やりがいのある仕事の特徴についての写真

人生の貴重な時間を使うのだから、仕事には給与だけではなくやりがいも求めたい、という人は多いですよね。

でも、やりがいは人によって異なります。

では、どんな点に注目して、やりがいを感じられる仕事を探せばいいのでしょうか。

職種による得やすいやりがいの種類や、やりがいのある仕事22選もご紹介します。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりがいのある仕事ってどんなもの?

やりがいとは、自分にとって心の張り合いを持てることだとされています。

やりがいのある仕事を選ぶと、仕事が楽しい、仕事をしていて自分が成長できている、という実感が得やすくなります。

やりがいをどういったところに感じるかは人それぞれです。

自らやりがいを見つけていくべきという人もいますが、初めから、自分にとってやりがいを感じられる部分のある仕事を選ぶと、よりスムーズです。

仕事上のやりがいには、どんな特徴があるの?

仕事上やりがいを感じるのはどんな時でしょうか。

特徴を確認してみましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

興味と仕事が合致している

好きなこと、興味があることと仕事が合致すると、やりがいを感じやすくなります。

好きなことをより深く知ることができて知識欲が満たされたり、もともと興味があるので、集中して取り組むことができます。

興味のある分野に携われることで、どうしてこんな仕事をしなければならないのだろう、などと疑わずに済む傾向にあり、前向きに仕事ができます。

個人のミッションと仕事が合致している

個人的に覚えたい、今後の為に必要だと思っていることが、仕事と合致していることは、やりがいを得られる仕事の特徴のひとつです。

例えば身に着けたいスキルを得られたり、資格取得の勉強になったりということが多いです。

他にも、例えば好きな人と仲良くなりたいなら、同じ職場で仕事をすることでミッションを進められるでしょう。

個人的なミッションを達成する過程に仕事があると、目標に目がいくので、真っ直ぐな気持ちで仕事がしやすいです。

また、ミッション達成に近づいているという実感も得やすく、喜びを感じやすくなります。

仕事や会社、チームに貢献していると実感できる

貢献値がデータで示されていたり、よく褒められたり、成長が実感できる会社は、やりがいを感じやすいと言われます。

自分がいることによって会社が潤う、喜ぶ人がいる、などが分かると、自己肯定感にも繋がります。

自分のしていることを認められると、多くの人は快感を覚え、もっとそれを得ようと思います。

それがやりがいに繋がるのです。

希望通りの収入を貰えている

収入は言わば、会社が自分を認めてくれる金額である、という考えがあります。

希望通りやそれ以上の金額を貰えていると、人はそれだけで認められていると感じやすくなります。

仕事をしたことを、収入で報いて貰えるということは、やりがいになります。

また、収入は自分の好きなことに使えますから、仕事をすることで好きなことをしたり、好きなものを得られることもやりがいになります。

希望通りの役職・役割などの待遇をしてくれている

希望通りの役職や役割をもらっている人も、やりがいを感じやすいです。

これは、自分が思う、自分に向いていることができている、ということが理由の一つに挙げられます。

自分の性格や特技を活かせる環境を得られることは、それだけでも自分自身を認められているという快感に繋がります。

そこで成果を上げられればなおさらです。

自分がやりがいを感じること/感じないことを明確にしよう

上で、仕事上やりがいを感じやすい環境を挙げましたが、個人個人でやりがいを感じる内容は違います。

やりがいを感じること、感じないことを明確にしておくと、どんな環境に身を置くべきなのかを決めることができます。

例えば、次のようなことから明確にしていきましょう。

仕事をしていてうれしかったこと

まず仕事をしていてうれしかったことを上げてみると、どんな時にやりがいを感じるのかが分かりやすくなります。

例えば同僚に褒められた時だったり、仕事で成果を上げた時だったり、お客さんの悩みを解消できた時だったり、いろいろだと思います。

「うれしい」はやりがいに繋がりますから、なるべくこの「うれしい」を得られる環境を選ぶといいでしょう。

仕事の中で楽しかったこと

うれしかったことと同様に、楽しかったことも挙げてみます。

タイピングの速さが上がっていくのが楽しかったとか、周囲と成績を競うのが楽しかったとか、モノづくりが楽しかったなど、経験によって変わってくるでしょう。

こんな仕事が楽しかったと思い出したら、どのような点が楽しかったのかを具体化してみます。

例えば、「モノづくりが楽しい」には、自分で作品を作る過程が楽しいという人もいれば、完成品を見るのが楽しい人もおり、みんなで意見を出し合うのが楽しいという人もいます。

仕事をしていて嫌だったこと

嫌だなと思うことは、反対を考えて見るとやりがいに繋がります。

仕事が少なくてだらだらした空気が嫌だとか、給与が少ないのが嫌だとか、自分を認めてもらうシステムがなくて嫌などがあります。

なるべく具体的に挙げてみて、それが解消できる環境を想像してみましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事にやりがいを感じることの4個のメリット

仕事にやりがいを持つと、仕事が楽しくなります。

そこから更にいいスパイラルへとつながります。

やりがいを持って行う仕事とやりがいのない仕事では、同じ人間で同じコンディションでも全く結果が異なります。

いい効果ばかり得られるのですから、是非やりがいを感じながら働いてください。

仕事のモチベーションが上がる

褒められ、認められるのは誰でも嬉しいものです。

お客様や上司に褒めてもらうとやりがいを感じ、そこから更に仕事への情熱が湧いてきます。

また自分が頑張った成果を感じられると、やる気が出るものです。

仕事をする→成果が出たり認められる→やりがいが出る→もっと頑張って楽しんで働ける…といったいい連鎖が生まれます。

パフォーマンスの向上につながる

もっといいものを作りたい、もっといい仕事をしたい、やりがいから生まれてくる欲望です。

これがもっと誰もに満足してもらえるいい仕事をすることにつながります。

Aクラスの品物が出来て評価されてやりがいが出て、次はSクラスのもの、次はSSクラスのもの…とやる気に伴って技術も上がります。

挑戦意欲や新しい仕事への気力が出る

人は欲の塊の生き物です。

やりがいを得て仕事に快感を得たら、もっと仕事を楽しんでやりたくなります。

そのために今まで出来なかったことや新しい業務への欲が出てくるのです。

やりがいを得てアドレナリンが出て「やるぞ!」と息巻いてする仕事は、普段よりすっといいパフォーマンスが出来るものです。

信用を得られる

仕事に意欲的な者ややりがいをもって働ける者は、会社や社会から信頼されます。

会社のために、世の中のために有益な人間であると認めてもらえるのです。

またそうした熱気のある人は、多少おっちょこちょいでも信用されてしまうもの。

仕事も案外勢いでなんとかなってしまうものです。

職種別、得やすいやりがいの種類

自分がやりがいを感じられるパターンを明確にしたら、そのパターンに身を置ける環境づくりをします。

もちろん、会社によっても違いますが、職種別だと次のようなやりがいが得やすいです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

一般事務

一般事務の仕事

与えられた仕事を時間内に完遂する喜びや、他の人の業務をスムーズにして感謝されるなどがあります。

コツコツ進める仕事に向いていると自分で思っている方や、裏方仕事が向いているという人が、それを叶えるという喜びもあります。

比較的顧客ともよく会話する一般事務もあるので、そちらは顧客対応におけるやりがいも発生します。

研究職

研究に関するスキルや新しい知識が得やすいお仕事です。

自分の研究により商品が誕生することに喜びを覚えたり、その商品を使った顧客の声を聞くことにやりがいを感じる人も多いです。

研究すること自体が好きという人もいます。

一人での作業が多い仕事もあればチームで行う仕事もあり、感じられるやりがいが変わってきます。

製造職

モノづくりが好きな人は、やりがいを感じやすいお仕事です。

製造と言っても完成品まで作っている会社と、部品のみの会社がありますので、自分がやりがいを感じるポイントによって選び分ける必要があります。

自分の携わったものが市場に出回るので、その商品によって笑顔になる人を見ることでやりがいを感じる人も多いです。

また、周囲の人に自分の仕事を自慢できるというやりがいの感じ方もあります。

営業職

業務が数値化されることが多く、数字を積み上げるのが好きな人や、周囲と競い合うのが好きな人のやりがいが詰まっています。

また、頑張り次第で給与が上がったり、褒められやすい仕事でもありますので、頑張りを認められたい人、褒められるのが好きな人もやりがいを感じやすいでしょう。

顧客の悩みに寄り添うことも多く、会話も多いので、そういった顧客相手という面でのやりがいも豊富です。

接客・販売

接客・販売の仕事

営業職と同様、数字を見られる会社が多いです。

実績が給与に反映されることも多いでしょう。

こちらも顧客対応に関するやりがいが多くなります。

ファッションなど好きなものを相手に勧めるという機会も見られ、こちらをやりがいにする人もいます。

今の仕事と照らし合わせてみる1:一致することが多い場合

今既に仕事をしている場合、一度自分のやりがいと今の仕事とを照らし合わせてみましょう。

実はこれがやりがいなのかもと感じることもあるかもしれません。

自分が感じるやりがいを得られる部分が多々あるのに、どうもやりがいを感じていないという場合、もしかしたらマイナス点が目立ってしまっているのかもしれません。

辛いことがあるとついそちらに目がいきがちですが、一度仕事の楽しいところを深堀りしてみてはいかがでしょうか。

やりがいを明確にしてそちらに集中すると、仕事にハリが出やすくなります。

今の仕事と照らし合わせてみる2:一致しないことが多い場合

照らし合わせてみて、今の仕事にやりがいがあまりないなと感じる場合もあります。

そういった場合はどうしたらいいのでしょうか。

これは今の仕事でやりがいを見つけるか、思い切って他の仕事に移行するかに分かれます。

「今の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

今の仕事でやりがいを見つける

まずは今の仕事でやりがいが見つからないか考えてみましょう。

仕事に積極的になる

特にやりたくてやっている仕事でも好きな仕事でもない、という人は、やりがいを感じることを諦めてしまっているかもしれません。

適当に業務をこなして時間を過ごしていると、中々やりがいに辿り着かないこともあります。

まずは積極的に業務に取り組んでみると、思ってもみないところからやりがいが出てくるかもしれません。

スキル習得や資格取得を目指す

仕事をしていて得られるスキルや、目指せる資格はないでしょうか。

何か目標があるとやりがいを感じやすくなります。

また、スキルや資格を得ようとすると、今までに興味のなかったことへの興味が湧いてくることもありますし、仕事上で勉強になった、と感じられることが増えます。

自分で目標を立ててみる

自分で目標を立てることで、日々にハリを出している人も多いです。

例えば今日はこういうことをがんばろう、という一日の目標でもいいですし、10分間でこの入力を終えよう、という短期間の目標でも構いません。

短期間の目標をゲーム感覚でこなすことが楽しいと感じる人もいるようです。

目標が達成できると自分にはこれだけできた、という自己肯定感にも繋がります。

自分で自分を褒めてみる

やりがいが感じられない人は、どんなところで頑張っていいのか、分からなくなっているのかもしれません。

一日にひとつでもいいので自分を褒めてみると、やりがいに気づくかもしれません。

例えば、この仕事が人のためになっていたので自分は偉いとか、この仕事のスピードが速くなって偉いなどです。

成績が数値がされなかったり、扱っているものに実体がなかったり、あるいは顧客相手でないお仕事だと特に、他者からの評価が得られずにやりがいに迷ってしまう人がいるようです。

会社や上司はなかなか細かいところまでは見てくれませんから、自分自身でいい部分を見つけて評価してみましょう。

評価できた部分をもっと伸ばすことを目標にすると、さらにやりがいに繋がります。

他の仕事でやりがいを見つける

転職して他の仕事でやりがいを見つけるという手段もあります。

その際には以下のような点に注目して探してみるといいかもしれません。

自分の好きなことを仕事にする

好きなことに関われる仕事はやはりやりがいを感じやすいです。

好きなことと言っても、好きなブランドや商品もあれば好きな仕事内容もあります。

ただ、例えばこの会社のこの製品だけが好きなど、あまりに一点集中で入社すると、そこに関わる部署に配属されない可能性もあるので注意が必要です。

獲得したいスキルで仕事を選ぶ

最初から目標を持って転職すると、そこに至る道のりがやりがいになります。

獲得したいスキルや資格などに繋がる会社を選ぶのも一つの手段です。

一応そのスキルを獲得したあとはどうするのかについては、考えておく必要があります。

得たいやりがいを明確にする

仕事をすること自体をやりがいにする人もいれば、お金を稼ぐことがやりがいの人もいますし、人間関係にやりがいを見出す人もいます。

転職の際はどこにやりがいを見出すのか考えておくといいでしょう。

まずは、自分が頑張れそうと思う点でやりがいを感じていると、他のところからもやりがいが出てくるかもしれません。

転職すればやりがいが見つかるとは限らないことを覚えておく

今の仕事がつまらないから取り敢えず転職しよう、というのはやめた方がいいかもしれません。

転職すればやりがいが出てくるとは限りません。

仕事を楽しめる人というのは、少なからず自分で楽しいことを作っていることが多いです。

安易に、なんとなく楽しそうな会社を選べばやりがいを持って働けるはず、と思わない方がいいでしょう。

よく自分を分析して、やりがいを持って働く体勢を整えてみてください。

やりがいのある仕事22選

やりがいのある仕事をまとめてみました。

何か自分の気になる仕事があるかチェックしてみてください。

医師

医師は、病院で患者さんに対して診察や治療を行ったり、大学や病院などで医療に関する研究を行う仕事です。

その仕事内容とは?

医師の仕事内容は、主に病院で患者さんに対して診察や治療を行ったり、大学や病院などで医療に関する研究を行うといった仕事内容です。

病院で診察を行った際に患者さんに必要な治療を行います。

注射や点滴、薬の処方、必要であれば精密検査や手術なども行います。

また、病気の研究ではまだ原因のわかってない新種の病いや治療法の見つかっていない病気の治し方などについての研究を行います。

そのやりがいとは?

医師のやりがいは、患者さんの治療のお手伝いをすることができることだと思います。

患者さんは治療をするためや、自分の病気は何なのかを判明させるために病院にやってきます。

医師は患者さんに対し、どういった治療をすればいいのか、どういった選択肢があるのかなどを伝え患者さんの治療のお手伝いをします。

患者さんの病が完全に完治した際には患者さんからも感謝され、医師のやりがいを感じるはずです。

看護師

看護師は、診察や治療、手術の際に医師の助手をしたり、入院患者のお世話などを行う仕事です。

その仕事内容とは?

看護師の仕事内容は、診察や治療、手術の際に医師の助手をしたり、入院患者のお世話やケアなどを行うといった仕事内容です。

診察や治療の際には必要に応じて体重や体温、血圧や脈などの測定を行ったり、注射や点滴、採血なども行います。

手術の前には手術の準備を行ったり、手術の際に医師に器具などを渡す助手を務めます。

また、入院患者には定期的に検診に回ったり、必要であればお風呂に入れてあげたり身体を拭いてあげたりもします。

そのやりがいとは?

看護師のやりがいは、医師と共に患者さんの治療のお手伝いをすることができることだと思います。

患者さんに対し、看護師には看護師なりのケアの仕方があります。

患者さんを観察することも必要なことで、小さな異変に気付いてあげたり、病気と闘う患者さんのサポートやケアを行ったりします。

医師への報告なども怠りません。

医師同様患者さんの病が完全に完治した際には患者さんからも感謝され、看護師のやりがいを感じるはずです。

医師とはまた違った視点や距離から患者さんを観察し、サポートやケアをできるのも看護師だからこそだと思います。

獣医師

獣医師は、動物病院などでケガや病気な抱えた動物の診察や治療を行う仕事です。

その仕事内容とは?

獣医師の仕事内容は、動物病院などでケガや病気などを抱えた動物を診察や治療するといった仕事内容です。

獣医師には臨床獣医師、臨床獣医師と小動物と大動物の獣医師がいます。

臨床獣医師は主に、家庭でペットとして飼われている小動物の診察や治療などを行います。

臨床獣医師は主に、動物園や水族館で飼育されている大動物の診察や治療を行います。

獣医師と聞くと動物病院で犬や猫などといった小動物のペット全般の診察や治療を行っていると思われがちですが、動物園や水族館などで大動物の診察や治療も行っているのです。

そのやりがいとは?

獣医師のやりがいは、自分の手でさまざまな動物を助けてあげられるところだと思います。

医師と違うところは患者が人間か動物かといったところだろうと思う方が多いかと思いますが、動物を診察や治療するということはとても難しいことなのです。

人間はどこが痛い、苦しいなど言葉で伝えることができますが、動物は人間に対してどこが痛い、苦しいなどと伝えてはくれません。

獣医師はそんな動物相手に診察や治療を行うのです。

とても難しいことだとは思いますが、だからこそ自分が診察や治療をした動物が元気になった姿を見るととても嬉しく感じると思います。

また、そういったときに獣医師のやりがいを感じるのだと思います。

美容師

美容師は、美容室で来店されたお客さんのカウンセリングを行い、お客さんの要望を聞いてから髪の毛のカット、パーマ、カラー、シャンプーブロー、セットなどを行う仕事です。

その仕事内容とは?

美容師の仕事内容は、美容室で来店されたお客さんのカウンセリングを行い、お客さんの要望を聞いてから仕上がりのイメージをし、髪の毛のカット、パーマ、カラーから始まり、最後にはシャンプーブロー、セットなどを行うといった仕事内容です。

美容師の仕事はカウンセリングから始まり、お客さんの要望を聞き仕上がりをイメージします。

その後にお客さんの毛質などを確認しながらカットやパーマ、カラーを行っていきます。

仕上げの前にはシャンプーとブローを行い、最後に髪の毛をセットします。

美容師は美容室で勤めるからといってすぐにお客さんの髪に触れることができるのではありません。

一人前の美容師になるまで時間のかかる人も多くいます。

長い見習い期間を経てようやく一人前の美容師としてお客さんの髪に触れることができるのです。

そのやりがいとは?

美容師のやりがいは、自分の手でお客さんのを綺麗にしてあげることだけではなく、お客さん自身に自信をも持たせてあげられるところ思います。

美容師は髪を綺麗にする仕事です。

しかし、髪型や髪色を変えるだけでその人の雰囲気なども変えることができます。

髪の毛を綺麗にしてあげることでお客さんに自信を与え、お客さん自身を綺麗にしてあげられると思います。

また、仕上がった髪を見て嬉しそうにお客さんからお礼を言われるととてもやりがいを感じると思います。

エステティシャン

エステティシャンは、エステサロンなどで来店されたお客さんのカウンセリングを行い、脱毛やフェイシャルやボディーケアの施術を行う仕事です。

その仕事内容とは?

エステティシャンの仕事内容は、エステサロンなどで来店されたお客さんのカウンセリングを行い、お客さんの要望や肌の悩みなどを聞き、お客さんの要望に合わせて脱毛やフェイシャルやボディーケアの施術を行うといった仕事内容です。

エステティシャンはまず初めにお客さんのカウンセリングを行い、お客さんの要望や肌の悩みを聞き、お客さんの肌の状態などを確認していきます。

その後に、お客さんに見合ったプランなどを提案していきます。

施術は脱毛、フェイシャルエステ、ボディーケアなどがあります。

脱毛はお客さんの要望に合わせ、機材を使って全身、または部分的に脱毛を行います。

フェイシャルエステは、機材を使い肌のトラブルを改善したり、小顔に見えるマッサージを行います。

ボディーケアはハンドマッサージや機材を使い体に溜まった老廃物を取り除いたり、全体的に痩身に見えるようにマッサージを行います。

そのやりがいとは?

エステティシャンのやりがいは、自分の手でお客さんを綺麗にし、お客さんに自信を持たせてあげられることだと思います。

だいたいエステに通うのは自分の肌や体に悩みやコンプレックスがある人だったりします。

カウンセリングではしっかりとお客さんの要望を聞き、肌や体に対する悩みや対処法などを伝えたうえで施術を行います。

脱毛やフェイシャルエステ、ボディーケアはだいたい1年ぐらいエステに通うことになります。

1年をかけてお客さんが綺麗になっていくのを見守るとともに、お客さんと一緒に綺麗になっていくところを実感することができます。

エステに通いだした頃は自分自身に自信が無さそうだったお客さんもエステを終える頃には自分自身に自信を持っているようにも見えます。

エステなどで人を綺麗にしてあげる仕事は、施術をしている側も綺麗になっていくお客さんを目にすると嬉しく感じ、やりがいを感じるはずです。

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストは、ブライダルやサロンで一般的なお客さんから、雑誌やファッションショー、テレビや映画などで活躍するモデルやタレントに対してメイクやヘアスタイリングを行う仕事です。

その仕事内容とは?

メイクアップアーティストの仕事内容は、ブライダルやサロンで一般的なお客さんから、雑誌やファッションショー、テレビや映画などで活躍するモデルやタレントに対してメイクやヘアスタイリングを行うといった仕事内容です。

基本メイクアップアーティストは専門学校などを卒業するとブライダルやサロンでお客さんに対しメイクやヘアスタイリングを行います。

しかし、フリーやプロのメイクアップアーティストとして働けるようになると雑誌やファッションショー、テレビや映画などで活躍するモデルやタレントに対してメイクやヘアスタイリングを行うことができるようになります。

また、メイクアップアーティストはメイクだけでなくヘアスタイリングも一緒に行います。

そのため、メイクの知識だけでなくヘアスタイリングの知識も必要になってきます。

そのやりがいとは?

メイクアップアーティストのやりがいは、自分のメイクとヘアスタイリングでお客さんを綺麗にしてあげることができることだと思います。

自分が行うメイクとヘアスタイリングでお客さんを変身させたかのように美しく、綺麗にしてあげることができます。

メイクとヘアスタイリングを終えた後、鏡を見て嬉しそうに微笑んだり、驚いているお客さんを目にしたとき、メイクアップアーティストのやりがいを感じると思います。

トリマー

トリマーは、トリミングサロンや動物病院、ペットショップなどで犬や猫のトリミングを行う仕事です。

その仕事内容とは?

トリマーの仕事内容は、トリミングサロンや動物病院、ペットショップなどで主に犬や猫のトリミングを行うといった仕事内容です。

犬や猫は自分で要望を伝えることができないため、飼い主さんの要望を聞きトリミングを行います。

シャンプーから始まり、ドライヤーを使いながらブラッシングを終えるとカットを始めます。

時にはカラーや仕上げに飾り付けをしてあげたりもします。

また、トリマーはトリミングが全てではありません。

犬や猫の爪を切ってあげたり、耳掃除をしてあげたりもします。

動物が好きな方にはぴったりの仕事だと思います。

そのやりがいとは?

トリマーのやりがいは、犬や猫などのペットのトリミングを行い、自分の手でお客さんの大事なペットを綺麗にしてあげられることだと思います。

トリミングサロンでは犬や猫の飼い主さんがペットを連れてきます。

飼い主さんの要望を聞きペットのトリミングを始めます。

動物が好きな方だと、こうして動物に触れて自分で綺麗にしてあげるということはとても嬉しいことだと思います。

トリミングが終わりペットのさっぱりした姿を目にしたときや、飼い主さんからお礼を言われたときにトリマーのやりがいを感じると思います。

警察官

警察官は、配属された部門でそれぞれの任務を行う仕事です。

その仕事内容とは?

警察官の仕事内容は、配属された部門でそれぞれの任務を行うといった仕事内容です。

警察は警察庁と都道府県警察などの組織に分けられ、そこからさらに各部門に分けられています。

皆さんが知っているような交番や駐在所での勤務は地域警察部門、強盗や殺人、盗難、詐欺、などの取締りは刑事警察部門、交通違反の取り締まりなどは交通部門に分けられ、これらは都道府県警察の中の部門にあたります。

警察官はその他にもいろいろな部門に分かれて勤務します。

そのやりがいとは?

警察官のやりがいは、多くの犯罪や事件、違反などから人々を救うことだと思います。

犯罪捜査や交通違反の取り締まり、パトロールなどを行い多くの犯罪や事件、違反から人々を救います。

その他にも各部門でいろいろな問題から多くの人を守ったり、解決策を探し出します。

警察官がいないと日本は今よりもっと多くの犯罪や事件が起こっているかもしれません。

そう考えると、警察官の方々がいるからこそ日本では安全に過ごせているのかもしれません。

警察官は責任感のある仕事ですが、多くの人から感謝される仕事だと思います。

責任感の強い方や人を守りたいという強い思いのある方にはぴったりの仕事かもしれません。

消防士

消防士は、火災事件などから人々を守る仕事です。

その仕事内容とは?

消防士の仕事内容は、主に火災事件などから人々を守るといった仕事内容です。

消防士には消火活動、救急活動、救助活動、防災活動、予防活動などがあります。

消火活動は火災の通報を受けると消防車で向かい消火を行います。

救急活動は119番の通報を受けると現場に駆け付けケガを負った人などに対し応急手当てを行います。

救助活動は火災現場や交通事故などで人命救助を行います。

防災活動は小学校などで防災訓練を行ったり、市民に防災について指導を行います。

予防活動は建物などの審査や検査を行い防火や安全確保を行います。

このように消防士にも様々な活動があります。

そのやりがいとは?

消防士のやりがいは、人の命を守ることだと思います。

消防士はいろんな危険に立ち向かい人々を救い出します。

最近は日本でも多くの自然災害が発生しています。

消防士は災害に巻き込まれた人達を被災地に出向き救助する活動も行っています。

1人でも多くの命を救いたいという気持ちがどれだけ多くの人の命を救ってきたのか、また救われた人からは感謝しきれないほどの気持ちで感謝されることもあると思います。

そういう言った時に消防士のやりがいを感じると思います。

パイロット

パイロットは、旅客機を操縦しお客さんを目的地まで安全に送り届ける仕事です。

その仕事内容とは?

パイロットの仕事内容は、旅客機を操縦しお客さんを目的地まで安全に送り届けるといった仕事内容です。

パイロットには機長と副操縦士がいます。

機長と副操縦士で旅客機を操縦し、お客さんやキャビンアテンダントを安全に目的地に送り届けます。

出発前にはキャビンアテンダントとミーティングや、気象データの確認を行い空の状態をチェックします。

その他にも機体の整備状況や燃料の確認なども行います。

そのやりがいとは?

パイロットのやりがいは、フライトを終えた時にやりがいを感じると思います。

パイロットは国内や海外など、場合によれば10時間以上ものフライトを行うことがあります。

大きな旅客機を操縦し、お客さんやキャビンアテンダントなどのたくさんの命を預かるとても責任感のある仕事です。

だからこそ、無事にフライトを終えた時にパイロットのやりがいを感じると思います。

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは、お客さんと共に旅客機に搭乗し、搭乗から到着の間お客さんに快適な空の旅を提供する仕事です。

その仕事内容とは?

キャビンアテンダントの仕事内容は、お客さんと共に旅客機に搭乗し、搭乗から到着の間お客さんに快適な空の旅を提供するといった仕事内容です。

お客さんが搭乗を始め、旅客機に乗り込んでくると座席の案内や新聞、雑誌、毛布の配布を行います。

また、旅客機が離陸するとドリンクや機内食の提供、免税品の販売などを行い、お客さん1人1人に快適に過ごしてもらえるよう努めます。

そのやりがいとは?

キャビンアテンダントのやりがいは、お客さんに快適な空の旅を提供できた時だと思います。

長時間のフライトだと小さな子供はじっとしていられなかったり、トイレに長蛇の列ができたりといろいろな問題が起きてきます。

しかし、どんな問題にも丁寧に対応することによってお客さんに快適なひと時を過ごしてもらえるように努力します。

そうすることによって到着後、お客さんが旅客機から降りる際にありがとうなどと声をかけてもらうとやりがいを感じると思います。

空港グランドスタッフ

空港グランドスタッフは、空港でお客様を迎えて搭乗口を案内したり、受付業務をこなしたり、搭乗前のアナウンスや不測の事態に対応するなど空港で起こるほとんどのイベントに携わっています。

その仕事内容とは?

グランドスタッフの仕事は、空港内で接客を担当することです。

具体的には、空港カウンターでチケットの発券業務や荷物の預かり、搭乗口への案内、搭乗口での搭乗前アナウンス、迷子や時間内に搭乗口に来ていない人を探したり、到着時に荷物が見つからない人の対応をしたりと多岐に渡ります。

そのやりがいとは?

空港内を駆けずり回るグランドスタッフを見た人は少なくないかと思いますが、色々なイベントが空港では毎日繰り広げられています。

それでもお客様の笑顔や「ありがとう」の言葉、時間内に飛行機を出発させることができたり、無くした荷物が無事見つけられたりしたら達成感を感じ、その達成感がやりがいへとつながっていきます。

海外ツアーガイド

海外ツアーガイドは、海外旅行されるお客さんに対し、旅行先で観光案内を行う仕事です。

その仕事内容とは?

海外ツアーガイドの仕事内容は、海外旅行されるお客さんに対し、旅行先で観光案内を行うといった仕事内容です。

主に海外ツアーガイドは現地でお客さんに対し観光案内をする仕事です。

日本からお客さんにつきっきりではありません。

現地の空港でお客さんと合流し、ホテルまで送迎を行ったり、ホテルのチェックインをお客さんの代わりに行ったり、現地で観光案内を行ったりします。

そのやりがいとは?

海外ツアーガイドのやりがいは、海外のいいところをたくさんお客さんに伝えてあげることができるところだと思います。

日本から旅行で海外を訪れたお客さんに対し、海外のいいところをたくさん伝えることができます。

時には自分のおすすめやお気に入りなどを教えたりして、お客さんに対し自分の知っている現地の情報などを伝えてあげられるというのはとてもいい仕事だと思います。

人に対し何かを発信したり、伝えたり、教えてあげるのが好きな方や、海外が好きな方にはとてもおすすめの仕事です。

青年海外協力隊

青年海外協力隊は、日本から発展途上国へ派遣され、ボランティアとしてさまざまな活動を行います。

その仕事内容とは?

青年海外協力隊の仕事内容は、日本から発展途上国へ派遣され、ボランティアとしてさまざまな活動を行うといった仕事内容です。

青年海外協力隊はコミュニティ開発、教員補助、スポーツ指導員、農業指導員などといった職種があり、発展途上国へ行って現地の方々に日本で得た自分の知識や経験、能力などを活かし、それらのことを伝えていきます。

例えば、日本で柔道をしていた方がスポーツ指導員として発展途上国に派遣され、現地で子供から大人までの方々に柔道を教えたりします。

派遣される期間は2年となっています。

派遣として働きますのでお給料ももらえます。

そのやりがいとは?

青年海外協力隊のやりがいは、様々な分野で日本で得た自分の知識や経験、能力などを発展途上国へ行き現地の方々に伝授することができることだと思います。

日本から派遣され、途上国で日本で得た自分の知識や経験、能力などを途上国に住む方々に伝授することができます。

自分が伝授したことを、学び、受け継いだ方々が今後発展途上国で活躍してくれると考えると嬉しく思いますよね。

また、言語の壁を越え現地の方たちともコミュニケーションを取ったりと貴重な時間を過ごせる2年間だと思います。

派遣としていく側も、発展途上国でこれからいろいろ学ぶ方も、互いに特別な経験ができると思います。

海外で人のために何かしたい、ボランティアがしたいと考えている方にはとてもいい仕事だと思います。

介護福祉士

介護福祉士は、高齢者や身体や精神に障害のある方で、日常生活が困難な方の身体介護、生活援助、社会活動支援などのサポートや、また家庭で介護をしている方に対し相談や助言などのアドバイスを行う仕事です。

その仕事内容とは?

介護福祉士の仕事内容は、高齢者や身体や精神に障害のある方で、日常生活が困難な方の身体介護、生活援助、社会活動支援などのサポートや、また家庭で高齢者や身体や精神に障害のある方の介護をしている方に対し、相談や助言などのアドバイスを行うといった仕事内容です。

介護福祉士は身体介護、生活援助、相談や助言、社会活動支援などといった業務を行います。

身体介護は食事、衣服の着脱、入浴、排泄などを行います。

生活援助は料理、洗濯、掃除、買い物などのサポートやお手伝いを行います。

相談や助言は家庭で高齢者や身体や精神に障害のある方の介護をしている方に対し、介護などの相談や助言などのアドバイスを行います。

社会活動支援は介護を受けている方が家族を含むご近所の方たちとうまくコミュニケーションが取れるように支援などを行います。

そのやりがいとは?

介護福祉士のやりがいは、高齢者や身体や精神に障害のある方など、助けが必要な方のサポートをしてあげられることだと思います。

高齢者や身体や精神に障害のある方は1人では皆さんと同じような生活を送ることは難しくなります。

誰かの助けを借りたいときに、介護福祉士の方だと親身になって助けやサポートをすることができます。

これらの助けやサポートは高齢者や身体や精神に障害のある方などに対しとても貢献できることなのです。

人の役に立つのが好きな方にはとてもぴったりの仕事だと思いますし、介護福祉士はとてもやりがいの感じられる仕事です。

介護福祉士になるには?

資格の取り方から取得後の就職・転職まで経験者が解説します

テーマパークスタッフ

テーマパークスタッフは、全国にある遊園地などのテーマパークで小さな子供から大人までに夢を与える仕事です。

その仕事内容とは?

テーマパークスタッフの仕事内容は、全国にある遊園地などのテーマパークで小さな子供から大人までに楽しいひと時や夢を与えるといった仕事内容です。

お客さんに楽しいひと時や夢を与えるといっても業務はテーマパークの受付、案内、誘導、テーマパーク内の店舗での販売や飲食の提供、清掃や、設備の点検や管理、企画や運営などといった裏方の仕事を行います。

来園されたお客さんに対し、テーマパークのイメージをたくさんのスタッフで作り上げ楽しいひと時や夢を与えます。

人を喜ばせたり、楽しませたりするのが好きな方にはとてもいい仕事かもしれません。

そのやりがいとは?

テーマパークスタッフのやりがいは、来園されたお客さんに対し素敵なひと時与えられるところだと思います。

友達同士、恋人同士、家族でなど、テーマパークにはたくさんの人が来園します。

来園されたお客さんに対し、精いっぱいのおもてなしでその日1日を特別な思い出が残るような日にするためにテーマパークスタッフは努めます。

来園されたお客さんの楽しむ姿や笑顔などを見るとやりがいを感じると思います。

保育士

保育士は、保育士のなどで0歳~6歳までの子供を預かり、子供の保育をする仕事です。

その仕事内容とは?

保育士の仕事内容は、保育士のなどで0歳~6歳までの子供を預かり、子供の保育をするといった仕事内容です。

仕事などがあり子供の保育ができない親に代わり保育士が子供の保育を行います。

食事、睡眠、トイレ、着替の手伝いをしながらこれらを身につけさせていきます。

小さな赤ちゃんにはミルクをあげたり、おむつの交換や寝かしつけを行います。

時には外で子供と一緒に遊んだり、1人で何人もの子供をお世話するので体力のいる仕事です。

それでも子供が好きな方にはぴったりの仕事だと思います。

そのやりがいとは?

保育士のやりがいは、保育士のやりがいは子供の近くで日々の成長を見届けることができることだと思います。

0歳~6歳までの子供は成長が早く、日々何かしら変化を見せてくれます。

子供の保育ができない代わりに子供を保育するという責任のある仕事ですが、自分がお世話する子供たちが日々成長していく姿を目にすると、保育士のやりがいを感じるはずです。

弁護士

弁護士の日常は、頭を悩ませるような難題が多くあります。

裁判の内容にもよりますが、裁判の種類によってはすぐに判決に結びつかない場合があります。

例えば、有名なサリン事件の場合、一度の裁判では決まらず、二度三度と裁判を繰り返してきました。

ただ、残酷な事件・事故、犯罪に法律というツールを使って立ち向かう弁護士は、難題な案件を解決したり、取り組めたりしたら仕事に対しておもしろみややりがいを感じます。

その仕事内容とは?

弁護士の仕事は、法律に則って裁判で弁護をします。

また、法律のエキスパートとして和解案件の代理を務めたり、依頼主に法の観点から問題解決に向けてアドバイスしたり、サポートしたりすることです。

弁護士の仕事は基本的に法律に基づいています。

弁護士によっては得意とする分野が異なるため、民事事件に特化した弁護士もいれば、離婚問題や少年犯罪に特化した弁護士もいます。

そのやりがいとは?

弁護士のやりがいは、法律を基にアドバイスをしたり、弁護をした依頼主から感謝されることや難しい裁判、例えば、有名人の薬物使用による初公判や連続殺人事件の裁判などを無事弁護できたり、依頼主が希望に沿うような判決に導けたり、問題解決にするか問題解決に結びついて依頼主から感謝されることで大きなやりがいを感じます。

営業職

営業職は、社内でプロジェクトチームを立ち上げ、お客様のサポートをするためにチームで取り組むこともありますし、時には会社とお客様の間に立ち、お客様に変わって会社と交渉することもあります。

営業の仕事には、答えがありませんので何が正しくて何が間違っているのかを決めることが難しいですが、お客様からありがとうと感謝されたり、社内でよく頑張ったねとかありがとうと言われると嬉しさを感じますし、やりがいにつながっていきます。

その仕事内容とは?

営業の仕事は、会社とお客様の間に立ち、会社だけでなくお客様にも利益があるようにWIN-WINの関係を築けるように調整することです。

他には、社内の各部署とコミュニケーションを密に取り、既存のサービスをカスタマイズするための調整をしたり、自らプロジェクトチームを立ち上げてプロジェクト達成に向けてリードを取って進めていくなどがあります。

そのやりがいとは?

営業のやりがいは、営業のフロントラインに立って仕事をしているため、お客様から直の声を聞くことができます。

そのため、いい仕事をしたり、いい商品やいいサービスを提供してお客様が納得したり、満足したりすると直接ありがとうと感謝されることがあります。

直接お客様の声を生で聞けることでお客様に認めてもえらえた、喜んでもらえたなどモチベーションややりがいにつながっていきます。

国家公務員

国家公務員は、国家公務員になるためにまず難関試験を受けなければなりません。

そのため、難関試験を無事パスできたことで達成感を感じることができますし、達成感から次の仕事を頑張ろうや面接頑張ろうとモチベーションに繋がっていきます。

加えて国家公務員の仕事は、国や国民に直結することなので仕事一つ一つは重要なものが多く、難しい仕事もあります。

その仕事内容とは?

国家公務員の仕事は、国の安全や平和、国民が住み良い環境、働きやすい環境になるように努めることです。

国家公務員といっても努める官庁や勤務先により仕事内容は全く違うものにあります。

例えば、財務省は、国の財務に関わる仕事をしますが、外務省は財務省と同じ仕事をしません。

異なる勤務先で同じ仕事はしませんし、仕事内容も多岐に渡ります。

そのやりがいとは?

国家公務員は、公務員なので言われたことをやるだけの仕事や自由のない仕事のイメージがありますが、実は、民間企業のように利益を追求することなく、純粋に本来の仕事に打ち込むことができるため、やりたいと思っていた仕事に集中できます。

それだけでもモチベーションに繋がったり、やりがいを感じたりします。

他にも各部署により違いますが、例えば、警察庁の場合、公安に所属し、国家事件の解決に携われ、無事解決したり、事件を未然に防げた場合、チームの一員として達成感を感じ、やりがいもみんなと共有できることでますます仕事に対して没頭することができます。

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーは、0から1を生み出したり、既存のキャラクターを変身させてみたりして世の中にキャラクターを送り出します。

キャラクターデザイナーの仕事の成果は世の中に出回ることで目に見えて結果がわかります。

例えば、自分が0から作ったキャラクターが話題になったり、人気を集めたりすることでキャラクターデザイナーとしての地位や名声を手に入れることができます。

その仕事内容とは?

キャラクターデザイナーの仕事は、キャラクターを生み出すことです。

キャラクターを生み出すといっても0から1として全く何もないところからキャラクターを作るか、既存のキャラクターに手を加えて新たなキャラクターとして世に出したり、既存のキャラクターを参考に違うキャラクターを作り出し世に送り出すことが主な仕事です。

多くはイラストレーターと兼任していることがあり、キャラクターを世に送り出すだけでなく、普段の生活に密着した場面で目にするパンフレットや冊子などの表紙を飾ることがあります。

そのやりがいとは?

キャラクターデザイナーは、キャラクターが世に出ることや世間に作ったキャラクターが認知されることで達成感や仕事に対しての喜びを感じます。

作ったキャラクターが人気を集めることができたら大きな達成感を感じ、次の仕事に対してのモチベーションになります。

例えば、デザインしたキャラクターが店頭や街頭などに飾られたら達成感や嬉しさ、やりがいを感じてまた次のキャラクターを作り出そうとやる気につながります。

配達員

配達員は、クロネコヤマトや佐川急便、郵便局など郵便物や荷物を届ける役割を担います。

全国津々浦々に営業所や郵便局があるため、ほとんど全てのエリアに担当配達員がいて荷物を届けたり、依頼に応じては荷物を集荷に伺います。

配達員は、会社にもよりますが担当エリアを頻繁に変えることがありません。

そのため、退職しない限り同じエリアを長く担当します。

つまり、地域住民と顔見知りになり、信頼関係を築いていけます。




仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

事務の休み事情ってご存知でしょうか?今回は、そんな事務職の方が休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。また、アルバイトや派遣、正社員の休み取り方は違いがあるのでしょうか?今回は事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げてご紹介させていただきます。事務職を目指している方はぜひご一読いただき、参考にしていただければと思います。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めが

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士の悩みって意外と多いんです!女性ばかりの職場なので、栄養士は出会いがありませんし、「栄養士は楽な仕事でいいよね」なんて皮肉を言われたことがある人もいますよね?実際は、栄養を考えた献立作成をしたり、実は献立を考えるのは好きだけど、料理が苦手なんて人だっているんです。栄養士であるが故の悩み事は本当にすごくあります。そこで今回は、そんな栄養士の悩みで多いことや、その解決法についてご紹介したいと思います。栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫内での仕事と言えども、避けて通れないのが職場での人間関係です。物流倉庫のように沢山の人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうかに大きく関わってきます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人もいます。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプルです。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。主な仕事内容は、倉庫に運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けていくことです。入ったその日から

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だっ

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

社会福祉士はブラックな職業なのでしょうか?どういう職業であれ、業務が自分に合わない、キツイと感じるとブラックだと思ってしまう人はいらっしゃると思います。ここでは、「社会福祉士はやめとけ」なんて言われてしまうブラックな仕事だと感じる原因について経験者が解説します。そこに加え、それでも社会福祉士を続けられるやりがいについても併せてお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農業を営んでいた際に「辞めたい」という気持ち湧いた瞬間。徐々に辞める方向へと傾倒していく場面を紹介していきます。農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人間的に成長できる場面も多く、多少のことでは動じなくなってきます。良い条件の畑を借りることができないさあ農業を始めよう!と思っても、耕す土地

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

社会福祉士はつらいって本当?福祉仕事は辛いというイメージが強く、社会福祉士の仕事はきついのでは?そう感じている方がたくさんいらっしゃるかと思います。実際はどのような点なのでしょう?資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますよね。今回は、この職業で頑張っていきたい方が知っておくべき社会福祉士の大変さや、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなけれ

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士が辛いと感じることの一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で毎日同じ人とコミュニケーションを取るため難しいのではないでしょうか?今回はその人間関係についてお話しします。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石と言うのですが、それは歯ブラシで落とすことができないため歯科衛生士が機械を使って落としていきます。そういった定期的なクリーニングや、歯磨き指導、虫歯チェック、歯周病の進行を遅らせるためのアドバイ

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職