基本的に人は働かなくては生きていけません。

しかし、仕事をしていれば当然のように「辞めたい」と思う日がある事も事実です。

また、仕事を始めてもなかなか続かない人も居ますよね。

なぜそうなってしまうのか?

解決方法はあるのか?

今回は、仕事を辞めたいと思う理由や、仕事が続かない人の特徴等をご紹介していきます。

仕事を辞めたくなるときの主な要因は?

仕事をしていれば、誰にでも訪れる「辞めたい」という気持ち。

人間なので、嫌な事があったりするとそう思ってしまう事も仕方がありません。

では、何故辞めたくなってしまうのか、しっかりと理由を考えた事はありますか?

「辞めたい」にも様々な思いが人それぞれあると思います。

まずは、主な要因を見ていきましょう。

人間関係

仕事を辞めたくなる理由ランキングの1位と言っても過言ではない人間関係。

実際、給料が安くても、人間関係が良ければ辞めるのを躊躇ったりする事もあると思います。

基本的には仕事の良し悪しを決める90%は人間関係と言ってもいいくらいでしょう。

仕事での人間関係は、上司や先輩、同僚、後輩等内部の人から、お客さん、仕入先等外部の人とも関わります。

そして、人間なのでどうしても「合わない人」というのは存在します。

それが内部の人だった場合、毎日顔を合わす事になるので最悪ですよね。

給料や雇用条件

給料が安い、雇用条件に納得がいかないというのも仕事を辞めたくなる要因の上位です。

特に給料以上の仕事量を振られたりすると、とにかく辞めたくなりますよね。

「同じ給料なのに、どうして自分だけこんなに働かなくてはいけないのだろう」と不公平さに嫌気が差してしまう状態です。

他にも「派遣なのに、社員以上に働かされている」といった雇用条件への不満も、辞めたくなってしまう要因になるかと思います。

仕事内容

「本来やりたい仕事ではなかった」「入社時希望していた部署ではない」等、仕事内容が自分の希望に沿った物でない辞めたくなってしまうというのもあると思います。

特に「やりたい仕事ではない」というのは、辞めたくなる大きな要因になるのではないでしょうか。

社会人になって、会社の中で自分の希望が必ず通るという事はほぼあり得ません。

それでも「やりたい仕事は他にある」と一度思うと、辞めたくなってしまいますよね。

残業が多くてプライベートがない

働き方改革が叫ばれていますが、結局のところどこの会社も「あまり変わっていない」というのが現状でしょう。

それでも、最近では「残業少なめ」という求人も多くはなってきていますが、まだまだ世間に完全には浸透していないと思います。

残業が多くなって、それだけ拘束時間が長くなれば、当然プライベートの時間は削られます。

心にも余裕がなくなってしまい、「辞めたい」と思ってしまう事もあるでしょう。

ふと仕事を辞めたくなったときは?

仕事をしていて、ふと「辞めたい」と思った瞬間、そのまま辞めてしまう前に一度色々考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、考える間もないくらいのブラック会社なのであればすぐに辞めてしまった方が良いでしょう。

ただ、そうでなく本当に「ふと」思ったのであれば、考えられる余裕はあると思います。

まずは辞める前にちょっとだけでも考えてみてはいかがでしょうか。

今の職場のメリット・デメリットを考える

これが結構重要なポイントです。

「辞めたい」と思った時というのは、今の職場の嫌な所ばかりが目につくものです。

そんな中で、メリットを見つけ出すという行為は大事です。

「人間関係がいい」「休みが取りやすい」「福利厚生がしっかりしている」等、何でも良いのです。

おまけに、転職に際してのメリット・デメリットも考えておくと、今の職場との比較も出来て分かりやすいですよ。

上司に相談してみる

もしも、人間関係が最悪でないのなら上司に辞めたいと思っている意志を伝えてみてもいいかもしれません。

相談程度の感じでいくのがポイントですね。

ただし、その前に理由はきちんと考えておく必要があります。

「もう無理です」だけでは、恐らく通らないでしょう。

給料以上の仕事を振られるという事であれば、もしかしたら仕事量を調整してくれる事もあるかもしれません。

それでもダメなら、辞めてしまうのも手です。

まずは休みを取ってみる

有給休暇取得率の低い日本ですが、仕事を辞めたくなった時には、休みを取るのも一つの手です。

毎日の仕事に追われ、心に余裕がなくなってしまうとどうしても辞めたくなってしまうものですからね。

一度休憩の意味合いでも、休みを取って自分自身でじっくり考える時間を作ってみてはどうでしょうか。

「仕事が溜まってしまうから」という心配もあるとは思いますが、既にその思いが辞めたい気持ちを増幅させてしまっている可能性があります。

思い切って一日休みを取るというのもお勧めです。

仕事が続かない人の特徴5個

仕事が続かない人というのには、必ず特徴があります。

これと言った理由は見つからないのに、仕事が続かない人というのは恐らくほとんど居ないでしょう。

そこには何かしらの特徴があるはずです。

もしも、人事担当をしている方が居るなら面接の際に少しでも見極める材料として覚えておくと良いかもしれません。

完璧主義

完璧主義、というと聞こえ方としては悪くないですよね。

しかし、仕事上で完璧主義が出てしまうと結構大変なのです。

自分の仕事を完璧にしようとするあまり完成までに時間が掛かってしまったり、ミスをした時に普通の人より落ち込みが激しかったり。

自分で自分の首を絞めてしまい、仕事が嫌になって辞めたくなってしまう、結果仕事が長く続けられないという負のスパイラルにはまってしまうわけです。

成果・結果がすぐ欲しい

せっかちな人だったり、実際に短期間で成果を得た人にありがちな傾向です。

気持ちはすごくよく分かります。

自分がやった事に対してはすぐに結果が欲しいですよね。

そして、結果がすぐ出ない事に焦りを感じたりしてしまい、結果がすぐ出る仕事を探そうとしてしまいたくなります。

仕事が合わないと常に感じる

やりたい仕事ではない、自分にはこの仕事は合わない等、常に考え、「もっと他に合う仕事があるかも」という思いで転職を繰り返してしまうパターンです。

もしかすると、社会で働いている人の多くが抱いている思いなのかもしれません。

自分に合う仕事を見つけるのはなかなか難しいですからね。

そういう思いが常にあるのも仕方ないのかもしれません。

自分に向いてる仕事を見分けるチェックポイントは、こちらの記事を参考に!

雇用条件へのこだわりが強い

給料や労働時間、休日等、働く上での様々な雇用条件への拘りが強いというのも仕事が続かない人の特徴です。

仕事と給料が合わない、残業が多い等、雇用条件の悪い所ばかりが気になってしまうという事です。

特に転職の際に「この条件だから」と入った会社だったら、ちょっとのすれ違いでも「もっと条件のいいところに」となってしまいます。

その悪循環により仕事が続かなくなってしまうわけです。

真面目すぎる

会社には真面目な人も居れば、不真面目な人も存在します。

真面目すぎる性格を持っている人は、不真面目な人を見つけると「あの人よりも働いているのに、給料に差がない」等、不満が溜まってしまう事もあります。

また、頑張り過ぎて鬱病を発症してしまうケースも少なくありません。

そうすると、なかなか仕事を続けるのが難しくなってしまいます。

仕事が続かないことの解決方法は?

仕事が続かない人の特徴に当てはまったからと言って、諦める必要はありません。

物事には、解決出来る事が多く存在します。

少し見方や考え方を変えるだけですね。

短所だと思っていた部分を、長所に変えてしまいましょう。

完璧を目指しつつ、失敗も糧にして肩の力を抜く

完璧主義の人にありがちな、失敗してしまうとすごく落ち込むという事。

人間ならば、ミスや失敗もあって当たり前です。

落ち込むのは仕方ないですが、必要以上に落ち込まず、失敗も糧にしてしまいましょう。

それから、最初から全てを完璧にしようと時間が掛かってしまう場合。

最初から完璧になる仕事はありません。

徐々に精度を上げて、完璧に近付けていければ良いのです。

完璧主義は悪い事ではないので、活かしつつ、少しだけでも肩の力を抜いてみましょう。

達成できそうな目標を毎日1つでも立ててみる

仕事はなかなかすぐに結果が出ない物がほとんどです。

しかし、そんな毎日の仕事の中でも、小さな目標を立ててみるというのはどうでしょうか。

「〇〇さんをランチに誘ってみる」「一日イライラせずに仕事する」等、目標は本当に些細な事でもいいんです。

そういう事だったら、目に見えての結果もあるし、小さくても達成感はあります。

通常の仕事がすぐに結果が得られないなら、他の所で成果を得られるようにしておきたいですね。

合うか合わないかは最低でも2年続けてから考える

入って1年というのは、覚える事ばかりで、実務が少なく、「本当にこの仕事が合っているのか?」と疑問を持つ事もあると思います。

しかし、そこで転職してしまっては、もしかしたら続けていけば合う職だったかもしれないのに勿体無いですよね。

最低でも恐らく2年は続けてみないと、自分に合うかどうかというのは分かりません。

そして、吸収出来る事は何でもしておいて、それからの転職でも遅くはないと思います。

吸収出来た事が、どこでどのように役立つかは誰にも分かりません。

思いがけない所で役立つ場合もあるので、まずは2年どんな事でも吸収してみましょう。

雇用条件はどこかに妥協も必要

自分の希望する雇用条件が全て叶う会社というのは、恐らくほとんどないでしょう。

もし雇用条件の中で悪い所が目に付いたら、職場の良い所を反対に見つけてみましょう。

「給料は低いけど、残業がない」とか「仕事は大変だけど、人間関係がいい」とか、何でも良いので、試してみてください。

物事にはプラスとマイナスがあって当然です。

そこで重要になってくるのは、自分がどちらを取りたいか?という事ですね。

「残業はあっても良いから給料が高い所がいい」とか「人間関係はあまり求めないから楽な仕事がいい」とか、どこかしらに妥協点は必要なのかもしれません。

真面目さも程々に

真面目なのは良い事です。

しかし、何事も「過ぎる」というのはよくありません。

特に経験上、仕事において真面目過ぎて良かった事なんてありません。

「ここはちょっと適当でも良いか」という仕事は必ず存在します。

全てを真面目にこなさなくて良いと思って大丈夫です。

肩の力を抜いて、真面目さよりも「的確な判断力」が身につけられるようになるといいですね。

仕事が続かなくても良い時代?

一昔前のように、「一度会社に入ったら定年までその会社で働き続ける」という概念は薄くなっているように思います。

「入ってみたけど、もっと自分を成長させたい」という前向きな転職というのも増えていますからね。

1年足らずで辞めてしまうと、次の転職先を探すのも難しいかもしれませんが、3年、4年働いて、「もっと他のところで成長したい」と思って転職するのは悪くないと思います。

昔よりも今の時代は転職を評価

転職が多いというのは、言い換えれば様々な業界での経験やスキルがあるという事に繋がります。

そう言った意味では、今の業種から違う業種に移る時にも役立つものになるかもしれません。

経験はやはり自分の力になります。

そういった意味で、転職を評価する時代に変わっていっているのでしょう。

経験職種が活かせる仕事を探してみては?

転職を何度かしていれば、経験職種というのは増えたりする事もありますよね。

仮に同じ職種で転職していても、そこで培った経験というのは、次の仕事でも活かせる事が多いです。

経験職種というのはやはり強いですよね。

なので、業種は違う物を選んだとしても、職種は経験した事のある仕事を探してみると良いかもしれません。

まとめ

仕事を辞めたくなった時、仕事が続かない人の特徴をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

これを機に「やっぱり辞めるのをやめようかな」とか「いや、やっぱり転職する」とか、人それぞれ感じ方は違うと思います。

転職するにしても、出来るなら前向きに。

「今の仕事が漠然と嫌だから」と、何も考えずに辞めるよりは、その前に一度色々と考えてみる事をお勧めします。


関連キーワード

仕事