仕事を探しているのに、「仕事がない」が口癖になっている友人や同僚が、身近にいる人は多いのではないでしょうか。

世間では、売り手市場と言われており、多くの企業は働く人を探しています。

しかし、実際に探してみると、仕事が見つからないのです。

ここでは、仕事が見つからない人の原因と、仕事を見つけるための対策をご紹介します。

納得して働けることが一番大切ですが、仕事が見つからない人は、どうすれば納得できる仕事に出会えるのか、一緒に考えていきましょう。

働くべきなのに仕事がないと感じていますか?

売り手市場と言われ、仕事はたくさんあるはずなのに、働きたいと思っていても、なかなか仕事が見つからないと感じている人がいます。

実は、売り手市場なのは一部の業界だけだったり、派遣や契約社員ならすぐになれるのに、正社員は狭き門だったり、事情は様々あるでしょう。

でも、実際に求人票を見ていても、ピンと来るものがないということもありますよね。

でも、働かなければお金を得ることができませんし、結果的にその場しのぎの仕事をしている場合もあるかもしれません。

「仕事がない」という言葉には、そんな様々な事情が絡み合っています。

仕事がない人が感じている10個の原因

仕事がないと人には、具体的にどのような原因があるでしょうか。

やりたくない職種や業種ばかり

たくさん求人が出ていても、必ずしも自分のやりたい仕事とは限りません。

やりたい仕事の範囲が狭かったり、あれこれと理由をつけてやりたがらないと、当然仕事はなくなります。

でも、せっかく仕事をするのなら、やりたいと思える仕事の方が、真剣に取り組めるでしょう。

やりたい仕事を探すというのは、必ずしも間違ったことではありません。

ここで問題なのは、「やりたがらない」という部分です。

例えば接客はクレーム対応が嫌だとか、営業はノルマがあるもしれないから嫌だとか、やってもいないのにあれこれと理由をつけてやりたがらないことです。

そのくせ、「仕事がない」と言うのは、間違った言い方ではないでしょうか。

まずは自分の仕事の探し方を変えることを検討すべきです。

人の下で使われるのは耐えられない

自分の思い通りのペースで仕事を進めたい、もしくは指示出しされるのが嫌だという人も、普通に仕事を探していても、「仕事がない」と感じるでしょう。

どんな企業でも、新人のうちは教育係の指示に従わなければいけませんし、どんなに出世しても、自分より上の立場の人がいて、指示を出されたり、決定の可否を仰がなければいけません。

これが全くない仕事となると、会社の最高責任者になるか、自営業しかありません。

しかし、例えば自営業では、本当に誰かに使われることはないのかというと、そんなことはありません。

使われているという状況ではなくても、他の人に協力を仰いだり、アドバイスを聞き入れなければいけない場合もあります。

人に使われることに耐えなければ、仕事を見つけることは非常に難しいでしょう。

人と関わりたくない

中には、どんな仕事をするか以前に、人と関わること自体が嫌だと思っている人もいます。

このような場合、内向的で、人と関わることが苦手だったり、前職の接客業で疲れてしまったので、人と多く関わる仕事はやりたくないなど、許容できる人との関わりの度合いは様々です。

そのため、仕事がないというよりは、選択肢が狭まっているような状態です。

問題は、人と関わるのが特に苦手な人、人と関わらずに仕事がしたい人です。

仕事の幅がかなり狭くなります。

ある程度のスキルを持っていれば、その中で自分の希望する仕事を見つけることができますが、かなり困難でしょう。

能力や体力的に出来ないと思う

年齢や性別、体格の問題から、力仕事、体力仕事が難しい場合があります。

しかし、これらの問題は、実は自分自身の工夫によって、克服することも可能です。

つまり、やってみたり、工夫したりする前から、出来ないと決めつけてしまうことが、仕事がなくなる原因です。

本当にその仕事に興味がある、やってみたいと思うのであれば、自分ができるように工夫してみるものです。

実は、能力や体力的な問題があると言う場合、少なからず自分がやりたくない言い訳なのです。

ただ、ハンディがあって仕事がないという場合には、早めに自治体などの支援を受けることを検討しましょう。

中にはハンディを持っている人を積極的に採用している企業もあります。

雇用条件や勤務環境に納得できない

ブラック企業の存在が問題視される昨今、自分を苦しめるようなところでは働きたくないですよね。

それを見分ける方法として、多くの人が、雇用条件や勤務環境に注目しているのではないでしょうか。

しかし、実際のところは、働いてみないと判断しずらい部分もあります。

この雇用条件や勤務環境を見るだけで、あれこれと文句を付けていると、なかなか仕事は見つかりません。

納得して働くということは、とても大切なことです。

しかし、全ての項目において、完璧な仕事というのは存在しないものと思った方がよいでしょう。

将来性が有る仕事でないと働く意味が無い

せっかく働くなら、将来性のある仕事の方が良いというのも、多くの人が考えることです。

今注目されている業種とか、成長産業に関わる分野とか、華やかで魅力的ですよね。

でも、実際のところ、これからどんな分野が大きく成長していくのかなんて、誰にもわからないのです。

将来性を考えることは大切ですが、その部分だけに強くこだわると、仕事がなくなります。

将来性を考えるなら、ベンチャー企業などを視野に入れるのが良いかもしれません。

どの仕事が、実際に今後成長していくかはわかりませんが、安定した企業で今までの仕事をなぞるより、刺激的に働くことができるはずです。

自分を活かせると思える職場がない

誰しも得意不得意がありますし、得意な仕事をする方が、やりがいを感じられるでしょう。

そのため、自分の特技を活かせるとか、良さを活かせるというのは、仕事を選ぶ上で重要な条件です。

自分を活かせない仕事をやりたいと考える人はいないでしょう。

しかし、この部分にこだわりすぎることは、良いこととは言えません。

自分を活かそうと思うとき、それは外的要因によって達成できるわけではありません。

むしろ、自分自身の創意工夫によって、自分を活かせる場を切り開いていくものです。

例えば、全く専門外の分野でも、違った視点に立つことで、新たな発見が得られるかもしれません。

そのため、パッと見て自分を活かせないと思い込むことは、自分自身を縛ることにつながるのです。

働ける時間が短い

小さな子どもや、高齢者の介護などの事情を抱えて、働ける時間が短い場合、仕事がなかなか見つからないことがあります。

特に、今の日本では、子どもや高齢者向けの制度には問題が山積みで、必ずしも弱い立場の人たちに、有利な条件にはなっていません。

働きたいし、働く体力や技術があっても、基本の勤務時間や勤務日数が決められていると、合わせるのが非常に難しいですよね。

最近では、事情に合わせて融通を効かせてくれる仕事もありますが、そうゆう仕事に人気が集まり、狭き門となる場合もあります。

条件に合う仕事がない

ここまでご紹介したような、やりたい業種で、将来性があり、勤務環境がよく、自分を活かせる仕事を探そうとすると、いったい何件の求人がヒットするでしょうか。

条件は、項目を増やせば増やすほど、全てに合致する仕事は非常に少なくなります。

どうしても働きたい、早く仕事を見つけたいのなら、どうしても妥協できない点以外は、条件を緩めて探さなくてはいけません。

仕事がないと言う人の場合、これらの条件が完璧に合致する仕事を探していることが多いのではないでしょうか。

もちろん、自分に能力があるのであれば、妥協しない仕事探しも、実を結ぶかもしれません。

しかし、あまりにも高望みしている場合、ただ仕事が見つからないだけなのです。

そもそも探していない

これは、ある意味一番あり得ないことですが、「仕事がない」と言いつつも、実は探していないという人もいます。

家族や友人から、仕事を探すようにプレッシャーがあるのかもしれません。

仕事を探しているアピールをすることで、注目を集めたいのかもしれません。

人によって事情は様々でしょうが、探していなければ、見つかるはずがないのです。

また、今の仕事が落ち着いたら、仕事探しを始めようと考えている人もいるでしょう。

でも、暇な仕事というのはありませんし、結局仕事探しがスタートしないものです。

本気で仕事を探すなら、どんなに忙しくても、合間を縫って取り組まなければいけません。

視野を広げてみよう

仕事がないと思ったら、自分がどんな理由で仕事を見つけられないのか、じっくりと分析する必要があります。

もし、自分のスキルにそぐわない条件に固執しているようであれば、またたくさんある条件をどれも叶えようとしているのであれば、視野を広げる必要があります。

視野を広げるといっても、今までこだわっていた条件を全て捨てるとか、全く納得できない仕事をするということではありません。

例えば、一番やりたい業種なら、希望しているより年収よりも下がっても良いとか、勤務時間がちょうど良ければ、専門外の分野に挑戦してみるといったことです。

全ての条件が、完璧に叶えられる仕事はなかなか見つかりません。

見つけられないことのストレスを考えると、どこかを妥協しても納得できるものがないか、条件を広げてみることも大切です。

仕事が見つけられる方法10個

では、具体的にどんな方法で仕事を探せば良いでしょうか。

転職エージェントや派遣会社に登録する

自分自身で探せる範囲に、条件に合う仕事がなかったら、転職エージェントや派遣会社など、他者の手を借りるという方法があります。

転職エージェントであれば、面談などを通して、今までの経歴に合った仕事を紹介してくれます。

また、未経験の職種であっても、積極的に採用している企業や研修制度が整っている企業を紹介してくれるので、新たな可能性も見えてくるでしょう。

また、転職エージェントの場合、企業の事情で非公開となっている、求人サイトなどには掲載されていない求人を紹介してくれることも強みです。

派遣会社の場合、実際に働いてみることができるというのが、一番の強みです。

派遣会社には、試用期間を過ぎれば正社員登用することを予め約束している、紹介制度があります。

企業側はもちろん、これから働く側としても、実際に働いて会社の実情を知ることができるので、安心して働き始めることができるでしょう。

特に、求人情報の実情を予め知った上で働きたい人は、是非利用してほしい制度です。

複数社に登録するのがおすすめ

仕事を探すときは、一社の転職エージェントや派遣会社だけでなく、複数社に登録することがおすすめです。

実は、転職エージェントや派遣会社は、各社それぞれの強みがあります。

営業系の仕事に強い場合もあれば、技術職、教育分野といった、細かなところを専門としている場合もあります。

また、年齢によって、20代~30代をメインにしていたり、ミドルやシニア世代を専門としている場合もあります。

しかし、多くの方に登録していただけるよう、サイトのトップに詳しいことが書かれているわけではありません。

まずは複数社に登録し、徐々に希望の仕事を紹介してくれるところに絞っていけば良いのです。

さらに、最近ではSNSを使ってエージェントへ相談できたり、AIがおすすめの仕事を紹介してくれるなど、アプローチの方法も様々です。

自分が確認しやすいものを選びましょう。

ひたすら応募する

はじめて転職をするとか、どんな仕事が向いているかわからなければ、とにかく応募してみるという方法もあります。

応募していけば、面接で注目すべき点とか、求人票のどんなところを見れば会社の実情をつかみやすいかといったコツが、だんだんとつかめてきます。

なにも知らないよりも、有利に転職を進めることができるでしょう。

ただし、ただ応募するだけでは、不採用となる可能性も高くなります。

不採用の連絡は、自分を否定されたような感覚になる場合もあります。

ある程度目的を持って応募していく方が良いでしょう。

目的があれば、不採用になっても、割り切って考えることができます。

職業訓練を受ける

自分になんのスキルもないと思っているのなら、職業訓練がおすすめです。

働くために必要な技術を身に付けることができ、その後の就職先も紹介してもらえます。

職業訓練は、ハローワークが主催している、無料で受けられる学校のようなものです。

仕事に必要な知識や技能を身に付けることができます。

失業保険の受給している方や、ブランクがある方が対象で、中には賃金を貰いながら勉強することができるものもあります。

自分に自信がないと、なかなか転職活動も上手くいきません。

スキルを身に付けたい人は、是非検討してみましょう。

資格や免許を取得する

目指す仕事が決まっているなら、資格や免許を取得することも重要です。

例えば、介護職は資格がなくても仕事を始めることができますが、国家資格を持っていれば大幅に賃金がアップします。

国家資格などは、取得が非常に難しいですが、チャレンジする価値があります。

それ以外にも、資格を持っているだけで優先的に採用してもらえたり、賃金がアップすることもありますので、必要な資格は取得する方が良いでしょう。

今は、通信制で資格の勉強ができるものも多いので、自分の予算や時間を融通して、転職活動を始める前に準備をしておきましょう。

起業する

やりたいことが明確で、他にはない新しいアイデアや、行動力があれば、起業をするという方法もあります。

特に人の下で働くことに不満があったのであれば、チャレンジしてみる価値があるでしょう。

起業というと、成功者の話が本になって、非常に多くの人に読まれています。

夢がありますし、自分の会社を持つことに、憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。

ただし、起業をするためには、専門分野の知識だけでなく、経営のノウハウも必要となります。

実際に起業に踏み切る前に、十分な準備が必要となります。

また、事業に失敗すれば、自分自身が責任を取らなければいけません。

サラリーマンよりも、かなり多くのリスクを背負うことになりますので、周囲の人たちにも理解を求めておく必要があるかもしれません。

フリーで働く

得意分野があれば、フリーランスとして働くこともおすすめです。

文章を書く、デザインする、プログラミングするなど、現在はインターネットを通じてできる仕事も充実しているので、気軽に始めることができます。

また、手先が器用なら、ハンドメイド作品を売るようなこともできます。

まずは副業として始めてみて、軌道に乗りそうなら、本業としていくこともできるでしょう。

各地でイベントなども開催されていますので、まずは参加してみて、どれくらいの反応があるのか、試してみるということもできます。

フリーで働くことのデメリットは、社会的信用が低いこと、保証がないことです。

起業と違い、会社に所属しませんので、社会的な立場は保証されません。

好きなことを仕事にできるというメリットと比較し、自分にとって優先すべき事項を確認しておきましょう。

おすすめのフリーランスの仕事は、こちらの記事を参考に!

情報収集・発信する

現在は、インターネットを使えば、様々な人の体験談を読むことができます。

自分と同じような考え、境遇の人が、どのようにして仕事をしているのか、どんな風に成功したのかを知れば、自分に役立てることができるでしょう。

もちろん、全く同じ経験というのはなかなかないかもしれません。

しかし、同じような悩みを抱えている人がいれば、参考にすることができます。

それでも、どうしても同じような境遇の人がいなければ、自分の情報を発信するという方法もあります。

たくさんの人の目に留まれば、探していた情報を提供してくれたり、体験談から仕事に繋がることもあります。

今は個人でも簡単に情報を発信できます。

そして、その情報が誰かの役に立つ可能性を秘めているのです。

思いきって夢に挑戦する

今まで、絶対に無理だと思っていた夢に、本気で取り組んでみてはいかがでしょうか。

歌手にあるとか漫画家になるとか、学生の頃に抱いて、親に否定されたような夢でも、それを仕事として生計を立てている人は確かにいるのです。

仕事が見つからないのなら、言い訳せずに本気で挑戦すれば、道が開けるかもしれません。

最近では、SNSから火がついて、メジャーデビューしたなんて話も、珍しくなくなりました。

夢を叶えるのに、実は特別な才能は必要ないのかもしれません。

必要なのは、本気で取り組むことです。

苦手なことを仕事にする

仕事を探すとき、まず最初に候補から外すのが、自分が苦手とすることです。

例えば、人と接するのが苦手な人は、接客業を選びませんよね。

当然、自分の力が最大限発揮される仕事がしたいと考えるはずです。

しかし、どうしても仕事が見つからないなら、苦手だと思って除外した仕事に、あえてチャレンジしてはいかがでしょうか。

実は、苦手と思っていただけで、やってみるとうまくいく場合があります。

コミュニケーションが苦手でも、コールセンターでの接客はうまくできたり、細かい作業が苦手でも、工場のラインの作業ならできるかもしれません。

やっていないことには全て可能性があると考えて、チャレンジすれば、新しい道が開けるかもしれません。

とにかく働いてみる

簡単な仕事でもかまいませんので、とにかく働き始めてみるという方法もあります。

どんな仕事が向いているかは、実際に働いてみないとわからないものです。

もしかすると、苦手だと思っていたことが、意外にも自分に向いているなんてこともあるのです。

向いている仕事、好きな仕事は、働いてみなければわかりませんし、働いていくなかで見つけていけばよいのです。

実際のところ、就職というのは、人生に一回だけの大イベントではありません。

今は、転職に向けたサービスも非常に充実していますし、向いていないと思えば、別の仕事を探せばいいだけです。

働くということをあまり重く考えず、採用された会社でひとまず働いてみるというもの方法のひとつなのです。

職歴が無い・年齢が高いなどで仕事が見つかりにくい場合

どんなにスキルがあっても、職歴がなかったり大きなブランクがあると、仕事を探す上では非常に不利になります。

また、長期キャリア形成のため、年齢が高い人も、なかなか採用してもらえません。

このような場合の、仕事の見つけ方をご紹介します。

人材紹介や派遣は登録した方がいい

人材紹介や派遣は、登録のための敷居が低いため、ひとまず登録しておいた方が良いでしょう。

実際に仕事を紹介してもらえるかどうかは確約できませんが、登録しておけば、条件に合うものがあれば連絡がもらえます。

また、仕事を探す上では、情報収集をすることが非常に重要です。

紹介してもらう仕事の傾向から、採用してもらいやすい業種がわかれば、自分でも探すことができます。

実際に人材紹介や派遣から仕事を始めるかどうかは別として、情報収集の手段として考えておきましょう。

アルバイト

どうしても正社員などの仕事が見つからない場合には、アルバイトからの正社員登用を目指す方法もあります。

特に、スキルがない人におすすめです。

正社員としてはスキル不足でも、アルバイトとしてなら採用してもらいやすくなります。

職歴がなくても、大きな問題を抱えていない限りは、問題ないでしょう。

スキルがなくても、実務のなかで身に付けていくことができますし、正社員に登用してもらえれば、慣れ親しんだ職場で働くことができるため、かなり敷居を下げることができます。

ただし、正社員登用は必ずしてもらえるわけではありません。

また、テストを受ける必要があったりと、ある程度の条件があることは覚悟しておきましょう。

それでも、アルバイトをして仕事が気に入っている、機会を与えてもらえるようであれば、積極的に挑戦することをおすすめします。

日雇いバイトもおすすめ

どうしても仕事が見つからない場合には、日雇いバイトで繋ぐこともできます。

あまり良いイメージを持たれない仕事で、体力が必要な場合もありますが、スキルや年齢に縛られずに採用してもらえることも多いです。

最近では、派遣会社経由で紹介してもらえることもありますので、ある程度自分に合った仕事を選ぶこともできます。

簡単な仕事からはじめて、徐々にスキルアップしていけば、日雇いでも十分に稼ぐことができます。

ある程度経験を積めば、次の仕事にもつながりますので、日雇いのバイトと軽く見ず、貪欲に吸収していきましょう。

起業する

スキルがなくても、アイデアがあれば、起業することも可能です。

また、自治体によっては、起業をサポートする制度や事業もありますので、積極的に活用しましょう。

また、場所にこだわりがなければ、より充実したサポートを受けられる自治体に移住するという方法もあります。

移住を呼び込んでいるような自治体なら、地域に密着した起業をすることができるでしょう。

ミドル、シニア層なら、それまでの知見を活かして起業するのが良いかもしれません。

また、他業種の若い人と組んで、成功を納めた例もあります。

それまでの人脈を活かしていけば、経験を力に変えることができます。

フリーで働く

フリーで働く場合、一定のスキルを持っている必要があります。

そのため、全く職歴がないような場合には、アイデアを形にするような、デザインやイラストの仕事がおすすめです。

今までの経験を活かして働く場合には、どのスキルなら必要としてもらえるかを分析し、アピールしていくことが重要です。

例えば、文章を作成するにしても、一から作成するのと、出来上がった文章を編集するのでは、違ったスキルになります。

これまでの自分の職歴を振り返り、持っているスキルを分析しておくと良いでしょう。

フリーランスで働くなら、クラウドソーシングサイトを利用すると、効率的に仕事をすることができます。

個人同士で契約をする必要がないため、仕事を受注する側も依頼する側も、少ないリスクで仕事をすることができます。

親族や友人に紹介してもらう

普通の企業ならなかなか雇ってもらえなくても、信頼ある個人からの紹介なら、年齢やスキルの制限を気にせず、就職できることがあります。

必ずしも得意分野とは限りませんが、高い確率で採用してもらえるというのは、非常に大きなメリットです。

周囲に、自営業や起業をした人がいれば、頼ってみると良いかもしません。

ただし、親族や友人に紹介してもらった手前、簡単に辞めたり、意見を言いずらくなることは、覚悟しなければいけません。

紹介者との関係性にもよりますが、普通に就職するよりも、採用の時点で優遇してもらった分、制約があることは認識しておきましょう。

また、家族経営の会社の場合、跡継ぎの友人がとても優遇されていることを知り、自分の待遇に不満を感じることもあります。

場合によっては相手との信頼関係が揺らぐ場合もありますので、注意が必要です。

趣味を極める

好きなことを仕事にすることは、周りからは否定されがちですが、実際に働くことを考えると、嫌なことよりは好きな仕事をしたいですよね。

現代では、インターネットから自分の情報を発信することが簡単にできるようになりました。

中には、自分の好きなことを発信していくなかで、実際に仕事に繋がっている人もいます。

スキルがないとか、年齢制限などでなかなか仕事が見つからないなら、趣味を極めていけば、収入に繋がる可能性があります。

自分の趣味を発信することに抵抗がないなら、SNSなどを使って、積極的に発信してみるのも良いでしょう。

ただし、好きなことだからといって、楽なわけではありません。

発信をするということは、反応が返ってくるということです。

好意的な感想だけでなく、否定的、批判的な意見もあるでしょう。

それが原因で追い込まれてしまう人もいることを忘れてはいけません。

自分がインターネットの反応に気持ちを左右されやすいと思うなら、距離感を考えて付き合っていく必要があります。

まとめ

仕事がないと感じる人の原因と、対策についてご紹介しました。

仕事がないと感じるのは、多くは自分自身で働くことへのハードルを上げてしまうことが原因と考えられます。

まずは視野を広げて、妥協できるところ、できないところを整理して、納得できる働き方を見つけましょう。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご