仕事辞めたい病になりがちなシチュエーションと乗り越え方についての写真

みなさん、こんにちは。

如何お過ごしでしょうか?

今回取り上げていくテーマは、仕事辞めたい病になりがちな5個のシチュエーションとその乗り越え方についてです。

今のお仕事を長く続けられている方なら、誰もがきっと一度は経験したであろう厄介なこの症状。

今年新しく職場に入ったばかりの新人さんも、五月の連休明けには五月病と相まってこうした症状に悩んでいる方もいるのではないかと思います。

もちろん私自身、仕事辞めたいなーと思った事はそれこそ数え切れない位あるものですが、やはり人間ですから誰しも落ち込む事ややる気の出ない時というのは必ずあるものです。

ただ、それがあまり長く続くようだとやはり仕事や生活の面で色々な支障が生じる事になりますし、何よりも迷いや悩みがいつまでも晴れない状態というのは精神衛生上好ましくありません。

ですから、そういう状況からは一刻も早く脱したい所なのですが、そう簡単にはいかないのがこの問題の難しい所。

これを解決する為には、他の人から色々なアドバイスを受けたり、会社の上司に相談をしたりするのも良いでしょうが、最後はやはり自分自身で考えて納得のいく結論を出していくしかありません。

この問題を解決する為の万人に当てはまるような完全な答えというものは存在しませんが、他の多くの人の体験や経験を参考にする事も何かの助けになるかと思いますので、この記事もそのような感覚で読んで頂ければと思います。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

私は今までにこんな仕事を経験してきました。

私は、これまで多くの職を経験してきました。

というか、転々として参りました。

職種には多少偏りはあるものの、肉体労働からオフィスでのパソコンを使った仕事、営業、ドライバー、多少専門的な技術を要するものやアーティスティックなものまで結構幅広く経験しましたし、正社員からアルバイト、日雇いまで雇用形態や勤務期間等も様々です。

辞めた時の理由も色々でした。

給料や条件の良い他の会社に転職したいから、長い旅に出るから、田舎暮らしがしたいから、株や為替で儲かったから、職場の雰囲気が悪いから、理由も無く仕事が嫌になったから、等々。

私の両親のような古い世代の方達から見れば、大した理由も無く多少嫌な事があった程度ですぐに仕事を辞めたり変えるような奴は駄目だという事で、周りの長年会社勤めをされている方達からは私もよくそのように言われたものです。

ただ、私の周りにはそうでない人が多くいたのも事実。

働いている奥さんの扶養になっている人や、大家として家賃収入だけで食べているような人、ワーホリばっかりやってる人、アフィリエイトだけで食べている人、安い海外で沈没して金が無くなったら日本に帰ってくるような事を繰り返す人等、皆いつまでもマトモな定職なぞには就かずに貧乏ながら気ままに生きるようなプータローまがいの輩も多かったようです。

そういう人達との長年の交流が影響してか、私も定年まで一つの会社で滅私奉公するといった気概は最初から無く、近い将来は早期リタイアして後はのんびりと気ままに過ごしていきたいというのが希望です。

しかし、何をするにも世の中金が必要なのは、どうにも動かしがたい事実なのです。

そういう世の中の仕組みというのは我々にはどうにも変えようがありません。

そして、金を作る為の方法というのは限られているもので、その代表的な手段の一つが会社で働くという事なのです。

ドライバー

車のドライバーはたまにバイトでよくやりました。

多くはルート配送とか配達ですが、送迎もやった事があります。

この仕事の良い点は、力を使わない、一人で業務を行う時間が殆どなので、あまり周りとの人間関係に気を使わなくとも良いという事や、仕事が自分のペースでやれるという所です。

バイク便

せっかく取得した二輪の運転免許を活かそうと思い、始めたのがこの仕事でした。

私が所属した会社は完全出来高制だったので、頑張って多くの仕事をこなせばそれだけ自分の懐に多く入るという事で、お金を稼ぐにはもってこいでした。

ただし、車と違ってバイクというのはやはり天候に大きく左右されますので、特に真冬や真夏はきついです。

また、ルート配送とは違って毎回毎回違う住所にブツを届けなければならないので、そういう面では大変でした。

大工

大工といっても家を建てるような高度な技術と豊富な経験が必要とされるような業務ではなく、イベント等で使用される出品ブースや仕切り等を会場に設営したりイベントが終了後に撤去するお仕事です。

それでも一般的な派遣会社が広く行っているような単純な資材の搬入とかの軽作業とは異なり、色々な専用の工具を使用して壁や屋根、ドア等を組み立てていくものです。

大工というだけあって釘の特殊な打ち方等も習得する必要があり、ベテランの職人さん等も多く働いていた会社でした。

図書館

図書館の仕事

都内某所にある大きな図書館で短期間ですが、働いていた事があります。

私がやっていたのはパソコンを使用して図書館に所蔵してあるあらゆる本のデータをひとつひとつ作成するというもの。

非常に面倒くさく、職員や司書達も敬遠するような細かい作業なので、年に一度の入札案件という形にして図書館が民間の会社に仕事を丸投げして安い人件費で回していたものです。

サイトの運営

占いとか人生、悩み相談のサイトを開設している会社でサイトの運営や作成、サイト利用者とのメールでのやり取りが主な業務です。

会社は従業員が所属する本社とは別にそれぞれダミー会社を作り、こうしたサイトを複数運営していきます。

業務内容もかなりグレーゾーンでやっているな、という印象は受けました。

音楽クリエイター

こう書くと何だか格好良く聞えるかも知れませんが、実際の作業はほぼパソコンを使用した地道なデータ入力です。

主にサイトや携帯とかネットのゲーム等に使用される為の音楽を作成するという業務でした。

ただのデータ入力と大きく異なる点は、作編曲から録音、ミックスからマスタリングまでの作業全てをこなさなければならないという事です。

私がこの仕事をしていたのは今と違ってまだデジタル録音が一般には実現出来なかった時代。

色々な機材を使用してかなりアナログな作業を繰り返していた記憶が残ります。

アンケート調査

某有名調査会社で働いていた事もありました。

会社はいろいろな企業からのリサーチの依頼を請負って来て、企業に代わって一般の人達に様々なアンケートを行うのです。

昔は今のようにアンケートサイト等も充実していなかった時代だったので、顧客の消費動向や心理を掴んで売り上げに繋げていきたい企業はこうしたデータを調査会社を使って収集していったのですが、現在でもこの流れ自体にはそれ程の変化は無いと思います。

今ではとても信じられない事ですが、昔は個人情報保護法等が施行される前だったので、各会社はかなり大胆に大量の個人情報を収集、共有していました。

調査会社に限らず携帯電話会社等もそうしたまとまった個人情報のデータをある筋から当たり前のように入手して使い回していたようです。

仕事辞めたい病になりがちな5個のシチュエーションと乗り越え方とは?

ここでは、仕事を辞めたい気分になる時のシチュエーションについて書いていきたいと思います。

仕事を辞めたいというのは、正確にはとどのつまり会社を辞めたいという事になるかと思います。

自分の好きな仕事に就いている人や自営業等自分で仕事をしているような人にとっては、仕事がきついとか儲からないとか上手くいかない、好きな仕事では食えないという問題に直面することはあっても、その仕事自体は好きでやっているのですから仕事に対しての不満はそう無い筈です。

多くの人が辞めたいと思うのは仕事ではなく会社の方であるという事は、これはなかなか難しい問題だと思います。

何故なら、雇われの身である人にとって自分の意思で会社をどうこうする事は出来ないからで、社長が、同僚が、上司が、周りの環境が、サービス残業が、月のノルマが、通勤が、ボーナスが、給料が、配属先が不満だというような我儘は一切通りません。

つまり、私なりの結論を言ってしまうと、あなたがこの先会社勤めを続ける限りこの問題は決して解決出来ないという事です。

そう言い切ってしまうと身も蓋もありませんから、これから少しでもその対策について考えていきます。

職場の人間関係でつまづく時

仕事がきつくて会社を辞めたいと思う人よりも、職場の人間関係が問題で会社を辞めたいと考えている人の方が多いといわれます。

それほど人間関係は重要で、また難しいものでもあります。

何も考えていなくても職場で上司や周りと上手くやれる人がいる一方で、何処へ言っても誰とも上手くやれないような人もいます。

そして、これは単に仕事が出来るとか頭が良いというのがあまり直接には関係してないようにも思われる事がしばしばで、実際職場では非常に仕事が出来る人なのに人間関係がまるで駄目だとか、一流校を出て凄い資格も持っているにも関わらず部下を上手く使えずに中々昇進出来ない、という人を今迄何人も見た事がありました。

あいつは才能はあるけど人間関係が駄目なんだよな、といわれている人があなたの職場にもきっと何人かいる筈です。

それを乗り越えるための方法とは?

人間関係が苦手な人は、それを無理に克服しようとするよりも、むしろ人間関係が少ない、殆どないような仕事を選ぶと良いでしょう。

世の中にはそういう仕事は結構あります。

究極的には自分一人でお金を稼ぐような事が出来ればベストなのですが、なかなかそう上手くはいかないのが世の中です。

ですから、まずは、そういう仕事を探す事を考えてみると良いでしょう。

人間関係が少ない仕事は車のドライバー等が鉄板です。

そういう職業には、精神的な気楽さや人間関係の少なさを求めて仕事についている人が多いです。

やった事のない私からすると、タクシーのドライバー等は客によってもクレーム等があるのでそれなりに神経を使うような職業にみえてしまうのですが、経験者の話ではそれでも他の仕事よりはマシと言っていました。

ノルマが上手く達成出来ない

ノルマ

営業職等がそうですが、毎月のノルマの達成があるような仕事は特に嫌なものです。

会社での仕事はただでさえ大変なのに、それに加えて毎月良い成績を叩き出さねばなりません。

仕事の成績が悪いようだといちいち上司の指導が入りますし、いつまでも自分は会社に課せられたノルマさえ達成出来ない駄目な奴だ、と段々と自分の無力さや不甲斐なさに落ち込んでいく人もいます。

時間内に仕事が終わらなければ会社の仕事を自宅にまで持ち帰ってやるという事もザラで、これではのべつ幕なしに働いている状況になってしまいますから本当に休む暇というのがありません。

特に営業ノルマの達成といったような具体的な数字で毎月の成果を示さなければならないようなものというのは、精神的なプレッシャーが強くのしかかってきます。

大人の世界ですから、たとえ結果が出なくとも「努力はしています」というような言い訳は当然会社は認めません。

上司からはもっと頑張れ、頑張りが足りないと言われ、成績をあげている周りの優秀な同僚や後輩達に比べて自分はなんて才能が無いのだ、と考え込んでしまいます。

こうした状況が長く続くようだと、過度のストレスや疲労により、いずれそう遠くないうちに何かの病気や体調不良になってしまうのは目に見えています。

それを乗り越えるための方法とは?

あまりノルマの達成を気にするあまり病気になってしまいそうな程追い詰められるようであれば問題です。

世の中には、こういうプレッシャーも蚊が刺した程度にしか感じない、神経が太くて胆の座った人もいます。

大抵成績は常に下の方なのですが、全くゼロと言う訳でもなく、かといって本気を出して仕事に取り組む訳でもなく、のらりくらりと至って気楽に仕事をこなしていくのです。

こういう人は要領も良いので世渡りが上手いような人も多いのですが、普通の人はやはりなかなかこういう境地には至る事が出来ません。

ですから、一つの対策としてはノルマの無い仕事を選んで就職するようにましょう。

ずばり公務員が良いと思います。

決められた仕事以外は特にやる必要がありませんし、毎月の成績とかノルマの心配も不要。

福利厚生は手厚く有給もしっかりとる事が出来ます。

ただ、公務員でも職種によってはきつい仕事もありますし、あまりにお役所仕事ぶりを前面に打ち出すと住民の不満やクレームにも繋がります。

特に最近はやっかいな人もいるので、自治体等は住民への対応というのに気を遣うようになっています。

また、公務員には年齢制限も設けられているので中年になってからいざ、こちらに転職しようとしても時既に遅しとなるので事前によく計画を立てて調べておく事が大切です。

人に雇われるのが嫌になった時

毎日仕事の為に定時に起きて満員電車に一時間もすし詰め状態で通い、職場に着いたら遅くまでサービス残業で帰宅は深夜、おまけに有給は使えずリストラに怯えながら働く毎日を何年も送っていたとしたら、会社が嫌になるのはむしろ当たり前でしょう。

まともな精神の持ち主なら、この先ずっとこんな生活を続けるのは真っ平だと考えるのがむしろ普通です。

それでも何かの事情や家族の為に自分を犠牲にして働かざるをえない人もいる訳ですが、もしあなたがその必要も無いのであれば、そんな仕事はすっぱり辞めても良いと私は思います。

確かにどこかで誰かに雇われて仕事をするというのは、一番確実にお金を得る間違いのない方法ではあるのですが、人に使われずにお金を稼ぐ方法は他にもあります。

しかし、それについてはここでは語りません。

それを乗り越えるための方法とは?

我々は働かなくては生きていけないのですが、働かなくても良いなら働きたくはないというのが本音です。

会社勤めに拘らない生き方というのを考えてみる事が一番なのですが、とりあえずそのお話は別の機会という事にして、ここでは如何にして会社を辞めずに頑張れるかについて書いていきます。

自分の精神状態というのは、結構自分では正確に把握出来ていない事も多いものです。

一番分かりにくいのは自分自身と言われるように、自分の事は自分よりもむしろ周りにいる他人の方が良く分かっているものなのです。

ですから毎日の仕事に疲れ、会社勤めや自分の将来に漠然とした不安を抱えているようなら一度カウンセリングを受けたりしてみるのがおススメです。

大きな会社では大抵専属のカウンセラーがいて、社員の悩みやストレス等に関して色々と相談に乗ってくれるようになっています。

そういった所というのはまだまだ一部の大企業に限られてくるかとは思いますが、欧米等の先進国ではちょっと仕事で疲れたり、嫌な事があるといった程度の場合であっても気軽に精神科やカウンセラーの元に通って相談をしたり、悩みを聞いてもらったりする習慣があります。

ただ、日本ではこのスタイルや考え方はまだまだ一般的とは言えず、特に精神科に通っている等と聞くと何かその人の性格等にかなり問題があるような偏見的な目で見られるのも事実なので、その辺は上手くやりましょう。

五月病

今年の四月から新しいお仕事に就かれた新入社員にとって、五月というのは多少注意しておかなければならない月であります。

会社に入り仕事が始まったばかりの4月というのは色々と覚える事もありますし、それなりに緊張感もあるものですが、5月に入ってそろそろ皆さんお仕事に慣れてきた頃になると何だかやる気が出ない、体調がすぐれない、会社に行きたくないといった症状を訴える人が多くなります。

いわゆる5月病にかかる訳ですが、五月が過ぎて六月に入ってもこの症状が続くようだと一刻も早く何とかしなければなりません。

それを乗り越えるための方法とは?

五月病になる原因は今までとは違う環境に変化した事によって、自分でも知らず知らずの内に肉体的・精神的な疲労を蓄積させてしまう事にあると一般的には言われており、それが大型連休明けに症状となって自覚されるようです。

とにかく入ったばかりの4月はあまり張り切りすぎず、マラソンと同じく先を見越してマイペースで仕事に取り組む事が大切でしょう。

リストラ候補になる

会社は辞めさせたい人間に対して様々な手法を使ってきます。

一度会社のリストラ候補にリストアップされてしまうと実に陰湿で執拗な嫌がらせが延々と続くようになる為、当然当人は会社を辞めたいと思い始めます。

隠蔽も多く殆ど表に出る事はありませんが、リストラストーカーといった卑劣なものも近年ではかなり問題となっているようです。

リストラストーカーというのは辞めさせたい人間に対して、企業、又はある組織全体で嫌がらせをするといった行為で、ターゲットとなった一人の人間を複数で組織的に追い込んで行くものです。

こうした行為は有名大企業等でやられている事が多く、最近ではこうした悪質な行為を少しでも明るみに出そうと抗議と周知の活動を続けている人達がどんどん現れています。

それを乗り越えるための方法とは?

リストラ候補から外れる為には仕事で実績を出して会社に認められるしかないのでしょうが、それが出来れば誰も苦労はしません。

そもそも仕事が出来て会社に貢献できるような優秀な人は余程人格に難があるとかいう場合ならともかく、あまりリストラ候補にはならないかと思います。

もしリストラされるのが原因で仕事が嫌になったのであれば、転職して公務員になる事がおススメです。

公務員ならがむしゃらに仕事を頑張らなくても良いですし、リストラの心配も無いので安心です。

やはり公務員は地味ですが、堅実で民間企業に比べて遥かに安定しています。

景気のいい時には人気が下がる職種のようですが、だからこそ狙い目と言えるでしょう。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まとめ

以上ここまで長々と自分のしょうもない体験等も色々と交えつつ書いてみましたが、今回の仕事を辞めたい時の乗り越え方というテーマに対する究極的な答えは、会社を辞めて自分で稼ぐという事になるのではないでしょうか。

もちろんそれは多くの人にとって容易な事ではありません。

だからこそこうして問題として取り上げられる機会も多いのですが、この問題に悩むのは決してあなただけではないという事は忘れてはなりません。

そんな想いは口にも出さず、嫌な事に耐え忍びながら自分を殺して毎日黙々と働き続けるのが人間として当然だという社会の掲げる通念を鵜呑みにしている人は実に多いのです。

頑張るのも大切ですが、同時に如何に自分に無理をさせないかという事を考えていくのは会社に長く勤めていく為に必要な事です。




仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

今回は、事務職の休み事情について、休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。休みが多い雇用形態はあるのでしょうか?事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げていきます。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めがなく働けたりと、安定して身分が保障される雇用形態といえば、やはり正社員。正社員としての働き方が安心という方も多いことでしょう。休みの多さはどうでしょうか。正社

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士は仕事についての悩み以外にも、栄養士であるが故に悩むことが多いです。今回は栄養士の悩みで多いことと、その解決法についてご紹介したいと思います!栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養士の職種の中には献立作成が仕事内容になかったり、調理に全く携わらなかったりする職種もあります。それなのに栄養士=料理上手だという世間のイメージが強いため、どんな料理でも美味しく作れるでしょう?と言われることもあります。しかし栄養士は料理人ではありません。美味

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫での仕事と言えども避けて通れないのが職場での人間関係。物流倉庫のようなたくさんの人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうか?に大きく関わって来ます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人も。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプル。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けて行くのがメインの仕事。入ったその日から力になれることも多くありま

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師は安定している仕事で、憧れる仕事の一つであると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どのような悩みを抱えているのか、新人薬剤師が感じる悩みをご紹介していきます。薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だったりします。薬剤師って単に薬を調剤すれば良いだけの仕事ではなく、スタッフや患者さんと接しなければなりません。患者さんを待たせてしまう患者さんを待たせてしまうというのは新人の時はよくある話です

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんでしょうか?人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に解説いたします。解決法についてもご案内いたします。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてしまいます。上手なアシスタントについてもらうと、先生も治療をしやすいので、うまくできれば褒められることもありますし、自分の自信に繋がります。ぜひ、

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

どういう仕事であれ、どういう職種であれ、ブラックだと感じてしまう人はいらっしゃると思います。ここではブラックな仕事だと感じてしまう点に加え、それでも仕事のやりがいを感じる部分も併せてお伝えします。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談業務の幅が広いここでは地域包括支援センターでの社会福祉士としての体験談をもとに説明していきます。地域包括支援センターでのお仕事は相談業務がメインになります。地域住民からの悩

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農業を営んでいた際に「辞めたい」という気持ち湧いた瞬間。徐々に辞める方向へと傾倒していく場面を紹介していきます。農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人間的に成長できる場面も多く、多少のことでは動じなくなってきます。良い条件の畑を借りることができないさあ農業を始めよう!と思っても、耕す土地

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますね。でも社会福祉士の仕事の大変さって、どのような点にあるのでしょう?福祉ならではの大変さやつらさ、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなければなりません。慣れるまでは大変ですが、利用者さんやご家族から「ありがとう」と言われる機会も多く、人の役に立てていることを実感できるので、とてもやりがいがある仕事で

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士が辛いと感じることの一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で毎日同じ人とコミュニケーションを取るため難しいのではないでしょうか?今回はその人間関係についてお話しします。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石と言うのですが、それは歯ブラシで落とすことができないため歯科衛生士が機械を使って落としていきます。そういった定期的なクリーニングや、歯磨き指導、虫歯チェック、歯周病の進行を遅らせるためのアドバイ

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職