みなさん、こんにちは。

今回は仕事を辞める勇気を持つためのポイントについて色々と書かせて頂きたいと思います。

このようなテーマを見て、は?と思われる方も多いのではないでしょうか。

何を言っているんだこいつは、と仰りたい気持ちも解りますが、どうぞお付き合い願います。

仕事というものは誰もが皆、最初は期待に胸を膨らませて取り掛かるものですが、いざ実際にやってみると現実と理想とのギャップに大きく裏切られたという感じを抱くものです。

最初からこの仕事とはこんなものか、と思っていれば良いのですが、そんなに冷静に突き放した視点でこれから自分がやろうとしている仕事を見る事は難しいものです。

ましてや、それが自分のやりたい仕事、入りたい第一志望の会社であったとしたら尚更です。

仕事とは金を稼ぐ為に我慢してやるものであり、決して楽しいものでも楽なものでもない、という覚悟を持っていたり、割り切った考え方でいる人は別として、そうではなく仕事や会社に対して何か期待や夢のようなものを持っているとしたらその人は要注意です。

大抵そういう人は、そう長くないうちにこの仕事や会社は合わないと感じてそろそろ辞めようかな、転職しようかなとか考え出します。

会社や仕事を辞めたいと考える理由は人それぞれです。

仕事があまりにハードでとてもついていけない人、人間関係に悩む人、今の給料や待遇に不満がある人、社風が自分にはどうも合わないと感じる人、会社から辞めさせようと圧力をかけられている人、自分のやりたい事を追求したい人等様々です。

そうした時にいつまでもその会社に残ったり、今の仕事をだらだらと続けていくのか、それともいっその事スパッと辞めてしまうのか、人によって行動もそれぞれでしょう。

ただ、私は家族がいてどうしても自分が働かないといけないとかいうような理由がなければ、無理に嫌な会社や仕事を続ける必要は無いと考えます。

そんな事が続けば身体も精神も段々と弱っていくのは明白で、ハッキリ言って不健康な生き方だと言わざるをえません。

私達の人生の大部分を占める事になる労働というものが少しでも負担にならなくなるように、決断は早く下すに越した事はありません。

私自身、今迄それこそ両手の指では足りないくらいの仕事や職場を経験してきましたし、辞めた時の理由も様々でしたが、辞めて後悔した経験というのはありませんでした。

仕事が変わって、その後の生活に多少の支障が生じたとしても、全て自分で考えて納得した上で決断した事ですし、人間生きていればどうにかなってしまうものです。

なので、今の仕事や会社に不満があり、この先どうしようか迷っているならば、いっそ思い切って辞めてしまうのも有りです。

そうして新たな道が開けてくる事もあるでしょう。

仕事を辞める勇気を持つための5個のポイント

本気で辞めたいと考えている人は明日にも会社に辞表を提出するでしょうから私からアドバイスする事は何もありませんが、世の中の人全員がこういう風ではありません。

気持ちでは辞めたいのだけれど、その決断がなかなか出来ない人だからこそ、この問題に悩むのです。

しかし、いつか仕事を会社を辞めたいと漠然と考えているようでは、先延ばしになっていつまで経っても結局は辞めずに終わってしまいます。

まあ、それならばそこまで辞めたいという強い意志が無かったという事で妙に自分を納得させている人もいますが、それでは本当の問題の解決にはなりません。

ここでは、仕事を辞める勇気を持つ為に大切なポイントを挙げてみる事にしましょう。

自分について考えてみる

会社を辞める決断が出来ないのは、自分の中に色々な迷いがあるからで、まずはその迷いを一つづつ明確にしていく必要があるのです。

その為にまずは、自分自身についてじっくりと深く考えてみる事が大切です。

自分は何故この仕事が嫌なのか、自分はこの先何がやりたいのか、その為に必要な技術や資格はあるか、逆に自分がやりたくないのは何か、今出来る事と出来ない事は何か、自分の性格に向いている仕事は幾つあるか、等々。

単なる次の転職先だけではなく、この先の人生の過ごし方までこの際時間をかけて深く考えてみる事です。

自分の考えや生き方がしっかりと固まっている人は、人生であまり迷う事はありません。

何となく入った会社で与えられた仕事を毎日ただ漠然とこなし、そういう生活にあまり疑問すら感じないような人は一体自分が今何を不満に思い、悩んでいるのかという事も自分ではハッキリと分かりません。

なので、まずは今一度自分自身について考え直し、人生や仕事に関するはっきりとした自分の意思と考え方を持つ事が大切だと思います。

周りを気にしない

色々な事情から、仕事を辞めたいと思っているのは他ならぬあなた自身です。

あなたが今の会社や仕事を辞めるのに関して、周りの人はこの際関係がありません。

どうしてもあなたが会社にとって必要な人材だから、と引き止められたとしてもあなたの辞めたいという意思が固まっていれば聞く耳を持つ必要は無いのです。

それだけあなたがその会社で重要だったと自分を褒めてあげましょう。

ただし、自分が辞める事で周りに負担や迷惑がかかるのではないかとか、今迄お世話になった会社や社長に対して申し訳ないとか、そういう感情は一切無用です。

そういう後の事をいちいち心配するようでは永遠に辞める事は出来ません。

変に良い人を演じて周りに流され続けるようでは、この先も同じ事で失敗する可能性が高いです。

逆に企業や会社にとっては下手に自分の意見を持つ人よりは、こういう人の方が使いやすくていいのでしょうが。

とにかく一度会社を辞めると決めたら、迷わず速やかに実行するようにしましょう。

楽観的に考える

今の会社を辞めようとする前に、あまり深刻に考えすぎない事も大切です。

最初に書いた一番目の意見と一見矛盾するようですが、先の事に対して必要以上に不安を抱くのは決断や行動を遅らせる事に繋がり、あなたにとってマイナスとなります。

特に一般的な日本人の性格だとなかなか難しいのかもしれませんが、物事に対して楽観的に考えるという姿勢を持つようにしたいものです。

とかく、真面目にこつこつ、責任感を持って会社や上司に忠義を尽くすという精神がモノ造りニッポンを支え、それが海外に対してのアピールポイントとなっているのですが、反面日本では自殺や鬱病等の発生件数も高い水準となっています。

もっとイージーにアバウトに人生を生きるようにする事も大切なのです。

私の南米の友人は、奥さんに子供がもうすぐ生まれるという大事な時に突然仕事を辞めました。

理由は単に仕事が面倒くさくなったからとの事でしたが、流石にこれは私もどうだろう?

と思いつつ、良くも悪くもあまり人生を悲観的に考えすぎずにどうにかなるさ、という気楽な気持ちで生きるというのは見習うべき所があるのではないでしょうか。

変化を恐れない

転職した後の新しい職場では、長年勤めた会社に比べて給料も安くなり、仕事を一から覚えなくてはならないというデメリットもあります。

正社員ではなくアルバイトだとしたら雇用も不安定ですから、将来の事も心配になります。

家庭を持つ人にとっては夫婦不仲の原因が生まれるきっかけになるかも知れません。

しかも、転職先がまた、今度も駄目だったらと想像すると・・・。

こういう風に考えていたら結局は今の嫌な仕事を続けるしかないのか、という結論に至ります。

危険を伴う変化よりも安定した現状を維持した方が間違いは少ないでしょう。

しかし、それでは何も今までとは変わりませんから、ここは一つ勇気を持って大胆に行動を起こしてもらいたいものです。

仕事はいくらでもある

会社をクビになったり、突然仕事を失ってしまった時、日本では多くの人が落胆し、この先どうやって生きていこうと暗い気持ちになりますが、ハッキリ言ってこの世に仕事は幾らでもあります。

今の会社を辞めたからといって、他に仕事が無くて路頭に迷う、という事は現在の日本では考えられません。

働きたくても仕事がないという国も世界にはあるわけですから、それだけでも有り難いことなのです。

今より給料良くて待遇良くて自分に合う会社は少ないし、と言っているようではしょうがありませんから、気持ちの切り替えが大切です。

ヨーロッパ等では会社をリストラされたら、じゃあ今度は工事現場でもビルの掃除でもやってやるか、というポジティブな思考で取り組みます。

前職がそれなりの地位だった自分にはこんな仕事では満足出来ない等といったしょうもないプライドは屁の突っ張りにもなりませんから、さっさと捨て去るようにしましょう。

仕事を辞めた後に新たな道を進むためにできること

今の仕事や会社を辞めた後は、新たな生活の手段というものが無ければなりません。

こうした事は前の仕事を辞める前から考えておかねばならない訳で、いくら嫌な会社とはいえ何の計画も考えも無しに突然辞めるというのは得策とは言えないのです。

リストラ等の場合、失業保険も直ぐに支給されますからしばらくはゆっくりと計画を立てる事も出来るのですが、自主退職の場合は保険金の支給は数ヵ月後になりますので、その間は基本的に無収入となります。

ですから、退職後の計画というのは、仕事に就いている内に考えておくのが当然なのです。

退職後の新たな生活をどういうものにしたいのか、具体的なイメージを持っておく事が大切です。

何も今の会社を辞めた後に、同じような職種の会社に転職するだけが選択肢なのではありません。

自分で何か仕事を立ち上げてみたいとか、今までとは全く別の職種に挑戦するとか、海外で働いてみたいとか、もしくはもう仕事はなるべくしたくない等人によって様々です。

そして、その為の準備はしっかりとしておかなければ、行き当たりばったりの人生になってしまうことになります。

就活

まずは、何か収入を得る事が出来るものを探す事になります。

新しい職場や勤め先に限らず、自分でやれる仕事でも何でも良いですが、事前にしっかりとリサーチをしなければなりません。

今の会社は自分にとって何かしらの不満があって辞める訳ですから、そういう要因が次の職場にあってはならない訳です。

ただし、何もかもが自分の理想通りの仕事などこの世には存在しませんし、ましてそれを会社に求めるというのは至ってナンセンスな話です。

あなたが飛びぬけた能力と才能、実力や資格を持ち合わせた人物ならば多少の我儘も会社は聞いてくれるでしょうが、私を含めて世の中の多数の人達はそうではありません。

金の勉強

常に自分の人生に関する勉強というものはしておくべきでしょう。

特にお金に対する勉強というものは早いうちからしっかりとしておくに越した事はありません。

何だかんだ言っても、結局この世は金なのですから金の無いのは首が無いのと同じ事なのです。

多くの人達が嫌な会社に毎日通い続けるのも金を稼ぐ為に他なりません。

逆に自分で上手に収入が得られるようになれば、勤め人等しなくても済むようになれる可能性もあるのです。

その為にはなんと言っても金に関する知識を身に付ける事です。

税金対策から不労所得、投資に関する知識等、学校では決して教わらなかったこういう事は自分で勉強しなければなりません。

私の経験として、例え大学高校を出ていなくてもこういう知識をしっかりと身に付けた人は大人になって十分に生活出来ているどころか、大学を出ても会社で魅力のない仕事を嫌々やっている人に比べて遥かに自由で楽しんでいる印象があります。

資格

資格を取る事で仕事の選択肢が増える事もあります。

自分の希望する仕事に就く為に資格を取らざるをえないような場合もあるでしょう。

世の中には多くの資格が存在しますが、実際に役に立つような資格というものはほんの一握り。

誰でも取得可能な資格というものは、多くの人が持っているのであまり有利にはならない事もありますし、逆に有利になる資格というのは取得が大変難しかったりします。

そして資格は大抵はその業界の中でしか通用しないものなので、時間とお金をかけて取得を目指すのであれば何を選ぶのかは慎重に検討しなければいけません。

まとめ

今回は仕事を辞める勇気を持つためのポイントというテーマについて書いてきました。

少し変わったテーマではありますが、世の中のニーズもある問題だと思います。

この問題には個人の様々な事情や考え方等が関係してくる為、なかなか簡単にはアドバイスが出来ない所もありますが、最終的な決断を下す事になるのはやはり自分自身です。

自分でこれから何をどうしたいのか、まずは自分の心や考えを整理する所から始めてみましょう。


関連キーワード

仕事