現在、定時での退社を推進することで長時間労働の改善や、年間休日の増加など「働き方改革」が広まりつつある日本。

女性も活躍しやすい社会になりつつあると連日情報が飛び交っていますが、実際のところどうなのでしょうか?

女性が働く上での課題はないのか?

課題があるとすれば、何が問題なのか?

一緒に考えていきましょう!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「女性」の仕事例をチェック

女性が働く時の待遇面での課題

男女平等は当たり前!

その上、より良い待遇を推進する企業が増加しつつある今、女性が働く上で、待遇に対する課題はあるのでしょうか。

給料

会社を選ぶにあたり、かなり重要となる給料面については、やはり男女で違いが出てしまうのが現状です。

職種や正規・非正規での雇用なのか、また会社の規模によってもかなり変わってきますが、民間給与実態調査統計が発表した、平成29年度の全国平均年収は、男性が約520万円なのに対し、女性が約280万円と、その差はなんと240万円にも及ぶのです。

なぜ半分以上も差が起こるのでしょうか?

第一の要因は、勤務年数が関係すると言われています。

女性は、結婚や妊娠・出産により休職したり、区切りで退職する人もいます。

それに比べ休職・退職しづらい男性は、長時間働くことで役職を手にすることができます。

そうなれば、自然と給料事情にも差が出てしまうのです。

昇進制度や役職

「昇進」して役職を得るには、男性の方が有利ですが、女性でも頑張れば大丈夫!

やはり女性は、男性に比べると妊娠・出産などにより休職や退職をせざるを得ないことが多いため、安定して働くことは難しいですよね。

実際問題、企業側も安定を求めますので、男性を重要ポストに置く会社が過半数を占めています。

ですが近年、大手企業を中心に、女性にも平等に重役ポストの地位を与える企業が、少しずつですが増えつつあります。

勿論、仕事一筋で努力を積み重ねてきた人が役職を手にするケースが多いですが、妊娠・出産で休職を取得後、復帰しポストに就いた人も決して少なくはありません。

会社側は、努力をしている人を必ず見ていてくれます。

自分の努力次第で、昇進は出来るのです!

定年後の再就職

長寿大国日本!

長生きの時代だからこそ、生活をする為には働かなくてはいけません。

最近では、定年を60歳から65歳に引き上げる会社が増加しており、60歳はまだまだ若い世代になってきました。

「人生100歳」という言葉も出てくるほど、日本は長生きする時代に突入しています。

実際のところ、約55%近くの女性が定年後も働いていると言われています。

男性にもなると、約80%の人は働き続けているのです。

半数以上の女性が定年後も働いていることに、個人的にはちょっとビックリ!

ただしその働き方には変化が見られ、正規の社員だった人がアルバイトやパートといった、非正規の雇用形態に変わってしまう場合が、大多数を占めています。

それでも、人生100歳の時代です。

定年が65歳だったとしても、100歳まで長生きをすれば、残り35年間の生活費は年金だけでは苦しい生活になってしまいます。

年金が支給されるかどうかもあやふやな時代。

子供や孫がいたとしても、自分の身の回りの事は自分で何とかしたいから、働きたくないけど働く人が増えているようです。

女性が働く時のライフイベントに関する課題

「結婚・出産」は女性が一度は夢見る幸せではないでしょうか。

しかし、結婚・出産につきものなのが「休職や退職」です。

働く女性にとって、ましてや仕事が好きな女性にとって「休職や退職」は、出来ることなら避けて通りたい道ではないでしょうか。

休んでいる間に部下に先を越されてしまうのではないか?

復帰後はちゃんと自分の居場所はあるのだろうか?

など不安に感じる人も少なくないと思います。

現実には女性のライフスタイルによって、課題は出てくるのでしょうか?

結婚

結婚を機に仕事を離れて家庭に入りたい人も少なくありませんよね。

実際のところ、結婚後における離職率を見てみると、約30%程なのです。

しかし、結婚を機に雇用形態の見直しをする人もいます。

結婚前の正規社員の割合は、全国で約65%と言われていますが、結婚後の正規社員は約45%と、20%ほど減少してしまうのです。

その分、派遣社員やパートとして働き方を変えて、仕事と家庭を両立している人もいるということですね。

「結婚=仕事を辞める」という考えは古いのかもしれません。

妊活・妊娠・出産

結婚をすれば大抵、子供について考えますよね。

でも妊娠・出産をして、また復帰できるのか?

心配にもなりますよね。

内閣府が出している最新の調査結果では、出産後約60%の人が離職をしているとのこと。

結婚した時は、働き続けようと考えている人が圧倒的に多いのに対し、出産したらやはり仕事は辞めて、子育てに専念しようと感じる人が増えていくのです。

確かに我が子は可愛い存在!

小さいうちは一緒にいて、成長を見届けてあげたいものですよね。

また、誰しもが簡単に妊娠・出産できるわけではなく、現在では約50人に1人の方が不妊治療を受けているという調査結果を、国は発表しています。

現在では「妊活」という言葉も生まれたり、女性芸能人にも不妊治療を受けていることを告白する人が増えたりと、不妊治療に対する考え方がだいぶ変わって来たように感じます。

日本の大手企業では、長期間かかる不妊治療の間は休職扱いにしてくれる会社があったり、不妊治療でかかる費用の一部を補助してくれたり、更にはオフィスワークから在宅ワークで出来る仕事を与えてくれたりと、その援助方法は様々です。

妊娠・出産・不妊治療…どれにおいてもある程度長い期間が必要となることなので、会社からの援助があると、女性も長期にわたって安心して働けますね!

子育て中

子供が大きくなり、少しずつ親の手を離れ出すにつれて、また働きたい!と感じる人も多くなっていきます。

しかし一度ブランクがあると、もう一度働けるのか心配にもなります。

また、都心を中心に問題になっていることが、保育園に入園出来ない問題!

「保育園に落ちた日本死ね」との言葉が、2016年度の流行語大賞に選ばれたくらい、問題視されているのです。

当然のことながら、子供が入園出来なければお母さんも仕事復帰は出来ません。

そんな問題に企業側が配慮をし、出来た制度が、子育て中のパパ・ママに人気の働き方「子供と一緒に出社」出来る会社です!

出社後は、同じ建物内にある保育所で子供を預かってもらえます。

ですので、急に子供が体調を崩しても、すぐに駆け付けることができますし、仕事が遅くなっても慌てて迎えに行く心配もありません。

また、会社によっては認可・認可外関係無く保育料の補助をしてくれるところもあり、仕事復帰をしたい子育て中の女性にとっては、大変嬉しい制度となっています。

介護

子育てがひと段落すると(時には子育てと並行する場合もありますが)、次に待っているのが「介護」ですよね。

今まで育ててもらった分、親に恩返しをするという意味でも、なるべく自分の手で介護をしてあげたいと考える人も多いのではないかと思います。

仕事をしながら介護をしている人は、全国に約300万人いると言われています。

ですが、やはり介護と仕事の両立はなかなか大変なもので、毎年約10万人近くの人が離職を選択する現状にあります。

中でも女性の離職率は圧倒的に多く、その割合はなんと約8割にも及びます。

大きな要因として「自分以外に介護をできる人がいない」という声が多く上がっています。

またもう一つの大きな問題点として、再び就職がしづらいことが挙げられます。

介護をする世代は、40〜50代が一番多く、一度離職をしてしまうと再就職がしづらい傾向にあるのです。

特に男性に比べ、女性の再就職の方が難しいとも言われているのです。

そんな中、介護中の女性が再就職できるようにサポートしてくれる求人ページも存在します。

「定時で帰れる仕事」や「急な休みにも対応してくれる会社」など、介護中の人が働きやすい会社選びが出来ます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

女性が働く時の求人面での課題

女性として求人情報を探していると、仕事内容は同じなのに男女で支給される給料に違いがあったり、求人の数が少ないのはどうしてなのでしょうか?

男女平等と言われる世の中になったとは言え、まだまだ男女間での求人には課題がありますよね。

女性向けには非正規雇用の求人が多い

女性は結婚や出産などのライフイベントで、休職や退職を選択せざるを得なくなります。

会社側もせっかく雇って一から仕事を教えたのに、すぐに休まれたり辞められては、その人にかけた教育費が無駄になってしまいます。

その結果、正規社員よりも非正規での雇用求人が多くなってしまうのです。

しかし、非正規での雇用からスタートしても、その人のやる気によっては正規社員へ格上げをしてくれる会社もありますので、求人情報を見つける時の一つのポイントにしてみてはいかがでしょうか。

給料の高い求人は男性向けが多い

男性と女性での給料差は、働き方改革が見直されているこのご時世でも、なかなか改善されません。

その要因として一番最初に挙げられることは、「男性は家庭を守らなければならないから」です!

どうしても女性特有のライフイベントによって、休職や時には退職をしなければならないこともあります。

そのため、男性がポストに就くことが多くなり、自然的に給料の差が生まれるのです。

ですが現在では「主夫」という言葉が一般的になりつつあるように、男性が家庭を守り女性が働くことも珍しくありません。

また男性以上に女性が活躍している会社では、女性の給料事情が良かったりします。

勿論、仕事の内容によって給料の差は変わりますが、女性でも男性と同等又はそれ以上の給料を得ている人も中にはいます。

子育て中の女性は採用されにくい

どうしても子育てをしていると、子供の体調不良や用事などで、急に休まなければならないことがありますよね。

仕方のないことですが、会社側からすればやはり、迷惑なことして捉えられがちです。

そのため、子育て中の女性に対する採用事情は厳しくなってきます。

しかし働き方改革が見直されている昨今では「子育て中でも大歓迎」として、受け入れを行っている企業も増えてきました。

しかもフルタイムでの求人も沢山あります!

仕事内容を選ばなければ、選択肢はいっぱいあるのです。

女性の私が仕事をしていて感じる課題と、希望する解決方法

現在フルタイムで仕事をしている私は、時々というかほぼ毎日、働く上で不安に感じることがいくつかあります。

「会社の方針がこうなってくれたら仕事がしやすいのに」や「こういう制度があれば安心して仕事が続けられるのに」など、働いている人は誰でも感じることがあるのではないでしょうか。

では一体どのような会社が女性にとって働きやすいと感じられるのか、考えてみましょう。

女性特有の体調不良時の休暇

月に1度は来る月経により腹痛や頭痛が起こり、仕事を休みたいと思うこと、ありませんか。

人によっては生理痛が酷すぎて、布団から1歩も動けないこともあるほどで、大変ですよね。

また頭痛持ちの女性も多く、男性よりも女性の方が体調面においては、色々と大変なことが多いのです。

働く上でも「健康管理も体調のうちだ!」と会社側から言われますが、このような問題は対処しきれない部分があるのです。

私も片頭痛持ちで、病院に通院し薬を処方してもらい、日常生活でも頭痛を発症しないように日頃から心掛けてはいますが、頭痛が来るたびに薬を飲めば痛みが治るわけではなく、薬が効かず動けない時もあります。

症状がひどい時は、吐き気を催し、痛すぎて眠れないほど辛いです。

それでも、仕事の引き継ぎをしていないから休めなかったり、休んだとしても欠勤扱いで給料が出なかったりと、休むに休めない環境である傾向にあるため、気合だけで出社します。

希望する解決方法

これら女性特有の体調不良が起こった時は、月に1日でも良いので女性特有の休暇が欲しいと感じます。

休暇内容としては、欠勤扱いにならず、有給扱いにもならない上に、病院の診断書も必要なし。

働く女性なら雇用形態関係なく、誰でも取得できるというもの。

給料も、病欠休暇と同様に、日給の3分の2はもらえるなどの対策をしてもらいたいですね。

ライフイベントごとの徹底した手当

人生生きていれば、様々なイベントが起こりますよね。

就職後は、結婚や妊娠・出産など、女性ならではのライフイベントが待ち受けています。

特に、妊娠・出産の場合は、一時的に休職しなければならず、復帰後も同じ席が用意されている保証はありません。

そういった問題もあり、結婚後に妊娠・出産を望んでいても、諦めてしまう人がいます。

希望する解決方法

問題を解決するためにはまず、育児休暇制度をさらに定着させる必要性があるように感じます。

例えば産後に取得できる産休制度ですが、日本では8週間の取得が原則です。

ですが、その取得率は約67%!

なんと、10人のうち3人は取得していないことになるのです。

それに比べ、同じ産休8週間を取得できるドイツでは、取得率が100%だと言われています。

勿論自ら望んで取得をしない女性もいるにせよ、人手不足や仕事の引継ぎが出来ずに、取得を断念する人も少なからずいるのが現状のようです。

高齢化少子化社会が問題視されている今だからこそ、産後休業の取得率が100%になる社会づくりが必要なのではないでしょうか。

まとめ

女性も活躍できる時代。

最近では、女性がトップを務める会社も多く目にするようになりました。

上で挙げたように、女性が働く際の課題も多くありますが、女性だからこそ仕事で活かせることもあります。

例えば、細かなところまで気配りが出来たり、周囲をまとめる力があったり。

「女性だから」「ずっと主婦だったから」と諦めるのではなく、この機会に是非、自分のやりたいことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

より多くの女性が働くことにより、今回挙げたような課題が解決していくことを願っています。

女性が働きやすい仕事を見つける方法は、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

働き方

働き方についてもっと深堀りした情報を見る

嘱託社員とは?会社での役割や正社員との違い、給料・働き方などを詳しく解説します!

求人広告や求人サイトで求人を検索していると「嘱託社員」という文字を見たことがあるかもしれません。正社員は、フルタイムの労働雇用形態、契約社員や派遣社員は期間を決めて雇用してもらう労働形態ですが、嘱託社員は何かいまいちわかりません。嘱託社員は、他の勤務形態に比べて何が違うのか、どうやったら嘱託社員になれるのか、嘱託社員の役割は何かなど色々な疑問があることでしょう。嘱託社員とはそもそもどういう雇用形態なのか、嘱託社員として働くメリットやデメリットは何なのか、契約社員や正社員などとの違いについて今回は、紹介していきます。嘱託社員とは?まず嘱託社員とは、契約社員や派遣社員同様、非正社員の雇用形態です。

妊婦の求人にはどんなものがある?無理なくできる仕事やオススメポイントから注意点まで

妊娠中は自分自身の体とお腹の赤ちゃんのことを最優先で考えなければいけません。その上で体調がよく妊娠経過も順調なら、もちろん妊婦でも働くことは可能です。初産の場合だと妊娠中は特にやることもなく時間を持て余してしまうこともあるでしょう。体重管理もあるので、適度に動くことも大切です。そういったことから、妊娠中も働きたいと思う人も多くいます。妊婦でも安心して働ける仕事にはどんなものがあるのでしょうか。この記事では、妊婦でも働ける求人について紹介していきます。妊婦でも無理なくできる仕事にはどんなものがある?妊娠初期はつわりがあったり、中期以降はお腹が大きくなってきて動くのがしんどくなったり大変になること

妊婦が働く際の11つの注意点。妊婦でも働く環境を整えるために。

現在では妊娠しても仕事を続ける人が多く、妊婦でも働ける環境が整ってきています。それでもやはり妊娠前とは心も体も違うので、働き方や仕事を続けていく上での注意点もあります。出産後も同じ会社で働くなら、なおさら妊娠中はできるだけ迷惑をかけないよう気を使わないと、と考える人も多いでしょう。周囲への気遣いと、そして何より自分とお腹の中の赤ちゃんがすくすくと育っていくように、妊婦が働く際の注意点にはどんなことがあるのでしょうか。妊婦さんが働く上で11つの注意点とは?妊娠中はそれまで生きてきた自分の心や体が激変する期間です。妊娠中期以降、お腹が大きくなってくると妊娠している実感が湧き、周囲の人も妊婦さんへの

妊婦が仕事に行きたくない時によくある原因とその乗り越え方。

ひと昔前と違い、最近では「結婚」しても仕事を続ける人がほとんどです。「出産」を機に退職する人は今でも一定数いますが、「妊娠中」はできるだけ仕事を続けようと思っている人は少なくありません。そして妊娠・出産後も仕事を続けていくという人はそれ以上に多くなってきています。つまり妊婦でありながら仕事を続けるという人がほとんどなのですが、仕事に対する考え方や働き方は妊娠前とまったく同じというわけにはいかなくなります。妊娠は体調面でも精神的にも大きな影響を与えるので、仕事に行きたくないと思うことも多くなるかもしれません。それでは、妊婦が仕事に行きたくないと思う理由や、そう思ってしまう場合にはどのように乗り越

妊婦の仕事で在宅でできるものにはどんなものがある?仕事内容からオススメポイントまで

妊娠を機に退職したという人は、それまでの仕事をしていた生活とはまったく違ってやることもなく自宅に引きこもりがちになってしまい、暇なことが辛かったり時間を持て余してしまうこともあるでしょう。在宅ワークは、体調に波があったり外に出歩くことが大変な妊婦にはおすすめの仕事です。そこまで大きな稼ぎにはならないかもしれませんが、初心者でも始めやすく、コツを掴めば効率よく稼ぐことができるようになる人もいます。しかし、在宅ワークのメリットでもある自由さは、しっかり自制しながら仕事に取り組まないと逆にデメリットとなってしまいます。それでは、妊婦が在宅でできる仕事について、注意すべき点や仕事内容などをご説明してい

フリーターで辛い7つのことと仕事に就くためにやるべき6つのこと

自由なイメージが強く、魅力的に映ることが多いフリーター。時間も自由、働き方も自由、就職や転職も自由、責任の重い仕事も任されない…なんだか夢のような話に聞こえますよね。しかし、自由だからこそ辛いこともたくさんあります。今回はフリーターを希望する方のために、フリーターとして働く上で辛いことについてご紹介いたします。本当にフリーターになってもいいのか、もしくはフリーターのままでもいいのかぜひ考えるきっかけにしてみてください。また、その上でフリーターを辞めることを決めた方のために、就職するために必要なステップについてもご紹介。じっくりと自分と向き合ってみてください。フリーターで辛い7つのこと一見なんの

フリーターとして働く10つのメリットとは?

自由な生き方が推奨される現代で、注目を浴びつつあるのが「フリーター」という働き方。正社員として企業に所属することがないため自由度も高く、夢を追う人などにはもってこいとも言えるでしょう。とはいえ、本当にフリーターとして働いていいものなのかは不安がつきまとうところ。今回はフリーターとして生きていくことを考える人のために、フリーターのメリットについてご紹介いたします。そもそも、フリーターとは?フリーランスアルバイターの略称。決まった職につかず、アルバイトなどで収入を得ている人のことを指します。フリーターとして働いている人達にはどんな人が多い?一般的に「フリーター」と呼ばれる人には、どのような方が多い

40代フリーターが正社員を目指すための4つの方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

20代・30代の頃にはよかったけれど、40代になってフリーターであることに不安を感じるようになったという人もいるのではないでしょうか?できることなら正社員を目指したい!と考えてはみるけれど、新卒でなければ難しい?今からだと遅い?今からでも遅くない!20代の人とは違った就職活動の進め方を知っていれば大丈夫です。40代だからこそできる就職活動をしていきましょう。40代フリーターが正社員を目指すには、どうしたらいい?正社員ではなく、フリーターをしている理由はなんなのでしょうか。なぜフリーターになったのかということと、フリーターを続けている理由をこの際しっかり考えてみませんか?今後の就職活動をしていく

妊婦の仕事おすすめ13選。妊婦でも無理なくできる仕事からバリバリ稼ぐ仕事まで

結婚したら専業主婦になって楽に暮らしたい!そう考えている人がいる一方、結婚・妊娠してからも仕事をしたいと希望する妊婦さんも多くいらっしゃいます。子供の将来のためにもなるべくお金を稼ぎたいと考えるのは当たり前のことですよね。最近では職場に妊娠を伝えた後も、体調をうかがいながら出産ギリギリまで働く人も多いようです。ではどんな仕事なら妊婦さんでも働くことができるのでしょうか?今回は妊婦の仕事で無理なく働けるものをまとめてみました!これから妊娠を考えている人や妊婦さんはぜひ参考にしてみてくださいね!妊婦におすすめの仕事の特徴 妊婦さんは体を第一に考えなければいけませんよね!立ち仕事や寒い場所での仕事は

第二新卒求人の募集内容は?退職理由を聞かれたら?転職の際に注意すべきポイント教えます

新卒で就職したものの思っていた会社と違ったとかやりたいことが違った、もしくは1年2年と勤めてみたけどやっぱり他の仕事がしてみたいと思うかもしれません。中にはとりあえず3年勤めたら転職しようと考えている人もいます。他には新卒で勤めた会社と違うところへもともと行きたかったなど、様々な希望があって転職を考えている人がいます。今までは新卒と既卒という扱いで採用情報が掲載されているケースがあり、新卒で就職を逃すと中途採用はほとんど経験者優遇かブラック企業でないと未経験者を積極的に雇ってくれるところはありませんでした。しかし、ここ最近は第二新卒と称して社会人経験を少し摘んだ若手を積極的に採用しようとする動

30代フリーターが正社員を目指すための5個の方法、おすすめの仕事と面接時の注意点とは?

最近は大学卒業後もフリーターとしてアルバイトで生計を立てる人も多く、正社員以外の働き方を選ぶ人が増えています。その理由としては働く時間や服装の自由がきくこと、休みを取りやすいなど様々な理由があるようです。夢を追いながら劇団員やミュージシャンとして活動しながら、足りない生活費をアルバイトで稼ぐという人もいます。20代まではそれでも良いかもしれませんが、30代になると将来のことを考えてこのままフリーターでいいのだろうか…と自問自答する人もいるでしょう。正社員として働くといろいろと制約があると考えてしまうかもしれませんが、やはりそれ相応の安定と保証があります。慣れるまでは大変かもしれませんが、社会人

一生フリーターとして生きていく!持っておきたい心構えと備えておきたい8個とのこととは?

アルバイトは社会や企業から見てもとても大きな労働力であり、必要不可欠な存在です。常に人材の募集が行われており、特に若年層の労働力は重宝されています。また、最低賃金の引上げなどから、アルバイトでもある程度のお金を稼ぐことが可能になりました。そんなアルバイトで生計を立て、正規雇用や学業に就いていない「フリーター」も多く存在しています。しかしフリーターは一過性のものであると考えている人が多く、一生フリーターとして生きていくと考えている人はあまり多くはいません。ここではフリーターのメリットとデメリット、持っておきたい心構えと備えておきたい事柄をご紹介します。一生フリーターで生きていくってどうなの?フリ

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

女性が働きやすい職場の5個の特徴と、失敗しない職場の選び方とは?

スポーツ界や政界、芸能界など業界を問わず、女性の活躍が目覚ましい昨今。それは我々一般人が働く社会も然りです。以前に比べれば総合職でバリバリ働く女性や、管理職の地位につく女性も増えてきました。総合職でなくても、子育てや家事など家のことと両立しながら働き続ける女性も多くいます。そんな素敵な女性が増えてくると、「私も働き続ける女性を目指したい!」と考えるひとも増えてくるかもしれませんね。そこで今回は、女性が働きやすい職場とはどのようなものかについて解説したいと思います。復職や転職を考えているという方、ぜひ参考にしてみてください。働きやすいってどんなこと?「働きやすい会社がいい」という希望はよく耳にし

ワークライフバランスが実現できる職場の5個の特徴と、そういう職場を探す方法とは?

ここ最近、耳にすることが増えた「ワークライフバランス」という言葉。この記事を読んでいる皆さん中にも、耳にしたことがあるという方が多いと思います。もしくはすでに実践されている、実践したいと考えている方もいるかもしれませんね。そこで今回は「ワークライフバランス」という言葉が持つ意味や、それを実現するための仕事探しについて解説いたします。「ワークライフバランス」について考え始めた方、もしくは今の会社でワークライフバランスを保つのは諦めたという方も、ぜひ参考にしてみてください。ワークライフバランスってどういう意味?「ワークライフバランス」とは、その名の通り「仕事」と「生活」のバランスのこと。仕事ばかり

契約社員を辞めたい…と感じる人の10個の理由と乗り越え方とは?

仕事が嫌になったり、人間関係に疲れたり、仕事で失敗したりとせっかく契約社員として採用された会社を辞めたいと思うことは少なからずあると思います。また、正社員登用制度があるので、契約社員として入社したのに何年も必死に頑張っているのにいつまで経っても正社員にしてくれないので、そういう会社の姿勢に嫌気が指して、もう会社を辞めたいと思っている方も多くいらっしゃると思います。契約社員を取り巻く環境は今や社会的な問題と言っても過言ではないほど大きな問題となっています。にも関わらず、この問題を積極的に解決していこうという社会的な取り組みはほとんど見受けられません。企業も率先して契約社員で働いている方々の労働環

契約社員から正社員になるためにやるべき2個のこと

現在、契約社員として働いていて、正社員としての雇用形態を目指して転職活動などを行っている人も多いのではないでしょうか?契約社員として働くことには、就業条件などにおいて正社員と比較し、退職金の制度が適応されなかったり、将来的なキャリアパスが所属企業内では描き切れないというデメリットがあったり、常に次のキャリアを考えながら仕事をしなければいけないという精神的な不安定さが隣り合わせにあるという点がリスクとなり得るものです。今回は、契約社員として働くなかで、正社員になるためのポイントについて解説をしたいと思います。契約社員から正社員になるために必要なこととは?契約社員から正社員になるために必要なポイン

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。ですから

契約社員になるには?契約社員のなり方、正社員との違いなどを詳しく解説します

最近の求人募集でよく見かけるのが契約社員という文字。アルバイト、パート、派遣社員という言葉には馴染みがあると思いますが、契約社員という働き方を詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?最初に思い浮かぶ疑問は「正社員とどう違うの?」ということだと思います。その他にも保険などの保証はあるのか、お給料に違いはあるのかなど不明点が多いですよね。今回は契約社員のなり方やシステムについて詳しくご説明したいと思います。契約社員って何なの?正社員とはどう違うの?契約社員は正社員と何がどう違うのでしょうか?条件や待遇などの違いをしっかりと把握して、自分にはどちらの働き方があっているのか見極めてみてください

契約社員のメリットやデメリットとは?契約社員がどんな人に向いているのか詳しくご紹介します

最近派遣社員と同じくよく聞くようになったのが契約社員という言葉です。契約社員とは簡単に説明すると就業期間が決まっている社員のこと。契約期間が終了する時点で会社側がまだ続けて欲しいという場合は契約を更新することもあり、本人が辞めたければそこまでというある意味都合の良い働き方と言えます。実に現代社会ならではの働き方ですよね。保証や安定よりも自分らしく自由に働きたいという思考の人に向いている働き方と言えるでしょう。今回はそんな契約社員のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかを詳しく説明していきたいと思います。契約社員として働くメリットとは?まず契約社員を選ぶ人たちは、正社員と比べてどのような

地方で働く5個のメリットと注意点。鹿児島・福岡で働いている私の感想

最近は、大都市を離れて子育てや、ゆとりある生活にしていく為に地方の田舎暮らしを始めたり、都会での息苦しさから解放され、自然の環境に身を置く事で自分のやりたいことを再確認する為に地方へ移り住むことを考えている方もいらっしゃいます。移り住む理由は様々ですが、何の知識もなく移住してしまうと苦しい思いをするだけなので情報収集はしっかりとしましょう。今回は、自身が住んで経験した福岡と鹿児島を比較してみようと思います。少しでも地方で働くことに興味を持って頂けると嬉しいです。地方で働くメリットとは?忙しさに翻弄されて仕事していると、心に余裕が無くなってきて滅入ってしまいますよね。旅行などで地方を訪れた時に自

働きやすい職場の8個の特徴。自分にあった職場を見つけよう!

働きやすい職場とは?一概にどんな職場がいいのかは個人の感じ方によっても当然違ってくるとは思いますが、それでもやはり誰もが働きやすい職場がいいと思いますよね!せっかく仕事をするなら楽しく働きやすいところを選びたい。でも、働きやすい職場とはどういうことを指すのかわからない。ここでは働きやすい職場で仕事をするメリットも押さえながら、一体どんな職場がいいと言えるのかを詳しくご紹介します。働きやすいってどんなこと?働きやすいとは主に、仕事に対するモチベーションが保ちやすいことを指します。モチベーションが下がらないのでひとつひとつの仕事に集中しやすく、作業効率が高くなります。働きやすい職場では心や身体を壊

楽しく働くための5個のコツとは?仕事が嫌な時もあるけど乗り越えて楽しむ方法を紹介します

仕事が楽しいと思えるか思えないかは人それぞれですが、どうせやるのであれば楽しく働きたいですよね。ですが楽しく働くといってもいざ仕事をすると嫌だなと思ったりつまらないなーと思ってしまうことが多いのではないでしょうか。また理不尽な扱いを受けたりノルマがきつかったりすれば楽しむ余裕もなくなってきます。ここでは仕事を楽しく働くためにどうしたら、どのような工夫をしたら良くなるのかをご紹介していき、毎日働く皆さんの役に立てたらと思っています。参考になる情報があれば持って帰っていただけると幸いです。仕事が嫌な時ってどんな時?楽しく働くためにはまず仕事が楽しくないとき嫌な時を知る必要があります。仕事が嫌と思う

契約社員の有給って取りやすい?法律事務所の有給や福利厚生について解説します

契約社員は派遣社員と異なり会社と直接雇用契約を締結するので、一定期間働くと有給休暇を取得できます。法律事務所である以上、法令遵守の精神はしっかりとしている事務所がほとんどであるため、有給休暇が取得できないということはありません。ただ、それと有給休暇取得のしやすさは事務所によって大きく変わってきます。そこで今回は、法律事務所における有給休暇取得のしやすさや、福利厚生制度について見ていきたいと思います。契約社員の有給って取りやすい?まず、契約社員だからと言って、有給休暇を取りづらいといった事情はありません。もちろん、職場ごとに有給休暇を取得するのが好ましい日にちと好ましくない日にちがあるでしょう。

契約社員求人でよくある募集内容をご紹介!注意点は?求人を探す前にぜひご覧下さい!

契約社員求人の募集に目が留まった方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。契約社員として働くにはどのような募集があり、自分に合った仕事はどう見つければいいのかをここではお話しさせていただきます。契約社員として働くために必要なポイントについてや、求人の募集内容から採用の際に気をつけるべき点にも触れていきますので、様々な注意点を把握して自分に合う求人を上手に選びましょう。契約社員求人にはどんな種類があるの?契約社員の求人を見ると推定年収、勤務地、会社名、職種を選択できることがほとんどです。そのなかで自分に合ったものを選択して、仕事を探します。では、具体的にはどのような施設や事業形態が多い

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

なぜ地元で働きたいのか。地元で働くメリットやデメリット、働いていてよかったこととは?

地方に住んでいる人にとって、一度は都会にと考える人は多いと思います。でも慣れ親しんだ地元を離れるのも怖いと感じる人も多いです。私は田舎に住んでいましたが、東京に出て仕事をした経験があります。なぜ地元で働きたいのか、その時に感じたことをふまえて、今回地元で働くメリットやデメリットをご紹介していきます。何故地元で働きたいのか?自分は絶対に地元を離れないと思う人もいると思います。実際、私は違いましたが、私の友達はそう考える人でした。そういう人達は何故地元で働きたいのかというのにはいくつか理由があります。地元の生活が慣れているから、他での生活をするのが怖いや、友達をいちから作るのが大変だからなどがあり

地元で働くのがおすすめな5個の理由とは?実際に働いてみて感じたことを紹介します

地方に住んでいると都心や都会で働いてみたいと憧れを持つこともあると思います。事実、大学や就職先に都心などを選ぶ人も多く、都心で働くことは地方の人間にとって一つのロマンでもあります。ですが上京していった人達がみんなそこで生涯を過ごすわけではありません。中には戻ってくる人も多くいます。戻ってくるということはやはり、地元のほうがいいと感じたのでしょう。ここでは地元で働くことの良さだったりをご紹介していこうと思います。実際に地元で働いてみて、私はこんなことを感じました!地元で働くとその仕事内容や職種にもよりますが、とにかく顔見知りが増えます。接客業であれば職場の人からお客さんですよね。お客さんからすれ

契約社員と正社員の違いとは?向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します

契約社員と正社員の違いとは?向き不向きやそれぞれのメリット・デメリットを解説します。契約社員と正社員は雇用形態の違いから、そこまで詳しく調べることもなく、多くの人が正社員のみを見ているのが現実です。しかし、自分に合った働き方というものはもっと多種多様なものであるはずです。今回は契約社員と正社員の違いから、その向き不向きをメリット・デメリットという点から見ていきたいと思います。契約社員と正社員の違いとは?契約社員は期限が定められている社員のことをいいます。正社員は契約社員とは異なり契約期限というものがありません。そのため、両者の違いで最も顕著なのが、契約期間であるといえます。また、契約社員と正社

契約社員の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

契約社員の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します。契約社員は正社員と比べてどのような点で違いがあるのでしょうか。契約社員として働く前におおよその給与や、その後の会社における契約社員の仕事内容、給与が上がるための方法まで見ていきたいと思います。契約社員の給料の相場はどのくらい?平均給与は20万円前後契約社員の平均給与は年収で270万円ほどというデータがあります。契約社員はボーナスがないので、月収は20万円ちょいくらいとなります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与契約社員に対して会社は基本的に賞与を支払うことはありません。そのため、この点が年収におい

契約社員で働くメリットとは?良い求人・悪い求人の見極め方もご紹介します!

まず契約社員とは企業と期間を限定して雇用契約を締結して、労働ををする労働者のことをいいます。正社員との違いとしては、雇用期間の限定という点で大きく異なります。他にも、労働時間や勤務地、仕事内容や給与、賞与の点でも違いがあります。それらの違いから一般的には正社員で入社できるのならば、契約社員よりも正社員で入社した方が良いというのが当然とされています。それでもなお、契約社員という雇用形態があるのは会社側の都合もあるでしょうが、労働者としてのメリットがあるからです。今回は、そんな契約社員のメリットについて見ていきたいと思います。契約社員で働くメリットとは?契約社員は、正社員と異なり雇用期間が決まって

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持ってい

正社員に採用されたいなら!採用担当者が教える正社員に採用されやすい人とは

皆さんこんにちは。有効求人倍率が1倍を超える好景気に沸く現在の日本において、パートタイムやアルバイトなど、おそらく仕事を探すだけであれば比較的見つけやすい状況であると言えますが、バブルの崩壊後の経済において、非正規社員の活用により発展してきた日本企業の中で、正社員への登用は、未だに狭き門として見なされており、新卒採用を除けば、この好景気の中でも就職しにくい環境にあると言えます。ただ働くだけではなく、将来に向けての安定や、やりがいのある仕事を続けていく為には、やはり正社員として採用され、仕事をすることが1番の近道になると思います。今回はそんな正社員のお仕事について、その内容や向いている人など、紹

フリーターが正社員を目指すためにやるべき6個の事と、狙い目な会社や職業とは?

フリーターをしていて正社員になりたいと思った時に「フリーターでも大丈夫なのかな?」と不安になりますよね。それでもそろそろ正社員にならないといけないプレッシャーや、フリーターでいることの辛さを考えると1日も早く正社員になりたいものです。そんなあなたに、フリーターが正社員になるために心得ておきたいこと、フリーターと正社員の違いを改めてご紹介します。正社員になりやすい職種もご紹介するので、そこから狙っていきましょう。フリーターから正社員を目指す3個の理由フリーターをしていると正社員になった方がいいのかな?という不安と、それでもフリーターの方がいいのではないか?という気持ちが混じりますよね。今回はそん

働くママは人気の仕事はどんなものがある?おすすめの働き方や仕事探しのポイントを紹介します

結婚したら仕事を辞め、家庭に入る――そんな習慣は今は昔。今では結婚後も仕事を続けるだけでなく、出産してもなお働き続けるという女性がたくさんいます。家事・育児に追われながらも仕事もこなす姿が、たまにテレビドラマやドキュメンタリーで特集されていたりしますよね。一度は見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。そんなパワフルな女性を、国もバックアップしようとする動きがあります。事実、2016年4月には「働き方改革」の一環として、女性をより活躍させようという「女性活躍推進法」が施行されました。これは裏返すと、”日本には女性の力が必要”ということ。つまり、今こそ女性が出ていく時なのです。とはいえ、

契約社員求人のおすすめ職種3選やその特徴とは?正規社員求人との違いも解説!

就職や転職活動のなかで、「契約社員」での求人があることは珍しくありません。一般的には正社員としての就職を目指すことが普通となるので、このような求人を目にした場合に、どうするべきかを悩むと思います。今回は、契約社員としても魅力がある職種3つを紹介しながら、契約社員という雇用形態について詳しく解説していきたいと思います。契約社員求人のおすすめ職種3選契約社員としての求人のなかでオススメの職種を3つ紹介します!コントラクトMR医薬品に関する情報提供を行うMRは、一般的には製薬メーカーに正社員として所属することになります。ですが、新薬の発売に合わせて集中的に活動強化をするためにプロジェクト化をして、一

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際の所どうなの?大変といわれる噂の業務内容の実情を知っておきたいですよね。ここでは、フリーター歓迎のバイトのさまざまな職種や、その中でもおすすめなバイトまでしっかりご紹介していきたいと思います。また、面接の際のポイントも解説していきますので、これからバリバリ働いてお金を稼ぎたいなんて方にはおすすめな情報満載です。さまざまな経験を積めるのはフリーターの特権なので、自分に合うバイトを見つけてみましょう。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働き

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指

フリーター向け求人の中でもおすすめなバイトとは?選ぶコツと注意点も解説

フリーターの求人探しのコツをここでは詳しくお話しさせていただきます。フリーター歓迎って書かれているところって実は結構忙しかったりと自分に見合わないバイトだったりします。その中でも自分のためになるバイトをフリーターの経験でしていきたいですよね。ここでは、フリーターにおすすめバイトをご紹介させていただきます。バイト探しのコツや注意点を把握してフリーターの働き方を充実したものにしましょう。フリーター向け求人でおすすめのバイトフリーター向けの中でもおすすめなバイトを選出しました。フリーター歓迎でも短期的に稼ぐにはいいけれど、長期的にはおすすめしないバイトもあります。早速おすすめバイトを見ていきましょう