新卒で就職したものの思っていた会社と違ったとかやりたいことが違った、もしくは1年2年と勤めてみたけどやっぱり他の仕事がしてみたいと思うかもしれません。

中にはとりあえず3年勤めたら転職しようと考えている人もいます。

他には新卒で勤めた会社と違うところへもともと行きたかったなど、様々な希望があって転職を考えている人がいます。

今までは新卒と既卒という扱いで採用情報が掲載されているケースがあり、新卒で就職を逃すと中途採用はほとんど経験者優遇かブラック企業でないと未経験者を積極的に雇ってくれるところはありませんでした。

しかし、ここ最近は第二新卒と称して社会人経験を少し摘んだ若手を積極的に採用しようとする動きがあります。

また、求人サイトでも今までは新卒用か転職用しかありませんでしたが、第二新卒の求人に特化しているところも出始めてきました。

今回は、第二新卒求人でよくある募集内容やおすすめの職場のポイント、気になる疑問について紹介していきます。

第二新卒求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

第二新卒の求人は、今ではバラエティーに富んでいます。

色々な業種が昨今の人手不足から新卒や中途採用だけでなく第二新卒を積極的に採用するようになってきています。

そのため第二新卒求人の大まかな仕事内容は様々です。

例えば、第二新卒を積極的に採用している企業の一つに大手旅行会社があります。

大手旅行会社の仕事内容だと店舗にて、お客様に旅のプランを提案することが仕事になります。

他にもリフォーム会社の反響営業の場合は、広告やネット、口コミなどを見て問い合わせしてくれたお客様の対応をします。

反響営業は飛び込みではなく、お客様からの問い合わせを待って問い合わせに答えながらもお客様の要望や悩みを聞き取り提案していくタイプの営業です。

第二新卒求人を2点ほど例としてあげましたが、求人内容や求人に記載されている仕事内容は、新卒や中途採用などと遜色はありません。

そのため、第二新卒だから特別な仕事内容が書かれていることはありません。

第二新卒求人でよくある募集内容とは?

ここでは第二新卒求人でよくある募集内容について紹介していきます。

給与相場

第二新卒で転職をしようと考えている人の多くはもっとも気になる項目として給料相場があります。

第二新卒の場合、新卒と比べて給料が上がるのでしょうか?

それとも下がるのでしょうか?

給料相場は、もちろん業種によって異なりますが、20代の平均年収がおおよそ290万円前後になります。

収入が多い業種は、IT系、金融系、不動産系などになります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間や休日、残業については新卒だから第二新卒だから中途採用だからと差があるわけではなく、業界や企業によって就業時間が定められているため、勤務時間や休日、残業についてはそれぞれの企業に準じます。

福利厚生

福利厚生については企業によって異なります。

ほとんどの会社では、社会保険関連や退職金、財形貯蓄などを用意しています。

企業によっては、研修制度や福利厚生クラブなどがあります。

手厚い福利厚生を用意している会社だと社員食堂や資格支援制度なるものがあります。

求められる人物像

第二新卒で求められる人物像は、新卒や中途採用とさほど大きな差はありません。

採用側として欲しい人材としてはやる気があることや向上心があること、新卒と異なる部分としてはビジネスマナーであったり、コミュニケーション能力であったりを求めるところがあります。

熱意・やる気のある人物

仕事に対して熱意ややる気があることは当然ながら大切です。

第二新卒の場合は、今の会社を辞めようとしているため、退職した理由が「やる気がなくなったから」や「仕事をしたくなくなった」などという理由では当たり前ですが企業は採用したくありません。

仕事に対して熱意ややる気があれば、責任を持って仕事に取り組んでくれると期待してもらえますし、採用側も雇いたくなります。

向上心がある人

仕事やキャリアアップに対して向上心がある人は第二新卒や中途採用であっても企業側が受け入れやすい人物像になります。

仕事に対してやる気や熱意だけでなく、自分が今後どうなっていきたいやこれがやりたいなどの向上心がなければ、企業側としては採用してもすぐ辞めてしまうのではないかと考えます。

向上心があると仕事に対しても責任を持って取り組んでくれる、会社で頑張ってくれるというイメージを与え、採用側としても安心して採用することができます。

コミュニケーション能力がある人

コミュニケーション能力は、必要なスキルであるとともに求められる人物像にも関わってきます。

第二新卒は現職や前職があり、そこから転職しようとしています。

現職や前職でコミュニケーションからなるトラブルや上司との折り合いが悪かった、仕事仲間とのコミュニケーションができてなかったとなると次に必要としてくれる会社がありません。

一度社会に出ているため、スムーズなコミュニケーションが取れる人物を企業として必要としています。

必要なスキルや資格、経験

必要なスキルはビジネスマナーとコミュニケーション能力で、資格や経験は業界によって異なります。

第二新卒は一度社会に出た身のため、企業側からは基本的なビジネスマナーやコミュニケーション能力は求められます。

例えば、タクシーやバス、トラック業界に転職したい場合は、大型免許などが必要になります。

しかし、営業職や販売職に転職したい場合は特別な資格は必要としていません。

ただ、不動産業に転職したい場合、特別な資格は必要としていませんが取得しておくことで給料査定がプラスに働く資格があります。

宅建と呼ばれる宅地建物取引士の資格です。

他にも経理として働きたい場合、簿記の資格を取得していなくても経理に転職はできますがあれば簿記の知識は大いに役立ちます。

第二新卒求人のおすすめの職場のポイントとは?

第二新卒の仕事について前述しました。

新卒とそこまで大きな差がないため、まさに新卒と中途採用の間の位置付けであることは理解頂いたかと思います。

概要がわかったら次はどういう求人が第二新卒にとっておすすめの職場なのか気になる人もいると思います。

ここでは、第二新卒の求人でおすすめの職場のポイントを紹介していきます。

年齢層が広い

年齢層が広いところは、幅広い年齢を受け入れいているため、多くの人材が混在しています。

つまりベテランから新人、中堅がいることで様々な知識を得ることができますし、仕事でわからないことがあれば誰にでも聞ける安心感があります。

年齢層が低いのが悪いわけではありませんが、若い会社だと自分次第とこちら側から積極的に動かなければ仕事を学ぶこともできませんし、仕事を覚えることができません。

ベテランがいる会社の場合は、自分の経験のアドバイスをくれたり、何か困っている時に助けてもらったりもできます。

中途採用に積極的な企業

中途採用に積極的な企業は、第二新卒におすすめの職場である可能性が高いです。

中途採用を積極的にしている企業は、様々な業種から転職している可能性が高く、色々な業種の人たちと仕事をすることで色々な知識を身につけることができます。

業界に疎通している人だけでなく、違う業界に詳しい人にも話を聞けるのは中途採用に積極的な企業ならではです。

年功序列制がない

年功序列制度がない企業も、第二新卒におすすめの職場です。

年功序列制がない企業は、若手であっても実績や貢献度などにより昇給や昇進などの機会を与えてもらえるからです。

年功序列があるとどうしても年齢が上の人から徐々に昇進や昇給していきますが、年功序列制度がないとみんなに平等にチャンスがあるため、モチベーションを高く仕事することができます。

教育制度がしっかりしている

第二新卒で特に未経験の業界や業種へ転職したい人は、教育制度がしっかりとしているところをおすすめします。

教育制度がしっかりしているとはOJTだけでなく、社内トレーニングが充実していることです。

ほとんどの会社は新人教育にOJTを採用していますが、OJTは現場で仕事をしながら覚えるトレーニングですので実際の現場に出ないといけません。

ただ、いきなり現場に出て仕事ができる人とそうでない人がいます。

まずは知識から身につけて段階を踏んでOJTに挑みたい人もいます。

そのため教育制度がしっかりとしているとOJTだけでなくOJT以外のトレーニングにより知識を吸収できたり、実際のOJTまでに準備をしたりすることができます。

第二新卒で転職する際に注意すべきポイント

第二新卒は面接の際に必ずと言っていいほど聞かれる質問があります。

それは「なぜ今の仕事を辞めたいのですか?」「なぜ今の会社じゃなくて弊社を選んだのですか?」などがあります。

第二新卒が転職する際に注意すべきポイントをここではまとめてみました。

退職理由について

退職理由はほぼ間違いなく聞かれることです。

そこで注意しなければいけないポイントとしてはネガティブな理由を話すことです。

「上司と仲が悪くて仕事が楽しくなかったから」とか「職場の人間関係や職場の雰囲気が合わなかった」などとネガティブな発言をしてしまうといざ入社したら同じ理由で辞めてしまうのではないかと心配されたり、場合によっては協調性のない人物と判断されることもあります。

退職理由でネガティブな発言は避けましょう。

例えば、「今の仕事で新規プロジェクトに参加させてもらい、私自身は将来的に大きな可能性を感じていましたが会社の戦略変更に伴い、プロジェクトが頓挫してしまいました。そのため、私としては折角携わったプロジェクトの知識を活かして可能性を感じているこのマーケットでもっともっと仕事をしてみたいと思いました。」と将来のために前向きに退職しますという理由が言えたら面接者も納得します。

志望動機と将来プランが違う

面接で志望動機を聞かれた後に会社で今後どういう風にキャリアアップしていきたいかを聞かれることがあります。

この時に志望動機とキャリアプランが違うとなると面接側としては結局何がしたいのだろうかと考えたり、もしかしたら今の仕事から逃げたくてどこでもよくてここに面接に来ているのだろうかと知らず識らずのうちに評価がマイナスになってしまいます。

志望動機と将来プランは一致しているもしくは一貫しているようにしましょう。

仕事先を決める前に退職する

新卒で入社した会社を辞めてから転職活動をしようと考えている人が多いかもしれません。

しかし、これは面接側としてはマイナスポイントになるので注意しましょう。

面接でいくら素晴らしいことが言えたとしても面接者によっては「じゃあなんでまず会社を辞めたのだろうか?」と計画性がないのではないかと思われてしまいます。

また、転職先がすぐに決まればいいのですが、場合によっては長丁場になることもあります。

最初はよくても転職活動が長引くと費用がかさみますので精神的にも疲れてきます。

そのため、第二新卒で転職する場合でもまずは転職先を決めてから退職することをおすすめします。

退職するタイミングと入社時期

実際に転職先が決まったら退職のタイミングと入社時期を考えなければなりません。

いくら経験の浅い第二新卒であっても抱えている仕事がありますので転職先が決まったからといってすぐに辞めますでは今の仕事に迷惑がかかります。

また、今携わっている仕事は退職するのであれば誰かに引き継がなければなりません。

そのため退職するタイミングや引き継ぎはしっかりと相談して決めることと入社時期も退職のタイミングで相談して決めるようにしましょう。

退職するからといって引き継ぎをいい加減にしてしまうと転職先から勤務態度などをチェックする電話が今の仕事場にかかってくることがあります。

その際に仕事をきっちりしていないと言われてしまうと折角の転職先でも評価はマイナスからスタートしてしまいますし、最悪の場合、内定取り消しもありますので注意しましょう。

第二新卒求人についてよくある疑問

新卒で働き始めた企業で思っていた仕事と違う、希望した会社に入社したものの何だか考えていたところじゃないなど新卒で無事就職できたとしても悩みはつきません。

一度就職してしまうとせっかく就職したからとズルズル勤めてしまう人も少なくないですが、中には仕事を変えたい、転職したい人もいます。

ただ、新卒で入社してすぐ転職となると自分の強みもあまりありませんし、企業に対してアピールできるものが多くはありません。

ここでは第二新卒求人についてよくある疑問をまとめてみました。

第二新卒は転職に不利ですか?

第二新卒となると正直社会人経験は浅く、あまり知識や経験が豊富というわけではありません。

ただ、企業によっては積極的に第二新卒を新たな若手として採用しているところがあります。

逆に言うと既卒や中途採用と言われる経験者枠の人材は今までの職歴で知識や経験が豊富で即戦力を期待できますが、その反面、仕事に対してのこだわりが強かったり、前はこうしてたのになぜここはこうするのかなどの違いでジレンマを感じたり雇う側としては扱いづらい人材に感じる時があります。

しかし、第二新卒は経験や知識が浅い分、ほぼ新卒同様のまっさらな状態から人材育成できるため、メリットに感じている企業もあります。

そのため、決して第二新卒が転職に不利というわけではありません。

第二新卒だと未経験の業界や職種には転職できないですか?

第二新卒だと新卒ではないので未経験の業界や職種に転職できないのではないかと考えてしまいます。

しかし、実際はそうではなく、第二新卒であったとしても未経験の業界や職種へ転職することは可能です。

むしろ若手の人材を必要としている会社が少なくありませんので第二新卒だと企業としてはやる気や熱意によっては未経験の業界であっても積極的に採用しているところがあります。

つまり、年齢を重ねると未経験の業界への転職は難しくなりますが、第二新卒だとまだ若手への投資と考えて採用してもらえる可能性があります。

第二新卒の弱みは何ですか?

第二新卒の弱みはズバリ経験の浅さと知識のなさです。

第二新卒は、社会に出た身とはいえほとんど駆け出し状態で転職活動をしているため、現職の知識や経験はあまりありません。

そのため、面接や履歴書などで実績をアピールできないことがほとんどです。

中途採用として経験者や即戦力を歓迎している業界になると第二新卒は経験がないため、弱みがネックになってしまいます。

第二新卒が求められるものは新卒と違いますか?

第二新卒が求められるものは、仕事に対して責任を持って取り組む姿勢やコミュニケーション能力です。

新卒で入社した会社を辞めて転職するので採用した側としてはすぐ辞めるのではないかとリスクを懸念します。

また、採用した後にしっかり働いてくれるかどうか、つまり仕事に対して責任を持って取り組んでくれるかどうかは第二新卒が求められるポイントになります。

他には、一度社会に出ているため、コミュニケーション能力は問われます。

それは、職場のメンバーとのコミュニケーションであったり、お客様とのコミュニケーションであったりは、企業側として第二新卒に求めるポイントになります。

そもそも第二新卒の期間はいつまでですか?

第二新卒と聞いたことがあるけど、第二新卒ってどこからが第二新卒扱いでどこからが既卒扱いになるのか意外と知られていません。

明確な決まりはないのですが、第二新卒の期間は新卒からおおよそ3年くらいが目安とされています。

つまり、新卒で採用されてから3年は第二新卒として転職活動をすることができます。

ただし、大学や学校を卒業して3年はフリーターをしていました、正社員ではありませんでしたという人の場合は、3年以内であれば第二新卒ではなく新卒として就職活動ができます。

第二新卒とはあくまでも大学や学校を卒業して新卒で就職し3年以内で退職した人になります。

第二新卒を企業はどう捉えていますか?

第二新卒を企業は、最近若手の育成株として捉えているところが少なくありません。

言い換えると社会に一度は出ているので基本マナーや仕事に対して真剣に取り組む姿勢は養われているはずなので一から教えることは必要なく、新卒に比べると教育コストが抑えられます。

また、第二新卒の場合は、20代が多いため、今後の成長株としても見込めるため、企業側としても将来の有望株として、将来を期待して採用したいところが増えてきています。

社会人になって3年で今の仕事を退職したいのですが転職にはまだ早いですか?

社会人3年ほどで仕事を転職するのは早いと感じるかもしれません。

確かに転職したい業種や会社によっては経験が必要であったり、知識が必要であったりしますので3年弱では転職には早いかもしれません。

ただ、業種や会社によっては社会人経験があれば年数が少なくても積極的に採用しているところもあります。

社会人年数が短いことに対してのメリットとしては業界の知識や業界に染まっていないところです。

つまり企業としては一から業界について教えることができますし、経験者になると今までの経験や知識が邪魔をしますが、3年ほどで転職したい第二新卒にはその傾向は少ないため、社会人3年目での転職は早くというわけではありません。

第二新卒で転職活動をするにあたり、自分の強みとして何をアピールしたらいいですか?

第二新卒というと社会人になって3年ほどなので業界に対しての知識や経験は浅く、即戦力として期待している企業はあまりないかもしれません。

そのため、面接や履歴書に何を書けばいいのか、自分のどこをアピールすればいいのかわかりにくいところです。

企業側としては第二新卒で転職活動をしてくる応募者に対して期待するのは仕事に対してどれだけ責任を持って取り組んでくれるかどうかです。

また、転職活動をする際は自己分析をしっかりし、熱意だけでなく自分の長所でも何か、短所は何かなどを把握しておく必要があります。

まとめ

第二新卒といえど、チャンスがないわけではありません。

経験が浅く知識がないために転職がダメだと諦めていた人がいましたら今一度自己分析をしてみましょう。

昨今は、色々な業界で人手不足が深刻化しています。

そのため、若手の確保は企業の課題となっています。

第二新卒であってもチャンスは広がっていますので今まで諦めていたり、転職したいけどまだ時期が早いんじゃないかと考えていたりしたら一度自分が何をやりたいか振り返ってみて下さい。

第二新卒の転職エージェント選びは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

働き方

働き方についてもっと深堀りした情報を見る

妊婦の求人にはどんなものがある?無理なくできる仕事やオススメポイントから注意点まで

妊娠中は自分自身の体とお腹の赤ちゃんのことを最優先で考えなければいけません。その上で体調がよく妊娠経過も順調なら、もちろん妊婦でも働くことは可能です。初産の場合だと妊娠中は特にやることもなく時間を持て余してしまうこともあるでしょう。体重管理もあるので、適度に動くことも大切です。そういったことから、妊娠中も働きたいと思う人も多くいます。妊婦でも安心して働ける仕事にはどんなものがあるのでしょうか。この記事では、妊婦でも働ける求人について紹介していきます。妊婦でも無理なくできる仕事にはどんなものがある?妊娠初期はつわりがあったり、中期以降はお腹が大きくなってきて動くのがしんどくなったり大変になること

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。ですから

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持ってい

契約社員求人のおすすめ職種3選やその特徴とは?正規社員求人との違いも解説!

就職や転職活動のなかで、「契約社員」での求人があることは珍しくありません。一般的には正社員としての就職を目指すことが普通となるので、このような求人を目にした場合に、どうするべきかを悩むと思います。今回は、契約社員としても魅力がある職種3つを紹介しながら、契約社員という雇用形態について詳しく解説していきたいと思います。契約社員求人のおすすめ職種3選契約社員としての求人のなかでオススメの職種を3つ紹介します!コントラクトMR医薬品に関する情報提供を行うMRは、一般的には製薬メーカーに正社員として所属することになります。ですが、新薬の発売に合わせて集中的に活動強化をするためにプロジェクト化をして、一

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種飲食店や居酒屋のホールスタッフ飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。特に居酒

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指

フリーター向け求人の中でもおすすめなバイトとは?選ぶコツと注意点も解説

フリーター歓迎のバイトはたくさんあります。その中でも楽なバイト、楽しいバイトと大変なバイトがあります。フリーター歓迎って書かれているところって実は結構忙しかったりと選んではいけないバイトもあったりします。選ぶ際の注意点とコツについても触れていきます。フリーター向け求人でおすすめのバイトフリーター向けの中でもおすすめなバイトを選出しました。フリーター歓迎でも短期的に稼ぐにはいいけれど、長期的にはおすすめしないバイトもあります。早速おすすめバイトを見ていきましょう。カフェや居酒屋などの飲食店カフェは比較的時給は安めですが、おしゃれな場所で楽しく働けます。セルフサービスカフェであればスターバックスや