同じ仕事をしていても処理の速い人と遅い人って居ますよね?

仕事が早い人からしたらなぜ遅いのか理由がわかりませんし、ただ要領が悪くてすることが遅いだけだと思ってしまいます。

また仕事が遅いと周りの人に迷惑をかけてしまったり、イライラさせてしまいかねません。

仕事が遅いご本人だけでなく周りの人も詳しい理由がわからないかと思いますので、仕事が遅い人はなぜ仕事が遅いのか、これから詳しい理由や改善方法をお伝えさせていただこうと思います。

仕事が遅いとは??

なぜこの作業にこんなにも時間がかかるのかと他人から思われる人でしょう。

いつまでも1つの仕事に時間を使い、仕事が終わるのが遅くなっています。

仕事が速い人からしたら謎だらけですし、理解もできない為見ていてもどかしいかもしれません。

仕事が遅い人は同じことをずっとしていたり、無駄に時間を使っているように見えることもあるでしょう。

人からの指示待ちや自分のキャパを理解せず、キャパオーバーしているのにも気づかず何でもかんでも引き受けてしまう場合も。

そして時間に余裕がなくなったり、残業が増えてしまうということになってしまいます。

仕事を速くするためにすべきこととは??

わかりやすいのは仕事が速い人をお手本とすることです。

自分が正しいと思いこまず、柔軟に参考にするようにしましょう。

不明点の理由を一人で調べたりする必要もないですし、手の空いた人を教えてもらえば済むことも意外と多いです。

とても簡単ですし、かなり参考にもなるかと思います。

是非試してみましょう。

お手本にしてコツを掴めたら自分でやりやすいように工夫するといいかと思います。

ここからは仕事を速くするためにすべき大切なことをご紹介します。

本当に速くすることが必要か見極める

仕事が遅い人は本当に必要かどうか見極める力がないから仕事に時間がかかってしまい結局は遅くなってしまうのでしょう。

どれが大切かどうか見極める力をつける方法を身につけましょう。

見極める力をつけるにはプライベートでも工夫をしてみるといいと思います。

プライベートなら決まりなどがないので自由に工夫しやすいかと思います。

いろいろ試してみて自分にピッタリな方法を見つけて仕事にも活かしてみましょう。

どれくらい短縮すべきか目安を決める

目安を決めて時間を決めないと、誰しもだらだらと同じことに時間を使ってしまいます。

だらだらと同じことに時間を使っていると集中力が保てません。

集中力が保てないとミスにもつながってしまいます。

目安があれば時間を決めて処理ができますし、集中できて作業が進められるので結果時間の短縮に繋がります。

原因を究明し対処法を試す

仕事が早い人をいろいろ参考にして、なぜ自分が仕事が遅いのか原因を考えてどうすればよいのかいろいろ対処法を試してみることもしてみましょう。

原因や対処法がわからないと仕事が遅いままになってしまいますので、まずは原因究明が大事です。

どうすれば仕事を効率よくできるかが社会人には大切です。

改善できないと、最終的には自分の評価が悪くなってしまったり、他人に迷惑をかけてしまいかねません。

仕事が遅い原因とは??

仕事が遅いのは一言で言えば手際が悪いということだと思います。

簡単に言えば要領があまり良くないということです。

なぜ要領が悪くなってしまうのか、詳しく原因をお伝えさせていただきたいと思います。

1. 仕事の効率化ができていない

資料のフォーマット等がない等毎回違う報告書を出してしまったり、全てをチカラ技でこなしてしまいその場しのぎになっている。

仕事ができる人は自分で仕事を効率化します。

報告書やプレゼン資料等の書類のフォーマット等の作成等です。

フォーマット等があれば、書類に何の情報が必要かが一目でわかります。

また、書類のフォーマット等があれば、自分で時間をかけて作成する必要がなくなり時間短縮が可能です。

その結果、書類作成で悩む時間が減ったり過去資料の転用したりできるので仕事時間は短くなるのです。

パソコンのスキルが高くない場合、資料を手入力せざるを得ないという人も多いようです。

逆に、パソコン仕事を効率化するために、スキルを習得して仕事のスピードアップを図る人は仕事が速いはずです。

パソコン仕事をするのであれば、タイピングやパソコンを効率的に使う手段を知っておかないと仕事効率が悪くなってしまいます。

それでは、仕事がなかなか終わらないのは自然なことだといえるでしょう。

2. 時間がなくて、余裕がない

仕事で何をすれば全く理解できないままに、あれもこれも抱えてしまい、いっぱいいっぱいの状態になっています。

どれからやるべきか、優先順位もも分からなくなって、結局何も完了できない状態に陥ってしまいかねません。

そして時間がなくなり、余裕もなくなるという悪循環になってしまいます。

残念ながら余裕がなくなるとミスにもつながってしまいます。

3.とにかく自分でやろうとする

わからないことがあれば周りに居るそのことについて知っている人に聞けばすぐに解決することも、自分で調べて対応しようとする人が居ます。

やはり無駄に時間を使うのでそういう人は仕事が遅い傾向があります。

何もかも自分でしようとはせず、周りの人に迷惑をかけないためにも早めに周りにも助けを求めてみましょう。

4. 仕事をあれもこれも引き受ける

自分のキャパを理解しておらず、人に言われるがまま何でも引き受けていっぱいいっぱいになって結局は一人では無理になり、周りの人に迷惑をかける人をよく見かけます。

自分の処理能力を理解して引き受けても、大丈夫か大丈夫ではないか判断して引き受けるようにしましょう。

5.情報を全て調べようとする

わからないことや知らないことが出てくると、その件についてわかっていたり知っている人に聞けばいいものの、自分で全て調べて時間を無駄にしてしまうということあるでしょう。

周りにわかっていたり知っている人が居ないのであれば自分で情報を調べないと仕方ないでしょうが、わかっていたり知っている人が周りに居るのにわざわざ調べる必要はないかと思います。

6. とりあえず、言われたことをする

仕事が遅い人に多いのが、人に指示されるまで待っているということです。

仕事が速い人は指示を待っているだけでなく、その先のことも考えて自ら対応して準備をしている人が多いと思います。

その方が仕事の効率化にもいいでしょう。

準備ができているのとできていないのとでは全然仕事の進み具合が違います。

7. どうやればいいのかわからない

これは先ほど説明させていただいた、とりあえず言われたことをするにも共通しているかと思います。

どうやればいいのかわからないので、人に指示されるまで待っているということです。

待っている間は何もしない状態なので時間が無駄になってしまいそのため仕事が遅くなってしまいます。

8. どうなれば終わりかわかっていない

仕事が遅い人は何をしたらいいのかわかっていない上に理解もできておらず、どの時点で完了なのかわかっていない人が多い気がします。

終わりが見えないと、方向性を見失ってしまいますよね。

それぞれの原因の対策法とは??

では、仕事が遅い人の原因の対策法を考えてみたいと思います。

なぜ仕事が遅いのが改善されないのか気になりますね。

ここでご紹介させてもらった方法をなにか参考にしていただければと思います。

1. 取り掛かるまでの時間を短縮するには??

仕事の進め方を考えて仕事をする。

例えばルーティンワークとそれ以外で分けて仕事を進めていったり、急ぎの仕事かそうでないのか分けて考えて仕事をする等です。

仕事が遅い人はそれが苦手でできない人が多く、慣れるまでは大変だと思いますが、時間を短縮するためには慣れるしかありません。

2. 作業中の確認を効率化するには??

すぐに終わるものから順番に終わらせていくということです。

それぞれの仕事がどのくらい時間がかかりそうかを考えて、終わらせられることは先に終わらせることでかなりの効率化になるかと思います。

すぐに終わる小さな仕事でも片付けられていくと時間や気持ちに余裕も出てきます。

3. 作業手順や操作に慣れるには??

仕事が速い人を参考に手順を考えて作業をするのが一番わかりやすいかと思います。

しばらくはその参考にした手順で仕事をしてみて、慣れてきた際には自分のやりやすいように手順を考えるようにすればいいでしょう。

作業手順を考えられないと時間短縮などの効率化は不可能になってしまいます。

4. 作業中に集中力を保つには??

時間のかかる同じ作業ばかりをしていると集中力が保ちにくいので、仕事にかかる時間が短く終わらせられる仕事を先に片付けていき気分転換を図るのもいいでしょう。

時間がかかる作業をしているときはトイレ休憩などで気分転換をするといった小さな休憩でも効果的です。

5.作業のミスを減らすには??

仕事の効率化をして、時間に余裕を持つようにしましょう。

時間的に余裕があれば急いでミスをするということから回避されます。

時間的に余裕がなくなると慌ててミスをしてしまうことが多くなってしまいます。

そのためにも、ゴールを明確にして、具体的な数字入りで計画を立てた上で、作業を進めていきましょう。

6. 作業後の確認を効率化するには??

細かく作業ごとにチェックするポイントを設けて確認を実施しましょう。

細かくチェックポイントを設けずに全てチェックをしていると時間もかかってしまいますし、集中力が保てません。

自分の今までのミスから、どのような点をどのようなタイミングでチェックすれば抜けや漏れが防げるか、しっかりと分析した上でチェックポイントを設定しましょう。

仕事を早く終えられるように、職場以外で何かできることはある??

仕事で効率良く仕事を進められるように仕事以外のプライベートでもできることがあるか考えてみましょう。

プライベートでも効率化できることがないか視点を持ってみる。

プライベートでもいろいろ考えて試してみるのもいいかと思います。

プライベートなら仕事と違って拘束や制限等が無く、自分の好きなように調整できるのでいろいろ試しやすいかと思います。

プライベートでもどう効率よくできるかという視点をもつ習慣を作ることによって、仕事にも活用できるでしょう。

整理整頓能力を磨く

必ずと言っていいほど職場のデスク周り等もそうですが、自宅も整理整頓ができていない人は、仕事の準備や忘れ物・紛失もが多くなりがちで、仕事自体も遅い可能性があります。

整理整頓ができきていないと仕事を始める準備も遅くなってしまいます。

まず片付けに時間を取られてしまい、結局仕事が終わるのが遅くなってしまいます。

その分仕事が早い人は整理整頓がきちんとされていることがほとんどです。

整理整頓は簡単ですので、普段から整理整頓を心掛けて仕事の効率化に活かしましょう。

まとめ

仕事が遅いとやはり残業時間が増えてしまってその分プライベートの時間が無くなってしまいます。

さっさとやるべきことは終わらせて仕事も早く進めて自分のプライベートな時間を上手く作り出していくとストレスの解消やプライベートの充実にもなるかと思います。

職場の為だけでなく、自分の為にも仕事を速くできるようにするといいと思います。

自分の仕事をしっかりこなしていれば、プライベートを優先していても周りから文句は言われないでしょう。

仕事を効率よく進められて仕事が遅れることがなくなれば、自然と評価も上がってくるはずです。

皆様の職場でも、同じ仕事をしても効率よく仕事を進められる人の方が評価が高いことも多いのではないかと思います。

何もかも自分で調べたり考えたりに時間を使わず、仕事が早い人を参考にいろいろ自分なりの工夫をして仕事の効率化を図りましょう。

いきなり完璧には無理かと思いますから徐々に慣れていくしかないかと思います。

仕事が遅いと周りにも迷惑をかけてしまうでしょうし、そうならないようにどうしようもなくなる前に早めに周りに助けを求めましょう。

コミュニケーション力が高まれば、周りとの意思疎通が十分に図れるようになり、余計なストレスや時間がかからずに済みます。

周りとの意思疎通が十分に図れるようにすれば、周りの人たちも気にかけてくれて手助けをしてくれるかもしれません。


関連キーワード

仕事