友達と一緒に勉強したり、毎日のように遊んだりして過ごすた楽しい大学生生活は終わり、いよいよ社会人。

たくさんの期待もあるけれど、それ以上に不安が多いという人も多いのではないでしょうか。

すでに社会人という方は、ご自身が社会人になる直前のことを思い出してみてください。

あることないことを色々と想像して、不安になったりしましたよね。

今回はこれから社会人になるという方や、これから社会人を迎え入れるという方のために、新入社員のよくある悩みをご紹介いたします。

また、解決方法についてもご紹介いたしますので、ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

新入社員の悩みでよくある9個の悩みとは?

内定が決まり会社に入る前は、良くも悪くも色々なことを想像してしまい、あれこれ悩んでしまうことがあると思います。

また、入社後は入社後で実際の問題に直面し、悩みを抱えてしまうということも。

この項目では、そんな”よくある悩み”をご紹介いたします。

すでに社会人という方は新入社員を優しく迎え入れることができるよう、以下のような悩みをしっかりチェックしておいてくださいね。

ビジネスマナーが全く分からない!

敬語などの言葉遣い、手紙やメールの書き方、名刺の渡し方、オフィスカジュアルな服装……!

いつかは学ばなくてはいけないとわかっていても、社会人になる前は教わる機会がない限りスルーしてしまいがちなビジネスマナー。

直前になって不安を抱えるという新入社員は多くいます。

また少しは勉強したことがあるという方でも、「御中ってどう使うんだっけ?」「ご苦労様って言っていいの?」など混乱してしまうことも。

実際に使って覚えていくものですが、ビジネスマナーは不安要素の大きな一つです。

人間関係が心配……。

先輩や上司とうまくやっていけるか、取引先とうまく関係を築けるかなど、人間関係に不安を感じる新入社員は多いです。

今までは同じうような年齢の人が集まるコミュニティにいたのに対し、社会に出れば年齢なんて関係なし。

どんなことを話したらいいのか、どんな風に接すればいいのかなど、悩みを抱えがちです。

また、同期とうまくやっていけるかも悩みのタネ。

人間関係の心配はどこにいってもついてくるものですが、仕事をこなさなくてはいけない会社となるとその不安はかなり大きくなります。

残業が多かったらどうしよう?

これは誰もが悩んだことがあるのではないでしょうか。

授業であれば長引いても10分ですが、仕事を抱えればそうもいきません。

最近は「ブラック企業」なんて残業が騒がれていますから、その不安はなおさら。

入社後も、「先輩や上司が残っているのに自分だけ帰っていいのか」など、残業に関しては様々な悩みにぶつかります。

先輩や上司と何を話せばいいの?

先輩ならまだ年齢が近いかもしれませんが、年の離れた上司とは何を話していいか分からないという新入社員もしばしば。

その答えが出なかった結果、内向的になってしまうという人もいます。

人の名前が覚えられない!

社会に出れば、付き合いたい人以外と付き合うことも必要になります。

好きな人や仲のいい友達であれば名前もすぐに覚えられますが、取引先や遠い上司などはなかなか覚えられなかったりするもの。

名前があやふやな状態で話しかけられることを恐れる新入社員も多くいます。

人によって教えてくれることが違う!

新入社員のうちは、様々な人が色々なことを教えてくれるもの。

中には同じことを別々の人が教えてくれるなんてこともありますよね。

しかし、ここで発生するのが「教えてもらったことが違う」問題。

どちらの方が正しいのか、もしくはどちらの方が正しいと言うのが正しいのか。

もっとも多いと言っても過言ではないほど、新入社員にありがちな悩みです。

仕事が覚えられない!

社会人になった直後は、覚えることがたくさん。

先輩や上司の名前、朝乗る電車、ビジネスマナーに1日のスケジュール……。

そこにさらに仕事の内容を覚えるとなると、かなりいっぱいいっぱいになってしまうという人も。

特に人間関係に怯える新入社員は、仕事よりも人間に興味がいきがち。

仕事がなかなか頭に入ってこないという人も少なくありません。

仕事上のミスが怖い……

最近は、親以外の大人に怒られたことがないという新入社員も少なくありません。

また、大きな挫折をせずに社会人になったという新入社員もしばしば。

そんな新入社員が恐れるのは、「仕事上のミス」です。

もちろん、ミスをしながら徐々に成長していくものですが、その1回のミスが怖くてなかなか行動できないという悩みも多いです。

就職前のイメージと違う!

入社前、会社に対して抱くイメージってそこまで悪いものではありませんよね。

むしろかっこいい上司や先輩がいるのではないかと期待したり、アフターファイブは学生時代の友達とご飯に行こうと計画したり、ワクワクしている新入社員も多いです。

しかし実際の会社はおじさんばかり、アフターファイブどころか残業ばかり、おまけにやりたい仕事と違う……なんてこともしばしば。

そんな時、「就職前のイメージと全然違う!」という悩みを抱えてしまいます。

悩みを解決する5個の方法

ここまでで、よくある悩みについてはご理解いただけたと思います。

「わかるわかる!」と思った新入社員の方もいらっしゃれば、「そんな時代もあったなぁ」なんて懐かしく感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。

続いての項目では、上記で上がった悩みを解決するための方法をいくつかご紹介いたします。

新社会人生活に頭を抱える新入社員の方、必見です!

ビジネスマナーは事前に克服を!

ビジネスマナーは、入社後に研修を設けている企業がほとんど。

したがって、入社時は身についていなくてもそんなに問題ではありません。

しかし、どうしても不安という人もきっといらっしゃいますよね。

そんな方は、事前に少しだけビジネスマナーについて学ぶ時間を作りましょう。

ビジネスマナーに関する高い本を買わなくても、ネットで検索すれば通り一遍のことは知ることができます。

大学にある就職センターを訪ねれば、必要最低限のビジネスマナーを教えてくれるなんてことも。

また、身近な先輩を当たってみるのもおすすめ。

実際にどんなビジネスマナーが必要だったか、事前に知っておいたほうがいいことはあるかなど、よりリアルな情報を知ることができます。

入社直前に不安に狩られるくらいなら、少しだけでも学ぶ機会を設けるといいでしょう。

会話の内容は関係なし!積極的なコミュニケーションを。

相手の名前を覚えていない、会話の内容が思い浮かばない……。

だからと言って、コミュニケーションを取らないのはNG。

むしろ名前を間違えられるより、そちらの方が印象が悪くなってしまうこともあります。

名前はコミュニケーションを取ることで覚えられますし、会話の内容は数をこなすことで引き出しが増えるものです。

関係性が築ければ、人間関係で悩む機会もきっと減るはず。

仮に悩むことがあっても、他の人に相談することもできます。

怖がらずにコミュニケーションを取る癖をつけておくといいでしょう。

必ずメモを!そして復習しましょう。

仕事が頭に入らない方、なかなか人の名前が覚えられないという方は、積極的にメモを取る癖をつけましょう。

メモを取っていれば後々見返すことができるため、正確な情報の下で復習を行うことができます。

仕事を教える側としても、メモを取っているかいないかでは印象が違うもの。

メモを取っていなかったのに仕事を忘れているとなれば、印象はかなり悪いです。

教えてもらった仕事のこと、会話をした先輩や上司のこと、またそれらを通して感じたことなどをメモに残しておくといいでしょう。

ミスは怖がらずに行動。不安があれば確認する!

失敗やミスは誰にでもあるもの。

今、会社で立派に働く先輩や上司達もたくさんの失敗やミスを経験しています。

チャレンジしなければ失敗しませんが、その分成長もしません。

失敗は成功の母といいますから、怖がらずにチャレンジしてみましょう。

また、チャレンジに当たって分からないことがあったり、先輩同士で言っていることが違うということがあったら、直接確認してみましょう。

分からないことをグレーのまま進めるのはNG。

きちんと質問し、クリアにしてからチャレンジするのがおすすめです。

ギャップはつきもの。良かったところも探してみよう!

入社前に思い描いていたキラキラした社会人ライフではない……!と悩む人も少なくないでしょう。

でも、よく考えてみてください。

どんなことに対しても、ギャップはあるもの。

今までも理想と現実とのギャップに悩んだ経験があるのではないでしょうか。

もしギャップに悩んでいるようであれば、”思っていたよりも良かったこと”という逆のギャップについて考えてみてください。

「ここは悪かったけど、あそこは思っていたよりよかったかも…」なんて思うところがあれば大金星。

悪い方ばかりに目を向けてしまうとどんどん気持ちが暗くなってしまいますから、良い方に目を向ける癖をつけましょう。

とは言え、時にはどうしても乗り越えられないギャップもあります。

そんな時は無理をしすぎず他をみるのもアリ。

抱え込みすぎも禁物です。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

悩みもあるけれど、新入社員として仕事を楽しむにはどうしたらいい?

新入社員になって悩みが増え、気持ちが暗くなることが増えたという人もいるかもしれません。

でも、せっかくの人生なら楽しみたいですよね。

全部の悩みが解消されればいいですが、なかなかそうはいかないもの。

しかし、仕事や現実を楽しむことはできます。

その方法について下記にまとめますので、ぜひ参考にしてみてください。

小さな目標をたくさん作る!

仕事に対して楽しく前向きに取り組むためにもっともおすすめなのが、小さな目標をたくさん作ること。

目標はクリアしやすいよう、ハードルが低いものでOKです。

朝10分早く出社する、大きな声で挨拶をする、電話をいつもより積極的にとるなど、どんなものでもかまいません。

どんな小さな目標でも、クリアすると意外に達成感があるもの。

毎日アドベンチャー感覚でたくさんの目標をクリアできれば、その達成感はひとしおです。

いつの間にか気分が前向きになり、楽しく仕事に取り組むことができます。

ご褒美を設ける!

こちらは小さな目標に対してではなく、仕事の目標に対して行うのがおすすめ。

売り上げ目標の達成、企画の採用本数アップなど、達成できるかどうか微妙なラインの仕事目標を常に持つようにしてみてください。

そしてがそれが達成できたら、自分に何かご褒美を。

達成感+ご褒美で充実感を得ることができ、モチベーションも上がりやすいです。

甘やかしすぎは厳禁ですが、仕事を楽しむきっかけになります。

友達に思い切り愚痴る!

何よりも効果的なのはこちら。

同じように頑張る学生時代の友人に、思い切り仕事の愚痴を吐くのが一番スッキリします。

会社の人ではないから言えることや笑えることがたくさんあるもの。

また、友達に話すことで自分の頭や気持ちが整理されるというのもメリットの一つ。

翌日の仕事にはスッキリとした気持ちで向かうことができ、仕事に対しても前向きになれるかも知れません。

注意していただきたいのは、あまり自分の愚痴ばかりにならないようにすること。

友人も同じように頑張る新入社員です。

あなたと同じような悩みを抱えているかもしれません。

友達の話を聞くことで何か発見があるかもしれませんから、しっかりと聞いてあげるよう心がけてください。

まとめ

以上、新入社員によくある悩みや、その解決方法についてまとめました。

一度社会に出てしまえば強くなれるものの、社会に出た直後や直前は大きな不安に狩られるものですよね。

でも大丈夫。

みなさん同じような不安を経験して今があるわけですから、理解してくれる人も少なくありません。

ぜひ怖がらずに様々な人と言葉をかわし、様々な仕事にチャレンジしてみてくださいね。

また、上記でご紹介したような悩みをすでに経験しているという先輩社会人のみなさん!

どうか「自分にもそんな時代があったなぁ」と優しい目でみてあげてください。

それがご自身の成長に繋がることもあります。

新入社員のみなさんが活躍できますように!

心からお祈り申し上げます。