人生の貴重な時間を使うのだから、仕事には給与だけではなくやりがいも求めたい、という人は多いですよね。

でも、やりがいは人によって異なります。

では、どんな点に注目して、やりがいを感じられる仕事を探せばいいのでしょうか。

職種による得やすいやりがいの種類などもご紹介します。

やりがいのある仕事ってどんなもの?

やりがいとは、自分にとって心の張り合いを持てることだとされています。

やりがいのある仕事を選ぶと、仕事が楽しい、仕事をしていて自分が成長できている、という実感が得やすくなります。

やりがいをどういったところに感じるかは人それぞれです。

自らやりがいを見つけていくべきという人もいますが、初めから、自分にとってやりがいを感じられる部分のある仕事を選ぶと、よりスムーズです。

仕事上のやりがいには、どんな特徴があるの?

仕事上やりがいを感じるのはどんな時でしょうか。

特徴を確認してみましょう。

興味と仕事が合致している

好きなこと、興味があることと仕事が合致すると、やりがいを感じやすくなります。

好きなことをより深く知ることができて知識欲が満たされたり、もともと興味があるので、集中して取り組むことができます。

興味のある分野に携われることで、どうしてこんな仕事をしなければならないのだろう、などと疑わずに済む傾向にあり、前向きに仕事ができます。

個人のミッションと仕事が合致している

個人的に覚えたい、今後の為に必要だと思っていることが、仕事と合致していることは、やりがいを得られる仕事の特徴のひとつです。

例えば身に着けたいスキルを得られたり、資格取得の勉強になったりということが多いです。

他にも、例えば好きな人と仲良くなりたいなら、同じ職場で仕事をすることでミッションを進められるでしょう。

個人的なミッションを達成する過程に仕事があると、目標に目がいくので、真っ直ぐな気持ちで仕事がしやすいです。

また、ミッション達成に近づいているという実感も得やすく、喜びを感じやすくなります。

仕事や会社、チームに貢献していると実感できる

貢献値がデータで示されていたり、よく褒められたり、成長が実感できる会社は、やりがいを感じやすいと言われます。

自分がいることによって会社が潤う、喜ぶ人がいる、などが分かると、自己肯定感にも繋がります。

自分のしていることを認められると、多くの人は快感を覚え、もっとそれを得ようと思います。

それがやりがいに繋がるのです。

希望通りの収入を貰えている

収入は言わば、会社が自分を認めてくれる金額である、という考えがあります。

希望通りやそれ以上の金額を貰えていると、人はそれだけで認められていると感じやすくなります。

仕事をしたことを、収入で報いて貰えるということは、やりがいになります。

また、収入は自分の好きなことに使えますから、仕事をすることで好きなことをしたり、好きなものを得られることもやりがいになります。

希望通りの役職・役割などの待遇をしてくれている

希望通りの役職や役割をもらっている人も、やりがいを感じやすいです。

これは、自分が思う、自分に向いていることができている、ということが理由の一つに挙げられます。

自分の性格や特技を活かせる環境を得られることは、それだけでも自分自身を認められているという快感に繋がります。

そこで成果を上げられればなおさらです。

自分がやりがいを感じること/感じないことを明確にしよう

上で、仕事上やりがいを感じやすい環境を挙げましたが、個人個人でやりがいを感じる内容は違います。

やりがいを感じること、感じないことを明確にしておくと、どんな環境に身を置くべきなのかを決めることができます。

例えば、次のようなことから明確にしていきましょう。

仕事をしていてうれしかったこと

まず仕事をしていてうれしかったことを上げてみると、どんな時にやりがいを感じるのかが分かりやすくなります。

例えば同僚に褒められた時だったり、仕事で成果を上げた時だったり、お客さんの悩みを解消できた時だったり、いろいろだと思います。

「うれしい」はやりがいに繋がりますから、なるべくこの「うれしい」を得られる環境を選ぶといいでしょう。

仕事の中で楽しかったこと

うれしかったことと同様に、楽しかったことも挙げてみます。

タイピングの速さが上がっていくのが楽しかったとか、周囲と成績を競うのが楽しかったとか、モノづくりが楽しかったなど、経験によって変わってくるでしょう。

こんな仕事が楽しかったと思い出したら、どのような点が楽しかったのかを具体化してみます。

例えば、「モノづくりが楽しい」には、自分で作品を作る過程が楽しいという人もいれば、完成品を見るのが楽しい人もおり、みんなで意見を出し合うのが楽しいという人もいます。

仕事をしていて嫌だったこと

嫌だなと思うことは、反対を考えて見るとやりがいに繋がります。

仕事が少なくてだらだらした空気が嫌だとか、給与が少ないのが嫌だとか、自分を認めてもらうシステムがなくて嫌などがあります。

なるべく具体的に挙げてみて、それが解消できる環境を想像してみましょう。

職種別、得やすいやりがいの種類

自分がやりがいを感じられるパターンを明確にしたら、そのパターンに身を置ける環境づくりをします。

もちろん、会社によっても違いますが、職種別だと次のようなやりがいが得やすいです。

一般事務

与えられた仕事を時間内に完遂する喜びや、他の人の業務をスムーズにして感謝されるなどがあります。

コツコツ進める仕事に向いていると自分で思っている方や、裏方仕事が向いているという人が、それを叶えるという喜びもあります。

比較的顧客ともよく会話する一般事務もあるので、そちらは顧客対応におけるやりがいも発生します。

「一般事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

研究職

研究に関するスキルや新しい知識が得やすいお仕事です。

自分の研究により商品が誕生することに喜びを覚えたり、その商品を使った顧客の声を聞くことにやりがいを感じる人も多いです。

研究すること自体が好きという人もいます。

一人での作業が多い仕事もあればチームで行う仕事もあり、感じられるやりがいが変わってきます。

製造職

モノづくりが好きな人は、やりがいを感じやすいお仕事です。

製造と言っても完成品まで作っている会社と、部品のみの会社がありますので、自分がやりがいを感じるポイントによって選び分ける必要があります。

自分の携わったものが市場に出回るので、その商品によって笑顔になる人を見ることでやりがいを感じる人も多いです。

また、周囲の人に自分の仕事を自慢できるというやりがいの感じ方もあります。

営業職

業務が数値化されることが多く、数字を積み上げるのが好きな人や、周囲と競い合うのが好きな人のやりがいが詰まっています。

また、頑張り次第で給与が上がったり、褒められやすい仕事でもありますので、頑張りを認められたい人、褒められるのが好きな人もやりがいを感じやすいでしょう。

顧客の悩みに寄り添うことも多く、会話も多いので、そういった顧客相手という面でのやりがいも豊富です。

「営業職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客・販売

営業職と同様、数字を見られる会社が多いです。

実績が給与に反映されることも多いでしょう。

こちらも顧客対応に関するやりがいが多くなります。

ファッションなど好きなものを相手に勧めるという機会も見られ、こちらをやりがいにする人もいます。

「接客・販売」が自分に向いているか診断するにはこちら →

今の仕事と照らし合わせてみる1:一致することが多い場合

今既に仕事をしている場合、一度自分のやりがいと今の仕事とを照らし合わせてみましょう。

実はこれがやりがいなのかもと感じることもあるかもしれません。

自分が感じるやりがいを得られる部分が多々あるのに、どうもやりがいを感じていないという場合、もしかしたらマイナス点が目立ってしまっているのかもしれません。

辛いことがあるとついそちらに目がいきがちですが、一度仕事の楽しいところを深堀りしてみてはいかがでしょうか。

やりがいを明確にしてそちらに集中すると、仕事にハリが出やすくなります。

今の仕事と照らし合わせてみる2:一致しないことが多い場合

照らし合わせてみて、今の仕事にやりがいがあまりないなと感じる場合もあります。

そういった場合はどうしたらいいのでしょうか。

これは今の仕事でやりがいを見つけるか、思い切って他の仕事に移行するかに分かれます。

今の仕事でやりがいを見つける

まずは今の仕事でやりがいが見つからないか考えてみましょう。

仕事に積極的になる

特にやりたくてやっている仕事でも好きな仕事でもない、という人は、やりがいを感じることを諦めてしまっているかもしれません。

適当に業務をこなして時間を過ごしていると、中々やりがいに辿り着かないこともあります。

まずは積極的に業務に取り組んでみると、思ってもみないところからやりがいが出てくるかもしれません。

スキル習得や資格取得を目指す

仕事をしていて得られるスキルや、目指せる資格はないでしょうか。

何か目標があるとやりがいを感じやすくなります。

また、スキルや資格を得ようとすると、今までに興味のなかったことへの興味が湧いてくることもありますし、仕事上で勉強になった、と感じられることが増えます。

自分で目標を立ててみる

自分で目標を立てることで、日々にハリを出している人も多いです。

例えば今日はこういうことをがんばろう、という一日の目標でもいいですし、10分間でこの入力を終えよう、という短期間の目標でも構いません。

短期間の目標をゲーム感覚でこなすことが楽しいと感じる人もいるようです。

目標が達成できると自分にはこれだけできた、という自己肯定感にも繋がります。

自分で自分を褒めてみる

やりがいが感じられない人は、どんなところで頑張っていいのか、分からなくなっているのかもしれません。

一日にひとつでもいいので自分を褒めてみると、やりがいに気づくかもしれません。

例えば、この仕事が人のためになっていたので自分は偉いとか、この仕事のスピードが速くなって偉いなどです。

成績が数値がされなかったり、扱っているものに実体がなかったり、あるいは顧客相手でないお仕事だと特に、他者からの評価が得られずにやりがいに迷ってしまう人がいるようです。

会社や上司はなかなか細かいところまでは見てくれませんから、自分自身でいい部分を見つけて評価してみましょう。

評価できた部分をもっと伸ばすことを目標にすると、さらにやりがいに繋がります。

他の仕事でやりがいを見つける

転職して他の仕事でやりがいを見つけるという手段もあります。

その際には以下のような点に注目して探してみるといいかもしれません。

自分の好きなことを仕事にする

好きなことに関われる仕事はやはりやりがいを感じやすいです。

好きなことと言っても、好きなブランドや商品もあれば好きな仕事内容もあります。

ただ、例えばこの会社のこの製品だけが好きなど、あまりに一点集中で入社すると、そこに関わる部署に配属されない可能性もあるので注意が必要です。

獲得したいスキルで仕事を選ぶ

最初から目標を持って転職すると、そこに至る道のりがやりがいになります。

獲得したいスキルや資格などに繋がる会社を選ぶのも一つの手段です。

一応そのスキルを獲得したあとはどうするのかについては、考えておく必要があります。

得たいやりがいを明確にする

仕事をすること自体をやりがいにする人もいれば、お金を稼ぐことがやりがいの人もいますし、人間関係にやりがいを見出す人もいます。

転職の際はどこにやりがいを見出すのか考えておくといいでしょう。

まずは、自分が頑張れそうと思う点でやりがいを感じていると、他のところからもやりがいが出てくるかもしれません。

転職すればやりがいが見つかるとは限らないことを覚えておく

今の仕事がつまらないから取り敢えず転職しよう、というのはやめた方がいいかもしれません。

転職すればやりがいが出てくるとは限りません。

仕事を楽しめる人というのは、少なからず自分で楽しいことを作っていることが多いです。

安易に、なんとなく楽しそうな会社を選べばやりがいを持って働けるはず、と思わない方がいいでしょう。

よく自分を分析して、やりがいを持って働く体勢を整えてみてください。

まとめ

やりがいについて記載しましたがいかがでしたでしょうか。

やりがいのある仕事についている人は輝いて見えますよね。

でも、意外とやりがいは自分で見つけるもので、会社が示してはくれないかもしれません。

しっかり自分自身を分析してハリを持って働きたいですね。


関連キーワード

仕事