人は誰でも「強み」と「弱み」があります。

「長所」と「短所」、もしくは「得意分野」と「苦手分野」などと言い換えることもできるでしょう。

これらの「特性」を知ることは、自分自身の理解につながるだけでなく、就職・転職活動時に自己アピールする際の好材料にもなります。

今回は「自分の強み」をテーマに、その要素となり得る主な「強み」候補や、それらを見つけるための方法などを解説していきます。

一昔前に比べると、日本でもだいぶ「自己主張」や「自己アピール」という点を重視するようになってきました。

これからは、与えられた職務を淡々とこなすだけでなく、自分の強みを生かして自発的に会社に貢献する姿勢も求められていくことでしょう。

一度ご自身の強みについて時間をかけて見つめ直してみてください。

自分の強みについて考えてみよう

そもそも「自分の強み」とは何を意味するのでしょうか。

詳細は後述しますが、「自分の強み」とはすなわち「他者よりも優れている点」ということができます。

ここで注意が必要なのは、強みは決して「絶対的」でなく「相対的」な基準で評価されるべきものだということです。

たとえば、日本で日本人として生まれ育ってきた人にとって、「日本語能力がある」ということは意識しないほど「当たり前」のことで、日本語に限ったことでなくすべての「母国語」は、そこで生まれ育った人にとって当たり前に保有している能力といえます。

では日本語能力があるということが「強み」になることはあるのでしょうか。

日本で日本人を相手に日本人と一緒に働く職場では、「日本語能力」は基本的なものなのでチェックもされないことがほとんどでしょう。

就職活動で、日常会話としての日本語の試験があることはほとんどありません。

しかし、外資企業で日本の顧客を相手にしている会社の場合はどうでしょう。

「日本語を使いこなすことができる」というだけで、相当アピールすることができるのではないでしょうか。

このケースでは日本語能力が「自身の強み」になっていることは一目瞭然です。

このように、同じ能力・特性であったとしても、まわりの人が自分と同じような能力・特性を持ち合わせているか否かによって、「強み」となるかどうかが変わるのです。

これが「強みは『相対的』なものである」と考える理由です。

この点を前提に以下の内容を読み進めていってください。

強みを見つけるメリット

まず、自分の強みを見つけることにはどのようなメリットがあるのかを確認しておきましょう。

自分自身を理解することにつながる、自分自身の存在を認め自信が深まる、といった「自己啓発」的な側面もありますが、ここでは就職・転職活動に関してどのようなメリットがあるのか、という観点で考えてみましょう。

自分の適性や願望など、仕事先を選ぶときの有効なツールになる

もともと自身の進路や将来の夢・目標などがはっきり固まっている人を除き、就職・転職活動中の人は、さまざまな職種の中から自分の「適性」や「希望」などを考慮し、応募先を選択していくことになります。

この作業は想像以上に骨の折れるもので、途中で妥協して手っ取り早い就職先を選択してしまったり、応募先選びに慎重になりすぎて応募の一歩がなかなか踏み出せないケースはよくあります。

自分の強みを把握していると、このような場合にそれを一つの判断基準として生かすことができます。

たとえば、特に興味のある職種がない場合、自分の強みを基準に仕事の「適性」を把握して求人を絞り込み、応募先の選択をより簡単にすることができます。

実際、仕事に求めるものや自分の希望・願望を基準に就職・転職先を考えることは非常に大切ですが、自分の強みや適性を考慮せずに希望だけで選んでしまった就職先では「想像していた職場と違う」というような「理想と現実のギャップ」に陥りがちです。

現実的な選択をするためにも、自分の強みを理解することは非常に有益といえます。

面接時や実際に働きはじめたときのアピール材料になる

自身の強みは、就職・転職後の自身の「色付け」ともいえる作業に利用することもできます。

つまり、実際に働きはじめた段階で、自身の強みである特性をしっかりアピールすることができれば、以降にプラスに働く可能性が大いにあるということです。

人は初めて出会う他者の評価を、その「第一印象」によって決める部分が非常に多いと言われています。

初めて会ったときの表情や身だしなみなどの外見、話し方や仕草などを無意識に観察し、その人の性格や特性を捉えているのです。

そのため、最初の頃の「印象付け」は非常に重要で、特に上司に対して自身をアピールすることは、今後のキャリアアップなどにつながる大事なポイントになります。

しかし、働きはじめでいきなり、アピール材料が豊富にあるかというと、そうでもないでしょう。

まずは職場に慣れることから始めなければならないため、自身をアピールすることに頭が回らないというケースがほとんどかもしれません。

ここでもしも自身の「強み」を他者にはっきりと主張できるレベルで把握していれば、少なくとも自己紹介程度に自分が貢献できる点をアピールすることができます。

自身の強みを把握することは、求人に応募するときや面接時だけでなく、実際に働きはじめてからも「アピール材料」として有効活用することができるのです。

よくある6個の強み要素

ここでは今回のテーマである「自分の強み」を探すために、一般的に「強み」としてあげられることの多い要素を、6つに絞って紹介していきます。

本来、強みというのは人それぞれで異なり、一人ひとり違うからこそ強みになるとも言えます。

しかし実際には、会社が求めている強みには一定の偏りがあることも認識しておくべきでしょう。

以下で取り上げる強み要素は「抽象的」なものを選びました。

細かな部分では微妙に異なる特性であったとしても、大まかな分類で考えれば、ある特定の言葉に集約されるということも理解しておきましょう。

面接などの際には、抽象的な強みを主張した後に、具体的にどのような部分が自身の強みであるのかを説明する、という段階を踏めば、聞き手にも伝わりやすいプレゼンテーションとなるでしょう。

協調性

「和」を尊ぶ文化をもつ日本において、「協調性」という言葉は非常に大きな意味をもちます。

最近のグローバリズムの波もあり、「自己主張」ができなければ生き残れないといった空気も醸成されてきましたが、自分一人ですべての業務をこなす「一人親方」のような職場ならまだしも、協調性はまだまだ、会社で働く上でのコア要素の一つとみなされています。

実際には「協調性」と「自己主張」は相反する概念ではなく、協調性を尊重しつつ自己主張もしっかり実践する、という姿勢が理想的であるといえるでしょう。

結局、協調性はほとんどの職場において必須の要素であり、現時点においてそこを強みにできていないと感じているのであれば、早急に自己研鑽を積む分野であるといえます。

具体的にはどのような人が「協調性がある」とみなされるのでしょうか。

たとえば、比較的大人数で働くことの多い居酒屋などの飲食店、小売店など接客業やサービス業の現場、もしくはイベントスタッフやプール監視員など施設運営・保守等の現場を考えてみましょう。

このような職場では、一人ひとりの従業員がそれぞれ違う方向を向いて仕事をしていては業務がままならず、結果的にお客様に迷惑をかけてしまうことにつながりかねません。

職場全体のオペレーションを念頭におきつつ、「今、この瞬間に自分がしなければならないことは何か」を常に考えて行動できる人が「協調性」のある人です。

協調性を鍛えるためには、業務に優先順位をつけて働く習慣をつけ、自分自身の業務だけでなく、同僚が働く様子なども観察する余裕をもたなければなりません。

簡単なことではないですが、だからこそ、協調性のある人は会社で重宝される存在になるのです。

チャレンジ精神

日々の仕事では、業務を淡々とこなすだけでは十分でないケースも多々あります。

そのような場面を、「今以上の自分にステップアップするチャンス」ととらえる人もいれば、「苦しい現状から早く抜け出したい」と、ネガティブに考える人もいます。

捉え方は人それぞれですが、「チャレンジ精神」というのは、このように高いハードルが目の前に表れたときに、それを乗り越えようと力を振り絞る気質のことをいいます。

よく、チャレンジ精神を「ポジティブに壁にぶち当たっていく人の特性」ととらえている意見を耳にしますが、私は必ずしもそうとは言い切れないと感じています。

たとえその動機が「早く抜け出したい」「少しでも楽になりたい」という後ろ向きなものであったとしても、結果的に壁を乗り越えようと努力できるのであれば、その人は「チャレンジ精神がある人」であり、自分の強みとして堂々と主張していいのではないでしょうか。

問題は、そのような後ろ向きな動機は長続きしづらいということで、その点さえ理解していれば、必ずしも常に前向きに壁に挑む必要はない、というのが私の見解です。

話が少し横にそれましたが、このようなチャレンジ精神がある人は、どのような業種においてもますます必要とされる一方です。

なぜなら、決められたことをしていればよかった時代は過去のものとなり、同業種だけでなく他業種からも競争相手が参入してきたり、最近では人間の世界を超えて「AI(人工知能)」までをも相手にしなければならなくなったりと、競争環境が日に日に過酷になっているからです。

チャレンジ精神を全力で発揮して、今まで考えもしなかったような領域に飛び込んでいけるような人材は、これからもどんどん必要とされるでしょう。

粘り強さ(あきらめない)

上述の「チャレンジ精神」と重なる部分もありますが、「粘り強さ」つまり何事にも「あきらめない」姿勢で臨めるという特性も、自身の強みとしてアピールすることができます。

粘り強く物事に取り組めることは、それだけでれっきとした強みです。

人は誰でも、困難なタスクに向き合うと逃げたくなるもので、そのような場面においても、自信をもって粘り強く、一つひとつ物事を解決に向かって進めていけるような人材は、特に現在、順風満帆とはいえない経営状態の会社において必要とされています。

社会人として世に出ると、自分の力ではどうしようもないような場面がいくつも出てきます。

「自分のせいでこんなことになったんじゃない」「自分一人が気を吐いたところで何も変わらない」。

そのような気持ちになってしまうこと自体は自然で、その意図するところが理解できる場面もあります。

しかし、そうやって過酷なシチュエーションから逃げ続けていては「逃げ癖」がついてしまい、本当に大事な場面でも、チャンスを取りこぼしてしまうことになりかねません。

粘り強さは、自分自身のためにもとても大切な要素といえるのです。

リーダーシップ

日本には真の意味での「リーダー」が少ないといわれます。

「リーダーシップ」の重要性や経営に与える影響を以前から認識していたアメリカでは、リーダーシップに関する学問が発達し、専門の授業を行う大学も多く、リーダーシップ関連の書籍も数多く世に出回っています。

一方日本では、リーダーシップとマネジメントという言葉の境界もあいまいなことが多く、何をもってリーダーシップといえるのかがはっきりしていない印象を受けます。

話がややこしくなりましたが、そのような背景があるので「リーダーシップ」を強みとする人材は、会社にとってより魅力的に映るようです。

実際に面接などで自身のリーダーシップをアピールする際には、単純に「チームリーダーを務めました」「委員会のメンバーを束ねていました」だけではなく、どのようにしてそのチームをまとめあげたか、また結果としてどのような成果を得ることができたのか、といった具体的な中身まで伝えることが大切でしょう。

適応能力

「チャレンジ精神」の項で紹介したように、日々の仕事では同じ状況が何回も繰り返されることは少なく、むしろ日常業務の過程で多かれ少なかれ状況の変化があります。

そのためどのような状況においても「適応能力」を発揮して、臨機応変に状況に対応できる能力は非常に重要です。

職場内での担当職務の変更や、人事異動による勤務先の変更などはよくあることで、日本国内だけでなく、海外に転勤しなければならない状況も出てくるかもしれません。

「適応能力」とはまさに、このようなシチュエーションにおいて自身の力を最大限発揮できるように、すばやくその場に自身を順応させる能力といえます。

これは単純にまわりの環境に自身を「合わせる」というよりは、自分自身の軸は保ちながら、それを与えられた状況下において最大限「なじませる」感覚に近いでしょう。

海外渡航・滞在経験はもちろん、日本国内でも一人旅をした経験や、いろいろな場所で生活したことによって培った「適応能力」は、面接時にアピールできる好材料といえます。

集中力の高さ

どのような人でも、集中力を永久に持続させることは不可能です。

母国語と外国語を同時に使用し、脳に過度の負担をかける「同時通訳」の現場では、常に最高のパフォーマンスを発揮し続けられるように、15分程度の間隔で複数人で交代しながら業務をこなしているように、「個人差はあるにせよ、集中力は切れてしまうもの」という認識はしておいた方がよいでしょう。

そのため、「集中力の高さ」を自分の強みとしてアピールする際には、ただ単に集中力をどれだけで長く保てるかという点よりも、スイッチのオンオフをうまく使いこなして、メリハリのある仕事ができる、という点を前面に押し出した方がよいでしょう。

集中力がずっと続くというのは現実的でないことに加え、最近のはやりである「働き方改革」に沿った考えだと、なるべく短時間で高品質な仕事を仕上げる「生産性の高さ」が求められてきています。

その点を踏まえて、自身の集中力の高さを強みとしてアピールすることができれば、面接時に有利に働くことでしょう。

自分の強みを見つけるためにやるべきこと

ここからは、自分の強みを見つけるためにやるべきことに着目していきます。

以下の方法を参考に、意識的か無意識的かに関わらず、自身の「強み」として認識した要素を対外的にアピールできるようにしていきましょう。

過去の出来事や経験を客観的に分析する

自身の強みを能動的に発見するためには、まず自身の行ってきたこと、すなわち過去の「出来事」や「経験」を客観的に分析することが必要になります。

ここでなぜ「客観的」である必要があるのかというと、強みというのは総じて、「絶対的」なものよりも「相対的」な意味合いで捉えられることの方が多いからです。

とても大切なことなので、前述したことを繰り返しますが、自身が強みとする特性を「備えていない」人、もしくは備えているけれども「十分でない」「劣っている」人がいない限り、その特性は「強み」として主張することができないということです。

全員が満点を獲得できるようなテストで満点を取るよりも、平均点が半分以下のテストで満点を取る方が「強み」として認識されやすい、という風に言い換えるとわかりやすいでしょうか。

そのため、面接などの際に自身の強みとしてアピールしようと考えている特性については、自身が過去に経験した出来事を今一度振り返ってみて、「なぜあの状況を打破できたのだろう」「なぜ良い結果を得ることができたのだろう」というように、客観的な目線で成功体験を分析してみることが大切なのです。

中には、今まで成功体験といえるものはしたことがない、という謙虚な人もいるかもしれません。

もしそう感じているのであれば、単純に過去の出来事の中から比較的大きなイベント(卒業、試験、発表、就職など)を振り返ってみるだけでも、意味があるでしょう。

日常で当たり前に行っていることを振り返る

過去の出来事として記憶していることを振り返ることに加え、そのような印象に残るライフイベントだけでなく、日常生活における些細なことを顧みることも、自分の強みを把握するためには有用です。

日常的に行っていることで、自分では気にもしていないようなことの中にも、他者と比較したときに自分の持ち味となり得る特性・要素が潜んでいる可能性があるのです。

たとえば、毎朝決まった時間に起きている、特に予定がない時には決まった時間に決まったことをして定時に就寝している、というような人は「時間厳守」を強みとすることができるかもしれませんし、日々の生活に忙殺されながらも一日三食欠かさず自炊している、本業に加え副業を複数こなしてさらに趣味の時間も捻出している、という人は「効率的で生産性の高い仕事ができる」というアピールができるでしょう。

しかしここでも重要なのは、これら日常生活で当たり前に行っていることが自身の「強み」となるためには、「客観的」に見て他者と比べた時に優れている必要があるという点です。

自分自身の特性に関することですので、どうしても主観が入ってしまい、客観的な姿勢で判断することには限界がありますが、なるべく自身を俯瞰して眺めてみることが大切です。

あなたの強みが客観的な視点に立ったものであればあるほど、面接などの際にアピール材料としての説得力が増すことでしょう。

友人・知人や上司などの評価を参考にする

自分の強みを見つける方法として、ここまでは過去の出来事や何気ない日常的な行動といったことを「自分自身」が判断する方法を紹介してきましたが、もう一つ有用な方法として、友人・知人や会社の同僚・上司など、「まわりの人」の評価を参考にするという手もあります。

自分自身が認識している自分の性格・特性と、まわりの人が抱いているあなたの性格・特性には、少なからず違いがあります。

「自分探しの旅」といえば、バックパッカーやヒッチハイクなどをする姿が思い浮かびますが、最も手っ取り早い「自分探し」は、「他人に自分の率直な評価を聞いて回る」ことだという意見もあります。

実際私の先輩で、今後の進路について深く悩んでいる人がいましたが、彼女は私を含め、まわりの知人にSNSで「私の良い所を教えてください」とシンプルに尋ね回っていました。

「自分のことを一番わかっているのは自分」ではありますが、同時に「自分に一番近いのも自分」なので、距離が近すぎて、どうしても主観的な評価しかできなくなるものです。

少し距離をもって客観的に見ることのできる「他者」の方が、自分自身よりも自分を理解している部分もあるといえるでしょう。

ここまで、自分の強みの見つけ方をいくつか紹介してきましたが、まとめると、これら3つの方法を組み合わせることが理想的といえます。

すなわち「過去の出来事」や「日々の行動」を自身で振り返り、さらに「まわりの人」の自身に対する評価も加えて自分の強みを探索していくことが、面接時に「客観的」で「説得力」のあるアピール材料を提示できることにつながるといえるのです。

適職に出会える?!強み要素別、それを生かせる仕事例

ここまで、強みとして取り上げられることの多い要素を6つ紹介し、さらにそれらを見つけるための方法も簡潔に確認してきました。

しかし、いくら自身の強みを見出すことができたとしても、その特性を強く求めている職場とそうでもない職場では、仕事に対する充実度や会社の対応なども大きく異なります。

そのため、いくつかの方法で自分の強みを発見し、それらを他者に主張できるところまで固めたら、次のステップとして、それらを「生かせる」仕事を考える必要があります。

上で紹介した強み要素はどれも代表的なものなので、業種・職種によらず比較的どの職場でも重宝される特性といえますが、あえて具体例をあげるとすれば、という職種を以下にあげておきます。

参考にしてみてください。

「協調性」ー 飲食店やプール監視員など大人数でわきあいあいと仕事をする職場

まず、「協調性」を強みとしてアピールしやすい職場を考えてみましょう。

協調性は同僚など他者との関係性を良好に保ち、ひいては業績向上など目に見える結果に導くことができる能力ともいえます。

とすれば、一人で黙々と自分の仕事をこなす現場よりも、比較的大人数でわきあいあいとした雰囲気の中で業務に取り組むような職場の方が、「協調性」を強みとしてアピールしやすいといえるでしょう。

具体的には、居酒屋などの飲食店やプール監視員、イベントスタッフなどの職場が考えられます。

これらの仕事は同僚と力を合わせなければ業務を円滑にこなすことが困難であり、チームワークを発揮できるか否かが顧客満足にも直結する職場といえます。

たとえばプール監視員の仕事では、それぞれの監視員が無線で連絡を取り合って、お客様の安全を守り、迷子や落とし物の捜索を行ったりしています。

プール施設は、協調性のない従業員が一人でもいれば、お客様の命に関わる事故につながる現場です。

そのため、就業前のミーティングにおいてチームワークを高めるためにみんなで声を出したり、就業中においても現場のリーダーを中心に互いに声を掛け合ったりと、常に「協調して現場を回している」という意識をもって業務に取り組んでいます。

もともとチームワークを発揮して働くことが好きであったり、みんなで協力して何かを成し遂げることに魅力を感じる人には、「協調性」をアピールできる職場は適しているといえるでしょう。

「粘り強さ」ー 営業や販売職など高いハードルが設定される職場

目標やノルマなどが課されているのが通常であり、個人個人に高いハードルが設定されているような職場では、「粘り強さ」が強みになるでしょう。

具体的には、営業職や店頭での販売員の仕事などが当てはまります。

粘り強く目標に向かってコツコツと仕事に取り組める人材は、特に「ゆとり世代」が社会人として世に出て以降、強く求められるようになりました。

その中でも営業職や販売職などは、粘り強さがなければやっていけない典型的な職種といえるでしょう。

営業職の仕事を例に、なぜこれらの職種で粘り強さが必須なのかを考えてみましょう。

営業の仕事は顧客開拓をしなければなりませんが、既存のお客様に継続的に商品・サービスを購入していただくことはもちろん、新規のお客様に契約をしてもらうことは簡単なことではありません。

私自身営業の仕事に従事した経験がありますが、待っていればお客様が来るような職場と異なり、自分で考えて行動しない限り決して結果(成績)は伴いません。

このような職種では、接客スキルやトーク術などの「営業スキル」と並んで、「粘り強さ」などの精神的な特性もとても重要になります。

「粘り強さ」に自信がある人は、思い切って営業職にチャレンジしてみることも、有力な選択肢の一つといえるでしょう。

「適応能力」ー 警備員やジムインストラクターなど「安全・安心」がキーワードの職場

「適応能力」は、職場環境が変化に富み、またお客様の特性もさまざまに異なるような職場で、特に必要とされる能力といえます。

これが強みとして発揮できる職場は、たとえば「警備員」や「ジムインストラクター」といった、お客様の「安全・安心」を守ることを使命とする仕事です。

ジムインストラクターの仕事を例に考えてみましょう。

ジムインストラクターが働く「ジム施設」では、マシンや器具の適切な使用方法を守らなければ、負傷事故が起きてしまう危険と隣り合わせの現場です。

そのため、ジムインストラクターには、適切な使用方法をお客様に「指導」することが求められます。

この職務において難しいのは、お客様一人ひとりの体力や運動習慣などの違いにより、適切な体の動かし方やマシンの選び方など、細かい点で指導方法を変えていかなければならない点です。

つまり、マニュアル通りに一律的にお客様に対応するだけでは不十分で、一人ひとりに最適な対応をすることが求められる職種なのです。

その場に応じて臨機応変に対応する能力が必要となるため、自身の強みとして適応能力が考えられる人にはおすすめの職場といえるのです。

まとめ

今回は「自分の強み」をテーマに、よく取り上げられる代表的な強みの要素やその探し方、また強み別におすすめする職場などに関して解説していきました。

ここで取り上げた強みの要素は、あくまでも一例であり、個人個人で異なる強みを探していくことも大切です。

実際、まわりの人と似たりよったりな特性を「強み」としてあげても、よほどうまく伝えることができなければ、他者にアピールすることは難しいかもしれません。

理想は「個性的」でありつつもその職場に「適性」のある強みを見つけ出すことでしょう。

今回とりあげた「強みの探し方」も参考に、まわりの人の協力も仰ぎながら自分の強み探しを始めてみてください。



関連キーワード

仕事の悩み

仕事の悩みについてもっと深堀りした情報を見る

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

今回は、事務職の休み事情について、休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。休みが多い雇用形態はあるのでしょうか?事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げていきます。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めがなく働けたりと、安定して身分が保障される雇用形態といえば、やはり正社員。正社員としての働き方が安心という方も多いことでしょう。休みの多さはどうでしょうか。正社

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います

期間工の仕事での人間関係でストレスに感じる7個のこと。その解決方法も合わせて解説します

期間工として働くことに興味を示されている方々は、その収入の良さなどに惹かれていることと思います。当然、短期間にまとまったお金を稼ぐのには、これほど適した職業は無いはずです。しかし、いずれにせよ人間として多くの人たちと共に働くことになります。そのため、人間関係で大きなストレスを感じてしまう方々も中におられます。ここでは、期間工を目指している人たちのために事前に「期間工」として働く場合に起こりうる人間関係におけるストレスについてご紹介したいと思います。期間工として働いた場合には、どのようなストレスがあり、その解決策にはどのようなものがあるのかをご紹介したいと思います。期間工のおおまかな仕事内容とは

育休から職場復帰する時に心配なこととその対処法とは?

妊娠期間を経て、無事に出産を終え、育児をしながら次は…と考えると仕事のことが頭をよぎる方が多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事に復帰をしようと思ったとしても、事前にやっておくべきことや職場に戻った後での悩みは尽きないものです。ここでは、筆者自身や友人たちが実際に感じた、育休明けの仕事に向けての心配事やその対処法について紹介していきます。私はこんな形で育休取得をしました筆者はもともと中学校の臨時講師として勤務しておりました。臨時講師は、勤務内容は正規職員である教諭とほぼ一緒ではありますが、雇用形態は契約社員のようなものです。保険や給与面、福利厚生は教育公務員に準じているためしっかりとして

社会福祉士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う6つの理由とその乗り越え方とは?

老人、子ども、障害、医療、地域、公的扶助など、福祉全般の職場で働く社会福祉士。時代の変化とともに、社会福祉士が担当する案件や、社会的な問題は複雑化、そして需要が高まってきています。そんな社会福祉士の仕事の中で、「仕事を辞めたい」と感じる瞬間は、どのような時でしょう。直面する問題と、その乗り越え方について、実際に現場で働く社会福祉士の声をもとにご紹介します。社会福祉士を辞めたいと感じた6つの理由と乗り越え方とは?社会福祉士の仕事は、生活上の問題を抱える相談者や、施設の利用者、時にはその家族と寄り添う仕事。相談技術はもちろん、制度や法律などを勉強し、その上で支援を行わなくてはなりません。そんな社会

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士は仕事についての悩み以外にも、栄養士であるが故に悩むことが多いです。今回は栄養士の悩みで多いことと、その解決法についてご紹介したいと思います!栄養士に多い五つの悩みそれでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると思います!栄養士の職種の中には献立作成が仕事内容になかったり、調理に全く携わらなかったりする職種もあります。それなのに栄養士=料理上手だという世間のイメージが強いため、どんな料理でも美味しく作れるでしょう?と言われることもあります。しかし栄養士は料理人ではありません。美味

農業の悩みでよくある7つのことと対処法

どんな仕事でも言えることですが、その仕事特有の悩みと言うものがありますよね。農業という仕事でも当たり前ですが悩みがあります。農業において、農家はいち経営者となります。経営者なので、農作物の管理から販売、金銭管理もこなさなければならないため、実は悩みの数は多いのです。この記事では、農業におけるよくある悩みごととその対処法を、経験者である筆者の見解をもとに紹介していきます。農業でよくある7つの悩みとその解決法は?では、農業ではどんな悩みがよくあるのでしょうか?また、その悩みはどうしたら解決できるのでしょうか?それらについて解説していきます。病気と害虫農業でまず大きな悩みとなるのが、農作物に被害をも

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では様々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切にできるような工夫がなされている企業も増えています。しかし栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、楽しさ・やりがいを感じられることに注目して見ていきたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成・調理業務・簡単な栄養指導です。そんな中で栄養士の仕事って何だかブラ

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科技工士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う4つの理由とその乗り越え方とは?

今や歯の健康は大事にしなければいけないという時代でもあり、歯によって色々な病気が見つかっています。人間の歯は欠けたり取れたりしたらまた再生するということはありません。歯科技工士によって欠けた歯や差し歯、インプラントなどを作成してもらえるのですが、歯科技工士という仕事は医療業界の中で一番きついと言われている仕事なんですよ。ここでは、歯科技工士を辞めたいと思う理由について紹介していきます。歯科技工士を辞めたいと感じた4つの理由と乗り越え方とは?歯科技工士を辞めたいという理由は、残業が長い、給料が安いの2つが大きいですね。もう1つの粉まみれとは何か?ということですが、これは差し歯などを削って作成して

物流倉庫の仕事での人間関係でストレスに感じる5つのこと。その解決方法も合わせて解説します

広い倉庫での仕事と言えども避けて通れないのが職場での人間関係。物流倉庫のようなたくさんの人が働くところでは、人間関係は仕事を続けていけるのかどうか?に大きく関わって来ます。オフィスなどに比べると幾分かストレスも少なそうに感じる物流倉庫の人間関係ですが、やはりそれなりにストレスを抱えている人も。今回は物流倉庫での仕事とそこでの人間関係に注目してお話します。物流倉庫のおおまかな仕事内容とは?物流倉庫での仕事内容はとてもシンプル。特にパートやアルバイトでの雇用となると仕事内容は限られています。運ばれてきた荷物を更に細かな地域ごとに分けて行くのがメインの仕事。入ったその日から力になれることも多くありま

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて数十年。私の栄養士としての「ぜったいやりたいこと」は献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が新卒当時からできているので、自分は恵まれているのかなぁ…と思います。それでも辞めたいと思ったことは、数えきれないほどあります。現に、今も少しだけ辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、この一年で辞めたいと感じたことは数えきれないです。筆者は今までに一度だけ仕事を辞めたことがあります。その仕事を辞めた時は一年前から話をしてあり、職場と相談した結果退職をしたので円満退社でした。仕事を辞めた理由はキャリアアップ

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師は安定している仕事で、誰もが憧れる仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、新人薬剤師が感じる悩みをご紹介していきます。薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みは患者を待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないという方が多いです。一番困っている悩みは実はコミュニケーションだったりします。薬剤師って単純に薬を処方しれいれば良いだけの仕事ではなく、スタッフや患者と接しないといけないんですよね。患者を待たせてしまう患者を待たせてしまうというのは新人の時はよくある話です。患者側の立場から

社会福祉士が向いてない人の5つの特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

社会人として仕事を行う以上、ある程度の成果だったり仕事の質が求められます。そのことに関してはお金を支払って雇われている以上当然求められてくるものだと思いますし、当たり前のことだとも思っています。しかし、人はみんな完璧ではありません。時には失敗を繰り返しますし、怒られることも皆さん経験があることでしょう。失敗しながら自らの限界を突破していくことが一般的ですが、どの仕事に対しても向いているタイプと向いていないタイプが存在することもまた事実としてあります。今回は社会福祉士の仕事に向いていない方の特徴をいくつか紹介した上で、乗り越え方も併せてお伝えしていきます。社会福祉士の仕事とはどんな仕事?社会福祉

ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法。

特に女性にとっては、ウェディングプランナーは人気の職業の一つであり、ウェディングプランナーを目指すための専門学校も多く存在しています。結婚式に立ち会うことができ、多くの感動も味わうことのできるお仕事ですが、その反面、仕事に取り組む中で悩みを持った方も沢山います。この記事では、ウェディングプランナーの悩みについて、実際の経験を基にご紹介します。ウェディングプランナーの悩みで多い5個のこととその解決法とは?一見華やかでおしゃれなイメージがあるウェディングプランナーですが、その裏側にはどのような悩みがあるのでしょうか。実際の経験談を基に、定番のお悩みやその解決策について紹介します。業務量が膨大まず、

管理栄養士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

管理栄養士になるためには何が必要なのでしょうか。管理栄養士の仕事と言われると、何だかとても高度な技術や知識が求められそうなイメージがありますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?今回は管理栄養士に向いていない人の特徴から向いていない場合の乗り越える方法までを現役管理栄養士として働く筆者が、徹底的に解説していきたいと思います!管理栄養士の仕事とはどんな仕事?では管理栄養士の仕事とは具体的にどんな仕事なのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。献立作成まず管理栄養士と言えば、献立作成を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?献立は栄養バランスの整った食事を基本として作成すると同時に年中

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんでしょうか?人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に解説いたします。解決法についてもご案内いたします。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてしまいます。上手なアシスタントについてもらうと、先生も治療をしやすいので、うまくできれば褒められることもありますし、自分の自信に繋がります。ぜひ、

助産師の仕事がブラックな仕事だな…と感じた3個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個の理由。

基本的にどこの職場でも自分の思い通りにはならないことは多いです。ブラック企業であるというのはほとんどそうですが、ストレスのない仕事なんてありません。医療業界、特に助産師は他の場所と異なり厳しい職業だと言われています。助産師がブラックな仕事であることは理解しておく必要はありますね。経験者が紹介!助産師がブラックだと感じた3個の瞬間とは?助産師がブラックだと感じる瞬間は結構多いですよ。改めて考えてみると、助産師ってどの職業よりもとっさの対応が求められるんですよね。インターンや新卒者であれば理解出来るかと思いますが、出産初日は真っ青状態ですし、汚物にまみれまくります。そして何よりも女だらけという職場

社会福祉士はブラック?そう感じた2個の瞬間とそれでもやりがいを感じる3個のこと。

どういう仕事であれ、どういう職種であれ、ブラックだと感じてしまう人はいらっしゃると思います。ここではブラックな仕事だと感じてしまう点に加え、それでも仕事のやりがいを感じる部分も併せてお伝えします。経験者が紹介!社会福祉士がブラックと感じた2個の瞬間とは?経験者だからこそ感じる、社会福祉士がブラックだなと感じてしまった点をお伝えします。ただ、あくまで個人の主観の部分に当てはまるところなので、あらかじめご了承をお願いします。相談業務の幅が広いここでは地域包括支援センターでの社会福祉士としての体験談をもとに説明していきます。地域包括支援センターでのお仕事は相談業務がメインになります。地域住民からの悩

農業は楽しいばかりじゃない。農業を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

皆さんは農業に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。どんな仕事にも辞めたいと思う瞬間が一度や二度があるのではないでしょうか。ここでは農業を営んでいた際に「辞めたい」という気持ち湧いた瞬間。徐々に辞める方向へと傾倒していく場面を紹介していきます。農業を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?正直にいうと、農業は辞めたくなる瞬間が多いのかもしれません。特に自然に振り回されることが多いので、気持ちの行き場がありません。しかし辞めたいと思う瞬間が多い分、人間的に成長できる場面も多く、多少のことでは動じなくなってきます。良い条件の畑を借りることができないさあ農業を始めよう!と思っても、耕す土地

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

社会福祉士の仕事がつらい…と感じる3つの瞬間とその乗り越え方

資格を取ったら、いよいよ社会福祉士としての勤務が始まりますね。でも社会福祉士の仕事の大変さって、どのような点にあるのでしょう?福祉ならではの大変さやつらさ、その乗り換え方を紹介します!社会福祉士の仕事って大変なの??社会福祉士は病気や障害など、何らかの理由で困難を抱えている方の支援を行うのが仕事です。同じ病気だったとしても生活背景や家族構成などによって、本人のニーズは異なってくるので、一人ひとりに合ったオーダーメイドの支援を考えなければなりません。慣れるまでは大変ですが、利用者さんやご家族から「ありがとう」と言われる機会も多く、人の役に立てていることを実感できるので、とてもやりがいがある仕事で

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士が辛いと感じることの一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で毎日同じ人とコミュニケーションを取るため難しいのではないでしょうか?今回はその人間関係についてお話しします。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石と言うのですが、それは歯ブラシで落とすことができないため歯科衛生士が機械を使って落としていきます。そういった定期的なクリーニングや、歯磨き指導、虫歯チェック、歯周病の進行を遅らせるためのアドバイ

社会福祉士の悩みで多い5個のこととその解決法。

人の悩みを聞くことが仕事の社会福祉士は、とってもストレスフルでもあります。人の役に立ちたい!と高い志を持って、社会福祉士を目指したものの、理想と現実のギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?人の相談にのってばかりで、自分が悩みを抱えてしまっては本末転倒です。世の社会福祉士たちは、どんなことに悩み・どう解決しているのか?社会福祉士に多い悩みとその解消法をまとめてみました。社会福祉士の悩みで多い5個のこととは?まずは、社会福祉士はどんな悩みを抱えやすいのかを見てみましょう。孤独を感じる社会福祉士は、施設や病院に何人もいる訳ではなく、1人で業務をこなすケースも少なくありません。そのため、職