皆さんこんにちは。

今回のテーマは「仕事の教育が上手い人の特徴」ということで、自分の部下やパートタイマー、アルバイトに対しての教え方の上手い人の特徴について紹介させていただければと思います。

組織の中で仕事をしていく上で、主任や係長、課長とキャリアアップする為には、自身の能力だけではなく、周囲を巻き込み、自分の部下のモチベーションをいかに上げていくかも、リーダーの資質として重要になってきます。

今回はこのようなリーダーシップの元となる仕事の教え方について紹介させていただきたいと思います。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「教育」の仕事例をチェック

仕事の教育が上手い人の8個の特徴とは?

積極的に覚えようとする環境を作っている

仕事を教える上で、教える側は、教えられる側に対してどのような意識を持っているでしょうか。

教えてもらえるんだからしっかり聞こう、一字一句教えられたことはしっかり覚えよう、わからないことは積極的に質問して、何度も同じミスをしないようにしよう・・などとは、必ずしも教えられる人、誰もが思っていることではありません。

このように教える側が教えられる側に「教えてるんだから当然覚えようと努力しているだろう」という認識を持ってしまうと、教える内容が雑になってしまいます。

仕事の教育が上手い人は必ず教える前に、その仕事を覚える目的、その仕事はどういう時に必要なのか、その仕事をしてもらえることでその人にかかる期待などをしっかり伝え、事前にこれから教える人がモチベーションを上げ、積極的に覚えようとする環境づくりを行なっています。

情報の受け手が受け取る体制をしっかり作ることで、情報の伝達効率を高める仕組みづくりが大切になります。

大まかな内容を伝えることから始める

仕事を一から細かく教えていくことは、初めて仕事を覚える人にとって覚えやすい方法ではありません。

教育する側はミスを少しでもなくするように、この作業の注意することはここ、この作業の場合はここ、など、時系列に沿って注意点を教えていこうとしますが、それでは初めに聞いたことを忘れてしまいます。

教育することが上手い人は、まずその仕事に対する、初めから終わりまでの大まかな内容を伝え、仕事の全体像を把握させることから始めます。

まず全体像から細部に対してフォーカスしていく事により、それぞれの注意点などをより鮮明に理解することができます。

実際にやってみせる

言葉や文章だけでは仕事の内容は十分に伝わりません。

一通り口で説明したら、再度実際にやって見せながら仕事の内容を伝えていきます。

やってみせる事によって、言葉での内容から自分の仕事をする姿をイメージする内容で仕事を確認することがで、理解度を深めていくことができます。

相手にやってもらう

自分だけではなく、教育する相手に実際に仕事をやらせてみる機会を与えるのも、仕事の教育をするのが上手い人の特徴です。

説明を受けて頭でイメージするだけでは理解度は十分ではありません。

自分の体を動かして、自身の五感を使って作業をする事によって、脳の記憶する効率も良くなり、仕事に対する熟練度も上がっていきます。

フィードバックを欠かさない

教えた内容、実際に仕事を行った後の評価についても、しっかりと相手に伝えることができる人は、仕事の教育が上手い人と言うことができます。

教えっぱなしではなく、今回の仕事の内容についてどうだったか、合格点を与えられるないようだったか、修正箇所があったか、前回に比べてどのように変わったか(成長したか)などをしっかりと相手に対して伝えていく事により、教えられる側のやりがいをアップさせ、また失敗に関しても素直に修正しようという気にさせることができます。

フィードバックの基本を「褒める」事においている

フィードバックの内容に関しては、教育が上手い人ほど「褒める」割合を高めています。

厳しく指導し檄を飛ばす事によって反骨心を煽るやり方もありますが、残念ながらそれは少し昔のやり方となってきています。

近年では良いことは良い、悪いことは悪いとはっきり言うだけではなく、可能な限り相手を褒めることがマネジメントの基本となっています。

まず相手を褒め、その後で修正してもらいたい点を指摘すると言うやり方を自然にできる人は、仕事の教育が上手い人と言うことができます。

感情の起伏がなく、常に穏やかである

仕事をしていく上で必ずミスは生じてきます。

仕事の教育が上手い人は、感情の起伏が少なく、部下のミスに対しても声を荒げて怒ることはありません。

ミスを指摘し次につながるよう「指導する」ことは必要ですが、この指導を感情に任せて行っても部下を萎縮させてしまう事になりますし、更に怒られる事を恐れるあまり、ミスを報告せず隠そうとしてしまう事にもつながります。

常に冷静に穏やかに指導することで、部下も失敗に対して落ち込むことが少なくなり、次回に成功できるよう努力するようになります。

また、怒られるのではなく、アドバイスしてくれると認識すると、報告に関しても積極的に行うようになり、職場内でのコミュニケーションも良好になります。

部下に期待をかけている

仕事を教育することが上手い人は、いい意味で部下に依存しています。

なんでも自分でやろうとせず、部下の適性と能力を見極め、仕事をうまく配分しています、そして仕事を割り振る際に、それぞれの能力より少しレベルの高い仕事を任せる事によって、その仕事をこなす事によって部下が成長できるようにしています。

このように部下に期待をかけ、仕事の教育や配分によって部下の成長を促そうとする努力を行なっている人の部下は、期待に応えようと努力をしますし、結果として着実に成長していくことが可能となります。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事の教育が下手な人の8個の特徴とは?

それでは逆に仕事の教育が下手な人の特徴はどんな点でしょうか、いくつか紹介させていただければと思います。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

教える相手に対し上から目線

仕事の教育が上手な人の特徴でも紹介しましたが、教える側にとって、教える相手が真剣に、積極的に、仕事を覚えようとすると思うことは大きな落とし穴です。

「この自分が教えているのだから、真剣に聞くのは当たり前だ」などという、「教える側の方がえらい」と言う視点で仕事を教えると、どうしても傲慢になってしまい、教え方や教える内容が雑になってしまいます。

また教えられる側にとっても不快な気分となり、なかなか身が入りません。

このように常に上から目線で、相手が話を聞く環境を作ろうとしないまま仕事を教えている人は、あまり教育について成果をあげることができないと言うことができます。

一度しか言わない

「二度言わないからよく聞けよ」などと言う言葉を使う人がいますが、残念ながら効果がある言葉とは言えません。

おそらくそう言えば真剣に聞くと思っているのでしょうが、単純に自分が教えるのが面倒くさいのを言い訳にしているだけであり、「教えた相手が仕事を覚える」という原則的な成果に対しては、逆効果であると言えます。

プライドや偏見を持たず、「わかるまで」「丁寧に」「何度でも」教えることが必要です。

口頭のみで教える

教える方法が口頭のみでは、頭の中でイメージするしかなく、また実際に文章化されてないものであり目で見ることもできないため、記憶することは困難であり、効率が悪くなります。

これも多くは教える手間をかけることが面倒であるという理由からきており、一時の手間を惜しんで大きな成功を逃す典型的な例と言うことができます。

教える相手が仕事を覚えるためには、口頭だけではなく、「実際にやってみせる」ことや「相手にやらせてみる」ことが必要です。

このような手順を踏む事により、口頭では聴覚だけしか使わないところが、五感や自分の体を使う事により、脳を刺激し、記憶力を高める事ができますので、仕事が覚えやすくなります。

フィードバックをしない。でもミスは責める

その仕事に対してどの程度まで熟練しているか、教えられる側は常に不安を抱えています。

その為、できている点、できてきない点を常に確認し伝えていくことが、不安を取り除き、やりがいを与えるポイントになります。

フィードバックをしないことは、暗闇の中を手探りで進んでいるのと同じことです。

そのような状態で仕事をさせ、更にミスが生じた時だけ責めると言うことは、部下の成長につながらないだけではなく、部下のモチベーションを著しく低下させ、最悪退職につながってしまう事になります。

部下を滅多に褒めない

部下に対しては厳しくあたることが成長を促す上で重要であり、褒めてしまうと慢心してしまい成長しなくなるという考えを持っている人はまだ沢山います、しかし、前述したようにそのような考え方はかなり古い価値観だと言わざるを得ません。

近年の若者は褒められる事に慣れ、叱られる事に慣れていません。

自分のやり方に部下を合わせるのではなく、部下の価値観に自分を合わせていくことが仕事の教育上手になるためにまず必要なことということができます。

部下に仕事を任せない

仕事ができる人に多い特徴です。

自分がやった方が早い為、人に任せず、ほぼ全てを自分でやってしまいます。

確かに仕事は早く進みますが、部下は仕事を任せられない為、成長が鈍く、また業務量が少ない状況で放置される為、のんびりと仕事をすることが当たり前になってしまい、仕事のペースが遅い人間を作り出す事になります。

自分に仕事を集中させると言うことは、部署内において忙しい人と暇な人を作ると言うことであり、部署全体の生産性を低下させてしまうだけではなく、能力を十分に発揮できない人を作り出す事にもなります。

適切であるとは言えません。

常にイライラしている

感情の起伏が激しいという事は、部下に仕事を教えるという点でデメリットでしかありません。

前述した部下に仕事を任せない人に多く見られる特徴ですが、自分で仕事を抱えてしまう為、自分自身は常に忙しく、イライラが募り部下に厳しくあたったりします。

またそうする事が部下を成長させることだと間違った認識をしていたりします。

感情の起伏が激しいと、その上司がいる職場は常にピリピリしており職場環境が悪く、部下はミスを恐れるようになり、また叱責を恐れるあまり、ミス自体を隠蔽しようとしたりします。

このような状態は、決して人が育つ環境であるとは言えません。

そもそも教育を重要だと思っていない

部下を信頼することができず、自分の仕事を最優先に考える人は、そもそも教育自体を無駄なことだと思っています。

仕事ができる人によくある特徴ですが、手とり足とり教えられなくても仕事が覚えれる為、そのような状況が当たり前だと思ってしまい、部下の能力が自分より低い場合、部下の能力の低さを言い訳に、能力に合わせた指導をすることがありません。

この様に自身の価値観を優先し相手に合わせることができない人は、自分で自分の首を絞めていると言えるでしょう。

部下を信頼し部下に仕事を任せる事で、部下も成長しますし、自身の仕事量も減り、感情的になることも少なくなります。

このように部下への教育を自身の仕事に対する投資だと考え、部下の成長が自身にもメリットともなるという意識を常に持つことが重要です。

教育の仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

管理職へのキャリアアップ

社内での地位が高くなればなるほど、多くの部下を持ち、その部下を動かしながら仕事をしていく事になります。

どんなに仕事ができても、自分1人の時間は1日24時間であり、限界があります。

管理職になり多くのマンパワーを消費する仕事につくということは、いかに自分以外の人間を効率的に管理し、組織で仕事をしていくかと言うことでもあります。

そのようなマネジメントを中心とする管理職にキャリアアップする際に、部下への教育を通じて経験した、情報を伝える力、部下のモチベーションを上げる力、部下を信頼し任せ、部下の成長を自身の仕事のメリットと感じる力などは必ず役に立つことでしょう。

人事部門

人材育成を最終的な目標とする人事部門の仕事は、最適な教育を施すために、従業員の話を聞き、その人に対して最適な労働環境を準備することがまず必要になります。

教育の仕事経験を通じた相手の価値観を認め、相手に合わせた指導を行うと行った、自分ではなく他者を基軸に置く価値観は、人を対象とする人事部門のお仕事に必ず役に立つと言うことができます。

教育(指導)の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

教える仕事全般の知識、技術

教えるためには当然ですが、教える仕事に関しては部署の誰よりも深い知識を持っている必要があります。

作業の内容や、仕事の段取りなど、教わる側が「なるほど」と感心するくらいの知識や技術を持っている事によって、教わる側の尊敬を集め、この人に教わろうと言う気持ちにさせることができます。

反対に十分に仕事に対する知識を持ち合わせてない場合は、質問に答えることができなかったりなど、教わる側が失望してしまったり、教える側を馬鹿にしてしまったりする状況を招き、十分な教育の成果を上げることができなくなります。

相手の能力や性格を見極める力

教育の基本は「教える人の能力や性格に合わせた指導」です。

教える相手のことを何も考えず、上から目線で指導したり、わからないことを教える相手の能力のせいにしたりなど、自己中心的な価値観で教育を行っても、十分な成果を上げることはできません。

まず、教える相手の性格や能力、価値観をしっかりと見極め、それに合わせて指導方法を柔軟に変えていくことが、教育の効果を上げるためには必要になってきます。

その為にも、教える相手がどのような人間なのか観察し、性格や能力を見極める力が必要となります。

論理的に説明する力

相手に十分に理解してもらう為には、仕事の全体像や、目的、仕事の流れ、ある特定の箇所における注意点など、それぞれの項目に対して、筋道立てて論理的に説明する能力が必要になります。

業界用語など、自分だけがわかる言葉で説明するのではなく、誰もがわかりやすい言葉で、丁寧に、順序よく説明し、相手の理解度に合わせて時には同じことを二度、三度と繰り返すなど、根気も必要となりますが、いずれにせよ説明の段階で、いかに相手に理解度を深めてもらうかが重要な為、説明方法には特に気をつける必要があります。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりがいはコレ!

教育した相手が成長した姿を見る時

教育をする側としては、やはり教えた人間が成長し、会社にとってなくてはならない人材になっていく姿を見ることは、非常にやりがいを感じることとなります。

自分が教え、信頼し、任せた人間が独り立ちしていき、周囲の尊敬を集めながら自らも自信に満ちた表情で仕事に励んでいる姿を見ることは非常に頼もしいですし、自分の力で全て解決するわけではなく、最終的には教えた本人に託すしかない他力本願な事柄であるが故に、その成果が人の成長という形で現れた時は、とても嬉しく感じることができます。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

相手に感謝された時

教育の仕事は、そのやり方によっては、教える相手に恨まれたり、憎まれたりする場合もありますが、逆に喜ばれたり、感謝されたりする場合もあります。

常に相手の側に立ち、誠心誠意、その人の成長を願って指導を行えば、必ず指導される側にもその気持ちは伝わります。

その様な理想的な教育を行った結果、相手から受ける事になる感謝の気持ちは、言葉として嬉しいだけではなく、自分の行なった正しい教育によって、1人の人間との信頼関係を築くことができたという証である為、非常にやりがいを感じる瞬間であると言えます。

社内に多くの人脈ができた時

教育をする事によって、教える側と教えられる側には信頼関係が生まれます。

多くの人間を教育すればするほど、社内に置いて信頼の置ける人間が増えていくという事になります。

また、教育した人間が新たに別の人間を教えていく事によって、自分と相手だけではなく、相手の組織の人間に対しても影響力を与えることができます。

教育した相手が出世し、組織において多くの部下を持つようになれば、更に影響力は増していきます。

この様に教育を行い社内の様々な人間と信頼関係を築くということは、そのまま社内に強固な人脈を築くことができるということであり、その人脈を利用して重要な仕事をこなすことができたり、また仕事上の問題で困った時に多くの人が助けてくれたりなど、人の繋がりを感じながら仕事をすることができ、業務だけではなく、精神的にも多くのサポートを受けることができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は仕事の教育について紹介させていただきました。

教育はその名の通り「教え育む」ことであり、自分から相手に対して行うことですが、いくら自分が熱心に教えても、その熱意が相手に伝わり、相手がやる気にならないと本当の成果は現れません。

教育という言葉に対して「学問」という言葉がありますが、これは「学び問いかける」という意味であり、教育を受ける側における言葉になります。

教育の本当の目的は、相手の立場に立ち、相手の理解しやすい言葉で仕事を教えることで、相手が「学問」を行うきっかけを作るという事になります。

太平洋戦争時の日本海軍提督であった山本五十六の有名な言葉に「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば人は動かじ」というものがあります。

これまで説明してきた仕事の教育が上手い人の特徴を言い表している言葉だと思いますが、重要な点は最後の「人は動かじ」という点です。

つまり、どんなに気をつけて正しい指導を行っても、最終的には教えた人間が「動く」かどうかで成果が左右されてしまうという事です。

この様に仕事の教育は最終的には自力ではなく、「他人に託す」事になります。

最後まで自分でできないからこそ、相手を信頼し、相手に期待を込めるという心の面での努力が必要ですし、相手がその託した気持ちを受け止め、自身の夢や目標に対して努力することによって成長する姿を見ることが、最大の喜びになります。

仕事の教育は、ただ仕事を教えるということだけではなく、教育を通じて相手の人生に何らかの影響を与えるということでもあります。

独りよがりにならず、目の前の相手を見つめ、この人と信頼関係を築こうと思うことが、仕事の教育を行う際に最も大切なことと言えるでしょう。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →




仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務を辞めたいという方はぜひこの記事をご一読ください。調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業ですよね?しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあるそうです。この記事では、そんな調剤薬局事務員が辞めたい理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務は忙しいながらも、そのやりがいを知っていただけたらと思います。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見する

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

事務の休み事情ってご存知でしょうか?今回は、そんな事務職の方が休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方はぜひご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めが

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きてしまった・・・。他の仕事に転職するなら?オススメな4つの仕事

歯科衛生士としてある程度ベテランになってきて毎日充実しているはずなのに歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...、患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど歯を見る以外の仕事も経験してみたい....、そう感じる瞬間も少なくありません。では、他の職業に転職する時に歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は冬の退勤時です。診療中は忙しくて、飽きたと感じる瞬間もなく時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また午前診療はお昼休憩を楽しみ

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休みは多いのか?少ないのか?をご紹介しますので見比べていただければと思います。有給の取り方や歯科衛生士の勤務時間についてぜひ参考にしてみてください。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

助産師がブラックな職業と感じてしまう理由って何だと思いますか?就職する前は応募した会社がブラックだなんてわかりませんし、そもそもストレスのない職業なんてありません。そんな中でも医療業界、特に助産師は厳しい職業だと言われています。今回は助産師が楽しくない原因についてお話ししていきたいと思います。また、助産師の現実を知った上で、それでも感じられるやりがいについてもご紹介させていただきます。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じる一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いんです!今回はそんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話しします。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したも

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職