昨今、ブラック企業という言葉をしばしば耳にするようになりました。

「内定をもらった会社が、ブラック企業っぽい気配があるんだよね。」

「先輩がブラック企業で使い潰されて、とうとう鬱病になっちゃったよ。」

そんな会話が交わされていたりもします。

「ブラック企業」とは、従業員に劣悪な環境・条件での労働を強いる企業を指していることは、広く知られている通りです。

ところが、ブラック企業かどうかは、実際に入社して初めて判明するケースがほとんどです。

そこで、就職・転職活動をする際に役立つ、ブラック企業かどうかを入社前に見極めるチェックポイントを紹介します。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

そもそもブラック企業とは?その特徴は?

何となく理解されていることも多いものですが、ブラック企業には大きく分けて以下3つの特徴があります。

1つだけでなく、複数の特徴が現れているブラック企業が多いように見受けられます。

周りにも、思い当たる企業はないでしょうか。

労働関連法規に抵触するか、グレーゾーンでの労働を従業員(正規・非正規問わず)に強いる

恐らく、これは最も多いでしょう。

例えば、過剰な販売ノルマ、売れ残り商品の買取強制、慢性的な長時間労働、サービス残業・休日出勤の常態化、有給休暇の自主返上、交通費や接待費など必要経費の従業員負担、恣意的な給与削減、労働災害の隠蔽などが該当します。

関係法令に抵触するか、グレーゾーンでの営業行為を従業員に強いる

営業系のブラック企業によく見られる特徴です。

例えば、違法・グレーゾーンの商品・サービスの販売、押し売り行為、不適切な相手(未成年・高齢者・経済力が乏しい方など)への販売などが該当します。

パワーハラスメントが状態化し、業務と無関係な部分で従業員に非合理的な負担を強いる

ワンマン経営者がいるブラック企業では珍しくない特徴です。

例えば、飲み会やゴルフコンペへの参加強制、社内や社外への接待強制、業務外の上長や経営層の私事に使役(家事の代行・プライベートでの送迎など)されるなどが見られます。

上記を読んで、今の職場がブラックかもと思ったら、こちらから相談してみると良いでしょう。

ブラック企業かどうかを見極めるチェックリスト

それでは、ブラック企業を入社前に見極めるために、20のチェック項目を紹介しましょう。

以下20のチェック項目を多く満たす就職先・転職先ほど、ブラック企業であるリスクが高いと言えます。

もちろん、100%ブラック企業であるとは断言はできませんが、潜在的にリスクが高い企業であることは否定できません。

離職率が高い、平均勤続年数が短い

入社しても定着せず早期で辞める従業員が多いので、自ずと離職率が高まります。

ブラック企業は、とにかく従業員の出入りが激しいのが常です。

企業説明会や採用面談時にストレートに聞くか、予め人事担当に平均勤続年数を問い合わせてみましょう。

聞かれて相手が話を逸らそうとしたり、不愉快そうにしたりする企業は論外です。

常に求人を出している

ハローワークや新聞の求人欄、求人誌で常に従業員募集をしていることが多いです。

離職率が高いことが、常に求人を出す理由です。

従業員を消耗品と考え、辞めたらその分を新たに採れば良い、と安易に考えるのがブラック企業の傾向です。

ハローワークの求人票や、新聞・求人誌、求人サイトを企業名でチェックすれば分かります。

企業規模の割に求人数が多い

これは定着率の低さ、離職率の高さを見越した求人活動の現れです。

例えば、従業員数100名程度なのに、新卒を30名採用するような企業は、ブラック企業である確率は相当高いと言えます。

「業績好調のため大量採用!」などと、虚偽の説明をするブラック企業もあります。

仮に好業績や攻めの経営戦略だとしても、資産力が大きい大手企業ならばともかく、中小・零細企業が即戦力にならない未経験者を大量採用するというのは、明らかに筋が通りません。

求人票や求人広告で確認できます。

入社2~3年目の若手の先輩が少ない

人件費が安く、無理強いしやすい若手人材を使い潰すのがブラック企業の傾向です。

結果的に、入社しても1年以内に大部分が辞めてしまいます。

年次の若い先輩がいないということは、非常に離職率が高いことを意味するので要警戒です。

これも、面談時に聞くか、人事担当者に堂々と照会して良い内容です。

名ばかり管理職が多い、肩書きの割に年齢や経験値の低い従業員が多い

差し出された名刺を見て、相手の年齢や経験値の割に、職位が妙に高いことに違和感を覚えた経験はないでしょうか。

例えば、20代前半にも関わらず課長職の肩書きが付いているようなケースです。

ブラック企業では離職率が高いため、人材が育ちません。

そこで、年齢や経験値が不足する従業員を管理職登用することが常態化するのです。

「弊社は実力主義ですので、若くても実績を見て管理職登用します!」などと、実力重視・早期管理職登用を強調するブラック企業も非常に多いです。

また、適切な権限も与えずに、従業員に過大な責任を負わせる言い訳にも使われます。

企業説明会や採用面談の場で相手の職位を確認させてもらったり、管理職登用の時期を照会したりすることが有効になります。

非正規従業員や社外の業務委託者の割合が多い

ブラック企業は人件費を極力削る経営姿勢であるため、アルバイト・パート、派遣社員、もしくは社外業務委託の比率を高める傾向が強いものです。

また、離職率が高いので、その穴埋めを非正規従業員で行うケースもあり得ます。

非正規従業員や業務委託の割合は、企業説明会や採用面談の場でそれとなく聞いてみるのが正解です。

提示される給与例が業界水準より高めだったり、金額の幅が広かったりする

ブラック企業は常に人材が不足しているため、見かけの給与例を高く設定するケースが多いです。

入社後、難癖を付けられて大きく給与を下げられるケースも珍しくありません。

例えば、月収例が20万~70万円などのように広いレンジになっている場合、大部分の従業員は20万円程度が実態であるケースがほとんどです。

求人票や求人広告の給与例がどんな書き方をされているか、是非チェックしてみてください。

求人広告や会社説明会、採用面談で精神論が強調されたり、アットホームな社風をアピールしたりする

精神論重視で、「気合いと努力で必ず報われる」「若い内は滅私奉公で当然」、といったことを謳い、過酷な労働環境・労働条件を正当化するブラック企業も多いものです。

反面、アットホームな社風を妙にアピールしてくる中小・零細企業も要警戒です。

経営層や、その一族が企業を私物化しているケースも珍しくないためです。

求人広告や説明会、採用面談の雰囲気から感じ取りましょう。

採用ハードルが異常に低く、採用面談の場で内定を出したりする

これも離職率の高さの裏返しです。

常に人材が不足するため、まともに選ばずに採用して使い潰し、辞めればまた簡単に別の人材を入社させます。

採用面談の場で内定を出すような企業、特に強味がない自分に当日中に内定を伝えてくるような企業、どちらもブラック企業の可能性は濃厚です。

説明会や採用面談の場でも、そこの従業員をよく観察しましょう。

「こんな人でも採用されちゃうの?」「こんな人でも管理職なの?」と感じるような従業員に出会ったら、間違いなくハイリスクの会社です。

試用期間の設定が長め

試用期間中は比較的簡単に解雇でき、給与を低く抑えられるため、この制度を悪用するブラック企業もあります。

試用期間は、一般的には1~6か月間の設定です。

これよりも長い場合や、試用期間が延長されることもあり得ることを謳う場合、リスクの高い企業と考え、入社を見送る方が無難です。

求人票や求人広告に記載されていなければ、人事部門に照会するか、会社説明会・採用面談時に必ず質問します。

従業員への教育や研修が軽視されている

人材育成にコストを掛けたがらないのも、ブラック企業にありがちな特徴です。

即戦力前提の中途採用ではないにも関わらず、まともな教育・研修も受けずに、入社早々に実戦投入される傾向が強いようです。

いきなり過大な販売ノルマを課されたり、客先に単独常駐させられたりするケースも多く、上手くできなければ自己責任だと指弾されます。

教育・研修の実態については、企業説明会・採用面談の場で突っ込んで質問してみましょう。

職務範囲や職務権限が不明確

これはブラック企業でなくても、零細企業やベンチャー企業には一般的に多い状態です。

どこまでが自分の責任範囲か不明確なため、キチンと仕事しようとすればするほど業務が際限なく拡大します。

サービス残業が常態化する原因にもなりがちです。

人事部門に照会したり、説明会や採用面談で臆せず質問したりすることが有効です。

明確な回答を相手が返してくれない場合、職務範囲や職務権限が不明確な企業だと判断するべきです。

経費の全額、もしくは一部を従業員に自己負担させる

ブラック企業には多い悪習です。

接待費、交通費、通信費、出張旅費など営業関係のコストを従業員個人に負担させるケースが多いようです。

文具やPCの購入費などを負担させる場合もあります。

予め人事部門に確認すれば済む話ですが、企業説明会や採用面談の際にも積極的に質問してください。

雇用契約を書面で締結しなかったり、締結しても従業員にコピーを渡さなかったりする

そもそも違法行為ですが、法律違反が日常になってしまっているのは、紛れもなくブラック企業だと言えます。

人事部門に確認したり、説明会や採用面談で質問したりしてみてください。

質問されてはぐらかすような相手なら、間違いなくブラック企業です。

退職願を提出しても受理されなかったり、非合理的な理由で懲戒免職にしたりする

離職率が高いのがブラック企業の特徴ですから、去る者は追わずの姿勢が一般的です。

中には、退職願を受理してくれない、それでも辞めると言うと懲戒免職をチラつかせる、という悪質極まりない企業も存在します。

これは、上長が経営層から従業員定着率の低さを指摘され、プレッシャーを加えられている状況で発生しやすいようです。

WEB上の口コミ情報をチェックしてみましょう。

ホームページが簡素で内容が薄い

ブラック企業は、社内外に対する情報開示・説明責任を軽視(隠蔽)する傾向が顕著です。

ホームページの作成にもコストをかけず、内容的にも空虚なケースが多くなります。

ホームページを見てみて、内容が薄く、企業や業務のイメージが付き難い感じでしたら要警戒です。

また、経営層のバックグラウンドが紹介がされていないような零細企業・ベンチャー企業も警戒しましょう。

ワンマン経営だったり、経営者一族が要職を占めていたりする

経営幹部が企業を私物化し、従業員や顧客の立場・利益を軽視する企業文化である可能性があります。

また、従業員からの上申も認められない文化である可能性が高いです。

大手企業でもないのに、エントランスホールなどに創業者や経営者の肖像画や銅像を置き、個人崇拝を煽るような中小・零細企業には要注意です。

ホームページをチェックしたり、企業説明会や採用面談の場で雰囲気を感じ取ってみたりすることが大切になります。

非合理的な情実人事が横行している

ブラック企業では、経営層が愛人や能力のない身内を要職に就けたり、意にそぐわない従業員を降格・退職に追い込んだりすることも珍しくありません。

ホームページに役員構成が紹介されていれば、経営者の身内がどの程度加わっているかを確認できる場合もあります。

しかし、ホームページの情報だけでは分からないケースが圧倒的に多いのが現実です。

WEB上にある、従業員・元従業員からの口コミ情報などを確認することも有効になります。

経営層にも従業員にもコンプライアンス意識が希薄で、問題が起きても隠蔽する企業文化

そもそも社会性に乏しく、利己的な志向が強いのがブラック企業です。

問題が生じても見て見ぬふりをするか、積極的に隠蔽しようとするケースが多いようです。

セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、業務上の横領、違法販売など、問題の発生は多岐にわたります。

WEB上の口コミ情報などをチェックするのが有効です。

低品質な商品やサービスを顧客に提供しても、売上さえ立てれば良いとする企業文化

従業員を軽視する他、顧客や取引先を大切にしない傾向が強いのもブラック企業の傾向です。

表面的には顧客や取引先を尊重する経営姿勢を謳っているにも関わらず、粗悪な商品やサービスの販売、偽りの営業トーク、合理的なクレームの無視、支払いの遅延などが常態化します。

WEB上の口コミ情報をチェックし、商品やサービス、営業姿勢などに対するネガティブ情報が多過ぎないか、是非とも確認してみてください。

自分でブラック企業かどうか見極めれるか心配な人は、こちらの転職エージェントで良い会社の候補を出して貰うと良いでしょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

チェックリストの項目をより効果的に確認する方法とは?

現実的には、上で紹介した20項目全てを入社前にチェックするのは困難でしょう。

つまり、「いくつ以上該当するとブラック企業で、それ以下ならば大丈夫、」という見方は適切ではないということです。

飽く迄も、「該当する項目が明らかに多いと感じられる企業があれば、そこは入社を見合わせた方が無難、」というチェックリストの使い方が正解になります。

それでも、チェックリストの項目を入社前に少しでも多く確認しておきたいのが人情です。

入社してから徐々にブラック企業だと判ってきた、というのでは元も子もありません。

以下のような3つのポイントに留意すると、より効果的な確認ができるでしょう。

WEB上で項目に該当するような口コミ情報がないかをチェック

チェックリストでも触れましたが、企業名で検索したり、求人サイト(就職・転職サイト)の口コミ情報を確認したりします。

転職評価サイトの活用も有効です。

会員登録が必要になるケースも多いですが、新卒の就職活動時にも有用ですので、有効活用をお勧めします。

ただし、口コミ情報にはネタや釣りも少なからず含まれるので、情報の真偽を慎重に判断し、100%真に受けない姿勢も大切です。

それでも、具体的、かつ悪い評判が明らかに多いなと感じる企業は、入社を避けることが無難になります。

角が立たない範囲で、人事部門や面接担当者に質問する

差し支えない範囲で、それとなく尋ねてみてください。

相手が答えやすい質問の仕方をするのがコツです。

例えば、「御社の新入社員の離職率は高いのでしょうか?」などといきなり質問するのは、あまりにもコミュニケーションスキルが稚拙です。

「御社の従業員の皆さんの平均年齢と、平均在籍年数はどのような感じでしょうか?ザックリとした感じで構わないので、今後の参考のために教えてください。」

このような聞き方なら、ある程度真実に近い答えを相手から引き出せる可能性は高いでしょう。

「御社は社長のワンマン経営でしょうか?」言わずもがな、このような質問に「はい、その通りです!」と回答してくれる相手は滅多にないでしょう。

相手にも立場や面子があります。

「御社では何か課題や問題が生じたら、まず社長にいち早く報告・相談させていただくのが解決の早道でしょうか?トップダウン型経営ならば、迅速に対応できそうですね。」

これであれば、尋ねられた相手も答えやすいはずです。

こういったアドバイスをもっと聞きたい人は、こちらの転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

ハローワークや新聞広告、求人情報誌をチェックする

ブラック企業は、これらに求人を出すケースが多いので、常連企業であれば要警戒となります。

人材集めにコストを掛けることを、一般にブラック企業は嫌います。

掲載料が高額な、大手企業が運営する就職・転職サイトなどは使わないケースが多いものです。

ハローワーク常連企業の場合、ハローワークのベテラン窓口担当者にそれとなく聞いてみると、評判を教えてくれる場合もあります。

まとめ

ブラック企業を事前に見抜くチェックリスト、いかがだったでしょうか。

一度ブラック企業に入社してしまうと、自身の履歴書・職務経歴書の対外的な評価を貶めることにもなります。

その上、心身の健康を損ねたり、家族関係すら壊れたりと、人生設計さえ狂ってしまいかねません。

ブラック企業は入社する前に察知して近付かない、これが賢い就職・転職活動になります。

経済的に逼迫している場合や、既に退職してしまっている場合、退職期日が確定している場合など、早く就職先・転職先を決めて精神的に楽になりたい、と誰もが思うものです。

このような時こそ、図らずもブラック企業に入社してしまうリスクが高まります。

自身の焦りや精神的な余裕のなさが、ブラック企業を近付けてしまうことも覚えておきましょう。



関連キーワード

仕事の悩み

仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

事務の休み事情ってご存知でしょうか?今回は、そんな事務職の方が休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方はぜひご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めが

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農業を営んでいた際に「辞めたい」という気持ち湧いた瞬間。徐々に辞める方向へと傾倒していく場面を紹介していきます。農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人間的に成長できる場面も多く、多少のことでは動じなくなってきます。良い条件の畑を借りることができないさあ農業を始めよう!と思っても、耕す土地

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士が辛いと感じることの一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で毎日同じ人とコミュニケーションを取るため難しいのではないでしょうか?今回はその人間関係についてお話しします。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石と言うのですが、それは歯ブラシで落とすことができないため歯科衛生士が機械を使って落としていきます。そういった定期的なクリーニングや、歯磨き指導、虫歯チェック、歯周病の進行を遅らせるためのアドバイ

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職