働くことは、人によってはとても辛いことですよね。

でも、自分が一生懸命働いているのに、近くに真面目に働かない人がいると、自分の我慢が際立って、より辛くなります。

ここでは、働かない人の特徴と合わせて、少しでも前向きに働けるようになるコツを紹介します。

働かない人が近くにいる方、自分自身が働くのが苦手だと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

働かない人の7個の特徴

まず始めに、働かない人の特徴を紹介します。

愚痴が多い

働かない人、特に仕事の嫌いな人は、仕事に対する愚痴が多くなります。

例えば、「この仕事はマニュアルが悪いから上手くできない」とか、「○○さんがいる日は、仕事が上手くまわらない」などのように、とにかく仕事ができないことを人のせいにしがちです。

そして、自分が悪いことは決して認めず、1日の大半を愚痴を言って過ごします。

愚痴が多い人と同じ仕事を続けている人は、周りに悪い影響しか与えません。

しかし、本人は愚痴を聞いてくれる相手がいるなど、実は居心地の良さを感じているので、同じ仕事を続けようとします。

また、自分の行いを振り返らないので、一緒に働く人が苦しむことになります。

やる気が無い

働かない人の中には、そもそも仕事に対するやる気がない人もいます。

働く理由は色々ありますが、それぞれ何かしらの目的や目標があり、仕事を始めます。

しかし、やる気がない人はその目標をすぐに失ってしまったり、仕事を腰掛け程度にしか考えておらず、楽をしてお金を稼ごうとします。

隣の人がどんなに一生懸命取り組んでいても、助けたり手伝ったりはしません。

むしろ、その場しのぎのミスをして、他の人の仕事を増やす傾向もあります。

やる気がなければ、反省もしないので、仕事が上達しません。

最低限の事しかしない

仕事には、毎日決められたルーティーンがありますので、基本的には決められたことだけやっても、1日を終えることができます。

しかし、先を見越して準備したり、忙しい人の仕事を手伝ったりすることで、全員がより効率的に仕事をすることができます。

働かない人は、決められたルーティーンはこなしても、それ以上の仕事は決してしないという場合もあります。

必要最低限の仕事しかしないため、その人の仕事は早く終わりますが、その分、周りの人が苦労することになります。

自分から仕事を探すということはしませんので、働かない人だけが1日中暇そうにしていて、早々に退勤するのです。

必至で働いているふりをしている

働かない人の中には、必死に働いているふりをする人もいます。

忙しそうにウロウロしていたり、資料を見ているようでずっと同じページを開いていたり、パソコンで仕事をしているふりをして、全く関係のないサイトを見ているなんてこともあります。

とにかく1人で、1日中ばたばたとしているのですが、やらなければいけないことは、何も進んでいないのです。

結局は、周りの人が手伝ったり、仕事を代わったりすることになり、迷惑を被ることになります。

自分が限界のふりをしている

特に周囲の人にとって嫌なのが、「もう疲れた」とか「これ以上はできない」などと弱音を吐いたり、すぐに体調を崩して休んだりすることです。

そもそもそれほど働いていないはずなのに、なぜか他の人より早く疲れてしまうので、気を遣いますし、弱音を聞いている方も疲れますよね。

その上、体調不良での欠勤が続くのは、迷惑でしかありません。

ミスや漏れが多い・仕事が雑

働きたくない人は、とにかく仕事を早く終わらせて帰りたがったり、その場しのぎでいい加減な仕事をします。

そのため、ミスや漏れが多くなりますし、全体的に仕事が雑になります。

働かない人がいい加減にした仕事は、最終的には誰かがカバーしなければいけません。

しかし、働きたくない人は、そんなことを気にしたり、振り返って反省してくれたりはしないのです。

同じようなミスばかりを繰り返します。

このタイプは、怒っても優しくしてもミスを繰り返すので、指導する立場の人と特に困らせることになります。

仕事をしていない、仕事ができないことを認めない

仕事が出来ない人の特徴として、一番厄介なのが、自分ができていないことを認めないことです。

やる気がない人や、仕事をしているフリをしている人は、ある意味、仕事をしていないことを理解しています。

しかし、仕事をしていない、できていないことを認めない人は、成長が見込めませんし、チームにとってもかなり悪影響を与えます。

働かない人が働かない理由

働かない人の特徴をご紹介しましたが、そもそも、なぜ働かないのでしょうか。

主な理由をご紹介します。

人とのコミュニケーションが苦手で上手く仕事ができない

働かない人の中には、コミュニケーション能力が低くて、上手く仕事ができない人もいます。

例えば、次に何をして良いかわからなくても、自分からは聞きに行けなかったり、言いつけられた仕事の内容が理解できず、いつまでも取りかかれなかったりするのです。

やる気がある場合も多いので、指示の仕方次第では、働く人に変えられる可能性もありますが、周囲の人が上手くフォローしていく必要があります。

理想と現実に差を感じている

例えば理想が高すぎて、現実を受け入れることができず、仕事に満足できないため、働く意欲がない人です。

本当は、年収の高い仕事をバリバリやりたいという理想だけ高く、自分の能力が追い付いていない現実を受け入れられず、今の仕事ですら真面目に取り組めないのです。

結果的に評価を受けることができないので、キャリアアップもできません。

しかし、自分自身ではもっとやれると思っているので、理想と現実の差を埋めることができないのです。

目標や出世欲が無い

そもそも、一定の収入を得ることができれば、仕事にそれ以上のことを求めていない人もいます。

出世をして収入をアップしたり、目標に向けて頑張っているわけではないので、いつまで経ってもやる気にはなりません。

自分がやりたい仕事をやりたい範囲でしか取り組まないので、成長もしませんし、新しいことにチャレンジすることもありません。

働かない人の中でも、最低限の仕事しかしない人に多い理由です。

期待されていないと思っている

周囲に期待されていないと思うと、やる気が出ずに、意欲的に働かない人になる場合があります。

自分は正当な評価を得られていないと思っているタイプです。

もしくは、今まであまり評価されたことがないため、「今回もどうせダメだろう」と勝手に決めつけている場合もあります。

必要最低限の仕事しかしなかったり、仕事の手を抜いてミスを繰り返したりする傾向があります。

やる気が無い人たちで集まっている

働かない人は、何人かで集まって、グループを作る場合もあります。

お互いに働きたくない理由を愚痴って肯定しあったり、一生懸命働いている人を攻撃する場合もあります。

働かない人は、自分が仕事をしないことに何かと理由をつけています。

そのため、自分を肯定してくれるグループをとても心地よく感じるのです。

そして、肯定されることで正当化され、全体で働かない方向へ進もうとします。

目標を達成しているため燃え尽きている

以前は意欲的に働いていたのに、一定の目標を達成したことで燃え尽きて、働けなくなる場合もあります。

欲しいものを手に入れたりすることももちろんですが、目指していた役職に就けたり、仕事を通してやりたいことを達成できると、このような状態になることがあります。

次の目標を設定することで、よりステップアップできる場合もありますが、もう一度立ち上がるには、ある程度の時間が必要になるでしょう。

能力以上の仕事に潰れてパンクしている

忙しい職場で働いている場合、人手が足りずに、能力以上の働きを求められる場合があります。

しかし、人には限界がありますので、能力以上の仕事を続けていると、キャパオーバーでパンクしてしまいます。

一度パンクしてしまうと、全部の仕事が雑になったり、周りが見えなくなって、必要最低限の仕事もできなくなります。

本人はそんなつもりがなくても、働けない人になってしまうのです。

そもそも具体的に何をすれば良いのか分かっていない

仕事は、今やっていることの目的や目標が見えていないと、一生懸命には取り組めないものです。

仕事が出来ない人は、仕事の具体的な目的や目標を理解していないことが多くあります。

また、期日を把握していないことも多いです。

そのため、今やるべきこと、先にやるべきことを順序だてて考えることができず、何もしなかったり、関係のない仕事をしたりします。

周りにどう思われているか気にしていない

周りにどう思われているか気にしない人は、評価されるために仕事をしたり、何かを成し遂げることにも興味がない場合が多いです。

周りのことに興味がないので、必要最低限な収入を得ることに満足し、自分から仕事をしたり、求められている以上の成果を出そうとは考えません。

仕事を前向きにするようになるためのコツ

仕事をしない人も、チームの一員です。

いつまでも仕事をしないままでは、立ち行きません。

それでは、前向きに仕事をしてもらうためには、どうしたら良いでしょうか。

仕事をしてもらうためのコツをご紹介します。

具体的な仕事内容を誰かと共有する

仕事をしない人は、何をしていいかわからなかったり、取り組む順番を間違えている場合があります。

まずは、今やること、またやるべき順番を具体的に共有して、仕事の内容を整理しましょう。

仕事の内容を共有し、整理することで、取り組むべきことが明確になります。

共有をするための時間をとる必要がありますが、特に仕事の順序が悪い、期日までに提出することが出来ないようなタイプには、非常に有効な方法です。

仕事に責任を持つ・持たせる

仕事をしない人には、あえて責任ある立場を与えることで、成長を促す方法もあります。

仕事をしない人は、「自分がやらなくても」とか「誰かがやってくれる」といった甘えた気持ちを持っている場合もあるので、責任を持たせることで自立し、力を発揮するようになる場合があります。

ただし、この方法をとっても、下の立場の人に仕事を押し付けたり、逃げ出してしまう場合があります。

まずは本人の性質を見極め、他の人の仕事に支障のない範囲で、簡単なプロジェクトのリーダを任せたりするところから始めましょう。

やるべき仕事のゴールを明確にする

仕事の目的や目標を理解していない場合には、ゴールを明確にすることで、意欲を上げることができます。

やっている仕事が役立っていることを強調したり、仕事をしてもらうことで、得られる評価を明確にするもの良いでしょう。

本人を誉めることにも繋がり、一石二鳥です。

燃え尽きている人は仕事を減らしたり休みを取ろう

大きな仕事をやりとげて、燃え尽きている人には、次の仕事をしてもらうことよりも、まずは休んでもらうことを優先するべきです。

人は、休むことで英気を養い、次の働く意欲に繋がります。

場合によっては、本人が無理に仕事をしたがるかもしれません。

周りの人がサポートし、やるべき仕事を減らして、ゆっくりと休める環境を作ることが重要です。

得意な仕事をやってもらう

自分の能力以上の仕事をしている場合、一旦その仕事からは外れてもらい、得意な仕事をやってもらうという方法が有効です。

自分の能力以上の仕事は、望まれている成果を出すことが難しく、自信を失います。

まずは得意な仕事で成果を出してもらうことで、自信を取り戻すことができますし、苦手な仕事にトライする気力も生まれます。

配置を変える

仕事の出来ない人は、自然と集まる傾向があります。

そんな時は、思いきって配置を変えてみましょう。

集まると仕事をしなかった人も環境が変わると、思いがけずに力を発揮する場合があります。

これ以外にも、苦手な仕事だったり、苦手な人がいて、仕事に集中できていない場合もあります。

配置を変えることで、それらの問題を解消することができます。

コミュニケーションの方法を変える

コミュニケーションが苦手な人の場合、コミュニケーションの方法を変えることで、円滑に仕事をできることがあります。

例えば、言葉での指示が苦手な場合には、紙のマニュアルを作ってあげたり、複数のことを一度に伝えても抜けてしまう場合には、一つずつ取り組んでもらったりします。

そうするだけで、目の前の仕事に集中することができるのです。

まとめ

働かない人の特徴と、前向きに働いてもらうためのコツをご紹介しました。

働かない人は、自分のチームにいるだけで、仕事の進みが悪くなりますし、チーム全体の雰囲気を悪くしますよね。

しかし、その人の特徴を把握し、働いてもらうための方法を知ることで、働かない人から、チームの中心に変わることもあります。

紹介したコツを参考にして、ぜひ育成してみてください。


関連キーワード

仕事の悩み


仕事の悩みに関するコラム

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

今回は、事務職の休み事情について、休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。休みが多い雇用形態はあるのでしょうか?事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げていきます。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めがなく働けたりと、安定して身分が保障される雇用形態といえば、やはり正社員。正社員としての働き方が安心という方も多いことでしょう。休みの多さはどうでしょうか。正社

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います