地方に住んでいると都心や都会で働いてみたいと憧れを持つこともあると思います。

事実、大学や就職先に都心などを選ぶ人も多く、都心で働くことは地方の人間にとって一つのロマンでもあります。

ですが上京していった人達がみんなそこで生涯を過ごすわけではありません。

中には戻ってくる人も多くいます。

戻ってくるということはやはり、地元のほうがいいと感じたのでしょう。

ここでは地元で働くことの良さだったりをご紹介していこうと思います。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際に地元で働いてみて、私はこんなことを感じました!

地元で働くとその仕事内容や職種にもよりますが、とにかく顔見知りが増えます。

接客業であれば職場の人からお客さんですよね。

お客さんからすれば店員の顔なんて見なかったり覚えることはないかもしれませんが、接客をしているとお客さんの顔を見て仕事をしています。

ですから休日なんかにどこか出掛けていると どこかで見たなーという人が増えてきます。

たまに相手側も覚えていて軽く会釈をするなんてこともあります。

顔見知りが増えることに抵抗がある人も多いかもしれませんが、私は仕事を通して顔見知りが多くなっていくことが知り合いが増えていくようで楽しかったです。

地元で働くのがおすすめな5個の理由とは?

地方で働く人の中には上京して戻ってきた人もいます。

またそれとは反対にずっと地元にいる人もいます。

地元にいるのも戻ってくるのも含め、いずれも地元がいいと思うから地元に身をおいているんだと思います。

ここからは地元で働くオススメな理由をいくつかご紹介していこうと思います。

地方から出たことのある人や出ていった人のなかには納得するような理由もあるかもしれません。

居心地がいい

やはり地元は居心地がいいです。

見慣れた景色に懐かしい匂い。

少し地元を離れて生活を送るとどうしても懐かしくなってしまうものです。

ホームシックとまでは行かなくてもほどよい田舎感というか、ふるさと感が恋しくなってしまいます。

地元を離れると最初は新生活にドキドキしたり、期待で胸を膨らませていたりしましたが、少し慣れてくるとどこか居心地が悪かったり落ち着かなかったりするものです。

新天地の色に染まるまでは時間がかかりますからその間は地元に戻りたくなってしまいます。

また地元のアットホームな感じが好きな人には地元で働くことをオススメします。

通勤が楽

都心や都会では通勤が大変です。

電車に乗ればたくさんの人ですし、家賃を抑えるのに最寄り駅から遠いために早く家を出たりと通勤に一時間以上をかけている人なんてざらにいるでしょう。

人も多くて疲れますし、通勤ラッシュや帰宅ラッシュの時間帯は最悪です。

対して地元であれば電車が頻繁に来ることはないかもしれませんが、車で快適に通勤することができます。

地元にも通勤ラッシュや帰宅ラッシュはあれど都心ほどのものではありません。

そのため地元であれば通勤が楽です。

仕事でもストレスがかかるのに通勤でもストレスをかけるなんて考えられません。

と言うかたには是非とも地元で働くことをオススメしたいです。

電車よりも車通勤のほうが圧倒的に楽です。

家族や友達と近くにいれる

地元を離れてしまうとどうしても家族や友達とは以前のように会うこともできなくなってしまいます。

これはしょうがないところかもしれませんが、一人新天地で頑張るというのはかなりの勇気が要りますよね。

家族や友達の存在は相談事や、遊んだりと気持ち面でも大きな支えとなります。

それが一切ない状況では頼りどころがなくつい気持ちも不安定になりやすいです。

携帯でいつでも連絡が取れると言っても文章のやり取りや声だけのやり取りよりも直接会うことには敵いません。

また恋人がいれば遠距離になってしまいます。

遠距離では互いに寂しさや不満も大きくなります。

地元で働くのであればこれらの不安や心配、孤独感は一切ないのです。

どうでしょう。

これを聞いただけでも少し地元が恋しくなったりするのではないでしょうか。

もしそう思ったのであれば地元で働くことをオススメします。

貯金ができる

地元を離れて一人暮らしをするとものすごくお金がかかってしまいます。

家賃から光熱費、食費、生活費など日々のやりくりに苦労している人も多いのではないでしょうか。

おまけに家のことだったり家事も全て自分でやらないといけないわけで、時間と体力がいくらあっても足りないですよね。

給料をもらっても自由に使えるお金が少なければ日々の生活のモチベーションも低下してしまいます。

また貯金なんてろくにできないでしょう。

ですが地元であれば、一人暮らしをする必要もないですし、生活費を家に入れたとしても充分に貯金もできます。

大人になって実家暮らし?と思うかもしれませんが、貯金をするためにはこれが一番確実なのです。

やはり人間お金がないと生きていけません。

いつ出費がくるかもわからないため常に貯金をしておく必要はあるのです。

地元で働かないと貯金ができないというわけではありませんが、一月あたりに貯めることのできる金額が大きくなるということです。

人間関係を築きやすい

一人新天地に行って一から人間関係を築くというのはとても難しいことです。

ただ、これは個人差が大きく出るとは思います。

人見知りをするしないでも全然違いますし。

人見知りをしない人、誰に対しても気さくに話せる人なんかは一からでも上手に人間関係を築いていけるかもしれませんが、人見知りをする人はそう簡単にはいかないですよね。

慣れるまでの間はアウェイ感も強く感じることでしょうし、なかなかいい関係を築けなかったり、苦労することも多いです。

地元ではその心配は少ないでしょう。

既にこれまでの人生で築いてきた人間関係もありますし、アウェイ感も感じないので人間関係を築きやすいです。

人間関係は仕事よりも重要かもしれません。

よい関係を築けずにいじめにあうことも少なくありません。

より良い人間関係を築くことが充実した社会人生活を送るための秘訣なのかもしれません。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

地元で働くのが向いている人とは?

地元を離れて人の数が多い中、戻ってくる人もいます。

ここで一つの疑問が出てくるんです。

どうして戻ってきたのだろうと。

都心で働いているとことを夢見て上京していったのにどうして戻ってきたのだろうと。

本人にはきっと様々な事情があるのでしょうが、端からみたらこう思うのは普通のことです。

そこで一つのことに気づきました。

都心で働くにも向き不向きがあるのではないか と。

そりゃ環境も全く違うところで働く訳ですから向き不向きはあると思いました。

では戻ってきた人はきっと地元で働くほうが性にあっていたんだと思うんです。

Uターンして戻ってくるのも一つの勉強にはなると思いますが、できることならUターンしないほうがいいですよね。

ここからは地元で働くほうが向いている人についていくつかご紹介していこうと思います。

地元が好きな人

地元が好きな人というのは当然地元で働くほうが向いています。

家族が近くにいて、友達とも会える。

見慣れた地形や通いなれたお店など地元にはたくさんの温もりがあるんです。

その温もりが好きだという人は案外多いように思え地元愛が強い人です。

ただ、悪い言い方をすればぬるま湯です。

自分が居心地のいいところにいて、特別挑戦もせず、向上心も持たずにその日その日を楽しんで生きていく。

これ以上のぬるま湯はないでしょう。

ですがそれがいいという人もいます。

物事には必ず表と裏があるように答えは一つではないですから。

地元が好きで仕事で挑戦して向上していくよりも、慣れ親しんだ仲間と楽しく遊んだり飲んだりするほうがいいという人には地元で働くほうが向いていると思います。

人生において何に価値を見出だし、何に重点を置くかは人それぞれで、そこに正解も不正解もないのです。

自分の気持ちに正直でいることが正解なんだと思います。

ストレスに弱い人

都心や都会ではストレスばかりです。

一度でも遊びにいったことのある人なら分かるかと思いますが、どこに行っても人人人。

ものすごい人の数ですよね。

地元にいたらこんな大勢の人に出くわすなんてことは滅多にないことです。

最初は人に疲れてしまうことでしょう。

これだけでもかなりのストレスです。

では何故そこで暮らしている生活している人は大丈夫なのかというと慣れです。

ただただ慣れているだけなのです。

でもそれは気付いていないだけで大きな精神的ストレスになっていることが多いのです。

他にも通勤時にはストレスがかかります。

仕事が忙しくてストレスがかかります。

ストレスに弱い人の場合は恐らくこれらのストレスに毎日耐えていくことが厳しいのではないかと思うんです。

大きな精神的ストレスは鬱病などの精神疾患にも繋がりかねませんから自分はストレスに強くないという人は地元で働くほうが向いていると思います。

都心に憧れを持っていない人

上京していく人のほとんどが都心に憧れを持っていることが多いです。

そりゃ都心は華やかなイメージだったり、人も多くてお店も多くて、日本の心臓部ですからそりゃ憧れを持つ人も多いです。

だからこそ働き場所として都心を選ぶのです。

わざわざ不便なところに自ら進んでいくのです。

憧れがないわけがありません。

一見公共交通機関も豊富だし、お店も豊富で何でも揃う、遊ぶ場所もショッピングする場所も何でもあるように見えて便利かと思いますが、満員電車は便利ですか?

お店がたくさんありすぎて便利ですか?

人は選択肢が多ければ多いほど迷い、不便さを感じることもあるのです。

憧れを持つことは自由だし素晴らしいことですが、特別憧れを持っていないのであればわざわざ上京していくよりも地元に残って楽しく仕事をしていくこともアリかもしれませんね。

早く出世したい人

人が多ければ多いほど企業の規模と言うのは大きくなります。

大きくなればなるほど出世までの道のりというのは遠くなります。

これは当然のことなのですが、同じ会社でも1000人規模と100人規模の会社とでは人数だけを見たときに後者のほうが出世しやすいのは言うまでもないと思います。

都心もほうが競争率も激しいですし、自分よりも優秀な人間というのはざらにいます。

そのなかで切磋琢磨していくことも素晴らしいことですが、単純に出世だけを狙うのであれば地元のほうが狙いやすいのです。

また今は肩書きを気にする人が多い世の中です。

大きな会社で平社員よりも地元企業で部長のほうが人のみる目は変わってきます。

もちろん仕事は出世や肩書きが全てではないのですが、企業に属する限りはより良いポストに就きたいと思うのは普通のことでしょう。

早く出世を狙うのであれば地元で働くことが近道かもしれません。

転勤が嫌な人

都心の企業はだいたい地方にも数多く支部を抱えていることが多いです。

そのため、数年すると転勤で県外に行くと言うことは良くあります。

転勤以外にも出張で出ることも多々あるかもしれません。

それが苦じゃないという人はいいかもしれませんが、せっかく上京したのに結局地方に行くのかと落胆してしまう人もいるかもしれません。

転勤になればまた一から築き上げていく大変さもありますし、人によっては単身赴任になるかもしれません。

転勤の辞令に抗うことは会社員にはできないことです。

それに対して地元企業の場合は支店があっても県内にあることが多いです。

また地元企業の場合は転勤自体がないことのほうが多いので、今の場所でしっかりと腰を据えて働くことができます。

どちらがいいのかは個人差ですが、一つのところに腰を据えて働きたいのであれば地元で働くことがオススメです。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ここまで地元で働くオススメな理由などについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

地元で働くのか、上京して働くのかは人それぞれ選択肢があっていいと思います。

地元でしかできないこともあれば出ていかないとできないこともあります。

自分が何をやりたいのかによって活躍の場所は変わってくるんだと思います。

ですから地元で働くも上京して働くも自由です。

ただ、この記事のなかでもご紹介したように上京して一人で生きていくというのはとても大変です。

頼れる人も場所もなく一から自分で築き上げていく大変さは創造を絶することでしょう。

時には心が折れてしまうこともあるかもしれません。

ですがそこを踏ん張れないようでは一人で頑張っていくことは難しいかもしれません。

やりたいことのために上京して頑張ると決めたのであれば、自分が納得するような結果が出るまで根気強く諦めずに、反骨心をもって生きていくことが大事なのかもしれません。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

働き方

働き方についてもっと深堀りした情報を見る

妊婦の求人にはどんなものがある?無理なくできる仕事やオススメポイントから注意点まで

妊娠中は自分自身の体とお腹の赤ちゃんのことを最優先で考えなければいけません。その上で体調がよく妊娠経過も順調なら、もちろん妊婦でも働くことは可能です。初産の場合だと妊娠中は特にやることもなく時間を持て余してしまうこともあるでしょう。体重管理もあるので、適度に動くことも大切です。そういったことから、妊娠中も働きたいと思う人も多くいます。妊婦でも安心して働ける仕事にはどんなものがあるのでしょうか。この記事では、妊婦でも働ける求人について紹介していきます。妊婦でも無理なくできる仕事にはどんなものがある?妊娠初期はつわりがあったり、中期以降はお腹が大きくなってきて動くのがしんどくなったり大変になること

第二新卒求人でよくある募集内容やおすすめの職場のポイント、気になる疑問について解説します

新卒で就職したものの思っていた会社と違ったとかやりたいことが違った、もしくは1年2年と勤めてみたけどやっぱり他の仕事がしてみたいと思うかもしれません。中にはとりあえず3年勤めたら転職しようと考えている人もいます。他には新卒で勤めた会社と違うところへもともと行きたかったなど、様々な希望があって転職を考えている人がいます。今までは新卒と既卒という扱いで採用情報が掲載されているケースがあり、新卒で就職を逃すと中途採用はほとんど経験者優遇かブラック企業でないと未経験者を積極的に雇ってくれるところはありませんでした。しかし、ここ最近は第二新卒と称して社会人経験を少し摘んだ若手を積極的に採用しようとする動

フリーターの年収ってどうなの?フリーターのメリットデメリットと正社員を考えるきっかけとは?

定職につかず、アルバイトなどで収入を得るフリーター。自由度が高い一方で、やや安定感に欠けるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回はフリーターの年収や、フリーターとして働くということはどういうことか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介いたします。現在フリーターとして働いている方、脱サラしてフリーターになろうとしている方、この記事をきっかけにご自身の人生について考えてみてください。フリーターってオススメ?それともオススメできない?結論から言うと、どちらとも言えません。なぜなら、その人の環境によってフリーターが有益になったりそうでなかったりするからです。冒頭でも述べたように、定

契約社員の転職で注意したほうが良い10個のこと

「契約社員」という働き方に大きな魅力を感じて、この仕事を目指すという人は多くはないかと思います。本来なら、正社員を目指せる能力がある人でも、昨今の長期低迷が続く転職事情からか、正社員ではなく契約社員での職探しをされている方もいらっしゃるでしょう。また、将来、何か目標があり、決まった期間だけ働きたいので、契約社員の仕事を探しているという方もいらっしゃるでしょう。このように一口に契約社員を目指しているといっても、その背景は実に様々です。多種多様な働く側の受け皿を間違いなく、正社員よりは契約社員の方が持っているでしょう。だからこそ働き始めてから、トラブルが生じることも決して少なくないのです。ですから

契約社員の副業はどんなものがある?おすすめの副業や実際の体験をお教えします。

契約社員は期限付きの雇用契約で、その後の収入に不安があります。そのため、本業以外にも副業をしている人が意外といます。会社によっては社内規則で、副業が禁止されているところもあるようですが、近年では大手企業であっても副業を認める傾向にあるようです。会社員に対するある調査によると、副業が認められているという会社は全体のおよそ42%で、副業が認められていないという会社は26%であったという結果が出ています。ただ、この数字上からもわかるように、自分の会社が副業を認めているかもわからない人が結構います。そのため副業を認められていない会社では、ばれないように副業をしている人もいるようですが、やはり危険ですの

東京契約社員求人のおすすめ職種6選。安定した仕事から稼げる人気な仕事、東京らしい仕事まで!

まず、契約社員とは雇用期間に限定がついている従業員のことをいいます。また正社員とは異なり、ボーナスといわれる賞与がなく、退職金がないことが一般的です。これらのことからすると、正社員の方が待遇面で良いということがわかります。ただ、契約社員は仕事以外に趣味や育児がある場合には働き方として選ばれているという側面もあります。そこで今回は、東京における契約社員の求人の中から、おすすめな求人をいくつかご紹介していきます。東京の契約社員でおすすめな職種や業界とその理由東京の契約社員でおすすめな職種は専門的なスキルを活かせる職場がおすすめです。それは、転職後に給料が上がる確率が高いのが専門的なスキルを持ってい

契約社員求人のおすすめ職種3選やその特徴とは?正規社員求人との違いも解説!

就職や転職活動のなかで、「契約社員」での求人があることは珍しくありません。一般的には正社員としての就職を目指すことが普通となるので、このような求人を目にした場合に、どうするべきかを悩むと思います。今回は、契約社員としても魅力がある職種3つを紹介しながら、契約社員という雇用形態について詳しく解説していきたいと思います。契約社員求人のおすすめ職種3選契約社員としての求人のなかでオススメの職種を3つ紹介します!コントラクトMR医薬品に関する情報提供を行うMRは、一般的には製薬メーカーに正社員として所属することになります。ですが、新薬の発売に合わせて集中的に活動強化をするためにプロジェクト化をして、一

フリーターが就職するためにやるべき4個の方法とは?仕事の探し方やスキルアップ方法など具体的に解説します

フリーターの中には好きでフリーターをしている人もいれば、仕方なくフリーターになった人もいます。好きでフリーターをしている人の中にも、20代前半は楽しくやっていても、後半になるに従って就職した方がいいのではないかと考えます。今回は就職を考え始めたフリーターがやるべきことと、仕事の探し方やスキルアップ方法について解説していきます。フリーターが就職したいと思うよくある理由フリーターが就職を始めよう!と思う瞬間は大きく言うとお金の問題です。アルバイトは正社員と違い将来的にお金が大きく上がることがなければ、体力がしんどくなってしまったらいつ辞めることになるかわかりません。将来的なお金の不安や、仕事がなく

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種やおすすめ、疑問について答えます

フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種飲食店や居酒屋のホールスタッフ飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。特に居酒

フリーターとは?定義とフリーターをしながら感じる課題、正社員になるための方法とは?

フリーターと聞くとあなたはどんなイメージを持っているでしょうか?アルバイトをしている人、自分で自由そうにしている人、就職先がなくて大変な人、それぞれにフリーターに対するイメージがあると思います。今回はフリーターの定義、フリーターは実際どういうことを言うのか、またフリーターをしている人たちはどんなことを考えながら、何を感じながら過ごしているのか、フリーター経験者だからこそわかることをお伝えします。フリーターとは?正規雇用ではなく派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働いている人のことを言います。働き方も多岐に渡っているので今では色んな言葉が増えていますが、基本的には雇用者で正社員ではない人のことを指


働き方に関するコラム

嘱託社員とは?会社での役割や正社員との違い、給料・働き方などを詳しく解説します!

求人広告や求人サイトで求人を検索していると「嘱託社員」という文字を見たことがあるかもしれません。正社員は、フルタイムの労働雇用形態、契約社員や派遣社員は期間を決めて雇用してもらう労働形態ですが、嘱託社員は何かいまいちわかりません。嘱託社員は、他の勤務形態に比べて何が違うのか、どうやったら嘱託社員になれるのか、嘱託社員の役割は何かなど色々な疑問があることでしょう。嘱託社員とはそもそもどういう雇用形態なのか、嘱託社員として働くメリットやデメリットは何なのか、契約社員や正社員などとの違いについて今回は、紹介していきます。嘱託社員とは?まず嘱託社員とは、契約社員や派遣社員同様、非正社員の雇用形態です。

女性が働きやすい職場の5個の特徴と、失敗しない職場の選び方とは?

スポーツ界や政界、芸能界など業界を問わず、女性の活躍が目覚ましい昨今。それは我々一般人が働く社会も然りです。以前に比べれば総合職でバリバリ働く女性や、管理職の地位につく女性も増えてきました。総合職でなくても、子育てや家事など家のことと両立しながら働き続ける女性も多くいます。そんな素敵な女性が増えてくると、「私も働き続ける女性を目指したい!」と考えるひとも増えてくるかもしれませんね。そこで今回は、女性が働きやすい職場とはどのようなものかについて解説したいと思います。復職や転職を考えているという方、ぜひ参考にしてみてください。働きやすいってどんなこと?「働きやすい会社がいい」という希望はよく耳にし

ワークライフバランスが実現できる職場の5個の特徴と、そういう職場を探す方法とは?

ここ最近、耳にすることが増えた「ワークライフバランス」という言葉。この記事を読んでいる皆さん中にも、耳にしたことがあるという方が多いと思います。もしくはすでに実践されている、実践したいと考えている方もいるかもしれませんね。そこで今回は「ワークライフバランス」という言葉が持つ意味や、それを実現するための仕事探しについて解説いたします。「ワークライフバランス」について考え始めた方、もしくは今の会社でワークライフバランスを保つのは諦めたという方も、ぜひ参考にしてみてください。ワークライフバランスってどういう意味?「ワークライフバランス」とは、その名の通り「仕事」と「生活」のバランスのこと。仕事ばかり

女性が働く時に課題になる10個のことと、女性の私が仕事をしながら感じていること

現在、定時での退社を推進することで長時間労働の改善や、年間休日の増加など「働き方改革」が広まりつつある日本。女性も活躍しやすい社会になりつつあると連日情報が飛び交っていますが、実際のところどうなのでしょうか?女性が働く上での課題はないのか?課題があるとすれば、何が問題なのか?一緒に考えていきましょう!女性が働く時の待遇面での課題男女平等は当たり前!その上、より良い待遇を推進する企業が増加しつつある今、女性が働く上で、待遇に対する課題はあるのでしょうか。給料会社を選ぶにあたり、かなり重要となる給料面については、やはり男女で違いが出てしまうのが現状です。職種や正規・非正規での雇用なのか、また会社の

地方で働く5個のメリットと注意点。鹿児島・福岡で働いている私の感想

最近は、大都市を離れて子育てや、ゆとりある生活にしていく為に地方の田舎暮らしを始めたり、都会での息苦しさから解放され、自然の環境に身を置く事で自分のやりたいことを再確認する為に地方へ移り住むことを考えている方もいらっしゃいます。移り住む理由は様々ですが、何の知識もなく移住してしまうと苦しい思いをするだけなので情報収集はしっかりとしましょう。今回は、自身が住んで経験した福岡と鹿児島を比較してみようと思います。少しでも地方で働くことに興味を持って頂けると嬉しいです。地方で働くメリットとは?忙しさに翻弄されて仕事していると、心に余裕が無くなってきて滅入ってしまいますよね。旅行などで地方を訪れた時に自