皆さんこんにちは。

今回のテーマは「仕事の教育が上手い人の特徴」ということで、自分の部下やパートタイマー、アルバイトに対しての教え方の上手い人の特徴について紹介させていただければと思います。

組織の中で仕事をしていく上で、主任や係長、課長とキャリアアップする為には、自身の能力だけではなく、周囲を巻き込み、自分の部下のモチベーションをいかに上げていくかも、リーダーの資質として重要になってきます。

今回はこのようなリーダーシップの元となる仕事の教え方について紹介させていただきたいと思います。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事の教育が上手い人の8個の特徴とは?

積極的に覚えようとする環境を作っている

仕事を教える上で、教える側は、教えられる側に対してどのような意識を持っているでしょうか。

教えてもらえるんだからしっかり聞こう、一字一句教えられたことはしっかり覚えよう、わからないことは積極的に質問して、何度も同じミスをしないようにしよう・・などとは、必ずしも教えられる人、誰もが思っていることではありません。

このように教える側が教えられる側に「教えてるんだから当然覚えようと努力しているだろう」という認識を持ってしまうと、教える内容が雑になってしまいます。

仕事の教育が上手い人は必ず教える前に、その仕事を覚える目的、その仕事はどういう時に必要なのか、その仕事をしてもらえることでその人にかかる期待などをしっかり伝え、事前にこれから教える人がモチベーションを上げ、積極的に覚えようとする環境づくりを行なっています。

情報の受け手が受け取る体制をしっかり作ることで、情報の伝達効率を高める仕組みづくりが大切になります。

大まかな内容を伝えることから始める

仕事を一から細かく教えていくことは、初めて仕事を覚える人にとって覚えやすい方法ではありません。

教育する側はミスを少しでもなくするように、この作業の注意することはここ、この作業の場合はここ、など、時系列に沿って注意点を教えていこうとしますが、それでは初めに聞いたことを忘れてしまいます。

教育することが上手い人は、まずその仕事に対する、初めから終わりまでの大まかな内容を伝え、仕事の全体像を把握させることから始めます。

まず全体像から細部に対してフォーカスしていく事により、それぞれの注意点などをより鮮明に理解することができます。

実際にやってみせる

言葉や文章だけでは仕事の内容は十分に伝わりません。

一通り口で説明したら、再度実際にやって見せながら仕事の内容を伝えていきます。

やってみせる事によって、言葉での内容から自分の仕事をする姿をイメージする内容で仕事を確認することがで、理解度を深めていくことができます。

相手にやってもらう

自分だけではなく、教育する相手に実際に仕事をやらせてみる機会を与えるのも、仕事の教育をするのが上手い人の特徴です。

説明を受けて頭でイメージするだけでは理解度は十分ではありません。

自分の体を動かして、自身の五感を使って作業をする事によって、脳の記憶する効率も良くなり、仕事に対する熟練度も上がっていきます。

フィードバックを欠かさない

教えた内容、実際に仕事を行った後の評価についても、しっかりと相手に伝えることができる人は、仕事の教育が上手い人と言うことができます。

教えっぱなしではなく、今回の仕事の内容についてどうだったか、合格点を与えられるないようだったか、修正箇所があったか、前回に比べてどのように変わったか(成長したか)などをしっかりと相手に対して伝えていく事により、教えられる側のやりがいをアップさせ、また失敗に関しても素直に修正しようという気にさせることができます。

フィードバックの基本を「褒める」事においている

フィードバックの内容に関しては、教育が上手い人ほど「褒める」割合を高めています。

厳しく指導し檄を飛ばす事によって反骨心を煽るやり方もありますが、残念ながらそれは少し昔のやり方となってきています。

近年では良いことは良い、悪いことは悪いとはっきり言うだけではなく、可能な限り相手を褒めることがマネジメントの基本となっています。

まず相手を褒め、その後で修正してもらいたい点を指摘すると言うやり方を自然にできる人は、仕事の教育が上手い人と言うことができます。

感情の起伏がなく、常に穏やかである

仕事をしていく上で必ずミスは生じてきます。

仕事の教育が上手い人は、感情の起伏が少なく、部下のミスに対しても声を荒げて怒ることはありません。

ミスを指摘し次につながるよう「指導する」ことは必要ですが、この指導を感情に任せて行っても部下を萎縮させてしまう事になりますし、更に怒られる事を恐れるあまり、ミスを報告せず隠そうとしてしまう事にもつながります。

常に冷静に穏やかに指導することで、部下も失敗に対して落ち込むことが少なくなり、次回に成功できるよう努力するようになります。

また、怒られるのではなく、アドバイスしてくれると認識すると、報告に関しても積極的に行うようになり、職場内でのコミュニケーションも良好になります。

部下に期待をかけている

仕事を教育することが上手い人は、いい意味で部下に依存しています。

なんでも自分でやろうとせず、部下の適性と能力を見極め、仕事をうまく配分しています、そして仕事を割り振る際に、それぞれの能力より少しレベルの高い仕事を任せる事によって、その仕事をこなす事によって部下が成長できるようにしています。

このように部下に期待をかけ、仕事の教育や配分によって部下の成長を促そうとする努力を行なっている人の部下は、期待に応えようと努力をしますし、結果として着実に成長していくことが可能となります。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事の教育が下手な人の8個の特徴とは?

それでは逆に仕事の教育が下手な人の特徴はどんな点でしょうか、いくつか紹介させていただければと思います。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

教える相手に対し上から目線

仕事の教育が上手な人の特徴でも紹介しましたが、教える側にとって、教える相手が真剣に、積極的に、仕事を覚えようとすると思うことは大きな落とし穴です。

「この自分が教えているのだから、真剣に聞くのは当たり前だ」などという、「教える側の方がえらい」と言う視点で仕事を教えると、どうしても傲慢になってしまい、教え方や教える内容が雑になってしまいます。

また教えられる側にとっても不快な気分となり、なかなか身が入りません。

このように常に上から目線で、相手が話を聞く環境を作ろうとしないまま仕事を教えている人は、あまり教育について成果をあげることができないと言うことができます。

一度しか言わない

「二度言わないからよく聞けよ」などと言う言葉を使う人がいますが、残念ながら効果がある言葉とは言えません。

おそらくそう言えば真剣に聞くと思っているのでしょうが、単純に自分が教えるのが面倒くさいのを言い訳にしているだけであり、「教えた相手が仕事を覚える」という原則的な成果に対しては、逆効果であると言えます。

プライドや偏見を持たず、「わかるまで」「丁寧に」「何度でも」教えることが必要です。

口頭のみで教える

教える方法が口頭のみでは、頭の中でイメージするしかなく、また実際に文章化されてないものであり目で見ることもできないため、記憶することは困難であり、効率が悪くなります。

これも多くは教える手間をかけることが面倒であるという理由からきており、一時の手間を惜しんで大きな成功を逃す典型的な例と言うことができます。

教える相手が仕事を覚えるためには、口頭だけではなく、「実際にやってみせる」ことや「相手にやらせてみる」ことが必要です。

このような手順を踏む事により、口頭では聴覚だけしか使わないところが、五感や自分の体を使う事により、脳を刺激し、記憶力を高める事ができますので、仕事が覚えやすくなります。

フィードバックをしない。でもミスは責める

その仕事に対してどの程度まで熟練しているか、教えられる側は常に不安を抱えています。

その為、できている点、できてきない点を常に確認し伝えていくことが、不安を取り除き、やりがいを与えるポイントになります。

フィードバックをしないことは、暗闇の中を手探りで進んでいるのと同じことです。

そのような状態で仕事をさせ、更にミスが生じた時だけ責めると言うことは、部下の成長につながらないだけではなく、部下のモチベーションを著しく低下させ、最悪退職につながってしまう事になります。

部下を滅多に褒めない

部下に対しては厳しくあたることが成長を促す上で重要であり、褒めてしまうと慢心してしまい成長しなくなるという考えを持っている人はまだ沢山います、しかし、前述したようにそのような考え方はかなり古い価値観だと言わざるを得ません。

近年の若者は褒められる事に慣れ、叱られる事に慣れていません。

自分のやり方に部下を合わせるのではなく、部下の価値観に自分を合わせていくことが仕事の教育上手になるためにまず必要なことということができます。

部下に仕事を任せない

仕事ができる人に多い特徴です。

自分がやった方が早い為、人に任せず、ほぼ全てを自分でやってしまいます。

確かに仕事は早く進みますが、部下は仕事を任せられない為、成長が鈍く、また業務量が少ない状況で放置される為、のんびりと仕事をすることが当たり前になってしまい、仕事のペースが遅い人間を作り出す事になります。

自分に仕事を集中させると言うことは、部署内において忙しい人と暇な人を作ると言うことであり、部署全体の生産性を低下させてしまうだけではなく、能力を十分に発揮できない人を作り出す事にもなります。

適切であるとは言えません。

常にイライラしている

感情の起伏が激しいという事は、部下に仕事を教えるという点でデメリットでしかありません。

前述した部下に仕事を任せない人に多く見られる特徴ですが、自分で仕事を抱えてしまう為、自分自身は常に忙しく、イライラが募り部下に厳しくあたったりします。

またそうする事が部下を成長させることだと間違った認識をしていたりします。

感情の起伏が激しいと、その上司がいる職場は常にピリピリしており職場環境が悪く、部下はミスを恐れるようになり、また叱責を恐れるあまり、ミス自体を隠蔽しようとしたりします。

このような状態は、決して人が育つ環境であるとは言えません。

そもそも教育を重要だと思っていない

部下を信頼することができず、自分の仕事を最優先に考える人は、そもそも教育自体を無駄なことだと思っています。

仕事ができる人によくある特徴ですが、手とり足とり教えられなくても仕事が覚えれる為、そのような状況が当たり前だと思ってしまい、部下の能力が自分より低い場合、部下の能力の低さを言い訳に、能力に合わせた指導をすることがありません。

この様に自身の価値観を優先し相手に合わせることができない人は、自分で自分の首を絞めていると言えるでしょう。

部下を信頼し部下に仕事を任せる事で、部下も成長しますし、自身の仕事量も減り、感情的になることも少なくなります。

このように部下への教育を自身の仕事に対する投資だと考え、部下の成長が自身にもメリットともなるという意識を常に持つことが重要です。

教育の仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

管理職へのキャリアアップ

社内での地位が高くなればなるほど、多くの部下を持ち、その部下を動かしながら仕事をしていく事になります。

どんなに仕事ができても、自分1人の時間は1日24時間であり、限界があります。

管理職になり多くのマンパワーを消費する仕事につくということは、いかに自分以外の人間を効率的に管理し、組織で仕事をしていくかと言うことでもあります。

そのようなマネジメントを中心とする管理職にキャリアアップする際に、部下への教育を通じて経験した、情報を伝える力、部下のモチベーションを上げる力、部下を信頼し任せ、部下の成長を自身の仕事のメリットと感じる力などは必ず役に立つことでしょう。

人事部門

人材育成を最終的な目標とする人事部門の仕事は、最適な教育を施すために、従業員の話を聞き、その人に対して最適な労働環境を準備することがまず必要になります。

教育の仕事経験を通じた相手の価値観を認め、相手に合わせた指導を行うと行った、自分ではなく他者を基軸に置く価値観は、人を対象とする人事部門のお仕事に必ず役に立つと言うことができます。

教育(指導)の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

教える仕事全般の知識、技術

教えるためには当然ですが、教える仕事に関しては部署の誰よりも深い知識を持っている必要があります。

作業の内容や、仕事の段取りなど、教わる側が「なるほど」と感心するくらいの知識や技術を持っている事によって、教わる側の尊敬を集め、この人に教わろうと言う気持ちにさせることができます。

反対に十分に仕事に対する知識を持ち合わせてない場合は、質問に答えることができなかったりなど、教わる側が失望してしまったり、教える側を馬鹿にしてしまったりする状況を招き、十分な教育の成果を上げることができなくなります。

相手の能力や性格を見極める力

教育の基本は「教える人の能力や性格に合わせた指導」です。

教える相手のことを何も考えず、上から目線で指導したり、わからないことを教える相手の能力のせいにしたりなど、自己中心的な価値観で教育を行っても、十分な成果を上げることはできません。

まず、教える相手の性格や能力、価値観をしっかりと見極め、それに合わせて指導方法を柔軟に変えていくことが、教育の効果を上げるためには必要になってきます。

その為にも、教える相手がどのような人間なのか観察し、性格や能力を見極める力が必要となります。

論理的に説明する力

相手に十分に理解してもらう為には、仕事の全体像や、目的、仕事の流れ、ある特定の箇所における注意点など、それぞれの項目に対して、筋道立てて論理的に説明する能力が必要になります。

業界用語など、自分だけがわかる言葉で説明するのではなく、誰もがわかりやすい言葉で、丁寧に、順序よく説明し、相手の理解度に合わせて時には同じことを二度、三度と繰り返すなど、根気も必要となりますが、いずれにせよ説明の段階で、いかに相手に理解度を深めてもらうかが重要な為、説明方法には特に気をつける必要があります。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりがいはコレ!

教育した相手が成長した姿を見る時

教育をする側としては、やはり教えた人間が成長し、会社にとってなくてはならない人材になっていく姿を見ることは、非常にやりがいを感じることとなります。

自分が教え、信頼し、任せた人間が独り立ちしていき、周囲の尊敬を集めながら自らも自信に満ちた表情で仕事に励んでいる姿を見ることは非常に頼もしいですし、自分の力で全て解決するわけではなく、最終的には教えた本人に託すしかない他力本願な事柄であるが故に、その成果が人の成長という形で現れた時は、とても嬉しく感じることができます。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

相手に感謝された時

教育の仕事は、そのやり方によっては、教える相手に恨まれたり、憎まれたりする場合もありますが、逆に喜ばれたり、感謝されたりする場合もあります。

常に相手の側に立ち、誠心誠意、その人の成長を願って指導を行えば、必ず指導される側にもその気持ちは伝わります。

その様な理想的な教育を行った結果、相手から受ける事になる感謝の気持ちは、言葉として嬉しいだけではなく、自分の行なった正しい教育によって、1人の人間との信頼関係を築くことができたという証である為、非常にやりがいを感じる瞬間であると言えます。

社内に多くの人脈ができた時

教育をする事によって、教える側と教えられる側には信頼関係が生まれます。

多くの人間を教育すればするほど、社内に置いて信頼の置ける人間が増えていくという事になります。

また、教育した人間が新たに別の人間を教えていく事によって、自分と相手だけではなく、相手の組織の人間に対しても影響力を与えることができます。

教育した相手が出世し、組織において多くの部下を持つようになれば、更に影響力は増していきます。

この様に教育を行い社内の様々な人間と信頼関係を築くということは、そのまま社内に強固な人脈を築くことができるということであり、その人脈を利用して重要な仕事をこなすことができたり、また仕事上の問題で困った時に多くの人が助けてくれたりなど、人の繋がりを感じながら仕事をすることができ、業務だけではなく、精神的にも多くのサポートを受けることができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は仕事の教育について紹介させていただきました。

教育はその名の通り「教え育む」ことであり、自分から相手に対して行うことですが、いくら自分が熱心に教えても、その熱意が相手に伝わり、相手がやる気にならないと本当の成果は現れません。

教育という言葉に対して「学問」という言葉がありますが、これは「学び問いかける」という意味であり、教育を受ける側における言葉になります。

教育の本当の目的は、相手の立場に立ち、相手の理解しやすい言葉で仕事を教えることで、相手が「学問」を行うきっかけを作るという事になります。

太平洋戦争時の日本海軍提督であった山本五十六の有名な言葉に「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば人は動かじ」というものがあります。

これまで説明してきた仕事の教育が上手い人の特徴を言い表している言葉だと思いますが、重要な点は最後の「人は動かじ」という点です。

つまり、どんなに気をつけて正しい指導を行っても、最終的には教えた人間が「動く」かどうかで成果が左右されてしまうという事です。

この様に仕事の教育は最終的には自力ではなく、「他人に託す」事になります。

最後まで自分でできないからこそ、相手を信頼し、相手に期待を込めるという心の面での努力が必要ですし、相手がその託した気持ちを受け止め、自身の夢や目標に対して努力することによって成長する姿を見ることが、最大の喜びになります。

仕事の教育は、ただ仕事を教えるということだけではなく、教育を通じて相手の人生に何らかの影響を与えるということでもあります。

独りよがりにならず、目の前の相手を見つめ、この人と信頼関係を築こうと思うことが、仕事の教育を行う際に最も大切なことと言えるでしょう。

「教育指導」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご

音楽に関わる仕事おすすめ18選。その仕事内容とおすすめの理由を紹介します

音楽と言っても様々なジャンルがありますが、皆さんはどんなジャンルの音楽が好みですか。クラッシック、オペラ、民謡・童謡・ロック・ジャズ・ポップス・演歌等いろんな場所で、色々なジャンルの音楽を耳にすると思いますが、皆さんが音楽を耳にするまでに、色々と音楽の仕事に携わっている人がいます。そこで今回は、音楽に関わる様々な仕事についてご紹介させて頂きます。音楽に関わる仕事にはどんなものがある?音楽に関わる仕事には、表で活躍する仕事と裏方での仕事が有ります。表の仕事は、歌手・楽器奏者等、前面に出て活躍する職業なので分かり易いですが、当然音楽制作関係の仕事をする人、その他には、映画やドラマ等に流す音楽を選定

自然に関わりたい人におすすめの仕事10選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

近年、キャンプや登山などのアウトドアを楽しむ人が増え、大自然の中で日々の疲れをリフレッシュしています。また、自分はインドア派だという人も、神社や広々とした高原へ出掛けると、自然の美しさや清々しい空気に、心が癒されるのではないでしょうか。元々自然が好きな人にとっては、自然に関わった仕事に就きたい、自然の中で仕事をしたいと思う人も居ると思います。そこで今回は、自然に関わる仕事を目指す人におすすめの仕事をご紹介いたします。自然に関わりたい人におすすめの仕事10選自然に関わる仕事は、探してみると実に多くの種類があります。資格が必要な仕事やボランティア、長期間や期間限定など条件も色々です。また、自然と接