「この仕事、今の自分に合っているのだろうか…」

何か壁にぶつかったり、不安を感じたりするたび、ふと心に浮かぶこの疑問。

これを読んでいるみなさんも体験したことがあるのではないでしょうか。

実際のところ、いくら考えても、今の仕事が自分に合っているかどうかなんてわかりませんよね。

転職して初めて、前職の向き不向きがわかるようなもの。

しかし、それがわからなければ前に進めないというシーンだってあると思います。

そこで今回は、自分に向いている仕事の見分け方について、解説いたします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分に向いている仕事とは?

そもそも、自分に向いている仕事とはどのようなものなのでしょうか。

判断基準は複数あると思いますが、一番は「ストレスが少ないこと」だと言えます。

仕事のストレスは、うまくいかないことに出会ったり、ミスを犯したりしたときに生まれるもの。

それが少ないということは、ミスがあっても前向きに取り組むことができる、自分にとって向いている仕事である可能性が高いです。

自分に向いている仕事を見極めるための9個のチェックポイント

「自分に合う仕事ってなんだろう?」という疑問は、初めて就職活動をした時から何度も繰り返していますよね。

とはいえ、なかなかその答えは見つからないものです。

そんなときは、「自分に向いている仕事」を探し求めるのではなく、「自分が求めている条件」から探してみると、答えに近づくことがあります。

そしてその条件から仕事を絞り込むことで、「自分に向いている仕事」にたどり着ける可能性もありますので、ぜひ下記のポイントをチェックしてみてください。

自分の好きなことであるか

こちらは分かりやすいポイントですね。

好きなことであれば、仕事・プライベートを問わず取り組めるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、好きだからと言って100%と自分に向いているかと言えば、そうではない可能性もあります。

しかし、”好きこそものの上手なれ”と言うように、好きなことであれば前向きな気持ちで続けることができるもの。

それがやがて成長へとつながり、「自分に向いていること」の一つになる可能性だってあります。

したがって、「自分の好きなこと=自分に向いていること」であると言っても過言ではないでしょう。

自分の得意なことであるか

特別に好きではないけれど、なぜか得意なことってありませんか?

例えば、

  • 読書好きではないが、本を読むのは早い。
  • 人前で話すのは好きではないが、プレゼンはよく褒められる。
  • 動き回る方が好きだが、手先が器用。細かい作業も嫌ではない。

このように、小さなことから大きなことまで心当たりがある方もいらっしゃると思います。

自分の得意なことというのは、長く続けてもストレスを感じることは少ないものですよね。

また、前向きな気持ちで取り組み続けることもできます。

つまり、「自分に向いていること・仕事」である可能性が高いと言えるでしょう。

仕事内容に納得しているか

好きか嫌いか、得意か不得意かよく分からないという方は、自身の仕事内容に納得しているかを考えてみてください。

「なんでこんなことを毎日やらなきゃいけないんだ」「こんなこと、一体誰のためになっているんだ」と、毎日不満に思っていませんか?

仕事に取り組む意味を見出せていない場合、その仕事は向いていないのかもしれません。

また、業務をこなす上でたくさんのストレスを抱えることにもなります。

好きなこと、得意なことではなかったとしても、「これは誰かのために必要な仕事だ」と納得できているのなら、向いている仕事だと考えても間違いではないでしょう。

やりがいや達成感を感じることはあるか

上記とも通ずるものがありますが、「誰かの役に立っている」「必要な仕事である」と、やりがいを感じることはありますか?

また、一つの業務やプロジェクトを終えた時、達成感を感じることができていますか?

もしやりがいや達成感を感じることができているのなら、それはその仕事に対して前向きに取り組めているということ。

「向いている仕事」とまでは言い切れずとも、自身に悪影響を及ぼすような仕事ではないと言えるでしょう。

逆に、何をしてもやりがいを感じない、大きな仕事を終えても達成感を感じないという場合は、一度見直すことをおすすめします。

ストレスに繋がるだけでなく、自身の成長をも妨げてしまうかもしれません。

目標を持つことができているか

仕事をしていく中で、目標を持つということはとても大切なこと。

今後どのように仕事をしたいか、どんな業務に取り組みたいか、数年後どんな自分になっていたいかなど、目標は何でも構いません。

今の仕事に関わることで何か目標があるならば、それはその仕事に対して前向きな気持ちがあると言えます。

向き不向きには直結しないかもしれませんが、すぐに転職する必要性は低いかもしれません。

もし、目標も何もなく、未来がまったく見えないという状況であれば、それは考えもの。

仕事に関わることでなくても構いませんので、何かしらの目標を考え、それにたどり着くにはどうしたらいいかを検討することが必要です。

成長を感じることができているか

「この仕事、向いていないのかもしれない」と思うキッカケにもなるのが、乗り越えることが困難な壁にぶつかったとき。

そんな時、真っ先に転職を考える前に、今までの自分の仕事ぶりについて考えてみてください。

過去にも解決困難な壁にぶつかったことがありませんか?

その時、どんな結果になりましたか?

そう振り返った時、「今までも何とか乗り越えてきたんだな」と、少しでも成長を感じることができれば、今直面している課題も同様に解決できる可能性があります。

つまり、今目の前にある課題は、今の自分の成長を促す必要なものであるとも考えられるのです。

しかし、過去を振り返ってみても成長を感じられない場合は、惰性でのみ仕事をしているのかもしれません。

それは仕事に対して前向きに取り組めていないことであり、仕事内容に納得していないということでもあります。

したがって、自分には向いていない仕事である可能性が高いです。

給与に満足しているか

給料に満足できるか否かも、その仕事が向いているかどうかの判断基準になります。

というのも、給料の満足度というのは、仕事内容への満足度を表すものでもあるからです。

「仕事内容は好きではないが、給料はたくさんもらえるから満足」という人は、仕事内容よりも給与面重視で働きたいという人。

つまり、その仕事や働き方が合っているということです。

逆に、「給料は少ないけど、仕事内容は好きだから満足」という人は、給与面よりも仕事内容重視で働きたいという人。

その人にとっては、そちらの仕事や働き方があっているということになります。

定性的な部分での判断が難しいという方は、給与など定量的なものを基準に考えてみるのもいいでしょう。

プライベートを楽しめているか

仕事をしていないとき、きちんとプライベートを楽しめていますか?

もし、プライベートの時間も仕事のことを考えてしまうなら、それは要注意。

仕事が好きで、プライベート中も考えたいというのであれば話は別です。

しかし、「仕事が嫌だ」「月曜が憂鬱だ」など、マイナスな思考ばかりが浮かぶのであれば、それはもう「向いていない」と言えるでしょう。

心が病む前に、別の道を探した方がいいかもしれません。

ストレスを感じることはないか

「自分に向いている仕事=ストレスを感じることが少ない仕事」と言っても過言ではないと、冒頭でも述べました。

極論ではありますが、必要以上のストレスを日々感じるようであれば、それももう「向いていない仕事」と考えても良いでしょう。

気を付けていただきたいのは、ストレスの根源が職場環境や人間関係にないかということ。

その場合は仕事に対してではなく環境に対してのストレスです。

仕事内容自体が自分に向いていないと判断するのではなく、同じ仕事内容で別の職場を探すことをおすすめします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分に合った仕事を見つけるために

仕事の向き不向きが分かったところで、次はどうしたら自分に合った仕事が見つかるのかを考えてみましょう。

自分に合った仕事を見つけるポイントは、たった一つ。

それは、「自分を知ること」です。

自分を知らなくては、自分に合っているものを探すことも不可能。

では、どうしたら自分を知ることができるのでしょうか。

その判断基準にもなる事項について、下記にまとめます。

自分の好きなことを書き出す

一番分かりやすいのがこの方法です。

自分の好きなことについて、徹底的に書き出してみましょう。

モノでも人でも、なんでも構いません。

そして、書き出したものから共通項を探してみてください。

食べ物に関することが多い、人と関わることが多いなど、何かしらの発見があるはずです。

それをヒントに仕事を考えると、自分に向いている仕事や、やってみたいと興味を持っている仕事に行きつく可能性が高くなります。

思いつく限り書き出してみるのも効果はありますが、できれば30個、50個と個数を決めるとより効果的です。

優先順位もハッキリしますし、数が足りない場合は絞り出すことができ、より本音に近い部分を知ることができます。

自分の嫌いなことを書き出す

好きなことがどうしても思い浮かばない!という方は、嫌いなことを書き出すのもおすすめ。

これが嫌、こういうのは嫌いなど、自分の避けたい事を列挙することで、好きなものの方向性が見えてくることもあります。

いわば、消去法です。

嫌いなことをたっぷりと並べたら、それをしない仕事は何かを考えてみましょう。

理想の未来を書き出す

理想を書き出してみるというのも、自分に向いている仕事を探す上で役に立つことがあります。

3年後、5年後、10年後、自分はどんな風になっていたいのか。

それをするためにはどうしたらいいのか、何が必要か。

そう順序立てて考えていくと、必然的に自分にとって必要なことややりたかったこと、如いては向いていることにたどり着けるかもしれません。

避けたい未来について書き出す

こちらも「嫌いなことを書き出す」と同じ、消去法です。

こうなりたくない、という未来を書き出すことで、今何をすべきかが見えてきます。

ややマイナスな印象を受けるかもしれませんが、実はこちらの方が正直な意見を書くことができるという人も少なくありません。

マイナスを徹底的に知ることでプラスが明確になることもありますから、ぜひトライしてみてください。

最近うれしかったことを書き出す

最近、うれしいと感じたことは何ですか?

誰かに優しくしてもらった、何かに当選した、好きなものを食べたなど、様々なことが挙げられると思います。

実はそのうれしかったことすべてに、何らかの仕事が関わっています。

自分がされてうれしかったことというのは、自分以外の誰かにもしてあげたくなりますよね。

それを仕事とするのも、考え方の一つです。

うれしかったことを思いつく限り書き出し、その裏にはどんなサービスや仕事があるかを考えてみてください。

専門家に相談する

上記のようなことをするのが自分一人では難しいという方は、専門家を頼るというのも一つの手。

ハローワークや転職エージェントを訪ね、面談を通して自分を知ることができます。

また、キャリアカウンセラーのような専門家にカウンセリングをしてもらうのもおすすめです。

キャリアカウンセラーは個人で活動している人が多く、内容や値段もそれぞれ異なるため、口コミなどを参考に探してみてください。

まとめ

以上、自分に合う仕事や、その探し方について解説いたしました。

社会に出て働いている以上、「この仕事は自分にあっているのだろうか」という疑問はついて回るもの。

現状に満足するというのは、簡単にはできないことです。

しかし、そのフラストレーションがさらなるステップアップを生むこともあります。

もし、今の仕事に疑問や不安を抱えているのなら、一度その仕事との相性を考えてみるのもいいでしょう。

そこでもう一度、頑張りたい気持ちや前向きな気持ちになれたのであれば、ぜひその仕事を続けてください。

「やはりこの仕事は向いていないな」と思ったのであれば、次の道へ進む準備として、この記事を参考にしていただけると幸いです。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご

音楽に関わる仕事おすすめ18選。その仕事内容とおすすめの理由を紹介します

音楽と言っても様々なジャンルがありますが、皆さんはどんなジャンルの音楽が好みですか。クラッシック、オペラ、民謡・童謡・ロック・ジャズ・ポップス・演歌等いろんな場所で、色々なジャンルの音楽を耳にすると思いますが、皆さんが音楽を耳にするまでに、色々と音楽の仕事に携わっている人がいます。そこで今回は、音楽に関わる様々な仕事についてご紹介させて頂きます。音楽に関わる仕事にはどんなものがある?音楽に関わる仕事には、表で活躍する仕事と裏方での仕事が有ります。表の仕事は、歌手・楽器奏者等、前面に出て活躍する職業なので分かり易いですが、当然音楽制作関係の仕事をする人、その他には、映画やドラマ等に流す音楽を選定

自然に関わりたい人におすすめの仕事10選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

近年、キャンプや登山などのアウトドアを楽しむ人が増え、大自然の中で日々の疲れをリフレッシュしています。また、自分はインドア派だという人も、神社や広々とした高原へ出掛けると、自然の美しさや清々しい空気に、心が癒されるのではないでしょうか。元々自然が好きな人にとっては、自然に関わった仕事に就きたい、自然の中で仕事をしたいと思う人も居ると思います。そこで今回は、自然に関わる仕事を目指す人におすすめの仕事をご紹介いたします。自然に関わりたい人におすすめの仕事10選自然に関わる仕事は、探してみると実に多くの種類があります。資格が必要な仕事やボランティア、長期間や期間限定など条件も色々です。また、自然と接