基本的に人は働かなくては生きていけません。

しかし、仕事をしていれば当然のように「辞めたい」と思う日がある事も事実です。

また、仕事を始めてもなかなか続かない人も居ますよね。

なぜそうなってしまうのか?

解決方法はあるのか?

今回は、仕事を辞めたいと思う理由や、仕事が続かない人の特徴等をご紹介していきます。

仕事を辞めたくなるときの主な要因は?

仕事をしていれば、誰にでも訪れる「辞めたい」という気持ち。

人間なので、嫌な事があったりするとそう思ってしまう事も仕方がありません。

では、何故辞めたくなってしまうのか、しっかりと理由を考えた事はありますか?

「辞めたい」にも様々な思いが人それぞれあると思います。

まずは、主な要因を見ていきましょう。

人間関係

仕事を辞めたくなる理由ランキングの1位と言っても過言ではない人間関係。

実際、給料が安くても、人間関係が良ければ辞めるのを躊躇ったりする事もあると思います。

基本的には仕事の良し悪しを決める90%は人間関係と言ってもいいくらいでしょう。

仕事での人間関係は、上司や先輩、同僚、後輩等内部の人から、お客さん、仕入先等外部の人とも関わります。

そして、人間なのでどうしても「合わない人」というのは存在します。

それが内部の人だった場合、毎日顔を合わす事になるので最悪ですよね。

給料や雇用条件

給料が安い、雇用条件に納得がいかないというのも仕事を辞めたくなる要因の上位です。

特に給料以上の仕事量を振られたりすると、とにかく辞めたくなりますよね。

「同じ給料なのに、どうして自分だけこんなに働かなくてはいけないのだろう」と不公平さに嫌気が差してしまう状態です。

他にも「派遣なのに、社員以上に働かされている」といった雇用条件への不満も、辞めたくなってしまう要因になるかと思います。

仕事内容

「本来やりたい仕事ではなかった」「入社時希望していた部署ではない」等、仕事内容が自分の希望に沿った物でない辞めたくなってしまうというのもあると思います。

特に「やりたい仕事ではない」というのは、辞めたくなる大きな要因になるのではないでしょうか。

社会人になって、会社の中で自分の希望が必ず通るという事はほぼあり得ません。

それでも「やりたい仕事は他にある」と一度思うと、辞めたくなってしまいますよね。

残業が多くてプライベートがない

働き方改革が叫ばれていますが、結局のところどこの会社も「あまり変わっていない」というのが現状でしょう。

それでも、最近では「残業少なめ」という求人も多くはなってきていますが、まだまだ世間に完全には浸透していないと思います。

残業が多くなって、それだけ拘束時間が長くなれば、当然プライベートの時間は削られます。

心にも余裕がなくなってしまい、「辞めたい」と思ってしまう事もあるでしょう。

ふと仕事を辞めたくなったときは?

仕事をしていて、ふと「辞めたい」と思った瞬間、そのまま辞めてしまう前に一度色々考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、考える間もないくらいのブラック会社なのであればすぐに辞めてしまった方が良いでしょう。

ただ、そうでなく本当に「ふと」思ったのであれば、考えられる余裕はあると思います。

まずは辞める前にちょっとだけでも考えてみてはいかがでしょうか。

今の職場のメリット・デメリットを考える

これが結構重要なポイントです。

「辞めたい」と思った時というのは、今の職場の嫌な所ばかりが目につくものです。

そんな中で、メリットを見つけ出すという行為は大事です。

「人間関係がいい」「休みが取りやすい」「福利厚生がしっかりしている」等、何でも良いのです。

おまけに、転職に際してのメリット・デメリットも考えておくと、今の職場との比較も出来て分かりやすいですよ。

上司に相談してみる

もしも、人間関係が最悪でないのなら上司に辞めたいと思っている意志を伝えてみてもいいかもしれません。

相談程度の感じでいくのがポイントですね。

ただし、その前に理由はきちんと考えておく必要があります。

「もう無理です」だけでは、恐らく通らないでしょう。

給料以上の仕事を振られるという事であれば、もしかしたら仕事量を調整してくれる事もあるかもしれません。

それでもダメなら、辞めてしまうのも手です。

まずは休みを取ってみる

有給休暇取得率の低い日本ですが、仕事を辞めたくなった時には、休みを取るのも一つの手です。

毎日の仕事に追われ、心に余裕がなくなってしまうとどうしても辞めたくなってしまうものですからね。

一度休憩の意味合いでも、休みを取って自分自身でじっくり考える時間を作ってみてはどうでしょうか。

「仕事が溜まってしまうから」という心配もあるとは思いますが、既にその思いが辞めたい気持ちを増幅させてしまっている可能性があります。

思い切って一日休みを取るというのもお勧めです。

仕事が続かない人の特徴5個

仕事が続かない人というのには、必ず特徴があります。

これと言った理由は見つからないのに、仕事が続かない人というのは恐らくほとんど居ないでしょう。

そこには何かしらの特徴があるはずです。

もしも、人事担当をしている方が居るなら面接の際に少しでも見極める材料として覚えておくと良いかもしれません。

完璧主義

完璧主義、というと聞こえ方としては悪くないですよね。

しかし、仕事上で完璧主義が出てしまうと結構大変なのです。

自分の仕事を完璧にしようとするあまり完成までに時間が掛かってしまったり、ミスをした時に普通の人より落ち込みが激しかったり。

自分で自分の首を絞めてしまい、仕事が嫌になって辞めたくなってしまう、結果仕事が長く続けられないという負のスパイラルにはまってしまうわけです。

成果・結果がすぐ欲しい

せっかちな人だったり、実際に短期間で成果を得た人にありがちな傾向です。

気持ちはすごくよく分かります。

自分がやった事に対してはすぐに結果が欲しいですよね。

そして、結果がすぐ出ない事に焦りを感じたりしてしまい、結果がすぐ出る仕事を探そうとしてしまいたくなります。

仕事が合わないと常に感じる

やりたい仕事ではない、自分にはこの仕事は合わない等、常に考え、「もっと他に合う仕事があるかも」という思いで転職を繰り返してしまうパターンです。

もしかすると、社会で働いている人の多くが抱いている思いなのかもしれません。

自分に合う仕事を見つけるのはなかなか難しいですからね。

そういう思いが常にあるのも仕方ないのかもしれません。

自分に向いてる仕事を見分けるチェックポイントは、こちらの記事を参考に!

雇用条件へのこだわりが強い

給料や労働時間、休日等、働く上での様々な雇用条件への拘りが強いというのも仕事が続かない人の特徴です。

仕事と給料が合わない、残業が多い等、雇用条件の悪い所ばかりが気になってしまうという事です。

特に転職の際に「この条件だから」と入った会社だったら、ちょっとのすれ違いでも「もっと条件のいいところに」となってしまいます。

その悪循環により仕事が続かなくなってしまうわけです。

真面目すぎる

会社には真面目な人も居れば、不真面目な人も存在します。

真面目すぎる性格を持っている人は、不真面目な人を見つけると「あの人よりも働いているのに、給料に差がない」等、不満が溜まってしまう事もあります。

また、頑張り過ぎて鬱病を発症してしまうケースも少なくありません。

そうすると、なかなか仕事を続けるのが難しくなってしまいます。

仕事が続かないことの解決方法は?

仕事が続かない人の特徴に当てはまったからと言って、諦める必要はありません。

物事には、解決出来る事が多く存在します。

少し見方や考え方を変えるだけですね。

短所だと思っていた部分を、長所に変えてしまいましょう。

完璧を目指しつつ、失敗も糧にして肩の力を抜く

完璧主義の人にありがちな、失敗してしまうとすごく落ち込むという事。

人間ならば、ミスや失敗もあって当たり前です。

落ち込むのは仕方ないですが、必要以上に落ち込まず、失敗も糧にしてしまいましょう。

それから、最初から全てを完璧にしようと時間が掛かってしまう場合。

最初から完璧になる仕事はありません。

徐々に精度を上げて、完璧に近付けていければ良いのです。

完璧主義は悪い事ではないので、活かしつつ、少しだけでも肩の力を抜いてみましょう。

達成できそうな目標を毎日1つでも立ててみる

仕事はなかなかすぐに結果が出ない物がほとんどです。

しかし、そんな毎日の仕事の中でも、小さな目標を立ててみるというのはどうでしょうか。

「〇〇さんをランチに誘ってみる」「一日イライラせずに仕事する」等、目標は本当に些細な事でもいいんです。

そういう事だったら、目に見えての結果もあるし、小さくても達成感はあります。

通常の仕事がすぐに結果が得られないなら、他の所で成果を得られるようにしておきたいですね。

合うか合わないかは最低でも2年続けてから考える

入って1年というのは、覚える事ばかりで、実務が少なく、「本当にこの仕事が合っているのか?」と疑問を持つ事もあると思います。

しかし、そこで転職してしまっては、もしかしたら続けていけば合う職だったかもしれないのに勿体無いですよね。

最低でも恐らく2年は続けてみないと、自分に合うかどうかというのは分かりません。

そして、吸収出来る事は何でもしておいて、それからの転職でも遅くはないと思います。

吸収出来た事が、どこでどのように役立つかは誰にも分かりません。

思いがけない所で役立つ場合もあるので、まずは2年どんな事でも吸収してみましょう。

雇用条件はどこかに妥協も必要

自分の希望する雇用条件が全て叶う会社というのは、恐らくほとんどないでしょう。

もし雇用条件の中で悪い所が目に付いたら、職場の良い所を反対に見つけてみましょう。

「給料は低いけど、残業がない」とか「仕事は大変だけど、人間関係がいい」とか、何でも良いので、試してみてください。

物事にはプラスとマイナスがあって当然です。

そこで重要になってくるのは、自分がどちらを取りたいか?という事ですね。

「残業はあっても良いから給料が高い所がいい」とか「人間関係はあまり求めないから楽な仕事がいい」とか、どこかしらに妥協点は必要なのかもしれません。

真面目さも程々に

真面目なのは良い事です。

しかし、何事も「過ぎる」というのはよくありません。

特に経験上、仕事において真面目過ぎて良かった事なんてありません。

「ここはちょっと適当でも良いか」という仕事は必ず存在します。

全てを真面目にこなさなくて良いと思って大丈夫です。

肩の力を抜いて、真面目さよりも「的確な判断力」が身につけられるようになるといいですね。

仕事が続かなくても良い時代?

一昔前のように、「一度会社に入ったら定年までその会社で働き続ける」という概念は薄くなっているように思います。

「入ってみたけど、もっと自分を成長させたい」という前向きな転職というのも増えていますからね。

1年足らずで辞めてしまうと、次の転職先を探すのも難しいかもしれませんが、3年、4年働いて、「もっと他のところで成長したい」と思って転職するのは悪くないと思います。

昔よりも今の時代は転職を評価

転職が多いというのは、言い換えれば様々な業界での経験やスキルがあるという事に繋がります。

そう言った意味では、今の業種から違う業種に移る時にも役立つものになるかもしれません。

経験はやはり自分の力になります。

そういった意味で、転職を評価する時代に変わっていっているのでしょう。

経験職種が活かせる仕事を探してみては?

転職を何度かしていれば、経験職種というのは増えたりする事もありますよね。

仮に同じ職種で転職していても、そこで培った経験というのは、次の仕事でも活かせる事が多いです。

経験職種というのはやはり強いですよね。

なので、業種は違う物を選んだとしても、職種は経験した事のある仕事を探してみると良いかもしれません。

まとめ

仕事を辞めたくなった時、仕事が続かない人の特徴をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

これを機に「やっぱり辞めるのをやめようかな」とか「いや、やっぱり転職する」とか、人それぞれ感じ方は違うと思います。

転職するにしても、出来るなら前向きに。

「今の仕事が漠然と嫌だから」と、何も考えずに辞めるよりは、その前に一度色々と考えてみる事をお勧めします。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご