最近は、大都市を離れて子育てや、ゆとりある生活にしていく為に地方の田舎暮らしを始めたり、都会での息苦しさから解放され、自然の環境に身を置く事で自分のやりたいことを再確認する為に地方へ移り住むことを考えている方もいらっしゃいます。

移り住む理由は様々ですが、何の知識もなく移住してしまうと苦しい思いをするだけなので情報収集はしっかりとしましょう。

今回は、自身が住んで経験した福岡と鹿児島を比較してみようと思います。

少しでも地方で働くことに興味を持って頂けると嬉しいです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

地方で働くメリットとは?

忙しさに翻弄されて仕事していると、心に余裕が無くなってきて滅入ってしまいますよね。

旅行などで地方を訪れた時に自然を目に前にすると開放感があります。

都会のようなビル群では味わえない刺激を得ることができます。

物価や家賃が安く生活費が抑えられる

働く地方によって変わりますが、地元の特産物などが豊富にある地域ならば、ある一定の商品に関しては価格は安くなっています。

ですが、大都市で安かった物が、地方では同じ商品でも運送費がかかって値段が高くなる事もあります。

家賃に関しては中心部に近いほど高額になりますが、地方の郊外に至っては特にこだわりを持たなければ格安の物件を紹介してもらえるでしょう。

自然が多い

地方と言っても中心市街地に近い所では河川敷の護岸関連や公園などの人工の自然はいくつか存在します。

しかし、中心圏内から離れてしまえば田畑が広がり、森があって遠くには山も見えて自然が多い事に気が付く事ができます。

都会では感じることができない自然の雄大さを前にすれば悩んでいる事が小さい事のように思えてきます。

仕事で疲れて帰ってきても、自然の多い光景に癒しを与えてもらえる事でしょう。

喧噪がない

中心市街地であれば、昼間はそれなりに喧騒はあります。

しかし、郊外勤務になれば騒がしいのは会社周辺だけで、会社から少し離れてしまえば、春は色々な花の香りが楽しめますし、多くの山々で桜を見ることができます。

夏は萌える草の匂いに自然がもたらす涼しい風が季節を感じることができます。

今では秋を感じる事はなかなか少なくなってきましたが、冬に向けて色づいていく自然を見ながら、季節を感じる生き物に出会える事もあります。

冬は冬で地方によっては雪の到来で季節を感じますが、空気が張り詰め、吐く息が白いの見て冬の到来を肌で感じることができます。

満員電車での通勤が無い

郊外勤務や中心市街地から離れて働くのであれば、満員電車には縁は無くなりますが、中心部で働く場合は、やはり満員電車は覚悟する必要になるでしょう。

雇用の競争率が低い

地方の場合は、首都圏や他の地方への引っ越しなどの影響で人口減少による過疎化が進んでいる為、正規雇用または非正規雇用に関する競争率は低くなっています。

しかし、バイト・パートの人は給与の水準の低い所より高給与の方に流れていくので応募の際は気をつけましょう。

逆に地方で働くデメリットは?

大都市で働いているとあまりにも便利で快適な生活な為、地方に移住して苦労する事は多々あります。

以前住んでいた所と同じ水準を求めようとすると立ち行かなくなる事があるので、生活改善をしないといけません。

給料が低い

各都道府県で最低賃金が違っているので一概には言えませんが、人の往来や物の流れの多さでその地域の豊かさで会社ごとの賃金水準が決定します。

大手企業が経営している所や派遣会社を通じて募集している所であれば、給料は高めに設定されていますが、それでも首都圏に比べては給料は低くなっています。

昇格しづらい

地方によっては一族経営や昔からの考えを持ち続けている人も多く、そういった人たちに気に入られるような行動を取らないと昇格に繋がらないこともあります。

経営に関わっている従業員が少ない所は昇格に必要な仕事よりも毎日処理しなければならない作業ばかりが増えていくため、なかなか満足のいく仕事にはならないでしょう。

地域によっては閉鎖的な人間関係がある

都会でも住んでいる環境によって人間関係が希薄になってきていますが、地方においても過疎化によって人間関係は希薄になりつつあります。

他県から来た人を排除するような行動を起こす事は少なくなってはいますが、今はどこも地域活性に取り組んでいるので受け入れに対しては協力的ではあります。

競争意識が低い

地元企業の場合は、職場内が和やかな雰囲気であったり、競合他社の存在が少なかったりで従業員の競争意識が低下傾向にあります。

会社の成長を考え、運営している所もありますが、会社を維持する事で長く存続できるように運営している所が多くあります。

その為、長い期間で経営を視野に入れているので「その内に昇格できるだろう」とのんびりと構えている人が多いです。

交通や物流が不便

首都圏や主要都市では人口が多いため、自然に必要な物が集まってきます。

その為、交通網が発達し物流が活発になっていきます。

それとは反対に急激な人口増加が起きない地方は交通網の発達より維持する事を優先するので、改善にまでは至っていません。

福岡は大手交通グループが一手に経営しているので、バスや電車の台数が多く、各バス停の発着時間の間隔が短く、街自体がコンパクトに収まっているので交通の面に関しては利便性が高くなっています。

一方で鹿児島の場合は、繁華街近辺であれば比較的交通は良好ですが、それ以外では、山などが多いので不便です。

私の実家は山なので中心部まで約20分くらいかかり、1時間に2~3本の間隔でバスが来ます。

そして、夜9時半以降には中心部に行くバスは無くなります。

こういった事もあるので時刻表の確認は怠らないようにしましょう。

娯楽がない

主要都市であると、繁華街や商業地域に集中して娯楽に関するものがあり、24時間営業や深夜営業の施設もありますが、地方では夜遅くまで営業していても利益を出す事ができないので、早めに営業を終了してしまう店が出てきます。

福岡では、天神や中洲と言った娯楽施設が密集してる地域があったりと賑やかですが、鹿児島では、夜9時くらいには多くの店が閉まってしまいます。

娯楽施設の数が少ないのが難点です。

高齢者が多い

地方では、人口流出が進んでいます。

中学校までは義務教育なので地元の学校を卒業したのち、高校や専門学校を首都圏や大都市で受験するといった傾向が増えているからです。

地元で就職できても県外に転勤辞令が出るという事もあり、若い人達が出ていくので自然と高齢者割合が増えるので、高齢者が多いように感じるのです。

中心部から離れるにつれて過疎化も相まって高齢者の多い地域があちこち点在します。

求人に偏りがあるのであまり選べない

人口が緩やかに減少しつつある地方では、地元企業が地元学生獲得を焦点に地域の活性化も含めて地元での求人活動を行うので、正社員採用の枠は意外と少なくなっている為、選択できる職種に偏りがあります。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

地方で働くときの注意点とは?

大都市と違って地方で働くとなると環境がガラッと変わります。

移住先の自宅から勤務地までの時間や公共交通機関の発着時間の確認をし、不測の事態にも対処できるように自身で準備しておくことが大切になります。

移住先の情報収集はちゃんとしよう

転勤の場合は、住む所の情報収集は当たり前の話ではありますが、移住という事になると今までの生活が一変します。

移住先の周辺環境や交通の利便性、地域ならではのルールなどがあり、「何とかなる」といった考えで行動を起こすと不測の事態に陥った時に対処できなくなるでしょう。

こういう事が起きないように情報収集はしっかりと行いましょう。

Iターン・Jターンならお試し移住がおすすめ

本気で移住を考えている方であれば、各自治体で行われているお試し移住がおすすめです。

2泊3日の短期から月単位の長期に渡ってのパッケージツアーなどを自治体が用意しています。

本気の方には自治体が交通費は負担してくれる所もありますので参加してみてはいかがでしょうか。

お試し移住をしてみてどんな風に自分達の生活環境が変わるのかを体験して、判断材料にするとよいでしょう。

仕事が決まってから住居を決める方が良い

移住を決断してもすぐに仕事が見つかるわけではありません。

仕事が見つかるまで生活に必要な物に費用を費やさなければなりません。

住居に関しては、何件か候補を決め、絞り込みの段階まで進めておいて仕事については、移住する時期を考慮したうえで転職先を決め、働く会社と相談した方がよいでしょう。

移住後はご近所へのあいさつまわりを忘れずに

首都圏や大都市では希薄になってはいますが、地方でもあいさつ回りは必要です。

あまり気にしない方が多いですが、実は、あいさつ回りは重要で戸建て住宅なら隣接する住宅を優先して訪問し、隣接住宅が無い場合は、その地域の組長さんか町内会長さんの所へあいさつに行き、移住先の方々に顔見せする必要があります。

こういう事をしておかないと色んな事で角が立ってしまい、ご近所関係がぎくしゃくしてしまいます。

悪質な事態にならない為にもしっかりとあいさつをしていきましょう。

自分にあった地方の求人の選び方や注意点

地方の求人は都会に比べて求人数が少なかったり、求人が偏ったりしています。

今回は、他の地方でもあるような事を地元でかつて住んで働いていた鹿児島を例にご紹介したいと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

鹿児島の場合では、コネクションがあれば、すんなりといく正社員採用の道もありますが、求人誌の少ない掲載から探すよりはハローワークで紹介してもらった方がよいでしょう。

バイト・パートはどこも人手不足なので、条件に足る人物であれば採用に繋がるでしょう。

【選び方②】職種や業務内容から探す

働くと言えば、業務内容が気になりますよね。

そこで調べたところ鹿児島の場合では、カフェや飲み屋の店員の募集が多くみられます。

次に観光・建築に関係する仕事が多いようです。

観光を主軸に置いているため、おもてなしを重要視した業務内容の求人が多いようです。

【選び方③】業種や会社の業態から考える

最近の鹿児島では、小売業に続き飲食業が増えてきたように思えます。

大手企業と提携している会社が進出している事もあり、今後も繁華街を中心に店舗が増えていくでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

雇用条件は他の県と比べても大差はありません。

給与にしてみれば、鹿児島は福岡に比べて低いです。

2018年10月からは最低賃金が737円から761円へと改正されます。

地方によって最低賃金は変わります。

応募する際は掲載されている給与をしっかりと確認するようにしましょう。

【選び方⑤】勤務地から考える

福岡の場合は、博多・天神・中洲と言った中心部に繁華街や複合商業施設が密集している所が多く、利便性も高く、求人数も多いので勤務地には困らないでしょう。

一方、鹿児島は鹿児島中央駅周辺か天文館と言った繁華街や錦江湾に近い商業地区に集中しているので、そこ以外の場所となると難しくなるのでどこに移住するかで検討した方がよいでしょう。

注意点

地方において求人を探す際に注意しなければならないのは、移住先から勤務先への移動手段と交通費を支給してもらえるかの確認です。

地方は大都市に比べて利便性は低いです。

電車であれば終電を、バスなら最終便の把握をすることが大切です。

公共交通機関を利用しない場合は、原付や車が必要になります。

市街地から近ければ自転車でも問題はありません。

あとは上限はありますが交通費支給のある求人を探すことをおすすめします。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は、移住を考えている方や地方に興味を持っている方に働く際のメリット・デメリットを、私の実体験や感想を含めてご紹介させていただきました。

少しでも地方の現状を知ってもらえると嬉しいです。

今の都会暮らしに窮屈さを感じている人もいる事でしょう。

すぐに移住を考えてほしいとは言いませんが、今の生活から少し離れてみるのもよいかもしれません。

色んな所を旅してみたり、情報を集めてみたりして地方に興味を持って落ち着きたいと思ったらこの記事を参考にしてみてください。

皆さんの生活が豊かになる事を願っています。



関連キーワード

働き方

働き方についてもっと深堀りした情報を見る

妊婦の求人にはどんなものがある?無理なくできる仕事やオススメポイントから注意点まで

妊娠中は自分自身の体とお腹の赤ちゃんのことを最優先で考えなければいけません。その上で体調がよく妊娠経過も順調なら、もちろん妊婦でも働くことは可能です。初産の場合だと妊娠中は特にやることもなく時間を持て余してしまうこともあるでしょう。体重管理もあるので、適度に動くことも大切です。そういったことから、妊娠中も働きたいと思う人も多くいます。妊婦でも安心して働ける仕事にはどんなものがあるのでしょうか。この記事では、妊婦でも働ける求人について紹介していきます。妊婦でも無理なくできる仕事にはどんなものがある?妊娠初期はつわりがあったり、中期以降はお腹が大きくなってきて動くのがしんどくなったり大変になること

第二新卒求人でよくある募集内容やおすすめの職場のポイント、気になる疑問について解説します

新卒で就職したものの思っていた会社と違ったとかやりたいことが違った、もしくは1年2年と勤めてみたけどやっぱり他の仕事がしてみたいと思うかもしれません。中にはとりあえず3年勤めたら転職しようと考えている人もいます。他には新卒で勤めた会社と違うところへもともと行きたかったなど、様々な希望があって転職を考えている人がいます。今までは新卒と既卒という扱いで採用情報が掲載されているケースがあり、新卒で就職を逃すと中途採用はほとんど経験者優遇かブラック企業でないと未経験者を積極的に雇ってくれるところはありませんでした。しかし、ここ最近は第二新卒と称して社会人経験を少し摘んだ若手を積極的に採用しようとする動

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。ですから

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持ってい

契約社員求人のおすすめ職種3選やその特徴とは?正規社員求人との違いも解説!

就職や転職活動のなかで、「契約社員」での求人があることは珍しくありません。一般的には正社員としての就職を目指すことが普通となるので、このような求人を目にした場合に、どうするべきかを悩むと思います。今回は、契約社員としても魅力がある職種3つを紹介しながら、契約社員という雇用形態について詳しく解説していきたいと思います。契約社員求人のおすすめ職種3選契約社員としての求人のなかでオススメの職種を3つ紹介します!コントラクトMR医薬品に関する情報提供を行うMRは、一般的には製薬メーカーに正社員として所属することになります。ですが、新薬の発売に合わせて集中的に活動強化をするためにプロジェクト化をして、一

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種飲食店や居酒屋のホールスタッフ飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。特に居酒

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指


働き方に関するコラム

嘱託社員とは?会社での役割や正社員との違い、給料・働き方などを詳しく解説します!

求人広告や求人サイトで求人を検索していると「嘱託社員」という文字を見たことがあるかもしれません。正社員は、フルタイムの労働雇用形態、契約社員や派遣社員は期間を決めて雇用してもらう労働形態ですが、嘱託社員は何かいまいちわかりません。嘱託社員は、他の勤務形態に比べて何が違うのか、どうやったら嘱託社員になれるのか、嘱託社員の役割は何かなど色々な疑問があることでしょう。嘱託社員とはそもそもどういう雇用形態なのか、嘱託社員として働くメリットやデメリットは何なのか、契約社員や正社員などとの違いについて今回は、紹介していきます。嘱託社員とは?まず嘱託社員とは、契約社員や派遣社員同様、非正社員の雇用形態です。

女性が働きやすい職場の5個の特徴と、失敗しない職場の選び方とは?

スポーツ界や政界、芸能界など業界を問わず、女性の活躍が目覚ましい昨今。それは我々一般人が働く社会も然りです。以前に比べれば総合職でバリバリ働く女性や、管理職の地位につく女性も増えてきました。総合職でなくても、子育てや家事など家のことと両立しながら働き続ける女性も多くいます。そんな素敵な女性が増えてくると、「私も働き続ける女性を目指したい!」と考えるひとも増えてくるかもしれませんね。そこで今回は、女性が働きやすい職場とはどのようなものかについて解説したいと思います。復職や転職を考えているという方、ぜひ参考にしてみてください。働きやすいってどんなこと?「働きやすい会社がいい」という希望はよく耳にし

ワークライフバランスが実現できる職場の5個の特徴と、そういう職場を探す方法とは?

ここ最近、耳にすることが増えた「ワークライフバランス」という言葉。この記事を読んでいる皆さん中にも、耳にしたことがあるという方が多いと思います。もしくはすでに実践されている、実践したいと考えている方もいるかもしれませんね。そこで今回は「ワークライフバランス」という言葉が持つ意味や、それを実現するための仕事探しについて解説いたします。「ワークライフバランス」について考え始めた方、もしくは今の会社でワークライフバランスを保つのは諦めたという方も、ぜひ参考にしてみてください。ワークライフバランスってどういう意味?「ワークライフバランス」とは、その名の通り「仕事」と「生活」のバランスのこと。仕事ばかり

女性が働く時に課題になる10個のことと、女性の私が仕事をしながら感じていること

現在、定時での退社を推進することで長時間労働の改善や、年間休日の増加など「働き方改革」が広まりつつある日本。女性も活躍しやすい社会になりつつあると連日情報が飛び交っていますが、実際のところどうなのでしょうか?女性が働く上での課題はないのか?課題があるとすれば、何が問題なのか?一緒に考えていきましょう!女性が働く時の待遇面での課題男女平等は当たり前!その上、より良い待遇を推進する企業が増加しつつある今、女性が働く上で、待遇に対する課題はあるのでしょうか。給料会社を選ぶにあたり、かなり重要となる給料面については、やはり男女で違いが出てしまうのが現状です。職種や正規・非正規での雇用なのか、また会社の

働きやすい職場の8個の特徴。自分にあった職場を見つけよう!

せっかくお仕事をするなら働きやすいところを選びたいですよね。でも、働きやすい職場とはどういったところを指すのでしょうか。働きやすい職場で仕事をするメリットを押さえながら、どんな職場が働きやすいと言えるのかをご紹介します。働きやすいってどんなこと?働きやすいとは主に、仕事に対するモチベーションが保ちやすいことを指します。モチベーションが下がらないのでひとつひとつの仕事に集中しやすく、作業効率が高くなります。働きやすい職場では心や身体を壊しにくく、また将来に対する不安も感じにくいです。働きやすい職場で就業するメリットまずは働きやすい職場はどんなところで優れているのか確認してみましょう。就業するメリ