかと思います。

精神的な疲れやストレスからくる体調不良というのは実際によくあることで、思った以上に人間の体はそういったことが顕著にあらわれるものです。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

働きたくない病になったときにはどうする?

自分が「働きたくない病」になってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

なにもせずに我慢し続けることは、とても辛く大変なことだと思います。

「どうすれば良いかわからない」「ずっと悩んでいる」という人は、ひとつの意見として参考にしてみてください!

【対策1】働きたくない理由を考えて整理する

まずは何故働きたくないと思うのか、理由を考えてみましょう。

少し面倒だと感じるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

とにかく自分が嫌だと感じていることを、箇条書きで良いので並べてみましょう。

理由がわかれば、それぞれに何か解決策がないか考えてみます。

自分の考え方ややり方を変えることで解決できることもあれば、上司に相談をして解決できることもあるでしょう。

そもそもの仕事内容や通勤にかかる時間などに不満がある場合は、それらの条件が自分の希望と一致する別の仕事を探してみるのも良いかもしれません。

私の知人に、バイトから社員、社員から店長へと昇格した人がいますが、店長になって数ヶ月経った頃、所謂「働きたくない病」になった人がいます。

理由は、責任の重さや直属の上司への嫌悪感、ストレスなどでした。

考えた結果、働きたくないと感じる理由がハッキリしたので、解決策として上司へ相談した上で、降格させてもらうことになりました。

降格後は給料の減少などはやむを得ませんでしたが、ストレスから解放され、かなり気持ちがスッキリしたようです。

このように原因がわかれば解決策が見つかる場合もあるので、まずは原因を探って頭の中を整理してみると良いのではないでしょうか。

【対策2】有給などを使い、思い切って休む

「公休以外に休みをとると迷惑をかけてしまう」「有給の申請は出しにくい」などの理由で、なかなか思い切って休むことができていない人が多いのではないでしょうか。

心身ともに健康な状態であれば、職場の状況などを考慮して有給の計画を立てるというのも良いとは思いますが、「働きたくない病」になっている時は大きなストレスを抱えており、決して健康な状態とは言えません。

そんな時には何よりも自分の心と体を大切にしてほしいと思います。

健康な心と体があって初めて仕事は成り立つものだと思うので、「働きたくない病」になっている時は思い切って休みをとり、心身ともにリフレッシュできる時間を普段より多めにとってみることをおすすめします。

【対策3】信頼できる人に話を聞いてもらう

ひとりで考えすぎたり抱え込んでしまうと、どんどん深みにはまり、悪い方ばかりに意識を持っていかれる恐れがあります。

ましてや心が疲れている時なので、なかなかポジティブな発想というものが出てこない可能性もあります。

かと言って人を選ばずに相談してしまった場合、相手の軽はずみな発言によって傷ついてしまったり、より一層しんどい気持ちが増幅してしまうケースも珍しくありません。

相手がどういう意図で発言したにせよ、自分が信頼していない人からの言葉というのは悪く捉えてしまうことも多くあります。

こういったことから、誰かに相談するのであれば、自分が本当に信頼できる人を選んで話を聞いてもらいましょう。

話を聞いてもらうことでポジティブな発想や、解決策、出口が見えてくる可能性があります。

一緒に考え、悩んでくれる人がいるということは、とても心強いことではないでしょうか。

ただしひとつ注意点として、「働きたくない病」の程度や相手の言葉選びによっては、いくら信頼している相手であっても傷ついたり腹が立ってしまう可能性も0ではありません。

私の知人で重度の「働きたくない病」になってしまった人は、「頑張れ」という言葉をかけられることがとても負担になると話していました。

母親に相談した際に「頑張れ」という言葉をかけられ、「頑張った結果こうなっているのに余計にしんどくなってしまった」と落ち込んでいました。

心が疲れている人にとって「頑張れ」という言葉はNGだということは世間でもよく言われていますが、これを知らない人も多くいますし、またこの言葉をNGだと感じるか感じないかも人それぞれではあります。

中には励まされたと感じる人もいるでしょう。

「働きたくない病」などについてはとてもデリケートな問題でもあるので、自分の為を思って言ってくれた言葉が負担になってしまうことも起こり得ます。

そういった心配がある人は、専門家などに相談することをおすすめします。

例えば、気軽に相談することが出来るこちらの転職エージェントで相談してみるのも良いでしょう。

【対策4】在宅でできる仕事をしてみる

「働かなければいけない」のは分かっているけど、通勤が嫌だったり人間関係に悩んでいる人もいるでしょう。

そういう時は、通勤もなく、自分のペースで仕事が出来る在宅の仕事をしてみるのはいかがでしょうか。

今では、正社員や契約社員として在宅で働ける仕事もあるので、安心して職に就くことが出来ます。

 興味がある方はこちらから在宅の仕事を出して貰うと良いでしょう。

働きたくない病になった人が復活するための6個の方法

「働きたくない病」になってしまっても、復活することは可能です。

考え方ややり方によって、いくらでも抜け出せる道があります。

人によって、状況によって、程度によって、その方法は様々だと思いますが、ここでは私の経験なども踏まえていくつかの復活方法を紹介します!

悩んでいる人達の参考になれば幸いです。

目的や目標を設定する

仕事にやりがいを感じることで、仕事が楽しくなったりやる気が出たり、良い方向に進んでいける可能性があります。

仕事をする目的や、仕事をする上での目標を明確にし、それらを達成することでやりがいや満足感を感じられることが多くあります。

仕事内容に関する目的や目標などを設定できれば良いですが、「働きたくない」と感じている時に仕事内容での目的や目標を見つけ出すというのは難しい可能性が高いのではないでしょうか。

そういった場合は、仕事内容とは直接関係のないことでも良いと思います。

例えば「月に1回思い切り買い物を楽しむために仕事を頑張る」「週に1度はおいしいものを食べに行くと決めて仕事を頑張る」など、所謂自分へのご褒美などを目的に仕事に励むというのも良いでしょう。

また自分で働く日数や時間を設定できる仕事の場合は、「今週はいくら稼ぐ」「今月はいくら稼ぐ」など、具体的な収入の目標を立てることも良いと思います。

その使い道は生活費であったり趣味にあてる費用であったり人それぞれだとは思いますが、目標金額を達成した場合にも達成感や満足感を感じられることがあります。

できれば「生活のために頑張る」「自分や家族のために頑張る」など、大前提であったり漠然とした目的や目標などは避けた方が良いと思います。

いまいち達成の基準があやふやで、やりがいに繋がりにくい可能性が考えられるためです。

「〇〇をする」「〇〇を買う」「〇〇円稼ぐ」などの、より具体的な内容であった方が、達成感ややりがいに繋がりやすいのではないかと思います。

仕事以外の時間を思いきり楽しむ

仕事のストレスや疲れを、休日やプライベートな時間にまで引きずってしまうことはありませんか?

重度になればなるほど、全てのことに無気力になってしまう傾向にあります。

実際に私もそういった経験があり、仕事じゃない時も仕事のことを考えて悶々としてしまったり、全てに無気力になってしまい自分の時間をただひたすらぼーっと過ごして終わったり、心が晴れるタイミングがない状態でした。

この状態から抜け出すためには、最初は小さなこと、負担の少ないことからで良いので、リフレッシュできる時間を確保することが大切だと思います。

仕事で溜まったストレスを放置していると、ストレスがどんどん増えていく一方です。

仕事以外の時間を思い切り楽しんでリフレッシュすることで、溜まったストレスを減らしていくことができます。

ストレスが上限に達してしまうと「働きたくない病」がより手ごわいものとなってしまうので、ストレスメーターを溜めすぎないよう、増えては減らしを上手く繰り返すことがポイントではないでしょうか。

仕事以外の時間は、無理にでも仕事のことを考えないようにもっていくのが大切だと思います。

体を動かす

よく言われている復活法として、「体を動かす」というものがあります。

前述した通り、人間はストレスや疲れが体調不良などによって体に表れることがよくあります。

その逆で、体を動かしたり健康的な食事を摂ることで、心身ともに調子を良くすることができると言われています。

元々体を動かすことが好きな人はリフレッシュにも繋がると思いますが、あまり運動が好きではない人にとっては面倒だと感じることかもしれません。

私は後者なので、「体を動かすと言っても面倒だな」「体を動かして働きたくない病が治るとはとても思えない…」と、実はこれに関して最初は否定的でした。

しかし知人に「本当に調子が良くなるよ」「体を動かすとスーッとしたりポジティブになれるよ」と勧められ、騙されたつもりで始めたことがあります。

とは言っても運動嫌いであることに変わりはないので、外に出たり激しい運動をするのではなく、ストレッチや自己流のヨガのような動きを行っていました。

実際にやってみると、確かに気持ちが良く、心がスーッとするような感覚でした。

「自分にとって良いこと、健康的なことをしている!」という気持ちになれるので、思考がポジティブに切り替わるという感覚も体験しました。

しかし初めはその最中と直後だけに影響があり、時間が経つとやはりネガティブになってしまい、すぐに「働きたくない病」が改善したという訳ではありません。

ただ、そういった時間が全くないのと、1日に10分だけでもあるのとでは1週間後、1ヶ月後の調子というのが変わってきます。

ですので初めはあくまで復活するためのきっかけ作りだと考え、一度試してみることをおすすめします。

真面目になりすぎず、気を抜いてみる

これも実際に私が知人からアドバイスされ、復活のためにとても役立ったことでした。

私はある職場に勤めてから、責任ある役職に就かせてもらったことがきっかけで、真面目に考えすぎたり神経質になりすぎるようになってしまいました。

その結果、常に仕事モードの頭になってしまい、ストレスがどんどん溜まっていってしまいました。

この状態になっている時は、真面目に考えすぎることがある種クセになっているような状態だったので、気を抜いてみるということも初めは簡単ではありませんでした。

気を抜くことを、必死に意識しなければならない状態です。

しかし「最初はそれでも良いから無理にでも気を抜いてみよう」とアドバイスされ、「仕事中以外は仕事のことを考えないように意識する」「仕事に関するスケジュールやタスクは仕事以外では見ないようにする」など、少しずつ気を抜くことをクセ付けていくようにしました。

その結果、「まあいいか」と気楽に考えることができるようになり、ストレスを溜めすぎないようにある程度コントロールできるようになりました。

真面目であることや責任感があることはとても良いことだと思いますが、そのせいで不健康になってしまっては本末転倒です。

生きるために働いているのに、健康に生きていく自分を蔑ろにしてしまうことは良くありません。

「気を抜ける自分」を作ってみることも、時にとても大切なことではないかと思います。

転職を考える

「働きたくない病」の原因として、「今の仕事が自分に合っていない」「職場の環境が自分に合っていない」「通勤の電車が辛い」「通勤時間が長くて疲れる」など、今の職場に勤めている以上解決するのが難しい理由が挙げられる場合は、転職を考えてみるのもひとつの方法です。

今よりも自分の希望と条件が一致する職場を見つけることができれば、転職してしまうことで一気に復活できるかもしれません。

とは言っても転職というのも簡単なことではありませんし、面接などでとても労力を使うことだと思います。

「思い立ったらすぐにでも転職したい!」と思う人もいるとは思いますが、時間に余裕のある時や比較的調子の良い時などに、無理なく焦らず探してみましょう。

他の仕事の求人を見ているだけでも、希望が持てたりポジティブになれることも少なくないので、「転職を考える」だけでも気持ちが楽になることもあるのではないでしょうか。

まずは、どんな会社が出ているのかこちらを覗いてみてはいかがですか。

専門家に相談する

自分ではどうしても解決できない場合は、専門家に相談してみることをおすすめします。

特に、「好きなことさえやる気が起こらない」「全てにおいて無気力」「吐き気や腹痛など、体調に異常が表れている」などの場合は、「働きたくない病」も重度なものになっている可能性も考えられるので、専門家に頼ってみることを復活の手段にしてほしいと思います。

専門家であれば知識も豊富ですし、あなたを復活へと導くサポート体制は万全でしょう。

思いがけないところから光が差し、気持ちがスッと楽になることもあるかもしれません。

「専門家」というと少し敬遠してしまう人も多いかもしれませんが、実際に通い続けるかどうかというのはもちろん自分で判断できるものですので、「少し人に話してみよう」と気楽に考えてみても良いのではと思います。

私の友人で専門家のもとへ通っている人がいますが、最初はそのことを人に隠していた彼女が、今では「今日は〇〇さんのとこへ行ってくる!」と、まるで友人との約束かのように話してくれます。

専門家の方との信頼関係が築かれ、共に復活の道を歩んでくれる心強いパートナーだと感じているのではないでしょうか。

こういったケースもあるので、是非「専門家に相談してみる」というのも、選択肢のひとつとして考えていただけたらと思います。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まとめ

記事の中でもお伝えした通り、「働きたくない病」についてはとてもデリケートな問題です。

「こうするべきだ」「これが正解だ」と言い切れることはないと思うので、参考になった人とそうでない人がいると思います。

私も経験者のひとりとして、たくさん悩み、たくさん考えた過去があるので、少しでも力になれればとの思いで紹介させていただきました。

「復活できる」「抜け出せる」という可能性を信じて、諦めずに希望を持ってほしいと思います。



関連キーワード

仕事の悩み

仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務を辞めたいという方はぜひこの記事をご一読ください。調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業ですよね?しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあるそうです。この記事では、そんな調剤薬局事務員が辞めたい理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務は忙しいながらも、そのやりがいを知っていただけたらと思います。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見する

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

事務の休み事情ってご存知でしょうか?今回は、そんな事務職の方が休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方はぜひご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めが

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きてしまった・・・。他の仕事に転職するなら?オススメな4つの仕事

歯科衛生士としてある程度ベテランになってきて毎日充実しているはずなのに歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...、患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど歯を見る以外の仕事も経験してみたい....、そう感じる瞬間も少なくありません。では、他の職業に転職する時に歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は冬の退勤時です。診療中は忙しくて、飽きたと感じる瞬間もなく時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また午前診療はお昼休憩を楽しみ

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休みは多いのか?少ないのか?をご紹介しますので見比べていただければと思います。有給の取り方や歯科衛生士の勤務時間についてぜひ参考にしてみてください。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

助産師がブラックな職業と感じてしまう理由って何だと思いますか?就職する前は応募した会社がブラックだなんてわかりませんし、そもそもストレスのない職業なんてありません。そんな中でも医療業界、特に助産師は厳しい職業だと言われています。今回は助産師が楽しくない原因についてお話ししていきたいと思います。また、助産師の現実を知った上で、それでも感じられるやりがいについてもご紹介させていただきます。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じる一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いんです!今回はそんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話しします。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したも

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職