仕事を長く続けることができない、転職を繰り返してしまう人の特徴とはなんでしょうか。

人によって理由は様々で、中には苦しんでいる人もいるでしょう。

それぞれの理由ごとに、主な原因と対処法をまとめました。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事が長続きしない人の9つの原因と対処法

仕事を楽しめない

仕事が面白くなくて辞めてしまう。

転職をしてもすぐに楽しくなくなってしまう。

こう感じる方は少なくないはずです。

仕事というのは、同じことの繰り返しであったり、好きでないことでもしなければいけないことがあります。

こういった理由で仕事を頻繁に変える場合は、仕事自体に問題があるのか、本人の心がけに問題があるか、あるいはどちらもでしょう。

対処法

そもそも「仕事が楽しい!」と思って仕事をしている人はどのくらいいるのでしょうか。

心から楽しめる仕事に巡り会えるまで転職していても、本当にたどり着けるのかもわかりません。

いっその事、発想を転換して、今ある状況の中で目標を定め、その目標を達成することを楽しみに変えてみてはいかがでしょう。

「楽しい」の感覚は人それぞれですが、今置かれた環境の中で、最大限に楽しむ工夫をしてみることが重要です。

人間関係がうまくいかない

仕事内容に特に問題がなくても、人間関係でつまずくというのもよくあります。

どこにいっても人間関係がうまくいきにくい人は、職場を移っても同じような境遇になってしまい、結果的に転職を繰り返すことになってしまうこともあるようです。

対処法

人間関係を円滑にする努力や対策は必要です。

優秀な営業がみんな生まれつきコミュニケーション能力が高いかというと、決してそうでもありません。

できる人は、本を読んで研究したり、勉強して努力をしているものです。

しかし、どうしても難しい場合は、思い切って人と接することがほとんどないような職場を探してはいかがでしょうか。

給与面などは下がってしまうおそれがありますが、仕事が長く続かず、退職や就職活動を繰り返すよりは良いかもしれません。

疲れてしまって続かない

虚弱体質であったり、体力がないなど、体質上の理由で仕事が続かない人も少なくないようです。

生まれつきの体質であれば、気合いで対処するなどは難しいこともあるでしょう。

では、体力面の理由で転職を繰り返さないためにはどうすれば良いのでしょうか。

対処法1

まずひとつは「慣れる」ということが大切です。

私も新入社員のころは、毎日朝から晩まで勤務することに体が慣れるまで、とにかく体がキツくて、週末になると一日中起き上がれずにいることもよくありました。

しかし人間とは慣れるもので、数ヶ月ほどすると、1週間勤務して疲れがたまっても、きちんと睡眠さえとればすぐに回復できるようになりました。

睡眠と栄養をしっかり取った上で、あとは慣れるまで辛抱してみましょう。

初めの数ヶ月を乗り越えることがポイントです。

対処法2

1の対処法はあくまで健康な人のやり方で、もし本当に持病があったり、具体的に症状を伴うような場合は、初めから働き方を考えた方が良いでしょう。

時短勤務や内勤だけの仕事など、無理なく続けられる仕事にしぼって職探しをしてみましょう。

また、持病のある人は、自治体のサポートなどがないか確認してみると良いでしょう。

やりたい仕事に巡り会えない

本当にこの仕事は自分に合っているのか、自分が描いていた仕事イメージと違う・・・こう感じて職を転々とするパターンです。

なかなか自分の考えているような仕事がなく、結果的に仕事を長く続けることができません。

対処法

描いてる理想が高すぎると、求めている仕事に巡り合うのは難しくなります。

再度やりたいことの優先順位を考え、妥協出来る点はして行きましょう。

また、理想の仕事にふさわしい自分になるために、資格取得や勉強に打ち込んでみてはいかがでしょうか。

今の職場でやりたい仕事ができないのであれば、自分自身の経験を積み重ね勉強していく期間、条件を整える期間と割り切っていてはいかがでしょうか。

自分のスキルや人間性が上がっていけば、理想の仕事に巡り会える可能性も高まっていくでしょう。

忍耐力が足りない

仕事上のイヤな事や人間関係などで、どうしても耐えなければいけない場面というのはあるものです。

しかし、忍耐力が足りないためにすぐにイヤになって辞めてしまうパターンです。

対処法

ある程度のことは仕事と割り切って淡々と進めていく心構えが必要です。

多少の理不尽は仕事にはつきものです。

すべてに対してストレスを貯めて、耐えられなくなってしまうのではなく、気持ちの切り替えを学ぶとよいでしょう。

限度を超えるパワハラや理不尽がある場合は、きちんと上司や相談するべき相手に伝え、溜め込まないことも大切です。

仕事することが嫌い

仕事をすることがそもそも嫌い、仕方なく働いている。

できるなら仕事をせずに、人に頼ってでも生きていきたい。

好きなことだけして生きて行きていけたらと願っている。

対処法

社会人であれば、なにかよほどの理由がない限り、人に頼るのではなく自分で生活していけるよう努力していくべきでしょう。

好きな事だけして生きていきたいと思うことはあっても、実際に生活していくためにはそうとばかりも言っていられません。

仕事は仕事と割り切って、好きか嫌いで判断せずに取り組むことも必要です。

仕事ができない、うまくいかない

仕事を続けたい、一生懸命取り組みたいという気持ちがあっても、仕事する能力が低く、思うように仕事をこなせない。

結果として自信がなくなり、仕事を転々としてしまう。

対処法

学歴や資格などを持っていても、それがその人の能力を示すものとは限りません。

得意・不得意はあるものです。

自分のできないことを無理してこなそうと思うと、辛くなってしまうこともあるでしょう。

出来るように努力をすることはもちろん大切ですが、自分の能力ではできないことは、正直にできないと伝えましょう。

飽きっぽい

仕事はそれなりに楽しめていても、すぐに他の仕事をしてみたくなってしまう。

ある程度仕事を経験したら飽きてしまい、他のことをやりたいと感じてしまう。

初めは興味を持っていたのに、ある程度わかるようになると興味を失ってしまう。

対処法

色々なことに興味があり、好奇心が旺盛なのはいいことでもありますが、時として飽きやすいということにつながることもあります。

仕事を選ぶ際に、業務内容があまりに限られている日々のルーティンをこなすだけというものだと飽きるのも早いかもしれません。

変化のある仕事内容を選ぶというのも一つの方法です。

また、面接の際に、職種や部署の転換が可能か聞いておくと、転職しなくても新しい仕事内容に関わっていけるか確認できます。

親から自立していない

なにかあっても、親がいるからなんとかしてくれる。

親に頼って生きていけるから、そもそも仕事を真剣に取り組まなくても問題ない。

頼れる存在があるというのはありがたいものですが、いつまでも親離れできず、仕事をすぐやめてしまうようでは成長がありません。

対処法

親に頼っていて自立できないと、仕事をなんとか続けようという気持ちも起りにくくなります。

ちょっといやなことがあっただけで仕事を辞めてしまうという人は、一度思い切って自立してみることをお勧めします。

一人暮らしをする、親に自立宣言をするなど、自分から気持ちを切り替えることです。

親は年を取ります。

いつまでも頼れるとは限りません。

手遅れになる前に一歩踏み出してみましょう。

仕事が長続きしている人ってどんな人?

では、対照的に仕事を長く続けられるタイプの人はどういう人たちなのでしょうか。

若い頃スポーツに打ち込んでいた人

体育会系は上下関係も厳しく、精神的にも体力的にも鍛えられます。

仕事上で大変な時にも、「あの時の部活に比べればまだラク」と思ってがんばれるようです。

私が以前勤めていた大手総合商社では、男性社員の多くが本格的な運動部出身でした。

体育会系を積極的に採用している企業は多く存在します。

前向きでくよくよしない人

性格が根っから明るく前向きな人、くよくよしない人。

こういった人は仕事だけでなく、なにかに挑戦して失敗してもまた次へ進むことができます。

仕事でつまづいてもあまり気にしません。

無駄なく仕事が進めることができ、長続きするのでしょう。

とにかく仕事が好きな人

とにかく仕事をしていることが自分に合っている、仕事をしている自分が好き!というタイプの人です。

人の役に立つことで生き甲斐を感じられる人たちは、仕事でやりがいを見つけ、仕事に打ち込むことができるでしょう。

大変なことがあっても、それをがんばることが好きと感じられる人は長続きできます。

努力すること、がんばることが好きな人

努力することで結果に結びつくことが楽しいと感じ、努力することが好きな人です。

勉強や仕事は努力したことが結果に直結することも多く、目標を立てて取り組み、達成すれば次の目標を立てるというように前進していくこともできます。

自分の仕事はルーティンが多く、努力してもわかりやすい結果に結びつきにくいという人もいるかもしれません。

しかし、決まった仕事を早く正確にこなすように目標を立てたり、達成することの喜びを味わうと、続ける楽しさを感じられるのではないでしょうか。

責任感が強い人

自分が突然仕事を辞めたり、無責任なことをすれば周りに迷惑をかけることになります。

常に責任感を持って仕事に取り組んでいる人は、簡単に仕事を転々としたりはしません。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

後ろ向きな転職を繰り返さないための求職活動のポイント

次の仕事こそは長く続けたい・・・。

そう思って活動をする方への求職活動のポイントアドバイスです。

下調べをしっかりと!

まずは情報をしっかりとつかみましょう。

自分が続けられそうな仕事かどうか、可能な限り情報を集め、面接でも気になることは積極的に質問してみましょう。

また、必要以上に不安がらずに前向きに取り組むことも大切です。

そのためにも情報を持っておくことで、心配を少しでも取り除いておくことは有効です。

体力作り、自己管理をしっかりと!

仕事を続けるためには、しっかりとした体調管理を怠らないようにしましょう。

やはり、仕事を続ける上で体調管理はとても重要な要素になってきます。

学生時代のように、次の日のことを気にせずに好きなように遊ぶのではなく、翌日のことも見越した行動をすることが必要です。

万全の状態で仕事に臨めるように準備することも、仕事の一部です。

気分転換を上手に!

仕事のストレスを持ち帰らないということは大事なことです。

ストレスを貯めながら、プライベートでも、仕事を思い返しては鬱々と過ごしていると、仕事がさらに重く感じられます。

仕事で多少イヤな事があっても、仕事は仕事と割り切って、充実したプライベートを過ごすように心がけましょう。

仕事が重荷に感じられなくなれば、長く続けることも難しくありません。

無理のない働き方を探そう!

初めから無理しないといけないような条件で仕事を始めると、自分が苦しくなっていきます。

自分にとって厳しい条件で仕事を始めてしまうと続かないという事になってしまい、結果的に転職を繰り返すことになりかねません。

目標を高く持つ事は良い事ですが、身の丈にあった働き方を探していきましょう。

とにかく辛抱して目標期間は続ける!

3ヶ月以内に辞めて転職を繰り返すような人は、一度我慢してでも一つの職場にしがみついてみることをお勧めします。

あまり早い段階で、この仕事は向いてない、続けていけないと結論を出してしまうのではなく、まずは3ヶ月辛抱してみるのです。

慣れてきて、ある時ふとラクになる瞬間が来るでしょう。

次の波が来た時も、「嵐はずっと続かない」と言い聞かせ、収まるのを待ちます。

それを繰り返しているうちに、気がつけば長期間仕事を継続できていたということになっているかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

仕事が長続きしない理由は人それぞれかも知れませんが、よく聞く原因と対処法をまとめました。

同じことを繰り返さないためにも、自分をよく知り、対策をしっかりして次は続けられるように求職活動を進めていくことが大切だと思います。

気持ち一つで、状況は変わってくるものです。

ぜひ前向きに取り組んでいきたいものです。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。「パチンコの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。「生命保険の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。「ゴミ収集の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。「商品開発の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なの


仕事に関するコラム

芸術に関わる仕事おすすめ5選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

「芸術」の仕事と聞くと、かっこいいイメージがあるかもしれません。誰でも出来ることではなく、専門的な勉強が必要な場合がほとんど。それでも中には、未経験でもやる気があれば出来る仕事もあります。芸術に関わる仕事には、具体的にどのようなものがあるのか、解説します。「芸術」に関わる仕事ってどんなものがあるの?「芸術」とは、文芸・絵画・音楽など、独特な表現様式によって美を創作することや表現する活動のことを意味します。芸術に関わる仕事は小説家やミュージシャン、カメラマン、ヘアメイクなど幅広いもの。会社勤務をしている人も多いですが、経験を積むとフリーで活動することもあります。自分の考えやメッセージを作品で表現

国家資格を活かせる仕事おすすめ8選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「国家資格を活かせる仕事」と聞いて、どのような仕事が思い浮かぶでしょうか。お医者さん?弁護士さん?一般人には手が届かないような職業ばかりのように感じる人も多いのではないかと思います。今回は国家資格とはそもそも何なのか、ごく普通の一般人にも取得できる国家資格はあるのかなどを解説していきます。国家資格と他の資格の違いとは?国家資格は、文字の通り国の法律に基づいて証明される資格のことです。また、国家資格の中にはいくつか種類がありますので簡単にご紹介します。一つは、「業務独占資格」というものです。例えば、お医者さんは「医師」資格が必須です。「私は医師です。」と名乗り、病院で医療行為をするには、この医師

仕事中眠いと感じる7個の原因とその対処方法とは?

仕事の期限が迫っているのに、眠くて作業が進まない……。集中しなければいけないのに、会議中どうしてもうとうとしてしまう……。なんてこと、大人になってからもありますよね。日中眠くなってしまう癖は学生の頃から、という人も中にはいるかもしれません。学生時代なら叱ってくれる先生がいましたが、会社にそんな優しい人はいないもの。うとうとを断ち切らなければ、手元には大量の仕事が残ります。そう、自分の力で自分自身に打ち勝たなければ、仕事は終わらないのです。今回は仕事中眠くなってしまうことに悩んでいる人のために、その原因や対処方法について解説いたします。仕事中眠いと感じる7個の原因とその対処方法とは?仕事中、突然

体力のない人向けの仕事おすすめ7選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

体力のない人でもできる仕事というものは、一見なさそうに見えますが探してみるとそれほど多くはないですが見つけることができるでしょう。もともと体力があまりない人でも継続してできる仕事から、身体的なハンデから体力を必要としない仕事をお探しの方もいるかもしれません。そんな方々へ仕事を探すヒントになればと思います。体力がない人向けの仕事おすすめ7選体力を必要としない仕事と言っても、人それぞれ体力を使う行為というのは異なります。座って仕事する。立って仕事をする。ある程度仕事することはできるが長い時間働けないなどと様々です。その中の条件のいずれかに当てはまる仕事を紹介していきます。施設警備員警備員の仕事は比

職人気質の仕事おすすめ6選。仕事内容とおすすめの理由を紹介します

皆さんは職人気質と聞くと、どのような印象をお持ちでしょうか。なんとなく職人と付くだけでも、少し強面で、頑固で怖い印象が浮かんでしまう人もいるかもしれません。一見怖そうな印象が付くのには理由があるのだと思います。自分の持っているスキルや技術に自信を持っていて、一度受けた仕事はとことんやり抜く気概を感じたり、一見誰も気づかないような、細かい部分なども一切手を抜かずに完璧を求める。仕事に自信は持っているが、決して奢らず自分の力が最大限発揮できる仕事を選ぶ。自分が納得出来る案件だけを引き受ける。あげてみるだけでも職人気質の人は仕事に熱中し、任せておいたら安心だと言える、信頼を持ち合わせているようです。