今回扱うテーマは、誰もがきっと一度は経験し、苦労してきたであろう問題でもある会社の人間関係での悩みとその対処法についてです。

これはハッキリ言ってかなりの難題だと思います。

万人に対するこれと言った唯一の答えは存在しません。

そういうものがあれば皆この問題で悩むような事はないでしょう。

会社の人間関係についてのいろいろな悩みについてはこの後詳しく見て行く事にします。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

会社の人間関係のよくある5個の悩み

自分と性格的に合わなかったり、嫌な奴と毎日接していかなければならないというのはとても苦痛に感じるものです。

これが全くのプライベートであればお互い無視して一切関わる事無く過ごしていれば良いのでしょうが、会社ではそうはいきませんから大人の対応を身につける必要がある訳です。

職場に嫌な相手がいる

学校でも会社でも人が多く集まるような場所には必ず一人くらいあなたが苦手とするような人物がいる筈です。

理不尽な事ばかり言う上司や調子のいい社長、意地の悪い同僚やら何かと面倒な後輩、果ては感じの悪い守衛や掃除のおじさんに至るまで。

何人もの人間が集まる会社という場所ではおかしな人と会わない方がむしろ稀です。

こういう連中と毎日顔つき合わせて一つの仕事に協力して取り組まなくてはならないのですから、サラリーマンという職業が如何に大変であるかというのは今更語るまでもないと思います。

正に今も昔も変わらず、すまじきものは宮仕えと言った所でしょうか。

その対処法とは?

相手の性格や行動を変えるのは困難です。

そのため、対策は「割り切って行動する」「部署異動」「転職などで職場を変える」の3つしかないでしょう。

いくら嫌な相手であったとしても、それに対していちいち不快になったり反抗したりしていてはこちらの身が持ちませんし、仕事の成果をあげる事も出来ませんから割り切って考えるようにする事が大切です。

相手の理不尽な言動や行動に対してまともに取り合わずに右から左へと上手に流せるようにならなければいけません。要はクレーム対応の時と同じです。

決して反抗したり感情的になったりせずにこちらも自分のやるべき事はしっかりとやり、嫌な事があってもなるべく早く忘れるようにする事です。

こうした気持ちの切り替えというのが上手く出来るようになればしめたもの。

ただ、相手が悪いのに自分が「割り切って行動する」のも癪だなと思う人は、部署異動か職場を変えるしかありません。

部署異動は時間がかかるため、嫌な人がいない職場に行くしかないでしょう。

もし、人間関係的にも自分が働きやすい職場を見てみたい人は、こちらから良い会社を出して貰うと良いでしょう。

人との付き合いが苦手

人間関係が上手く出来ない人は、たとえ優れた資格や技術を持っていたとしても会社ではなかなか苦労する事になると思います。

あなたの立場によっては会社内の人間だけではなく取引先の相手やお客、関係者といった外部の人間とも上手く付き合わなければなりません。

こうした事は自分は人間関係が上手く出来ないと思っている人にとってはプレッシャーとなってのしかかると思います。

その対処法とは?

対処法は、「自分自身を変える」「人と接しない仕事に就く」のいずれかでしょう。

人間関係を上手くやる上で大切となる要素は、相手との付き合い方の他に自分自身の問題というものがあると思います。

まずは、他人を変えようとするよりも自分自身が変わるのを考えてみる事が必要となってくるでしょう。人は無理やり他人を変える事は出来ないものです。

人間はそれぞれ価値観、意思やプライドを持って生きていますからそれを否定したり変えさせようとしても大抵の場合徒労に終わるというものです。

自分を変える事が出来るのは自分自身だけです。

つまり、人間関係に悩みがあるような場合、一度自分の毎日の行動や言動等に何か問題は無いか客観的に考えてみる事が大切でしょう。

あなたが変わればきっと相手の対応も変わってきます。人間関係で悩む人は是非一度自分を変える努力をしてみて下さい。

ただ、「自分自身を変える」のが難しいという人は、「人と接しない仕事」につくのがオススメです。

今のご時世では、在宅でできる仕事もありますし(しかも正社員の仕事もある)、会社で働くにしても人と接しない仕事もたくさんあります。

気になる人は、こちらから「在宅仕事・人と接しない仕事」を出して貰うと良いでしょう。

仕事で上手く協力出来ない

会社で行う仕事は皆で協力して行うチームプレーです。

個人としての力量は勿論ですが、仕事では協調性というものが非常に大切になってきます。

特に自分が人の上に立って物事を進めていくような場合、周りを一つにまとめていかなくてはならないのですから、自分の事だけ考えている訳にはいきません。

その対処法とは?

スポーツをやってみましょう。チーム連携は後天的に学べるものです。

協調性を養う為にはチームでやるようなスポーツをやってみると良いでしょう。

社内でおこなわれているラグビーやサッカーといったスポーツ競技等に積極的に参加してみる事をお勧めします。

こういうチームで行うようなスポーツでは互いに連携したりする必要が求められるので協調性を養うにはもってこいと言えます。

また、運動不足になりがちな会社勤務のサラリーマンにとっては健康上の問題だけでなく、身体を存分に使う事で日頃の精神的なストレスも解消出来るとあって色々なメリットがあるのではないでしょうか。

仕事で人をまとめたりするようなリーダー的なポジションの人というのは学生時代にチームで行うスポーツに打ち込んでいたという人も多いですが、彼らはそうした経験を上手く仕事に活かしているのでしょう。

何をやるにしても身体は基本ですから、スポーツで肉体と精神を鍛えておけば常に健康な状態で仕事に望む事が出来ます。

スマホのゲームでやるだけではなく、実際のスポーツをあなたの日常に取り入れてみては如何ですか?

職場でいじめに遭う

人が集まる所にいじめもあると言われますが、不幸にも自分がいじめのターゲットになってしまった時には一体どうすればよいのでしょうか。

人の悪口を言ったり嫌がれせをしてくるような次元の低い人間は残念ながら何処に行っても居ると思います。

その対処法とは?

いじめの証拠取りをしましょう。

あまりに酷いいじめを周りから受けているようであればまずは一度上司に相談してみましょう。

いじめは昔からどこの会社でもあるものですから部下からそうした相談を受けるのも一度や二度ではない筈です。

ちゃんとした上司であれば何とか対応してくれる事もあると思います。

深刻ないじめや人間関係、ハラスメント等に悩んでいる場合、会社によっては社外専門機関による相談が出来る場合もありますからこういうのも積極的に活用したいものです。

例えば東京都であれば、東京労働局に「ハラスメント対応特別相談窓口」というのがあります。

それでもどうしょうもないような場合にはいっその事職場を変えてしまうのも有りですが、長年に渡っていじめられ続けた挙句に黙って逃げるように職場を去るというのも何だか悔しいものがあるので、ある程度自衛の手段を考えてみても良いと思います。

まずはいじめの証拠を地道に集める事にしましょう。

相手の行動や言動を記録する為に常にボイスレコーダーや小型カメラを持ち歩き、マメに記録します。

いじめはあなたの目の前でいつも起こる訳ではありませんから自分の机やロッカー内にも記録装置を設置しておきます。

また、いつ何処でどのような嫌がらせが起きたのかという事も詳細に日時時間と共にメモをとっておく事も忘れずに。

こうして色々な証拠がたまってきたら、それを持って出る所に出れば良い訳です。

それでも良くならない場合や、今すぐにでも「いじめ」をなくしたい人は、職場を変えるのが手っ取り早くて良いでしょう。

働きやすい職場を見てみたい人は、こちらからおすすめの職場を出して貰うと良いです。

嫌いな上司と仕事

嫌な上司と一緒に仕事をするのは大変です。

運悪くあなたが誰からも嫌われていたり恐れられているような上司の下について仕事をしなければならなくなってしまった場合、どうすれば良いでしようか。

その対処法とは?

上司の良い所を探してみましょう。

仕事ですから自分の上司は誰が良いとか悪いとかあなたの好き嫌いやワガママは一切通りません。

他の上司に相談して自分の配属を無理やり変えて貰うよう頼んだり、果ては会社を辞めるといった行動を取る前に一度冷静になってみましょう。

こういう時、往々にして嫌いな相手の欠点や嫌な部分ばかりが目に入りがちですが、少し落ち着いてじっくりとその人の良い点を探してみるようにします。

どんなに優れた人間にも欠点はありますし、どんなに嫌な奴にも少しは良い所がある筈です。

あなたが気づいていないだけでその人は実はとても優れた長所を持っているのかもしれませんから、そういう部分はどんどん自分で吸収するようにすれば良いのです。

嫌だ嫌だと相手を嫌っているだけでは何も物事が進まないばかりか、お互い何のメリットも生まれませんから、相手から少しでも何かを学ぶように行動したいものです。

全くもって人格的に非だらけのような相手の場合、それはそれで反面教師としてみる事が出来ます。

また、自分が上司になり部下を持つようになれば追々分かってきますが、人の上に立って仕事をするというのはとても気を使うし大変で難しい事なのです。

部下の為にと思って愛ある指導をした結果、厳しすぎると捉えられて逆に相手から恨みを買ってしまったりするケースもあります。

どんなにこちらが相手の事を考えて行動したとしてもそれが相手にちゃんと伝わらないような場合も決して珍しくありません。

単に指導テクニックだけの問題ではなく、人間と人間同士の問題では理屈どうりにいかない事はむしろ多いと言えるでしょう。

そんな上司の身になって考えてみると少しは相手の苦労や大変な点が見えてくるのではないでしょうか。

どれだけ頑張っても解決しない場合は、もうその上司との関係を諦めて、部署異動をするか、良い上司を求めて新しい職場を探してみましょう。

こちらから良い上司がいる職場を出して貰えます。

他にも仕事の人間関係でよくある悩みと対処法は、こちらの記事を参考に!

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

会社の人間関係を上手にするために

人との関係を築こうとして社長や上司に胡麻をするような真似をしたり、ヘラヘラと媚びへつらったり、わざとらしく自分をアピールしたり無理に他人の輪に入っていくような行動はあまりおススメできません。

会社等にも必ず一人はいるようなそういう人は周りから大抵ウザいとか言われてしまう事になります。

人間関係を上手に行う為にそれよりももっと確実で良い方法があります。

先にちょっとだけ触れましたが、他人と良好な関係を作りたいと思うならば、人を変えようとするのではなくまずは自分を変える努力をする必要があります。

要は自分を磨くという事なのですが、いろいろな知識や教養、文化を積極的に身につけて自分の価値を普段から高めておけば周りはあなたに対して自然と一目置くようになってきます。

そして、自分と付き合う価値があると向こうが認めれば相手の方からこちらと関係を持ちたいと考えるようになるものなのです。

ですから、よくある小手先の社交術なんかを覚えるのではなく、もっとしっかりと自分を高める為の努力を惜しむ事無く続けていくのが人間関係を作る上ではとても大切なのです。

また、会社では仕事をしっかりこなすというのは言うまでも無い事。

例え人間性がいくら優れていても仕事である程度実績が出せないようだとその人は使えない奴という烙印が押されてしまいます。

挨拶は大事

人間関係において挨拶が重要とは今更言うまでもない事です。

というより、社会で生活して行くうえで挨拶というのは欠かす事が出来ません。

色々な外国へ行っても挨拶はとても重要なもので、いつの時代もこれだけは変わらないのではないでしょうか。

警察では挨拶は防犯の第一歩と言われているようですが、とにかく挨拶一つであなたの印象は相当に違ってくるというのは間違いなく言えると思います。

挨拶というのは人間関係の基本中の基本であり、人間として最低限度身につけておくべきマナーの一つですから是非一度正しいやり方を学んでおきたい所です。

適当でだらしない挨拶というものはあまり相手に対して良い印象を与えませんが、それでも何も言わないよりは遥かにマシなのかも知れません。

というのも挨拶をするというのは相手に対して敬意と注意を払うという事であり、挨拶も何もしないというのは相手は全く眼中に無い、無視しているのと同じだからです。

人間は無視されるのが何よりも苦痛に感じるものですから、これでは良い印象を持たれる筈がありません。

下手な長話をするよりも、丁寧な挨拶を毎日続けるようにしていればそれだけで十分なのです。

朝と帰りの挨拶は勿論ですが、相手と偶然エレベーターで一緒になったり廊下ですれ違った時等にも「お疲れ様です」と一言言うようにしましょう。

それを何回か続けているうちに自然と相手とあなたは良い関係になっていると思います。

逆に挨拶をしないとあなたの印象はすこぶる悪くなるという事は間違いありません。

仕事で助手としてトラックに乗っていた時の事、狭い通りで同時に車が通れない時に道を譲られたタクシーのドライバーがそのまま行ってしまった時がありましたが、トラックの運ちゃんは「挨拶無しか」、と不満気に呟いていました。

通り過ぎる時にちょっとこちらを向いて会釈する程度の挨拶かも知れませんが、たかがこれ位の事でもやるとやらないとではこんなに印象が違ってくるものなのです。

礼儀と正しい言葉遣いを身につける

礼儀作法というと何だか堅苦しく聞こえがちですが、相手と接する時には必要となるものです。

礼を欠いたような態度でいつも接していては相手との良好な関係が築ける筈も無いからです。

特に難しく考える事はありません。

人に接する時はダラけたり、不遜だったり、ヘラヘラしたりせずにピリッとした態度と姿勢でいるようにしましょう。

そして誰に対しても正しく丁寧な言葉遣いで話すように常に心がけるようにします。

挨拶と同じ位姿勢と言葉遣いと話し方というのは重要で、品性や人格その他その人の印象をほぼ決定付けてしまう程の力を持っています。

実際全く異性にモテないような人が、姿勢と喋り方と言葉遣いと発声を直しただけですっかりモテるようになったという話を聞いた事がありますが、それほどの効果があるという訳です。

大体街でカラまれたり警官から職質を受けるような輩というのは、だらしない格好でヨタヨタと歩いているような事が多いです。

勿論警察の職質マニュアルに合致するような格好をたまたましていたというような場合もありますが、とにかく人は見えない中身よりもまずはそういう部分から判断されるのです。

見た目は大切

とにかく人間は見た目も大切です。

前述した姿勢と同様に人はまず見えないあなたの中身よりも目に見える外見で判断しますから、最初の見た目が悪いと損なのです。

誰だって不潔で不衛生な相手にはあまり良い印象を持ちません。

知り合いに夏でも殆ど風呂に入らず部屋の掃除を一度もした事が無いというすごい人がいましたが、やはり会社では相当に浮いていました。

同僚からは臭くて迷惑だからちゃんとお風呂に入れと何度言われても、「おれは臭くないから入らない。」と言って全く問題にしていません。

ここまで図太くて無神経な性格になれれば一種の境地に至っているようにも見えて逆に男らしくも感じられるのですが、やはり身だしなみは整えておいた方が良さそうです。

高くなくても良いからまめに洗濯された衣服を身につけ清潔感を保ち、髪の毛や髭の手入れは面倒がらずにきちんと行っておきましょう。

自己改革を

人はまず相手の見た目や態度を見て判断するという事は既に述べました。

おかしな態度や行動をするような人は初見でいきなり相手に舐められてしまうような事もしばしばです。

何処へ行ってもいじめられるような性格の人というのは何も職場に限らず、家庭でも学校でも大抵誰かにやられているという場合が多いのではないかと思います。

人は自分より強い相手には尻尾をふり、弱い相手に対しては攻撃的になる傾向がありますからこの辺は他の動物と変わりません。

勿論、人をいじめたり馬鹿にしたり舐めた態度をとるような人間が悪いに決まっているのですが、そういう手合いを引き寄せてしまうようなあなたの性格とか見た目、態度は改善すべき余地があるという事です。

人の中身は見えないと言いますが、中身は態度や言葉、行動や見た目となって表に出ています。

本人はそれに気づいていませんが、相手はそういうものを全て察しています。

ですから、そこを理解した上で例え自分の中身がまだまだ未熟であったとしても、そういう雰囲気を出して相手につけ込まれない様にしない為にも常に毅然とした態度でいる事が求められるのです。

いじめや嫌がらせをしてくるような連中をいちいち相手にしたりする必要は微塵もありませんが、なるべくならばそういう面倒な事態に巻き込まれない為にも自分の事を今一度しっかりと分析してみるようにしましょう。

いつも会社でいじめられる自分は一体何処が悪かったのか、その原因を考えてみると良いと思います。

そうすると、多少は自分の中にも相手をイライラさせたりいじめさせたり文句を言われたりするような要素が幾つか発見出来るのではないでしょうか。

この世で自分の事を一番分かっていないのは自分であり、他人の方が余程自分の事を良く知っていると言われていますから、自分の欠点や改善すべき点は他人に聞いてみるのが一番だと思います。

自己をしっかりと分析する事は自分の中にある才能や長所を見出すことにも繋がりますから、折を見てはこういう自己反省を行っていく事をお勧めいたします。

自分の事が良く分かるようになれば努力すべき方向が見出せますし、努力を続けていけば段々と自分に自信が持てるようにもなってきます。

自分に自信があれば多少のいじめや嫌がらせ等気にならなくなるものです。

何しろそんなことばかりしているような人間というのは自分よりも品性や徳、人間性等のあらゆる点において劣っているという事が理解出来るようになるからです。

「今の職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は会社でよくある人間関係の悩みというテーマについて書いてみましたが、これは会社を辞めればそれで無くなるというものではなく、人が生きている限り何処でも必ずぶち当たるような問題であると思います。

人間関係は人が社会生活を営む上で避けて通る事が出来ない要素であり、職場に限らず家庭内、ご近所、親戚、友人、サークル、学校等あらゆる場面で人間関係はついてまわる事になりますから、人との付き合いというものが如何に重要であるかというのは想像に難くないと思います。

ただ、人によって考え方や性格の違いがありますから、もし人間関係が嫌だとか人との付き合いが苦手という人の場合、無理に他人と積極的に関わろうとせず生きていこうとするのは全然悪い事ではないと私は考えます。

社交的な人間は良く、そうでない人は孤独で駄目といった世の中の一般的なイメージなど一切気にする事はありません。

人は決して一人で生きていく事は出来ませんが、出来る事はなるべく自分で行って世間や人との接触を出来る限り少なくする。

そういう生活を求めて都会を離れ、田舎や自然あふれる場所に移り住むような人は結構います。

実際私も経験がありますが、煩わしい人間関係からすっかり開放された生活と言うものはとても快適です。

しかし、皆が皆こういう生き方が出来るという訳ではありませんから、生きて食べていく為に毎日会社で仕事を続ける必要がある人にとって人間関係は日々直面する問題です。

誰もが直面する難題である故に、その対処の仕方というものが大切となってくるのでしょう。

やはり最後は自分なりの上手い方法を自分自身で見つけるしかないと思います。

そこに至るまでにはいろいろと悩みもがき苦しむ事も多いでしょうが、それは誰もが経験してきた事なのです。