産休、育休制度の取得について理解を示す会社が増え、結婚して家庭に入り家事育児に専念する主婦になる女性が減り、共働き世帯が増えてきました。

そこには魅力的なメリットが多々あるからです。

しかし、共働きにはメリットだけでなくデメリットも存在しています。

デメリットについてしっかりと理解をしてリスク管理をしていかないと結婚生活自体が上手くいかなくなってしまうという事態にも陥りかねません。

ここでは共働きのメリットとデメリット、共働き生活を円滑に進めていく方法をご紹介します。

共働きを円滑に進める上での6個の注意点

共働きを始める際にはどんな生活が待っているのか、想像するのはなかなか難しい事です。

また、メリットばかりに目が行ってしまい、リスク管理が疎かになってしまうと予期せぬ問題にぶち当たり、夫婦間に亀裂が生じてしまう場合があります。

共働きは円満に円滑に進めていかなければなりません。

家庭のために共働きをしているのに、家庭が円満でないと本末転倒です。

ここでは共働きを円滑に進める上での注意点を6個ご紹介します。

すれ違い生活

夫婦がそれぞれに職を持ち、外で仕事をしているとどうしても生活にすれ違いが起きてしまいます。

些細なすれ違いを放置しておくと、後々大きな問題に発展してまう事もあります。

すれ違いが多ければ多いほど、その分決めておかなければならないルールが増えてきます。

休みが真逆の職種には注意する

「技術者の夫の休みは土日、サービス業の妻の休みは火曜水曜」と、職種が違うと休日も違います。

休みが真逆の職種に就いている夫婦はすれ違いが多くなるという事を理解しておかなければなりません。

お金の管理

それぞれに収入があると、どんぶり勘定になってしまうケースが多く、お金の管理が疎かになりがちです。

お金の管理は意外と大変で大きな労力を必要としますが、しっかりと管理を行っておかないとせっかく共働きをしているのに、なかなか貯金が貯まらないといった事態に陥ってしまいます。

お金の管理がしっかりと出来ていないと夫婦の揉め事に発展してしまいがちなので注意が必要です。

家事の分担

掃除、洗濯、炊事、子育てなど共働きをしていると仕事以外にもそれぞれに負担をしなければいけなくなります。

外で忙しく仕事をした後に家事をこなさなければいけないのは大きな負担となります。

また、家事についても「やり方が違う」「雑にしている」などクオリティに差が出てきます。

その差は多少なりともお互いにストレスを感じてしまいます。

家事の方法や家事の分担については事前にしっかりと確認をしておかなければなりません。

病気について

共働きをしていて、どうしても避ける事の出来ないのが「病気や怪我」です。

一方が病気や怪我になっても共働き世帯の場合、付きっきりで看病をするという事が出来ません。

保険や常備薬を多く用意しておくという備えをする事は出来ますが、病気や怪我自体を避ける事は出来ません。

子育てについて

共働き世帯の持つ一番の注意点はやはり子育てについてです。

子育て、教育の方法が違うと夫婦間で大きな問題になります。

食べ物や飲み物、テレビの視聴時間や、勉強時間や方法について事細かく決めていかなければなりません。

また、子供の保険証やおくすり手帳などの管理なども非常に重要となりますので、特に注意が必要です。

共働きのメリットとは?

共働きが注目されているのは、魅力的なメリットが多くあるからです。

ここでは共働き世帯のメリットをいくつかご紹介します。

世帯収入が上がる

やはり一番の魅力は世帯収入が増える事です。

収入が増え、お金にある程度の余裕が生まれると精神的な余裕も出てくるようになります。

基本的に問題の多くはお金があれば解決をする事が出来ます。

夫婦それぞれの収入が多く無くとも、世帯収入を増やす事で将来的にマイホームの購入や教育にお金を掛ける事が出来ます。

働き手が2人いる事でリスクを軽減できる

一家の働き手が怪我や病気で働けなくなるなど、万が一の際にも家庭に働き手が2人いる事で収入の激減のリスクを多少なりとも回避する事が出来ます。

また、大手企業でも経営破綻、倒産、リストラとリスクを抱えていることから、共働きは賢い選択のひとつであると言えます。

これはひとつの会社に固執せず、常に転職を視野に入れたり、副業をするといった事と通ずる考え方のひとつです。

いかにリスクを分散させるか考える事も現代社会では重要な仕事に対する考え方です。

正社員として働いていると出産の際などに「産休」を取る事が出来る

正社員として働いていると産休や育休の制度を取得する事が出来て、収入を得る事が出来たり、早い段階で職場復帰をする事が出来ます。

しかし、産休が認められる期間の問題から妊婦さんの「つわり」の辛い時期にも働かなくてはいけなくなります。

また、子供を保育園に入れる前提で出産をする事になりますので、事前に夫婦で話し合いが必要です。

それぞれのコミュニティを持つ事でストレスを軽減出来る

女性は家庭だけでなく外で働き、コミュニティを持つ事でストレス発散にもなります。

子育てをしている女性の方は職場で「ママ友」を作って情報交換をする事も出来ます。

家庭で家事と育児に追われているとなかなかストレスを発散するのが難しく、夫に当たってしまいがちですが、外で仕事をする事で良い気分転換にもなります。

仕事に対しての理解をし合う事が出来る

共働きをしてお互いが仕事をして、お互いで家事と育児を分担する事でお互いの理解を得る事が出来ます。

仕事と家事を完全にそれぞれに分業するよりも、精神的、肉体的にもストレスや疲労を軽減する事が出来ます。

共働きのデメリットとは?

メリットを読んで、前向きな気持ちになります、デメリットもしっかりと理解をしてから共働きを始めなければなりません。

共働きのデメリットを無視してリスク管理をする事は不可能です。

メリットとデメリットを比較して、自分の家庭のライフスタイルや目標などに合った働き方をするようにしましょう。

突然の休みを取るのが大変

冠婚葬祭や子供のイベントで2人が休みを取る事が難しい場合があります。

特に業種が違うと繁忙期の違いや休日の違いから同じ日に休みを取るのが難しくなります。

子供の運動会などで休みを取る事が出来ずに夫婦のどちらかだけが参加する事になると子供にさびしい想いをさせてしまう事があります。

夫婦間では仕事のついて理解を得る事は出来ますが、子供や親戚から理解を得るのはとても大変な事です。

すれ違いが起きてしまう場合がある

時間的なすれ違いから、夫婦の会話が減ると、気持ちのすれ違いが起きてしまう事があります。

また、金銭的に自立する事から、夫婦がそれぞれに依存する事がなくなり、それもまたすれ違いを加速させてしまいます。

共働き世帯が抱える最も大きな問題のひとつが「時間的なすれ違い」から生じる「気持ちのすれ違い」です。

出産や子育てで退職をするのが大変

正社員として働いていると産休や育休を取得する事が出来る反面、寿退社をする事が難しくなります。

そもそも、社会的な労働力の担い手として産休や育休制度を充実させて、退職では無く休職として扱い、仕事を続けてもらうというのがこの制度の狙いのため当然ではありますが、産休や育休の取得実績の高い職場では逆に退職をするのを考えている場合は難しくなってしまいます。

ルールを決めなければならない

共働きをすると家事の分担や子育て、教育、お金の管理など決めなければいけないルールが多くあります。

仕事が忙しく家事が疎かになってしまうと、相手にストレスを与えてしまう事があります。

ルールを決めるとルールを守らなくてはいけなくなります。

そのこと自体が夫婦間での揉め事やすれ違いに発展してしまう場合があります。

共働きでも生活を上手く進めていくために

協力者を多く持つ

お互いの両親や兄弟、または親戚など協力をしてくれる人を多く持つ事をおすすめします。

親を頼りにしたくないと考える人も多くいますが、残業で子供のお迎えにいかなければいけない、病気や怪我で看病をしてもらう時など、信頼のおける協力者を多く持つ事で共働き世帯の抱える問題や不安を解消する事が出来ます。

常日頃から近しい人とはしっかりとコミュニケーションを持ち、いざとなった時に助けてもらえるように努めましょう。

2人が休みの日を決めておく

結婚記念日や誕生日、年末年始など、2人が大切だと考える日を事前に話し合い、休みとまではいかなくとも真っすぐ家に帰る日を決めておきましょう。

「この日は結婚記念日なのに」「正月くらいは家族で過ごしたい」など夫婦間でも価値観が違う場合がありますので、言わなくとも分かっているはずと考えずに話し合う事が大切です。

「報」「連」「相」を大事にする

基本的な事ではありますが、報告、連絡、相談の報連相を怠らないようにしましょう。

時間的なすれ違いなどから、伝える事が難しい場合もありますが、報連相を怠ってしまうと大きな問題に発展してしまう場合もあります。

家で話す事が難しい場合はLINEや電話を使って伝えるようにしましょう。

お互いを気遣う気持ちを持つ

共働きをしていると、仕事をして家事をするのが当たり前になっていきます。

ルールを決める事で更にその考えは強くなります。

しかし、仕事をして家事をする事はとても大きな負担になります。

その事についてはお互いが最も分かっているはずなので、常にお互いを理解し、感謝の心、労いの心を持って気遣いをしてあげるようにしましょう。

お互いの生活にすれ違いがあるからこそ、気遣いがとても重要で大切な事です。

お金の管理を明確にしておく

お互いの収入をキッチリと把握していなくとも、毎月の生活費、貯金額、食費、娯楽費などを管理しなくてはいけません。

冠婚葬祭など突然の出費の際に使ってもいい貯金、手を付けてはいけない貯金を明確にしておかないと大きな問題になります。

世帯収入が上がり、金銭的、精神的な余裕が出てきたとしても、お金の管理を怠ってしまうと貯金が上手く進まないなど、本末転倒になってしまいます。

2人の目標を持つ

共働きをして貯金をする事が出来るようになったら、その貯金の使い道や目標を明確に持つ事で仕事や家事のモチベーションに繋がります。

目標の設定が曖昧だと、支出の大して不透明な部分が出てきてしまうので夫婦間で共通の目標を持つようにしましょう。

共通の目標を持つ事で夫婦が励まし合い、協力をし合う事が出来ます。

家事代行サービスを利用する

週に一度、月に一度など頻度を決めて家事代行サービスを利用する事をおすすめします。

家事代行サービスをお金を払ってプロに依頼する事で夫婦の肉体的、精神的な負担を軽減する事が出来ます。

また、プロに頼み家の掃除が隅々まで行き渡ると家での休息の際にも、より疲れを癒す事が出来ます。

共働き世帯の数

2000年代以降、共働き世帯は増加の一途をたどっています。

年齢別で見ても、女性の20歳から24歳頃に一度結婚や子育てのため、退職数は一時的に減少しますが、その後職場復帰や共働きを始めてその割合は増加しています。

公的な情報として総務省統計局の「労働力調査」によると、約6割の家庭が共働きを選択しています。

世帯収入を増やすため、女性の働き方が変わって来た、女性が働きやすくなったなど理由はたくさんありますが、共働き世帯は珍しい事では無くむしろメジャーな選択です。

また、共働き世帯は今後も増え続ける事が予想されます。

在宅ワークについて

女性の働き方として、近年では在宅ワークにも注目が集まっています。

家でシールを貼ったりする内職だけでなく、パソコンを使って仕事をする事が出来ます。

外で仕事をするよりも、大きな収入を得る事は難しいですが、働きやすさ、子育ての合間にも簡単にする事が出来るといった理由から人気が高まっています。

しかし、共働きのメリットでもある「外でコミュニティを持つ事」が出来なくなります。

また、家庭にいる事から家事や育児に追われながら仕事をしなければいけません。

在宅ワークは夫から仕事としての認識が低く、家事の分担や協力を得るのが難しいといった問題点もあるので、事前に夫婦で話し合いをする事をおすすめします。

まとめ

リスクを軽減する、収入が増やすといった魅力的なメリットあるため共働きは当たり前の選択のひとつでもあります。

しかし、共働きのデメリットや注意点をしっかりと理解しておかないと夫婦の間に亀裂や溝が生じかねません。

事前に話し合いをして、目標や目的を明確に設定をして労いと感謝の心を持つようにして、円満な家庭作りにが出来るようにしなければなりません。

女性の労働力と勤勉さに社会が理解を示し、女性の働きやすい環境は着々と作られています。

結婚をして出産をして子育てをしていても、自分のやりたい仕事、自分の得意な仕事を選択する事が出来る社会になってきています。

夫婦で話し合い、円満な家庭の中で、円滑に共働き生活をする事をおすすめします。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご

音楽に関わる仕事おすすめ18選。その仕事内容とおすすめの理由を紹介します

音楽と言っても様々なジャンルがありますが、皆さんはどんなジャンルの音楽が好みですか。クラッシック、オペラ、民謡・童謡・ロック・ジャズ・ポップス・演歌等いろんな場所で、色々なジャンルの音楽を耳にすると思いますが、皆さんが音楽を耳にするまでに、色々と音楽の仕事に携わっている人がいます。そこで今回は、音楽に関わる様々な仕事についてご紹介させて頂きます。音楽に関わる仕事にはどんなものがある?音楽に関わる仕事には、表で活躍する仕事と裏方での仕事が有ります。表の仕事は、歌手・楽器奏者等、前面に出て活躍する職業なので分かり易いですが、当然音楽制作関係の仕事をする人、その他には、映画やドラマ等に流す音楽を選定

自然に関わりたい人におすすめの仕事10選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

近年、キャンプや登山などのアウトドアを楽しむ人が増え、大自然の中で日々の疲れをリフレッシュしています。また、自分はインドア派だという人も、神社や広々とした高原へ出掛けると、自然の美しさや清々しい空気に、心が癒されるのではないでしょうか。元々自然が好きな人にとっては、自然に関わった仕事に就きたい、自然の中で仕事をしたいと思う人も居ると思います。そこで今回は、自然に関わる仕事を目指す人におすすめの仕事をご紹介いたします。自然に関わりたい人におすすめの仕事10選自然に関わる仕事は、探してみると実に多くの種類があります。資格が必要な仕事やボランティア、長期間や期間限定など条件も色々です。また、自然と接