いつの時代も、仕事を選択する上で自分にあった仕事を見つけたいと思う方は多いのではないでしょうか。

仕事に求めることとして、自分のやりたいことができる、高収入である、安定していることなど、様々な基準があるかと思います。

「自分にあう仕事」とはは突き詰めてみると、強みを発揮できる、生かすことができる仕事であるともいえます。

そうすると今度は仕事で生かせる「自分の強みってなんだろう」となります。

そんな強みに気付くためのヒントを紹介していきます。

仕事の強みでよくある10個の要素とは?

仕事の強み聞くと、なんだか特定の能力に秀でているかのように感じてしまいますが、実はどんな人も仕事上で強みとなる要素をたくさん持っています。

当たり前のように普段行っていることでも、他の人から見るとすごいことをしているように見えていることもしばしば。

普段の生活で何気なくしている行動や、自分の弱みと感じている部分もうまく使えば、仕事をする上で強みになりえるのです。

心配性である

どんな人でも心配をすることはありますが、心配性の方は普通の人に比べて心配をする頻度や、心配をする度合いが大きいことが特徴です。

怒っている出来事は同じでも、受け取り方がややマイナス方向に考えてしまいがちな特徴があります。

どのように仕事で活かすことができる?

心配性と聞くと、仕事に生かすことが本当にできるのだろうかと思うかもしれませんが、活かせる部分がたくさんあります。

心配性もうまく使うことができれば「もうしかしたらこうなってしまうかもしれない」ということを、事前に予測できることにもつながります。

ですので、あらかじめ様々なこと予測して計画を立てて、業務に取り組むことができるので、万一プロジェクトでトラブルがあった際にも速やかに対応することができます。

一つの仕事をとっても、その性分から細かい部分に目が届いているので大事な資料の作成や、契約書の内容にもしっかりとチェックすることができます。

人の良い部分が見える

同じ人と接しているのに、ある人は良い面に気づくことができます。

ある人は悪い面ばかり見えてしまう。

悪い面ばかり目についてしまうとどうなるか。

どうしたら改善できるか、治すことができるかということばかりに意識が向いてしまいます。

その反面、良い面に気付くことができる人は、さらに良い面を発揮させることができるのか、伸ばせるかに意識が向きます。

どちらが良い、悪いという話ではありませんが、人の見方によって人を活かすことができかどうかに影響してくるでしょう。

どのように仕事で活かすことができる?

実は仕事上で成果がなかなか出ない、失敗ばかりしてしまう従業員が中にはいます。

そう言ったことが続いてしまうとその社員自身の能力がないからだ。

となりがちですが、実はその人の長所が生かせない職場や仕事が与えられていた。

ということは往々にしてあります。

そう言った時に、人の良い面に気づくことができる人がいると、長所を生かすように指導、アドバイスをすることができます。

本人ですら気づいていない強みを気づかせてあげられるやもしれません。

もし人事について決定権がある部署、役職についているようでしたら、人材を適材適所に配置することによって、より成果を上げられれるように仕向けることができます。

謙虚である

謙虚な人は、控えて目で慎ましいことや、自分の能力や地位に奢ることなく、素直に人に接することができる特徴あります。

何かをするにしても、よく思われようと行動したり、見返りを求めるといった行動をあまりしません。

普段から周囲の人に感謝を伝えることができ、信頼の置ける人物として、本人の知らぬところで大きな信頼を勝ち得ている得ることもあります。

どのように仕事で活かすことができる?

仕事上で、大きな成果を出したとき。

または昇進して役職についたとき。

どうしても知らぬ間に部下や同僚たちに対して横柄になったり、慢心が出てきてしまいそれが結果として態度に出てしまうことが、往々にしてあります。

本人は自分が変化していることを気がつきませんが、良くも悪くも周りの人は敏感に察知しています。

よく見ているものです。

常に謙虚な気持ちで仕事に望むことができる人には、そう言った面が出ることがなく、自然と周囲の人が協力的であったり、意見を求められたり、相談しやすいことから、職場が円滑に回るようになります。

自分だけでなく、周囲の人を巻き込みながら成長する環境を作り出すことができるでしょう。

飽き性である

三日坊主と言う言葉があるように、新しく始めたことに対して、内容を問わず長続きすることがなく終わってしまう人がいます。

非常に飽きっぽいので、関心が移ってしまうと新しい物事に目移りしてしまいます。

飽き性と聞くとマイナスのイメージがありますが、果たして仕事で活かすことができるのでしょうか。

どのように仕事で活かすことができる?

仕事の内容にもよりますが、毎日の業務の中で同じことの繰り返しと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

飽き性の人にはそういった仕事を漫然と続けることが苦痛に感じることが多いようです。

しかし飽きやすい反面。

これが面白そうだ、うまくいきそうだ。

と興味が湧いたり、意識が向いた時には他の人にはない集中力で業務をこなすことができます。

興味を持ったことに対して、短期で成果を上げられるような仕事に生かすことができます。

企画での開発業務や、広告、マーケティングなどの仕事に向いていると言えます。

共感力がある

相手の話を聞いているだけで、その相手の体験する感情を自分のことのように感じることができる特徴があります。

共感力がある人と話をしていると、いつの間にか時間が経っていて、いつもは人に話しないようなことをその人には話してしまっていた。

また、気持ち良く話をすることができたと感じた時ほど、自分の話ばかりしてしまったと言うことがあるようです。

どのように仕事で活かすことができる?

企業にはいろいろな人がいます。

それは年齢であったり、学歴であったり、育ってきた環境など様々なバックボーンをもった人と一緒に働くことになるでしょう。

共感性を持っている人には、相手の気持ちになって話を聞くことができる、考えることできる素養があると言えます。

例えば仕事上で上司から仕事を任されるとき、上司の意図を汲み取った上で業務を行うことできます。

営業であれば、お客様からの対応の中で様々な意見、クレームなどを頂いたときに、そこからしっかりとニーズを受け取って、以降の業務に生かすことができるかもしれません。

役職についているのであれば、部下や後輩が仕事上でミスをしてしまったりした際にもまずは言い分や理由を聞くことができます。

全てを聞いた上で、自分お意見や、アドバイス、注意などを与えることができます。

楽観的である

楽観的というと、物事がきっとうまくいくだろう!と明るい見通しを持つことができる人のことをいいます。

仕事上でも難しい問題や、困難が訪れたとしても、うまくいくことをまるで知っているかのようです。

どのように仕事で活かすことができる?

新しく立ち上げるプロジェクトや、開発業務など。

前例のない仕事を行うような場合にとても頼りになるでしょう。

新しいことを始める時、なかなか思ったような成果がでなかったり、失敗が続いてしまうと「なんで失敗してしまったのだろう」「次はどうしたらいいのだろう」と考えてしまい、ますます悪循環に陥ってしまうことがしばしば。

そうなってくると悲観的になりがちになります。

しかし楽観的な人はなかなか成果が出なかったり、失敗をしてしまっても、それは目的達成のための通過点として捉えることができるようです。

目標を達成している姿をイメージすることができるので、たどり着くために必要なことをしっかりと準備する周到さもあります。

また職場に一人でも楽観的な人物がいるだけで、知らぬ間に励まされていたり、うまくいく気がしてくるから不思議です。

本人が意識していなくても職場が明るくなり、希望を与えることができます。

決断力がある

決断力を感じるのは実は身近な出来事であったりします。

例えば、知人とレストランにでかけたときに、メニューを開いてパッと見た途端に「私はこれにします」と、すぐに食べるものを決められる人がいます。

何択かの選択肢を与えらたときでも、迷うことなく一つ選ぶことができる。

そんな人は仕事の場面でも、素早く決断をして動くことができることができるでしょう。

どのように仕事で活かすことができる?

仕事というものは、ある意味決断の連続だと言えます。

いくら良い企画を練り上げたとしても、実行しなければいつまでたっても結果には結びつきません。

決断力がある人は総じて、決断が早い傾向があり、まずは動き出してしてみて失敗を重ねながら着実に成果に結びつけることが得意だと言えます。

十分企画を練り上げて、検討を重ねて実行した時と比べても、結果として動きながら修正して進めていったほうが時間がかからなかったり、望ましい結果を得ることができたということもよくあります。

責任感のある人

責任を持って仕事に取り組むことができる人は、どんな仕事に取り組む際にも姿勢が違います。

期限があればその期限内に必ず終わるように仕事を進めます。

約束したことは必ず実現しようと努力することができます。

どのように仕事で活かすことができる?

責任感を持つ人は、基本的な時間、納期を守った上で、お客様の要望を聞いてそれを満たすための努力を最大限行うことができます。

ですのでどんな仕事に対しても妥協することがありません。

仕事上で大きなプロジェクトのメンバーとして参加させることで、良い緊張感を周囲に与えることができます。

また新入社員や、若手社員に対しての教育や指導を担当させることによって、責任を持って仕事へ取り組む姿勢を学ばせることができます。

新しいもの好きな人

世の中には日々新しいものであふれています。

それは新しい服かもしれませんし、新しい味の食品かもしれません。

広告やコマーシャルで見かけたものをまずは一度試してみたいと思います。

どのように仕事で活かすことができる?

新しいもの好きの人には、世の中のトレンドを察知する能力や、流行の波にいち早く乗るのがうまいと言えます。

意識をしていなくても、今世の中ではどんな商品が売れているのか、どんなものが流行っているのかが自然と理解できます。

当事者としてみることができているので、現代を生きる人々がどんなものに興味を持っているのかをいち早くキャッチする能力に秀でているとも言えます。

その経験則から市場調査などが必要となる、企業のマーケティングや、商品開発などでその強みを生かすことができそうです。

面倒くさがりや

何かをするたびに「面倒だなぁ」とつぶやきながら、動いている人がいます。

そういった人はとにかく手抜きをしようと考える傾向があります。

「手抜き」という言葉を聞くと、あまりいい印象がないかもしれませんが、どうすれば楽をすることができるかを考えることができる能力があるといえます。

どのように仕事で活かすことができる?

企業ごとに様々な決まりごとや、業務の進行の仕方があります。

面倒くさがりやの人はとにかく楽ができないかを考えます。

ただし「楽をしよう」と言うことに対してはズルをするわけではありません。

例えば、以前からこのやり方だったからということで継続している業務に対して「時間をかける必要があるのか」「もっと効率よくできないか」「そもそも本当に必要な仕事なのか」など、既存の仕組みに対しても疑いの目を持つことができます。

同じ仕事でも、少ない労力と時間でそういった発想で既存の仕組みを疑うことができます。

まとめ

強みという言葉を聞くだけで「私は特に優れているところなんてない」と、自分の能力を低く見積もる方がいらっしゃいます。

実はほとんどの強みというものは、一見して自身では弱みと感じることであったり、日常で自然に行っているが故に気がつくことができなかったりします。

一度、会社の同僚や上司、ご家族や友人などに「私の強みってなんだと思う?」と聞いてみることもいいかもしれません。

思いもよらなかったところに強みが眠っているかもしれません。


関連キーワード

仕事