地方に住んでいると都心や都会で働いてみたいと憧れを持つこともあると思います。

事実、大学や就職先に都心などを選ぶ人も多く、都心で働くことは地方の人間にとって一つのロマンでもあります。

ですが上京していった人達がみんなそこで生涯を過ごすわけではありません。

中には戻ってくる人も多くいます。

戻ってくるということはやはり、地元のほうがいいと感じたのでしょう。

ここでは地元で働くことの良さだったりをご紹介していこうと思います。

実際に地元で働いてみて、私はこんなことを感じました!

地元で働くとその仕事内容や職種にもよりますが、とにかく顔見知りが増えます。

接客業であれば職場の人からお客さんですよね。

お客さんからすれば店員の顔なんて見なかったり覚えることはないかもしれませんが、接客をしているとお客さんの顔を見て仕事をしています。

ですから休日なんかにどこか出掛けていると どこかで見たなーという人が増えてきます。

たまに相手側も覚えていて軽く会釈をするなんてこともあります。

顔見知りが増えることに抵抗がある人も多いかもしれませんが、私は仕事を通して顔見知りが多くなっていくことが知り合いが増えていくようで楽しかったです。

地元で働くのがおすすめな5個の理由とは?

地方で働く人の中には上京して戻ってきた人もいます。

またそれとは反対にずっと地元にいる人もいます。

地元にいるのも戻ってくるのも含め、いずれも地元がいいと思うから地元に身をおいているんだと思います。

ここからは地元で働くオススメな理由をいくつかご紹介していこうと思います。

地方から出たことのある人や出ていった人のなかには納得するような理由もあるかもしれません。

居心地がいい

やはり地元は居心地がいいです。

見慣れた景色に懐かしい匂い。

少し地元を離れて生活を送るとどうしても懐かしくなってしまうものです。

ホームシックとまでは行かなくてもほどよい田舎感というか、ふるさと感が恋しくなってしまいます。

地元を離れると最初は新生活にドキドキしたり、期待で胸を膨らませていたりしましたが、少し慣れてくるとどこか居心地が悪かったり落ち着かなかったりするものです。

新天地の色に染まるまでは時間がかかりますからその間は地元に戻りたくなってしまいます。

また地元のアットホームな感じが好きな人には地元で働くことをオススメします。

通勤が楽

都心や都会では通勤が大変です。

電車に乗ればたくさんの人ですし、家賃を抑えるのに最寄り駅から遠いために早く家を出たりと通勤に一時間以上をかけている人なんてざらにいるでしょう。

人も多くて疲れますし、通勤ラッシュや帰宅ラッシュの時間帯は最悪です。

対して地元であれば電車が頻繁に来ることはないかもしれませんが、車で快適に通勤することができます。

地元にも通勤ラッシュや帰宅ラッシュはあれど都心ほどのものではありません。

そのため地元であれば通勤が楽です。

仕事でもストレスがかかるのに通勤でもストレスをかけるなんて考えられません。

と言うかたには是非とも地元で働くことをオススメしたいです。

電車よりも車通勤のほうが圧倒的に楽です。

家族や友達と近くにいれる

地元を離れてしまうとどうしても家族や友達とは以前のように会うこともできなくなってしまいます。

これはしょうがないところかもしれませんが、一人新天地で頑張るというのはかなりの勇気が要りますよね。

家族や友達の存在は相談事や、遊んだりと気持ち面でも大きな支えとなります。

それが一切ない状況では頼りどころがなくつい気持ちも不安定になりやすいです。

携帯でいつでも連絡が取れると言っても文章のやり取りや声だけのやり取りよりも直接会うことには敵いません。

また恋人がいれば遠距離になってしまいます。

遠距離では互いに寂しさや不満も大きくなります。

地元で働くのであればこれらの不安や心配、孤独感は一切ないのです。

どうでしょう。

これを聞いただけでも少し地元が恋しくなったりするのではないでしょうか。

もしそう思ったのであれば地元で働くことをオススメします。

貯金ができる

地元を離れて一人暮らしをするとものすごくお金がかかってしまいます。

家賃から光熱費、食費、生活費など日々のやりくりに苦労している人も多いのではないでしょうか。

おまけに家のことだったり家事も全て自分でやらないといけないわけで、時間と体力がいくらあっても足りないですよね。

給料をもらっても自由に使えるお金が少なければ日々の生活のモチベーションも低下してしまいます。

また貯金なんてろくにできないでしょう。

ですが地元であれば、一人暮らしをする必要もないですし、生活費を家に入れたとしても充分に貯金もできます。

大人になって実家暮らし?と思うかもしれませんが、貯金をするためにはこれが一番確実なのです。

やはり人間お金がないと生きていけません。

いつ出費がくるかもわからないため常に貯金をしておく必要はあるのです。

地元で働かないと貯金ができないというわけではありませんが、一月あたりに貯めることのできる金額が大きくなるということです。

人間関係を築きやすい

一人新天地に行って一から人間関係を築くというのはとても難しいことです。

ただ、これは個人差が大きく出るとは思います。

人見知りをするしないでも全然違いますし。

人見知りをしない人、誰に対しても気さくに話せる人なんかは一からでも上手に人間関係を築いていけるかもしれませんが、人見知りをする人はそう簡単にはいかないですよね。

慣れるまでの間はアウェイ感も強く感じることでしょうし、なかなかいい関係を築けなかったり、苦労することも多いです。

地元ではその心配は少ないでしょう。

既にこれまでの人生で築いてきた人間関係もありますし、アウェイ感も感じないので人間関係を築きやすいです。

人間関係は仕事よりも重要かもしれません。

よい関係を築けずにいじめにあうことも少なくありません。

より良い人間関係を築くことが充実した社会人生活を送るための秘訣なのかもしれません。

地元で働くのが向いている人とは?

地元を離れて人の数が多い中、戻ってくる人もいます。

ここで一つの疑問が出てくるんです。

どうして戻ってきたのだろうと。

都心で働いているとことを夢見て上京していったのにどうして戻ってきたのだろうと。

本人にはきっと様々な事情があるのでしょうが、端からみたらこう思うのは普通のことです。

そこで一つのことに気づきました。

都心で働くにも向き不向きがあるのではないか と。

そりゃ環境も全く違うところで働く訳ですから向き不向きはあると思いました。

では戻ってきた人はきっと地元で働くほうが性にあっていたんだと思うんです。

Uターンして戻ってくるのも一つの勉強にはなると思いますが、できることならUターンしないほうがいいですよね。

ここからは地元で働くほうが向いている人についていくつかご紹介していこうと思います。

地元が好きな人

地元が好きな人というのは当然地元で働くほうが向いています。

家族が近くにいて、友達とも会える。

見慣れた地形や通いなれたお店など地元にはたくさんの温もりがあるんです。

その温もりが好きだという人は案外多いように思え地元愛が強い人です。

ただ、悪い言い方をすればぬるま湯です。

自分が居心地のいいところにいて、特別挑戦もせず、向上心も持たずにその日その日を楽しんで生きていく。

これ以上のぬるま湯はないでしょう。

ですがそれがいいという人もいます。

物事には必ず表と裏があるように答えは一つではないですから。

地元が好きで仕事で挑戦して向上していくよりも、慣れ親しんだ仲間と楽しく遊んだり飲んだりするほうがいいという人には地元で働くほうが向いていると思います。

人生において何に価値を見出だし、何に重点を置くかは人それぞれで、そこに正解も不正解もないのです。

自分の気持ちに正直でいることが正解なんだと思います。

ストレスに弱い人

都心や都会ではストレスばかりです。

一度でも遊びにいったことのある人なら分かるかと思いますが、どこに行っても人人人。

ものすごい人の数ですよね。

地元にいたらこんな大勢の人に出くわすなんてことは滅多にないことです。

最初は人に疲れてしまうことでしょう。

これだけでもかなりのストレスです。

では何故そこで暮らしている生活している人は大丈夫なのかというと慣れです。

ただただ慣れているだけなのです。

でもそれは気付いていないだけで大きな精神的ストレスになっていることが多いのです。

他にも通勤時にはストレスがかかります。

仕事が忙しくてストレスがかかります。

ストレスに弱い人の場合は恐らくこれらのストレスに毎日耐えていくことが厳しいのではないかと思うんです。

大きな精神的ストレスは鬱病などの精神疾患にも繋がりかねませんから自分はストレスに強くないという人は地元で働くほうが向いていると思います。

都心に憧れを持っていない人

上京していく人のほとんどが都心に憧れを持っていることが多いです。

そりゃ都心は華やかなイメージだったり、人も多くてお店も多くて、日本の心臓部ですからそりゃ憧れを持つ人も多いです。

だからこそ働き場所として都心を選ぶのです。

わざわざ不便なところに自ら進んでいくのです。

憧れがないわけがありません。

一見公共交通機関も豊富だし、お店も豊富で何でも揃う、遊ぶ場所もショッピングする場所も何でもあるように見えて便利かと思いますが、満員電車は便利ですか?

お店がたくさんありすぎて便利ですか?

人は選択肢が多ければ多いほど迷い、不便さを感じることもあるのです。

憧れを持つことは自由だし素晴らしいことですが、特別憧れを持っていないのであればわざわざ上京していくよりも地元に残って楽しく仕事をしていくこともアリかもしれませんね。

早く出世したい人

人が多ければ多いほど企業の規模と言うのは大きくなります。

大きくなればなるほど出世までの道のりというのは遠くなります。

これは当然のことなのですが、同じ会社でも1000人規模と100人規模の会社とでは人数だけを見たときに後者のほうが出世しやすいのは言うまでもないと思います。

都心もほうが競争率も激しいですし、自分よりも優秀な人間というのはざらにいます。

そのなかで切磋琢磨していくことも素晴らしいことですが、単純に出世だけを狙うのであれば地元のほうが狙いやすいのです。

また今は肩書きを気にする人が多い世の中です。

大きな会社で平社員よりも地元企業で部長のほうが人のみる目は変わってきます。

もちろん仕事は出世や肩書きが全てではないのですが、企業に属する限りはより良いポストに就きたいと思うのは普通のことでしょう。

早く出世を狙うのであれば地元で働くことが近道かもしれません。

転勤が嫌な人

都心の企業はだいたい地方にも数多く支部を抱えていることが多いです。

そのため、数年すると転勤で県外に行くと言うことは良くあります。

転勤以外にも出張で出ることも多々あるかもしれません。

それが苦じゃないという人はいいかもしれませんが、せっかく上京したのに結局地方に行くのかと落胆してしまう人もいるかもしれません。

転勤になればまた一から築き上げていく大変さもありますし、人によっては単身赴任になるかもしれません。

転勤の辞令に抗うことは会社員にはできないことです。

それに対して地元企業の場合は支店があっても県内にあることが多いです。

また地元企業の場合は転勤自体がないことのほうが多いので、今の場所でしっかりと腰を据えて働くことができます。

どちらがいいのかは個人差ですが、一つのところに腰を据えて働きたいのであれば地元で働くことがオススメです。

まとめ

ここまで地元で働くオススメな理由などについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

地元で働くのか、上京して働くのかは人それぞれ選択肢があっていいと思います。

地元でしかできないこともあれば出ていかないとできないこともあります。

自分が何をやりたいのかによって活躍の場所は変わってくるんだと思います。

ですから地元で働くも上京して働くも自由です。

ただ、この記事のなかでもご紹介したように上京して一人で生きていくというのはとても大変です。

頼れる人も場所もなく一から自分で築き上げていく大変さは創造を絶することでしょう。

時には心が折れてしまうこともあるかもしれません。

ですがそこを踏ん張れないようでは一人で頑張っていくことは難しいかもしれません。

やりたいことのために上京して頑張ると決めたのであれば、自分が納得するような結果が出るまで根気強く諦めずに、反骨心をもって生きていくことが大事なのかもしれません。