スポーツ界や政界、芸能界など業界を問わず、女性の活躍が目覚ましい昨今。

それは我々一般人が働く社会も然りです。

以前に比べれば総合職でバリバリ働く女性や、管理職の地位につく女性も増えてきました。

総合職でなくても、子育てや家事など家のことと両立しながら働き続ける女性も多くいます。

そんな素敵な女性が増えてくると、「私も働き続ける女性を目指したい!」と考えるひとも増えてくるかもしれませんね。

そこで今回は、女性が働きやすい職場とはどのようなものかについて解説したいと思います。

復職や転職を考えているという方、ぜひ参考にしてみてください。

働きやすいってどんなこと?

「働きやすい会社がいい」という希望はよく耳にしますが、”働きやすい”とは具体的にどのような状態を指すのでしょうか。

会社の人間関係が良好である、意見が通りやすい風通しのいい風土である、家から通いやすい距離にある……など、理想は人によって様々。

しかし「女性が働きやすい」という観点で考えると、やや「働きやすい」の条件を絞ることができます。

例えば、男性になくて女性にあるものの代表といえば「出産」。

この出産にまつわる休暇の制度がきちんと整っている会社であれば、「女性が働きやすい」といえますよね。

出産だけでなく、結婚や育児なども然り。

したがって、「女性が働きやすい会社」とは、”女性が女性らしい人生を歩んでいける会社”といえるでしょう。

女性が働きやすい職場で就業するメリット

では、「女性が働きやすい」環境で働くとどのようなメリットがあるのでしょうか。

上記でも少しだけお話ししましたが、女性が働きやすい環境の職場で働くということは、女性が女性らしい人生を歩めるということにも繋がります。

最近よく「ライフワークバランス」という言葉を耳しますが、女性としてのワークライフバランスを充実させやすいのです。

下記にて具体例をご紹介いたします。

結婚・出産などのライフステージの変化にも柔軟に対応できる

女性の人生に大きく関わってくるのが、結婚と出産。

結婚は苗字が変わるだけ……と考える方も多いと思いますが、実は諸々の手続きなど大変なもの。

結婚式を挙げるとなれば、さらに大変です。

女性が働きやすいとされる会社であれば、そんな時に会社を休めるような特別な休暇を設けているというところもあります。

それであれば諸々の準備もスムーズにこなすことができますよね。

また、出産を控えている女性は体も大切にしなければなりませんし、長期の休暇は必須。

女性が働きやすい会社であれば「出産・育児休暇」などの制度が整っている可能性が高く、かつ取得しやすい環境である可能性も。

ライフステージが変わっても、仕事を続けながら柔軟に対応できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

育児と仕事を両立できる

働く女性を応援してくれるような企業であれば、出産後も働きやすいというメリットがあります。

上記でも説明した「出産・育児休暇」はもちろん、自ら始業時間や終業時間が決められるフレックスタイム制が導入されていたり、通常よりも短い時間で働くことができる時間短縮勤務が認められているというケースもしばしば。

仕事はもちろん、子供が小さいうちは様々なトラブルも起こりやすいものですから、このような育児に関する点は非常に大きなメリットといえます。

キャリアを積むことができる

出産、育児を経験しながらも、働き続けられるのが「女性が働きやすい」会社。

働き続けられるということは、キャリアを積むこともできるということ。

キャリアを積めば子供が大きくなってからの転職や起業に役立つこともあります。

一度職を離れることなく、同じ会社で働き続けられるというのも大きなメリットの一つです。

女性にとって働きやすい職場の特徴

ここまでで、女性が働きやすい環境で働くメリットについてはお分りいただけたと思います。

続いては、そんな女性が働きやすい会社はどのような会社なのか、特徴についてまとめます。

ぜひ会社探しの参考にしてみてくださいね。

出産・育児などに関する休暇制度が整っている

女性の人生とは切っても切り離せない、「出産」と「育児」。

今では育児や家事に積極的に参加してくれる男性が増えているとはいえ、女性への負担が多いのが現実。

それを考慮した上で、女性が出産・育児などを行いやすい環境づくりに取り組んでいる会社は、女性が働きやすい会社と言えるでしょう。

具体的には上記でもご紹介したような「出産・育児休暇」や「フレックスタイム制」「時間短縮労働制」が整っている会社。

就職を希望する会社があれば、事前にチェックしておくことをおすすめします。

復職制度が整っている

出産や育児が一段落し、いざ会社に戻ろうと思ったら仕事が無い……。

会社を辞めざるを得ない……。

残念ながら、そんな悲しい現実も少なくありません。

女性が働きやすい会社であれば出産や育児に伴う休暇制度だけでなく、復職に関する制度も整っているもの。

求人サイトでは「出産・育児休暇」の取得率だけでなく、「復職率」についても掲載されている可能性がありますので、こちらも確認してみてください。

労働時間が適正である

女性に限ったことではありませんが、労働時間が適正範囲内であるのは働きやすい会社の特徴の一つ。

平均残業時間が異様に長かったり、出社時間や退社時間が早すぎたり遅すぎたりする会社は、働きにくいといっても過言ではありません。

こちらも求人サイトで公開されている情報ですので、事前にチェックしましょう。

女性が多い

女性の社員が多いということは、裏を返せば女性が働きやすいということ。

したがって、女性社員の数というのは女性が働きやすい会社かどうかを判断する上で大きな手がかりになります。

また、女性の社員が多ければ、自身のロールモデルになる人や悩みを共感してくれる人に出会える確率もグンと上がります。

働きやすいだけでなく、自身の人生にも有益に働く可能性がありますので、この項目も要チェックです。

清潔感がある

当たり前のことではありますが、意外と重要なのが「清潔感」。

埃っぽい環境であれば気管に悪いですし、分煙されていなければ体にも悪影響です。

こちらが健康である時であればまだ見逃せますが、妊娠中や育児中などであれば自分以外にも影響が及ぶ可能性もあります。

女性に限ったことではありませんが、会社内の清潔感も働きやすさを図る上での重要なポイントであることを覚えておくといいでしょう。

女性が働きにくい職場の特徴は?

参考までに、女性が働きにくい環境である可能性が高い会社の特徴についてもご紹介します。

基本的には「働きやすい会社」の裏返しにはなりますが、頭に留めておいてください。

休暇制度が整っていない

出産や育児に関する休暇制度が整っていない会社では、出産に伴い離職しなければならない可能性が出てきます。

そうなればもちろん復職は難しいですし、産後に新しい仕事を探さなければなりません。

休暇制度の有無は女性の働きやすさに直結しますので、要チェックです。

労働時間が長い、イレギュラーである

女性にとってのみではありませんが、残業時間が多い会社というのは働きにくいものです。

毎日22時23時まで残業をしていれば、プライベートはほとんどと言っていいほどありません。

ワークライフバランスは期待できないでしょう。

そんな環境であれば、家事や子育てとの両立は困難。

したがって、労働時間が長かったり、出勤・退社時間が一般的なものとは異なったりする企業は女性が働きにくいと考えられます。

男性が多い

男社会では、女性の人生は理解されにくいもの。

また、上司が男性ばかりでは様々なことを相談しにくいというデメリットも。

男性が多いからといって一概に女性が働きにくい環境であるとは言い切れませんが、一つの目安にはなります。

失敗しない職場の選び方、選ぶポイントとは?

女性が働きやすい会社の特徴やメリットがわかったら、あとは「探し方」。

検索をかければ求人は多く出てきますが、その善し悪しまでは分りませんよね。

給与面だけで判断し、後悔するなんていうことも……

そこでこの項目では、失敗しない職場の選び方やポイントについてご紹介します。

「くるみん」や「えるぼし」マークをチェック!

女性が働きやすい環境が整っている会社は、その証明としてあるマークを取得します。

それが、「くるみんマーク」と「えるぼしマーク」です。

このマークを取得している企業は、女性が働きやすい環境であるといっても過言ではありません。

各マークの具体的な内容は以下の通りです。

くるみんマーク

次世代育成支援対策推進法に基づき、厚生労働大臣が与えるマーク。

このマークにより、「子育てサポート企業」であることが証されます。

  • 女性の育児休業取得率が75%以上であること
  • 3歳から小学校入学するまでの子をもつ労働者を対象とする短時間勤務等の措置を講じていること
  • フルタイムの労働者等の法定時間外・法定休日労働の平均が各月45時間未満であること、かつ、月平均の法定時間外労働60時間以上の労働者がいないこと

など、いくつかの条件を満たした企業のみが取得できます。

えるぼしマーク

女性活躍推進法の一環として始まったのが、こちらのマーク。

「くるみん」と同じよう、厚生労働大臣が認定します。

このマークは、「女性が働きやすい企業」であることを証するマークです。

  • 採用→男女の競争倍率が同程度であること
  • 継続就業→「女性社員の平均継続勤務年数÷男性社員の平均継続勤務年数」が基準の数値以上であることなど

など、いくつかの条件を満たした企業のみが取得できます。

求人サイトに掲載されている数字をチェック!

「女性が働きやすい会社の特徴」の項目でもご紹介いたしましたが、就職や転職を考えるときにはいくつか注目すべき数字があります。

しっかりと数字を読み解くことでイメージの相違を防ぐことができますので、ぜひ下記の数字に注目してみてください。

平均残業時間

社員の残業時間の平均値。

あくまでも平均値なので鵜呑みにはできませんが、残業平均時間が30時間を超えている企業は全体的に残業が多い可能性があります。

だいたい20時間くらいを目安に探すといいでしょう。

出産・育児休暇の取得率

社員がどのくらい出産・育児休暇を取得しているかを表す数字。

最近では男女別で公表している企業などもあります。

女性の取得率はもちろん、男性の取得率が高ければ育児への積極的な参加を促している会社と言えるでしょう。

復職率

出産・育児休暇取得後、どのくらいの人が復職しているかを公表している企業もあります。

ここが明確であれば女性の働きやすさをかなり重要視している会社であると考えられるため、ぜひチェックしてみてください。

求人サイトや知人の口コミをチェック!

上記の数字も大切ですが、この数字は企業側から提示された数字。

嘘だとは言いませんが、100%真実とも限りません。

そんなときに有益なのは、やはり実際に現場で働いていた人たちの口コミです。

求人サイトには口コミが掲載されていることも多いので、よく確認してみましょう。

また、知人に実際に働いていたという人がいれば、話を聞いてみるのもおすすめ。

よりリアルな感想を聞くことができるので、イメージの相違を防ぐことができるでしょう。

まとめ

以上、女性が働きやすい企業の特徴や探し方についてまとめました。

女性は出産や育児・家事など、何らかのライフイベントを迎えるたびにライフスタイルが大きく変化します。

「働きたい!」という気持ちが強くても、自分一人ではどうにもならないもの。

例えパートナーの支えがあったとしても、出産前と同じように働き続けるのは困難です。

したがって、会社の理解が必要不可欠。

会社のサポートなしでは成り立たないといっても過言ではありません。

女性が働きやすいような環境が整っている会社であれば、家事や育児をこなしながらでも働き続けることができます。

長く働きたいと考えている方、出産後も仕事を続けたいと考えている方は、ぜひ女性が働きやすい環境の職場を探してみてください。

また、せっかく転職したけどイメージや条件が違ったという自体を避けるためにも、事前の下調べは必須。

ぜひ本文中でご紹介したポイントを参考に、会社探しを初めてみてくださいね。