仕事ができる人の特徴についての写真

「仕事ができる人」と聞くとすごく特化したものを持っていたり、才能を持っている人をイメージしませんか?

しかし、仕事ができる人とできない人はちょっとした心構えの違いだけなのです。

つまり、できる人の心構えを知り、できる人の特徴を真似できるようになれば誰でも「できる人」になることができます。

では仕事ができる人はどんなことをしているのか、実際に見ていきましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事ができる人の19個の特徴とは?

レスポンスが早い

仕事ができる人ほどどれだけ忙しくてもレスポンスが早いです。

仕事ができない人ほど忙しいから、今返している時間がないからとメールを溜めていきます。

今であれば仕事に関する連絡もLINEでやり取りすることが多いですね。

気づけばLINEが溜まってしまっていたりすると仕事が遅いと思われます。

いつもたくさんの仕事を抱えているのに、いつ連絡してもすぐに返してくれると思ってもらえれば、それだけで信用が高まります。

メールやLINEでの連絡だけではなく、対面でも同じです。

即答する

仕事ができる人は答えに無駄に悩むことがありません。

仕事ができない人はあらゆることを想定して、不安な状況を考えながらいつまで経っても返答ができません。

イエスでもノーでもすぐに返事ができる人は、成功しやすいというデータも出ています。

仕事ができる人はお互いの時間、特に相手の時間を大切に考えているためいかなる時も即答します。

人は悩めば違う答えが出てくると考えがちですが、実はすぐに答えは出ているものです。

すぐに出てきた気持ちが自分の純粋な気持ちであり、それはどれだけ悩んだところで変わりません。

むしろ悩めば悩むほどに答えがわからなくなってしまいます。

きっちり断れる

きっちり断れる男性

仕事ができる人は、できないことははっきりとできないと答えます。

嫌なこともはっきりと嫌と言い、曖昧にはしません。

仕事ができない人は断るのが申し訳ないと思い嫌なことでも曖昧にしたり、できないのに引き受けてしまいます。

その結果後から周りに迷惑をかけてしまいます。

断ることには勇気がいりますが、断らないと相手に期待をさせてしまいます。

期待をさせて迷惑をかけるなら最初からしっかりと断ることが相手のためにもなります。

仕事ができる人は自分の仕事と、自分の仕事ではないことをしっかりと分けて考えています。

そのためできないこと、自分がやるべきでないことは安請け合いしません。

すぐ実行に移す

仕事ができる人は言われたことをすぐに実行します。

すぐに実行に移すからこそできるところと、できないところがはっきりとわかります。

そのため上司にできないところを相談し、すぐに結果を出します。

だからこそ仕事ができる、仕事が早いと思われどんどん仕事を任されるようになります。

それに反して仕事ができない人は、新しい仕事を後回しにします。

普段の自分のできる仕事をやり終えてからやろうと後回しにし、上司から進捗状況を聞かれてもまだ手をつけられていないような状態になってしまいます。

そうなれば仕事が遅い、やる気があるのかと思われてしまいます。

どんなことでも上司から勧められたこと、上司に任せられた仕事はすぐに取り掛かるようにしましょう。

フットワークが軽い

仕事ができる人はフットワークが軽いです。

色んなところに赴くため、経験が増えできる幅が広がります。

フットワークが軽いと先輩や上司に色んなところに連れて行ってもらえるようになります。

誘った時にどこでも付いてきてくれる人と、誘ってもいつも断られる人だったら心象も違います。

仕事ができる人は上司や先輩にも気に入られる行動をとっています。

気に入られるからこそ、何かあったらすぐに助けてもらえるようになります。

素直

仕事ができる人は何事も素直に聞き入れ、素直に取り組みます。

上司から言われた助言を素直に聞き、アドバイスをすぐに活かします。

素直に聞き入れるからこそ色んなアドバイスや、上手くいくためのコツを教えてもらえるようになります。

他の人には話さないようなことも話してくれるようになるので、どんどん仕事が進んでいきます。

また上司や先輩が言うことは、今の自分では「意味があるのだろうか?」と考えることが多いです。

それでも言われたことに疑問を持たずに素直に取り組むことで、良い結果が出ます。

素直に取り組んで結果が出れば、上司はまた仕事を任せたり助言してくれるようになるので、どんどん仕事ができるようになります。

感情に左右されない

仕事ができる人は気分に左右されません。

できない人はモチベーションが上がらないからといって中々仕事を進めようとせず、またモチベーションが下がり悪循環を繰り返します。

感情のコントロールの仕方を知っているので、常にモチベーションを保って仕事ができます。

何よりモチベーションが低いから仕事ができないのではなく、仕事が進んでいないからモチベーションが下がってしまうのです。

仕事ができる人はそこを知っており、仕組み化して仕事に取り組める環境を作っています。

だからこそやる気がないからやらないという選択肢にならないのです。

感謝できる

仕事ができる人は感謝を忘れません。

感謝で何が変わるのかと考えがちですが、感謝は大切です。

人は気づけばやってもらうことを当たり前に感じてしまいます。

当たり前に感じていると、してもらえていたこともしてもらえないようになります。

しかしできる人は感謝を忘れないので、人がついてくるようになります。

そのため人から支援を得やすくなります。

周りからの協力が得られるので仕事がしやすくなり、自分の仕事に集中できるようになります。

優先順位がつけられている

仕事ができる人は様々なタスクを一度にそつなくこなします。

仕事ができない人は様々なことに中途半端に手を出し、頭がごちゃごちゃになります。

仕事ができる人は抱えているタスクに対し、優先順位が明確につけられています。

優先順位をつけることによってたくさんあるタスクを整理できます。

優先順位が高い順番から片付けていけばいいため、タスクが整理されてたくさんあるタスクにも混乱することなく挑むことができます。

だからこそ仕事ができる人はマルチタスクをこなせるのです。

挨拶ができる

当たり前と思われますが、実はしっかりと挨拶できない人がほとんどです。

会社に入った途端気持ちよく大きな声で挨拶ができていますか?

それだけで周りからの評価が大きく変わります。

挨拶は簡単なコミュニケーションです。

朝から挨拶をしないと仕事仲間の人とも仲良く仕事をすることができません。

朝から気持ちよく挨拶されると、誰でも挨拶を返して話しかけてくれるようになりますからね。

挨拶はビジネスの基本です。

社交的

社交的なサラリーマン

仕事ができる人は社交的な人が多いです。

職場の人全員と仲いい人と、職場の一部の人としか話したことがない人だと仕事の進み具合が変わってきます。

気心が知れている方が、仕事を進める時に雑談のようにアイデアを出していくことができます。

しかし仲良くないと緊張してしまい、本来出てくるはずのアイデアが出てこないようになってしまいます。

仕事ができる人は社交的なので、人とすぐに仲良くなることができます。

そのため結果人に頼ることができるようになります。

仲良くなればなるほどにその人の良いところが見えてくるので、一緒に仕事をする時の適材適所がわかりやすいです。

報連相がしっかりできる

仕事ができる人はどんな小さなことでも報連相がしっかりとしています。

報連相がしっかりできていると進捗状況の遅れや、少しのずれを上司と確認できるようになります。

上司が常にわかっている状態であればお互いに安心ですし、仕事が円滑に進みやすくなります。

また報連相をきっちりとできていることで、この人なら任せても大丈夫と信頼されやすくなります。

失敗した時ほど人はなんとか問題を片付けて怒られないようにしようとします。

しかし、そうしていくうちに問題がこじれた自体が悪化することにも繋がります。

問題が起きた時ほどすぐに相談をするようにしましょう。

理由が明確

仕事ができる人は理由を説明します。

例えば納期を遅らせてほしい時や、何かお願い事をする時、進捗が遅れている時などに「遅れているので待ってください」というと理由になっていません。

しかし、進捗状況は80%まで完成しているのですが、もう少しクオリティーをあげたいので2、3日待ってください。と言われば、相手を納得させることができます。

相手にお願いごとをする時の理由を明確に説明することができます。

それだけで相手はお願いごとを聞き入れてくれるようになります。

余裕をもって取り組む

仕事ができない人は期限ギリギリに完成させるように仕事のスピードを調整します。

そのため残り数時間で急いで仕上げたり、それまでの時間をダラダラと過ごしてしまいます。

そのため、期限前に何かトラブルがあると期限に間に合わない状態に陥ってしまいます。

その反対に仕事ができる人は、本来の期限よりも早くに完成の期限を設けます。

本来の期限に余裕を持って完成目処を立てることによって、何か問題が起きて遅れても期限までには完成できます。

また期限を早くに設けておくことで、完成させた後の見直しの時間をたくさん取ることができます。

ギリギリに完成させてしまうと見えないことも、見直していくごとにどんどん良くしていくことができます。

自分の意見をはっきり伝える

仕事ができる人は自分の意見を言うことに躊躇いません。

仕事ができない人は「間違っていたらどうしよう?」と不安になり、中々発言することができません。

しかし求められているのは正しい答えではありません。

自分の意見を持っているのかどうか、この人はどんな意見を持っているのかということが見られています。

つまりそこで答えられなかったり、自信なさそうに答えてしまうと、意見がない人なのだと判断されてしまいます。

ハキハキと自分の意見を答える人のところには、信頼されて次々と仕事が舞い込んできます。

オンオフの切り替えが上手い

仕事ができる人は仕事に集中する時と、休む時をしっかりと分けています。

仕事ができない人は仕事に集中できない時間をずるずると持ちながら、進んでいないからこそ休もうとせずにパフォーマンスが低いままに仕事を行おうとします。

しかし人の集中力はそんなに長く持ちません。

パフォーマンスが低いままにダラダラ行うよりかは、休んだ後に短い時間に集中して仕事を行った方が仕事が上手くいきます。

休む時は休み、集中する時は短い時間で一点集中する。

この使い分けをすることで仕事を効率よくスピーディーに進めることができます。

後回ししない

夏休みの宿題を夏休み最初に終わらせてしまう人と、休みが終わるギリギリになってから慌てて終わらせる人がいます。

後者は期限に追われてしまいます。

前者は余裕が持てるので、自分のプライベートを充実して楽しむことができます。

仕事ができる人は時間が空いたり、余裕があれば今日しなくてもいい先の仕事を終わらせようとします。

先に終わらせておくことで、後で慌てることがないからです。

後回しにすればするほど、いつかしなければならない脅迫概念にかられてしまいます。

実際夏休みの宿題でもまだ宿題が残っていると考えながら、いつか宿題をしなければと考え過ごすよりも、やることを終わらせて遊びに集中する方が気持ちが違います。

やる気スイッチを知っている

仕事ができる人は自分のやる気を出すための方法を知っています。

まさしくやる気スイッチを押すことができるのです。

仕事ができない人は何をしたらいいかわからず、なんとなく憂さ晴らしをしてはもやもやした日々を過ごしてしまいます。

やる気の出る方法を知ることで、どんな時でも高いモチベーションで仕事をすることができます。

身だしなみに気を遣っている

仕事ができる人は身だしなみに気を遣っています。

仕事ができない人は身だしなみを気にせず、いつもよれよれの格好で仕事をしています。

恰好を綺麗にするだけで、自分の仕事のパフォーマンスも上がりますし、周りからの見られ方が変わってきます。

仕事ができる人は常に周りにどう思ってもらえるか、自分が思われたい自分を演出しています。

身だしなみが綺麗だと、少し仕事の結果を出しただけでも、あの人はできていると思われやすいです。

仕事ができているから身だしなみが綺麗なのではなく、身だしなみがきっちりしているから仕事ができるんだなと評価されるようになります。

仕事ができる人に近づくための心構え

仕事ができる人になるためには、仕事ができる人の心構えから始めましょう。

心構えなくしては仕事ができる人のしていることをただ真似しても意味がありません。

なぜその行動をしているのかを知るためにも、心構えから真似できるようにしましょう。

どんな仕事でも自分のためになると考える

仕事ができる人はどんな小さな仕事でも、自分のためになると考えています。

仕事ができない人は、「こんな仕事しても仕方がない」「自分にはもっと面白い仕事ができる」と考えてより好みします。

しかし今の意味がないと思える目の前の仕事をこなしていくことこそ、自分の将来へと結びつくのです。

自分のためと考えるからこそ、どんな仕事がきても嫌な顔をしません。

忙しぶらない

仕事ができる人はどれだけ忙しくても忙しさを出しません。

仕事ができない人は忙しい自分をアピールしようとします。

最近忙しくて、忙しいからできない、忙しいからと言う人の元からは人が離れていってしまいます。

仕事ができる人は忙しい中でも空いている時間を示します。

そのため忙しい中でも時間を人に合わせるので、忙しさを感じさせません。

忙しくても「これくらい大丈夫だよ」と忙しいことをアピールしません。

そのため忙しくても仕事が舞い込んできたり、人からのお誘いが来たりとチャンスが舞い込みやすくなります。

人を大切にする

仕事ができる人は人を大切にします。

自分が今あるのは周りの人のおかげと考えているからです。

だからこそ自分の周りにいる人を誰よりも大切に考えます。

だからこそお互いの時間を大切にしたり、人が困っていたらどんなことでも全力で答えようとします。

自分が周りを大切にすることで、返報性の法則で周りからも大切にされます。

だからこそ仕事ができる人は、人望が厚く、人に恵まれているのです。

周りに応援される人はそれだけ成功の要因が高くなります。

仕事ができない人は一人で抱え込んでしまっていたり、わからないことをそのままにしているからこそスピードが遅くなっている可能性があります。

付き合う人を考える

仕事ができる人に近づくためには、仕事ができる人と一緒にいることが大切です。

類は友を呼ぶということわざがあるように、人は周りの人と同じようになっていきます。

平均の法則というものがあり、年収や人としてのレベルは周りの人の平均で作られます。

そのため仕事ができる人、自分よりも優れた人と付き合うようにすると、自分も仕事ができる人に引き上げられていきます。

仕事ができない人は、愚痴を言い合うような人たちと一緒に過ごす時間が長いです。

そのため仕事が上手くいけばいいなー、と思いながらもいつまで経っても仕事ができるようにならないのです。

付き合う人を見直し、自分よりレベルの高い人たちと過ごすようにしましょう。

時間を大切にする

仕事ができない人はスキマ時間ができるとダラダラとしたり、何もない時間があると自由時間としてゲームなどで潰してしまいます。

仕事ができる人は分単位で予定を入れます。

スキマ時間ができたら勉強の時間に当てたり、連絡を返す時間にします。

時間の使い方を上手く行えば、忙しくても人と会う時間が作れたり勉強の時間が取れたりと、一日の間にたくさんのことができるようになります。

忙しぶらなくなるにも繋がりますが、時間を大切にすることで人からお誘いを受けてもスキマ時間の1時間だけなど時間を空けられます。

また、人の時間を奪っているという自覚があるため、質問や教えを請う時はあらかじめ要点をまとめておくなど工夫を凝らします。

考えてから発言する

仕事ができない人は感情に任せてその場限りの言葉を吐いてしまいます。

仲間うちであれば本心でないとわかっても、つい怒った時に放った言葉がとんでもない事態を招くことがあります。

できる人は言葉は使い間違えるだけで自分の信用を失ったり、人を傷つけることに繋がることを知っています。

そのためどんなことを話す時も、必ず自分の中で一度考えてから発言します。

言い方を考えて発言するので、相手を無下に傷つける言葉を言うことはありません。

多角的に物事を見る

仕事ができない人は自分の視点でしか物事を考えられません。

しかし大きなプロジェクトを行う際や、何か一つ新たな意見を出す時は他の人の視点に立つ必要があります。

それはプロジェクトを行う他のメンバーや、自分の仕事をいつも支えてくれている事務員さんなど様々な視点で立つことが大切です。

他の視点で物事を見れるようになると、様々な角度からくる質問にも答えられるようになります。

仕事ができる人は得てして様々な人から頼りにされるものです。

そこで周りの人のフォローができるようにするためにも、自分以外の視点で物事を見れるようにすることが大切です。

考えるくせをつける

仕事ができない人は自分の頭で創意工夫をしようとしません。

言われた仕事を言われたままにこなし、プラスがありません。

しかし仕事ができると思われる人は、言われたこと以上のことをこなせる人です。

人と言うのは本来の理想よりも下げた内容を仕事として渡します。

言われた通りだと少しクオリティーを下げた最低ラインのものを送ることになります。

しかし、そこでなぜこの仕事を依頼してきたのか、この仕事にクライアントは何を求めているのか、といったことを深く読み解いて考えることによって求める以上のものをわたすことができます。

常になぜだろう?何を求めているのだろう?と自分の頭で考え、工夫することが大切になります。

能動的に仕事をする

仕事ができない人は言われたことや期限を守るために仕事をします。

それでは受動的に仕事を行い、いつまで経っても言われたことを言われた通りに行うだけのロボットと成り果てます。

受動的に仕事をしているといつまでも使われる側になり、上から良いように使われるだけの人となります。

仕事ができる人は能動的に仕事を行っています。

言われたからやるのではなく、言われる前に「何かできることはありませんか?」と聞くほどに主体的に動くことが大切です。

言われたからではなく、一緒に考える側に回ることでリーダーの視点に立つことができます。

そうすればプロジェクトのリーダーを任されたり、管理側の仕事を任されるようになります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実はデキる人は自分が得意な仕事をしているだけかも!

仕事ができる人はなんでもそつなくこなせるわけではありません。

実は仕事ができる、仕事が早い人は自分の得意な仕事だけに注力していたのです。

仕事は自分に任されたからといって、何も一人で全てを行う必要はありません。

仕事の中にも得意、不得意なことはあります。

できる人は自分が苦手なことを得意な人に振り分けています。

だからこそ自分は得意なことに注力できるのです。

得意なことだけに注力できるようになると、自分の強みで100%の力を発揮できるようになります。

そのため仕事のクオリティーが上がり、評価が上がります。

できない人は任せられたことを自分の仕事だと、仕事を抱え込むようになってしまいます。

しかし実は人に任せられる仕事というのはたくさんあるものです。

周りの人の個性を活かして、上手く頼ることで仕事の評価と周りとの信頼を獲得することができます。

実録!仕事ができる人はここが違う

仕事ができる人は仕事ができない人とひと味違います。

仕事ができる人だからこそできている、していることを行うことによって仕事ができる人になることができます。

効率を考え余裕をもって仕事ができる

仕事ができない人はマルチタスクになるとやることが多すぎて混乱してしまいます。

仕事が忙しい時期になれば忙しいことにイライラして、思いついたことをしては余計に時間がかかって余計にイライラすることになってしまいます。

仕事ができる人はまず取り掛かる前にどうするのが効率がいいのかを考えます。

最初に時間をとることで、途中で迷ったり無駄な時間がなくなり結果的に効率よく行うことができます。

最初に道のりがわかっているからこそ、今どれだけ進んでいるのかもわかりやすいです。

そのため完成までの明確なビジョンが立っているので、変に焦ることがありません。

なのでやることがたくさんあっても終わりがわかっているので、余裕を持って仕事に取り組めるようになります。

仕組み化できている

仕事ができる人は仕事を仕組み化しています。

その日にやることを朝に明確にし、まず優先順位を立てていきます。

そうすることで、仕事を一つずつこなしていけるようになります。

タスクがたくさんあって何から手をつければいいかわからないことを、タスクを整理することを習慣にします。

タスクを明確にしたら必ずその時間に行えるように仕組み化されています。

例えばすぐにその仕事について開けるようにしていたり、仕事の進捗状況を決まった時間に上司に報告するようにしたりです。

一人の力だと気持ちになってしまいますが、人を巻き込むことでやらざるを得ない環境を作り出すことができます。

人に頼るのが上手い

仕事ができる人は人に頼るのが上手いです。

わからないことをすぐに先輩や上司に質問したり、自分一人でできることは限られていることを知っています。

そのためわからないことや、問題が起きた時はすぐに人に頼ります。

自分一人で考えていてはいつまで経っても答えはでてきません。

人に答えを求めたらすぐに答えがわかるというのはよくある話です。

仕事ができない人はわからないことを一人で解決しようとして、そのうちにどんどん問題がややこしくなって抱え込んで大変なことになってしまいます。

また人に頼るという点で、仕事ができる人は人に仕事を振るのも上手いです。

一つの仕事に対して適材適所を把握して人を適した場所に配置することができます。

自分の苦手を得意な人に頼り、仕事を手伝ってもらったり、または助言をいただいたりします。

人に頼るのが上手い、人を動かすことが得意な人が一番結果を出しやすいのです。

できる人ほど自分で全てを行おうとしません。

判断が早い

仕事ができる人は何事においても判断が早いです。

問題が起きた時の対応の判断や、本来行うべきものとずれてきたときの修正の判断などです。

判断が遅いとそれだけ問題がこじれ、どんどんと違う方向に進んでしまいます。

今進めていることをそのまま行うのか、それとも中断すべきか判断が遅れるほどに時間のロスが生じます。

仕事ができる人は先を見据えて、主観なしに判断を下すことができます。

たとえその判断が今までの頑張りを無駄にするものだとしても、できる人は躊躇せずに判断を下すことができます。

いつ何時もメモを準備している

仕事ができる人は常にメモ帳を携帯しています。

自分にとって有益な情報はいつ訪れるかわからないからです。

仕事ができない人は記憶して後でメモしようと考えたまま忘れてしまいます。

人間の脳は忘れやすいので、聞いたことは他の仕事をしている間に忘れてしまいます。

すぐにメモをできるようにしておくことで、自分に必要な情報を逃すことがありません。

記憶に頼ることが怖いことだと知っているので、記録に頼るようにしましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

仕事ができる人の特徴がわかりましたね。

仕事ができる人はできない人が普段やらないことをしています。

だからこそ他のその他大勢の人とは違い、仕事ができるようになります。

仕事ができる人の特徴をまずは一つでも意識して行うことで、仕事ができるようになります。

仕事ができる人に近づくための心が構えを胸に刻みながら日々仕事をしていきましょう。

心構えから真似することによって、いつの間にか仕事ができる人に近づいています。

普段は自分と同じように、できる人を羨ましがる人たちと一緒に過ごす時間が長くなってしまいます。

しかし、本当に仕事ができる人になりたいのであればまずは仕事ができる人の側に物理的に行くことです。

仕事ができる人の側にいれば、自然と心構えや特徴を体感することができます。

一緒にいて素敵だと思うことをまずはそのままに真似してみましょう。

そうしていくうちに、仕事ができる人に変わっていきます。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。「生命保険の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。「商品開発の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なの


仕事に関するコラム

芸術に関わる仕事おすすめ5選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

「芸術」の仕事と聞くと、かっこいいイメージがあるかもしれません。誰でも出来ることではなく、専門的な勉強が必要な場合がほとんど。それでも中には、未経験でもやる気があれば出来る仕事もあります。芸術に関わる仕事には、具体的にどのようなものがあるのか、解説します。「芸術」に関わる仕事ってどんなものがあるの?「芸術」とは、文芸・絵画・音楽など、独特な表現様式によって美を創作することや表現する活動のことを意味します。芸術に関わる仕事は小説家やミュージシャン、カメラマン、ヘアメイクなど幅広いもの。会社勤務をしている人も多いですが、経験を積むとフリーで活動することもあります。自分の考えやメッセージを作品で表現

国家資格を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「国家資格を活かせる仕事」と聞いて、どのような仕事が思い浮かぶでしょうか。お医者さん?弁護士さん?一般人には手が届かないような職業ばかりのように感じる人も多いのではないかと思います。今回は国家資格とはそもそも何なのか、ごく普通の一般人にも取得できる国家資格はあるのかなどを解説していきます。国家資格と他の資格の違いとは?国家資格は、文字の通り国の法律に基づいて証明される資格のことです。また、国家資格の中にはいくつか種類がありますので簡単にご紹介します。一つは、「業務独占資格」というものです。例えば、お医者さんは「医師」資格が必須です。「私は医師です。」と名乗り、病院で医療行為をするには、この医師

仕事中眠いと感じる7個の原因とその対処方法とは?

仕事の期限が迫っているのに、眠くて作業が進まない……。集中しなければいけないのに、会議中どうしてもうとうとしてしまう……。なんてこと、大人になってからもありますよね。日中眠くなってしまう癖は学生の頃から、という人も中にはいるかもしれません。学生時代なら叱ってくれる先生がいましたが、会社にそんな優しい人はいないもの。うとうとを断ち切らなければ、手元には大量の仕事が残ります。そう、自分の力で自分自身に打ち勝たなければ、仕事は終わらないのです。今回は仕事中眠くなってしまうことに悩んでいる人のために、その原因や対処方法について解説いたします。仕事中眠いと感じる7個の原因とその対処方法とは?仕事中、突然

体力のない人向けの仕事おすすめ7選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

体力のない人でもできる仕事というものは、一見なさそうに見えますが探してみるとそれほど多くはないですが見つけることができるでしょう。もともと体力があまりない人でも継続してできる仕事から、身体的なハンデから体力を必要としない仕事をお探しの方もいるかもしれません。そんな方々へ仕事を探すヒントになればと思います。体力がない人向けの仕事おすすめ7選体力を必要としない仕事と言っても、人それぞれ体力を使う行為というのは異なります。座って仕事する。立って仕事をする。ある程度仕事することはできるが長い時間働けないなどと様々です。その中の条件のいずれかに当てはまる仕事を紹介していきます。施設警備員警備員の仕事は比

職人気質の仕事おすすめ6選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

皆さんは職人気質と聞くと、どのような印象をお持ちでしょうか。なんとなく職人と付くだけでも、少し強面で、頑固で怖い印象が浮かんでしまう人もいるかもしれません。一見怖そうな印象が付くのには理由があるのだと思います。自分の持っているスキルや技術に自信を持っていて、一度受けた仕事はとことんやり抜く気概を感じたり、一見誰も気づかないような、細かい部分なども一切手を抜かずに完璧を求める。仕事に自信は持っているが、決して奢らず自分の力が最大限発揮できる仕事を選ぶ。自分が納得出来る案件だけを引き受ける。あげてみるだけでも職人気質の人は仕事に熱中し、任せておいたら安心だと言える、信頼を持ち合わせているようです。