やりがいのある仕事の特徴についての写真

人生の貴重な時間を使うのだから、仕事には給与だけではなくやりがいも求めたい、という人は多いですよね。

でも、やりがいは人によって異なります。

では、どんな点に注目して、やりがいを感じられる仕事を探せばいいのでしょうか。

職種による得やすいやりがいの種類などもご紹介します。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりがいのある仕事ってどんなもの?

やりがいとは、自分にとって心の張り合いを持てることだとされています。

やりがいのある仕事を選ぶと、仕事が楽しい、仕事をしていて自分が成長できている、という実感が得やすくなります。

やりがいをどういったところに感じるかは人それぞれです。

自らやりがいを見つけていくべきという人もいますが、初めから、自分にとってやりがいを感じられる部分のある仕事を選ぶと、よりスムーズです。

仕事上のやりがいには、どんな特徴があるの?

仕事上やりがいを感じるのはどんな時でしょうか。

特徴を確認してみましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

興味と仕事が合致している

好きなこと、興味があることと仕事が合致すると、やりがいを感じやすくなります。

好きなことをより深く知ることができて知識欲が満たされたり、もともと興味があるので、集中して取り組むことができます。

興味のある分野に携われることで、どうしてこんな仕事をしなければならないのだろう、などと疑わずに済む傾向にあり、前向きに仕事ができます。

個人のミッションと仕事が合致している

個人的に覚えたい、今後の為に必要だと思っていることが、仕事と合致していることは、やりがいを得られる仕事の特徴のひとつです。

例えば身に着けたいスキルを得られたり、資格取得の勉強になったりということが多いです。

他にも、例えば好きな人と仲良くなりたいなら、同じ職場で仕事をすることでミッションを進められるでしょう。

個人的なミッションを達成する過程に仕事があると、目標に目がいくので、真っ直ぐな気持ちで仕事がしやすいです。

また、ミッション達成に近づいているという実感も得やすく、喜びを感じやすくなります。

仕事や会社、チームに貢献していると実感できる

貢献値がデータで示されていたり、よく褒められたり、成長が実感できる会社は、やりがいを感じやすいと言われます。

自分がいることによって会社が潤う、喜ぶ人がいる、などが分かると、自己肯定感にも繋がります。

自分のしていることを認められると、多くの人は快感を覚え、もっとそれを得ようと思います。

それがやりがいに繋がるのです。

希望通りの収入を貰えている

収入は言わば、会社が自分を認めてくれる金額である、という考えがあります。

希望通りやそれ以上の金額を貰えていると、人はそれだけで認められていると感じやすくなります。

仕事をしたことを、収入で報いて貰えるということは、やりがいになります。

また、収入は自分の好きなことに使えますから、仕事をすることで好きなことをしたり、好きなものを得られることもやりがいになります。

希望通りの役職・役割などの待遇をしてくれている

希望通りの役職や役割をもらっている人も、やりがいを感じやすいです。

これは、自分が思う、自分に向いていることができている、ということが理由の一つに挙げられます。

自分の性格や特技を活かせる環境を得られることは、それだけでも自分自身を認められているという快感に繋がります。

そこで成果を上げられればなおさらです。

自分がやりがいを感じること/感じないことを明確にしよう

上で、仕事上やりがいを感じやすい環境を挙げましたが、個人個人でやりがいを感じる内容は違います。

やりがいを感じること、感じないことを明確にしておくと、どんな環境に身を置くべきなのかを決めることができます。

例えば、次のようなことから明確にしていきましょう。

仕事をしていてうれしかったこと

まず仕事をしていてうれしかったことを上げてみると、どんな時にやりがいを感じるのかが分かりやすくなります。

例えば同僚に褒められた時だったり、仕事で成果を上げた時だったり、お客さんの悩みを解消できた時だったり、いろいろだと思います。

「うれしい」はやりがいに繋がりますから、なるべくこの「うれしい」を得られる環境を選ぶといいでしょう。

仕事の中で楽しかったこと

うれしかったことと同様に、楽しかったことも挙げてみます。

タイピングの速さが上がっていくのが楽しかったとか、周囲と成績を競うのが楽しかったとか、モノづくりが楽しかったなど、経験によって変わってくるでしょう。

こんな仕事が楽しかったと思い出したら、どのような点が楽しかったのかを具体化してみます。

例えば、「モノづくりが楽しい」には、自分で作品を作る過程が楽しいという人もいれば、完成品を見るのが楽しい人もおり、みんなで意見を出し合うのが楽しいという人もいます。

仕事をしていて嫌だったこと

嫌だなと思うことは、反対を考えて見るとやりがいに繋がります。

仕事が少なくてだらだらした空気が嫌だとか、給与が少ないのが嫌だとか、自分を認めてもらうシステムがなくて嫌などがあります。

なるべく具体的に挙げてみて、それが解消できる環境を想像してみましょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

職種別、得やすいやりがいの種類

自分がやりがいを感じられるパターンを明確にしたら、そのパターンに身を置ける環境づくりをします。

もちろん、会社によっても違いますが、職種別だと次のようなやりがいが得やすいです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

一般事務

一般事務の仕事

与えられた仕事を時間内に完遂する喜びや、他の人の業務をスムーズにして感謝されるなどがあります。

コツコツ進める仕事に向いていると自分で思っている方や、裏方仕事が向いているという人が、それを叶えるという喜びもあります。

比較的顧客ともよく会話する一般事務もあるので、そちらは顧客対応におけるやりがいも発生します。

研究職

研究に関するスキルや新しい知識が得やすいお仕事です。

自分の研究により商品が誕生することに喜びを覚えたり、その商品を使った顧客の声を聞くことにやりがいを感じる人も多いです。

研究すること自体が好きという人もいます。

一人での作業が多い仕事もあればチームで行う仕事もあり、感じられるやりがいが変わってきます。

製造職

モノづくりが好きな人は、やりがいを感じやすいお仕事です。

製造と言っても完成品まで作っている会社と、部品のみの会社がありますので、自分がやりがいを感じるポイントによって選び分ける必要があります。

自分の携わったものが市場に出回るので、その商品によって笑顔になる人を見ることでやりがいを感じる人も多いです。

また、周囲の人に自分の仕事を自慢できるというやりがいの感じ方もあります。

営業職

業務が数値化されることが多く、数字を積み上げるのが好きな人や、周囲と競い合うのが好きな人のやりがいが詰まっています。

また、頑張り次第で給与が上がったり、褒められやすい仕事でもありますので、頑張りを認められたい人、褒められるのが好きな人もやりがいを感じやすいでしょう。

顧客の悩みに寄り添うことも多く、会話も多いので、そういった顧客相手という面でのやりがいも豊富です。

接客・販売

接客・販売の仕事

営業職と同様、数字を見られる会社が多いです。

実績が給与に反映されることも多いでしょう。

こちらも顧客対応に関するやりがいが多くなります。

ファッションなど好きなものを相手に勧めるという機会も見られ、こちらをやりがいにする人もいます。

今の仕事と照らし合わせてみる1:一致することが多い場合

今既に仕事をしている場合、一度自分のやりがいと今の仕事とを照らし合わせてみましょう。

実はこれがやりがいなのかもと感じることもあるかもしれません。

自分が感じるやりがいを得られる部分が多々あるのに、どうもやりがいを感じていないという場合、もしかしたらマイナス点が目立ってしまっているのかもしれません。

辛いことがあるとついそちらに目がいきがちですが、一度仕事の楽しいところを深堀りしてみてはいかがでしょうか。

やりがいを明確にしてそちらに集中すると、仕事にハリが出やすくなります。

今の仕事と照らし合わせてみる2:一致しないことが多い場合

照らし合わせてみて、今の仕事にやりがいがあまりないなと感じる場合もあります。

そういった場合はどうしたらいいのでしょうか。

これは今の仕事でやりがいを見つけるか、思い切って他の仕事に移行するかに分かれます。

「今の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

今の仕事でやりがいを見つける

まずは今の仕事でやりがいが見つからないか考えてみましょう。

仕事に積極的になる

特にやりたくてやっている仕事でも好きな仕事でもない、という人は、やりがいを感じることを諦めてしまっているかもしれません。

適当に業務をこなして時間を過ごしていると、中々やりがいに辿り着かないこともあります。

まずは積極的に業務に取り組んでみると、思ってもみないところからやりがいが出てくるかもしれません。

スキル習得や資格取得を目指す

仕事をしていて得られるスキルや、目指せる資格はないでしょうか。

何か目標があるとやりがいを感じやすくなります。

また、スキルや資格を得ようとすると、今までに興味のなかったことへの興味が湧いてくることもありますし、仕事上で勉強になった、と感じられることが増えます。

自分で目標を立ててみる

自分で目標を立てることで、日々にハリを出している人も多いです。

例えば今日はこういうことをがんばろう、という一日の目標でもいいですし、10分間でこの入力を終えよう、という短期間の目標でも構いません。

短期間の目標をゲーム感覚でこなすことが楽しいと感じる人もいるようです。

目標が達成できると自分にはこれだけできた、という自己肯定感にも繋がります。

自分で自分を褒めてみる

やりがいが感じられない人は、どんなところで頑張っていいのか、分からなくなっているのかもしれません。

一日にひとつでもいいので自分を褒めてみると、やりがいに気づくかもしれません。

例えば、この仕事が人のためになっていたので自分は偉いとか、この仕事のスピードが速くなって偉いなどです。

成績が数値がされなかったり、扱っているものに実体がなかったり、あるいは顧客相手でないお仕事だと特に、他者からの評価が得られずにやりがいに迷ってしまう人がいるようです。

会社や上司はなかなか細かいところまでは見てくれませんから、自分自身でいい部分を見つけて評価してみましょう。

評価できた部分をもっと伸ばすことを目標にすると、さらにやりがいに繋がります。

他の仕事でやりがいを見つける

転職して他の仕事でやりがいを見つけるという手段もあります。

その際には以下のような点に注目して探してみるといいかもしれません。

自分の好きなことを仕事にする

好きなことに関われる仕事はやはりやりがいを感じやすいです。

好きなことと言っても、好きなブランドや商品もあれば好きな仕事内容もあります。

ただ、例えばこの会社のこの製品だけが好きなど、あまりに一点集中で入社すると、そこに関わる部署に配属されない可能性もあるので注意が必要です。

獲得したいスキルで仕事を選ぶ

最初から目標を持って転職すると、そこに至る道のりがやりがいになります。

獲得したいスキルや資格などに繋がる会社を選ぶのも一つの手段です。

一応そのスキルを獲得したあとはどうするのかについては、考えておく必要があります。

得たいやりがいを明確にする

仕事をすること自体をやりがいにする人もいれば、お金を稼ぐことがやりがいの人もいますし、人間関係にやりがいを見出す人もいます。

転職の際はどこにやりがいを見出すのか考えておくといいでしょう。

まずは、自分が頑張れそうと思う点でやりがいを感じていると、他のところからもやりがいが出てくるかもしれません。

転職すればやりがいが見つかるとは限らないことを覚えておく

今の仕事がつまらないから取り敢えず転職しよう、というのはやめた方がいいかもしれません。

転職すればやりがいが出てくるとは限りません。

仕事を楽しめる人というのは、少なからず自分で楽しいことを作っていることが多いです。

安易に、なんとなく楽しそうな会社を選べばやりがいを持って働けるはず、と思わない方がいいでしょう。

よく自分を分析して、やりがいを持って働く体勢を整えてみてください。

まとめ

やりがいについて記載しましたがいかがでしたでしょうか。

やりがいのある仕事についている人は輝いて見えますよね。

でも、意外とやりがいは自分で見つけるもので、会社が示してはくれないかもしれません。

しっかり自分自身を分析してハリを持って働きたいですね。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご