仕事続かない人の原因と対処法についての写真

真面目に働いている人からすると仕事が続かない人はあり得ないと思うでしょうが、仕事が続かない人も本心ではしっかりと続けたいという気持ちもあるのです。

では「なぜ続けることができないのか。どうしたら続けられるようになるのか」など仕事が続かない人の理由から改善方法までここではご紹介していきたいと思います。

仕事を続けたい気持ちはあるけど続けられないと悩んでいる人も是非この記事を参考にしていただければと思います。

仕事が続かない人の10個の原因と対処法とは?

仕事が続かないということは当人からしても大きな悩みとなっていることが多いです。

なぜ続けられないのか自分でも原因が分かっていなくて改善できていないという人も多いと思います。

また仕事が続かないということはその度に職を転々としていることになりますがその数が多ければ多いほど転職も成功しにくくなってしまいます。

これから仕事が続かない人の原因から対処法まで幾つかご紹介していくので是非とも改善に役立ててほしいところです。

飽きてしまう

まず最初に仕事が続かない人の特徴として仕事に飽きてしまうということです。

入社当初は職場や人間関係、仕事内容など全てが新鮮で楽しい気持ちで仕事をすることが出来るのですが、半年や一年近く働いていると仕事内容もおおよそ把握できるようになり、仕事もある程度出来るようになってきます。

そうすると飽きてしまうのです。

決して自分では飽きようと思って飽きてしまったのではなく、単純に仕事に飽きたのです。

そしてその飽きた状態が嫌で仕事を辞めてしまうというケースです。

仕事が続く人は飽きたという理由では辞めたりしないです。

仕事はそういうものだと割りきったりしますがこのケースに該当する人はそれが難しいのです。

常に新鮮な気持ちで働きたいという思いだったり飽きないような仕事を求めているのです。

新しい事をする

新しい事をするといっても仕事を辞めて新しい事をするのではなく、今の職場で新しい事をするということです。

大きな企業でなくとも幾つかの部署だったり仕事内容は幾つかあると思います。

ですから移動願いを出してみるのも一つの方法ですし、別の仕事を任せてもらえないか打診してみるのも一つです。

飽きたという理由だけで仕事を辞めるのはとてももったいないことです。

それで辞めてしまうよりも新しい部署で心機一転働くのもいいかもしれませんね。

また新しい事をすることで自分のスキルアップにも繋がるでしょうし、挑戦することは良いことです。

会社から声がかかるのを待っているだけではなくて自分から行動を起こしてみることで飽きはなくなるでしょう。

「飽き性」な自分にも向いてる仕事を診断するにはこちら →

仕事が嫌い

仕事が嫌いなサラリーマン

仕事が続かない原因としてもしかすると一番多い理由かもしれません。

根本的に仕事が嫌いだという人は多いのではないでしょうか。

嫌いだと続かないのも納得できますよね。

仕事では残業が多かったり人間関係がめんどくさかったり、嫌いな上司がいたりと仕事が嫌いになる理由はたくさんあり嫌いながらも我慢しながら働いている人が多いのです。

ですが誰しも最初から仕事が嫌いだったわけではなかったと思います。

働く前は仕事をすることに期待感もあったでしょうし、頑張ろうという気持ちもあったはずです。

仕事が嫌いになった原因がハッキリと分かるのであればそれを解決する方法もあるはずです。

楽な仕事を探す

もし仕事が嫌いだと思っていたとしても、生活のためには働かなければいけないですよね…。

「仕事をしなければいけない」というのは、ほとんどの人にとって変える事ができない事実です。

そのため、仕事が嫌い・仕事を辞めたいと考えるよりも、どうせ仕事するなら「楽な仕事」「好きな仕事」をしよう、と発想を変えるだけで気持ちがとても楽になります

楽な仕事にはどんなものがあるか、気になる人は以下の記事も参考にしてみて下さい。

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

今の職場でベストを尽くす

今の仕事が嫌いという理由で仕事を辞めてしまうのは少しもったいないようにも思います。

また仮に転職をするにしてもある程度今の職場で実績がないと不利に働いてしまうことがあります。

そのためにもまずは今の職場でベストを尽くして実績を作ることが必要になってくると思われます。

嫌いな仕事でベストを尽くすことは簡単なことではなく根気が必要になりますがそのくらいの根気がなければ転職したとしてもまた失敗してしまうことでしょう。

それにベストを尽くすことで今の職場に対しても新しい価値観が芽生えるかもしれません。

また今の職場で実績を作ることができれば転職の際も大きなアピールポイントにもなりますから是非辞めてしまう前に一度ベストを尽くしてみてください。

仕事が嫌いと思う時の原因と乗り超え方は、こちらの記事を参考に!

理想が高い

仕事に対して高い理想を持っている人も仕事が続かない傾向にある人です。

このような人は常に向上心を持っています。

仕事が出来るようになりたい、もっと成果を出したいなどと言うように非常に努力家でもあり真面目です。

ですがその高い理想が仇となってしまうことがあります。

ある程度結果も出してもっともっと向上したいという思いが強く今の職場よりももっといいところがあるのではないかと考え仕事を辞めてしまうケースです。

高い理想を追い求めるあまり転職を繰り返し、最終的には理想からもっとも遠退いてしまうということもあります。

理想が高い事には良いことなのですがだからといってすぐに今の職場に見切りをつけてしまうというのは少し先を考えていなさすぎなようにも見えられます。

出世を目指す

理想が高いことは素晴らしいことです。

向上心も強く仕事にやりがいを持って仕事をしているからこそ出てくる理想です。

ですが高い理想を追い求めるからといって仕事を変える必要はなく、今の仕事でトップを目指していけばいいのです。

仕事を変えるということはまた一からのスタートになります。

一からのスタートになればその分理想に遠退くことも事実です。

理想がどこを目指しているのかにもよるとは思いますが、出世や役職に就くことを理想とするならば仕事を変えるよりも今の仕事で向上を目指すことが一番なのかもしれません。

条件にこだわり過ぎている

条件にごだわってしまう人は多いのではないでしょうか。

仕事を選ぶ上で条件というものはとても大事で一日の労働時間から残業の有無、休日や福利厚生、賞与の有無など気にするのは当然かと思いますがその条件にこだわり過ぎてしまうと仕事が続かない原因になってしまうかもしれません。

このケースは仕事が続かない以外にも仕事がなかなか見つからない事も多いです。

条件というのは良ければ良いに越したことはないのでしょうが、よほど経歴に誇れるものがない限りその強いこだわりが納得できる条件に就けるのは難しいかもしれません。

妥協する

条件にこだわるのは良いことですが、妥協するということも大事になってきます。

妥協するということは難しいことです。

こだわっている人は妥協することが嫌いでそのこだわりを貫き通すことに意味があると思っています。

妥協といっても全てが全て妥協する必要はなく、条件の中にはこれは妥協できる、できないというものがあるはずです。

もし何も妥協したくないというのであれば、優先順位をつけてみてください。

条件の中で何が一番優先しているものなのかが分かるはずです。

その順位の上位に出てきた条件は妥協する必要はないでしょうが、下位の条件に関してはいくつか妥協をしてみることでその強いこだわりが解消できることがありそうです。

コミュニケーションが取れない

仕事が続かない人は社内でのコミュニケーションが上手くとれていない人にも多いです。

仕事をする場とは言え社内でのコミュニケーションはその後の仕事に大きく影響を及ぼします。

コミュニケーションが上手に取れて社内の人と良い関係を築けるとそれだけで居心地はよくなるものです。

このケースで続かない人の場合は社内での孤立や居心地の悪さが原因となっていることが多いです。

人間関係というものは思っている以上に重要で仕事が仮につまらなくても良い人間関係が作れていればなんだかんだやっていけるものです。

居心地をよくするも悪くするもコミュニケーションにかかっていると言えます。

相談をもちかける

コミュニケーションが上手く取れない人は人見知りな人もいれば、相手と何を話していいかわからないという人もいます。

人見知りな人も何を話していいかわからない人も急に日常会話に持っていこうとするからなかなか近づけないのです。

なので日常会話ではなく仕事の相談などをもちかけることによって相手もちゃんと対応してくれますし、こういう事で悩んでるんだ、こういう事がわからないんだという事が相手も分かるので距離が縮まりやすいです。

また相談された側は自分が信頼されている頼られているという気持ちにもなるため、相手も自分のことを気にかけてくれるようになります。

仕事の相談であれば些細なことでも気軽に話しかけることができますし、そこから少しずつ人間関係が良くなっていくはずなので最初は恥ずかしいかもしれませんが、そこは少しの勇気を出して声をかけてみましょう。

我慢ができない

社会人になると我慢できることはとてもすごいことであり、重要なことです。

仕事が続かない人は感情のコントロールが苦手だったり我慢ができなかったりすることがあります。

この我慢とは様々あるのですが、納得いかないことだったり理不尽なこと、その他にも仕事のこういうところが嫌いで我慢ができないなど働いているとそこでの不満と言うものはあります。

一般的にはなにか不満などがあっても自分の中で上手く消化して飲み込んだりするものなのでしょうが、仕事が続かない人はこの我慢ができないことが多いです。

なんでこんな思いをしてまで働かなくてはいけないのかと言うような感情になってしまい、辞めてしまうのです。

社会に出るといかに我慢強い人が生き残れるのかということがよく分かるように我慢ができない人は自然といなくなるのです。

感情をコントロールする

我慢ができない人は感情のコントロールが上手くできていない人に多いです。

社会人になると我慢することは多々あり、そこを我慢できるかできないかで仕事の効率は変わってきます。

とは言うものの感情のコントロールはどのように訓練したらいいのでしょうか。

感情をコントロールするためにまず気持ちに余裕を作るところからです。

気持ちに余裕があれば感情的になったときそのまま感情に流されにくくなります。

初めは上手くいかない事のほうが多いと思いますが常に気持ちに余裕を作ることを心がけることが自分で改善する方法となります。

その他にはカウンセリングに行ったりと心理療法を取り入れる他にないでしょう。

仕事を続けなくてもいい環境

仕事を続けなくてもいい環境にいる男性

多くの人が日々働いている訳ですが、なぜ働くのでしょう。

お金を得るためという答えが最も多そうですが、働いて収入を得ないと生活ができないという人も多いと思います。

確かに実家を離れて一人で暮らしをしている人、家庭を持っている人なんかは収入を得ないと生活ができません。

ではこの仕事を続けなくてもいい環境というのはどういうものか。

それは実家で暮らしている人です。

実家暮らしの場合は家に生活費をいれていたとしても一人暮らしをするよりはかなり金銭的負担が少なくてすみます。

このように甘えられる環境下にあると人はつい怠け癖がでてしまい、仕事が続けようとする気持ち、仕事に対する執着が薄くなっていくのです。

自立する

仕事を続けなくてもいい環境にいる人はまずその環境から抜け出すことが一番になります。

つまりは自立して一人暮らしを始めるということです。

一人暮らしすることで簡単には仕事を辞めることができない状況になり、仕事を続けられないという性格を矯正することができます。

またここで重要になるのが実家に頼らないと覚悟を決めることです。

退路を絶つことで自分の生活を自分で確保する責任感が出てきて簡単には仕事を辞めずにやれるようになります。

決して楽な選択ではありませんが、自立することで人間としても大きく成長できますし、家事も全て自分でこなすため実家のありがたみも痛感できるでしょう。

ただ最悪実家に戻ればいいという甘えがあると自立をしても矯正ができないため、最低2年は実家に戻らない、頼らないという決心を持ってください。

仕事ができてしまう

仕事が続かない理由として少し以外に思うかも知れませんが、仕事ができてしまう人も続かない人なのです。

中には何でも器用にこなすことができ、仕事をすぐに覚え効率よく仕事をこなしていくような人がいます。

ある程度のレベルまではすぐにこなしてしまうため飽きて辞めてしまうのです。

分かりやすい例えを出すならばゲームです。

ゲームもすぐに攻略してクリアしてしまう人っていますよね。

そしてそのクリアしたゲームをこの先も遊べるかといったら遊べないですよね。

一度クリアしてしまったゲームに用はないのです。

こういう人は仕事においても同じ考えです。

そのためある程度クリアしてしまった職場に長居することも執着することもなく簡単に辞めてしまい結果として続かないことが多いです。

高い目標を作る

仕事ができてしまう人はとにかく高い目標を作ることです。

例えば営業職であれば先月の2倍の成績を出すとかです。

低い目標だと簡単に越えられてしまい またできたという慢心に繋がります。

自信と慢心は紙一重と言いますが慢心になってしまうと良い結果を生みません。

ですからここでいう高い目標とは越えられそうで越えることのできないハードルが適してします。

ここで必要なのは挫折です。

慢心を消すためには挫折をする必要があり、そのためにも越えられそうで越えられない壁が必要になります。

最初から越えられない壁だとそもそも挑戦しようとも思わないためその加減が難しいですがギリギリ越えられない壁を目標として立ててください。

もし自分で立てられそうになかったら同僚や上司に目標設定をしてもらうのもいいかもしれません。

仕事が楽しくない

仕事が続かない人は仕事が楽しくないというのが許せないです。

もちろん仕事が楽しいと思えればパフォーマンスもよくなりますし、頑張ることもできます。

反対に仕事が楽しくなければモチベーションの低下や集中力の低下などが出てきます。

本来仕事というものは楽しい楽しくないに関係なくこなしていくものでそこに自分の感情は必要ないのです。

会社からしてみれば感情で仕事をされては困るのです。

ですがこのタイプの人は仕事が楽しくないと今の仕事が嫌になってしまい次に楽しそうな職場を探してしまうのです。

反対に楽しい職場に巡り合うことができれば仕事に没頭するタイプでもあるため仕事選びが重要になってきます。

考え方を変える

仕事が楽しくなくて続かないという人は考え方を変えることから始めてみましょう。

どのように考え方を変えるのかというと、楽しくない仕事をどう工夫したら楽しいと思えるようにするかを考えるのです。

言葉で言うのは簡単ですが実際にやるとなると相当難しいことです。

楽しくないを楽しいに変えることができたらこの先何をやっても折れることはないでしょう。

ではどのように考え方を変えるのか。

それが重要になってきます。

そもそも仕事をどこが楽しくないと感じるのでしょう。

この疑問を抽象的ではなく具体的に出すことによってその原因が見えてきます。

次にそれがどうしたら楽しいと思えるようになるのか。

これは自分が普段何をどのような時に楽しいと感じるのかを考えて見ることで少しずつ仕事が楽しいに変わるヒントが見えてきます。

皮肉にも楽しいや楽しくないといったことは個人の感情でしかなく、考え方や気持ちの持ちようでいかようにも変えることができるのです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

職種の多様化

今のご時世職種がものすごく多くあります。

そのためどの職種に就いたら良いのか自分で分からず、働いてみて少し合わないと感じたり、他の職種に魅力を感じるとすぐにそっちにいってしまうのです。

恵まれていることに今の日本ではある程度自分で仕事を選べる自由さや選択肢の多さが仇となってしまうことがあるのです。

また時代とともに新しい職種も生まれてきます。

会社に勤めて毎日しんどい思いをしながら働くのが全てではなくなってきて、自分で好きな動画を投稿しそれで生計を立てている人もいます。

実際にやってみると動画の編集だったり取り直しなど大変なところは多いと思うのですが端から見たら楽して稼げる、好きなことをして稼げるという印象です。

このように選択肢の多さが仕事の定着に結びつかないのでしょう。

自分を分析する

今は本当にたくさんの職種があり、我々はそれらを選ぶことができます。

選択肢が多ければ多いほど人は迷ってしまい一つに定着できないものです。

ですが自分が何をしたくて何ができるのか、何が得意なのかなど自己分析ができて初めて選択肢の幅は広がるものです。

いわゆる適性を見極めて適性にあった仕事を選択することでこの仕事でいいのかなどの迷いも消え一つの仕事に没頭できるはずです。

職種の多様化によって色々なことをやってみたいという気持ちは決して悪いことではないのですが、好奇心まかせに仕事を転々としていると20代の頃はまだ行き先があるかもしれませんが、30代になると徐々に行き先がなくなってしまうこともありますから、広く浅くよりも狭く深くを心がけたほうがスキルアップにも出世にも繋がっていいと思います。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

環境の改善でできる対処法とは?

ここまでは仕事が続かない理由と自分でできる対処法をご紹介してきました。

ですが自分を変えると言葉では言ってもそう簡単に変わらないのが人間です。

では結局どうしたらいいのかという方のため環境の改善でできる対処法についてをご紹介していきたいと思います。

環境を変えることは自分を変えることよりもはるかに簡単ですが最終的には自分が変わらないと何も変わらないということもあるのでできるのであれば自分を変えてみてください。

一人暮らしをする

これは上で述べた自立する と似た回答になってしまうのですが、やはり仕事が続かない人というのはある程度生活が安定していることに難点があります。

仮に仕事が続かなくて辞めたとしても数ヵ月は問題なく暮らしていけるような状況下にあると人は危機感を感じることがなくなります。

ですがこの危機感を感じないというのは非常に良くないことです。

ですからもし実家にいるのであれば思いきって一人暮らしを始めることをオススメします。

一人暮らしは家賃も光熱費もかかりますから多少お金に余裕があっても仕事をしない期間が少しでも続けばピンチになります。

ですがこのピンチこそあなたを開花させてくれるかもしれません。

本来生命にとってピンチの先にあるのは死です。

ですからどんなに怠け者でも真面目に生きれない人でもこのピンチを体感することによってそう簡単には仕事が辞められなくなるのです。

少し酷な矯正にも思えますが人が変わるためにはそれなりに大きなショックが必要になるのです。

通勤が楽な職場を選ぶ

仕事が続かないことを改善するための方法として通勤が楽な職場を選ぶことで改善できることもあるようです。

仕事が続かない理由は仕事内容だけが全てではありません。

通勤も大きな影響を与えているものです。

もし仮に通勤まで一時間かかっていた場合、これは精神的に大きなストレスになります。

仕事が9時から始業だとしたら逆算して7時半過ぎには遅くとも家を出る必要があり、7時半過ぎに家を出ることを考えると7時前には起床する必要があります。

これが毎日続くといくら仕事に不満はなくても通勤することが億劫になってしまいますよね。

本来通勤に一時間というのは少し長いですし、通勤時間が短ければ時間に少し余裕も出てきます。

ですが人によっては通勤時間が長い方が仕事をするスイッチが入るという人がいることも事実ですから一概に通勤時間が短ければいいというものでもありません。

自分が楽に通える範囲、ストレスなく通える範囲が分かっているはずですからその範囲で仕事を見つけてみてはいかがでしょう。

規則正しい生活を送る

規則正しい生活というのは案外難しいもので、意識していないと不規則になってしまいがちです。

ですがこの不規則な生活がもしかすると仕事が続かない要因となっている可能性があるのです。

仕事は一週間のうち5日は出勤日があり、シフト制や交代制で無い限り毎日同じ時間に出勤していることかと思います。

ところが不規則な生活を送っていると起床時間に起きれなかったり、睡眠が充分ではないために仕事のパフォーマンスが低下したり集中力がなくなったりと様々な障害が出てきます。

またそういった日々が続けば今日は行きたくないなとか仕事自体が面倒になり続かない原因となってしまうことがあるのです。

もちろん仕事が終わってからのプライベートな時間はストレス発散にもなりますし、リフレッシュ効果もあって良いことだと思いますが、夜更かしなどをしてまで楽しむものではなく、夜更かしができるのは翌日が休みの日と決め自己管理ができるようにしておかなくてはいけません。

有給を使う

昔に比べたら有給は使いやすい環境にあるのかもしれませんが、それでも使いにくい雰囲気というのはどうしてもありますよね。

有給を消化できずに溜まっている人はものすごく多いのではないでしょうか。

本来有給は使う権利があり堂々と使っていいはずなのです。

ですが周りに気を使い法事などでも無い限り有給を使いにくいというところがあます。

ですがいくら週休二日あるとは言え、それでも働いている日数や時間のほうが長く日々疲れは蓄積されていくのです。

みんな仕事に疲れているはずなのです。

ですから思いきって有給をまとめて申請して、仕事から解放される事が時には必要です。

数日間仕事から解放され心身ともにリフレッシュしてまた新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができるのです。

仕事が続かない原因にもし日々の疲れやストレスなどといったものがあるのであれば少しの間のびのびとしてみるのもいいかもしれません。

気が済むまで転職をしてみる

仕事が続かない人の中には癖になっている人もいます。

転職することが癖になっていたり、辞め癖がついていたり。

この癖は非常に厄介で本人はなかなか癖だとは理解していないことも多いです。

一度や二度の転職は誰もが経験したことがあると思いますが、四回を越える人は転職や辞めることが癖になっていると言えるでしょう。

もし自覚していないのであればこの四回という数字を少しの目安にしてみてください。

そしてこの癖がある人は何度も何度も転職ができてしまうという特徴もあります。

一般的には転職を繰り返せば繰り返すほどに転職の成功率は落ちていきますが、癖になっている人はあまり成功率が変わらない傾向にあります。

そのために何の躊躇もせずに辞めてしまうのです。

ですがこういう人もある一定の時期を越えると転職の成功率は落ちてきます。

そこで初めて仕事の重要性だったり転職の難しさに気づくのです。

また転職には相当な労力が必要で、履歴書から志望動機など全て手書きでする必要がありますから、そのうちにこれらが面倒になってくるのです。

そうなると次はなかなか簡単に仕事を辞めようとは思わなくなります。

やりたい事をやってみる

仕事が続かない理由に仕事が嫌いだったりやりたい仕事ではないというのであれば思いきって仕事を辞めてみると言うのも一つの方法です。

仕事を辞めて本当に自分がやりたいことをやってみるのです。

それが仕事に直結するのか趣味の範囲になるのかは別として本当にやりたいことに没頭することで充実感を得られることでしょう。

そしてもしそれが仕事にできるのであれば仕事にしてみたらいいと思います。

またやりたい事だけをやって生活してどうしてもお金がなくなったり必要になる状況になれば働くしかないでしょうし、趣味を充実させるために働くという明確な目的があれば仕事も続くと思われます。

ここで大事なのが本気でやりたいことに没頭することです。

本当にやりたいことなら続けることができるのかを確かめることができるからです。

何をやっても続かない性格なのか、物事によってはちゃんと続けることができるのかを見極めることは重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで仕事が続かない人の原因とその対処法について幾つかご紹介してきました。

仕事が続かない人というのは今の若い人に多い傾向で、そもそも社会に出たばかりの若い社会人というのは好奇心も旺盛で新しいものにすぐ目がいったり仕事に定着する重要性に気づいていないため簡単に仕事を辞めてしまうのです。

また仕事が続かない人の共通点として自分の感情を優先してしまうというところにあります。

飽きたから、我慢できないから、楽しくないからなどこれらは全て自分の感情です。

対処法については各項目事に述べさせていただきましたが、極論の対処法としては自分の感情を抑えるということが必要になってくると思われます。

確かに仕事は難しいです。

働いていても他にもっと適した仕事があるんじゃないかとか、この仕事をずっとしていくのかなどと考えるとこの先も不安になってきますが、まずは目の前の仕事に集中して働くのが最良の選択だと思います。

続けていった先に分かる仕事の楽しさも見えてくるかもしれません。


関連キーワード

仕事