仕事ができる人の特徴についての写真

「仕事ができる人」と聞くとすごく特化したものを持っていたり、才能を持っている人をイメージしませんか?

しかし、仕事ができる人とできない人はちょっとした心構えの違いだけなのです。

つまり、できる人の心構えを知り、できる人の特徴を真似できるようになれば誰でも「できる人」になることができます。

では仕事ができる人はどんなことをしているのか、実際に見ていきましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事ができる人の19個の特徴とは?

レスポンスが早い

仕事ができる人ほどどれだけ忙しくてもレスポンスが早いです。

仕事ができない人ほど忙しいから、今返している時間がないからとメールを溜めていきます。

今であれば仕事に関する連絡もLINEでやり取りすることが多いですね。

気づけばLINEが溜まってしまっていたりすると仕事が遅いと思われます。

いつもたくさんの仕事を抱えているのに、いつ連絡してもすぐに返してくれると思ってもらえれば、それだけで信用が高まります。

メールやLINEでの連絡だけではなく、対面でも同じです。

即答する

仕事ができる人は答えに無駄に悩むことがありません。

仕事ができない人はあらゆることを想定して、不安な状況を考えながらいつまで経っても返答ができません。

イエスでもノーでもすぐに返事ができる人は、成功しやすいというデータも出ています。

仕事ができる人はお互いの時間、特に相手の時間を大切に考えているためいかなる時も即答します。

人は悩めば違う答えが出てくると考えがちですが、実はすぐに答えは出ているものです。

すぐに出てきた気持ちが自分の純粋な気持ちであり、それはどれだけ悩んだところで変わりません。

むしろ悩めば悩むほどに答えがわからなくなってしまいます。

きっちり断れる

きっちり断れる男性

仕事ができる人は、できないことははっきりとできないと答えます。

嫌なこともはっきりと嫌と言い、曖昧にはしません。

仕事ができない人は断るのが申し訳ないと思い嫌なことでも曖昧にしたり、できないのに引き受けてしまいます。

その結果後から周りに迷惑をかけてしまいます。

断ることには勇気がいりますが、断らないと相手に期待をさせてしまいます。

期待をさせて迷惑をかけるなら最初からしっかりと断ることが相手のためにもなります。

仕事ができる人は自分の仕事と、自分の仕事ではないことをしっかりと分けて考えています。

そのためできないこと、自分がやるべきでないことは安請け合いしません。

すぐ実行に移す

仕事ができる人は言われたことをすぐに実行します。

すぐに実行に移すからこそできるところと、できないところがはっきりとわかります。

そのため上司にできないところを相談し、すぐに結果を出します。

だからこそ仕事ができる、仕事が早いと思われどんどん仕事を任されるようになります。

それに反して仕事ができない人は、新しい仕事を後回しにします。

普段の自分のできる仕事をやり終えてからやろうと後回しにし、上司から進捗状況を聞かれてもまだ手をつけられていないような状態になってしまいます。

そうなれば仕事が遅い、やる気があるのかと思われてしまいます。

どんなことでも上司から勧められたこと、上司に任せられた仕事はすぐに取り掛かるようにしましょう。

フットワークが軽い

仕事ができる人はフットワークが軽いです。

色んなところに赴くため、経験が増えできる幅が広がります。

フットワークが軽いと先輩や上司に色んなところに連れて行ってもらえるようになります。

誘った時にどこでも付いてきてくれる人と、誘ってもいつも断られる人だったら心象も違います。

仕事ができる人は上司や先輩にも気に入られる行動をとっています。

気に入られるからこそ、何かあったらすぐに助けてもらえるようになります。

素直

仕事ができる人は何事も素直に聞き入れ、素直に取り組みます。

上司から言われた助言を素直に聞き、アドバイスをすぐに活かします。

素直に聞き入れるからこそ色んなアドバイスや、上手くいくためのコツを教えてもらえるようになります。

他の人には話さないようなことも話してくれるようになるので、どんどん仕事が進んでいきます。

また上司や先輩が言うことは、今の自分では「意味があるのだろうか?」と考えることが多いです。

それでも言われたことに疑問を持たずに素直に取り組むことで、良い結果が出ます。

素直に取り組んで結果が出れば、上司はまた仕事を任せたり助言してくれるようになるので、どんどん仕事ができるようになります。

感情に左右されない

仕事ができる人は気分に左右されません。

できない人はモチベーションが上がらないからといって中々仕事を進めようとせず、またモチベーションが下がり悪循環を繰り返します。

感情のコントロールの仕方を知っているので、常にモチベーションを保って仕事ができます。

何よりモチベーションが低いから仕事ができないのではなく、仕事が進んでいないからモチベーションが下がってしまうのです。

仕事ができる人はそこを知っており、仕組み化して仕事に取り組める環境を作っています。

だからこそやる気がないからやらないという選択肢にならないのです。

感謝できる

仕事ができる人は感謝を忘れません。

感謝で何が変わるのかと考えがちですが、感謝は大切です。

人は気づけばやってもらうことを当たり前に感じてしまいます。

当たり前に感じていると、してもらえていたこともしてもらえないようになります。

しかしできる人は感謝を忘れないので、人がついてくるようになります。

そのため人から支援を得やすくなります。

周りからの協力が得られるので仕事がしやすくなり、自分の仕事に集中できるようになります。

優先順位がつけられている

仕事ができる人は様々なタスクを一度にそつなくこなします。

仕事ができない人は様々なことに中途半端に手を出し、頭がごちゃごちゃになります。

仕事ができる人は抱えているタスクに対し、優先順位が明確につけられています。

優先順位をつけることによってたくさんあるタスクを整理できます。

優先順位が高い順番から片付けていけばいいため、タスクが整理されてたくさんあるタスクにも混乱することなく挑むことができます。

だからこそ仕事ができる人はマルチタスクをこなせるのです。

挨拶ができる

当たり前と思われますが、実はしっかりと挨拶できない人がほとんどです。

会社に入った途端気持ちよく大きな声で挨拶ができていますか?

それだけで周りからの評価が大きく変わります。

挨拶は簡単なコミュニケーションです。

朝から挨拶をしないと仕事仲間の人とも仲良く仕事をすることができません。

朝から気持ちよく挨拶されると、誰でも挨拶を返して話しかけてくれるようになりますからね。

挨拶はビジネスの基本です。

社交的

社交的なサラリーマン

仕事ができる人は社交的な人が多いです。

職場の人全員と仲いい人と、職場の一部の人としか話したことがない人だと仕事の進み具合が変わってきます。

気心が知れている方が、仕事を進める時に雑談のようにアイデアを出していくことができます。

しかし仲良くないと緊張してしまい、本来出てくるはずのアイデアが出てこないようになってしまいます。

仕事ができる人は社交的なので、人とすぐに仲良くなることができます。

そのため結果人に頼ることができるようになります。

仲良くなればなるほどにその人の良いところが見えてくるので、一緒に仕事をする時の適材適所がわかりやすいです。

報連相がしっかりできる

仕事ができる人はどんな小さなことでも報連相がしっかりとしています。

報連相がしっかりできていると進捗状況の遅れや、少しのずれを上司と確認できるようになります。

上司が常にわかっている状態であればお互いに安心ですし、仕事が円滑に進みやすくなります。

また報連相をきっちりとできていることで、この人なら任せても大丈夫と信頼されやすくなります。

失敗した時ほど人はなんとか問題を片付けて怒られないようにしようとします。

しかし、そうしていくうちに問題がこじれた自体が悪化することにも繋がります。

問題が起きた時ほどすぐに相談をするようにしましょう。

理由が明確

仕事ができる人は理由を説明します。

例えば納期を遅らせてほしい時や、何かお願い事をする時、進捗が遅れている時などに「遅れているので待ってください」というと理由になっていません。

しかし、進捗状況は80%まで完成しているのですが、もう少しクオリティーをあげたいので2、3日待ってください。と言われば、相手を納得させることができます。

相手にお願いごとをする時の理由を明確に説明することができます。

それだけで相手はお願いごとを聞き入れてくれるようになります。

余裕をもって取り組む

仕事ができない人は期限ギリギリに完成させるように仕事のスピードを調整します。

そのため残り数時間で急いで仕上げたり、それまでの時間をダラダラと過ごしてしまいます。

そのため、期限前に何かトラブルがあると期限に間に合わない状態に陥ってしまいます。

その反対に仕事ができる人は、本来の期限よりも早くに完成の期限を設けます。

本来の期限に余裕を持って完成目処を立てることによって、何か問題が起きて遅れても期限までには完成できます。

また期限を早くに設けておくことで、完成させた後の見直しの時間をたくさん取ることができます。

ギリギリに完成させてしまうと見えないことも、見直していくごとにどんどん良くしていくことができます。

自分の意見をはっきり伝える

仕事ができる人は自分の意見を言うことに躊躇いません。

仕事ができない人は「間違っていたらどうしよう?」と不安になり、中々発言することができません。

しかし求められているのは正しい答えではありません。

自分の意見を持っているのかどうか、この人はどんな意見を持っているのかということが見られています。

つまりそこで答えられなかったり、自信なさそうに答えてしまうと、意見がない人なのだと判断されてしまいます。

ハキハキと自分の意見を答える人のところには、信頼されて次々と仕事が舞い込んできます。

オンオフの切り替えが上手い

仕事ができる人は仕事に集中する時と、休む時をしっかりと分けています。

仕事ができない人は仕事に集中できない時間をずるずると持ちながら、進んでいないからこそ休もうとせずにパフォーマンスが低いままに仕事を行おうとします。

しかし人の集中力はそんなに長く持ちません。

パフォーマンスが低いままにダラダラ行うよりかは、休んだ後に短い時間に集中して仕事を行った方が仕事が上手くいきます。

休む時は休み、集中する時は短い時間で一点集中する。

この使い分けをすることで仕事を効率よくスピーディーに進めることができます。

後回ししない

夏休みの宿題を夏休み最初に終わらせてしまう人と、休みが終わるギリギリになってから慌てて終わらせる人がいます。

後者は期限に追われてしまいます。

前者は余裕が持てるので、自分のプライベートを充実して楽しむことができます。

仕事ができる人は時間が空いたり、余裕があれば今日しなくてもいい先の仕事を終わらせようとします。

先に終わらせておくことで、後で慌てることがないからです。

後回しにすればするほど、いつかしなければならない脅迫概念にかられてしまいます。

実際夏休みの宿題でもまだ宿題が残っていると考えながら、いつか宿題をしなければと考え過ごすよりも、やることを終わらせて遊びに集中する方が気持ちが違います。

やる気スイッチを知っている

仕事ができる人は自分のやる気を出すための方法を知っています。

まさしくやる気スイッチを押すことができるのです。

仕事ができない人は何をしたらいいかわからず、なんとなく憂さ晴らしをしてはもやもやした日々を過ごしてしまいます。

やる気の出る方法を知ることで、どんな時でも高いモチベーションで仕事をすることができます。

身だしなみに気を遣っている

仕事ができる人は身だしなみに気を遣っています。

仕事ができない人は身だしなみを気にせず、いつもよれよれの格好で仕事をしています。

恰好を綺麗にするだけで、自分の仕事のパフォーマンスも上がりますし、周りからの見られ方が変わってきます。

仕事ができる人は常に周りにどう思ってもらえるか、自分が思われたい自分を演出しています。

身だしなみが綺麗だと、少し仕事の結果を出しただけでも、あの人はできていると思われやすいです。

仕事ができているから身だしなみが綺麗なのではなく、身だしなみがきっちりしているから仕事ができるんだなと評価されるようになります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事ができる人に近づくための心構え

仕事ができる人になるためには、仕事ができる人の心構えから始めましょう。

心構えなくしては仕事ができる人のしていることをただ真似しても意味がありません。

なぜその行動をしているのかを知るためにも、心構えから真似できるようにしましょう。

どんな仕事でも自分のためになると考える

仕事ができる人はどんな小さな仕事でも、自分のためになると考えています。

仕事ができない人は、「こんな仕事しても仕方がない」「自分にはもっと面白い仕事ができる」と考えてより好みします。

しかし今の意味がないと思える目の前の仕事をこなしていくことこそ、自分の将来へと結びつくのです。

自分のためと考えるからこそ、どんな仕事がきても嫌な顔をしません。

忙しぶらない

仕事ができる人はどれだけ忙しくても忙しさを出しません。

仕事ができない人は忙しい自分をアピールしようとします。

最近忙しくて、忙しいからできない、忙しいからと言う人の元からは人が離れていってしまいます。

仕事ができる人は忙しい中でも空いている時間を示します。

そのため忙しい中でも時間を人に合わせるので、忙しさを感じさせません。

忙しくても「これくらい大丈夫だよ」と忙しいことをアピールしません。

そのため忙しくても仕事が舞い込んできたり、人からのお誘いが来たりとチャンスが舞い込みやすくなります。

人を大切にする

仕事ができる人は人を大切にします。

自分が今あるのは周りの人のおかげと考えているからです。

だからこそ自分の周りにいる人を誰よりも大切に考えます。

だからこそお互いの時間を大切にしたり、人が困っていたらどんなことでも全力で答えようとします。

自分が周りを大切にすることで、返報性の法則で周りからも大切にされます。

だからこそ仕事ができる人は、人望が厚く、人に恵まれているのです。

周りに応援される人はそれだけ成功の要因が高くなります。

仕事ができない人は一人で抱え込んでしまっていたり、わからないことをそのままにしているからこそスピードが遅くなっている可能性があります。

付き合う人を考える

仕事ができる人に近づくためには、仕事ができる人と一緒にいることが大切です。

類は友を呼ぶということわざがあるように、人は周りの人と同じようになっていきます。

平均の法則というものがあり、年収や人としてのレベルは周りの人の平均で作られます。

そのため仕事ができる人、自分よりも優れた人と付き合うようにすると、自分も仕事ができる人に引き上げられていきます。

仕事ができない人は、愚痴を言い合うような人たちと一緒に過ごす時間が長いです。

そのため仕事が上手くいけばいいなー、と思いながらもいつまで経っても仕事ができるようにならないのです。

付き合う人を見直し、自分よりレベルの高い人たちと過ごすようにしましょう。

時間を大切にする

仕事ができない人はスキマ時間ができるとダラダラとしたり、何もない時間があると自由時間としてゲームなどで潰してしまいます。

仕事ができる人は分単位で予定を入れます。

スキマ時間ができたら勉強の時間に当てたり、連絡を返す時間にします。

時間の使い方を上手く行えば、忙しくても人と会う時間が作れたり勉強の時間が取れたりと、一日の間にたくさんのことができるようになります。

忙しぶらなくなるにも繋がりますが、時間を大切にすることで人からお誘いを受けてもスキマ時間の1時間だけなど時間を空けられます。

また、人の時間を奪っているという自覚があるため、質問や教えを請う時はあらかじめ要点をまとめておくなど工夫を凝らします。

考えてから発言する

仕事ができない人は感情に任せてその場限りの言葉を吐いてしまいます。

仲間うちであれば本心でないとわかっても、つい怒った時に放った言葉がとんでもない事態を招くことがあります。

できる人は言葉は使い間違えるだけで自分の信用を失ったり、人を傷つけることに繋がることを知っています。

そのためどんなことを話す時も、必ず自分の中で一度考えてから発言します。

言い方を考えて発言するので、相手を無下に傷つける言葉を言うことはありません。

多角的に物事を見る

仕事ができない人は自分の視点でしか物事を考えられません。

しかし大きなプロジェクトを行う際や、何か一つ新たな意見を出す時は他の人の視点に立つ必要があります。

それはプロジェクトを行う他のメンバーや、自分の仕事をいつも支えてくれている事務員さんなど様々な視点で立つことが大切です。

他の視点で物事を見れるようになると、様々な角度からくる質問にも答えられるようになります。

仕事ができる人は得てして様々な人から頼りにされるものです。

そこで周りの人のフォローができるようにするためにも、自分以外の視点で物事を見れるようにすることが大切です。

考えるくせをつける

仕事ができない人は自分の頭で創意工夫をしようとしません。

言われた仕事を言われたままにこなし、プラスがありません。

しかし仕事ができると思われる人は、言われたこと以上のことをこなせる人です。

人と言うのは本来の理想よりも下げた内容を仕事として渡します。

言われた通りだと少しクオリティーを下げた最低ラインのものを送ることになります。

しかし、そこでなぜこの仕事を依頼してきたのか、この仕事にクライアントは何を求めているのか、といったことを深く読み解いて考えることによって求める以上のものをわたすことができます。

常になぜだろう?何を求めているのだろう?と自分の頭で考え、工夫することが大切になります。

能動的に仕事をする

仕事ができない人は言われたことや期限を守るために仕事をします。

それでは受動的に仕事を行い、いつまで経っても言われたことを言われた通りに行うだけのロボットと成り果てます。

受動的に仕事をしているといつまでも使われる側になり、上から良いように使われるだけの人となります。

仕事ができる人は能動的に仕事を行っています。

言われたからやるのではなく、言われる前に「何かできることはありませんか?」と聞くほどに主体的に動くことが大切です。

言われたからではなく、一緒に考える側に回ることでリーダーの視点に立つことができます。

そうすればプロジェクトのリーダーを任されたり、管理側の仕事を任されるようになります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実はデキる人は自分が得意な仕事をしているだけかも!

仕事ができる人はなんでもそつなくこなせるわけではありません。

実は仕事ができる、仕事が早い人は自分の得意な仕事だけに注力していたのです。

仕事は自分に任されたからといって、何も一人で全てを行う必要はありません。

仕事の中にも得意、不得意なことはあります。

できる人は自分が苦手なことを得意な人に振り分けています。

だからこそ自分は得意なことに注力できるのです。

得意なことだけに注力できるようになると、自分の強みで100%の力を発揮できるようになります。

そのため仕事のクオリティーが上がり、評価が上がります。

できない人は任せられたことを自分の仕事だと、仕事を抱え込むようになってしまいます。

しかし実は人に任せられる仕事というのはたくさんあるものです。

周りの人の個性を活かして、上手く頼ることで仕事の評価と周りとの信頼を獲得することができます。

実録!仕事ができる人はここが違う

仕事ができる人は仕事ができない人とひと味違います。

仕事ができる人だからこそできている、していることを行うことによって仕事ができる人になることができます。

効率を考え余裕をもって仕事ができる

仕事ができない人はマルチタスクになるとやることが多すぎて混乱してしまいます。

仕事が忙しい時期になれば忙しいことにイライラして、思いついたことをしては余計に時間がかかって余計にイライラすることになってしまいます。

仕事ができる人はまず取り掛かる前にどうするのが効率がいいのかを考えます。

最初に時間をとることで、途中で迷ったり無駄な時間がなくなり結果的に効率よく行うことができます。

最初に道のりがわかっているからこそ、今どれだけ進んでいるのかもわかりやすいです。

そのため完成までの明確なビジョンが立っているので、変に焦ることがありません。

なのでやることがたくさんあっても終わりがわかっているので、余裕を持って仕事に取り組めるようになります。

仕組み化できている

仕事ができる人は仕事を仕組み化しています。

その日にやることを朝に明確にし、まず優先順位を立てていきます。

そうすることで、仕事を一つずつこなしていけるようになります。

タスクがたくさんあって何から手をつければいいかわからないことを、タスクを整理することを習慣にします。

タスクを明確にしたら必ずその時間に行えるように仕組み化されています。

例えばすぐにその仕事について開けるようにしていたり、仕事の進捗状況を決まった時間に上司に報告するようにしたりです。

一人の力だと気持ちになってしまいますが、人を巻き込むことでやらざるを得ない環境を作り出すことができます。

人に頼るのが上手い

仕事ができる人は人に頼るのが上手いです。

わからないことをすぐに先輩や上司に質問したり、自分一人でできることは限られていることを知っています。

そのためわからないことや、問題が起きた時はすぐに人に頼ります。

自分一人で考えていてはいつまで経っても答えはでてきません。

人に答えを求めたらすぐに答えがわかるというのはよくある話です。

仕事ができない人はわからないことを一人で解決しようとして、そのうちにどんどん問題がややこしくなって抱え込んで大変なことになってしまいます。

また人に頼るという点で、仕事ができる人は人に仕事を振るのも上手いです。

一つの仕事に対して適材適所を把握して人を適した場所に配置することができます。

自分の苦手を得意な人に頼り、仕事を手伝ってもらったり、または助言をいただいたりします。

人に頼るのが上手い、人を動かすことが得意な人が一番結果を出しやすいのです。

できる人ほど自分で全てを行おうとしません。

判断が早い

仕事ができる人は何事においても判断が早いです。

問題が起きた時の対応の判断や、本来行うべきものとずれてきたときの修正の判断などです。

判断が遅いとそれだけ問題がこじれ、どんどんと違う方向に進んでしまいます。

今進めていることをそのまま行うのか、それとも中断すべきか判断が遅れるほどに時間のロスが生じます。

仕事ができる人は先を見据えて、主観なしに判断を下すことができます。

たとえその判断が今までの頑張りを無駄にするものだとしても、できる人は躊躇せずに判断を下すことができます。

いつ何時もメモを準備している

仕事ができる人は常にメモ帳を携帯しています。

自分にとって有益な情報はいつ訪れるかわからないからです。

仕事ができない人は記憶して後でメモしようと考えたまま忘れてしまいます。

人間の脳は忘れやすいので、聞いたことは他の仕事をしている間に忘れてしまいます。

すぐにメモをできるようにしておくことで、自分に必要な情報を逃すことがありません。

記憶に頼ることが怖いことだと知っているので、記録に頼るようにしましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

仕事ができる人の特徴がわかりましたね。

仕事ができる人はできない人が普段やらないことをしています。

だからこそ他のその他大勢の人とは違い、仕事ができるようになります。

仕事ができる人の特徴をまずは一つでも意識して行うことで、仕事ができるようになります。

仕事ができる人に近づくための心が構えを胸に刻みながら日々仕事をしていきましょう。

心構えから真似することによって、いつの間にか仕事ができる人に近づいています。

普段は自分と同じように、できる人を羨ましがる人たちと一緒に過ごす時間が長くなってしまいます。

しかし、本当に仕事ができる人になりたいのであればまずは仕事ができる人の側に物理的に行くことです。

仕事ができる人の側にいれば、自然と心構えや特徴を体感することができます。

一緒にいて素敵だと思うことをまずはそのままに真似してみましょう。

そうしていくうちに、仕事ができる人に変わっていきます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →




仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士辞めたいと感じてしまう原因って何だと思いますか?言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると未練が残り、後悔する事があります。そこで今回は、辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時の乗り越え方をご紹介致します。言語聴覚士がつらいというあなたの状況が打破できれば幸いです。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

事務の休み事情ってご存知でしょうか?今回は、そんな事務職の方が休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方はぜひご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めが

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

農業辞めたいそう感じた時の乗り越え方をこの記事ではご紹介させていただきます。皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農家の方が農業をやりたくない理由についてや、その乗り越え方を詳しくお話しさせていただきます。また、徐々に農家を辞める方向に向かいたい方が知っておくべき情報も紹介していきます!農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士で人間関係にお悩みの方は必見です!「歯科衛生士を辞めたい」と感じる一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で来院した方や同僚とコミュニケーションを取るため歯科衛生士のストレスは主に人との間に生まれるものが多いんです!今回はそんな歯科衛生士が辛いと感じる人間関係についてお話しします。また、そんな状況でもやっていける歯科衛生士という職業のメリットもお伝えできればと思います。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したも

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職