社会で企業に勤めていると、無能と思われる方もみられます。

無能な上司、無能な部下など表現方法はさまざまですが、無能と思われるにはそれなりの理由があります。

ここでは、無能な働き者なんて思わせないための方法と、無能と思われやすい人の特徴について解説していきます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

無能な働き者なんて思わせないための10個の方法

社会には、無能と思われている方もなかにはいます。

もしかしたら、あなたも上司や同僚、部下から無能と思われているかもしれません。

ここでは、そんな無能な働き者なんて思わせない方法をご紹介していきます。

締め切りは必ず守る

社会人にとって、決められた期間内に業務をこなすことは当然のことです。

しかし、上司からの頼まれごとや普段の業務のなかで、締め切りの期限を過ぎてしまう場合があります。

基本的に、このように締め切りの期限を過ぎてしまうことはよくありません。

例えば、取引先から受注した製品制作の依頼があったとして、その制作期限内に取引先の指定された数量をこなせなかったとします。

この場合、社会的にも信頼を失うこととなり、社会的評価もよくありません。

さらに、本来売り上げるであろう機会を逃してしまう、いわゆる機会損失につながってしまう恐れがあるため、締め切りはしっかり守らなければなりません。

それでも、どうしても締め切りの期限を過ぎてしまう場合がありますが、それが発覚した時点ですぐに取引先に連絡し、期間の調整を行わなければなりません。

このときに重要なのが、必ず連絡して締め切りの期間調整をすることです。

そうすることで、機会損失をできるだけ抑えることができます。

このことから、締め切りは守らなければ、社会的評価を得ることができないため、無能な働き者と思われることがあります。

締め切りの期限をしっかり守ることで無能な働き者と思われないようにしなければなりません。

それでは、どのようにすれば締め切りを必ず守れるようになるのでしょうか。

これには、計画性が必要となってきます。

最終的な目標が、請け負った製品の完遂であれば、そのためにクリアしなければならない小さな目標をコツコツとこなします。

例えば、最終的に10,000個の製品を10日間で納品しなければならないとします。

このときに、1日の目標を1,000個以上と設定するのです。

こうした目標を毎日クリアすることで、最終的な大きな目標をクリアできるため、締め切りを過ぎるということはなくなります。

締め切りは必ず守るということは、社会人にとって常識でもあるため、それに遅れると無能な働き者と思われることがあるため注意しなければなりません。

悪い事ほどすぐに上司に報告する

何かあったときの上司への報告は社会人にとっても常識です。

企業の多くは、従業員が階層関係により成り立っているため、上下関係による連携を図るためにも部下からの情報の報告は必要なことです。

例えば、営業先で取引先からクレームがあったとします。

商品のなかに不良品が混ざっており、それが社会的な損失に繋がっているとした場合、このことを知りながら上司に報告しなかったらどうなるでしょうか。

その企業の社会的損失や信用は大きく失うことになってしまいます。

企業では、部下からの情報により上司が判断し、最悪の事態を回避する仕組みになっているため、このような悪いことに関して情報が入れば、すぐに上司へ報告しなければなりません。

しかし、上司に報告する内容は、悪いことばかりではありません。

上司は部下の状況を把握するために、現状がどのような状況なのかを確認しておかなければなりません。

そのため、上司から度々部下に状況確認が入る場合があります。

しかし、これも部下からの情報を定期的に報告していれば、最小限に済ませることができます。

つまり、上司への報告というのは、業務上の判断だけでなく、業務内容や進捗状況、状態などを企業が把握するためのツールといえます。

そのため、何かあればすぐに報告しなければなりません。

この報告がなければ無能な働き者と思われることも少なくありません。

社会人にとって、上司への報告は常識です。

上司からの状況確認を待つのではなく、上司が欲している情報を先取りして報告することを意識しなければ無能な働き者として思われても仕方ありません。

失敗を認め責任転嫁はしない

社会人にとって、業務上の失敗を認めることも大切です。

また、自分の責任を他人に押し付けることはしてはなりません。

このような、業務上の失敗を責任転嫁することは、社会的信用や評価を一気に失う恐れがあるためしないほうがよいです。

例えば、数名のプロジェクト参加型で期間内に納めなければならない報告書があったとします。

しかし、その納期しなければならない期日が誤っており、そのことが原因でプロジェクト自体が廃止となったとします。

そして、その原因が本来リーダーの期日確認ミスによるものだとしたときに、それを、同じプロジェクトのメンバーに責任転嫁させたとします。

このようなケースの場合は、単純にプロジェクトメンバーの納期への意識が足りなかったことも原因として考えられますが、リーダーの管理が行き届いていなかったことが大きな要因として考えられます。

プロジェクトはリーダーを中心に、納期を守りながら進めていきます。

そのため、リーダーは納期をしっかり把握し、それに沿って業務を遂行していかなければなりません。

業務において、失敗することもあります。

しかし、その失敗の原因が自分にある場合、それを素直に認めるのも社会人としての考え方です。

さらに、業務上の失敗を他人に責任転嫁することは、周囲から無能な働き者と思われるため、それだけはしないほうが自分のためでもあります。

周囲からの評価は、自分が社会的に向上していくうえで重要な指標となってくるため、周囲から認められるような言動を心掛けなければなりません。

それでは、業務上の失敗を認めて責任転嫁しないようにするためには、どのようにすればよいのでしょうか。

これは、仕事に対する意識の問題でもあります。

業務上の失敗を恐れて何も行動できない人、業務上の失敗を隠そうとする人、さまざまなタイプの人間がいますが、業務を遂行するうえで、失敗のリスクは当然ありません。

失敗に気付いた時点で上司への報告をしていれば、その被害を最小限に抑えることができたり、失敗を成功に結びつけることができることもあります。

あとは、失敗したときに、それを自分自身で認めることができるかどうかです。

社会的にも責任転嫁することは、それがその人の評価に繋がってしまうため、その行為自体がよくありません。

このように、業務上で何か失敗してしまうことも少なくありません。

その場合は、すぐに上司に判断を仰ぎ、被害を最小限に抑えるよう努力しなければなりません。

しかし、それでも結局失敗してしまったときに、責任転嫁してしまうことは、周囲から無能な働き者と思われても仕方ありません。

そうならないためには、自分の失敗を他人に責任転嫁しないよう心掛けなければなりません。

重要なことは口頭で報告する

上司や同僚に報告することは大切ですが、何でもすべて報告するのは効率的ではありません。

報告するには優先順位があり、重要度の高い報告から低い報告まで、さまざまな種類があります。

そのときの状況で、いかに的確に重要な報告ができるかで、社会的信用や評価に繋がることがあります。

例えば、日中の繁忙期に取引先から商品がまだ届いていないと問い合わせがあったとします。

その判断を上司に仰がなければならないとした場合、本来であればすぐに上司に報告しなければなりません。

しかし、他業務でのトラブルや、新プロジェクトの進捗状況などの報告をしなければならないときに、すべての事項を報告すべきですが、すべてを一気に報告することが難しい場合があります。

そのようなとき、どのような優先度で報告するのか迷ってしまう場面もでてきます。

このときに報告すべき指標として、緊急性を重視します。

現在の状況から判断し、どの情報が急ぎであるかをある程度把握しなければなりません。

しかし、新人に多いのが、どの情報をどのように挙げればよいのか分からないというケースも少なくありません。

そんなときは、迷わずすべての情報を挙げるようにしましょう。

また、上司への報告でその場では口頭で難しく、筆談やメールなどで報告する場合がありますが、特に急ぎで最優先すべき事由については、後になっても必ず口頭で報告したほうがよいでしょう。

筆談やメールでは、必ず見て確認しなければならず、忙しい場合によく見落とす可能性があります。

それほど重大な報告であれば、口頭で必ず伝えた方が正確に伝わりますので、こちらのほうをおすすめします。

重大なことを口頭で報告しない人は、場合によってはそれがうまく上司に伝わらず、誤解を招く恐れがあります。

そして、周囲から無能な働き者と思われる場合もありますので、注意が必要です。

常に謙虚な姿勢で仕事に取り組む

仕事に向かう姿勢は人それぞれだと思います。

仕事をするにあたり、横暴な態度で臨む人は周囲からよい印象は受けません。

謙虚な人ほど、周囲や上司からの評価を得やすく、信頼されやすいという傾向があります。

謙虚な人の特徴として、話し上手、聞き上手、気配りができるなどいくつか挙げられます。

例えば、営業の取引先との打ち合わせで、がつがつした態度で取引先との交渉を進めていると、取引先からはあまりよい印象が得られず、契約締結までいかないというケースも少なくありません。

この場合、謙虚な態度で打合せに臨むことをおすすめします。

仕事は一人でするものではなく、必ず相手やお客様が存在します。

そのため、第三者から見て、悪い印象を与えるようなことをしてしまうと、それがそのままその人の評価となってしまい、損をしてしまいます。

それでは、どのようにすれば常に謙虚な姿勢で仕事に取り組むことができるのでしょうか。

これには、多少コツがあります。

まずは話すときの言葉使いや態度です。

相手と話すときは、声のトーンを上げたり、はきはきした口調で話したりすることでよい印象を与えることができます。

それに加えて、相手よりも低い姿勢で取引に応じることで相手に謙虚なイメージを与えることができます。

社会で仕事をするにあたり、常に謙虚な姿勢で仕事に取り組むことができないでいると、周囲からの評価を得られず、無能な働き者と思われる場合がありますので、注意が必要です。

自分一人が大変だと思わない

仕事で大切なことはチームワークです。

企業には複数名の従業員が働いていますが、企業によってチームワークが異なってきます。

基本的に、仕事は一人でするものではなく、周囲の力や知恵を借りながら、ひとつずつ事由をクリアしていくことが望ましいとされています。

しかし、なかには自分一人が大変だと思い込んでしまい、周囲に迷惑をかけて企業のチームワークを乱してしまう人がいます。

このような人は、周囲から評価されず、相手にされなくなってしまいます。

やがて、無能な働き者とレッテルを貼られる場合がありますので注意しなければなりません。

それでは、どのようにすれば自分一人が大変だと思わないようになるのでしょうか。

一般的に、企業に勤めている以上、従業員にはそれぞれ役割があります。

その役割をこなして全体的な成果に結びつきます。

そのため、誰か一人でも欠けてしまうと業務を完遂できないというケースもあります。

まずはこのことを、従業員全員に周知しなければなりません。

この考えが前提としてあったところで、あとは自分自身の意識の持ち方が問題となってきます。

例えば、他人の仕事ぶりを見て「楽そうだなぁ。いいなぁ。」と思っているとします。

しかし、その考え方自体が間違っていることに気付かなければなりません。

本来であれば、その人が行っている業務も企業を正しく運営していくためには必要な仕事であり、それを羨ましがるのは仕事を提供している企業にとって失礼なことでもあります。

仕事はチームワークなくして成功はありません。

このことを、しっかり覚えておかなければなりません。

自分一人が大変だと思ってしまうと、周囲のチームワークを乱してしまう可能性もあることから、周囲からの信頼をなくして無能な働き者と思われる場合がありますので、注意が必要です。

感謝の言葉を伝える

社会人として、「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えることは常識です。

この「ありがとう」という感謝の気持ちを素直に言えない社会人は無能な働き者としてレッテルを貼れらる場合がありますので注意しておかなけばなりません。

例えば、本来自分がやらなければならない仕事を、上司や同僚がやってくれていたとします。

このときに、代わりにやってくれたことに対して「ありがとう」と言えなかったとします。

すると、相手はどのような気持ちになるでしょうか。

決してよい気持ちにはならないと思います。

場合によっては、トラブルに発展する恐れがありますので注意が必要です。

業務上、相手に何かしてもらったときは必ず「ありがとう」などの感謝の気持ちを述べるようにしましょう。

仕事はコミュニケーションをとりながら遂行していかなければうまくいきません。

この「ありがとう」をコミュニケーションのツールとして上手く活用することで、意外にも仕事がスムーズに行えるかもしれません。

もしそうなれば、周囲からのが評価を得ることに繋がり、無能な働き者などと思われる心配はなくなるでしょう。

自己中心的な考え方を改める

業務を遂行するにあたり、自己中心的な考え方は周囲の評価を落としてしまう可能性があるため、控えた方がよいでしょう。

例えば、新規のプロジェクトで周囲の意見を無視して、自分の思う通りに仕事をしていたとします。

このような場合、周囲の意見を無視していることから、同じプロジェクト内の協力が得られにくく、結果として自分一人に業務の負担がかかってしまう場合があります。

このような自己中心的な考えは、自身を滅ぼす危険性もあるため、もしそのような考え方をしていれば、考え方自体を改めなければなりません。

しかし、この自己中心的な考え方を変えることは、一般的に難しいとされています。

その理由として、その人の個性や性格が根源としてあるためといわれています。

人の性格はそう簡単に直すことはできません。

それでは、どのようにすれば自己中心的な考え方を改めることができるのでしょうか。

その方法として、なるべく周囲の意見を聞くことです。

まずは周囲の意見を聞いて、それから自身で考えられるようになれば、周囲から自己中心的だと思われることも少なくなると思います。

もしそうなれば、自分勝手や無能な働き者と思われるようなことはなくなるでしょう。

同じ失敗をしないように工夫する

社会で上手に働いている人の多くは、同じ失敗を何度も繰り返さない努力をしています。

1回ならまだしも、2回も3回も同じような失敗をしていると、上司や同僚からの信頼や評価を得ることは難しくなってきます。

例えば、飲食店で勤めていて、盛り付けをなかなか覚えられず、盛り付け方を何度も失敗してしまう人がいるとします。

このような場合、何回も失敗を繰り返してしまうことで、やがて周囲から見放されてしまうことがあります。

その理由として、周囲から「何度教えても無駄」と思われたり、「無能な働き者」と思われたりするためです。

それでは、同じ失敗をしないようにするためにはどのようにすればよいのでしょうか。

その答えは、メモに記録を残すことです。

失敗したことをメモに残しておくことで、あとでゆっくり見て改善することができます。

失敗を繰り返すということは、失敗に対しての理解不足や、そもそも失敗したこと自体を忘れてしまっている場合が多いです。

失敗したことはその場で勉強して理解すれば、すぐに克服することができます。

そうすることで、周囲から無能な働き者と思われることもなくなるでしょう。

上司から頼まれた仕事は最優先で処理する

上司から無能な働き者と思われないようにするためには、上司の要望にはすぐに応えるようにしなければなりません。

業務上、上司から仕事を頼まれる場合もあると思いますが、他に仕事を抱えていても、最優先してこなすことで少なくとも、上司からは高く評価されます。

例えば、普段は事務員で、請求書や見積書などの書類関係を扱っている人で、その日も同じように書類整理をしていたとします。

しかし、その日は、上司からプロジェクトとしての報告をしなければならないとのことで、売上の実績を分析して数字を出さなければならないという業務を頼まれたとします。

本来であれば、いつもの書類整理だけで済んでいたはずが、上司から頼まれごとで売上高の分析業務をやらなければならない場合、あなたならどのように対処するでしょうか。

このときに、考えなければならないことは、本来の自分の仕事に加えて、他人が直接関係する仕事を頼まれているということです。

したがって、他人に直接関わる仕事については、最優先して行う必要があります。

その理由として、他人に迷惑をかけないためです。

企業の仕事はチームワークで遂行しています。

そのため、それぞれに役割があり、その役割の歯車として働いているため、他人が欲している情報についてはすぐに対処しなければならない義務が生じます。

それでも、すぐに対処できない場合もあります。

そのようなときは、なるべく急いで早めに処理しなければなりません。

仕事の処理能力は人それぞれですが、仕事が詰まった状態で何もこなせないでいると、周囲から無能な働き者と思われても仕方ありません。

仕事をするにあたり、いつまでにどの仕事を追われ瀬なければならないのか、しっかり把握して考えながら仕事をしていれば、周囲から無能な働き者と思われることはないでしょう。

そう思われやすい人の5個の特徴も解説

社会には、無能な働き者と思われやすい人も多くいます。

しかし、そのような人にはある特徴がありあります。

ここでは、そんな無能と思われやすい人の特徴をご紹介していきます。

同じ失敗を何度もする

仕事で失敗を恐れていては何もできません。

しかし、その失敗を何度も繰り返しているようでは社会的にも信頼や評価は、なかなかされません。

1回の失敗ならまだしも、それが何回もとなると、それを注意する人も指導する人もうんざりするのではないでしょうか。

失敗することは悪いことではありませんが、それを改善できずに何度も同じ失敗をしている人は無能な働き者と思われやすいという特徴があります。

口先だけで行動が伴わない人

社会で生活していると、よく指示だけ出して自分自身は全く動かないということを耳にすることがあります。

このようなケースは上司と部下の関係に多いと思われますが、このような場合は、部下から上司はあまりよい印象は受けていません。

例えば、普段から職場環境を意識するあまり、部下にはデスクの上や部屋をきれいにするよう心掛けるようにと注意指導している上司がいるとします。

しかし、実際はその上司が部屋を荒らし、片付かない原因を作っていたり、上司のデスク上は整っておらず部下のデスクよりも汚い状態であったとします。

この場合、部下はどのような気持ちになるでしょうか。

多くの方は、「まずは自分が率先してきれいにすべきでしょう。」と考えると思います。

実際にこのようなケースは多く存在しており、上司の威厳に関わる重大な事態を引き起こす場合も少なくありません。

このような口先だけで行動が伴わない人は、無能な人間として思われやすいという特徴があります。

上司に適切な報告ができない

社会人として、上司への報告は常識です。

しかし、なかにはどの情報を報告しなければならないのか分からないという人も多いと思います。

また、言葉が支離滅裂になってしまい、なかなか上手に報告することができないという人もいると思います。

上司に報告する場合は、報告する内容をメモに書き出し、順を追って報告することが望ましいですが、それができずに結果として上司への報告が伝わらない場合があります。

このように、上司への適切な報告ができない人は、無能な働き者と思われやすいという特徴があります。

プライドだけがとにかく高い

プライドが高いと、周囲との連携が難しくトラブルの原因を作ってしまうことがあります。

企業を的確に運営していくためにはチームワークが大切です。

しかし、そのチームワークをプライドが邪魔をして乱してしまう人もなかにはいます。

プライドが高いだけでは仕事は務まらず、ある程度の柔軟性は必要です。

したがって、プライドがとにかく高い人は無能な働き者と思われやすいという特徴があります。

あいさつすらきちんとできない

社会人としてあいさつは最低限必要なマナーです。

朝出勤時の「おはようございます。」から退勤時の「お疲れさまでした。」など、あいさつは、社会人としてのコミュニケーションとして上手に活用することができるため、あいさつすらきちんとできない人は、無能な働き者と思われやすいという特徴があります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

無能な働き者から脱出するために心がけること

無能な働き者と思われて気分のよい人はいないと思います。

ここでは、無能な働き者から脱出するために心がけることについて解説していきます。

物事を忘れないようにメモに残す

業務を複数扱うときは、必ずメモに残すようにしましょう。

複数の業務を同時に遂行することは難しいです。

そのため、1つずつ処理していかなければなりません。

しかし、1つの業務に集中しすぎて、次やらなければならない業務を忘れてしまうことがあります。

そのようなことがあると、無能な働き者として思われることもあるため、必ずメモに残して忘れないようにしましょう。

その日の仕事はその日のうちに処理する

仕事の処理能力は人それぞれスピードが異なりますが、その日の仕事はその日のうちになるべく処理するようにしましょう。

その日の仕事を次の日に持ち越してしまうと、翌日の負担が大きくなり、悪循環を繰り返してしまいます。

仕事の処理能力は、直接無能な働き者としての評価に繋がるため、早く仕事が終わるに越したことはありません。

周囲に愛想よく振りまく

仕事がばりばりできなくても、周囲に愛嬌を振りまき印象のよい人はそれなりに評価されやすい傾向があります。

このため、社会で上手に仕事をこなしていくためには、ある程度の愛想の振りまきは必要なことであり、周囲も寛大にみてくれるケースも少なくありません。

したがって、無能な働き者から脱出するためのツールとして愛想を振りまくことも大切といえます。

無能じゃなくて職場が合わないだけのこともある

仕事をしていて、本当に自分にこの仕事が合っているのだろうかと疑問を持つ人もいると思います。

また、そのように思っている人のなかには、自分は仕事ができないから無能だと感じている人も少なくありません。

しかし、それは無能ではなく、本当にその仕事が自分に合っていないだけの場合があります。

仕事には、人それぞれ向き不向きがあります。

向き不向きというのも慣れることで時間が解決してくれる場合もありますが、精神的、身体的ストレスによってそれに耐えきれず、やむなく自分に合っていないと自身で判断してしまうことがあります。

その原因として、仕事を続けていてもなかなか成果が得られない、周囲からの評価を得られない、仕事でわからないことが多すぎるなど、たくさんの要因が考えられます。

しかし、それが積み重なってしまうと、結果として、その仕事が向いていないという判断に陥ってしまうため、そのような場合には思い切って転職する方もいます。

しかし、無能であるからこそ、その仕事に純粋に立ち向かうことができるため伸びしろは限りなく高いといえます。

その潜在能力は高く、新しいことに挑戦することに意味があるため、そこで職場が合わなかったからといっても、次に活かせる可能性も秘めているため、経験することが最も大切だといえます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

最後に、無能とは、能力が乏しかったり、知識や経験が不足していることで業務に支障をきたしてしまったりする場合が多くみられます。

しかし、無能であるからこそ、努力して勉強して身につけることで、無能を克服し社会的にも認められるようになる人も多くいます。

ここでは、無能な働き者と思わせない方法や、そう思われやすい人の特徴などについて解説してきました。

無能だからと諦めるのではなく、新しいことに挑戦することに意味があるため、勇気を持ってチャレンジしていくことが大切だと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。


関連キーワード

仕事の悩み


仕事の悩みに関するコラム

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

今回は、事務職の休み事情について、休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。休みが多い雇用形態はあるのでしょうか?事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げていきます。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めがなく働けたりと、安定して身分が保障される雇用形態といえば、やはり正社員。正社員としての働き方が安心という方も多いことでしょう。休みの多さはどうでしょうか。正社

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います