いつの時代も、仕事を選択する上で自分にあった仕事を見つけたいと思う方は多いのではないでしょうか。

仕事に求めることとして、自分のやりたいことができる、高収入である、安定していることなど、様々な基準があるかと思います。

「自分にあう仕事」とはは突き詰めてみると、強みを発揮できる、生かすことができる仕事であるともいえます。

そうすると今度は仕事で生かせる「自分の強みってなんだろう」となります。

そんな強みに気付くためのヒントを紹介していきます。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事の強みでよくある10個の要素とは?

仕事の強み聞くと、なんだか特定の能力に秀でているかのように感じてしまいますが、実はどんな人も仕事上で強みとなる要素をたくさん持っています。

当たり前のように普段行っていることでも、他の人から見るとすごいことをしているように見えていることもしばしば。

普段の生活で何気なくしている行動や、自分の弱みと感じている部分もうまく使えば、仕事をする上で強みになりえるのです。

心配性である

どんな人でも心配をすることはありますが、心配性の方は普通の人に比べて心配をする頻度や、心配をする度合いが大きいことが特徴です。

怒っている出来事は同じでも、受け取り方がややマイナス方向に考えてしまいがちな特徴があります。

どのように仕事で活かすことができる?

心配性と聞くと、仕事に生かすことが本当にできるのだろうかと思うかもしれませんが、活かせる部分がたくさんあります。

心配性もうまく使うことができれば「もうしかしたらこうなってしまうかもしれない」ということを、事前に予測できることにもつながります。

ですので、あらかじめ様々なこと予測して計画を立てて、業務に取り組むことができるので、万一プロジェクトでトラブルがあった際にも速やかに対応することができます。

一つの仕事をとっても、その性分から細かい部分に目が届いているので大事な資料の作成や、契約書の内容にもしっかりとチェックすることができます。

人の良い部分が見える

同じ人と接しているのに、ある人は良い面に気づくことができます。

ある人は悪い面ばかり見えてしまう。

悪い面ばかり目についてしまうとどうなるか。

どうしたら改善できるか、治すことができるかということばかりに意識が向いてしまいます。

その反面、良い面に気付くことができる人は、さらに良い面を発揮させることができるのか、伸ばせるかに意識が向きます。

どちらが良い、悪いという話ではありませんが、人の見方によって人を活かすことができかどうかに影響してくるでしょう。

どのように仕事で活かすことができる?

実は仕事上で成果がなかなか出ない、失敗ばかりしてしまう従業員が中にはいます。

そう言ったことが続いてしまうとその社員自身の能力がないからだ。

となりがちですが、実はその人の長所が生かせない職場や仕事が与えられていた。

ということは往々にしてあります。

そう言った時に、人の良い面に気づくことができる人がいると、長所を生かすように指導、アドバイスをすることができます。

本人ですら気づいていない強みを気づかせてあげられるやもしれません。

もし人事について決定権がある部署、役職についているようでしたら、人材を適材適所に配置することによって、より成果を上げられれるように仕向けることができます。

謙虚である

謙虚な人は、控えて目で慎ましいことや、自分の能力や地位に奢ることなく、素直に人に接することができる特徴あります。

何かをするにしても、よく思われようと行動したり、見返りを求めるといった行動をあまりしません。

普段から周囲の人に感謝を伝えることができ、信頼の置ける人物として、本人の知らぬところで大きな信頼を勝ち得ている得ることもあります。

どのように仕事で活かすことができる?

仕事上で、大きな成果を出したとき。

または昇進して役職についたとき。

どうしても知らぬ間に部下や同僚たちに対して横柄になったり、慢心が出てきてしまいそれが結果として態度に出てしまうことが、往々にしてあります。

本人は自分が変化していることを気がつきませんが、良くも悪くも周りの人は敏感に察知しています。

よく見ているものです。

常に謙虚な気持ちで仕事に望むことができる人には、そう言った面が出ることがなく、自然と周囲の人が協力的であったり、意見を求められたり、相談しやすいことから、職場が円滑に回るようになります。

自分だけでなく、周囲の人を巻き込みながら成長する環境を作り出すことができるでしょう。

飽き性である

三日坊主と言う言葉があるように、新しく始めたことに対して、内容を問わず長続きすることがなく終わってしまう人がいます。

非常に飽きっぽいので、関心が移ってしまうと新しい物事に目移りしてしまいます。

飽き性と聞くとマイナスのイメージがありますが、果たして仕事で活かすことができるのでしょうか。

どのように仕事で活かすことができる?

仕事の内容にもよりますが、毎日の業務の中で同じことの繰り返しと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

飽き性の人にはそういった仕事を漫然と続けることが苦痛に感じることが多いようです。

しかし飽きやすい反面。

これが面白そうだ、うまくいきそうだ。

と興味が湧いたり、意識が向いた時には他の人にはない集中力で業務をこなすことができます。

興味を持ったことに対して、短期で成果を上げられるような仕事に生かすことができます。

企画での開発業務や、広告、マーケティングなどの仕事に向いていると言えます。

共感力がある

相手の話を聞いているだけで、その相手の体験する感情を自分のことのように感じることができる特徴があります。

共感力がある人と話をしていると、いつの間にか時間が経っていて、いつもは人に話しないようなことをその人には話してしまっていた。

また、気持ち良く話をすることができたと感じた時ほど、自分の話ばかりしてしまったと言うことがあるようです。

どのように仕事で活かすことができる?

企業にはいろいろな人がいます。

それは年齢であったり、学歴であったり、育ってきた環境など様々なバックボーンをもった人と一緒に働くことになるでしょう。

共感性を持っている人には、相手の気持ちになって話を聞くことができる、考えることできる素養があると言えます。

例えば仕事上で上司から仕事を任されるとき、上司の意図を汲み取った上で業務を行うことできます。

営業であれば、お客様からの対応の中で様々な意見、クレームなどを頂いたときに、そこからしっかりとニーズを受け取って、以降の業務に生かすことができるかもしれません。

役職についているのであれば、部下や後輩が仕事上でミスをしてしまったりした際にもまずは言い分や理由を聞くことができます。

全てを聞いた上で、自分お意見や、アドバイス、注意などを与えることができます。

楽観的である

楽観的というと、物事がきっとうまくいくだろう!と明るい見通しを持つことができる人のことをいいます。

仕事上でも難しい問題や、困難が訪れたとしても、うまくいくことをまるで知っているかのようです。

どのように仕事で活かすことができる?

新しく立ち上げるプロジェクトや、開発業務など。

前例のない仕事を行うような場合にとても頼りになるでしょう。

新しいことを始める時、なかなか思ったような成果がでなかったり、失敗が続いてしまうと「なんで失敗してしまったのだろう」「次はどうしたらいいのだろう」と考えてしまい、ますます悪循環に陥ってしまうことがしばしば。

そうなってくると悲観的になりがちになります。

しかし楽観的な人はなかなか成果が出なかったり、失敗をしてしまっても、それは目的達成のための通過点として捉えることができるようです。

目標を達成している姿をイメージすることができるので、たどり着くために必要なことをしっかりと準備する周到さもあります。

また職場に一人でも楽観的な人物がいるだけで、知らぬ間に励まされていたり、うまくいく気がしてくるから不思議です。

本人が意識していなくても職場が明るくなり、希望を与えることができます。

決断力がある

決断力を感じるのは実は身近な出来事であったりします。

例えば、知人とレストランにでかけたときに、メニューを開いてパッと見た途端に「私はこれにします」と、すぐに食べるものを決められる人がいます。

何択かの選択肢を与えらたときでも、迷うことなく一つ選ぶことができる。

そんな人は仕事の場面でも、素早く決断をして動くことができることができるでしょう。

どのように仕事で活かすことができる?

仕事というものは、ある意味決断の連続だと言えます。

いくら良い企画を練り上げたとしても、実行しなければいつまでたっても結果には結びつきません。

決断力がある人は総じて、決断が早い傾向があり、まずは動き出してしてみて失敗を重ねながら着実に成果に結びつけることが得意だと言えます。

十分企画を練り上げて、検討を重ねて実行した時と比べても、結果として動きながら修正して進めていったほうが時間がかからなかったり、望ましい結果を得ることができたということもよくあります。

責任感のある人

責任を持って仕事に取り組むことができる人は、どんな仕事に取り組む際にも姿勢が違います。

期限があればその期限内に必ず終わるように仕事を進めます。

約束したことは必ず実現しようと努力することができます。

どのように仕事で活かすことができる?

責任感を持つ人は、基本的な時間、納期を守った上で、お客様の要望を聞いてそれを満たすための努力を最大限行うことができます。

ですのでどんな仕事に対しても妥協することがありません。

仕事上で大きなプロジェクトのメンバーとして参加させることで、良い緊張感を周囲に与えることができます。

また新入社員や、若手社員に対しての教育や指導を担当させることによって、責任を持って仕事へ取り組む姿勢を学ばせることができます。

新しいもの好きな人

世の中には日々新しいものであふれています。

それは新しい服かもしれませんし、新しい味の食品かもしれません。

広告やコマーシャルで見かけたものをまずは一度試してみたいと思います。

どのように仕事で活かすことができる?

新しいもの好きの人には、世の中のトレンドを察知する能力や、流行の波にいち早く乗るのがうまいと言えます。

意識をしていなくても、今世の中ではどんな商品が売れているのか、どんなものが流行っているのかが自然と理解できます。

当事者としてみることができているので、現代を生きる人々がどんなものに興味を持っているのかをいち早くキャッチする能力に秀でているとも言えます。

その経験則から市場調査などが必要となる、企業のマーケティングや、商品開発などでその強みを生かすことができそうです。

面倒くさがりや

何かをするたびに「面倒だなぁ」とつぶやきながら、動いている人がいます。

そういった人はとにかく手抜きをしようと考える傾向があります。

「手抜き」という言葉を聞くと、あまりいい印象がないかもしれませんが、どうすれば楽をすることができるかを考えることができる能力があるといえます。

どのように仕事で活かすことができる?

企業ごとに様々な決まりごとや、業務の進行の仕方があります。

面倒くさがりやの人はとにかく楽ができないかを考えます。

ただし「楽をしよう」と言うことに対してはズルをするわけではありません。

例えば、以前からこのやり方だったからということで継続している業務に対して「時間をかける必要があるのか」「もっと効率よくできないか」「そもそも本当に必要な仕事なのか」など、既存の仕組みに対しても疑いの目を持つことができます。

同じ仕事でも、少ない労力と時間でそういった発想で既存の仕組みを疑うことができます。

まとめ

強みという言葉を聞くだけで「私は特に優れているところなんてない」と、自分の能力を低く見積もる方がいらっしゃいます。

実はほとんどの強みというものは、一見して自身では弱みと感じることであったり、日常で自然に行っているが故に気がつくことができなかったりします。

一度、会社の同僚や上司、ご家族や友人などに「私の強みってなんだと思う?」と聞いてみることもいいかもしれません。

思いもよらなかったところに強みが眠っているかもしれません。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご